2018年12月15日 土曜日

●三角? 四角?? きつねうどんのおあげさん ~その三十~

超念願の久留米焼き鳥呑み。我がターゲットは焼き鳥に加えて餃子も旨いと評判の「又兵衛」。ナニせ過去2度訪ねるも、ことごとく満席で諦めた、地元じゃ絶大なる人気店。

午後6時の開店直前に訪ねると、店の周りに既に20名ほどの客が開店待ち。うわぁ、噂通りの人気ぶりだと、ナンとかカンとか無事入店。鶏の心臓「ヘルツ」や豚の大腸「ダルム」など、焼き鳥皿の端にスプラウトが盛られる独特オペレーション。

カウンター奥の厨房はフル回転。ホールの客の様子に目を光らせながら、次々届く注文票に合わせて、チャキチャキと焼き鳥を焼く店主の横では、焼き鳥と並ぶ又兵衛の名物、餃子をテキパキ包む若者ふたりと、直径60センチほどの鉄鍋でジャンジャン焼きまくる、お母さん。活気ある仕事ぶりを眺めるだけで、もうおご馳走。

ドカンと、バリッと焼き上げられた餃子は、トロンなあんとビシッときいたニンニク風味がダイナマイト。偶然隣り合わせた老夫婦は、ナンと5人前をペロリ。うっしゃぁ、修行が足りませんでしたぁ、また出直しマス!

大体ならば「かけだおれ」で馬ホルモン塩煮込みの「ビッシュ」を喰らうつもりだったが、又兵衛だけで十二分に口&腹は肉だらけ。で、サッサと締めようと、「中華うどん一平」へ。

創業八十余年の一平の、名物メニュー「中華うどん」は、うどんのスメに中華麺が合わせられた、関西で言う「黄そば(きぃそば)」。鰹節の華ある風味がキュンキュンに効いたスメに、更なる鰹削り節の風味と、キリリと辛い紅ショウガのインパクトのある味わいコラボが、面白美味。

合わさる中華麺は、プリッとモチ感強めの絶妙硬揚げ。キクラゲとの食感コラボが、コレまた面白い。さらに丸天との味わいコラボ。

【中華うどん一平】長方形×2
きつねうどん440円
久留米市六ツ門町21


同行のカミさんにたのんでもらった「きつねうどん」は、中華うどんのスメとはカナリ異なる味わい印象。昆布がベースらしき柔から甘めの味わいに、オマケで盛られたトロロ昆布が更なるうま味を演出。麺はボワンッと歯を押し返す感あるコシがナンとも楽しい。揚げは長方形が2枚と、これまた独特。しっかり甘く煮られていて、スメに浸しつつ、味わいの変化を楽しむタイプ。

at 17:40 | Category :

2018年12月13日 木曜日

●【ラーメン】むらた亭@古賀市川原

連日の古賀市での打ち合わせを終え、サクッと昼麺。超長年の宿題店の一軒である「むらた亭」の古賀店を訪ねる。

北九州市小倉南区に本店があり、北九州市を中心に直営支店3店舗、フランチャイズ6店舗を展開する「むらた亭」。ここ古賀店は、ローカルタレントの吉川貴司さんがフランチャイズ最新店として、4年前にオープンした店だ。

暖簾を潜ると、右手に厨房とカウンター席があり、左手がテーブル席。各席に箸と薬味がきちんと用意されていて、いかにもフランチャイズ店らしき、整った店作り。そして、入口横の食券販売機。ラーメンは「ラーメン600円」と「チャーシューメン750円」の2種類のみと、潔い商品構成。うんうん、こりゃ我がツボなラーメンが啜られそうだと、ラーメンのボタンを押す。

席に着き、4~5分待っただろうか?早々に運ばれてきたラーメンは、イイ感じにドヨンっと濁った茶褐色スープが、なかなかに男前。

レンゲでひと啜りすれば、グイッと顔出す豚骨ダシのうま味と、その味わいの輪郭を丁寧に描き出すタレの風味と、それらを円やかにまとめる脂のあま味。

2日に分けて10時間ずつ、合計20時間かけて煮込み、もう一日寝かせて三日目に仕上げた成果なのか、嫌味は皆無、万人が美味しいと感じるであろう優等生美味。

北九州発だが長浜ラーメンを謳うむらた亭だけに、麺は細麺。スープを豊かに絡め取りつつ、シュルッと口へと収まる啜り心地は、まさに長浜ラーメン気分。なれど、大きめのチャーシューが3枚ものったおご馳走感は、北九州ラーメンのイメージに近い。

