HENO HENO: 2007年05月 アーカイブ

2007年05月31日 木曜日

●まぁ理解は出来るけど……

 朝からの社内での雑務がようやく一段落したと思ったら、時すでに正午過ぎ。午後1時からは太宰府の得意先での仕事が待っている。 んで、昼麺啜る暇もなくガツガツと夕方まで働く、我勤勉中年月給男也。

夜は、月例「魚の会」。
旨い魚を求め、魚籠@薬院へ。

まず出てきた刺身の盛り合わせは
ヒラメの姿造りにイカの活き造り!
そしてさらに
ウニに赤貝にマグロにタコがてんこ盛りで
そりゃもうウルトラ超豪華!!
活きの良い刺身を楽しんだ後、
イカはゲソ天&ヒラメは唐揚げに。

我が好物のワタリガニにも一仕事あり。
身を解し、
カニミソとともにオクラやシソと和えてあり、
ソリャもう美味美味。

野菜の煮染めもイロイロ楽しみ、
地酒もアレやコレやとカパカパ飲んで、
ひとり5500円は超納得価格。

 

 嗚呼旨かったと流れたのは五行。
焼失改築後初めての訪問だが、
ドえらくオサレな建物に、まずビックリ。

つけ麺◇五行

そして、
からすみ大根など渋めのアテで焼酎飲んで、
〆にたのんだつけ麺に、またビックリ。

温つけ汁が随分とアッサリ味になったのねぇ~。
そして麺も随分と少なくなって……。
まぁ、飲んだ後の〆麺と考えれば
味わい&ポーションともコレでイイのかも知れないが……。

言わずと知れた
一風堂系列の「オシャレ系飲めるラーメン屋」、五行。
改築を期に、そのコンセプトをトコトン突き詰めた感あり。
草臥れた中年オヤジの私にはカナリ敷居が高くなったなぁ……。 

とんこつ◇五行

豚骨ラーメンも
太麺&黒いマー油入りと、キッチリ今時仕様。

とり塩◇五行

とり塩ラーメンは
鶏ガラがキッチリきいたスープがドンピシャ我がツボ。 

五行:つけ麺(価格失念)。福岡市中央区今泉1-18-26。 11:00~15:00&17:00~26:00、無休。Pなし。

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン95● うどん52●そば23● その他21
◎今月の総ジョグ距離:30km / 通年155km

Posted by heno at 23:58 | Comments [0]

2007年05月30日 水曜日

●お麺なNEWS ~夏メニュー、続々登場~

○悠翔樹の夏メニューは、ステレオ太陽同盟さん情報のつけめんに加え、今年は冷麺も出すとのこと。冷麺は細麺?平麺??あぁ楽しみ!

島系本店の明後日6月1日新発売の夏メニューは「島そば」。少な目のスープとゴマだれがベースのピリ辛油そば的メニューとのこと。 コレまた楽しみ!!

Posted by heno at 23:59 | Comments [2]

●悠翔樹 ~絶対美味豚骨 第二回~

 正午過ぎ、社内での雑務が一段落したところで、ふらり昼麺ポタ。今日は目一杯豚骨気分。ならば、我が最愛豚骨の一軒、 未羅来留亭か?

 いや、そうだ!久方ぶりに悠翔樹で啜るかっ!!

 午後1時前の店内は先客3名。そして私の後に続き、1名来店。最近ドォーモで紹介された影響なのか、以前より着実に客が増えたようだ。

 ラーメンは、平麺の「悠翔樹ラーメン」と、細麺の「博多屋台ラーメン」の2種類あり。平麺フェチの私、 モチのロンで悠翔樹ラーメンをたのむ。

悠翔樹ラーメン◇悠翔樹

 啜った瞬間、ぱっと広がる醤油ダレの華ある旨味。そして遅れて顔を出すこっくり美味なる豚骨だしの風味。至ってシンプル。 だからこそ奥深い、コレぞ滋味。

 ストレート平麺もキッチリ隙ナシ。特有のスルスルと口に収まる感じ然り、噛んだときの「むりんっ」と可愛く弾けるコシ然り、 噛み込んだときの素朴な小麦の風味然り。ナンちゃナサげで確かに旨い。

 うん、コレも我的絶対美味豚骨ナリ。

 先日、旧友・K峰よりメール有り。平麺が特徴の博龍軒が近所に支店を出し、同じスープで細麺を食べさせるという。彼曰く「麺変わると違う… 。とにかく食べてみて」とのこと。確かにラーメンはスープと麺の相性こそ味の決め手。博龍軒支店も気になるが、まずは次回、 ココ悠翔樹で念願の「博多屋台ラーメンのスープ×平麺」にチャレンジするか。

粗挽き田舎蕎麦◇吉尾

昨日は吉尾でざる。
久方ぶりに訪ねると蕎麦の種類が増えている。
二八に加え、田舎粗挽、御前粉のグランドメニューに加え、
「ダッタンそば」や「八女茶そば」の張り紙も。

田舎粗挽は
挽きぐるみならではの適度なえぐみがドンピシャ我がツボ。
香りより味わいの押しの強さが際だつ汁との相性も良し。

メニュー最下部に「割り子」の文字。
うん、確かにこの汁は、もみじおろしを添えぶっかける
割り子蕎麦の食べ方の方が旨いかも……。

悠翔樹:悠翔樹ラーメン480円。福岡市中央区笹丘1-35-20。 11:30~14:30&18:00~23:30、日曜休み。Pなし。

手打ち蕎麦 吉尾:田舎粗挽そば800円。福岡市中央区赤坂1-1-18。 11:30~21:00、日曜休み。Pなし。

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン95● うどん52●そば23● その他20
◎今月の総ジョグ距離:25km / 通年150km

Posted by heno at 12:43 | Comments [0]

2007年05月28日 月曜日

●惚れ惚れ旨し、しゃっきり蕎麦&くにゅポニョうどん

 結果良ければ全て良し。

 休み明けの雑務の嵐をナンとかこなし、午後1時過ぎ。

 サァサァ昼麺、今日の気分は目一杯うどんっ!!

 と、ウキウキ気分で久方ぶりに大地のうどんへと向かうも、甘かったぁ。さすが超人気店ゆえ、 午後1時半過ぎだと言うのに店内はほぼ満席&多くの客が出来上がり待ちの状態。

 うぬぅ、ならば黒の龍神カレーうどんが好印象だった大福うどんの姪浜店で赤の天神カレーうどんだぁ! と意気込むも、

 わぁ、店舗閉鎖だぁ……。

 マジかいっ!?ならばコレまた久方ぶりにまことうどんで啜るぞぉ!と向かうも、店休日………。

 うぬぬぅ、ならば牧のうどんマリナタウン店かぁ?と一瞬思うも、時間的余裕ナシ。

 うぬぅ、ならばコノ辺りで現時点我最高評価麺屋の
 一の梅で蕎麦啜るかぁ。

せいろ◇一の梅

 
冷たすぎず、さりとて柔すぎず。
冷水での締め方が絶妙な蕎麦と
甘からず辛すぎずの
コレまた絶妙バランスのつけ汁に、うししっ!

