2006年04月15日 土曜日

●半島に入れよ!男味に女味、好対照な新ラ店連食

 シトシトと雨降る朝。胃にかすかに残る昨夜の飲み会の余韻を癒すべく、二度寝。正午前、再び起き出し、

 「チビ達、ラーメン喰いに行くぞぉ~。」

 小雨の中、糸島半島を目指す。

 半島中部の元岡地区。九州大学移転工事に伴い完成した片側2車線の広々した道路沿いに、目指す「まる勝ラーメン」を発見。

まる勝ラーメン

 MANIC SOMEDAYでその存在を知り、ずっと気になっていたまる勝ラーメン。 赤い暖簾をくぐると、正面に20席ほどの長いカウンター席。さらに左手には4人がけのテーブル席が2卓。かなり広めの店内だが、 8割方客で埋まっている。

 カウンター席に座りメニューを見ると、ラーメンに絞り込んだ専門店的品揃えが好印象。卓上にラーメン無料券進呈のお知らせが。 賃貸アパートorマンションの借り手を紹介すると貰えるらしい。ひょっとしてココは、不動産屋が異業種参入したラーメン屋なのか……?

ラーメン◇まる勝ラーメン

 待つことしばし、出てきたラーメンはドンヨリと淀んだ白濁スープが迫力満点。熱々ながら、 所々コラーゲンの表面に膜を張っている。

 コリャかなり手強そうだぞ、と覚悟を決め、一口啜れば、ドッカリと重たく広がる濃い味スープ。 だしの旨味に加え、濃密なる脂の甘みと強めの塩気。ぐりんぐりんと舌から喉、胃を刺激する男味。 

 あまりのぽってり味に、ただでさえ軟弱な我が胃は昨夜の飲酒の余韻もあり、ギブアップ。一筋麺を啜るも、 その後はチビ達にお任せ状態のテイタラク…。

 

 ド迫力豚骨にスゴスゴと退散しつつも、糸島半島にはもう一軒、気になるラ店がアルのさっ!と、 向かったのは「いなか亭」。

 掲示板へのコミさん情報がビビッときたいなか亭。 インターネットタウンページで調べた住所をたよりに訪ねると、幹線道路から入り込んだ小さな集落の一角に、 真新しいプレハブ作りの店舗を発見。

 いなか亭

 かなりディープな立地ゆえ、おそるおそる暖簾をくぐると、ご近所さんらしきおばちゃん連中で、 小さな店内はほぼ満席状態。カウンター席の片隅に空席を見つけ滑り込み、ラーメンをたのむ。

 ラーメン◇いなか亭

 イイ感じに透明感を残すスープからは、柔らかなだしの香りが立ち上る。果てさて如何に?と一啜りすれば、 香り同様に柔らかなだしの旨味をストレートに感じる無化調タイプ。

 麺もイイ感じにしんなりと優しい。根が軟弱なエセ麺喰いの私には、 まる勝よりコチラの女味ラーメンの方が相性ヨシ。

 価格も320円とマーベラス。コミさん情報通り、店奥には生け簀アリ。 「メニューの中から3品¥1000でチョイス」可能なのだとか。次回は帰りのドライバーに酒を飲まないカミさん連れて、 のんびりラ店酒なぞ楽しみたいぞぉ。

まる勝ラーメン:ラーメン450円。福岡市西区元岡633-1。月曜休み。Pあり。

いなか亭:ラーメン320円。福岡県前原市大字泊273-12。11:30~22:00、 2nd&4th日曜。Pあり。

◎2006年通算麺喰い数◎ラーメン83●うどん20●そば15●その他22

Posted by heno at 2006年04月15日 12:58