2017年08月18日 金曜日

●【ラーメン】幸陽閣@佐賀県佐賀市

佐賀市老舗ラーメン店の一軒「幸陽閣」で久しぶりに啜る一杯は、さすがの横綱相撲美味っ。ソリャもうメッチャクチャラに熱々なのに、ダシの風味が飛ぶことなくシッカリと舌にのる旨しスープに、テロンっと柔々だからこそドゥルンと豊かにスープを絡め取りつつ口へと収まる、コレまたチャッチャクチャラに熱々の麺。熱を持って暑を制す、フウフウ、ハホハホ、あぁ旨ひっ。

【幸陽閣】
ラーメン520円
佐賀県佐賀市下田町3-31
11:00~20:00・月曜休み Pあり ※要確認

◎2017通年麺喰い◎
ラーメン96●チャンポン5●中華麺3●うどん63●そば14●その他78
◎8月の総ジョ グ距離24km / 通年90km◎

at 13:03 | Category :

2017年08月17日 木曜日

●【ラーメン】中華そば寿限無@中央区高砂

「佐渡友」に「はや川」、「初代松山」と次々に美味醤油ラーメン店がオープンラッシュの福岡市及びその近郊だが、先日、またもや旨し醤油ラーメン屋「中華そば寿限無」がオープン。

美味飲食店が点在する中央区高砂の路地裏に、ドカンと縦長の赤提灯。正午半、暖簾を潜ると「いらっしゃいませぇ~、少々お時間頂きますが、よろしいでしょうかぁ~?」

カウンター席のみ6席ほどのこぢんまりした店内は満席&2名順番待ちの客。なれど、ちょうどカウンター席の2名が食事を終えて外出。この調子なら、さほど待つことなくありつけそうだと、順番待ち用の椅子に座る。

麺メニューは醤油ラーメンが具のバリエーションで4~5種。で、我は基本の「醤油らーめん」。かなり透明感高い&淡い醤油色のスープは見た目通り、豚骨らしきダシのうま味がメイン。醤油ダレは脇役に徹しダシのうま味の輪郭を丹念に描き出す。どこか懐かしい感じがする王道中華そば的味わいに、一発惚れ惚れ。無骨に一生懸命仕事をこなす店主は、かのカプチーノ泡泡豚骨名店である「一幸舎」で10年間修行されたとか。ナルホドだからこれほど、ダシのうま味を引き出す術を知っているのだろうか。

合わさる麺は、カナリ太めの中麺を柔らかめに上げてある。なのでスープとの絡みがすこぶる良好だし、ナニよりそのぷにゅぷにゅ食感が楽し旨しダイスキ。大判の海苔やシナチクとの食感&味わいのコール&レスポンスもナントも楽しい。これで厚切りのバラ肉ローールタイプのチャーシューの煮込み醤油ダレの味わいが、もうすこし控えめだったら言うことなし。この美味スープは、最後の一滴まで、本来の味わいのまま啜っていたい。

店のBGM?は落語。「なが田」@博多区御供所町など蕎麦屋ではたまにあるが、ラーメン店で落語が流れている店は初体験。落語好きとしてはナンとも嬉し、次回は開店人気が一段落ついた頃にお邪魔して、ラーメンのチャーシューをアテに焼酎飲んで、ゆっくりと落語を楽しんでみたひっ。

中華そば寿限無】 
醤油ラーメン750円 
福岡市中央区高砂1-18-1 
11:30〜15:00&18:00〜21:00・不定休 Pなし ※店facebookで確認を

◎2017通年麺喰い◎ 
ラーメン95●チャンポン5●中華麺3●うどん63●そば14●その他78 
◎8月の総ジョ グ距離24km / 通年90km◎

at 12:43 | Category :

