2006年10月16日 月曜日

●気になる麺は再食すべきと思い知る

 早朝からの糸島での仕事が午後2時、無事終了。ずっと気になっていた大仕事のひとつだけに、ほっと肩の荷が下り、喜びひとしお。 朝食抜きで頑張ってくれたスタッフと共に、牧のうどんに転がり込む。

 午後2時半の今宿店は先客2名。アイドルタイムならではの、ゆったりとした雰囲気が心地よい。靴を脱ぎ、座敷に上がりほっと一息、 メニューを眺める。スタッフのほとんどは、肉うどんにごぼ天追加を固麺で。私は以前納得いかなかった鴨うどんに再チャレンジすることに。

鴨うどん◇牧のうどん今宿店

 おやぁ?全く別物だぞぉ……。

 ほどなく出てきた鴨うどんは、すめの薄めの色合い然り、表面に浮いた鴨の脂然り、 前回食べた鴨うどんとは全く異なる見た目にビックリ。コリャ見るからに旨そうだぁ!と小躍りしつつ、すめをズズッと一啜りすれば、 熱々の触感と共に瞬間広がる柔らかな鴨の旨味。

 うわぁ、こりゃタマランなぁと、もう一口、更に一口。熱々美味すめがズブズブと胃の底から全身へと染み入る感じを楽しみつつ、 ほっこり啜る。

 うどんも旨い。鴨の脂をまとった艶やかな触感然り、噛むほどに「むりんっ」と躍るこし然り。そして、 食べても食べても底から涌きだしてくる大盛り感然り。疲れた我が身を抱擁する大らかなる母性麺に、まったりと和む。

 牧の名物やかん追加スープをたのむと「鴨うどんのスープは特製ですので味が変わってしまいますよ」とのこと。 覚悟の上で少量足してみると、牧の本来の昆布だしがぐりんときいた素朴味がイイ感じのアクセントになり、また新たなる美味すめに変身! ならばと、もう少量、更に少量。味の変化も楽しみつつ、ずるずる啜る。

 前回の鴨うどんとは見た目、味とも完全に異なる超美味うどんに感激しきり。コレならいろんなブログで絶賛されるのも至極納得。 気になる麺は再食すべきと思い知る。

牧のうどん今宿店:鴨うどん490円。福岡市西区今宿駅前1-21-16。Pあり。

◎2006年通算麺喰い数◎ラーメン201● うどん78●そば31●その他77

Posted by heno at 2006年10月16日 14:31
コメント

へのさん、昨日はお疲れ様でした。
私は「安全食堂」に行っとりましたよ。
久々のあっさり滋味とんこつは美味かったです。

Posted by DAN at 2006年10月17日 08:56

店舗や時間帯によっては、鴨スープの追加を受け付けてもらえるようです。その時は名物のヤカンでなく、器に鴨スープを注いで持って来ます。
ちなみに、鴨カレーうどんのオーダーは・・・無理でしょうかね。

Posted by マニ at 2006年10月18日 00:33