トロントロンの蕎麦湯込みで
ぐわしっとハートを鷲掴み。
次回こそ、蕎麦屋酒。

 ひやかけ&いわし天◇福岡麺通団

夜は先週より始まった勉強会を前に、
福岡麺通団で腹ごしらえ。
新登場の山かけうどんを啜るつもりだったが
兎にも角にも超久しぶり。
で、マイ・フェバリット・メニューである「ひやかけ」に浮気。

と、と、とぉ~、コリャ旨いどぉ~~!
むりんっと弾け、むにゅりぃと解ける。
久方ぶりゆえの勘違いやも、と思いつつも
コレって以前より旨くなっていませんかぁ~??

想定外の旨さにもんどり打ちつつ
ズビズバンッと八割方啜り終え、
レジ横の温すめサーバーへ。
どばどばどばぁ~と温すめを注ぎ、
コレまたふ~ふ~、ずびずびと一気に平らげる悦楽美味。

手打そば一の梅:せいろそば750円。福岡市西区姪浜駅南1-6-9。11:30~15:00& 18:00~22:00、火曜休み。Pあり。

福岡麺通団: ひやかけ小+いわし天390円。福岡市中央区渡辺通4-11-3。11:00~24:00(日祝~22:00)、年中無休。 Pなし。

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン94● うどん52●そば22● その他20
◎今月の総ジョグ距離:15km / 通年140km

Posted by heno at 23:20 | Comments [2]

2007年05月27日 日曜日

●キッパリと!我親馬鹿ナリ!!

 昨年4月から福岡市の小規模校特別転入学制度を利用し、チビ達を能古小学校へ転校させて早1年越。今日は小学校と同じ敷地内にある中学校との合同運動会。 昨年は仕事が入り観戦出来なかっただけに超待望、ウキウキ気分で渡船で能古島へと渡る。

 かけっこリレーや障害物競走など、淡々とプログラムが進む。6学年で62名の小規模校ゆえ、 さぞかし色んな競技に出突っ張りかと思いきや、全くその逆。なにせ少人数、 色んな競技に出突っ張りだと体力の消耗が著しいとの配慮なのだろう。児童の競技はソコソコだが、島民参加アトラクションはエラク入念。 地区対抗の綱引きに至っては、6チームが予選含めて12試合、30分を費やす大試合に。

 判断は正しいが、どうも面白味に欠けるなぁ、と昼休み明けに応援合戦が始まる。と、グランド中央に大太鼓が設置され、 すたすたと歩み出てきたのは我が長男。し~んと静まりかえった観衆が見守る中、正面に向かい大きく頭を垂れた後、 グランド中に響き渡る大声で

 「よろしくお願いいたしま~すっ!」

 えっ……?!あの恥ずかしがり屋の長男がぁ???

 人はイイがとにかくシャイで情けない奴だなぁと、いつまでも子供としか見ていなかった長男が、ソリャもう堂々と、 至極立派に腹からの大声で大見得を切り、大太鼓に向かう。そして、ギラリと太鼓を睨み付け、

 ドドンッ、ドドン、ドドンッ、ドドン、………

 その逞しい音が我が腹から胸へと、深く深く響き渡る。思わず溢れる涙を他人に気付かれまいと一人照れ笑いしつつ静かに拭い、 ただひたすらにカシャカシャとデジカメのシャッターを押す。

鴨南蛮そば◇エースコック

最近意欲作連発のエースコックゆえカナリ期待大!
なれど、いやだからだろう、ちと肩透かし。
すめはソコソコ旨いが、蕎麦がカナリ???

 

井戸でお馴染みの長尾製麺製乾麺うどんを
焼きナス入り温つゆで啜る。
とぉ、コレがナカナカ美味なのデス!
茗荷や大葉などの薬味をシッカリ揃えれば、
十二分に店でも通用するメニューになるのでは?

Posted by heno at 12:48 | Comments [6]

2007年05月26日 土曜日

●住宅街の上出来うどん

 明日のチビ達の運動会観戦に、宮崎から義父が来福。野球好きだし、とyahooドームのホークス vs カープのチケットをチビ達分含め3枚プレゼント。で、久方ぶりにカミさんと二人の休日の午後。天気も良いことだし、と唐津まで麺ドライブ。 目指すは、讃岐的ディープな立地のうどん屋、その名も「さぬきや」。

さぬきや

 穴場麺屋王MANIC SOMEDAYでその存在を知り、ずっと気になっていたさぬきや。 住所を頼りに訪ねると、国道から入り込んだ住宅街のエラク立派な大邸宅の一角に「手打ちうどん」の白い暖簾。

 20席はありそうな大きめのL型カウンター席には先客3名。カウンター奥の厨房では親子らしき年配女性と若者2名が、 それぞれの仕事をこなしている。

 壁のメニューを見ると筆頭に「あつあつ」、続いて「ひやあつ」の文字。屋号通り、メニューもナカナカ讃岐しているでないのぉ、 と私は冷たいうどん&温すめの「ひやあつ」を、そしてカミさんはごぼう天うどんをたのむ。

ひやあつ◇さぬきや

 いやはやカナリのうどんである。

 長めの麺線ゆえ、スルスルスルルと啜る楽しさを、まず堪能。続いてはコシ。ヘンに固すぎず、さりとて柔すぎず、 芯に向けてボヨヨンとコシが増し、にっちりと解ける様が、これまた楽し。奇をてらうことなくシンプル美味に徹した潔さが、素直に美味。

 ただ惜しむらくは、すめ。ひょっとしてアゴのみでダシを取っているのだろうか? ナンとも独特な風味の旨味のみが一人歩きしている感があり、ほっこりとした和み感に欠ける気がする。それと薬味。讃岐を唄うからには、 おろし生姜は欠かせない。

 カミさんのごぼう天うどんは、温かいうどん&温すめの「あつあつ」と、別皿で揚げ立てのごぼう天が供される。当然ながら私の 「ひやあつ」のうどんの方がコシが強め食感楽し。揚げ立てごぼ天のサックリ感はカナリ我がツボだが、550円という価格はちと疑問……。

