2005年09月26日 月曜日

●上海餐室 ~マタマタ登場!醤油ラーメンが自慢の新店~

 昨日のハーフマラソンの心地よい疲労感を楽しみつつ、午後1時前。とりあえず仕事が一段落ついたところで、さぁ昼麺。 久方ぶりに店屋うどんで啜ろうか、とペダルをこいでいると

 あれぇ?新店だぁ。

 アクロス福岡南側の通りを中洲方向へ。薬院新川を渡った交差点の右手に「9月1日オープン」の看板。屋号は上海餐室。 「気になっらとりあえず啜っとけ」なる我が麺喰い信条に忠実に突入。

 

上海餐室

 

 かなり広めの店内には先客ひとり。奥のカウンター席に座りメニューを見れば、今月末までのオープニングメニューとして、 「上海おばあちゃんの直伝醤油ラーメン」に「チャーシューメン」、「パーコーメン」、「五目あんかけやきそば」に「特製中華べんとう」。 迷うことなく、醤油ラーメンをたのむ。

 

奶奶湯麺◇上海餐室

 

 

 鶏ガラベースの得も言われぬ芳しき香りを立てつつ、醤油ラーメンが運ばれてくる。こりゃカナリ期待できるか?と一口啜れば、 円やかな鶏ガラの旨味+上品な魚介系の風味。典型的な「極上本格派中華麺」のスープである!

 中華香辛料がきいたチャーシューもトロリと旨し。かなりの上出来醤油ラーメンである。が、「中華料理店のラーメン」の宿命か、 凡庸な細めの縮れ麺には店の麺に対するコダワリがあまり感じられない。そして、青菜にシナチク、チャーシュー、煮玉子と、 具もソコソコ豪華なれど、680円はチト高過ぎか?

 が、しかし、このスープはカナリ私好み。スープの旨い店は一品料理も美味なはず。次の機会に中華好きの父を連れてきてやるか。

上海餐室:奶奶湯麺680円。福岡市中央区西中洲12-21KS第2ビル1階。11:30~25:00、 毎月2日&19日休み(?)。Pなし。

◎2005年通算麺喰い数◎ラーメン181●チャンポン15●うどん90●そば33

Posted by heno at 2005年09月26日 21:17