2017年06月22日 木曜日

●【ラーメン】南京ラーメン黒門@北九州市若松区

おっしゃラッキー!1ヶ月おかず北九州市若松区青葉台で仕事。となれば昼麺はモチのロンで「南京ラーメン黒門」。前回は焼き海苔を合わせたので、今日はバラ干し海苔。3割ほど食べ進んだところでトッピングし、スープに溶かしつつ啜れば、ソリャもう豊かに薫る潮の香。

いやぁ旨いっ、コリャ旨い!が、あまりの旨さで肝心の黒門スープ自体の滋味が存分に楽しめない…。しまった入れるタイミングが早すぎた。半分以上食べ進んでから入れるのが正解か。いや次回は、海苔はたのまずストレートに黒門ラーメンを堪能するぞっ。

南京ラーメン黒門
ラーメン600円+バラ干し150円
北九州市若松区青葉台南3-1-5
月曜&4th火曜休み(定休日が祝日の場合は翌日を振替休業)Pあり ※要確認

◎2017通年麺喰い◎
ラーメン72●チャンポン4●中華麺2●うどん47●そば9●その他72
◎6月の総ジョ グ距離0km / 通年60km◎

at 12:32 | Category :

2017年06月21日 水曜日

●【うどん】ウエスト@佐賀県伊万里市

朝からの伊万里市での仕事が一段落し、サクッと昼麺。お目当ての「牧のうどん伊万里店」は定休日…。ならばと向かった「伊万里ちゃんぽん」は先日火事を被り?!店舗を再建中。で、困ったときのウエストだのみと、福岡市発のうどんチェーン「ウエスト」の伊万里店へ。

うどんは本部から供給するも、スメは各店舗で作るというウエストだが、店舗毎に味のバラツキを感じることは皆無。いずれの店舗でもキチンと旨いうどんが楽しめる、イチロー的安定感。

九州地区限定で毎週水曜日提供されるお勧めメニューのひとつ、「梅おろし」。大振りのドンブリになみなみと注がれた滋味なるスメと、やんわりプルルンっなうどんの上には、爽やかな南高梅の酸味と、大根おろしの辛みと、パリポリわかめ。暑くなるコレからの季節にピッタシの一杯をズズッと啜り、さあさ午後からもうひと仕事ガンバンベェ。

【ウエスト】伊万里店
梅おろし490円
佐賀県伊万里市新天町286-9
24時間・年中無休 Pあり ※要確認

◎2017通年麺喰い◎
ラーメン71●チャンポン4●中華麺2●うどん47●そば9●その他72
◎6月の総ジョ グ距離0km / 通年60km◎

at 13:00 | Category :

2017年06月20日 火曜日

●【ラーメン】中華そば ひさご@那珂川町松木

運ばれてきた瞬間に、湯気と共にクンッと薫り立つ芳しいダシの風味。こりゃタマランなぁとひと啜りすれば、熱々の口当たりとともに、豊かに広がるダシのうま味と、その味わいの輪郭を丹念に描き出す醤油ダレの風味。

麺は店奥の製麺機で自家製される、中細ちぢれ麺。麺線短めのシュルッと食感とコツンッと弾けるコシと、噛むほどに広がる小麦の風味。共に口へと飛び込んでくる、シナチク、太もやし、ネギとの食感&味わいのコラボもナンとも楽し旨し。

我が記憶では、インターネットが広く普及する前に、たまたま見かけた新聞記事でその存在を知った「ひさご」。豚骨ラーメンのメッカ・福岡市及びその近郊で、醤油ラーメンの専門店などほとんど無かった時期だったのではなかろうか?と思い、ネットで検索してみると、広島の醤油ラーメン店で修行された店主が2001年に開業されたとの事。となるとやはり、福岡における醤油ラーメン専門店のはしりとなる一軒だが、今や休日昼時は行列必至の超人気店。醤油ラーメンの魅力を広く福岡へ広めた名店。

