2005年03月17日 木曜日

●東洋軒 ~『軒』を訪ねて第27回~

東洋軒:ラーメン580円。
福岡市博多区春町3-5-9。11:00~23:00、定休日不明。Pあり。


 午前中の春町での仕事を終え、さぁ昼麺。以前から気にはなっていた『軒』、東洋軒へ。

東洋軒


 地味派手な外観が印象的な東洋軒。車を止め入り口へと近づくと、ガラスに数々の問答集を発見。

 問:創業はいつですか?
 答:昭和41年10月21日です

 問:トンコツラーメンですか?
 答:トンコツですが、それだけではありません

 問:経営者は変わりましたか?
 答:いいえ、変わりません

 この他に麺のカンスイの化学成分比率表示もアリ。なんとも摩訶不思議な店である。

ラーメン◇東洋軒

 出てきたラーメンはデフォルトで紅ショウガがのっている。チャーシューの多さと醤油色濃いスープが独特。
 まずはスープと一口啜れば、あっさりとした口当たりとともに、ほわっと華ある醤油だれの旨味&ナンとも素朴なだしの風味。かなり強引に例えれば、醤油だれ強めの明星チャルメララーメン。「華」と「素朴」のバランスが楽しい&オリジナリティ溢れる味わいはカナリ好み!
 素朴な風味の麺はスープとの相性よし&周辺に醤油の風味がカリッときいたチャーシューも旨い。全体的にはカナリ好みのラーメンだが、如何せん価格が580円…。しかも替え玉150円……。『軒』こそ安&旨であって欲しいと願うのは、私のワガママか。


◎2005年通算麺喰い数◎
ラーメン60●チャンポン4●うどん21●そば8

Posted by heno at 2005年03月17日 06:01