HENO HENO: 2006年09月 アーカイブ

2006年09月30日 土曜日

●やっぱり楽し、山歩き

 早いもので今日で9月も終わり。来月は仕事が今以上にタボーになり、休みもおちおち取れそうにない。ならば、休めるうちに、 シッカリ遊んでおくノダ!と、麺友と福智山@小倉南区を目指す。

肉うどん◇たけや

 北九州登山の際の朝食は、早朝から営業している小倉名物肉うどん、別名「どぎどぎうどん」で決まり!

 小倉南区のディスカウントショップ、トライアル横で、 朝6時から営業しているたけやの午前8時はゴールデンタイム。次から次へと押し寄せる客で狭い店内は大盛況。

 昆布と大根のぬか漬けを囓りつつ待つことしばし、出てきた肉うどんは相変わらずのバカ旨! どぎどぎうどんのすめは濃厚醤油味が主流だが、たけやのすめはチャンとだしの風味がきいていて、チャンと旨い。

 たまたま直前に大量の持ち帰り注文が入り、うどん切れ。で、好運にも打ち立て& 揚げ立てのうどんに当たる!強腰ながらも、奥にねっちりとした粘り腰も併せ持つ、上出来素朴風味。よく煮込まれたスジ肉を囓りつつ、 卓上のおろし生姜と唐辛子で味の変化も楽しみつつ、ずずずっと一気に完食。

福智山の七滝コースは
登山道の脇に沢が流れる。
かつて、山友達の3103が
「ヨーロッパのどこかの山のトレッキングコースみたい!」
と絶賛した、本当に気持ちの良い山道を、のんびり歩く。

 

 

先週の井原山に続き、今日も体調絶好調。
途中、2~3ある急坂も難なく登り切り、山頂着。
小一時間、ノンビリと過ごしサクッと下山し、
河内温泉あじさいの湯で汗を流す。

ああ、やっぱ好きです、山歩き。

 

たけや:肉うどん450円、ちくわ天50円。北九州市小倉南区八重洲町10-9。6:00~不明、 月曜休み。Pあり。

◎2006年通算麺喰い数◎ラーメン192● うどん72そば30●その他72

 

~ 追記 ~

ミセスR、美味しい秋のお裾分けをありがとう。 

Posted by heno at 15:05 | Comments [6]

2006年09月29日 金曜日

●こんなに具だくさんなサービスメニューに、ほっこり

 今日も今日とて、ビッチリと忙しい。なんだかんだヤッテたら、いつの間にか午後2時過ぎ。社内での仕事が一段落したところで、 前原に納品に出かける。

 午後2時半過ぎ、納品終了。今日も夜遅くまで仕事をしなければならない。サクッと昼麺啜ってパワー充填しておかねば、 と大地のうどんへピットイン。

具だくさん◇大地のうどん

 午後3時を過ぎているのに店内は7割方埋まっている。大した人気だなぁ、とカウンター席に座り、壁に掲げてあるメニューを眺める。

 釜揚げかなぁ…。
 いやいや、今日は熱々すめが啜りたひっ。
 ならば、具だくさんでイクかっ!

 待つことしばし、運ばれてきた具だくさんうどんは、その名の通り、具だくさん。ごぼ天にワカメ、だし巻き卵、キツネ、 小海老の天ぷら、蒲鉾と、目一杯具が載って480円は超お得!

 両手で抱えると、ドッシリとした重量感と共に、ドンブリから手のひらにジ~ンと伝わる温かさがナンとも心地よい。

 ふぅ~、ふぅ~、ふぅ~、ずずっ。

 すめを啜ったその瞬間、熱々の触感と共に「ぶわんっ」と口中へ広がる力強い昆布だしらしき旨味。

 おやぁ?味の感じが変わったような…??

 以前は、抑揚のきいた削り節の風味がドコか鯔背な印象を醸し出していたが、今日のすめはドッカリと腰の据わった母なる味わい。 大らかな包容力を感じる、イイ意味でいなたい滋味が体の芯へと染み入る感じに、「ほっ」と、ため息ひとつ。

 そしてうどんも、以前とは若干変わったか?啜ったときに唇を擽る、微かなざらつき感がナンとも心地よい。揚げ立てながら、 イイ感じに角がとれ、「ぷにん、ぷにゅん」と弾ける可愛いコシがナンとも楽し。

 事前にシッカリ器を温めてあったのだろう。食べ終わるときまでキッチリ熱々な一杯に感服。丁寧うどんに癒され、気力注入無事終了! さぁ、もう一仕事、ガンバんべぇ~。

大地のうどん: 具だくさんうどん480円。福岡市西区上山門2-1-18。 11:00~16:00&17:00~20:00 、水曜休み。 Pあり。

◎2006年通算麺喰い数◎ラーメン192● うどん71●そば30●その他72

Posted by heno at 15:12 | Comments [0]

2006年09月28日 木曜日

●お麺なブログWATCH ~めんバーガーの正体見たり~

HIROの徒然日記麺バーガー@行橋の実食リポあり。写真を見る限りじゃ、結構旨そうな気もするが…。

Posted by heno at 23:16 | Comments [0]

●タボーな我が身にジンワリ染み入る懐かし味

 ソリャもう、ドえりゃ~忙しい……。2日間の韓国出張でたまった雑務をゴリゴリこなし、午後2時にとりあえず一段落するも、 やるべき仕事は山ほどある。ならばせめて気分転換、渡辺通の得意先へ荷物を返す用もあるし、ついでにサクッと昼麺だ。

 所用を済ませ、まず向かったのは四川飯店。ピリリと辛い担々麺で疲れ気味の我が身に渇を入れるのだ! と博多大丸の地下1階へ向かうも、店舗前には順番待ちの客が6名……。

 今日は、ノンビリと待っている時間的余裕はない。ならば、すぐ近くの両国か?いやいや時すでに午後3時前。両国は3時から昼休憩だ。

 うう~ん……、そうだ!ならば、久しぶりに赤のれんへ行くか!

ラーメン◇赤のれん

 脂と化調のぽってりとした甘みのスープ。そして、気持ち扁平した細麺。うんうん、コレぞ子供の頃から食べ親しんだ味。 かつて赤のれんが箱崎で営業していた頃、休日のお出かけ夕食に家族で食べた想い出の味。

 ただ、麺が以前に比べより細麺になった気もするが、などと考えつつも、あっという間に啜り上げ、

 「すんませ~ん、替え玉くださ~い」

 今度は卓上の胡椒を振りかけ、ずずっと啜る。黒胡椒のきいたコノ感じこそ赤のれんの味。そう言えば、 昔はデフォルトで胡椒がかかっていたような記憶があるぞ……。懐かし気分とともに、ずるずると啜る午後のシアワセ。

赤のれん:ラーメン470円、替え玉100円。福岡市中央区渡辺通5-24-26。 11:00~23:00、日曜休み。Pなし。

◎2006年通算麺喰い数◎ラーメン192● うどん70●そば30●その他72

Posted by heno at 14:52 | Comments [2]

2006年09月27日 水曜日

●麺馬鹿、韓国ソウルを行く

 一泊二日の韓国ソウル出張から無事帰宅。超ハード&タイト・スケジュールで、いやはやナンとも疲れた、疲れた。

 

韓国と言えば南大門。
朝鮮時代の城門であった南大門を守る近衛兵の
勤務交代風景に偶然遭遇。

古式ゆかしい衣装を身にまとい、
信号も直立で待つ彼らの脇で
ズンダレて待つ、ピンクのブラウスの若き女性。

 韓国の人々は本当にエネルギッシュ。
市場の近くではあるが、
いわゆる普通の町中の交差点の人混みの中で
露店を開き、魚を売るおじさんにビックリ。

ソウル南部の水産市場では
釜山のチャガルチ市場同様に、
魚屋が簡単な調理をして、ふるまってくれる。 

イイダコの活き作りや名も知らぬ貝の
コリコリとした食感を楽しむ。
魚の刺身はチィシャとごまの葉にのせ、
ニンニクと唐辛子スライス、辛味噌を添えて
くるんで食べるのが韓国風。

魚をぶつ切りの辛味噌鍋、メイウンタンは
韓国で最もポピュラーな魚料理。
寒くなるコレからの季節、
我が家でも試してみるか……。

 

今回の旅の大当たりグルメは
ブタの背骨肉とジャガイモの鍋。
背骨周りの肉をガジガジと囓りつつ、
ジャガイモを辛味噌スープに溶かして啜れば、
아주 맛이 있어요

鍋料理の〆に即席ラーメンの麺を入れるのも韓国風。
コレがナンとも下世話に美味美味!

 

ホテルへ帰る道すがら、
露天から漂うイイ香りに誘われ、
白ウナギの辛味噌焼きと韓国焼酎。
シャクッとした歯触りがナンとも楽し。

 

今回のタイトスケジュールな旅で
唯一食べることが出来た麺料理は
ジャジャ麺@仁川空港。
いわゆる「空港で食べる麺料理」ゆえ、
釜山で食べた激旨ジャジャ麺とは全く別物……。

Posted by heno at 22:03 | Comments [0]

2006年09月26日 火曜日

●シティマラソン福岡2006まで、あと26日

 朝、いつもの9キロを走るが、今朝はコレ正に絶好調!足の上がり具合、ストライドの幅、そしてタイムもチョベリグっ!

