2006年09月08日 金曜日

●さすがの美味、丁寧うどん。

 タボーな日々が一段落つき、久しぶりのノンビリ昼麺ポタ。果てさて今日はどこぞの麺屋で啜ろうか。気の向くままにペダルを踏む。

 今日の気分はエスニック。香辛料がバリッときいた麺が啜りたいが…。おお、そうだそうだ、長年の宿題麺、ヌワラエリア@赤坂のエスニックラーメンだ!と警固四つ角に面したビルの2階へと上がる。 が、

 「すみません。エスニックラーメンは売り切れました。」

 おお、なんてコッたぁ~、麺神は我を見放したか……。トホホな気分でペダルを漕ぎつつ、次なる昼麺候補を考える。

 口の中は思いっきりエスニック気分……。
 おお、そうだ!杵むらのカレー南蛮うどんを啜ってみるかっ!

杵むら

 かれこれ1年ぶりか。久方ぶりに訪ねると、店頭の暖簾が藍染めから涼しげな白の紬に変わっている。 そして、「名物 カレー南蛮うどん」の張り紙が。そして、カウンター席に座りメニューを見ると、筆頭に「カレー南蛮うどん」の文字。 確か1年前はメニューに無かったカレー南蛮うどんだが、今や店の一押しメニューである。

カレー南蛮うどん(玉子付き)◇杵むら

 待つことしばし、運ばれてきたカレー南蛮うどんは、かなり赤見が強いカレー色。蕎麦屋のカレー南蛮そばよろしく、 すめとあんでとじてある。

 どらどらとレンゲですめを一啜りすれば、熱々トロリの触感と共に、豊かに広がるカレーの旨味。様々な香辛料の風味に加え、 トマトだろうか、フルーティーな酸味がナンとも爽やか。そしてさらに、その奥にすめの魚介だしの風味。 幾重にも広がる様々な風味がタマラナイ。

 うどんは細めの演出系。カレーが飛び散らないよう慎重に啜れば、ねっとりと絡んだカレーの風味と共に、 ぷにゅっと解ける食感がナンとも楽し。

 具は南蛮の定番、鶏肉と白葱に加え、椎茸が入っているのが杵むら流。味わい、食感ともに広がりを演出。途中、 オプションで加えた玉子の黄身をだしに溶かし、味の変化も楽しみつつ、ずるずるとノンビリ啜る。

杵むら:カレー南蛮うどん(玉子付き)700円。福岡市中央区警固1-5-29。 11:30~21:00、月曜・2nd&4th火曜休み。Pなし。

◎2006年通算麺喰い数◎ラーメン180● うどん67●そば28●その他70

Posted by heno at 2006年09月08日 13:05
コメント