 で我なりの結論。コノ店はざるうどんか醤油うどんが正解かな。

ネギとチャーシュー麺◇多謝

夜は義父&チビ達と合流し、念願の多謝へ。
ホテル出身のオーナーシェフが作る中華はハズレなし!
海老の塩味炒めや豆腐の貝柱煮込みなど
ドレもコレもキッチリ旨し。

そして〆の麺も上出来美味。
鶏ガラだし&鶏油の濃密なる旨味と
様々な香辛料の奏でるふくいくたる味わいのスープに
ただひたすら感服。

さぬきや:ひやあつ350円。佐賀県唐津市浜玉町横田下5-4。Pあり。

多謝:ネギチャーシュー麺900円。福岡市西区小戸4-3-39。 11:30~15:00&18:00~23:00、水曜休み。Pあり。

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン93● うどん51●そば20● その他20
◎今月の総ジョグ距離:15km / 通年140km

Posted by heno at 13:29 | Comments [6]

2007年05月25日 金曜日

●お麺なブログWATCH ~わぉ、変形ご当地麺~

カーディーラーとおともだちに、港屋千兵衛@門司の「焼きカレーうどん」実食リポあり。白飯にカレーをかけ卵& チーズをのせて焼いた「焼きカレー」は門司の名物。白飯をうどんに代え、しかも別に徳利ですめが付いてくるようだ。さすが豊前裏打会、 啜ってみたひっ…。

Posted by heno at 23:21 | Comments [3]

●ビールもうどんも要は「喉ごし」

 ソリャもう、腹が減りまくり……。

 イロイロあって夕方6時、午前中からの太宰府の得意先での仕事がようやく一段落。なにせ今朝はジョギングもしたし、 超ウルトラ空腹状態。♪ お腹と背中が、くっつくぞぉ ♪ てな歌を唄う精神的&胃的余裕はもはやナシ。更にしかも、 今夜は勉強会で晩飯も遅くなりそうだ。

 ならば!サクッと早々に啜れて、しかも大盛り格安な鳴門うどんだっ。

鳴門うどん

 ドンブリ・キャラのトリプルくんがトレードマークの鳴門うどん。シングル(300g)もダブル(600g)もトリプル(900g) も価格は同じという、大食い選手権にもってこいの店である。果てさて今日は何を啜ろうかと、カウンター席に座ると、

 おぉ、つけ麺を始めたのか!

 グランドメニューとは別に、つけ麺の別メニュー有り。「冷たいうどんを温かいうけ汁でお召し上がりください」とある。 しかも温つけ汁の中には豚肉や椎茸、揚げなどの具が入っているとのこと。コレって我が好物の、武蔵野のご当地麺、肉盛りうどんと同じ食べ方でないのぉ!

 温つけ汁は醤油とカレーの2種類からチョイス出来るシステム。普段なら醤油味だが、なにせカレー麺モード入り放しの私。 迷わずカレー味&ダブルうどんでたのむ。

つけ麺◇鳴門うどん

 ラッキー!揚げ立てだっ。

 出てきたうどんは、むりんと角が反った精悍なツラ構えが好印象。どらどらと箸で摘めば、しゅるしゅると持ち上がる様にも勢いがある。 旨さを予感しつつ、ざぶんと温つけ汁にくぐらせて、ずずずぅ~~と一気に啜れば、ぬらりと艶っぽい食感然り、ぶるんと弾ける自然なコシ然り、 噛み込む度に広がる自然な甘み然り、ドンピシャ我がツボ!

 麺線が長いので啜り甲斐もあるし、そしてナニより、飲み込むときの喉を擽るようなコノ吸着感が、ナンとも極楽だぁ。

 このうどん、上出来ナリ!!

 ただ惜しむらくは、温つけ汁。すき焼きチックな濃いめの甘辛味の醤油味にカレー粉を溶き入れたのだろうか。甘さがかなり強めだし、 そのせいか醤油ベースのすき焼き味とカレーの風味が全く馴染んでなく、別々に舌にのってくる感じがする。 どうやら温つけ汁は醤油味の方が正解だったかな。

 だがしかし、何せうどんが旨いっ。で、イマイチ我が好みとは遠いつけ汁の味わいもナンのソノ、ずずずぅ~、 ずずずずぅ~と一気に完食。

 この揚げ立てうどん、生醤油だけで食べてみたい!

鳴門うどん:つけ麺(ダブル)472円。福岡県筑紫野市杉塚2-6-15。 11:00~22:00、 無休。Pあり。

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン92● うどん51●そば19● その他20
◎今月の総ジョグ距離:15km / 通年140km

Posted by heno at 17:53 | Comments [5]

2007年05月24日 木曜日

●お麺なNEWS ~こりゃBIG NEWS!~

○福岡の否豚骨の殿堂、ラースタの恒例店舗入れ替え。我流風、いちや好来が退店し、6月22日、関東の3店がオープン。中でも注目は『海老味』の二代目 海老そば けいすけ@ 東京高田馬場。コリャ張りきって試食会に駆けつけネバっ!あっ、そうそう。 我が周辺でも結構好評だった我流風も啜っておかネバネバっ!!

弓削さんの5月22日のブログによると、福岡麺通団に新メニュー「山かけうどん」がデビューした模様。コレまた啜りに行かネバネバネバっ!!!

Posted by heno at 22:27 | Comments [0]

●一楽本店 ~絶対美味豚骨 第一回~

 午前11時、久方ぶりの東区での打ち合わせを終え、やっぽ~昼麺!たまにしか来ない東区ゆえ、モチのロンで超久方ぶりの一楽本店だぁ。

一楽

 九州産業大学前の、チビた飲食店長屋の一角。イイ感じに色褪せた赤提灯がナンとも気分。真っ白な暖簾をくぐると、 10席ほどのカウンターのみの店内は、九産大の学校職員らしき親父軍団が早めの昼麺中。わずかに空いた席に滑り込み、

 「すんませ~ん、ラーメンばっ!」

 あいよっ!とばかり、親父さんが、ちょうど作り終えたチャンポンをドンブリへ移す。。と、お父さんが使い終えた華鍋を、 お母さんが素早くちゃちゃちゃっと洗い上げる。

 うんうん、コレコレ!この夫唱婦随コンビネーションこそ、イニシエ系ラ店の年季の入った燻し銀オペレーションなり!

ラーメン◇一楽

 「はい、お待たせぇ~!」

 カウンター越しに差し出されたドンブリから、湯気とともに立ち上る、さりげなく芳しき豚骨臭。

 うわぁ、コリャ今日も旨いに違いないわぁ……。

 旨さを確信しつつレンゲでスープを一啜りすれば、トロンと優しく円やかな口当たりの奥にギラリと顔出す確かなる豚骨だしの風味。 ニンニクのきかせ具合もナンとも絶妙、しつこくなく、さりとてアッサリしすぎることもなく、の誠実直球美味豚骨にメロメロ。 気持ち太めの細麺の、適度に「ぷにぷに」した食感も微妙に旨し。ナンちゃナサげで確かに旨い。

 うん、コレこそ我的絶対美味豚骨ナリ。

 いやぁ、コリャ旨いわぁ!と、うひゃうひゃ啜っていると、店内にFC募集の張り紙を発見。 コノ絶対美味がアチコチで啜れるようになるのであれば大歓迎だが、

 大丈夫か?果たして……。

一楽ラーメン:ラーメン400円、替え玉100円。福岡市東区香住ケ丘2ー7-25。 11:30~22:00、日曜休み。Pなし。

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン92● うどん50●そば19● その他20
◎今月の総ジョグ距離:10km / 通年135km

Posted by heno at 11:42 | Comments [10]

2007年05月23日 水曜日

●ある意味コレが正統か?