ネットの噂では、店舗毎に味のバラツキがあるとのことだが、ここ古賀店は、きちんと旨い。ならば次回は機会を見つけて、小倉南区の本店の一杯も啜ってみたい。

【むらた亭】古賀店
ラーメン600円
古賀市川原1527-1
11:00~15:00&17:00~20:00・水曜休み Pあり

◎2018通年麺喰い
ラーメン187●チャンポン7●中華麺11●うどん99●そば10●その他5
◎12月の総ジョグ距離20km / 通年524km◎

at 12:36 | Category :

2018年12月12日 水曜日

●日々の麺

「福間ラーメンろくでなし新宮店」が、今月末まで&15時以降限定で「煮干しそば」を提供中。澄んだ醤油色のスープは、ソリャもうアッツ熱っ。キュンとドライブする醤油ダレの風味を、豊かに広がる煮干しのうま味が底支え。そして、合わさる中細麺の滑らかなコシに、もっちりレアチャーシューに、シャクッとシナチク。

薬味のネギのシャキッと爽快辛みが好アクセント。ハホハホ、フーフー、ズルズルと、夢中で啜っていると、体中から吹き出す汗。なるほど、アッツ熱に加熱しても風味が飛ばない煮干しだしだからこそ、この手のラーメンが、しばれる寒さの青森県では愛さ続けているのだろうなぁ。こりゃいよいよ、本場で啜ってみたひっ、煮干しそば。

「独断と偏見だけでワガママ勝手に決める!2018年・麺大賞」うどん of the yearは、やっぱり「こなみ」@福津市津屋崎。夏に啜った「パリパリごぼうの冷やかけうどん」に負けず劣らす、今日の「スパイシーカレーうどん」も大感動の旨さ。

確かにスパイシーなのだが、カレーとしての味わいは至って円やか。具の甘めに煮られた牛肉と温泉卵の味わいも加わって、スパイシーなのだが、優しく豊かな味わいに、もうメロメロ。

現在の場所での営業は今年末で終了し、来年5月頃、宗像ユリックス近くに移転オープンされる予定とか。どんな店舗になろうのだろうか?約半年が待ち遠しなぁ。

◎2018通年麺喰い
ラーメン186●チャンポン7●中華麺11●うどん99●そば10●その他5
◎12月の総ジョグ距離20km / 通年524km◎

at 13:53 | Category :

2018年12月09日 日曜日

●【中華麺】濃厚担々麺 博多 昊

歳末の買い出しを終え、さぁさ昼麺。前回啜った「胡麻担々麺」に心酔、「独断と偏見だけでワガママ勝手に決める!2018年・麺大賞」中華麺 of the yearである「濃厚担々麺 博多 昊」@中央区春吉へ。

今日のお目当ては、焼きアゴ×秋刀魚節×鶏ガラスープの「柳橋麺合」。なれど、店頭の食券販売機に、その名のボタンはなく、代わりに「特製中華そば650円」のボタン。

待つことしばし、カウンター越しに差し出された一杯は、おやおや?具ナシ??こりゃマタ真っ向勝負の中華そばだぞぉ…。まずはスープとひと啜りすれば、うんうん、ナルホド、こりゃ旨ひっ。バカ舌ゆえ自信は皆無だが、おそらくスープは柳橋麺合と同じく、魚介2種と鶏ガラのハイパーだしか?ふくいくたるうま味と。軽い中華香辛料感が爽やかに鼻に抜ける醤油ダレの上出来あま味。

そして気持ち太めの中太麺。絶妙に柔揚げで、ブルルッと躍るコシ然り、噛み込むほどにモチモチ広がるうま味あま味。

至ってシンプル。だから店の実力がストレートに感じられる、素ラーメン。いやぁ参った、やっぱコノ店はタダモノではないぞぉ…!と、ウキウキ啜っていると、「これは試作品ですけど、よろしければ、どうぞ」と店主。