 ああぁ~、福岡シティマラソンに出場できない事が、いよいよもって悔やまれるなぁ……。

○今週の総ジョグ距離:9km

Posted by heno at 06:03 | Comments [0]

2006年09月25日 月曜日

●シティマラソン福岡2006まで、あと27日

 くぅぅ~、残念!福岡シティマラソン開催日の来月22日に仕事が入る……。こちとらシガないサラリーマン、 ナニをさておき仕事を第一優先せざるをえない悲しさよ。

 仕方ない。目標修正、青島太平洋マラソン2006まで、あと76日!

Posted by heno at 23:20 | Comments [0]

●徐々に旨くなるスロースターターうどん

 午前中の社内での雑務が、正午過ぎにナンとか一段落。午後からは渡辺通の取引先に荷物を受け取りに行く用事がある。ならば、 気持ち早めに出発し、宿題店の「博多うどん ふじや」を啜ってみるかっ!

博多うどん ふじや

 国体道路沿いの博多もつ鍋 楽天地のすぐ隣。kazenotamiによると、先々月の10日にオープンした24時間営業のうどん屋、 博多うどん ふじや。

 国体道路沿いを天神方向へ行くと弥太郎うどん。そして、博多駅方向の八州に、川端方向の川端うどんと、 中洲を中心とする24時間営業うどん店のメッカに新たにオープンした新店の実力や如何に?

 入り口横のガラス張りのショーケースには、数種類の丼物と、数種類のうどの食品サンプル。ごぼ天の食品サンプルの横に「名物」 とのキャッチコピーあり。うんうん、コリャ王道博多うどん店だな。

 暖簾をくぐると、ありゃりゃ、入り口横に食券販売機……。ラーメン屋に比べうどん屋はネタの種類が豊富なので、 ボタンの数も半端じゃない。しかも、通常店の一押しメニューが配置されるべき左上角のボタンは、「名物」である「ごぼう天」ではなく、 「ぶっかけ」のボタン。ただでさえ食券販売機嫌いの私、大きく深呼吸をして心を落ち着け、ひとつひとつボタンを確認しつつ、やっとのことで 「ごぼ天」の食券を買う。

 やれやれ一苦労だったなぁと席に着き、オーダーをとりに来たおばちゃんに食券を渡すと、

 「あちらの惣菜をご自由にどうぞ。」

 入り口の食券販売機の反対方向に大皿3皿。こんにゃくの煮物にキャベツの塩もみと辛子高菜を小皿にもらう。 ナンちゃナイけどナンとも嬉しいサービスである。

 ごぼう天うどん◇博多うどん ふじや

 ほどなく運ばれてきたごぼ天は、腰高なドンブリが印象的。デフォルトで葱がのってはいるが量が少な目なので、 卓上に置いてある葱を増量し、いただきます!

 まずはすめ、と一口啜れば、どっかり腰が据わった昆布だしが「ぐわんっ」と口の中を駆け抜ける。素性は良い。が、 少々煮詰まっているのか切れ味が悪いのがエラク残念。

 麺は多分、製麺工場製茹で置きうどんで、ある意味コレも博多うどんの王道。ごぼ天は熱々揚げ立て。 シャキシャキとした歯触りとともに広がるゴボウの風味がエラク美味。

 いわゆる普通の旨さだなぁと、ずるずる食べ進んでいると、

 ありゃりゃぁ、ナンだか段々旨くなってる気がするぞぉ…。

 腰高ドンブリの効能か、底のうどんがいつまでもシッカリと熱々すめに浸っているので、 茹で置きうどんのデンプン質がシッカリα化し旨味倍増。そしてさらに、すめの味わいも映って、こりゃ美味美味!そして、 揚げ立てごぼ天の衣もイイ感じにしんなりしてきて、切れの悪かったすめがイイ感じの円やか味に変化。徐々に徐々に旨くなる様を楽しみつつ、 ずるずると啜る。

 

博多うどん ふじや:ごぼう天うどん480円。福岡市中央区春吉3-11-4。24時間営業。Pなし。

◎2006年通算麺喰い数◎ラーメン191● うどん70●そば30●その他71

Posted by heno at 13:16 | Comments [0]

2006年09月24日 日曜日

●ホームラン or 三振。そのダイナミックさがイカすルーキー麺

 山歩きを楽しむこと4時間、さすがに腹が減った。今日はガッツリ濃いめのトンコツが気分。ならば、西谷家しかあるまい!

 午後2時半、店に着くと6割方客で埋まっている。開店4ヶ月にして、しっかりと顧客が付いたようだ。 席に着きメニューを見ると以前と変化ナシ。「つけ麺がメニューに加わるかも」との噂話があったが、どうやら実現しなかったようだ。一瞬、 マー油入りの「ラーメン黒」に惹かれるも、気分はシンプルにド豚骨。で、ラーメンをたのむ。

ラーメン◇西谷家

 待つことしばし、運ばれてきたラーメンから香り立つ猛烈な豚骨臭に旨さを確信。レンゲを持つ手ももどかしく、ずずっと一口啜れば、

 キタキタキタァ~!

 ドカンと舌にのるメガトン豚骨パンチ炸裂!ぐわぐわと押し寄せる重量感あるだしの風味に、我が麺心はメルトダウン。 前回食べたときはナンとも心許なかったが、やはりアレはイレギュラー。初回&今回の味こそ西谷家テイストのようだ。

 具の切り方も同様。前回は薄く綺麗に切り揃えられていたチャーシューが、初回同様の厚め荒切りに戻っている。 小振りになっていたシナチクも大ぶりに復活。だがしかし、具は前回のようなスマート切りの方が我が好み。 とくに今日のシナチクは繊維が多くてイタダケナイ。メニューには「シナチクの苦手な方はキクラゲに変更できます」との但し書きアリ。 次回はキクラゲだな。

 ガツガツと平らげれば、ドンブリの底には骨粉がザラリ。ああ旨かったと店を出れば、鼻腔にへばりついた豚骨臭。

 イイねぇ、この感じ。コレぞド豚骨喰いの醍醐味ナリ!

 シアワセ気分でふくの湯へ、あれこれと色んな風呂を楽しむ。絶景登山に絶品ド豚骨に極楽風呂。 なんとも快感な休日ナリ。

ラーメン処西谷家:ラーメン500円。福岡市西区野方6-36-34。 11:00~15:00&17:00~21:00(日祝11:00~21:00)。Pあり。

◎2006年通算麺喰い数◎ラーメン191● うどん69●そば30●その他71

Posted by heno at 14:26 | Comments [4]

●シティマラソン福岡2006まで、あと28日

 目が覚めると、昨日同様に抜けるような青空。よっしゃよっしゃ、家族連れで阿蘇にでも出かけ、絶景&旨い麺を楽しむか!と思いきや、 チビ達は宿題が山ほど溜まっているという。ならば、仕方なし。単身山でも登るかと、My Soul Mountain、井原山を目指す。

 カーステレオからはジャッキー・ミトゥのオルガン・レゲエ。ボリュームを上げ、窓を全開にして走る。秋風とダブ・ サウンドがナンとも心地よし。ナンちゃナイけど、ナンともシアワセ気分でハンドルを切る。

 井原山登山口に車を止め、正規登山道に背を向け、いつものごとく洗谷登山口を目指す。30分ほど歩き、ぼちぼち登山口に到着か? と思いきや、そこにはシャベルカーと迂回路図の看板が。

 先週末の台風に伴う大雨の影響か、洗谷コース沿いの沢は大増水。結果、 いつもと雰囲気が全く異なり道に迷うことしばし。立ち止まり、時には引き返し、慎重に辺りを見渡し、コースを探る。

 山登りは人生に似ていると、常々思う。先人の知恵を頼りに前に進み、時に道に迷い、立ち止まる。 大きく深呼吸をし、改めて周りを見渡すと、見落としていた道標に気付く。

 沢伝いに登る洗谷コースは、ロープにしがみつきよじ登る急坂も多々ある、ナンともトリッキーな登山道。 その昔、この獣道をサンダルで登った猛者がいた。今は亡き麺友に想いを馳せつつ、こつこつ登る。

  登り始めて2時間20分、山頂着。コレってカナリいいペース。怠慢なれど続けてきたジョグ訓練の賜か? 澄み渡る絶景をしばし楽しみ、サクッと下山。

Posted by heno at 13:33 | Comments [0]

2006年09月23日 土曜日

●シティマラソン福岡2006まで、あと29日

 帰宅後も ダラダラ酒で 怠惰な休日。

 シティマラソン福岡まで一ヶ月を切った。こんな事で、大丈夫か俺?

○今週の総ジョグ距離:8km

Posted by heno at 22:11 | Comments [0]

●子供の居ぬ間に大人の贅沢

 今日はチビ達は学校行事で三瀬村どんぐり村レクリエーション。そして、毎週土曜日の福岡大学市民講座「ホノルルマラソンを完走・ 完歩しよう」も、祝日で休講。で、久しぶりにカミさんと二人で買い物に出かける。

 「子供会の連絡も今時はファックスなのよ。」

 とのカミさんのリクエストに応え、ヨドバシカメラでファックスを吟味。ファックスに、コピー、スキャナ、 プリンタ機能が一体化した複合機に物欲モードがスイッチオン。思わず衝動買いしそうになるも、 10月に各社から新製品が出るとのことで思いとどまる。

 昼麺はむらたで蕎麦屋酒。そば味噌を突きつつ八海山を舐める。むらたのそば味噌は、出す直前にそばの実を炒って、 味噌にふりかけ供される。なので、そばの実の香ばしい食感&風味が存分に楽しめる!