【中華そば ひさご】
ラーメン540円
福岡県那珂川町松木2-2-1
11:30~15:00&17:00~21:00・水曜休み Pあり

◎2017通年麺喰い◎
ラーメン71●チャンポン4●中華麺2●うどん46●そば9●その他72
◎6月の総ジョ グ距離0km / 通年60km◎

at 13:24 | Category :

2017年06月19日 月曜日

●【中華麺】熊猫食堂@早良区西新

一日遅い父の日で、我が最愛中華料理店の一軒である「熊猫食堂」。デラ絶品の突き出しに始まり、一見家庭でも出来そうで、その実炒める火力や調味のスープなど、やっぱり専門店でなきゃ味わえない、空心菜の炒めに、トドメは「ニガウリとメンチ肉の炒め」。1㎝幅に切られたニガウリの絶妙なる火の通し加減によるジャックリィ食感とうま味あま味に爽やかな苦み。加えて粗切りされた豚肉ミンチのニッチリに、カリッと躍るこのうま味は桜エビ?フワッと遅れて顔出す中華香辛料の独特あま味も相まって、ナンとも豊かな味わいにソリャもうウハウハニコニコ。

そして〆はモチのロンで、我にとって福岡一旨い「酸辣湯麺」。何てったってダシが旨いっ。かつ麺もコレだけ熱々なのに伸びきる事がない。さらに細かに刻み込まれた様々な具の織りなす食感&味わいの協奏曲。旨いアテに旨い酒。そして旨い麺で締める。これ以上のシアワセは我にはナシ。今夜の大蔵省であるカミさんに心の中で感謝の合掌をしつつズルズルと啜るシアワセ。

カウンター席の奥につげ義春?丸尾末広??おそらく我より二回りは若そうな店主なのに、ナンたるマニアックさ…!とビックリ感心していると、さらにビックリ?!正に時の人な超有名人がイキナリ来店。店主曰く、3年前からチョクチョク来店してもらっているとの事。コアな漫画本収集の執着心が、味わいに対する探究心へと昇華し、すこぶるメジャーな有名人をも虜にする。スッゲぇ、カッチョいいっ、と改めて惚れ惚れしつつ店を出る。

熊猫食堂
福岡市早良区西新4-4-5
18:00~24:00(日曜は~21:00)・不定休 Pなし ※要確認

◎2017通年麺喰い◎
ラーメン70●チャンポン4●中華麺2●うどん46●そば9●その他72
◎6月の総ジョ グ距離0km / 通年60km◎

at 23:14 | Category :

2017年06月18日 日曜日

●【うどん】三井うどん店@小郡市井上

福岡市南部の朝倉・筑後地区は「うどん天国」。地に足の付いた感アリアリの小麦感の強いうどん名店が点在する一画に、今年の3月にオープンしたという「三井うどん店」。

藍染めの暖簾中央に「うどん」の縦書き文字。おお、好きだぞ、地味にオサレなこのセンス。「店造りは味に出る」が我が麺喰い経験則、こりゃイヨイヨ期待大!とウキウキ入店。

休日午後の店内は3人組の先客ひと組。開店3ヶ月だが既に常連客のようで、馴れた感じで食事を楽しんでいる。店を切り盛りするのは中年夫婦。店主の真摯にうどんを作る様と、和やかに接客されるお母さんの仕事ぶりもコレまた我がツボ。

卓上メニューは「かけ」や「丸天」「ごぼう天」などオーソドックスな温かけうどんに加え「かまぼこ天」や「小エビ天」など、面白そうなメニューも並ぶ。が、我がお目当ては壁に張られた「まぜうどん」。

たまたま見かけた食べログのレビューでその存在を知り、ググッと惹かれた、まぜうどん。たまり醤油で太うどんを混ぜて食べる=まるで伊勢うどんチックで是非とも啜りたひっと馳せ参上。

