2006年12月26日 火曜日

●ナンちゃないけどナンとも旨い地味&滋味ラーメン

 午前11時半、社内での仕事が一段落し、ちょっと早めの昼麺ポタ。目指すは西谷家と並ぶ 「独断と偏見だけでワガママ勝手に決める!2006年・麺大賞」 豚骨ラーメン of the yearの候補である悠翔樹。

 油山観光道路の笹丘消防署の角の筋を入ってすぐ。藍色の絞り染めの暖簾をくぐると、小学生の息子さんがお留守番。

 「少し待ってください……。」

 はにかんだ笑顔がナンとも可愛い。「ハイハイ、分かりました!」と笑顔を返し、カウンター席に座り壁のメニューを眺めると、

 おや?メニューが増えているぞぉ……。

 ラーメン、野菜ラーメン、悠翔樹担々麺などの従来のメニューに加え、「屋台豚骨らーめん」や味噌ラーメンが新登場。 頑張ってイロイロ考えているのだなぁと感心していると、店の奥から店主が出てくる。

 聞くと、「屋台豚骨らーめん」は細麺&独自のタレで仕上げるとのこと。どのような出来なのがエラク気にはなるのだが、 なにせ平麺フェチな私。デフォルトの「らーめん」をたのむ。

らーめん◇悠翔樹

 あはぁ~ん、やっぱ旨いわぁ。

 いつもよりは豚骨だしが薄めなれど、いろんな食材の自然な甘みが素直に詰まったシミジミ滋味なる味わいの熱々スープが、 ズブズブと五臓六腑に染み渡る。無化調でコレだけの味を出せるとは、大したものである。

 麺も旨い。気持ち太めの扁平麺は、にちっと抗うコシ然り、素朴に広がる小麦の風味然り、ドンピシャ我がツボ。そして、 綺麗に芽がつまれたモヤシ然り、バラ肉2枚と肩肉1枚のチャーシュー然り。若き店主の誠実なる仕事の後をソコカシコに感じる丁寧味。

 ガツンと強烈なる個性を主張する西谷家に対し、ナンとも地味な悠翔樹。確かにナンちゃない。でも、だからこそナンとも旨い。 シンプル・イズ・ベストを地でいく地味ラーメンが愛おしい。んで、 「独断と偏見だけでワガママ勝手に決める!2006年・麺大賞」 豚骨ラーメン of the yearは悠翔樹に決定。

 ごちそうさまでした。来年もちょくちょく寄らせてもらいます。

 

夜は、うわのそらで月例「魚の会」の納会。
料理8種に、それぞれに合う日本酒7種が付いた
月替わりのコースを堪能。

 
 


サバと戻り鰹がタマラナク美味な刺身盛りに、
カラスミで作ったソースがかかったふろふき大根や
もち粉で食感を演出した鱈の白子焼きなど、
一手間&一工夫ある美味肴。
そして、それぞれの肴の旨味を更に引き立てる地酒の数々。

この料理&この酒で5800円は超納得価格!
ちゃっちゃくちゃらにシアワセ気分で
酔い冷ましに歩いて帰っていると、
麺神から悪魔の囁き。

「G!A!N!SO!! G!A!N!SO!!」

 

 ♪ 元祖マン さあ立ち寄ろうよ
 元祖マン 今開いているぜ
 元祖マン もう悩むことは ないんだから
 元祖マン ほら見えるだろう
 元祖マン 君の行く先に
 元祖マン 楽しめることが あるんだから♪

ナゼかヤングマンの替え歌を口ずさみつつ、
千鳥足で御入店~~………。

ラーメン◇元祖長浜屋

 

ナンのカンの言っても
今年も一番足繁く通ったラ店は元祖じゃなかろうか。
来年もきっとお世話にナリまくりマス……。

 

悠翔樹:ラーメン480円。福岡市中央区笹丘1-35-20。 11:30~14:30&18:00~23:30、日曜休み(12/30~1/5は休み)。Pなし。

◎2006年通算麺喰い数◎ラーメン236● うどん107●そば39● その他91 

Posted by heno at 2006年12月26日 11:48
コメント