 午前中の雑務を順調にこなし、ふらり昼麺。今日の気分もカレー麺。気の向くままにペダルを漕ぎつつ、ポンコツ麺ピュータをフル稼働。

 近場でカレー麺が旨そうな店は……、
 うん、そうだ。久しぶりに長州へ行ってみるか。

 六本松の九大教養部横にある長州。昼飯時はいつも満席状態の人気店のはずが、今日はナゼか空いている。なので、 入り口横の6人掛けのテーブル席をどっかり占有しメニューを開くと、写真入りでズラリ並んだメニューの最後に「オススメ!」マークとともに 「カレーうどん630円」の文字。 

カレーうどん◇長州

  たのんでしばし、厨房から漏れ香るカレーの風味に旨さを予感しつつ待つことしばし、運ばれてきたカレーうどんは、 トロンとイイ感じに透明感を残すカレーすめと葱の緑のコントラストがナカナカの美人。まずはすめ、と一口啜れば、

 おやぁ?思いのほか大人しめの味わいだなぁ…。

 カレーのスパイスも、うどんのすめも、いずれも微かにその存在を感じはするが、あくまでもトコトン奥ゆかい。 おのれの存在より互いの味わいを引き立たせることに専念。結果、ナンとも円やかで柔らか味。

 「カレー麺は異なる味わいのせめぎ合いが味の要」が我が麺喰い信条である私。この優し味はカナリ物足りないなぁ、 とズルズル啜っていたのだが、あら不思議。

 いやぁ待てよ……。
 このカレーうどんは「コレで」、いや「コレが」イイのかもなぁ。

 最初は物足りなさを感じていたが、食べ進むうちに、太めのうどんや上出来蕎麦ならいざ知らす、味わいより食感重視の演出系うどんの 「ぽにょんっ」と愛らしいコシには、コレくらいの優し味の方が相性がイイことに、はたと気付く。

 要は一杯のドンブリの小宇宙。構成するソレゾレの相性の良さこそ味の要。優しうどんには優しカレーすめが正解ナリ。

長州:カレーうどん630円。福岡市中央区六本松4ー9-10。 11:00~24:00、日祝休み。 Pなし。

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン91● うどん50●そば19● その他20
◎今月の総ジョグ距離:10km / 通年135km

Posted by heno at 12:41 | Comments [0]

2007年05月22日 火曜日

●老舗入魂の力作カレーうどん

 ヨドバシで仕事の備品を買い出しついでに、サクッと昼麺。先日に続きJR博多駅筑紫口横のEX-SIDEビルへ。 お目当ては大福うどんのカレーうどん。

 福岡の老舗うどん店の一軒である大福うどんが、一昨年、創業55周年を記念して発売したカレーうどん。 気になりつつも未食だった宿題麺は、「黒の龍神カレーうどん」と「赤の天神カレーうどん」の2種類あり。聞くと、カレーの色(=製法) と具が違って、黒は牛スジ、赤は鶏肉とのこと。メニュー上位に書かれてある黒を選ぶ。と、 早々に紙エプロンと赤い液体が入ったボトルが差し出される。

 「こちらは辛味調味料です。お好みでどうぞ。」

 おいおい、ナンだか洋食屋にステーキランチを食べに来た気分だぞぉ。

大福うどん

 そして、ほどなく運ばれてきたカレーうどんも演出がきいている。 真っ黒なカレー太めのうどんに別皿の温泉玉子。さらに徳利には熱々のうどんのすめ。「まずはカレールーだけで、 あとは好みですめで割りつつお食べください」とのこと。

 おいおい、ナンだか楽しいぞぉ~!

黒の龍神カレーうどん◇大福うどん

 どらどらと薦め通りに、まずはカレールーだけで一啜りすれば、カレー特有のスパイシーな風味の奥に、 適度な甘みと適度な酸味。濃厚なれど爽やか。韓国ジャジャ麺のタレにカレースパイスをプラスしたようなエスニックな味わいが、 適度に大衆的かつ創作的でかなり我がツボ!

 うどんも旨い。太めの茹で置きうどん特有の、噛み込む度に「むにっ」と弾け、ねっとりと解けていく様は、 伊勢うどんチック。その豊かなる包容力で個性派カレーの旨味をシッカリと受け止め、 相性がすこぶる良好!

 試しにと辛味調味駅を入れてみると、

 おやぁ?辛味だけではなくカレーの旨味自体が増した気がするなぁ。

 で、調味液だけを舐めてみると、甘辛酸っぱい独特な味わいが、どこかタイ料理の調味料チックで、 これまたオモシロイ!

 半分ほど食べ進んだところで、うどんのすめを投入する。と、エキゾチックな風味に和の旨味が加わり、 新たなる味わいに。徐々にすめを足しつつ味の変化を楽しみつつ、最後は温泉玉子も投入。 トロンと甘い黄身とカレーの辛さのコントラストを楽しみつつ、ほっこり完食。

 ソコカシコに創意工夫の跡をビシバシ感じる力作創作カレーうどんに、 博多老舗うどん屋のソコヂカラを痛感。こりゃ近々「赤」も必食だぁ!

