2007年02月17日 土曜日

●シミジミ滋味なる名店復活

  昨日、抱えている大仕事の二次〆切をナンとかクリアし、ほっと一息。さぁ、ぱぁ~っと遊ぶかぁ!と思いきや、 来週は別件の仕事が目白押し。しかも金曜からは2連泊の大分出張が待っている。

 今月末の最終〆切に向け、早め早めに仕事を進めておかないとタイヘンなことになりそうだ。しかし、 せめて午前中は休日を楽しみたいと、自宅でアレコレ遊びGO SOUTH、大橋の「とら」で昼麺を啜る。

白河ラーメンとら

  昨日、とある方から嬉しいメール。かれこれ5年前か、 喜多方ラーメンと並ぶ福島県のご当地ラーメンである白河ラーメンが食べられる店として根強いファンに愛されつつも閉店した「とら」 が営業を再開したという。添付された地図を頼りに訪ねると、西鉄大橋駅の東、塩原4丁目のバス停前に「白河ラーメンとら」のテントを発見。

 アルミの引き戸を開けると、手作り感溢れる素朴なインテリアの店内は以前と比べかなり広め。恐らく昔の常連客だったのだろう。 母娘らしき先客が女性店主と仲むつまじく会話を交わしつつ、麺を啜っている。

 壁に貼られたメニューは「ラーメン600円」と「ラーメン小500円」の2種類のみ。以前は醤油に加え、 味噌とつけ麺をやっていたが、白河ラーメン王道の醤油のみにメニューを絞り込んだのか。堅実なる判断に自然期待が高まりつつ、 ラーメンを待つ。

ラーメン◇白河ラーメンとら

 待つことしばし、運ばれてきたラーメンは飾りっ気のない素朴な盛りつけ。 鳴門の蒲鉾がナンとも気分だよなぁ、などと思いつつ、まずはスープと一口啜る。と、 じわじわじわぁ~と広がるナンとも柔らかななだしの風味と醤油の旨味。そして、ふわりと鼻へ抜けていく豚骨らしきだしの香り。

 うわぁ、こりゃ旨いわぁ……。

 香味油などに頼らない、だしの旨味を最小限のタレで調味した素朴味が、シミジミ美味。もう一杯、 さらにもう一杯と、いつまでも啜っていたくなる極上滋味。

  麺も旨い。白河ラーメンの特徴の一つである手打ちの中太扁平縮れ麺は、啜ったときのシュルシュルビチビチ感然り、 噛み込んだときのプルンと抗う可愛いコシ然り、同時に広がる素朴な風味然り、多加水太麺手打ちならではの味わいがドンピシャ我がツボ!!

 通常の博多豚骨ラーメンの麺が110~120グラムなのに対し、ココのラーメンは180グラムとかなり大盛り。だが、コレが大正解。 ずるずると啜れば啜るほど、旨さが加速度的にぐんぐんとのってくる感じが、ナンとも楽し。

 派手さはない。きっと血気盛んな若者には物足りない味かもしれない。が、この手の素朴&滋味系麺が好きな方なら必ずやハマるタイプ。 ああ旨かったと精算しつつうかがうと、4日前から営業再開したという。

 いつまでも細く長く営業を続けて欲しい、滋味美味麺に元気百倍。さぁ、会社へ行って、バリッと仕事、がんばんべぇ~。

白河ラーメンとら:ラーメン600円。福岡市南区塩原4-10-23。 2月中は11:30~14:00&18:40~21:00、18日(日)は休み。Pなし。

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン39● うどん13●そば5● その他8
◎今月の総ジョグ距離:25km / 通年55km

 

Posted by heno at 2007年02月17日 12:29
コメント

こんちわ~ww
うほっ!こりゃまた美味そうでやんすね~。
しょうゆ好きのあっしとしては、是が非でも行かねば!
しかもエリア的にもうぇこさんエリア・・・
楽しみっす!(⌒∇⌒)

Posted by うぇこ at 2007年02月18日 14:02

派手さはないです。
が、好きモノには染みる味デス。
昔々、大原麗子が演っていたダルマのCM通り、
「少し愛して、長~く愛して」
なるコピーがドンピシャの地味滋味系デス。

Posted by への at 2007年02月18日 21:22

おぉ、早速行かれたんですね。嬉しいです。
これを見てますます行きたくなりましたよ~。
福岡に帰ったら一番に行こうかな。

Posted by takuro- at 2007年02月20日 22:45

おやtakuro-さん、ヨウコソここへ。
私にとって、新生とらはカナリのツボでした。
ナニより麺が旨いっ!
いやはや極上情報アリガトウございました。

Posted by への at 2007年02月20日 22:51