つけ鴨◇むらた

 そして〆は、つけ鴨。温かい鴨つけ汁に冷たい蕎麦をくぐらせ、ずずっと啜る。濃密な醤油の旨味と、 コリッと弾けネッチリこしある蕎麦の風味が、あな楽し。

 ただ、鴨の旨味がイマイチ汁に出ていない。そして、 鴨つけ汁に三つ葉や山椒などの香味が最初から入っているのはイタダケナイ。最初はストレートに鴨の旨味を楽しみ、 徐々に徐々に色んな香味を加えつつ、味の変化を楽しみたい。

 カミさんには天ざるを奢る。コチラはつゆもイイ感じ。カミさん曰く、

 「えび天も、カラット揚がってて、
  しかも芯は微かに生っぽい感じが残っていて…。
  すっごく美味しい!」

 まぁ、1700円もするのだから、当たり前と言えば当たり前だが…。たまにはいいか、チビ達が居ぬ間の大人の贅沢。

信州そば むらた:つけ鴨1400円。福岡市博多区冷泉町2-9-1。11:30~20:30、 2nd日曜休み。Pなし。

◎2006年通算麺喰い数◎ラーメン190● うどん69●そば30●その他71

Posted by heno at 13:22 | Comments [0]

2006年09月22日 金曜日

●シティマラソン福岡2006まで、あと30日

 朝、ショートコース5キロを30分で走る。痛かった左膝も、とりあえず大丈夫。無理して距離を走るより、 まずは体重を落とすことに専念するか。

 などと、朝は殊勝な気持ちになるも、夜になればコロッと忘れ、飲む。そして、食べる!

月例、魚の会で田中田@清川へ。

ポン酢に肝を溶いて食べるカワハギの刺身が
そりゃもう悶絶モノの旨さ炸裂。

あらのあら炊きは、脂の甘みがぽってり美味。

そして、田中田は野菜料理もメチャ旨い。
京菜の煮びたしや水ナスのぬか漬けなど、
なにを食べてもハズなし。

目一杯美食&美酒を楽しんだのち
そらやに河岸を変え、
美味エスニック&泡盛。

そしてトドメに、いつもの一杯。

ラーメン◇元祖長浜屋

だめだ、コリャ……。 

○今週の総ジョグ距離:8km

Posted by heno at 23:51 | Comments [0]

●ねっちり粘る北のうどん粉

 社内での雑務をこなし、早正午前。午後からの納品を前に、さくっと昼麺、気になっていた五条庵へ向かう。

 「あ三五の向かいにうどん屋が出来てたぞ。」との、麺好き上司T中さん情報通り、 白金通り沿いに「ちょい飲みとうどん 五条庵」の看板。暖簾をくぐると奥に長いL字カウンター席のみの店内には先客2名。

 席に座り卓上のメニューを眺めると、片面が温うどんで、もう片面は冷うどん。かなり冷うどんに力を入れているようだ。ならば、 冷筆頭の「ぶっかけ」でイクか?いやいや、我が麺喰い信条に忠実に、「初う店はごぼ天」だ!

ごぼう天うどん◇五条庵

 ほどなく出てきたごぼ天うどんは、細切りのごぼう天がのっている。アレアレ?とりにくまみれのリポ写真では確か笹切りだった気がするが? 開店したててイロイロ試行錯誤されているのだろうか。

 啜った瞬間、キュインと華ある甘めのすめは、因幡大福に相通ずる典型的な博多うどん的味わいだが、うどんはタダモノではない。

 ズズッと啜り、噛み込めば、ねっっちりぃ、ねちねちぃ~と歯にまとわりつく粘り腰がナンともオモシロイ。 北海道産のうどん粉を使っているらしい。確か以前、コイタさんからいただいた佐賀県産の地粉でうどんを打ったときも、 似たような粘り腰のうどんだったなぁ。と言うことは、このオモシロ粘り腰は、国内産の地粉ならではの食感か?

 午後のランチタイムだったからなのだろう。壁に「生麺から茹でますので10分ほどお待ちいただきます」との張り紙があるも、 ケースに茹で置いたうどんを温めて出している。このオモシロ食感うどんが揚げ立てだとどうなるのか? 次回はアイドルタイムに冷うどんを食べてみたい。

五条庵:ごぼう天うどん504円。福岡市中央区白金1-16。Pなし。

◎2006年通算麺喰い数◎ラーメン189● うどん69●そば29●その他71

Posted by heno at 12:02 | Comments [0]

2006年09月21日 木曜日

●お麺なブログWATCH ~気になる色々麺~

食記によると、最近水樹では、元フランス料理シェフならではの斬新なアイデア創作麺を出している模様。 ナンだか旨そう!「牡蠣のチャウダー麺」。

へもへもすいっちによると、ラースタを撤退したでびっどが博多駅周辺で再オープンとのこと。 ラースタでは食べてないだけに、コレまた気になる……。

Posted by heno at 22:38 | Comments [0]

●シティマラソン福岡2006まで、あと31日

 3日間完全休養した甲斐あって、ようやく左膝の痛みが引いてきた。だが油断は禁物と、夜、 長男と一緒に超スローペースで30分間のリハビリ・ジョグ。

 あと4週間、無理せず、怠けず。

○今週の総ジョグ距離:3km

Posted by heno at 20:33 | Comments [2]

●山科献立全征服計画 その十 ~卵とじそば~

 朝早くから腰を据えて雑務をこなし、ようやく抱えまくった色んな仕事の段取りが整う。あとは段取り通りに進めていけば、 ナンとかこなしていけそうだ。ほっと一安心した途端、猛烈に腹が減る。

 そうだ、久しぶりにノンビリと昼麺ポタでも楽しむか!

 季節はすっかり秋。めっきり涼しくなった風を心地良く体中に感じつつ、ペダルを漕ぐ。目指すは山科、 ほっこり和む大衆蕎麦を啜るノダ!

 午後1時過ぎ、店頭に配達用バイクの姿ナシ。そして暖簾をくぐると、カウンター奥の厨房には奥さんのみ。 どうやら店主は出前に出かけているようだ。

 果てさて今日はナニを啜ろうかとメニューを眺めると、いの一番に「卵とじそば」の文字が目に飛び込んでくる。

 イイねぇイイねぇ、ほっこり和み気分にピッタシでないのぉ~!

卵とじそば◇山科

 厨房から漂ってくる旨そうな香りを楽しみつつ新聞をめくっていると、卵とじそばが運ばれてくる。

 おお?葱がてんこ盛りだぞぉ…。

 てっきり溶いた卵でドンブリ一面覆われた姿を想像していたが、出てきた卵とじそばは、澄んだすめのそこかしこに、 月見の卵を崩した感じの半熟卵が浮いている。大量に盛られた葱と相まって、まるで玉子とじドンブリ状態。

 どらどらとすめを一啜りすれば、とろんと甘き卵の旨味の奥に、きりりと利いた削り節のだしの風味。ナンとも優しき味わいに、

 あははぁ、コリャ思いっきり和んじゃうなぁ~。

 茹で上げた後、一端水で締め、再びてぼで温め直した蕎麦も、しゃくりと美味美味。安部新総裁誕生を報じる新聞記事を眺めつつ、 ずるずると、のってり啜る午後のシアワセ。

 山科献立全制覇まで、あと22品

山科:卵とじそば500円。福岡市早良区原5-11-11。11:00~20:30 (日曜~16:00) 。Pなし。

◎2006年通算麺喰い数◎ラーメン189● うどん68●そば29●その他71

Posted by heno at 13:05 | Comments [2]

2006年09月20日 水曜日

●晴天の空に架ける虹、七色変化の創作麺。

 先週に引き続き唐津出張。午後からの仕事を前に一足早く唐津に入り昼麺を啜る。今日は水曜日で一竜軒は定休日。ならば…、 様式美麺れんぼ~へ今日こそ突入だぁ。

れいんぼ~

 快晴の青空に栄えるド派手なレインボーストライプの外観。超長年の宿題店である、様式美麺れんぼ~。赤い暖簾をくぐると噂通り、 ヘビメタのBGMがお出迎え。そしてカウンター上の壁にはRitchie Blackmore's RainbowのLPジャケットが3枚飾られている。そう、 ココはRainbowファンの若き店主が独学で作り上げた創作ラーメンが食べられる店なのだ。

 カウンター席に座りメニューを眺めると、期間限定創作麺の「様式美麺」や「つけ麺」など、気になるメニューがズラリと並ぶ。が、 初ラ店はデフォルト、ラーメンをたのむ。

らーめん◇様式美麺れいんぼ~

 待つことしばし、運ばれてきたラーメンからは、濛々と湯気が立ち上る。コレは、 熱々スープの表面に風味を演出する脂分が少ない証拠。と言うことは、よほどスープ自体に自信があるということか……?

