2005年05月31日 火曜日

●翁風庵 ~噛むほどウマイ!信州そば新店オープン~

 相も変わらず忙しい。輻湊する仕事の数々の進行具合のチェックと段取りだけで、早午後1時。午後からは集中力が要る仕事。 ムシャクシャした精神状態でははかどらない。さくっと気分を変えるためにも、昼麺ポタだ!と、翁風庵へ。

 

翁風庵

 

 まんちゃんのブログでその存在を知り、気になっていた蕎麦新店、翁風庵。 住所をたよりに訪ねると、ベスト電器本店から北へ、昭和通りへと抜ける細い一方通行道路沿いのビルの一階に白い暖簾。おお! ココは滋味パスタの名店・ベローナの移転跡じゃないの!

 引き戸を開けると、テーブル席4卓と小上がり2卓のこぢんまりとした店内には先客ひとり。 酒を飲みつつ蕎麦を啜っている。くぅ~ウラヤマシイぞぉ!と席に着きメニューを見ると、なかなかの品揃え。ざるも「せいろ」に加え、「田舎」 と「粗目」がある。するっと小粋な二八より、ざくざくと無骨な粗挽きフェチの私、迷うことなく粗目をたのむ。

 

粗目そば◇翁風庵

 

 

 待つことしばし、出てきた粗目そばは、色こそ濃いが粗挽き粉ではない。山盛りの蕎麦を一筋つまめば、麺線の綺麗揃ったなかなかの 「美人」である。

 つゆにつけ、ずずっと一啜りすれば、蕎麦の適度なざらつき感が心地よい。気持ち辛めのながらも、 ほんのりとした甘味が広がる淡麗味のつゆが絡み、なかなか美味!そして噛み込むと、「にちぃ~っ」と抗う食感と共に豊かに広がる蕎麦の甘み。

 旨いなぁ。好きだなぁ、この蕎麦は…。

 その食感と味わいが楽しくて、ついついいつまでも噛み続ける。普段なら、蕎麦はずずっと啜り込む食べ方が好みの私だが、この蕎麦は、 ずっとずっと、いつまでも噛んでいたい…。

 酒の肴もすこぶる豊富。しかも夜9時までと、蕎麦屋にしては遅くまで開いている。次回は蕎麦屋酒で決まり!

 

翁風庵:粗目そば850円。
福岡市中央区天神1-15-14。11:30~21:00、年中無休(正月のみ休み)。Pなし。

Posted by heno at 2005年05月31日 23:37