2006年01月17日 火曜日

●ほっこり旨い、極太うどん

 朝からコツコツ雑務をこなし午後2時前、やっとこさ一段落つき、さぁ昼麺。博多部へ書類を届けるついでに昼麺ポタだ!と、 松子さん情報の博多署前黄テント中華屋へ向かう。が、閉まっている…。

 果てさてどうしたものかと、気分でハンドルを切っているうちに呉服町へ。おお、しま屋は暖簾がかかっている。が、 どうも今日は担々麺の気分じゃないし……。おお、そうだそうだ!久しぶりにみやけうどんに行ってみるか。

 

 みやけうどん

 

 しま屋の通りを北へ500mほど進むと、黒塀の趣きある佇まい。博多うどんの老舗の一軒、みやけうどん。 恐る恐る青い暖簾をくぐると、

 よかった、以前の雰囲気そのままだ……。

 イイ感じに黒ずんだ朱塗りの土間に、歴史を感じる木のカウンター。そして、カウンター奥の大釜。 昨年の福岡西方沖地震で1階店舗部分が大破、大規模な改修工事が行われたとのことだが、店内の雰囲気は昔のまま。

 

えび天うどん◇みやけうどん

 

 そしてうどんも昔のまま。小振りのドンブリから溢れんばかりの極太うどんは、むっちり美味。ぐいっと昆布だしのきいた熱々すめに、 えび天かき揚げを溶かし、味の変化を楽しみつつ、ずるずると啜る。

 子供の頃、父がよく連れて行ってくれたのが赤のれん@箱崎。そして、母がよく連れてきてくれたのが、ここみやけうどん。 脳裏に刻まれた懐かしの味、これからも、いつまでも。

みやけうどん:えび天うどん380円。福岡市博多区上呉服町10-24。11:00~19:00、 日祝休み。 Pなし。

◎2006年通算麺喰い数◎ラーメン14●うどん4●そば4●その他4

Posted by heno at 2006年01月17日 14:25