 どらどらとスープを一啜りすれば、まず広がるのがトロリと粘度ある鶏ガラらしきだしの旨味。 そしてその奥に、豚骨らしき力強いだしの風味。そして更に、スモーキーな味わいの魚介だしらしき旨味。 幾重にも折り重なる様々なだしの旨味を最小限の醤だれの風味で紡ぐ、滋味なる味わいに感服。

 麺は太めの縮れ麺。札幌ラーメンチックな見た目だが、 札幌ラーメンにアリガチな不自然なコシや風味は皆無。噛み込む度に、ぷりんぷりんと弾ける様がナンとも楽し。

 唯一、具のチャーシューが醤油辛くて我が好みではないが、 ソコカシコに若き店主のラーメン作りに対する情熱を感じる力作ラーメンに感心しきり。同行のANDさんによると、つけ麺もカナリのものらしい。近々是非とも食べてみたい!  

様式美麺れいんぼ~:ラーメン450円。佐賀県唐津市菜畑4057。1 1:30~20:00、火曜休み。Pあり。

Posted by heno at 12:04 | Comments [8]

2006年09月19日 火曜日

●シティマラソン福岡2006まで、あと33日

 昨日から痛み出した左膝が思わしくなく、ガラガラ~開店休業(岡田調で)。J子の言うとおり、 もう少し体重を落とさなければならないなぁ。

○今週の総ジョグ距離:0km

Posted by heno at 23:15 | Comments [0]

●シンプル滋味なる塩ラーメンに、ほっこり

 今日も今日とて、早朝からスロット全開でガッツリ仕事。ドッタンバッタン、片っ端から片付けまくるも、タイムオーバー。午前9時半、 午前中の現場である姪浜へと向かう。

 11時、ようやく午前の仕事が一段落。午後は現場を太宰府に移し、シビアな仕事が待っている。ならば、 せめて美味昼麺啜って気分をリフレッシュ!と、ちー坊のタンタン麺へと向かう。

 ちー坊のタンタン麺

 11時半、開店と同時に店に入れば、いつもは女性二人の厨房に見慣れぬ若い男性。聞くと店長の女性は、 大名の中央区役所近くに近々オープンの新店準備に専念しているのだとか。天神地区でココの美味麺が啜れるようになるのか! 嬉しいニュースに心躍る。

 席に座りメニューを見る。

 前回食べて大感激した「黒ごまタンタン麺」か?じ
 うん?「葱塩らーめん」に「葱醤油らーめん」??
 担々麺以外のノーマルなラーメンもメニューにあったっけ…。

 醤油にもカナリ惹かれるが、やっぱりスープの素性をダイレクトに楽しめる塩ラーメンでイクか!

葱塩らーめん◇ちー坊のタンタン麺

 うっすら黄金色のスープの奥に見え隠れする黄色の麺。 そして高く盛られた白い葱と金華ハムらしき赤い肉片。ナンともシンプルな見た目の一杯からは、 ナンとも旨そうな芳しき香りが湯気とともに立ち上る。

 たまらずレンゲでスープを一啜りすれば、熱々の触感と共に豊かに広がる鶏ガラらしきだしの旨味。円やか、 かつ芳醇。外連味のない素朴な味わいに思わず「ほっ」とため息一つ。

 気持ち細めの中太縮れ麺は、恐らく担々麺の麺と共用か? しゅるしゅると唇を擽りつつ口へと収まる感じがナンとも楽し。噛み込んだときの素朴な風味もピシャリ私好み。

 そして具。葱と金華ハムらしき肉片のみの至ってシンプルな盛りつけだが、コレがクセモノ。 白髪葱切りと斜め切りの2種類の切り方で盛られた葱は、それぞれの食感のハーモニーが、まず楽し。そしてさらに、 ピリリと辛い葱の旨味の奥に、生姜らしき爽やかな風味を感じるぞぉ。予め生姜水に葱を漬け込み風味付けをしているのだろうか?

 ナンとも細かな肉片も、薫製ならではのスモーキーな風味と濃厚な旨味がタマラナイ。しかも細切れなので、 麺を啜ると自然と一緒に口へ収まり、さりげなく味わいをより豊かに演出する様がお見事。

 ニクイ小技がソコカシコにきいた極上滋味なる一杯に、ほっこりと和む。じわりじわりと気力も充電完了。 さぁ、午後からも仕事、ガンバンべぇ~。

ちー坊のタンタン麺:葱塩らーめん680円。福岡市博多区住吉2-16-8。 11:30~15:30& 18:30~24:00、日曜休み。Pなし。

◎2006年通算麺喰い数◎ラーメン188● うどん68●そば28●その他71

Posted by heno at 11:38 | Comments [0]

2006年09月18日 月曜日

●シティマラソン福岡2006まで、あと34日

 古傷の左膝がジンジンと痛み出す。シティマラソン福岡まであと一ヶ月、しっかりケアして直さねば。

○今週の総ジョグ距離:0km

Posted by heno at 21:26 | Comments [1]

●独特の食感が楽しい手延べうどん人気店

 いやぁしかし、台風13号は凄まじかった。

 ガタガタガタガタ、ガタガタガタガタ。

 強風と横殴りの雨に唸る窓。コリャまたどうなることかいなぁ、と心配しつつもいつしか爆睡。一夜明け、外に出てみると、 あらビックリ!マンションの周りは、コールタールのような謎の黒い板状の物体が、そこかしこに散らばっている。

 ナンじゃコリャ?と辺りを見渡すと、マンションの屋根部分に、同様の黒い物体がヒラヒラと風に揺れている。 どうやら屋上の防水塗装部分が強風で剥がれ落ちたようだ。風速40mの脅威を実感……。

きねや

 

 筥崎宮の放生会に行きたいというチビ達のリクエストに応え東区へ。まずは腹ごしらえと、長年の宿題店、きねやへ転がり込む。

 東区の旧道沿いのマンションの1階に、「古式博多うどん」の赤い幟と共に「寿司」の白い幟…。 そしてさらにマンション壁面に設置された看板には「うどん 寿司 焼き肉 きねや」と記されている……。 「ナンでもアリのうどん屋は往々にしてハズレ」が我が麺喰い経験則。

 こりゃカナリつらいかも……。

 腹をくくって暖簾をくぐると、店内の造りも目一杯うどんレストラン・チック。そしてメニューには、 うどんと寿司や焼き肉とのセットメニューが写真付きでズラリと並んでいる。

 あらら、コリャいよいよダメかも……。

 覚悟を決めて、「初う店はごぼ天」をたのむ。が……

ごぼう天うどん◇きねや

 おおぉ~、コリャたまらなくイイ香りだぞぉ……。

 待つことしばし、運ばれてきたごぼ天うどんは、揚げ立てのごぼう天が別皿に盛られている。そして、うどんから立ち上る湯気とともに、 ナンとも芳しい削り節のだしの香り。

 ほうほう、こりゃイケルかも!と、むんずとドンブリを抱え、ずずっとすめを一啜りすれば、熱々の触感とともに、 くいくいくっと広がるだしの旨味。気持ち甘めの調味具合は如何にも博多風だが、削り節の華ある風味が好アクセント。 ついついもう一口啜りたくなるハマリ系。

 

 合わさるうどんは、意外にも手延べ。とぅるんとした食感と、 ぷにぃ~ぷるるんと弾けるこしがナンとも楽し。うどんの製法的には包丁で切ったうどんより、素麺チックな手延べの方が古来の製法ゆえ、 「古式博多うどん」と謳っているのか?

 しっかり旨いすめ&とぅるんとぅるんの手延べうどん& カリッと揚げ立てのごぼ天も山盛り付いて380円は超納得価格。台風明けにもかかわらず、店内が満席状態なのも至極当然。

 人も麺屋も見てくれで判断してはイケナイ。

台風一過の筥崎宮はさすがに人影まばらで
ナンとも寂しい秋祭り。

 

きねや:ごぼう天うどん380円。福岡市東区原田1-24-37。Pあり。

◎2006年通算麺喰い数◎ラーメン187● うどん68●そば28●その他71

Posted by heno at 12:39 | Comments [5]

2006年09月17日 日曜日

●お麺なNEWS ~有りそうで無かった、らーめんバーガー~

毎日新聞によると、バンズの代わりにラーメンの麺を使った「環七めんバーガー」 が行橋で人気とか。麺&バーガー・マニアのマニちゃんの実食リポが読んでみたい!

○長浜通り沿いの九州女子高校近くに、四川料理店・福天なる店舗が工事中。一見高級店っぽい店構えで、ちと敷居が高いが、 近々担々麺狙いで行ってみマス!

Posted by heno at 23:50 | Comments [5]

●シティマラソン福岡2006まで、あと35日

 タボーな仕事の憂さ晴らしに禁断の自宅飲みをしてしまった昨夜のつけか、朝7時過ぎに起床。 今日は8時15分までに出社しなければならない。しかも、台風13号SHANSHAN(サンサン)の影響で、外は時折突風が吹く悪天候。

 ならば、走るの止めとくっ?

