2017年07月24日 月曜日

●【麺】博多めんちゃんこ亭@早良区@早良区百道

この夏パクチー麺 ~その二~

数年前からジワジワと盛り上がっていた東京発パクチー・ブームだが、最近ここ福岡でも大ブレーク。自然、アチコチの麺屋でもパクチー麺メニューが登場。

ちゃんこ鍋×ムニムニの太麺=今や福岡市のソウル麺のひとつ、「めんちゃんこ」の夏季限定「カレーパクチーめんちゃんこ」。十種以上の食材から取るという独特滋味なるスープに映えるカレーのエスニック風味がウシシと我がツボ。

具はニラ、モヤシ、豚肉、カマボコ、豆腐などの「元祖めんちゃんこ」の定番に加え、タマネギや味玉に、パクチー。カレー×パクチー=合わない訳もなく、熱々スープに漬け、最大限に風味を生かしつつ、ワハハと喰らう。

いやぁ旨いね、楽しいねとガツガツ喰らうも、唯一残念なことが…。

ありゃりゃ、我が大好物の餅が入っていないぞぉ……?!

この一杯をはじめ、四季折々に販売される特別メニューには、チョクチョク餅が入っていないことがあるが、餅が入らずして、めんちゃんこに非ず。次回特別メニューを啜る際は注文時に確認し、もし基本で入っていないのならば、追加で餅トッピングで啜りたひっ。

博多めんちゃんこ亭】藤崎本店
パクチーカレーめんちゃんこ924円
福岡市早良区百道2-8-1
11:00〜29:00 Pあり

◎2017通年麺喰い◎
ラーメン85●チャンポン5●中華麺2●うどん55●そば11●その他78
◎7月の総ジョ グ距離0km / 通年66km◎

at 12:47 | Category :

2017年07月23日 日曜日

●【うどん】練り込みうどん権@志免町南里

この夏冷やかけうどん in 2017 ~その一~

「練り込みうどん権」が、昨年に続き今年も夏季限定販売中の「冷やかけうどん」。スイッと冷やッ冷やの柔らかダシ旨なスメと、ソリャもうプリンプリンっな冷細うどん。そして薬味は大根おろしにおろし生姜、ネギ、ゴマ、大葉にミョウガと、さまざまな香味がソリャもうスッキリ爽やかな、This is 夏の冷やかけうどん。

練り込みうどん権
冷やかけうどん 550円 ※夏季限定
福岡県糟屋郡志免町大字南里34-4
11:00~22:00・2nd&4th木曜休み Pあり ※要確認

◎2017通年麺喰い◎
ラーメン85●チャンポン5●中華麺2●うどん55●そば11●その他77
◎7月の総ジョ グ距離0km / 通年66km◎

at 11:34 | Category :

2017年07月22日 土曜日

●【ラーメン】コクラ55@北九州市小倉北区

2011年6月に北九州市小倉北区の繁華街の一角にオープンした「フジヤマ55」の小倉旦過店が、昨年7月にJR小倉駅構内へ移転オープンし、残った店舗は今年の春、「コクラ55」として営業開始。

なにせ6年前の事なので以前の事はうろ覚えだが、より女性客を意識した店造りになった気がする。まずメニューに「つけ麺ガール」なるメニューが登場。そしてつけ麺の温つけスープの器も以前は金属製のボールみたいな無機質はものだったが、白磁の温かみを感じる器に変わっている。さらに冷水サーバーにはレモンが入れてあるし、卓上の薬味も以前はあった七味は姿を消し、変わって「昆布酢」や「カレー粉」など、実ある味変調味料が増えている。

トロンと艶っぽい口当たりのスープは、軽く味噌のような風味を感じるほどに芳醇なうま味満載。極太麺もモッチリと素直なコシと噛むほどに広がる小麦のあま味い。山盛りの極太麺&野菜を覆い尽くす大振りのバラ肉チャーシューも、供するに当たり、スープでしっかりと温めてあるので、ソリャもうモッチリ旨い旨い。

