2006年12月11日 月曜日

●ナンちゃなさ加減がナンとも旨い普段着ラーメン

 激しかった昨日とうって変わって、平和な一日。痛みの残る左足をかばい、ロボットのようにガックンガックン歩きつつ、仕事をこなす。

 お昼前、東浜に仕事で立ち寄ると、

 おやぁ?「天舟」ってアノ天舟??

 東浜の大型工場が建ち並ぶ一角に「天舟」の看板を掲げたプレハブ作りの小さなラーメン屋を発見。以前、沖浜の高速道路高架下で営業していた天舟だが、ナンとこんなところに移転していたのか……?

天舟

 入り口横に食券販売機。ラーメンが具のバリエーションで2~3種にチャンポンとメニュー構成は至ってシンプル。ラーメンの券を買い、 奥に長いコの字型のカウンター席に座る。工業団地の一角という立地だけに、客は親父ばかり。前の道路を大型ダンプが走る度、 ズンズンと店が揺れる感じが居心地良し。

ラーメン◇天舟

 

 待つことしばし、運ばれてきたラーメンは、スープがナンともイイ感じに白濁したすっぴん美人。こりゃイイねぇ、旨そうだねぇ! と一口啜れば、ジワジワジワァ~と広がるシンプルな豚骨だしの旨味。誤解を覚悟で例えるならば、 ぽってりとだしがきいた極上マルタイ棒ラーメン。素朴ながらも奥行きのある優しい味わいが、ドンピシャ我がツボ。

 合わさる麺もイイ。気持ち細めの中麺はスープと馴染みが良好な優し系で、、素朴滋味なるスープとの相性抜群。 ずるずると口に収まる癒し系の触感に心和む。シンプル塩味のチャーシューも、気持ち厚切りでモチモチ旨し。

 派手さは一切ない。強烈なる味の印象も皆無。ナンちゃない。けど、ナンとも旨いっ!! 食べるほどにシミジミと染み入るイニシエ系滋味に、ほっこり癒され店を出る。

 ああ旨かったなぁと仕事を済ませ、帰社する際に沖浜を通ると、おお以前あった場所の一ブロック隣に、「天舟」 の看板を掲げた店がアルでないのぉ。と言うことは先ほど食べた店は新たに出店した支店ということか…。よっし、 移転した本店にも近々突入だっ。

天舟東浜店:ラーメン450円。福岡市東区東浜2-6。Pあり。

◎2006年通算麺喰い数◎ラーメン228● うどん98●そば36● その他86

Posted by heno at 2006年12月11日 12:32
コメント