様々な香辛料が振られた山高中太麺を崩すと、底には肉味噌。こりゃ新手のまぜ麺か?とグリグリ混ぜてズルルと啜れば、瞬間広がる肉味噌の中華香辛料由来らしき仄かなあま味と、ブルルンッ旨ひっ絶妙柔揚げ麺。強引に例えるならば、中華版ボロネーゼ。独特美味なオリジナル和え麺に感服。

昨年末に開店しての1周年を盛り上げたいと、新メニューを開発されているとのこと。正式販売バージョンも気になるし、ナニより未食メニューがアレコレある。機会を見つけて再訪し、是非とも全品食べてみたひっ。

そしてコチラは、「独断と偏見だけでワガママ勝手に決める!2018年・麺大賞」醤油ラーメン of the yearである「komugi」@城南区別府の、唯一未食だった汁なし和え麺「マゼソバ」。特筆すべきは麺自体のうま味あま味。そして店主の性格そのままの優しい甘みが印象的な肉味噌と黄身と、パリッと海苔の磯の香と、水菜とゴボウ天のシャキパリと。いやぁ旨いな、癒やされるぅとズルズル完食。

◎2018通年麺喰い
ラーメン185●チャンポン7●中華麺11●うどん98●そば10●その他5
◎12月の総ジョグ距離20km / 通年524km◎

at 21:07 | Category :

2018年12月07日 金曜日

●【ラーメン】とら食堂福岡分店@中央区六本松

「一風堂」が日仏友好交流160周年を記念し企画した「日仏友好160周年記念コラボ麺企画 PARIS RAMEN ZUZUTTO 2018」「ちばき屋」「ソラノイロ」、「とら食堂」と「一風堂」の4店がフランス産の小麦を使って、それぞれに創意工夫した「日仏コラボ麺」を制作したが、その一杯が「とら食堂福岡分店」@中央区六本松で啜られる。

お題はフランスパンのバゲット用の小麦粉である「ラ・トラディショナル・フランセーズ」を使った創作ラーメン作り。他3店が国産小麦粉や米粉をブレンドして麺を作ったが、「とら食堂」はフランス小麦100%の手打ち麺。

フランス小麦は生地の粘りやコシを左右するグルテンの量が少なめで、そば粉のように手打ちしやすい粉とのことだが、それ故に打って時間が経つとダレやすいのだろうか?茶褐色の麺は、かなり平たく、縁はビロビロと波打ち、麺線も短めなのだが、その乱調ある独自の食感と、噛み込むほどに豊かに広がるあま味が、ググッと我がツボ。

ラーメンというより、うどんに近い?いや、パスタかな??いやいや、魚介ダシの醤油スープと合わさると蕎麦のようでもあるし???日仏の国を超えたコラボの魅力が遺憾なく発揮された、無国籍美味な一杯にウハウハ完食。

◎2018通年麺喰い
ラーメン184●チャンポン7●中華麺9●うどん98●そば10●その他5
◎12月の総ジョグ距離10km / 通年524km◎

at 12:21 | Category :

2018年12月06日 木曜日

●三角? 四角?? きつねうどんのおあげさん ~その二十九~


【茶ぶ釜】三角×4
きつねうどん 価格失念(期間限定)
福岡市中央区大濠公園3−2

ラクジャリーなおご馳走うどんが得意な「茶ぶ釜」の期間限定「きつねうどん」は、気持ちイリコ強めの個性有るスメと、絶妙柔揚げのネオ博多うどんに、ドドンと4枚のった揚げの煮汁の染み具合に、揚げの下に隠れている海苔の豊かな磯の香。これ正に、きつねうどんスペシャリテな一杯にクラクラぞっこん。


【なか田】四角×1
きつねうどん 価格失念
福岡市東区三苫7-3-3

対して、福岡市東区の大衆うどん名店の一軒である「なか田」の「きつねうどん」は、真四角お揚げさんが1枚のみ。だが、絶妙にリーンなダシ感と、ムリンっと深いコシ感のうどんと、絶妙煮味のお揚げさんが、いやぁ旨いっ、我がツボツボぉ。