2017年08月16日 水曜日

●【そば】生粉蕎麦 玄@西区姪浜

立秋を過ぎ、お盆も過ぎると、吹く風は少し涼しくなったが、陽射しはまだまだギラギラ暑いっ…。んで、涼を求めて「生粉蕎麦 玄」の姪浜店。

玄の夏季定番「すだち冷やかけ」。ソリャもうキンキンに冷やされたスメは、啜った瞬間、豊かな節の風味とコラボするスダチの酸味に、スッと全身クールダウン。

蕎麦も目一杯冷水で締められていて、冷やっこい口当たりとともに、ガチゴチと抗う強ゴシに負けじと噛みしめる快感。コリャ旨いなぁと、箸でスダチを搾り、スメの味わいの変化を楽しみ、更に蕎麦とともに喰らい、酸っぱホロ苦な風味を楽しみ。

冷たい麺に加えて、冷たいスメがグイグイと身体をクールダウンする、「ひやかけ」のうどんや蕎麦こそ、あぁ我が最愛の夏麺なり。

生粉蕎麦 玄】姪浜店
すだち冷やかけ550円
福岡市西区内浜1-7 ウエストコースト姪浜
11:00~22:30 Pあり ※要確認

◎2017通年麺喰い◎
ラーメン94●チャンポン5●中華麺3●うどん63●そば14●その他78
◎8月の総ジョ グ距離16km / 通年82km◎

at 12:35 | Category :

2017年08月15日 火曜日

●【うどん】うどん杵むら@中央区薬院

この夏ひやかけうどん in 2017 ~その八~
うどんのはなしを訪ねて ~その二十二~

「ゴマ味噌うどん」や「カレー南蛮」など、
一捻りある創作うどんがドエラク旨い「うどん杵むら」の
夏の名物が「冷やし南蛮」。

おそらく「とり南蛮」の冷製か?
醤油色の冷スメの下には、細かく刻まれた鶏肉と、
ダシでシッカリ煮込まれたらしき白葱。

先ずはスメとひと啜りすれば、
絶妙に効いたダシの旨さと醤油カエシの風味と、
具のカボスの一部を既に絞り入れてあるのだろう、
キュッとうま味の輪郭を描き出す柑橘酸味。

うどんは扁平中太麺。
ドゥルルゥゥ~~と、スメを豊かに絡め取りつつ、
ぶよんぶよんと口へ収まるこの食感は、正に快感っ。

しっかり冷水で締めてあるのに、変に強ゴシでなく、
ぷるるん、ぷるぷると優しいコシが、
イヤハヤこりゃ参った、うんうんダイスキダイスキ。

てんこ盛りされた大根おろし、ミョウガにカボスの輪切りが
より涼やかさを醸す様が、シミジミ職人芸。
タマラン旨いっ、コリャ名作!!とメロメロ完食ぅ。

【うどん杵むら】 
冷やし南蛮850円 
福岡市中央区薬院2-14-28-2F 
11:30~15:00&17:00~23:00(土日祝11:30~22:00)・第1&第3月曜休み Pなし ※要確認

◎2017通年麺喰い◎ 
ラーメン94●チャンポン5●中華麺3●うどん63●そば13●その他78 
◎8月の総ジョ グ距離16km / 通年82km◎

at 12:45 | Category :

2017年08月13日 日曜日

●【ラーメン】七福亭@城南区七隈

昼飯時、東京から夏休みで帰省中の次男が

「旨い豚骨、喰いたいなぁ…」。

おっしゃ任せとけ!と、我が最愛豚骨の一軒「七福亭」へ。

久方ぶりの一杯は、運ばれてきた瞬間に、旨さ確信。

プクプクと表面に浮く細かな泡のカプチーノ豚骨に、ウキウキドキドキ。

まずはスープとひと啜りすれば、おうおうキタキタキタぁ~!

