2006年12月13日 水曜日

●喰いも喰ったり、大阪麺三昧。いや四味!

 泊まりがけの大阪出張。午後からの会議を前に、午前11時、大阪に入り、念願のカドヤ食堂を目指す。

カドヤ食堂

 大阪東部の下町、鶴見の路地裏に「中華そばの店」と染め抜かれたえんじ色の暖簾。正午過ぎ、20席ほどの店内は満席& 順番待ちが3人。店中に漂う中華そば屋の特有のだしの香りを楽しみつつ列に並んで待っていると、後から来た二人連れが、

 「おお、今日は4人しか並んでへん。意外と空いてんでぇ~。」

 地元でかなり人気の店のようだ。

 5分ほど待ったところで無事着席。メニューは中華そば、塩そば、煮干し醤油そば、つけそばの4種類。うぅ~、 いずれ劣らぬ魅惑的なメニューばかりでチャッチャクチャラに心乱れまくるも、「初店はデフォルト」なる我が麺食い信条に従い、 中華そばをたのむ。

中華そば◇カドヤ食堂

 方向をそろえ美しく盛られた麺の中央に海苔。そしてその左右にメンマとチャーシュー。ナンとも独創的な盛りつけ方の美人麺。 まずはスープと一啜りすれば、

 うわぁ……、コリャ旨いわぁ!

 啜った瞬間、ぶわんっと広がるナンとも芳醇なるだしの旨味。鶏ガラに魚介に野菜、 さまざまなだしの旨味が渾然一体と舌を優しく包み込む。ナンとも柔らか、かつ膨らみのある味わいが正に絶品!

 麺は気持ち細めの縮れ麺。スープの絡みも良く、しゅるしゅると口に収まる感じがコレまた楽し。噛み込むと、 コリッと広がる小麦の風味が素朴に旨し。シャクッと柔らかいメンマとモッチリ旨いチャーシューも極上美味。

 懐かしいようで新しい。若き店主のセンスと誠実な仕事ぶりをソコカシコに感じる極上ネオ中華そば。 コリャ是が非でも他の麺も啜りたひっ。次回の大阪出張で再訪だっ!

 

夕方までみっちり4時間の会議を終え、懇親会。
そして夜は大阪旨いモンナビゲーター・ANDさんに誘われ、
小料理屋つた次郎で美酒に酔う。

いさきの炙りやイカの肝いり一夜干し、
クリームチーズの酒盗和えなど
得も言われぬ美味肴に
自然、酒が進む、進む。

十割そば◇つた次郎

そして〆は十割そば。
店主自ら石臼で挽いて打つという蕎麦は
瑞々しい甘みと蕎麦の風味がブラボー美味。
小料理屋が片手間に打ったとは
とても思えぬ極上美味蕎麦に大満足。

 二軒目も成り行きで蕎麦屋酒。
板ワサやニシンをあてに、きゅきゅっと空けて
〆にかけそば。

かけそば◇喜庵

チャンポン麺ほどある太めの蕎麦はシャクと旨いが
あまりにもすめが熱過ぎる。
こんなになるまで煮立たせちゃ、
せっかくのだしの風味が台無しだぁ。

イカスミソーミン◇めんそーれ

午後11時、再び懇親会のメンバーと合流し
沖縄料理屋で泡盛を浴びるように飲み、
イカスミソーミンを啜る。

ソンなコンなで久方ぶりの一日四麺。
ああナンともシアワセなり
大阪食い倒れ出張。 

カドヤ食堂:中華そば650円。大阪府大阪市鶴見区鶴見4-1-18。11:30~14: 00&17:00~22:00(日祝11:30~20:30)、月曜&3rd火曜休み。Pなし。

ご馳走つた次郎:十割そば(一日限定十食、価格失念)。大阪市北区曽根崎新地1-2-6-2F。 11:30~14:00&17:30~23:00、日祝&3rd土曜休み。Pなし。

喜庵:かけそば700円。大阪府大阪市北区堂島1-3-37。 11:30~14:00&18:00~25:30、日祝休み。Pなし。

◎2006年通算麺喰い数◎ラーメン229● うどん98●そば38● その他88

Posted by heno at 2006年12月13日 12:53
コメント