大福うどん:黒の龍神カレーうどん680円。福岡市博多区博多駅中央街1-1EX-SIDE HAKATAビル1階。 7:00~22:00、無休。Pなし。

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン91● うどん49●そば19● その他20
◎今月の総ジョグ距離:5km / 通年130km

Posted by heno at 13:54 | Comments [5]

2007年05月21日 月曜日

●チープさが絶妙なる街の中華屋麺

 ナゼか休み明けはセコセコ忙しく、気がついたら早午後3時過ぎ。今日から3ヶ月間、 毎週月曜の夕方は天神で行われる勉強会に出なければならない。兎にも角にも腹が減ったと、早々に会社を出発、超久方ぶりに長崎飯店へ転がり込む。

 「ありゃ、いらっしゃいませぇ。」

 夕方4時過ぎは完全なるアイドルタイム。テーブル席に座り込み、のんびりと14インチテレビに見入っていたオバちゃんが、 入店してきた我に気付き、あたふたと席を立ち、カウンターに置いてあったスポーツ紙を我に渡しつつ、注文をきく。 せっかくの休憩時間を邪魔してしまいナンとも申し訳ない気分に陥りつつ、天津麺をたのむ。

天津麺◇長崎飯店

 じゅわじゅわぁ~と芳ばしい音をたてる中華鍋から立ち上る香りに、目一杯食欲を掻き立てられつつ待つことしばし。 運ばれてきた天津麺は、厚さが優に1センチはありそうな分厚いエビ卵焼きがのっていて、そりゃもう一見して大衆美味。

 コリャ旨いに違いない!とスープを啜れば、ふわりとゴマ油の風味がきいた明快な旨味。天津麺は醤油スープが定番と思いきや、 ココのスープは透明感を残す鶏ガラベースの塩味仕立て。化調の効かせ具合がナンとも気分な、イニシエ系チープ美味。

 麺もイニシエ。細めのストレート麺はカンスイ臭さもおご馳走。ふっくら焼かれたエビ卵焼きの甘さも楽しみつつ、 懐かし気分でスルスル啜る。

 好きです、コノ手の街の中華屋麺。来週もまた来るかな。

 

♪ おバカな仲間と おバカな宴
サンデーサニーデーにバカ集合

パンパンスパパン ワイン会

美味しいワインをセレブに楽しむ
リッチで優雅な海辺のパーティ

パンスパーンパンスパーン
ついつい飲み過ぎ、〆はコレ ♪

素うどん◇牧のうどんマリナタウン店

無料サービスの昆布の佃煮が
シミジミ旨かったにぃ~……。

て、どこがセレブやネンっ!

長崎飯店:天津麺500円。福岡市中央区大名1-11-29。11:00~21:00、日祝休み。 Pなし。

牧のうどんマリナタウン店:素うどん280円。福岡市西区豊浜3-1-10ダイエーマリナタウン内。 10:00~20:00、年中無休。Pあり。

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン91● うどん48●そば19● その他20
◎今月の総ジョグ距離:5km / 通年130km

Posted by heno at 16:48 | Comments [0]

2007年05月19日 土曜日

●大豆と小麦。うん、かなりイイ!

 先週に引き続き、チト訳ありで久留米を徘徊。いろんな方からアレコレと話を伺い、夕方5時に一段落。久方ぶりの久留米ゆえ、 宿題店のひとつでも啜って帰るかと、玉垂庵へ。

玉垂庵

 久留米から柳川へと抜ける県道沿いは気になる麺屋のオンパレード。ソリャもうアノ店もコノ店も宿題店だらけなのだが、 最も気になっていたのが玉垂庵。福岡うどんDB別館によると、大豆たっぷりのもやしうどんが楽しめると言う。

 DB別館リポ通り、レトロな造りの店内の奥の壁には、デカデカと大豆礼賛の看板アリ。夕方5時過ぎだというのに、 主婦二人連れが二組、かしましくお喋りを楽しみつつ、うどんを啜っている。

 注文と取りに来たお父さんにもやしうどんをたのむと、

 「ありゃ、今日はもやしが切れてしもうたわぁ~。」

 あっはぁ~ん、そりゃ残念……。ならば、我が麺喰い信条に立ち返り「初う店はごぼ天」か?と一瞬思うも、突如麺神からのお告げアリ。

 「汝、壁のメニューをよう見なはれ。カレーうどんがありまっせぇ。」

 そやなそやな、そうしまひょう。カレーうどんを啜りまひょう。

カレーうどん◇玉垂庵

 待つことしばし、運ばれてきたドンブリは、カレーうどんにしては珍しくフォトジェニック系。 ともすれば単調な茶褐色オンリーな見た目に陥りがちなカレーうどんだが、 葱と大豆の緑とウズラ玉子の黄色が差し色となってナンとも旨そうでないのぉ。

 がつんと広がるカレー風味も見事だが、兎にも角にも楽しいのが大豆のぼりぼり、ぼそぼそとした食感& まめまめしい素朴な味わい。コレがうどんとミョーに相性がヨイ!麺線が疎らな、見るからに手打ちチックな茹で置きうどんのてろてろ加減と、 合う合う合う!

 先日食べたチャンポン風うどんといい、今日の大豆うどんといい、 筑後うどんは煮野菜うどんのメッカなのか?兎にも角にも素朴な味わいがうしゃしゃと楽しい懐かし系うどんとの出会いに感謝。

玉垂庵:カレーうどん480円。久留米市大善寺町宮本323。10:30~20:00、 1st&3rd月曜休み。Pあり。

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン91● うどん47●そば19● その他19
◎今月の総ジョグ距離:5km / 通年130km

Posted by heno at 17:39 | Comments [0]

2007年05月18日 金曜日

●勝龍軒 ~『軒』を訪ねて 第48回~

 多分、福岡で最も有名な『軒』ではないだろうか。30余年、100円ラーメンをひたすら提供し続けてきた、コレ正に庶民の味方、 勝龍軒である。以前、西鉄高宮駅近くで営業していた頃はちょくちょく食べていたが、現在の野間大池通りに移転して後は、啜った記憶がない。

勝龍軒

 暖簾をくぐると、初訪問のはずなのに、ナゼか懐かしい気分に。店内の雰囲気が、以前の店舗とまんま同じなのだ。 唯一の違いはカウンター奥の厨房。名物のお母さんに代わり、娘さんが一人で取り仕切っている。

 カウンター席に座り、壁に掲げられたメニューを見る。超ウルトラ久方ぶりゆえ、気分はデフォルトの「ラーメン100円」だが、 この歳になって「100円」はナンだか申し訳ない気がして、だしとタレが濃いめの「勝龍軒ラーメン150円」をたのむ。

勝龍軒ラーメン◇勝龍軒

 この価格でこの味とは……。

 なんとも天晴れなラーメンである。豚骨だしもキチンときいているし、素朴な風味の麺もドンピシャ我がツボ。 気持ち冷蔵庫臭いチャーシューもナンとも気分、キチンと美味なイニシエ系ラーメンでアル!コレで150円は超破格値。ビューティフォー! ワンダフォー!!アンビリーバボー!!で、心に誓う。足繁く通って、勝龍軒全メニュー制覇だぁ!!

○店内食メニュー

  • ラーメン100円
  • 大もりラーメン150円
  • みそラーメン200円
  • しょうゆラーメン200円
  • 勝龍軒ラーメン150円
  • かえ玉50円

○持ち帰りメニュー

  • チキン
  • しょうゆ
  • みそ
  • とんこつ
  • 勝龍軒

 持ち帰りメニューのみ存在する「チキン」がエラク気になっているのですが、どなたか食べられたことありませんかぁ?