◎2018通年麺喰い
ラーメン183●チャンポン7●中華麺9●うどん98●そば10●その他5
◎12月の総ジョグ距離10km / 通年524km◎

at 21:11 | Category :

2018年12月01日 土曜日

●【うどん】素うどん華ちゃん@南区鶴田

おそらく冬季限定らしき「鍋焼きうどん」は、カンカンアッツ熱なスメに、具のワカメの甘さが映る磯味。途中、具の卵を割ると、瞬間広がる、特有の甘味。うんうん、コレこそ鍋焼きうどんの醍醐味か。

具は海老天、揚げ、ワカメ、カマボコ、鶏肉に卵。それぞれ、ツユダクなスメと合わせる度に広がる味変テイスト。独特なのが、細めの硬打ちうどん。普通の鍋焼きうどんの一体感抜群の食味とは異質の、うどん自体が己の存在を主張する、ツルシコな面白味。

素うどん華ちゃん
鍋焼きうどん700円
福岡市南区鶴田33-10-28
11:00〜15:00&17:00〜20:30・火曜休み Pあり

「ニーハオ」「かいの糸島本店」の再開店ですっかりチャンポン・モード。で、久方ぶりに啜った「福間ラーメンろくでなし若宮店」@宮若市山口のチャンポンは、モクモク立ち上る湯気が、旨さの証。ラードに頼らない、鶏白湯の実直なとろみが、麺や具に豊かに絡んで旨いのナンのっ。

◎2018通年麺喰い
ラーメン183●チャンポン7●中華麺9●うどん96●そば10●その他5
◎12月の総ジョグ距離10km / 通年524km◎

at 22:19 | Category :

2018年11月29日 木曜日

●日々の麺

今年も後わずか。で、「独断と偏見だけでワガママ勝手に決める!2018年・麺大賞」豚骨ラーメン of the year」である「中屋」@博多区諸岡へお礼参り。昼時ゴールデンタイムで満席状態なれど、ご夫婦と息子さん?の3名が連携して、天晴れお見事な客さばきに、ラーメンの旨さもまた一入。

9月に居酒屋「クロスローズ」@中央区平尾が、ランチ限定二毛作営業で始めた「中華そば まるごっちん」が、「独断と偏見だけでワガママ勝手に決める!2018年・麺大賞」the Rookie of the year award。醤油味の「中華そば」一本でスタートし、今日啜った「味噌ラーメン」、先日の「鶏塩中華そば」と徐々にメニューが充実するも、味わいベクトルはいずれも同じで、ひたすら素直で実直な、清々しい旨さ。完全独学のラーメン作りらしいが、その努力が見事に味わいに結実した感アリアリの、ナンとも気持ちが良い一杯に、うっとり完食。


「独断と偏見だけでワガママ勝手に決める!2018年・麺大賞」蕎麦 of the year awardである「生粉蕎麦 玄」の姪浜店。早い、安い、旨い、超優良大衆蕎麦屋で蕎麦屋酒。佐賀の銘酒「東一」をチャンと枡へ注ぎこぼすオペレーションに、ポテサラにそばの実を揚げたあられが添えられていたり、蕎麦掻きにひと手間かけた揚げ出しも旨いし、〆の山かけそばも、盛り十分で、お代は僅か1500円?!

久方ぶりに啜る「宝京楼」@早良区西新の「チャンポン」は、ほっくりコクある鶏ガラらしきスープのうま味と、海老、イカ、アサリの豊かな魚介とキャベツ、キクラゲの絶妙食感野菜の味わいコラボが、正に、中華料理店のチャンポンのあるべき姿を見事に具現化した一杯。なれど、我が「独断と偏見だけでワガママ勝手に決める!2018年・麺大賞」チャンポン of the year awardは、先日啜った「かいの糸島本店」@糸島市二丈

◎2018通年麺喰い
ラーメン183●チャンポン6●中華麺9●うどん95●そば10●その他5
◎11月の総ジョグ距離30km / 通年514km◎

at 12:04 | Category :

