2006年05月25日 木曜日

●さすがの上出来!季節限定創作塩ラーメン

 午前中の社内での勉強会を終え、さぁ昼麺。午後からは太宰府の得意先で打ち合わせ。ならば、大橋の一風堂塩原本舗に寄って、 季節限定「初夏の塩ラーメン」を啜るノダ!

 西鉄大橋駅の東にあたる塩原地区は、一軒家やマンションがずらりと建ち並ぶ、古くからの住宅地。最も駅に近い塩原3丁目は、 私が大学時代アパート暮らしした思い出の街。

 貧乏暮らしゆえエアコンなど無い。熱い夏の夜、当時付き合っていた彼女とよく涼んだ塩原中央公園のほど近くに、 黄色い暖簾の一風堂塩原本舗。一風堂の中で唯一、四季折々の期間限定創作ラーメンが楽しめる店だ。

一風堂塩原本舗

 午後1時過ぎの店内は先客5名。場所柄、学生らしき若者ばかり。大テーブルに座り、 卓上に置いてある辛子もやしと辛子高菜を小皿にとり、我がお目当ての「初夏の塩ラーメン」を待つ。

初夏の塩ラーメン◇一風堂塩原本舗

 ほどなく出てきた塩ラーメンは、白濁したスープと具の油揚げが印象的。どらどらとスープを一口啜ると、 ふんわりと広がるナンとも円やかな鶏ガラだしの旨味。

 旨い……。こりゃぁ、旨いわぁ。

 啜った瞬間鼻へと抜ける香り然り、口中へ広がる旨味然り、あくまで優しく円やか。ふんわりと、かつ、 ふくよかに。ほんわりとシミジミ美味なるスープに感服。

 具も見事。適度にトロトロのチャーシューと、 湯通ししたキャベツのコレまた適度なシャキッと感の食感のコントラストが、あな楽し。スープを含んだ油揚げも、じゅわじゅわぁ~と美味楽し。

 唯一難点を上げるとすれば、麺。一風堂メルマガによると「通常の中力粉に強力粉を混ぜて、 玉子も加えた独自の自家製麺はプリッとした歯ごたえが楽しめます」。確かにプリプリとした食感の美味麺なれど、 この癒し系円やか優し味スープには、もっちり優しい食感&スープとの馴染みの良い麺の方が合っている気がする。

 兎にも角にも、かなりの旨さ!さすがエンターテイメント食の名店、一風堂だけのことはアル。近々 「塩原本舗オリジナルつけ麺」も計画中とのこと。是非是非食べてみたひっ!!

  刺身盛り合わせ◇御園あら炊き◇御園 

夜は月例「魚の会」。
旨い魚を求め、take4推薦の御園@姪浜で会食。
まったり甘い甲イカ刺しや、とろりと旨いあら炊きなど、
ドレもコレも、ぬはは!と美味。
更に赤ムツの一夜干し&天ぷらも食べて&パカパカ飲んで
ひとり3000円は超リーズナブル。
安&旨な大衆魚料理に大満足。

 

一風堂塩原本舗:初夏の塩ラーメン750円(6月中旬までの季節限定メニュー)。福岡市南区塩原3- 21-4。11:00~26:00、無休。Pあり。

◎2006年通算麺喰い数◎ラーメン106●うどん40●そば21●その他37

Posted by heno at 2006年05月25日 13:17
コメント