にら饅頭◇一優亭

夜は、旨い餃子を訪ね歩く「包の会」の第一回、
かねてから気になっていた一優亭@薬院へ。

名物「一口にら饅頭」は
もちっとした皮と、にちっとしたアンの取り合わせがイイ感じ。
そして、アンの芯に仕込まれた海老のプリプリ感。

小振りで8個600円はちと高く感じたが、
アレもコレもとたいがい食べて
焼酎も5合瓶を2本キープして、
6人割り勘価格が3500円は超納得価格。

果てさて次回は何処の「包」を食べようか……。

勝龍軒:勝龍軒ラーメン150円。福岡市南区野間1-6-9 。11:30~20:30、 3rd木曜休み。Pなし。

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン91● うどん46●そば19● その他19
◎今月の総ジョグ距離:5km / 通年130km

Posted by heno at 13:29 | Comments [2]

2007年05月17日 木曜日

●お麺なブログWATCH ~是非是非つけ麺を!!~

島系本店のHPによると、5月28日(月)から30日(水)が臨時休業とのこと。そして、 「近々、夏メニューを一品追加」とある。冷麺か?いやいや、是非ともつけ麺をデビューさせて欲しい!暖々@ 東京大森で食べた二郎系つけ麺の感動を、是非是非是非とも福岡で!!!

へもへのすいっちによると、9月に大砲ラーメンが大名(?)にオープンする模様。

Posted by heno at 23:51 | Comments [3]

●キャル曽根かっ!?

 久留米での仕事を前に、ズズッと昼麺。今日の目当ては「ちゃんどん」。「ちゃんどん」とは、野菜タップリのうどんのことで、 筑後地方では結構ポピュラーなメニューらしい。で、向かったのは越後庵。美級久留米天国チャンカメさんの書き込みによると、特大ちゃんどんが食べられるという。

和風どんめん

 うわぁ、こりゃデカイ……。

 上に置かれたレンゲとの対比で、その大きさが想像していただけるだろうか?待つことしばし、運ばれてきた朱塗りの器は、 まるで洗面器!イキナリ大食い選手権気分でアル。

 おっかなびっくり蓋を開けると、直径30センチほどの器に一面広がる野菜とうどん……。 コリャとてもじゃないが全部は食べられそうにないなぁ、と箸を入れると、

 おやぁ?底は浅いぞぉ…。

 平面積は広いが深さが浅い。と言うことはナンとかなりそうだ!と、ガツガツ喰らう。

 味わいは見た目そのままの、野菜入りうどん。恐らく具を油で炒めるのではなく、すめで煮てあるのだろう。 油っ気を感じないあっさりした和風な味わいのすめと、ぽにょんとしたコシがたのしいうどんとシャキシャキ野菜の取り合わせ。 とじ玉子の素朴な甘みがアクセント、ずるずるずずっとナンとか完食。

 普通に旨い。が、期待していたのは大助うどんの「どんちゃん」のようなインパクトある味わい。

 うむぅ、も少し食べ歩いてみるか、久留米ちゃんどん……。

越後庵:和風どんめん600円。福岡県久留米市太郎原町1364。11:00~20:00、不定休。 Pあり。

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン90● うどん46●そば19● その他19
◎今月の総ジョグ距離:5km / 通年130km

Posted by heno at 12:27 | Comments [3]

2007年05月16日 水曜日

●ガッツリ喰らう男麺

 元祖長浜屋のラーメンが象徴的。ナゼか突然、モーレツに啜りたくなるラーメン店が私には数軒ある。最近、 その一軒に加わったのが島系本店。

 極太麺大盛り、具の茹で野菜、濃いめの醤油豚骨スープ、薬味のニンニク、 食べ終えた客がドンブリをカウンター上部に置いて帰るオペレーション。ナニもかもが、二郎@東京三田とそっくりな島系本店。

 そして前回食べ終えた時に尋ねると、二郎の特徴のひとつでもある、 客のオーダーに合わせた野菜盛りの量や味の調整などにも対応してくれるとのこと。で、今日は野菜大盛り!

ラーメン(野菜大盛り)◇島系本店

 わたなべのチャンポン的見た目を想像して待つことしばし。出てきたラーメンには、 どひゃんとコシを抜かすほどではないが、なかなかの盛り具合。さて喰うぞぉ!と気合いを入れ直し、 まずは箸で具と麺をぐっちゃぐちゃに混ぜ合わせる。すると、

 わぁぉ、コリャ牧のうどん現象だぁ!

 底に姿を潜ませていた極太麺が茹で野菜と絡まる毎に、モリモリと量が増え、ドーム状に盛り上がって来るではないかぁ。

 うっしゃぁ、コリャたまらんなぁ!と小躍りしつつ、むんずと箸で掴み、口の中へと放り込めば、野菜の「しゃきっ」と極太麺の 「むりんっ」の食感&味わいのハーモニーがナンとも極楽。

 くぅ、イイねぇ!楽しいねぇ!!
 うん?待てよぉ、ついでにチャーシューも混ぜてみるかぁ?

 島系のチャーシューはホロホロに煮込んだ肉厚&柔らかタイプ。箸で解して、再び麺&野菜と混ぜ合わせ、食べてみると、

 うんうん、コレコレ!島系はコノ喰い方に限る!!

 「しゃきっ」と「むりんっ」にチャーシューの「にちっ」が加わり、口の中はケンカ祭り状態。 チャーシューの醤油ダレ風味が加わることで味わいにもグッと奥行きが出て、そりゃもう、旨いのなんの。

 ボンボンと口へと放り込み、ガツガツと咀嚼する。カツ丼を食べるときと相通ずる「がっつき喰い」の快感を感じつつ、一気に平らげる。

 コレ正にハマリ系。次回は野菜特盛りをたのんでみるかぁ…?

島系本店:ラーメン600円。福岡県糟屋郡志免町大字別府字カジ547-1。 11:00~14:00&17:00~21:00、月曜休み。Pあり。

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン90● うどん45●そば19● その他19
◎今月の総ジョグ距離:5km / 通年130km

Posted by heno at 13:28 | Comments [5]

2007年05月15日 火曜日

●さすがの上出来にメロリンキュ~

 終日戸畑で打ち合わせ。正午前、仕事が一段落したところで、さぁ昼麺!心は既に決まっている。

 いざ行かん、芭蕉庵へ!いざいざ啜らん、カレー南蛮!!

