2006年01月05日 木曜日

●こいつぁ一時ハマリそうだなぁ~的イニシエ系

 西区での所用を済ませ、さぁ昼麺。気分はラーメン。で、迷うことなくしばらく福重店へ。

 

しばらく

 

 先日食べて一口惚れしたしばらく福重店。都市高速の高架下、店頭の駐車場はほぼ満車状態。 ヨカッタ、営業しているぞ!と店内に入れば、ほぼ満席状態。わずかに1席空いていたカウンターに滑り込み、新聞をめくりつつ、 ラーメンを待つ。

 

ラーメン◇しばらく福重店

 

 旨い。やっぱ旨いわ、しばらく福重店!

 トロンと柔らな口当たりとともに、軽やかな脂の甘味と力強いだしの旨み。派手さはない。ラードと化調の使い方が絶妙な、 トコトン直球勝負の極上イニシエ系スープである。

 麺もイイ。適度に太めの中麺は素朴系。噛み込むと、ぶにんっと弾ける様がオモシロイ。 具のキクラゲと葱との食感のハーモニーもナンとも楽しい。

 全体のまとまり感抜群のラーメンも素晴らしいが、さらに感動的なのが店員のオペレーション。 夫婦らしき年配男女と3名の若者の織りなすフォーメーションは、まさに感動の一言。

 麺を揚げる店主の進行具合に合わせ、奥さんがドンブリへスープを注ぐ。頃合いを見計らって店主が平笊で大量に揚げた麺を、 奥さんが一旦皿で受け取り、ドンブリへと小分けしていく。具をのせ、出来上がったラーメンを、若者3名は蜂のように舞いながら客へ届ける。 お互いに連絡を密に取りながら、見事な連係で店を回している。

 一旦はカウンターの空いた席にバラバラに案内した4名の家族連れを、新たに小上がりの4人テーブル席が空くと、 そちらへ案内し直すあたりは、まさに感服。客ひとりひとりの顔を見ながら商売されている証である。

 ラーメンも旨いし、心のこもった接客もウレシイ。次回こそ、夕方。ラーメン屋酒だぁ!

しばらくラーメン福重店:ラーメン450円、替え玉110円。福岡市西区石丸4-48-3。Pあり。

◎2006年通算麺喰い数◎ラーメン5●うどん1●そば1●その他0

Posted by heno at 2006年01月05日 13:20