いわゆる二郎系ラーメンの多くはドカンっと大盛りで、ワシワシと無骨なコシの極太麺で、キュイッと締まりある醤油ダレのうま味と背脂のあま味=男性客向けの麺作りが主流だが、この「小倉二郎750円」は盛り付けこそ迫力満点だが、その味わいベクトルは円やか旨い、どこかフェミニンな印象。いやぁ旨いな好きだな、このジェントル麺。

【コクラ55】
小倉二郎750円
北九州市小倉北区馬借1-4-10
11:30~14:00&17:30~21:30・月曜休み Pなし ※要確認

◎2017通年麺喰い◎
ラーメン85●チャンポン5●中華麺2●うどん54●そば11●その他77
◎7月の総ジョ グ距離0km / 通年66km◎

at 12:17 | Category :

2017年07月21日 金曜日

●【つけ麺】地鶏らーめん はや川@南区玉川

前回啜った「真鯛の塩らーめん」に一発メロメロだった「地鶏らーめん はや川」だが、この「鶏と豚のつけめん」もソリャもう半端ナイ旨さなのさっ。

先ずもっって麺がすごく旨いっ。温つけスープナシでそのまま啜ってみると、コリッと躍るコシと豊かに薫る小麦の風味。麺に昆布だしがかけられているので、そのうま味も加わって、これにチョロッと醤油たらせば、滋味なる一杯として十二分に成立しそう。

そして温つけスープの旨さっ。ギュンッとドライブする醤油ダレの豊かな風位と鶏×豚のダシのうま味あま味。加えて、コレでもかと盛られた豚チャーシューと、超太切りの鶏むね低温調理チャーシュー。気持ち強めに調味されているので絶妙な調味料役もこなす。なので、大量の麺をいくら食べても食べ飽きることがない。

スープレンゲで供された柚子胡椒や、温つけスープに浮かぶ三つ葉も伊達じゃない。絶妙なる味わいの変化が楽しめる、まさに薬味の役割を遺憾なく発揮する。とことんキチンと作り込まれた感アリアリの一杯に、惚れ惚れ。

地鶏らーめん はや川
鶏と豚のつけめん850円
福岡市南区玉川町11-11
11:00〜15:00(準備が整い次第、夜営業開始)・水曜休み Pなし ※要確認

◎2017通年麺喰い◎
ラーメン85●チャンポン5●中華麺2●うどん54●そば11●その他76
◎7月の総ジョ グ距離0km / 通年66km◎

at 11:06 | Category :

2017年07月20日 木曜日

●【ラーメン】大重食堂@中央区警固

facebookでその存在を知り、コリャまたエラクおもろ旨そうなラーメンが啜れそうだと、「大重食堂」。店HPによると、2年前にオープンした創作料理居酒屋「Big Heavy Kitchen」が、昨日からランチ営業を始めるにあたり、創意工夫を凝らたラーメンを屋号を変えて発売。

味わいある店外観に旨さを確信しつつ席に着けば、昼のおしながきはラーメンのみ。その名も「平戸のあごと羅臼昆布に 自家製の牛節豚節鶏節河豚節鰹節真鯖節鰯節でお出汁を取り 福岡県産ラーメン専用小麦ラー麦を100%使用した麺に 鹿児島県のブランド豚「茶美豚」を塩麹に48時間漬けた焼豚をのせ 大分県産の蘭王の煮玉子と 東峰村キクラゲ 博多万能ねぎをトッピングした ラーメン職人ではなく料理人が作った 化学調味料不使用の無添加ラーメン」。

恐らく日本一?!ドエラク長い長いメニュー名もオモロイが、調理の仕方もドエラクおもしろいっ。ナンとサイフォンを使い、数々の削り節を上部へ入れ、下部に入れたアゴと昆布のダシ汁をアルコールランプで2分ほど熱することで、一杯立てのスープに仕上げるパフォーマンスに、ふと「本枯中華そば魚雷」@東京都文京区を思い出す。

