2007年03月06日 火曜日

●あなオモシロし、艶系チャンポン

 午後2時過ぎ、薬院の取引先での仕事が無事終了し、いざ昼麺。ひさかたぶりにいまとみで美味蕎麦啜るかと向かうも、あぁ残念!昼休憩に入っている。すると、 同行スタッフT林さんが

 「この近くに中華そばの美味しい店がありましたよねぇ。」

 ああ、吉兜かぁ……。4~5年前になるが、イヤな経験をして以来、避け続けてきた店だが、久しぶりに啜ってみるかと向かうも 「3月24日まで食事営業はしておりません」との張り紙。きっと本業である辛子高菜の出張販売で店主が長期出張に出たのかな。

 麺神はナゼに我に試練を与えるのか……。

 そんなこんなで、フラれフラれて行き着いたのは大安ラーメン。毎度毎度ラーメンばかり啜ってきたので、今日はチャンポンに趣向替えすれば、 コレがドンピシャ大当たりぃ!!

チャンポン◇大安ラーメン

 クンクンと店内に漂う猛烈豚骨臭は伊達じゃない。口当たりは柔らかいが、遅れてグイッと顔を出す豚骨だしの旨味。 塩ベースにシンプルに調味されたスープが、カナリ旨い。が、真骨頂は麺。

 盛りだくさんの具の下から顔を出したのは、3ミリ四方の角麺。キッチリとエッジが立った御姿がナンとも鯔背だなぁ、と一啜りすれば、 通常の丸型チャンポン麺とは明らかに異なる、スルスルと口におさまる感じが、まず面白い。

 が、ソレよりナニより面白いのが、噛み込んだ時の独特なる食感。噛み込んだ歯を、ぬらりと包み込むような、摩訶不思議な柳ゴシ。 わはぁ、こりゃオモろいなぁ!と、うひゃうひゃ噛み込めば、ねっとりと艶っぽく解けていく様が、コレまた極楽~~!

 麺神はこのオモシロちゃんぽんに出会わせるべく、
 我を導いてくれたのか……。

 麺神のご加護に感謝しつつ、ずるずる啜る。

大安ラーメン:チャンポン600円。福岡市中央区高砂1-12(FBS新社屋の道向かい)。Pなし。

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン50● うどん21●そば5● その他10
◎今月の総ジョグ距離:44km / 通年74km

Posted by heno at 2007年03月06日 14:11
コメント