軽やかな口当たりながら、グイグイ広がるダシのうま味風味ダイスキ。

合わさる麺の粉感も、イイねイイねイイ感じっ。

「お盆期間中は『ネギ盛り』は販売休止」との貼り紙に相反し、

目一杯盛られたネギの風味が絶品薬味。

あぁ旨いなぁと惚れ惚れ啜っていると、如何にも親子らしき男性客2名。

ビールとチャーシューをたのみ、ラーメンが出来るまで杯を重ねる。

漏れ聞こえる会話から察するに、

里帰りした息子を父親が連れての来店のようだ。

お盆に久しぶりに帰省した息子を、行きつけのラーメン屋でもてなす父。

麺好きオヤジの思考回路は、至ってシンプルで、愚か。

だけど、いや、だからこそ愛らしい。

同志がここで啜ってますよぉ、と心で声をかけつつ、
脇で一心不乱に啜る次男に目を細めつつ、ズルズルとシアワセ。

七福亭
ラーメン+替え玉  530円 ※ランチサービス価格
福岡市城南区南片江2-30-24
11:30~22:00・月曜&2nd日曜休み Pあり ※要確認

◎2017通年麺喰い◎
ラーメン94●チャンポン5●中華麺3●うどん62●そば13●その他78
◎8月の総ジョ グ距離16km / 通年82km◎

at 12:18 | Category :

2017年08月12日 土曜日

●【うどん】資さんうどん@春日市里見が丘

この夏ひやかけうどん in 2017 ~その七~

本場の讃岐では「冷や冷や」の愛称で呼ばれる「ひやかけうどん」。冷たいうどんを冷たいかけつゆで食べるスタイルだが、元来温かいうどんを温かいかけつゆで食べる博多にも徐々に浸透し、そのお隣、北九州市のソウルフードうどんチェーン「資さんうどん」でも、数年前から「冷やしかけうどん」として、夏季限定で販売されている。

キュッと躍るダシのうま味と、ずしんっと重量感あるコシのうどんは、おそらく温うどんのそれを、それぞれ冷やした共用か。本場・讃岐のスメとうどんとは、また一味違った旨さの九州うどん版ひやかけうどん。さすがの大衆うどんチェーンだけに、価格もウレシイ320円。追加でごぼう天もトッピングし、更に卓上の揚げ玉やとろろ昆布で味変も存分に楽しみつつ、むにむに完食。

資さんうどん】春日白水店
冷やしかけうどん320円+ごぼう天120円
福岡県春日市星見ヶ丘6-92
9:00~25:00 Pあり ※要確認

◎2017通年麺喰い◎
ラーメン93●チャンポン5●中華麺3●うどん62●そば13●その他78
◎8月の総ジョ グ距離16km / 通年82km◎

at 11:42 | Category :

2017年08月11日 金曜日

●【ラーメン】名物肉盛り中華そば初代松山@糟屋郡新宮町

最近オープンする福岡市及びその近郊のラーメン店とすると、豚骨ラーメン以外のラーメンがウリの店の方が、むしろ多数派と思えるほどに、否豚骨ラーメン店が百花繚乱。

先日、福岡市東隣の新宮町にオープンした「名物肉盛り中華そば初代松山」も然り。麺メニューは醤油スープの「中華そば」と「ざるつけ麺」の2種×チャーシューの量のバリエーション3種×旨辛味噌の有無。

入口の食券販売機で「定番 中華そば650円」のチケットを購入し、カウンターに並び出来上がりを待ち、完成したらお盆で受け取り席へと運んで食べるセルフサービス営業。休日午後ゆえ家族連れの客が多いためか、チケットを買い、セルフの行列に並ぶこと20分ほどで、ようやっと昼麺にありつく。

まずはスープとひと啜りすれば、キュンッとドライブする醤油ダレの風味と、至極シンプルなダシのうま味と、背脂のあま味のコラボに、ふと「第一旭」@京都府京都市を思い出す。セルフで取り放題のネギとの相性がソリャもう抜群で、ドンズバ我がツボっ!