カレー南蛮蕎麦◇芭蕉庵

 最近すっかりカレー麺モードが入りっぱなしの私。カレーめんちゃんこなどのアイデア系も楽しいが、カレー麺の王道と言えば、 やっぱりカレー南蛮蕎麦。

 ウルトラ美味なるカレー南蛮蕎麦が啜りたひっ……。

 で、芭蕉庵。なにせ、私にとっては「九州一旨い蕎麦屋」である。偶然にも今年正月に訪ねた際、店に漂うカレーの風味に惹かれていたのだ。

 待つことしばし、運ばれてきたカレー南蛮蕎麦は、ゆるりとあんとじされたすめから香り立つ得も言われぬ風味& 透けて見える白葱と玉葱に旨さを確信。

 添えられたレンゲを掴み、ズズッと一啜りすれば、スモーキーなカレーの風味と、きゅいんとドライブするだしとかえしの華ある旨味。

 旨い……。くぅ~~、これ旨いわぁ!

 洋なる風味と和なる旨味が互いに互いを引き立てつつも、決して一歩も引こうとしない。 それぞれに己の旨味を強固に主張する力強いコノ味わいは唯一無比。

 そして蕎麦。コレがまた旨い!なにせ、猛烈バトルを繰り広げるあんとじすめが相手である。そんじょそこらの蕎麦ならば、 完全に端役に追いやられてしまうところである。が、さすが芭蕉庵の蕎麦、ガッツリとヨツに組み、適度にガサ付く触感然り、 ざくりと解けるコシと甘み然り、十二分に己の旨さを主張する。

 なにせこんなに旨いのだ。ゆるゆると上品に啜ることなど出来はしない。左手に持っていたレンゲを小皿に戻し、 むんずとドンブリを抱え込み、ずびずびずばんっと、カッ喰らう。

 適度にキシキシ感が残った鶏胸肉とシャキッと甘い白葱&玉葱の風味が好アクセント。ドンブリを舐めるように、最後の一滴& 一筋までシッカリ完食。

 そりゃもう大満足、旨さの余韻を楽しみつつ、ハンカチタオルで額の汗を拭っていると、ふわりと麺神が現れ、悪魔の囁き……。

 想像してみてクダサイ!(←たいがー:りー調で)
 コノ絶品カレー南蛮を
 アノ金&土曜限定の絶品粗挽き蕎麦で啜ったら……

 リン、リン、リン、リン、リ~~ン!!
 極旨蕎麦に、リスペクト!

釜揚げ蕎麦◇因幡庵

昨日は因幡庵で釜揚げ蕎麦を啜るが、
なにせ先月オープンしたての新店。
老舗うどん店・因幡うどんが
蕎麦をメインに掲げた新業態店だけに
今後に期待。

芭蕉庵:田舎せいろ750円。北九州市八幡東区尾倉2-7-10。 11:00~15:00、日祝休み。 Pあり。

因幡庵:釜揚げ蕎麦550円。福岡市博多区博多駅中央街1-1EX-SIDE HAKATAビル1階。 7:00~22:00、無休。Pなし。

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン89● うどん45●そば19● その他19
◎今月の総ジョグ距離:5km / 通年130km

Posted by heno at 12:27 | Comments [4]

2007年05月13日 日曜日

●山麺スピリッツ、ココにあり。

 ウルトラ楽しみにしていた日曜日。ナゼなら、ツーリング・山・麺のyamamenさん主催の「春の山麺会 ~福智山~」当日なのだぁ。 いつものメンツのルーズなノリのつもりでチンタラ出発準備をしていたら、予定より10分早く携帯が鳴る。 ナンでも既に我が家近くに到着しているとのこと。

 うむぅ~、さすがyamamenさん!さすがの段取り力&行動力!!

いつものメンツ5名と
初参加のてっちゃんに主催者yamamenさん、
そしてナンと鹿児島から参加のななさんの総勢8名で山登り。
沢有り、滝有り、鎖場有りの極楽「七重の滝コース」を
休み休み、ノンビリと山頂を目指す。

登り始めて3時間弱、
本日のメインイベント「山麺会」会場である
9合目湧き水ポイント「たぬき水」に到着。
早々に山麺を啜りたくも、とりあえず山頂踏まねばと
渋々山頂を目指す。

瞬間、山頂を踏み、義理程度に山頂記念写真を撮り
早々に下山。

だってぇ、啜りたいのだ!山麺がぁ!!

yamamenさん渾身の自家製うどんは
数種の粉をブレンドしたという本格派。
自然、期待が募る!

まずは熱々釜揚げうどんを温つゆで啜れば
細めの扁平麺の口当たりが独特でナンとも楽し!
噛み込んだときの、ぷるんと弾けるコシも極楽ナリ!!

ならばと、続いては釜玉で。
玉子の甘みと麺のコラボをしばし楽しみ、
〆にyamamenさんの薦めに従い黒胡椒を一振りすれば
まんまカルボナーラ的洋風な味わいに大変身!

ならばと、今度はくまさんが担ぎ上げた
明太子&バターを拝借して、
明太スパゲティならぬ、めんたいうどん。
和洋折衷なるコノ味わいには、
同じく扁平なフェットチーネよりも、
熱々ぷるんの釜揚げうどんの方が相性ヨシ!

ひとしきり釜揚げうどんを楽しんだ後、
冷や冷やの湧き水で締めて、イタダキマス!
まずはシンプルにめんつゆでざるうどん。
締めたことで、ぐいんっとコシが増し、
コレまた、ぬははっ!と美味美味~!!

続いては、我が家のキャンプ麺定番の納豆うどんで楽しむ。
ネバネバ&つるつるな食感が、わぉ、エクスタシー!

そして〆は、井戸のぶっかけ風に
醤油と酢、おろし生姜、柚子胡椒で啜れば、
コレがもう、旨いのなんの!!
うどんの旨味をダイレクトに味わえるコノ食べ方こそ
〆にふさわしい。

3キロ=通常20人分ほどのうどんを
8名でペロリと完食。
いやぁ、旨かったぁ!楽しかったぁ!!
「山頂で美味麺を!」と始めた山麺会。
発足当時はイロイロ凝った麺料理にチャレンジしていたが
いつしか麺より登山がメインとなり
超手抜きお手軽インスタント麺ばかりだったが、
久方ぶりの本格山麺を心底堪能。
そして食後は、ななさんの入れてくださったコーヒー。
コレがまた何故か不思議と旨いのよぉ!

yamamenさん、アリガトウございました!
山麺会、四季折々に開催お願いシマスッ!!
次回は夏、冷麺 or 流しそうめん!!!