 我が体内の怠け虫が呟く。

 そうねぇそうねぇ、止めとくか……。

 一瞬、悪魔の囁きに負けそうになるも気を取り直し、ショートコース5キロを走る。

 ナンかキツい…。

○今週の総ジョグ距離:37km

Posted by heno at 07:45 | Comments [0]

2006年09月16日 土曜日

●シティマラソン福岡2006まで、あと36日

 チャッチャクチャラにタボーだった昨日。そして、今日の午後&明日終日と仕事……。 根っから遊び好きの私にとってナンとも辛い日々が続く。ならば、束の間の現実逃避。美味麺でほっこり和みたい!と、家族引き連れ黒門へGO!

おにぎり◇黒門

祝!
パートさん不足で
一時期休止メニューだったおにぎりが見事復活!!

ラーメン◇黒門

ああぁ~、染みるなぁ…。

啜った瞬間、ズブズブズブ~と
四肢末端まで染み入る優し味。

淡く、かつ芳醇。
何気なくバカ旨な一杯に目一杯癒される。

さぁて、午後からの仕事、ガンバンべぇ~!

南京ラーメン黒門:ラーメン500円。福岡県遠賀町別府4451-3。11:00~19:00、 木曜&3rd日曜休み(8月は13日~15日が盆休み)。Pあり。

◎2006年通算麺喰い数◎ラーメン187● うどん67●そば28●その他71

Posted by heno at 11:10 | Comments [0]

2006年09月15日 金曜日

●シティマラソン福岡2006まで、あと37日

 早朝、いつもの9キロを走り、早々に出社。朝一番で健康診断を受け、ドタバタと、ドタバタと、ひたすらドタバタと仕事をこなす。 最近ただでさえ忙しいのに、今日も新規の仕事を4件いただく。しかも2件は大物。で、当然昼麺など啜る暇もナシ……。

○今週の総ジョグ距離:32km

Posted by heno at 21:28 | Comments [0]

2006年09月14日 木曜日

●やっぱり本家&本店は偉大ナリ!?

 ナンというグッドタイミング!今日の午前中の仕事の予定は、住吉の取引先での打ち合わせ。そして今日は、福岡麺好き恒例、 秋のラースタ新店試食会の日でもある!ならば、 早めに取引先を訪ねサクッと仕事の打ち合わせを済ませ、すぐ近所のラースタへGO!!

ラーメンスタジアム

 この秋のラースタ新登場ラ店は、好来@熊本、新福菜館@京都、白樺山荘@北海道の3軒だが、我が麺興味ダントツ1位は好来。

 ニンニクの焦がし油・マー油使いの名店として知られる好来@人吉。今や日本一有名なラーメン屋なんつッ亭新風など、有能なる5人の弟子を世に輩出している「黒ラーメン虎の穴」だが、 ココ熊本好来店主、保坂氏もその中の一人。独立後は一端熊本市内に店を構えるも、 その後関東方面のラーメンコンプレックスを転々と移転。現在はココと横浜のラーメン甲子園の2店舗を展開。

黒らーめん◇熊本好来

 待つことしばし、出てきた黒らーめんはその名の通り、スープ一面をマー油が覆う、ナカナカに迫力ある見た目。 どらどらとスープを啜れば、瞬間広がるナンとも円やかなるマー油の風味。そしてその奥には、外連味のない純粋豚骨だしの柔らかな旨味。 ナカナカ上出来な優し味スープに、ほっと心和む。

 麺も本家同様の太目の中麺だが、揚げ具合がカナリ固め。この優し味スープには、柔らかめに揚げた方が相性がイイ気がするが…。 そして量が少な過ぎ。本家のドンブリの底から涌いてくる感じ同様の量的インパクトが欲しい。

 今日は試食会なので無料だが、通常は600円で新風と同じ価格。ならば、味玉が付いている分だけ、新風の方がお得感アリ。

中華そば◇新福菜館

 気になっていた新福菜館を連食。もしや京都本店と同じタイプの真っ黒醤油ラーメンか?と微かに期待するも、案の定、 北九州リバーウォーク店同様の、醤油薄め&脂濃いめの豚骨王国博多仕様。

熊本好来:黒らーめん&新福菜館:中華そば(試食会のため無料。通常はいずれも600円)。 福岡市博多区住吉1-2- 25キャナルシティ博多5階 ラーメンスタジアム内。10:00~23:00、無休。Pあり。

 ◎2006年通算麺喰い数◎ラーメン186● うどん67●そば28●その他71

Posted by heno at 11:02 | Comments [2]

●シティマラソン福岡2006まで、あと38日

 朝、いつもの9キロを走る。コースの銀杏並木には、路上に落ちた銀杏を拾うお年寄りの姿。季節はもう秋。

○今週の総ジョグ距離:23km

Posted by heno at 06:02 | Comments [0]

2006年09月13日 水曜日

●シティマラソン福岡2006まで、あと39日

 昨夜は酒断ちに成功し、今早朝はいつもの9キロ。イイ感じに汗をかき体重計にのれば76.2キロと、減量もコレまたイイ感じ。で、 今夜も今のところ酒断ち成功。シティマラソンまで早40日を切った。奢ることなく、そして焦ることなく。

○今週の総ジョグ距離:14km

Posted by heno at 22:22 | Comments [0]

●困ったときの黄色い暖簾。あなアリガタキsoul麺!

 午後1時前、社内での仕事がようやく一段落つき、さぁ昼麺。完全に麺神に見放され、昨日で痛恨の3連敗。 ナンとしても今日は連敗を脱出したい……。

 で、まず頭に浮かんだのは大地のうどん

 アノ熱々極上すめで、
 3連敗でボロボロの我が麺煩悩を
 芯からほっこり癒してほしい……。

 が、今日は水曜日=大地のうどんの定休日…。危ない危ない、気づかず向かっていたら危うく4連敗。致命傷を負うところだった。

 近場で、確実に旨い麺……。
 うん、黄色い暖簾にたよるしかあるまい!

未羅来留亭

 西新商店街のとある路地にシアワセの黄色い電照看板&暖簾。我が最愛豚骨の一店、未羅来留亭である。

 ガラリと引き戸を開け店内を覗くと先客4名。今日は年配の男性客がヤケに多い。隣り合わせたお爺さんは、 運ばれてきたラーメンをスープから啜り始める。そして、店奥に座るお爺さんは、山盛りかけた胡椒をドンブリの底からよく掻き混ぜたのち、 箸でチャーシューを一枚持ち上げ、恋しそうに口へと運んでいる。それぞれにそれぞれの食べ方を楽しんでいるさまが、ナンとも微笑ましい。

 カウンター奥の厨房には、先日同様、見慣れた店主と見慣れぬ新人さん。そしてナンと、 以前はカウンター奥の棚に置いてあり頼まないと出しても貰えなかったレンゲが、胡椒や胡麻、 紅ショウガと並んでカウンターテーブルに置いてあるではないか…。

ラーメン◇未羅来留亭 

 度重なる「変化」にドギマギしているところにラーメンが運ばれてくる。カウンターへと差し出される瞬間、 スープから立ち上る湯気とともに、ぶわんと香り立つ豚骨臭。そしてスープは……。うん!イイ感じに澄んでいる!!

 旨さを確信しつつ、モノは試しとレンゲでスープを一啜りすれば、ふわりと香り立つ豚骨だしの風味。 未羅来留亭でレンゲを使うのは初めてだが、多めの空気とともに口に収まる効能か、いつもドンブリを抱えて啜る時より、 より鮮烈にだしの風味を感じるぞぉ。

 旨い…。ああ、タマラン旨い!
 ナンちゃナイけどナンとも旨いぞぉ~!!

 久方ぶりの美味麺に我が麺喰い煩悩がスイッチオン。ちまちまレンゲで啜るのはもどかしい!ガッツリ旨さを堪能したいと、 いつものようにドンブリを両手に抱え、ずず、ずずずっ。やおら右手を箸に持ち替え、麺を、ふうふうふう、ずずっ、ずずずぅ~。ふうふう、 ずずずずぅ~……。

 ソリャもう一心不乱にかぶりつき、1分足らずで麺を完食。すかさず替え玉をたのみ、卓上の辛子高菜をトッピングするや否や、ずずぅ、 ずずずぅ~。

 ラーメンが我が元に運ばれてきてから、ものの5分も経っただろうか。コレ正に、あっという間に替え玉込みでペロリ完食。 スープの熱さと辛子高菜の辛さでうっすらと額に滲んだ汗を拭いつつ精算を済ませ、以前いたアノ店員さんの事を伺おうとしたその時、 運悪く新たな客が入店し、結局聞けず仕舞い。どなたか、事の顛末をご存じないですか?