合わさる麺は中太ちぢれ麺。昼時で行列のできた客をさばくための弊害なのか?それとも店本来の確信なのが、コリッと弾け、気持ち小麦の粉感さえ思えるほどに、無骨な味わい。なのだが、もう少し優しい味わいのモッチリ麺の方が、より美味しく食べられるのでは?と思うのは、我のみか??

厚切りのチャーシューは、ソリャもうシッカリと調味されていて、これをおかずに白飯食べるなら、際限なくお代わりできそうな、明快&濃い味美味。全体の印象はどこかレトロなド醤油中華そば。これでチャーシューが調味なしの単なるゆで豚であったなら、心底ぞっこん。

カミさんがたのんだ「裏定番 ざるつけ麺750円」は、おそらく麺、醤油ダレ、割るスープはおそらく中華そばと共用か。温つけスープに酸味を効かせた、コレまたレトロなつけ麺テイストに、メランコリック美味。

 

昨夜は、この春に東京へ進学した次男が里帰り。で、ご馳走してやりたいと「オンドス家」@博多区博多駅前。日本語の勉強にとモンゴルから留学したお母さんが、留学先の福岡市に惚れ込み、モンゴル軍人だった料理自慢のお父さんと、6年前に開店。毎年11月の大相撲九州場所の際は、多くのモンゴル出身力士が、郷土の味を求めて来店するという。

モンゴル料理のメイン食材である羊肉だけに、塩ゆでしたり、野菜と共に石焼きしたり。そして〆に啜った「スープラーモン」は、羊肉を茹でて調理する際に得られる茹で汁に、羊の骨も使われているのだろうか??ほんわか甘いダシのうま味に、微かに鼻につく獣臭のコントラストが、シミジミ滋味。

​【名物肉盛り中華そば 初代松山】
中華そば650円
福岡県糟屋郡新宮町美咲3-1-10
8:00~17:00・不定休 Pあり ※要確認

◎2017通年麺喰い◎
ラーメン93●チャンポン5●中華麺3●うどん61●そば13●その他78
◎8月の総ジョ グ距離16km / 通年82km◎

at 12:49 | Category :

2017年08月09日 水曜日

●【うどん】さぬきうどん大木戸@中央区舞鶴

この夏ひやかけうどん in 2017 ~その六~

冷やっ冷やのスメは存分に旨いダシが豊かにきいた、おご馳走美味。合わさるうどんも小麦感全開のむっちり強ゴシで、美味冷スメとのうま味のコール&レスポンスがウットリ美味っ。

加えて大木戸名物の期間限定の具。今日の「ゴボウと枝豆のかき揚げ」は、細かく笹がきされたゴボウと、小粒の枝豆のかき揚げ。そのまま囓ればガリッと&プニュッと食感コラボ。徐々に美味冷スメに徐々に解け、食感が変わる様がナンとも楽しく、ウハウハ完食。

【さぬきうどん大木戸】
冷やしかけ380円+ゴボウと枝豆のかき揚げ130円
福岡市中央区舞鶴2-8-29
11:00~15:00&17:30~20:00(土曜は昼のみ営業)・日曜休み Pなし ※要確認

◎2017通年麺喰い◎
ラーメン91●チャンポン5●中華麺3●うどん61●そば13●その他78
◎8月の総ジョ グ距離16km / 通年82km◎

at 12:36 | Category :

2017年08月08日 火曜日

●【うどん】うどん大学@中央区赤坂

この夏ひやかけうどん in 2017 ~その五~

もともとは、うどん=温かい食べ物。製麺所製の茹で置きうどんを客の注文に合わせて温め直し、テロテロヤワヤワ状態で熱々のスメと合わせることで、スメの旨さを存分に味わうスタイルこそ、伝統博多うどん。