供された一杯は、ソリャもう豊かなダシのうま味あま味。えっ、これで無化調?!と思わず感服する味わいのコク。「博多製麺処」が作る福岡県産ラー麦100%の細麺も、シュルッと小気味よい啜り心地と、ホクッと解ける素直なコシが美味スープと相性抜群。加えて様々な具が実直美味、なのだが突出して旨いのがチャーシュー。塩麹に2日漬けた効能か、あたかも台湾香腸のごとき、豊かな独特風味。いやぁ旨いっ、けど、あまりに旨すぎるぅ。コレだけ豊かに旨いスープになのだ、いっその事具ナシのかけうどんならぬ、かけラーメンで、スープと麺の旨さをトコトン楽しんでみたひっ。

我にとってのラーメンの魅力は、見事に二極。ひたすら実直に&シンプルに、ダシのうま味勝負のイニシエ系か、とことん創意工夫したエンターテイメント系。この一杯は、ソリャもう天晴れなエンターテイメント美味っ。ここ博多は好きやすの飽きやすだらけ、次々と新たな創作麺を提供し、真の繁盛店に!

重大食堂】 
平戸のあごと羅臼昆布に 自家製の牛節豚節鶏節河豚節鰹節真鯖節鰯節でお出汁を取り 福岡県産ラーメン専用小麦ラー麦を100%使用した麺に 鹿児島県のブランド豚「茶美豚」を塩麹に48時間漬けた焼豚をのせ 大分県産の蘭王の煮玉子と 東峰村キクラゲ 博多万能ねぎをトッピングした ラーメン職人ではなく料理人が作った 化学調味料不使用の無添加ラーメン800円 福岡市中央区警固1-8-20 
ランチタイムは12:00~14:00・日曜休み Pなし ※要確認
◎2017通年麺喰い◎ 
ラーメン85●チャンポン5●中華麺2●うどん54●そば11●その他75 
◎7月の総ジョ グ距離0km / 通年66km◎

at 12:37 | Category :

2017年07月19日 水曜日

●【うどん】萬田うどん@中央区薬院

カフェテラス併設のオサレなうどん屋「萬田うどん」が本日新発売の夏季限定メニュー第二弾「氷結トマトのすりおろしとアボカドの出汁漬け冷やしぶっかけうどん」は、長いメニュー名が象徴的な、アイデア満載の手間暇かけた超力作美味。

具のメインは凍らせたトマトのシャーベット。おそらくダシも一緒に凍らせているのだろうか?ソリャもう冷やっこい口当たりとともに、豊かに広がるあま味うま味。

そしてもう一つのメインであるアボガドもメニュー名通りに長時間ダシに漬け込んであるのだろうか?ダシのうま味が色濃く映り、独自のうま味とのコラボが新鮮美味美味っ。

加えてスライストマトの軽やかな酸味あま味に、花鰹、大葉、刻み海苔の風味のコラボと、一口毎に味わい七変化の極楽おご馳走。

冷うどんは黄色がかった中華麺チックなモッチリ強ゴシ。スッキリ旨い冷ぶっかけツユや様々な具のうま味をシッカリと受け止めつつ躍る様が楽し旨しっ。

前回の「とうもろこしのかき揚げぶっかけ」同様に、八百屋「八百将」@中央区白金とのコラボ提供の新作野菜うどんは、野菜本来の旨さに加え、ひと手間ひと工夫で更なる味わいを引き出した名作美味っ。ナンでも近々、夏季うどんの第三段も発売予定とか。コレまた感動の美味野菜うどんだろうか?!あぁ発売が待ち遠しいぞぉ。

豊前裏打会 萬田うどん
氷結トマトのすりおろしとアボカドの出汁漬け冷やしぶっかけうどん850円 ※期間限定販売
福岡市中央区薬院2-13-33
11:00〜16:00&17:30〜22:00・火曜休み Pなし ※要確認

◎2017通年麺喰い◎
ラーメン84●チャンポン5●中華麺2●うどん54●そば11●その他75
◎7月の総ジョ グ距離0km / 通年66km◎

at 11:21 | Category :