未羅来留亭:ラーメン400円、替え玉100円。福岡市早良区西新4-9-17。 11:30~19:30、 火曜日休み。Pなし。

◎2006年通算麺喰い数◎ラーメン184● うどん67●そば28●その他71

Posted by heno at 13:08 | Comments [0]

2006年09月12日 火曜日

●寂し悲しの三連敗に沈む

 午前中、ドタバタと新規の仕事の打ち合わせを二件こなし、唐津へ出張。一昨日、昨日と麺神に見放され美味麺日照り。 ならば今日こそは、信頼堅実美味店、一竜軒でガッチリ&ガッツリ啜るぞっ!とハンドルを切る。が、店頭に「臨時休業」の張り紙… 。ならば、 すぐ目の前の宿題店、れいんぼ~へ突入ダァ!と向かうが「火曜定休」の札……。

 その後、青竜軒関東軒と巡るも、ことごとく休み。で、結果「創業30年の老舗」とネットで謳ってある、 とある店に転がり込む。が……

 麺の揚げ具合&味わいはイイ感じだし、厚切りのチャーシューも妙に旨い。だがしかし、見た目はソレっぽいが全くコクのない味わいは、 多分業務用の出来合いスープ。

 

I can’t get no satisfaction

 

Posted by heno at 22:04 | Comments [5]

●シティマラソン福岡2006まで、あと40日

 昨夜の深酒が祟り、6時半起床。今朝はみっちり1時間走り込むつもりだったが、寝過ごした……。で、短縮コース5キロを、 1キロ事にペースを上げ下げしつつ走る。

○今週の総ジョグ距離:5km

 

Posted by heno at 08:16 | Comments [0]

2006年09月11日 月曜日

●シティマラソン福岡2006まで、あと41日

 早朝からの仕事が正午過ぎに一段落。午後からスケジュールが目白押しだが、兎にも角にも腹減ったぁ。 ならば午後からの現場に移動がてらサクッと昼麺、同行スタッフ・N牟田さんのリクエストに応えCHINAへ向かうが、ナニせ超人気店ゆえ、案の定、満席……。

 で、昼麺屋を物色しつつ移動していると、とある街の中華料理屋が目にとまる。駐車場もあるし、ココでサクッと啜るか、と立ち寄る。

 

 若い夫婦のヤル気は感じるも、あまりに仕事が遅すぎる。そして、20分以上待った末に出てきたラーメンは、 いわゆる普通の醤油ラーメン。

 コチとら筋金入りの超麺バカ。どんなに忙しくても、美味麺さえ啜れれば、いとも単純に気力復活するのだが……。 昨日といい今日といい、最近完全に麺神に見放されているなぁ。

 そんなこんなで、ヘロヘロに疲れ帰宅後、昨夜に引き続き、自宅飲酒で憂さ晴らし&ジョグなし……。明日こそ出直しだ。

○今週の総ジョグ距離:0km

Posted by heno at 12:08 | Comments [0]

2006年09月10日 日曜日

●お麺なブログWARCH ~オモシロそうなうどん新店またもオープン~

とりにくまみれに五条庵なるうどん新店リポあり。北海道産の地粉を使ったグミうどん? うう~ん、こりゃまた気になるぞぉ~!

Posted by heno at 23:41 | Comments [0]

●シティマラソン福岡2006まで、あと42日

 朝もハヨから休日出勤。昼麺啜る暇もなくセコセコ働き、まったりと疲労困憊。で、先日の誓いも何処へやら、夜、自宅で飲んだくれる……。

 まぁまぁ、人生は後悔の繰り返し。来週から新たに気分一新、ガンバンべぇ~!

○今週の総ジョグ距離:25km

Posted by heno at 23:36 | Comments [0]

2006年09月09日 土曜日

●鳥栖駅前で初体験の旨さ炸裂!

 マラソン教室を終え、ふらりドライブ。マラソンのフォームを田中先生に褒められたことで一気に有頂天。 ナイキかアディダスのランニングウェアを格安で新調するか?と、久方ぶりに鳥栖プレミアムアウトレットへ向かう。

 が、チャッチャクチャラに腹減ったぁ~。

 で、長年の宿題店、JR鳥栖駅前のその名も駅前担々麺へ向かう。

駅前担々麺

 鳥栖で担々麺専門店?と興味津々なれど、正に駅前ゆえ「駅前担々麺」なる、 げに安直なネーミングにイマイチ期待感が躍らず未食だった宿題店。意を決し店内へ入ると、午後1時半過ぎなのに先客6~7名。おお、 こりゃイケるかも ?

 席に着きメニューを眺めると、もやしラーメンに担々麺、ワンタンメンに豚角煮麺と麺が4種に餃子。 至ってシンプルなメニュー構成が好印象。迷わず屋号になっている担々麺をたのむ。

担々麺◇駅前担々麺

  ピンポ~ン!こりゃドンピシャ旨かデス!!

 待つことしばし、運ばれてきた担々麺はラー油の下に透明感溢れるスープが見え隠れする感じが、私好みの台湾ラーメン・タイプ。 うんうん、こりゃイケルはず!とレンゲで一啜りすれば、瞬間広がるナンとも素朴な鶏ガラらしきだしの旨味。

 旨い…。
 担々麺なのにラー油に負けることなく
 コレだけだしの旨味を感じるスープは初めてだ…。

 そして、豊かなだしの旨味の後に顔を出す、ラー油の「辛」と山椒の「麻」と胡麻や葱の爽やかな風味。そして、 カシューナッツだろうか?カリッと甘いナッツの味わいに、コリッと広がる搾菜の旨味。練り胡麻の濃密なる旨味はナシ。 いろんな食材の織りなす、軽やか且つ芳醇な味わいがタマラナク美味!

 麺は細めの縮れ麺。きりや@姪浜を彷彿とさせる、しゅるしゅると唇を擽る感じがコレまたタマラナク楽しいぞぉ。 噛み込んだときの、コリッと弾けボソボソと素朴な味わいもイイ感じ。

 いわゆるフツーの担々麺とはひと味もふた味も異なる、台湾ラーメン風ピリ辛麺。その独自の味わいゆえ、 好き嫌いがハッキリ二分しそうなタイプだが、好きな人は絶対ハマル超美味麺。

 惚れました。次回はワンタンメンも食べてみたい!!

駅前担々麺:担々麺600円。佐賀県鳥栖市京町711-29。日&月曜休み。Pなし。

◎2006年通算麺喰い数◎ラーメン181● うどん67●そば28●その他71

Posted by heno at 13:18 | Comments [3]

●シティマラソン福岡2006まで、あと43日

 福岡大学市民講座「ホノルルマラソンを完走・ 完歩しよう」。今日は講師である田中宏暁先生が提唱するニコニコペースの測定会。 三段階のスピードで3分間走り、体内の乳酸値の変化を測定。

 初体験のトレッドミルで緊張しつつ走っていると、

 「おお、いいフォームですねぇ。」

 と、田中先生よりお褒めの言葉!いやぁ、嬉しいなぁ。俄然張り切っちゃうよぉ!

○今週の総ジョグ距離:25km

Posted by heno at 10:50 | Comments [0]

2006年09月08日 金曜日

●シティマラソン福岡2006まで、あと44日

 シティマラソン福岡に向け月曜からストイックな日々を送ってきたが、今夜は大開放!麺友との楽しい宴。

そらや

とににくさん&ANDさんオススメのそらや@清川は
うわべだけじゃない、地に足のついたエスニック料理が
たまらなく美味。

香辛料の使い方が絶妙な美味料理と泡盛と
麺友たちとのナンちゃないウダ話がナンとも極楽。

その後、平尾の駅前大衆飲み屋に河岸を変え
辣韮や砂ズリの天ぷらなど、
渋めのあてで冷や酒をあおり、〆はモチロン麺。
新風で新風麺を啜る。

新風麺◇新風

とろんと甘いマー油の風味と豚骨だしの
ハーモニーがクセになるスープに、
細めながらも、ぱりんとハリのある麺。
そして、厚めの美味チャーシューに味玉。
全てが円やかにまとまった美味なる一杯に大満足。

11Goog.gif博多新風:新風麺600円。福岡市南区高宮1-4-13。11:30~14:00& 17:30~23:00、火曜休み。Pなし。 

◎2006年通算麺喰い数◎ラーメン181● うどん67●そば28●その他70

Posted by heno at 22:22 | Comments [2]

●さすがの美味、丁寧うどん。

 タボーな日々が一段落つき、久しぶりのノンビリ昼麺ポタ。果てさて今日はどこぞの麺屋で啜ろうか。気の向くままにペダルを踏む。

 今日の気分はエスニック。香辛料がバリッときいた麺が啜りたいが…。おお、そうだそうだ、長年の宿題麺、ヌワラエリア@赤坂のエスニックラーメンだ!と警固四つ角に面したビルの2階へと上がる。 が、

 「すみません。エスニックラーメンは売り切れました。」

 おお、なんてコッたぁ~、麺神は我を見放したか……。トホホな気分でペダルを漕ぎつつ、次なる昼麺候補を考える。

 口の中は思いっきりエスニック気分……。
 おお、そうだ!杵むらのカレー南蛮うどんを啜ってみるかっ!