なれど二十数年前、冷たいうどん自体の旨さが主役の讃岐うどん食文化が博多へ黒船来襲。結果、冷たいうどん×冷たいスメ=讃岐うどんでいう「ひやひや」=ひやかけうどんを出す店が次々と登場。

5年前にオープンした「うどん大学」も然り。今は閉店してしまった「唄う!手打ちうどん稲穂」@早良区野芥に、讃岐うどん作りの手ほどきを受け、「二○加屋長介」@中央区薬院で、うどん居酒屋経営を学んだ名店。

スキッと澄んだスメはイリコらしきダシがガシガシときいたホロ苦美味。美しく盛られたうどんも本場讃岐さながらのイカ刺しゴシが楽し旨しダイスキ。今や博多でも、様々な味わいのひやかけうどんが楽しめるシアワセにドップリ浸りつつ、ズルズル啜るぅ。

【うどん大学】
ひやかけうどん450円+ちくわ天100円
福岡市中央区赤坂1-10-1
11:30~26:00・不定休 Pなし ※Pなし

◎2017通年麺喰い◎
ラーメン91●チャンポン5●中華麺3●うどん60●そば13●その他78
◎8月の総ジョ グ距離16km / 通年82km◎

at 13:20 | Category :

2017年08月07日 月曜日

●【ラーメン】くそオヤジのためらい@長崎県佐世保市

「くそオヤジのためらい」なる、ナンともインパクトがある屋号のラーメン店が、先々月の6月に、佐世保市の繁華街の裏通りにオープン。ナンでも「ラーメン砦」@佐世保市がプロデュースした店なのだとか。砦と言えば、食べログの長崎県ラーメンランキングで見事1位、大阪府にも支店を出店している超人気&元気なラーメン店だし、こりゃ是非とも啜ってみたひっとノコノコ訪問。

屋号からしてかなり尖った店造りなのか?とチト緊張しつつ暖簾を潜ると、落ち着いた作りの居酒屋風で、メニューも手書きで記されている。そして店主も、想定外の年配男性。和やかな接客態度で迎えていただき、ホッと一安心しつつ、カウンター席に着く。

麺メニューはラーメンが「塩ラーメン」と「醤油ラーメン」の2種がそれぞれ、ノーマル、ニンニク、辛いバージョンの3種味付けと、「海老塩ラーメン」の計7種に、夜営業では手延べうどんが2~3種に冷や麦も販売しているようだ。迷うことなく、メニュー表筆頭の塩ラーメンをたのむ。

待つことしばし、運ばれてきたラーメンは、アサリにアナゴ?!そしてドッサリの白髪ネギと青ネギ輪切りに、豆苗とキクラゲとアレコレドッサリてんこ盛り。
先ずはスープとひと啜りすれば、数種の貝から抽出した「貝清湯」に、これまたドッサリ盛られた焦げネギ油の風味が加わることで洋風に味わいがスイッチして、まるでサッパリと軽やかなクラムチャウダー。

いやぁオモロイなぁと麺を啜れば、イイ感じに柔揚げの中太ストレート麺が、豊かにスープを絡め取りつつ口へと収まり、もっちりと解け、ほっこりと旨い。のだが、その後に次々と口へと飛び込む、種々雑多な具や薬味の、ソリャもうテンデバラバラな食感と風味が、猛烈にラビリンス。さらに食べ進むと、アナゴのタレのあま味がスープに映り、更に味わい七変化。するとあら不思議、当初の戸惑いが嘘のように消えて、一方向の味わいベクトルへと収束し、一致団結。まとまり感ある豊かな味わいの一杯へと変化する楽しさよ。

【くそオヤジのためらい】
塩ラーメン750円
長崎県佐世保市栄町6-10
11:30~14:30&18:00~22:00・日曜休み Pあり ※要確認

◎2017通年麺喰い◎
ラーメン91●チャンポン5●中華麺3●うどん59●そば13●その他78
◎8月の総ジョ グ距離10km / 通年76km◎

at 12:13 | Category :