2017年07月18日 火曜日

●【ラーメン】博多豚骨 麺屋蓮々@宗像市宮田

先週は関連遺産群全てが世界遺産に登録されたりと、最近は何かと元気な宗像市一帯。街の元気が仕事を生むのか、昨日に続き今日も宗像市で仕事。午前中の打ち合わせを終え、麺屋蓮々で昼麺を啜る。

前回啜った「鶏白湯ラーメン」が我がツボだった蓮々が最近新発売したという「鶏塩ラーメン」。美しく黄金色に澄んだ清湯スープは、ふわりと柔からなダシのあま味と、すぐその後を追ってくるスキッとキレある後味。そして合わさる極細麺も、麺線の短さも手伝って、シュっと口に収まり、コリコリ躍る軽い食感。結果、温麺でも不快な暑さを感じない軽快な味わいで、正に夏向き。

イヤハヤこの一杯もドエラク我がツボ。ならば次回こそ、店の一押し豚骨ラーメンを啜らねばっ。

【博多豚骨 麺屋蓮々】 
鶏塩ラーメン550円 
宗像市宮田1-8-10 
11:00~15:00&17:00~22:00・水曜休み Pあり ※要確認

◎2017通年麺喰い◎ 
ラーメン84●チャンポン5●中華麺2●うどん53●そば11●その他75 
◎7月の総ジョ グ距離0km / 通年66km◎

at 12:29 | Category :

2017年07月17日 月曜日

●【チャンポン】ちゃんぽんの松露

福岡市と北九州市の中間に位置する岡垣町の田舎道に、ナンともイイ感じに陽にやけた看板。創業37年、「チャンポンの店 松露」。

定食屋からスタートしたという店内は、ざっくばらんな居心地の良さ。休日の午後だけに、客のほとんどが家族連れ。そこかしこのテーブルで、小さな子に小皿でチャンポンを取り分ける親御さん。そして、そんな店内に流れるBGMは、クラシカルな童謡オンパレード。たまさかか?いやきっと、店の心遣いなのだろう。

店中央の食券販売機には、チャンポンが大・中・小の3種に、白飯とカレーライス。同行スタッフそれぞれが好みの量の食券を買い、テーブル席に着こうとすると、「61番で承ります」と店員さん。それぞれの注文は食券に打たれた通し番号で管理しつつ、かつプラスチックの札でテーブルを管理することで、グループ客の食事を時間差なく揃って提供するサービスを実現。細かな心遣いが嬉しすぎる、イニシエ名店。

そしてチャンポンも然り。キャベツこそ大切りだが、その他の具はキクラゲやカマボコまで、見事に同じ細さに切り揃えてある。至極手間の掛かる下ごしらえの理由は、それらの具の下。箸で掴み上げた麺は、あたかもラーメンのような独特細麺。この細麺と食べ合わせが良いようにと、具を全て細切りしてあるのだ。

そして、ダシのうま味がほっこり甘いスープ。外連味の一切ない、ひたすら素直に、かつ豊かに広がるこのあま味も、イニシエ名店の証。卓上メニューに「当店のスープは塩味の豚骨です。卓上の調味料でお好みの味にととのえ、お召し上がりください」との一見謙虚なひと文も、裏を返せばスープへの自信の表れ。天晴れ美味なる一杯に、惚れ惚れ完食。

【ちゃんぽんの松露】
ちゃんぽん720円
福岡県遠賀郡岡垣町吉木2124-1
11:00~16:00(土曜~17:00、日曜~19:30)・不定休※店facebookで確認を Pあり

◎2017通年麺喰い◎
ラーメン83●チャンポン5●中華麺2●うどん53●そば11●その他75
◎7月の総ジョ グ距離0km / 通年66km◎

at 13:05 | Category :