小振りのドンブリには、しっかりと加熱された太うどんにたまり醤油が掛かっていて、グリングリンとまぜまぜして別皿で供された揚げ玉とネギを、「このうどんに合うと思いますよ」と供された唐辛子を振って、再びグリングリンにまぜまぜして頬張れば、柔揚げのもっちりとした食感と噛み込むほどに広がる豊かなあま味。コレ正に正統博多うどんチックな母性溢るる味わいに、一発メロメロ。

そしてカミさんがたのんだ「小エビ天うどん」がコレまた半端ない旨さ。ソリャもうカンカンにアッツ熱のスメなのだが、ダシの風味がシッカリと感じられ、素揚げのエビの芳ばしい風味も相まって、ソリャもう絶品滋味。そしてうどんも、その太さ&柔らかさならではの旨さを全開。スッゴク旨いスメと合わさる、もっちりぷるるん太うどんの、この口溶け感こそ博多うどんの真骨頂。

精算時に尋ねると、独学でうどん作りを学び、開業されたとの事。てっきり長年うどん作りに携われた結果の味わいと思って食べたが、想定外のご返事にビックリ感動。また是非再訪し、全メニューを啜ってみたひっ。

更に東へ足を伸ばし、「元祖白橋」@朝倉市で馬ホルモンを持ち帰り。
シャクッとチャンジャのような食感の白と
サクッと小気味よい赤の2種を
自家製のソース&赤柚子胡椒で噛みしめる。

【三井うどん店】
まぜうどん390円
小郡市井上1027-5
11:00~15:00・不定休 Pあり ※要確認

◎2017通年麺喰い◎
ラーメン70●チャンポン4●中華麺2●うどん46●そば9●その他72
◎6月の総ジョ グ距離0km / 通年60km◎

at 12:08 | Category :

2017年06月17日 土曜日

●【ラーメン】支那そば やっちゃんち@中央区清川

「支那そば やっちゃんち」のこの夏の期間限定新作は「冷やし支那そば」。白磁のドンブリに映える涼やかな生成りの麺とスープに旨さを確信しつつ、先ずはスープとひと啜りすれば、冷やッ冷やな触感とともに、豊かに広がるダシの滋味。
麺もモチロン抜かりなし。きっちり冷水で締められた中細麺は、シュルッと小気味よく口へと収まり、クニッと抗い、モッチリ解ける食味が楽し旨し。

具は砂ずり。極旨スープの邪魔をしないようにとの心遣いからか、が別皿で供される。コリッと弾ける食感と脂身がないさっぱりとした食味が、冷やし支那そばとの相性抜群。砂ずりの下に敷かれたキャベツも共に囓れば旨さ倍増。別皿の端に盛られたレモン、おろし生姜、大葉を徐々に加えつつ食べ進めば、ソリャもう魅惑の味変化。

華美な装飾にはしる事なく、実直に旨さを求めた感アリアリな一杯が、如何にもやっちゃんち。いやはや旨いな、やっぱ好きだな、やっちゃんち。

【支那そば やっちゃんち】
冷やし支那そば600円 ※期間限定&午前10時から15杯限定
福岡市中央区清川3-12-1
7:00~15:30(木曜11:00~15:00)・水曜休み Pなし ※要確認

◎2017通年麺喰い◎
ラーメン70●チャンポン4●中華麺2●うどん45●そば9●その他72
◎6月の総ジョ グ距離0km / 通年60km◎

at 10:06 | Category :

2017年06月16日 金曜日

●【ラーメン】博多一双@博多区祇園

午後からの打ち合わせ現場へ向かう道すがら、「博多一双」と描かれた見事な木製看板。そうそうこの店舗は、真っ黒マー油ラーメン店「麺屋 若武」として昨年4月にオープンするも、いつの間にかファーストブランド「博多一双」の祇園店にリニューアルオープンしたんだよなと、昼麺することに。

ほどなく運ばれてきたラーメンは、トレードマークの豚骨カプチーノ=表面に浮いた細かな泡。ひとくち啜れば、グイグイッとコクあるダシのうま味に加えて、ナンとも良い意味でオゲレツなうま味風味と、泡が醸すエアリーに軽いあま味。最近はドンブリに注いだ一杯分を泡立てたスープのラーメンもあるが、深み&迫力あるこの味わいは、おそらく寸胴でスープを取る際に木べらでグリングリンと小忠実に混ぜて、混ぜて、混ぜ込んで取った証。

