2006年01月10日 火曜日

●なにわ下町で「行列の出来るラーメン屋」に出会う

 ああ、面白かったと今宮戎神社を後に通天閣へと向かう。

 

大阪下町のシンボル、通天閣タワーの前に行列発見。
何に並んでいるのだろうかと、列の先に行ってみると…

 

 

おお、赤井英和だっ!
十日恵比寿に合わせたのだろう、
通天閣商店街主催の新年振る舞い酒。
うぅ~、メデタイ!飲みたい!!
でも、コレから仕事だしなぁ~…。

 目一杯気さくななにわの下町情緒を満喫し、
地下鉄御堂筋線へと戻っていると、再び行列を発見。

 

無鉄砲大阪本店

 

 行列の出来るラーメン屋か…。しかも並んでいるのは若者ではなく、中年親父達だぞ。コリャ気になる…。 で、「気になった時が食べ時」なる我が麺喰い信条に忠実に、列の最後尾に並ぶ。

 店に入ってすぐに食券販売機。ラーメンは「とんこつ」と「正油」の2種類。デフォルトらしき「とんこつ」 を買う。40席はあるだろうか、広めの店内は開店が早く、待つこと5分でカウンター席に通される。

 ぐつぐつぐつ、がっ、ががぁ~、ぐつぐつぐつ…

 カウンター越しの厨房では大釜で豪快にスープが炊かれている。超強火なのだろう、 ぐつぐつと鍋から吹きこぼれているスープを、店員が大きなへらでのべつまくなしかき混ぜている。うっしゃぁ~、 コレは濃いラーメンが出て来そうだぞぉ…。腹をくくり、ラーメンを待つ。

 

ラーメン◇無鉄砲大阪本店

 

 出ったぁ~!(「ますだおかだ」のおかだ調で)

 黄土色のスープは見るからにコラーゲンたっぷりの超濃厚豚骨。レンゲで掬うと、 ぽったりと持ち上がる様は正にポタージュスープ……。恐る恐る一啜りすれば、ぐわしっ。超熱々の触感とともに、 まったりと濃厚に広がる豚骨の旨味。ところどころ小さな肉片らしき食感も感じるぞぉ…。もうコレは「ポタージュスープ」を通り越し、 「トコトン煮込んだ豚骨シチュー」でアル!

 

 

 合わさる麺もオモシロイ!気持ち扁平した中麺は適度に柔らかく、濃厚スープによく馴染む。 重湯のようにまとわりつくスープとともにレンゲにとり、口へと運ぶと、あら不思議。ギトギトのウルトラ・バタ臭いはずのスープの味わいが、 何故か優しく感じられるノダ…。食べ進むうちに、どんどんと「優しさ」が増すネオ癒し系。

 後味もしつこくなくナンともGOODな、また食べてみたくなるハマリ系。 このブログをアップすべくネットで検索してみると、どうやら京都が発祥の店のようだ。京都の人は「はんなりとした薄味」 好みのイメージがあるが、ナンのナンの。天下一品然り、新福菜館然り、ラーメンに関してはカナリの濃い味がお好みのようでんなぁ~。

無鉄砲 大阪本店:らーめん650円。大阪市浪速区戎本町1-5-21。 11:00~15:00&18:00~23:00、月曜休み。Pなし。

◎2006年通算麺喰い数◎ラーメン10●うどん2●そば2●その他3

Posted by heno at 2006年01月10日 13:13