杵むら

 かれこれ1年ぶりか。久方ぶりに訪ねると、店頭の暖簾が藍染めから涼しげな白の紬に変わっている。 そして、「名物 カレー南蛮うどん」の張り紙が。そして、カウンター席に座りメニューを見ると、筆頭に「カレー南蛮うどん」の文字。 確か1年前はメニューに無かったカレー南蛮うどんだが、今や店の一押しメニューである。

カレー南蛮うどん(玉子付き)◇杵むら

 待つことしばし、運ばれてきたカレー南蛮うどんは、かなり赤見が強いカレー色。蕎麦屋のカレー南蛮そばよろしく、 すめとあんでとじてある。

 どらどらとレンゲですめを一啜りすれば、熱々トロリの触感と共に、豊かに広がるカレーの旨味。様々な香辛料の風味に加え、 トマトだろうか、フルーティーな酸味がナンとも爽やか。そしてさらに、その奥にすめの魚介だしの風味。 幾重にも広がる様々な風味がタマラナイ。

 うどんは細めの演出系。カレーが飛び散らないよう慎重に啜れば、ねっとりと絡んだカレーの風味と共に、 ぷにゅっと解ける食感がナンとも楽し。

 具は南蛮の定番、鶏肉と白葱に加え、椎茸が入っているのが杵むら流。味わい、食感ともに広がりを演出。途中、 オプションで加えた玉子の黄身をだしに溶かし、味の変化も楽しみつつ、ずるずるとノンビリ啜る。

杵むら:カレー南蛮うどん(玉子付き)700円。福岡市中央区警固1-5-29。 11:30~21:00、月曜・2nd&4th火曜休み。Pなし。

◎2006年通算麺喰い数◎ラーメン180● うどん67●そば28●その他70

Posted by heno at 13:05 | Comments [0]

●お麺なNEWS ~うどん発祥の地は博多?讃岐?~

○今朝の西日本新聞によると、明日9日(土)正午より太宰府市の太宰府館で、日本うどん学会の全国大会が開催予定。主催は季刊誌「麺の世界」編集長の奥山氏。

 大和製作所・藤井氏による特別講演「変化の兆し、うどんそば店の未来予想図」や、 多め勢店主・田口氏による研究報告「博多うどんの誕生と現状」など、面白そうな話が聞けそうで興味津々!だけど、 明日はマラソン教室があるしなぁ……。詳しくはコチラ

Posted by heno at 12:36 | Comments [4]

2006年09月07日 木曜日

●シティマラソン福岡2006まで、あと45日

 朝6時過ぎ、いつものコースをジョグっていると、向こうからド派手な柄の赤いアロハを着た長身男が、ひょこひょこ歩いてくる。

 ありゃ?ひょっとして……。ああ、やっぱりJ子

 こんな早くに出勤か……。人相も悪いし格好もアッパラパ~だが、所詮普通のサラリーマン。ナカナカ勤勉だなぁ、と声をかけると、

 「今から沖縄で遊んできま~す!」

 また休みを取って、うちなんちゅうかよっ!ヤツの、中田ヒデなり損ないのソフトモヒカンは伊達じゃない。

○今週の総ジョグ距離:23km

Posted by heno at 23:19 | Comments [0]

●ある意味由緒正しき中国麺

 ナゼか最近、西新はリトルチャイナタウン。昨年末に黄鶴楼、そして今年に入って長楽宝京楼と、 直線距離で500mほどの一帯に次々と中華料理店がオープン。

 しばらくの通りのマンションの1階に今年6月にオープンした大連水餃子も、その中の一軒。

 「ぃらしゃいまぁ~せぇ~!」

 本場中国の方の独特のイントネーションの声に迎えられる。午後1時前の店内は西南大学生らしき若者で賑わっている。

 テーブル席に着き写真付きのメニューを見ると、麺はラーメンと担々麺の2種類のみ。ラーメンは醤油色のスープだが、 担々麺は黄金色の清湯スープの中央に辛味噌が盛ってあり、私の好物である台湾ラーメン・チック。ならば、と「初ラ店はデフォルト」 なる我が麺喰い信条に背き、担々麺をたのむ。が……

担々麺◇大連餃子 

 待つことしばし、出てきた担々麺を見て唖然。スープの表面を一面ラー油が覆っている。しかも、スープ自体も醤油色……。

 メニュー写真に偽りアリ。黄金色の清湯スープを期待していたのになぁ、と渋々スープを一啜りすれば、見た目ほどの辛味はナシ。 ラー油の奥に程よい醤油風味のスープの旨味。

 コレはコレで十分旨い。が、あまりに無難。いっそのこと先日の好運来の担々麺ようにガリガリに中華香辛料を効かすか、 もしくはラー油ナシの普通のラーメンで食べた方が正解のような気がする。

 麺も中国の方が営む店にアリがちな、ごわごわ食感の中麺。わしゃわしゃもそもそと口の中で暴れる感じが私的には好みだが、 一般的に受け入れられるかは大いに疑問。

 うーん、コリャ手強い麺だなぁ、とドンブリから視線を上がると、麺を食べているのは私のみで、他の客は全て水餃子定食を食べている。

 屋号は店を表す。次回は餃子好きの次男を連れ、水餃子を食べに来よう!

中華菜館大連水餃子:担々麺580円。福岡市早良区西新1-7-27。Pなし。

◎2006年通算麺喰い数◎ラーメン180● うどん66●そば28●その他70

Posted by heno at 12:52 | Comments [2]

2006年09月06日 水曜日

●シティマラソン福岡2006まで、あと46日

 痩せるのはタイヘンだが、太るのはとても簡単。

 一昨年、麺友達と痩せる競争「ダイエットラリー」を繰り広げ、80キロから7キロダウンの73キロへダイエット成功! その後2キロリバウンドするも、ずっと75キロ前後をキープしていたのだが、今年の6月頃から徐々に体重が増加し、先月末で78キロ……。

 イカン!コンなコッチャ、フルマラソン4時間半なぞ夢のまた夢。

 で、一昨日から心機一転、本格的にジョギング訓練&ダイエットを再スタート。

●明日のために その一 「週間総ジョグ距離45キロを目指す」
地道な走り込み以外にマラソン上達の道なし。
いつもの9キロを週5日のペースで走り込む。

●明日のために その二 「自宅で酒を飲まない」
飲むと無性に喰いまくる因果な性格。ならば飲む機会を減らすしかない。
しかし、友と酌み交わす酒はヤメラレナイ。ならば自宅晩酌は御法度に。

 月曜から酒抜き&昨日と今日の朝に走り込んだら、今朝の体重は77キロと、早1キロダウン!とりあえず、 10月末のシティマラソン福岡までに75キロに持って行きたい!!

○今週の総ジョグ距離:14km

今日もタボー。で、カップ昼麺。
「とろつる めかぶ」のキャッチフレーズに惹かれ啜るも
具はワカメばかりで、めかぶは皆無。
ぬわんだぁ、ダマされたぁ~、と
泣く泣く啜っていると
ドンブリの底に、めかぶがタンマリ溜まっている……。

本日の格言
「カップ麺は底から良く掻き混ぜてから啜りましょう」

Posted by heno at 17:35 | Comments [0]

2006年09月05日 火曜日

●我が身も&昼麺代もダイエット!あなウレシの安旨蕎麦

 朝からの仕事が午後1時過ぎに一段落。赤坂で所用をすますべく会社を出るが、エラク腹が減った。ならば、 さくっと昼麺啜っていこうと、玄に向かう。

玄

 開店して早2年。久方ぶりに訪ねると、午後1時半過ぎの店内は8割方客で埋まっている。 しかも、その大半は女性客。「女性客を掴めば商売繁盛」が飲食業の習わし。格安美味蕎麦としてシッカリ顧客がついたようだ。

 テーブル席に着きメニューを見ると、酒&肴類は一切姿を消し、純粋に蕎麦のみの献立に変わっている。 果てさてナニを啜ろうかと眺めると、「焼き茄子の味噌ぶっかけ」など気になる創作メニューも多々あるが、なにせ久方ぶりの玄。シンプル・ メニューでその安旨力を堪能したい。で、山芋とろろ蕎麦をたのむ。

山芋とろろそば◇玄

 ほどなく出てきた山芋とろろそばは、別皿に盛られた山芋&ウズラの黄身&山葵とざるそばの組み合わせ。 大ぶりの蕎麦猪口(と言うより「蕎麦ドンブリ」と呼んだ方が適切か?)につゆを注ぎ、ずずっと一啜りすれば、ふわりと鼻へ軽やかに抜ける、 削り節の芳しき香り。かえしは使っていないのか、醤油風味は軽め&気持ち甘めの博多タイプの味わいが、ほっこり美味。

 そして、蕎麦。コレが旨い。蕎麦にとってカナリ辛いコノ時期に、コノ風味&コノ味わいは上出来。 コレでもう少し冷たく締めてあれば言うことナシ。ひとしきり蕎麦とつゆの純粋な味わいを楽しんだ後、つゆに山芋を投入。ずびずび、ねばねば、 ああ極楽。

 シティマラソン福岡へ向けダイエットを決意した私にとって、 ローカロリーかつロープライスな玄の蕎麦は強い味方。そして、前述の焼き茄子の味噌ぶっかけに加え、 冷蕎麦を柚子風味の温つゆでいただくつけ蕎麦や、明後日7日デビューの冷やかけ蕎麦など、気になるメニューも目白押し!

 度々再訪&目指せ、気になる創作蕎麦全制覇!

生粉蕎麦 玄:山芋とろろそば390円。福岡市中央区長浜1-2-24北天神エス・ビー・ホテル1階。 11:00~21:00、年中無休。Pあり。

◎2006年通算麺喰い数◎ラーメン179● うどん65●そば28●その他70

Posted by heno at 13:18 | Comments [3]

2006年09月04日 月曜日

●クセモノ具合がクセになる美味中華麺

 今日も朝から超多忙。大野城の現場での下見を終えて、次の現場である竹下へ移動途中に、さくっと昼麺。 久方ぶりに福来家へ転がり込む。

 午後1時過ぎの店内は先客一人。テーブル席に着きメニューを見ると、なるほど萌えよドラゴン情報通り、以前来たときより随分と麺メニューが充実している。 夏季限定のカレー冷麺に猛烈に惹かれるも、今日の気分は温麺only。で、牛すじ麺をたのむ。

牛すじ麺◇福来家

 大ぶりのドンブリにてんこ盛りの具。そして、熱々の湯気とともに、ふんわりと香り立つ中華香辛料の香り。

 イイねぇイイねぇ、旨そうだねぇ~!