2017年07月16日 日曜日

●【ラーメン】関東軒@佐賀県唐津市

唐津市の老舗ラーメン店の一軒、関東軒。今年の1月に、以前の店舗の道向かいに出来た、ディスカウントドラッグ・コスモスやコメダ珈琲が入居するショッピングセンターの一角に移転。味のある建物だった旧店舗から一変して、如何にもショッピングセンターにありがちなプレハブチックな店構えが、チト寂しい。

が、メニューは以前とまんま同じ。筆頭の「支那そば」、豚骨の「ラーメン」に「みそラーメン」と「店長おすすめ和風ラーメン」。やはり代表メニューである支那そばか?いや、我が好みの和風でいくか?いやいや、なにせ久しぶりだし、何より移転後初の一杯は、スープのダシが最も表れるであろう、ラーメンにするか。

ほどなく運ばれてきたラーメンは、イイ感じに透明感を残す白濁スープ。一啜りすれば、軽やかな口当たりとともに、ふわりと広がるダシのあま味と、その味わいの輪郭を丹念に描き出す生姜のような風味。
合わさる麺は中細平麺。ピラピラピラーと唇をくすぐり、あたかもチキンラーメンの如くホクホクと解けるコシが楽し旨し。チャーシューも先代の頃と比べると、厚みこそだいぶんうすくなったが、あたかも牛タンのような独特食感で相変わらずの旨さ。


時代が変わり、店舗が変われば、客が変わる。ショッピングセンターの他の店舗での買い物ついでに立ち寄る新規の客に向けて、メニューの表紙には店の歴史が書かれている。関東軒ならではのこの味わいを、いつまでも。

【関東軒】 
ラーメン570円 
佐賀県唐津市和多田先石4-2-8 
11:00~21:00・火曜休み ※7&8月は休みナシ Pあり ※要確認

◎2017通年麺喰い◎ 
ラーメン83●チャンポン4●中華麺2●うどん53●そば11●その他75 
◎7月の総ジョ グ距離0km / 通年66km◎

at 14:25 | Category :

2017年07月15日 土曜日

●【ラーメン】地鶏らーめん はや川@南区玉川

先週オープン予定だった「地鶏らーめん はや川」だが、異常気象や厨房機器のトラブルなどイロイロあって、今週13日、予定より一週間遅れで無事オープン。東京西早稲田の「らぁ麺やまぐち」出身との前評判も手伝って、連日大盛況。

メニューは「地鶏醤油らーめん」に「真鯛の塩らーめん」「鶏と豚のつけ麺」の3種に、近日発売予定の「汁なし担々麺」。同行カミさんのチョイスは醤油、ならば我は真鯛。

黄金色に澄んだスープに、カラフルな姫あられに、存在感あるチャーシューの赤と白の2種の上には、炙った鯛の身と三つ葉の緑。「ベッピンさんの麺は絶品さっ」が我が麺喰い経験則。コリャ間違いなしっ、とスープをひと啜り摺れば、塩気は必要最小限、じんわりと広がる鯛のダシのうま味と鶏ガラダシのあま味がシミジミ滋味。

合わさる麺は細めの中太麺。イイ感じにガサゴソな啜り心地と、ホクッと解けるコシが、滋味スープと相性抜群。共に口へと飛び込んでくる姫あれれのカリッと芳ばしい風味との風味コラボがナンとも楽しい。

そして特筆すべきは炙り鯛の旨さ。2種チャーシューにシナチクも、ソリャもう上出来に旨いのだが、出す直前に炙られたであろう鯛の身の芳しい旨さと滋味スープのコラボが、正に感動的美味っ。

カミさんのたのんだ醤油もクッキリと明快美味だし、この醤油味がベースらしきつけ麺もカナリ旨そうっ。コリャ再訪&全麺メニュー制覇だなっ。

地鶏らーめん はや川
真鯛の塩らーめん720円
福岡市南区玉川町11-11
11:00〜15:00(準備が整い次第、夜営業開始) Pなし ※要確認

◎2017通年麺喰い◎
ラーメン81●チャンポン4●中華麺2●うどん53●そば11●その他75
◎7月の総ジョ グ距離0km / 通年66km◎

at 11:45 | Category :