2005年07月27日 水曜日

●小倉五つ星らーめん街 ~悲喜こもごもの新生ラーメンコンプレックス~

 朝からの小倉での仕事が正午前に無事終了。果てさて今日はどこぞで昼麺啜ろうかと思案していると、 同行のスタッフのひとりが

 「リバーウォークにミニ・ラーメンスタジアムが出来てますよ」

 そうそう、そうだった!日々ラーメンによるとアノ新福菜館@京都も出店しているんだったな!ならば決定!リバーウォークへGO!

 

小倉五つ星らーめん街 

 

 紫川沿いに2年前にオープンした北九州版キャナルシティ、リバーウォークの地下一階。以前は「餃子の小径」という餃子コンプレックスだったエリアが、 今月中旬「小倉五つ星らーめん街」なるラーメンプレックスとしてリニューアル・オープン。

 昼時だが平日なので、大して混んではないだろと高を括っていたが、なんのその。施設内の5店舗全てに順番待ちの列が出来ている。 そして我がお目当ての新福菜館にも10名ほどの列…。店頭の食券販売機で並ラーメン600円のチケットを買い、 アノ濃厚醤油ラーメンの再食を待つ。

 

並ラーメン◇新福菜館

 

 うしゃしゃぁ~、キタァ~!

 レンゲで一口啜った途端、どっか~んと炸裂する醤油だれの濃厚な旨さとだしの風味。 ぐりんぐりんと口中で暴れ回るワイルドな感じは本店とまんま同じ。だが、本店に比べ魚介系のだしが薄い気がする。そして、 妙に脂がキツイのは「豚骨の国」仕様か?さらに、ちまちまとした味わいの葱も本店のそれとは異なる印象。

 確かに旨い!だけど、今ひとつ物足りないなぁ~と啜っていると、

 「もう一軒、食べていきましょうよ!」

 と同行スタッフ。う~ん…、よし!せっかくココまで来たんだし、禁断の連食だぁ~!!と旭川さいじょうへ。

 

伝説の塩ラーメン

 

 う~ん、いわゆるひとつのどうでしょう…。

 待つことしばし、出てきた塩ラーメンはコッテリ&塩気強めで、私の苦手な山頭火タイプ。第二回旭川ラーメン大賞を受賞したそうだが、同じく旭川ラーメン& ラーメンコンプレックスの元祖・ラ博に出店している峰屋の方が、グリグリと暴れん坊で私好み。

 北九州で同じ塩ラーメン食べるなら、移転再開した塩弐番に行けば良かったなぁ、と後悔しつつ、福岡へ帰る。

 

新福菜館:並ラーメン600円。旭川さいじょう:伝説の塩ラーメン600円。北九州市小倉北区室町1- 1-1リバーウォーク地下一階。11: 00~22: 00、年中無休。Pあり(1,000円以上の飲食で駐車サービス券)。

◎2005年通算麺喰い数◎ラーメン144●チャンポン13●うどん64●そば26

Posted by heno at 2005年07月27日 21:10