2006年03月03日 金曜日

●「ぷにゅり」の「サクッ」で、うっしゃ、しゃしゃぁ~!食感楽し、味旨し。

 午後1時前、拾六町での仕事を終え、さぁ昼麺。同行の取引先M松さんの希望は、前回同様「ラーメンはパス」。

 よっしゃ、ならば大地のうどんだ。


大地のうどん

 

 午後1時過ぎ、満席覚悟で大地のうどんへ着くが、珍しく空席あり。こりゃラッキー!と小上がり席につく。と、 間髪あけず続々と客が入店し、あっという間に満席&空席待ちが2組。さすがの超人気店である。

 果てさて今日はナニを啜ろうか?とメニューを眺めていると、

 「へのさん、今日はお世話になったので、私が奢りますよ。
  一番高価なコレ、イキましょう!」

 とM松さんが指さすメニューは天釜780円ナリ!自前じゃとても手が出せないプラチナ・メニュー、 こんな機会じゃないと食べられない。で、

 「ハイ!素直にお言葉に甘えマス!!」

 

天釜◇大地のうどん

 

 待つことしばし、運ばれてきた天釜は超豪華。天ぷらは、大振りの海老が2尾に、 椎茸やカボチャなど野菜天が4種。ナスに施された綺麗な飾り包丁に誠実な仕事のあとを感じる。そして、 ドンブリからもうもうと湯気を上げる釜揚げうどんが、ナンとも食欲をそそる。

 よっしゃ、まずはうどんから、と薬味の胡麻、おろし生姜、レモンがのったつけ汁の蓋を開けると、 ふわりと香り立つナンとも芳しい鰹節の香り!そして、ドンブリからうどんを上げると、 芯から周辺部にかけ徐々に透明に透けていく感じのグラデーションがコレまたナンとも美しい。

 うっしゃぁ~、こりゃタマランなぁ!と小躍りしつつ、つけ汁につけるのももどかしく、ずずっと啜れば、瞬間広がるつゆの熱々美味。 鰹だし&醤油のかえしがキリリと効いた、なんとイナセな味わいでピシャリ私好み!!

 そして、うどん。熱々釜揚げならではの「ぬらっ」と艶っぽい啜ったときの触感然り、噛んだ瞬間の「ぷにゅん」と可愛いこし然り、 さらに噛み込んだときのもちもち感然り、最後に解けていくときの潔いひき然り。

 旨い……。こりゃ旨すぎだぁ。

 細身ながらも、時々で様々な表情を見せる技ありうどんに、我が麺中枢は完全にメルトダウン。

 さくっと揚がった天ぷらとの食感&味わいのハーモニーも楽しいし、3種の薬味による味の変化もコレまた楽し。この味で、 この内容で780円なら十分リーズナブル!M松さん、ご馳走様でしたぁ!!

大地のうどん:天釜780円。 福岡市西区上山門2-1-18。 11:00~16:00&17:00~20:00、水曜休み。 Pあり。

◎2006年通算麺喰い数◎ラーメン51●うどん15●そば10●その他9

Posted by heno at 2006年03月03日 13:37