2018年11月28日 水曜日

●【ラーメン】博多屋台 一幸舎@中央区地行浜

三菱地所が手がける巨大ショッピングモール「Mark is ももち」@中央区地行浜。近隣にゆくゆく高層マンションが建設されるからなのだろうか、テナントにニトリやアクタスなどの家具・インテリア店に、ハロデイを始めとする食料品店の出店が目覚ましい、独特な店舗構成。

そして、の3階フードコートも個性的。我がお目当てのラーメン店は、力の源カンパニー=「博多一風堂」系列の「名島亭」に加えて、「博多一幸舎」のセカンドブランド?「博多屋台一幸舎」が至近距離で営業中。

JR博多駅や福岡空港の交通拠点に加えて、人通りが多いショッピングモールは「博多屋台一幸舎」ブランドで行くつもりか。博多一幸舎特有のプクプク細かな泡のカプチーノな密味butエアリーなスープに比べると大人しめだが、いやいやコレでも十二分にコクある豚骨ダシのアッツ熱スープが、限りなく一軒営業の路面店チック。

ポクッと解ける素朴な食味の麺も早茹で可能なオペレーション。結果、フードコート飲食店お約束の呼びベルが活躍する島もナシ。店頭食券販売機で買ってから2~3分で出来上がりが供される。

キチンと切り出されたロール豚バラチャーシューの角が立った綺麗な切り口が象徴的。周囲に猛烈な豚骨臭を漂わせることなく、キチンと最大公約数的バランスを保つ一杯がお見事旨しっ。

【博多屋台一幸舎】Marki is 福岡ももち店
博多屋台豚骨680円+消費税
福岡市中央区地行浜2-2-1
10:00~22:00

◎2018通年麺喰い
ラーメン181●チャンポン5●中華麺9●うどん95●そば9●その他5
◎11月の総ジョグ距離30km / 通年514km◎

at 23:07 | Category :

2018年11月26日 月曜日

●【ラーメン】自家製麺 縁@宮崎県都農町

宮崎市から北へ50㎞、ワインの産地として知られる宮崎県都農町。周りに田園風景が広がる一角にぽつりと一軒、「自家製麺 縁」の緑の暖簾。なんとも辺鄙な立地なれど、正午過ぎの店内は満席状態。地元ではもちろん、全国のラーメン好きにも広く知られた、無化調&自家製麺のラーメン名店である。

店頭の食券販売機には「支那そば塩」「こくしお」「支那そば醤油」「濃厚醤油」「味噌」「辛味噌」に「トマトらぁめん」と豊富な麺メニュー。塩に激しく惹かれるも、「一番人気」のキャッチフレーズを信じて支那そば醤油のボタンを押す。

待つことしばし、運ばれてきたラーメンは澄んだ醤油色のスープに映える生成りの麺と、厚切りチャーシュー、シナチクに、中央に盛られたネギの緑がナンとも美しい。コリャ噂通りに旨いに違いないとレンゲを持つ手ももどかしく、スープをひと啜りすれば、スイッと広がる醤油タレのキレある風味と、一足遅れて顔出す動物系×魚介系のダシのコクあるうま味。

合わさるのは、気持ち太めの中太麺。スルスルと滑らかな啜り心地とムチッと抗う豊かなコシが、ナンとも快感。もっちりチャーシュー、シャクッとシナチクも実直美味で、ひたすら丁寧に作られた感満載の一杯に、ふと「地鶏らーめん はや川」@福岡市南区を思い出す。

うわぁ旨いぞ、こりゃ旨いと一気完食し、退店しつつカウンター奥の店主に年末の営業を尋ねると「いつも大晦日まで営業してますが、どうぞブログで確認してください」。今年末はカミさんの実家である宮崎市で越年予定、おっしゃ是非とも再訪し、支那そば塩を啜るノダっ。

自家製麺 縁
支那そば醤油800円
宮崎県児湯郡都農町三ヶ月原1140-65
11:00~14:00・月曜休み Pあり
◎2018通年麺喰い
ラーメン180●チャンポン5●中華麺9●うどん95●そば9●その他5
◎11月の総ジョグ距離30km / 通年514km◎

at 12:27 | Category :