麺は気持ち太めの細麺で、最近のトレンドなのか20㎝弱の極短タイプ。シュルッと一気に口へと収まり、イイ感じにモサモサ抗う存在感が極旨スープと対等に渡り合う。ビックリしたのがチャーシューの旨さ。最近流行の低温調理のフレッシュなチャーシューよりグッとコクがある熟成感が、コレまた極旨スープと合う合う合うっ。

豚骨ラーメンのあるべき姿を大切に守りつつ、更なる創意工夫の功績がそこかしこ。久方ぶりに啜る博多一双は、以前から旨いとは思っていたが、えぇ?こんなに旨かったけぇ?!と再感動。

先日「うどん こまる」で知った「THE GOGGLES」は、
ジャケットデザインが象徴的。
ビートルズの名曲フレーズを巧みに変調する様がシニカル・ポップ。
2ndアルバムは更にフーのテイストもプラスされ
オモロ楽しさバージョンアップ。
思えば博多ロックバンドの先達であるサンハウスやロッカーズ、モッズは
キンクスやストーンズの名曲を丸パクリしていたし、
こうして更に一捻り加えてアレンジし演奏する様は正に
ネオめんたいロックの面目躍如。

【博多一双】祇園店
ラーメン600円+替え玉100円
福岡市博多区祇園町3-2
11:00~00:00・不定休 Pあり ※要確認

◎2017通年麺喰い◎
ラーメン75●チャンポン4●中華麺2●うどん49●そば9●その他73
◎6月の総ジョ グ距離6km / 通年66km◎

at 14:38 | Category :

●横浜マラソン2017まで、あと135日

2015年にフルマラソン大会としてスケールアップした「横浜マラソン」。風光明媚な港町を走ってみたいと応募し続けて3年にして見事当選!そして更に、2011年からフラれ続けた「大阪マラソン」にまで当選するとは……?!

ウレシイっ!!でも、欲望のままに麺を啜り酒をあおった結果のブクブクなこの身体では、とてもとてもフルマラソンを完走できるはずもなく……。イカンイカン、一念発起!まずは10月29日開催の横浜マラソン。そしてその1ヶ月後の大阪マラソンへ向け心機一転し、トレーニングせねば。

at 10:09 | Category :

2017年06月15日 木曜日

●【ラーメン】大島ラーメンあづまや@中央区六本松

九州大学教養学部跡地の再開発で、今、福岡市内で最も活気溢れる街、六本松。高層マンションや少年科学文化会館などの新しい建物が次々と建ち、周辺には数多くの飲食店も開店花盛り。

そんな六本松の裏手通りに今月オープンした「大島ラーメンあづまや」。なんでも長崎県西海市大島で創業50余年の老舗「あづまや」が出店した店舗なのだとか。住所を頼りに訪ねると、おやおやこの店舗は確か、以前はケーキ屋だったような?その名残か、想像より随分とオサレな外観で、思わず見逃し、行き過ぎそうになる。

入口横には食券販売機。さすが長崎発の店だけに、麺メニューは「ラーメン」に加えて「チャンポン」と「皿うどん」の3種。チャンポンにグイグイ惹かれるも、先ずは筆頭ボタンの「ラーメン550円」のボタンを押す。

待つ事しばし、運ばれてきたラーメンは黄色強めのスープが印象的。ひとくち啜れば、至極軽やか&熱々の口当たりとともに、ナンとも豊かに広がるダシの、このうま味あま味は、まるで鶏白湯。シッカリ旨いのにクドさは皆無。スキッと後味の良い味わいがググッと我がツボ。