 期待に胸を高鳴らせつつ、ずずっとスープを一口啜れば、とろんと優しい口当たりと共に、 ぐわっと広がる力強い旨味。醤油のような味噌のような、なんとも複雑なる元ダレの旨味の奥に、食欲を刺激する中華香辛料の風味。 好き嫌いがハッキリ二分するタイプ。ダメな人はトコトンダメだが、好き者にはタマラナイ曲者美味。

 そして、麺は太目の中麺で至って普通だが、ソレよりナニよりゴロゴロ入った具がバカ旨。 トロンと美味な大ぶりの牛すじや、ザックザック旨いレンコンに、キニュッとした歯触りが楽しいふくろ茸やキクラゲなど、 味わいと食感のハーモニーが、ソリャもう悶絶モンの旨さ炸裂。コレが麺が高揚@神埼町のような、存在感ある手打ち麺ならば昇天必至。

 720円は確かに高い。でも、悔しいけど旨い!柱には「この季節限定  脱皮蟹の柔ら炒め」 など気になる一品料理の張り紙あり。

 よっしゃ、次回は夜、一品料理狙いだっ。

中國家常菜 福来家:牛すじ麺720円。福岡市博多区半道橋1-3-17。 11:30~14:00&17:00~23:00。Pあり。

◎2006年通算麺喰い数◎ラーメン179● うどん65●そば27●その他70

Posted by heno at 13:05 | Comments [2]

2006年09月03日 日曜日

●勉強できなくてもいい。たくましく育って欲しい。

 シーカヤック&BBQキャンプ2日目。朝7時半、面倒見のいい面々に長男を預け、次男と一足先に福岡へ帰る。今日は彼の表彰式。

 公文の算数プリント学習を初めて1年半、 何らか適正があったのか小学3年生ながら現在中学1年生のプリントを学習中。で今日は、 己の学年から3学年以上進んだ生徒の表彰式に参加。

 会場の福岡国際会議場には、福岡県内から集った子供達が300名弱。どの子も見るからに賢そうだなぁと感心。そして、 同伴の親は当然ながらチャンとした服装で列席している。

 ぽやんと間抜け顔の次男と短パン&Tシャツ姿の私は
 完全に浮いているなぁ……。

 「なんでもイイから、自分に自信が持てる特技をひとつ持て」が我が家の教育方針。次男にとってのそれが算数ならば、 それはそれで良いのだが、塾なんか絶対に行かない!とひたすら遊び回っていた私からすると、ちょっと寂しい。

 次男よ、勉強もいいが、もっと遊ぼうやぁ。

 

ラーメン◇一楽ラーメン松島店

福岡東部周辺5~6軒ある一楽ラーメンの松島店は
ライトな豚骨だしにスモーキーな香味油が効いたアリガチな味。
厨房には名島店の息子さんの姿が見えるが、
この味はかつて食べた名島店とは全く異なる。
そして、本店はモチロン、志免店糟屋店とも違うしなぁ…。 

一楽ラーメン松島店:ラーメン430円。福岡市東区松島3-22-43。Pあり。

◎2006年通算麺喰い数◎ラーメン179● うどん65●そば27●その他69

Posted by heno at 13:01 | Comments [0]

2006年09月02日 土曜日

●持つべきは面倒見のいい友なりや

 今年も早9月。夏休みで1ヶ月間休講だった福岡大学市民講座「ホノルルマラソンを完走・完歩しよう」が本格再開。福大周辺の住宅地の坂道を小一時間走り、 ランナーの栄養学なる座学を受講。

 まずは10月のシティマラソン福岡。 目指せ1時間50分!

 12時過ぎ、講義を終え早々に帰宅。チビ達をピックアップして集合場所であるJ子邸へ。そう、今週末はシーカヤック& BBQキャンプなのだぁ!

 早々に唐津へ移動し、お魚市場とジャスコで食材を買い込む。幹事のJ子の食材を選ぶ真剣なまなざしに今夜の美味宴を確信。  

支那そば◇関東軒

 

 そんなこんなで2時半過ぎ、関東軒で遅い昼麺。かれこれ1年ぶりに啜る支那そばは相変わらず美味ではあるが、前回と印象がかなり異なる。

 ぐりんときいていた豚骨らしきだしの風味がエラク希薄になっている。結果、 魚介系のだしと醤油ダレが前面に出た、イカにも東京下町風の醤油ラーメンに仕上がっている。

ラーメン◇関東軒

 と言うことはヒョッとして…、と長男がたのんだラーメンのスープを一口啜ると、ドンピシャ、 キタキタぁ~!醤油ダレが無い分、ストレートに魚介だしの旨味が堪能できる、土着系魚だしラーメンである!今日は支那そばではなく、 ラーメンが正解だったなぁ。

 夕方4時、肥前町のふれあい自然塾ひぜんのコテージにチェックイン。広めの部屋&眺めのいいテラス& 温泉が楽しめる風呂と、言うことナシの設備がマーベラス!

 

早々にテラスにBBQコンロをセットし
なし崩し的宴会スタート。
長崎五島のミズイカやオージービーフの塩焼き、
そして、J子の作る塩もみキュウリなどなど、
ナンちゃナイけど、ナンとも旨い。

海に浮かぶ島々を眺めつつの美味BBQ宴。
ナンともシアワセだなぁ、と杯を重ねていると
携帯にK2郎より写メール着信。

おお、見覚えあるコノ顔は我が長男。
そう、
K2郎が長男をシーカヤックに乗せてくれているのだ。
そして、Kヤンも次男を乗せて航海中。
そして、肝心の親である私は飲んだくれ中。

ああ、持つべきは面倒見のいい友なりや。

関東軒:支那そば600円。唐津市和田本村2-1。11:00~17:00、不定休。Pあり。

◎2006年通算麺喰い数◎ラーメン178● うどん65●そば27●その他69

Posted by heno at 14:47 | Comments [2]

2006年09月01日 金曜日

●ガッツリ喰いたきゃココで啜れ!ハンカチ王子的格安うどん

 夏休みを終えるや否や、従来の仕事の雑務に加え、新規の仕事も入り、あっぷあっぷ。ガツガツと急ぎの用件だけめどをつけ、 太宰府の得意先での打ち合わせに向かう。

 あぁ、腹減ったぁ…。
 ならば日本のファーストフード、うどんで3分チャージだ!

 と、鳴門うどんへ寄る。

 県道5号線沿いに先々月オープンした鳴門うどん。うどんの大盛り無料がウリの、大分のうどんFCの福岡1号店である。午後1時前、 広めにとられた駐車場は8割方埋まっている。そして広い店内も、ほぼ満席状態。

 空席に着き一応メニューを眺めるも、心変わらず「初う店はごぼ天」。うどんの量がシングル(300g)、ダブル(600g)、 トリプル(900g)から選べ、しかも価格は同じというのが鳴門うどんのウリ。「ごぼ天380円」はシングルでも適正価格だが、 ものは試しとダブルをたのむ。

鳴門うどん

 デ、デカイ………。

 ものの1分足らずで運ばれてきたごぼ天は、ドンブリがバカでかっ!大きめの洗面器ほどのドンブリに並々とうどんが注がれている。

 うっしゃぁ~、シマッタなぁ。
 10月末のシティマラソン福岡へ向け、
 今日から本格的にダイエットするつもりだったんだよなぁ……。

ごぼう天うどん(ダブル)◇鳴門うどん

 兎にも角にも、まずはスープを一啜りすれば、最近よくありがちな、甘みがきいた熱々明快味。しかしうどんは意外にも、 外連味のない素直な柔ごしが好印象。噛み込むと、ぷにゅりんと弾けるさまが、あな楽し。

 

 途中、細めの拍子切りごぼ天を囓りつつスビスビ啜るが、うどん600gはナカナカ減らない。額に汗を浮かべ悪戦苦闘、 半分を食べ終わっるが、さすがに食べ飽きてくる。

 しかし、ダブルをたのんだのは私だ。
 食べ残しては麺神に申し訳がたたない……。

 ええいままよ!ドバドバドバッと卓上の唐辛子を大量投入し気分一新、ズビズビズバンと格闘再開。

 うどんの熱さと唐辛子の辛さで、全身から息せき切ったように一斉に汗が噴き出す。頭皮からも大量に噴き出し、 今にもうどんに滴り落ちそうな汗を懸命にハンカチタオルで拭いつつ、ひたすら啜る。

 格闘すること5分ほどで、ナンとか完食。いやはやナンとも大盛りのサービス精神に感服。だがしかし、ダブルでコレなら、 トリプルはドウなってしまうのだろうか……。

鳴門うどん:ごぼう天うどん(ダブル)380円。福岡県筑紫野市杉塚2-6-15。 10:30~22:00、無休。Pあり。

◎2006年通算麺喰い数◎ラーメン177● うどん65●そば27●その他69

Posted by heno at 13:04 | Comments [5]