2006年09月24日 日曜日

●シティマラソン福岡2006まで、あと28日

 目が覚めると、昨日同様に抜けるような青空。よっしゃよっしゃ、家族連れで阿蘇にでも出かけ、絶景&旨い麺を楽しむか!と思いきや、 チビ達は宿題が山ほど溜まっているという。ならば、仕方なし。単身山でも登るかと、My Soul Mountain、井原山を目指す。

 カーステレオからはジャッキー・ミトゥのオルガン・レゲエ。ボリュームを上げ、窓を全開にして走る。秋風とダブ・ サウンドがナンとも心地よし。ナンちゃナイけど、ナンともシアワセ気分でハンドルを切る。

 井原山登山口に車を止め、正規登山道に背を向け、いつものごとく洗谷登山口を目指す。30分ほど歩き、ぼちぼち登山口に到着か? と思いきや、そこにはシャベルカーと迂回路図の看板が。

 先週末の台風に伴う大雨の影響か、洗谷コース沿いの沢は大増水。結果、 いつもと雰囲気が全く異なり道に迷うことしばし。立ち止まり、時には引き返し、慎重に辺りを見渡し、コースを探る。

 山登りは人生に似ていると、常々思う。先人の知恵を頼りに前に進み、時に道に迷い、立ち止まる。 大きく深呼吸をし、改めて周りを見渡すと、見落としていた道標に気付く。

 沢伝いに登る洗谷コースは、ロープにしがみつきよじ登る急坂も多々ある、ナンともトリッキーな登山道。 その昔、この獣道をサンダルで登った猛者がいた。今は亡き麺友に想いを馳せつつ、こつこつ登る。

  登り始めて2時間20分、山頂着。コレってカナリいいペース。怠慢なれど続けてきたジョグ訓練の賜か? 澄み渡る絶景をしばし楽しみ、サクッと下山。

Posted by heno at 2006年09月24日 13:33
コメント
コメントしてください




保存しますか?