合わさる麺は中細ストレート。おそらく20㎝もないのでは?エラク短めの麺線が成せる技でシュルッと瞬間口に収まり、ムニッとモチッと軽やかに躍るコシが楽し旨し。チャーシューに加え、シナチクもシッカリ調味されていて、かつキクラゲのコキコキも心地よくて、味わい&食感の七変化。

ナンちゃナイけどチャンと旨い一杯に惚れ惚れ。なれど、このスープで&具材毎の調味センスで作るチャンポンは、もっともっと旨いハズっ!近々再訪し啜らねばっ。

【大島ラーメンあづまや】
ラーメン550円
福岡市中央区六本松1-5-17
11:00~15:00&17:00~22:00 Pなし ※要確認

◎2017通年麺喰い◎
ラーメン74●チャンポン4●中華麺2●うどん49●そば9●その他73
◎6月の総ジョ グ距離6km / 通年66km◎

at 12:45 | Category :

2017年06月13日 火曜日

●【うどん】うどん こまる@中央区平尾

先日の「南京ラーメン黒門」然り。多くの客で賑わう店内で、大きすぎず小さすぎず、ナンとも絶妙なる音量で流れるBGM。ウエイティングスペースからカウンター席へと通され、ラーメンの出来上がりをウキウキ待っていると、

おぉ、Rolling StonesのGimme Shelterじゃないか?!

店主と音楽のセンスが合う店の麺はコトゴトク我がツボ!¥が麺喰い経験則。

薬院から平尾へと続く高宮通りの裏通り。周囲はチラホラと飲食店が営業してはいるものの、ほとんどが一般住宅。かつ、なによりこの裏通りは、たまたま通りかかる通行人など一切居ないと思われるほどに、辺鄙な立地。かつ店頭の手書き感が半端ない屋号看板が象徴的。店内も手作り感溢れる店造りが、あたかも讃岐うどんの本場、香川県で営業するうどん屋チック。

メニューは「かけ」「ぶっかけ」が温と冷に、「しょうゆ」「ざる」の冷と「かまたま」「かまあげ」の温。プラス、トッピングの具が10種ほど。迷わず我が好物の冷うどん×冷かけつゆ=「冷やかけ」とちくわ天をたのむ。

さぁて、どんな冷やかけにありつけるのか?と改めてメニューを眺めつつ出来上がりを待っていると、

おや、ビートルズ?いやいや彼らの数ある名曲のフレーズを 
巧みに取り込みつつもオリジナルに仕上げた変態音楽が 
ナンともオモロイタノシイぞぉ…。

カウンター隅に置かれたラジカセから流れる音楽に、スッカリ夢中。

時の経つのを忘れて音楽に聴き入っていると、黒いトレイにのせて、うどんとちくわ天が供される。先ずはスメとひと啜りすれば、ナンともイイ感じにきいたダシのうま味。イリコらしき素朴さと削り節らしき華ある風味の絶妙バランス。そして、コレまたイイ感じにキュンと広がるカエシのうま味に一発メロメロ。

合わさるうどんは、讃岐うどんとするとカナリ細めで、見た目はエッジが立っているのだが、啜った口当たりは丸っと感があり、かつ麺線がエラク長くて啜り応えあるオモロ触感。スルスルスルルぅと啜り噛み込めば、クニッと抗う強ゴシと、噛み込むほどに広がるあま味が実直小麦味。揚げ立てサクサクもちもちのちくわ天を囓りつつ、うっとり完食。

あぁ旨かったと精算がてら、気に入った音楽の事を尋ねると、福岡市出身のTHE GOGLESなるバンドとの事。こりゃ早速CDを購入し聴き込んで、次回は流れる音楽に合わせ鼻歌を歌いつつ、旨しうどんを啜りたひっ。

【うどん こまる】
かけうどん冷390円+ちくわ天100円
福岡市中央区平尾1-12-19
日曜日が定休だろうか?

◎2017通年麺喰い◎
ラーメン73●チャンポン4●中華麺2●うどん49●そば9●その他73
◎6月の総ジョ グ距離6km / 通年66km◎

at 12:34 | Category :