2006年12月12日 火曜日

●そこはかとミナぎるヤル気が頼もしい担々麺新店

 福岡ユニバーサルデザイン鑑定所にナンとも気になる新麺店情報を発見。

 「大名ちんちん」ってかいっ。確かに大胆な屋号だなぁ。

 今月4日に赤坂に新しい担々麺専門店がオープンしたという。確かに最近、担々麺をウリにする店がエラク増えたなぁ、 などと思っていると、山友Sよりメールあり。


 そうだ、新店情報。
赤坂の小さい郵便局のある一方通行の道ぞい(大正通りの1本裏)に、
坦々麺の「ちんちん」という店が出来てました。

大名の中華料理屋さん、華南の間にいた方が独立(?)したとか。
私は未食ですが、友達はおいしい~と言ってました。


 おお、なんたる偶然。かつてSは、カノ名店つきよしのオープンを知らせてくれた、鼻のきく女。コレはきっと 「今日の昼麺は大名ちんちんで啜れ」との麺神のお導きか……。で、午後2時前、仕事が一段落したところで、レッツ麺ポタ!

大名ちんちん

 Sのメール通り、赤坂郵便局から北方向へ抜ける一通道路沿いに、目指す大名ちんちんを発見。ポップな黄色のテント& 全面ガラス張りの開放的な店造りで、入りやすさ抜群。

 2時過ぎのアイドルタイムなれど、店内には先客2名。カウンター席に座りメニューを見ると、麺は担々麺、特製担々麺、サンラー麺、 冷たいサンラー麺、ねぎそばに月替麺の計6種。サンラー麺にググッと惹かれるも、初店は店の一押し。 メニュー筆頭に書かれている担々麺をたのむ。

担々麺◇大名ちんちん

 待つことしばし、運ばれてきた担々麺は一見味噌ラーメン。しかし、表面の味噌色のタレの奥に、 イイ感じに澄んだ濃い醤油色のスープが見え隠れしている。どらどらと一口啜れば、ギュインッとドライブする胡麻&ラー油& 醤油だれの風味の奥に、鶏ガラや野菜に干しエビ、魚介系の中華だしにザーサイなどの中華漬け物も使っているのだろうか? 様々なだしの旨味が顔を出す。

 ほはぉ~、コリャ勢いある旨さだなぁ!

 芳醇かつ濃密。パンチの効いたストロングタイプなれど、さまざまなだしの風味が味わいの変化を演出。 結果、濃い味なれど食べ飽きることがない。

 合わさる麺は気持ち細めの中麺。噛み込んだときの「ごりんっ」と朴訥な食感然り、 同時に広がる小麦感然り、濃い味スープに負けず劣らずしっかりと存在感を主張する武骨麺で、相性良し。具のミンチ肉も妙に旨し、 モヤシとともにニラが具で添えてあるのも我がツボ。

 厨房で働く若き男女3名のヤル気がそのまま味に出た感のある、元気味。サンマー麺とともに気になった月替麺を聞くと、 今月は搾菜ラーメン。塩味スープにザーサイをのせたものなのだとか。塩味ならスープ本来の旨味をシッカリ楽しめそうだ。 コリャ近々再訪決定だなっ!

大名ちんちん:担々麺550円。福岡市中央区赤坂1-7-27。11:00~21:30、日曜休み。 Pなし。

◎2006年通算麺喰い数◎ラーメン228● うどん98●そば36● その他87

Posted by heno at 2006年12月12日 13:45
コメント