 

肉うどん◇たけやうどん

朝麺は福智山登山の際のお約束、
たけやのどぎどぎうどん。

ラーメン◇赤のれんクーニャン

そして晩麺は、いろんなラーメン屋にフラれ続け、
赤のれん新宮店に流れ着く。

いやしかし、
昨日の北九州麺三昧に今日と
ホントに目一杯麺だらけの週末だった。
ナンとも極楽だったが、
さすがに腹回りがかなりアブナイ。 

来週はちとセーブせねば……。

たけや:肉うどん450円。北九州市小倉南区八重洲町10-9。6:00~不明、月曜休み。Pあり。

赤のれん:ラーメン430円。福岡県新宮町原上1622-1。11:00~21:00、火曜休み。 Pあり。

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン89● うどん45●そば17● その他19
◎今月の総ジョグ距離:5km / 通年130km

Posted by heno at 21:13 | Comments [3]

2007年05月12日 土曜日

●久方ぶりに北九州麺三昧

 朝一番、あまりの好天に思わずシアワセ気分を満喫しつつ、チョイと訳アリでGO EAST、目指すは津田屋官兵衛。

ごぼうおろし◇津田屋官兵衛

 カリッ、サクッ、ぷにんっ。あははぁ、旨し!なのだが、詳細リポはコレまた訳アリで、また後日。

 正午前、津田屋官兵衛での所用が無事終了。何せ久しぶりの北九州である。気になる麺屋を啜って帰るか!と、官兵衛近くにあるという、 どぎどぎうどんの超人気行列店を探すが見つからない……。あちこちグルグルとハンドルを切っていると、

 おお、一道に行き着いたぞ!

一道

 昨年の春のオープン以来、様々なブログで高評価&俺コレ!の「今コレ'06」まで受賞した新進気鋭のうどん屋、一道。 プレハブ作りの店内は満席状態。開店一年にして、しっかりと顧客もついているようである。

 讃岐うどん特有の完全セルフ形式ゆえ、まずは釜場でうどんをたのむ。「新メニュー チャンジャうどん」など面白そうだとは思うも、 讃岐うどんと言えば、やっぱ生醤油うどん or かけ or ぶっかけ。何せ初う店、すめも味わってみたいと、かけの「ひやひや」をたのむ。

ひやひや&半玉◇一道

  冷たいうどんを冷たいかけ汁で食べる「ひやひや」。むりんと太めのうどんが迫力満点。まずはすめ、と一口啜れば、 くいんとっ華ある削り節の風味の奥に、素朴なイリコの旨味が顔を出す、味紛う事なき「これ正に讃岐」な味わい。 塩気こそ若干が強めではあるが、輪郭のハッキリとした明快な旨さが、どこか讃岐の名店中の名店、長田を思い出させる本格美味。

  そしてうどんは強靱なるコシ。確かに讃岐にも、薪でうどんを茹でることで有名な山内など、 この手のうどんがあることはあるが、しかしコレはあまりに固い。テロテロやわやわうどんの郷、 福岡ではとてもじゃないが受け入れられそうにない剛麺である。こりゃぁ固さが緩和される温うどんで食べるべきだったかなぁ。

せいろ◇足立そば

帰りしな、らーめんくーぱーのブログで気になっていた
そば足立に立ち寄る。
キリリと鯔背な江戸前辛汁&ざっくりとほの甘い蕎麦
&専用に作られた濃いめの蕎麦湯がナカナカ美味。
如何にも脱サラ風なご夫婦のハートウォーミングな接客も心地よし。
蕎麦味噌やそばがきなど
蕎麦屋定番のあても過不足なくラインナップ。

ああタマラン! 楽しみたいな 蕎麦屋酒

11Goog.gif11Goog.gif津田屋官兵衛: ごぼうおろしぶっかけ670円。北九州市小倉南区津田新町3-3ー20。11:00~16:00&17:00~20: 00(水曜は11:00~16:00のみ)、日曜&1st月曜休み。Pあり。

こだわりうどん一道:ひやひや300円+半玉天80円。北九州市小倉南区津田南町1-38。 11:00~14:30、水曜休み。Pあり。

そば足立:せいろ750円。北九州市小倉北区足立2-10-32。11:30~15:30、水曜休み。 Pあり。

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン88● うどん43●そば17● その他19
◎今月の総ジョグ距離:5km / 通年130km

Posted by heno at 14:33 | Comments [2]

2007年05月11日 金曜日

●いっそライスで。

 午前中の社内での雑務が一段落し、さぁさぁ昼麺。午後からは大事な商談があるので、チンタラしている暇はナシ。されど、 今日の気分は目一杯カレーうどん。

 近場でカレーうどんをヤッテそうな店はぁ……、
 おお、そうだ!手打天神へ行ってみるかっ。

 よっしゃ、イッテみよぉ~!と、グングンとペダルをブン回し、10分弱。かれこれ5年ぶりか、久方ぶりに訪ねる手打天神は相変わらずの大盛況。 近所の会社員らしき老若男女が思い思いに昼時を楽しんでいる。わずかに空いていたカウンター席へ滑り込み、 さてさてカレーうどんはヤッテるのかぁ?とズラリと並んだメニューを眺めると、

 ピンポ~ン、予感的中!載ってる載ってるぅ!!
 うん?だが、カレーライスもメニューに載ってるぞぉ……。

 コレまた予感的中。オーダーした後、調理の様子を眺めていると、 カレーライス用に既に作ってあったカレールーとうどん用のすめを丼鍋で温めている。

カレーうどん◇手打天神大手門店

 程なく出てきたカレーうどんは、濃いめの茶褐色&見るからに粘度高めのカレー自慢タイプ。多分コレは…、と確信しつつ一口啜れば、 案の定。イイ感じにスパイス風味がドライブするカレーが旨い!が、すめの存在は至って希薄。塩気も強めで、

 うん、多分コレ、ライスで喰ったら超美味だろうなぁ~……。

 うどんは気持ち細めの扁平麺。ぷるんと愛らしいコシと噛み込んだときの素直な甘みがカナリ我がツボ。なれど、ぐいんっ! と猛烈に旨さを主張するカレールーと合わせるのは、あまりに酷。

 ソレゾレは十二分に美味なれど、麺料理はトータルバランスが要。ソレゾレが主張しつつもソレゾレを引き立ててこそ、 一杯のドンブリの中の美味小宇宙が結実。

 コノ愛らしうどん麺は、オーソドックスに啜るが正解。

手打天神大手門店:カレーうどん600円。福岡市中央区区大手門3-6-5。Pなし。

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン88● うどん41●そば16● その他19
◎今月の総ジョグ距離:5km / 通年130km

Posted by heno at 12:16 | Comments [5]

2007年05月10日 木曜日

●辛麺コンビ・ビル誕生

 午前中の気合いのを入れた営業がイイ感じに終わり、ほっと一息。サクッと昼麺啜って、午後からもうイッチョ、 得意先へ入魂の営業するぞぉ!と、蘭州へ。

蘭州

 城南線の薬院大通り交差点のひとつ西側の交差点を、北へ斜めに入った一通道路沿いにあるマンションビルの1階。 3種類の担々麺を食べさせる博多担々麺まるみやの隣に「薬膳拉麺」との青磁色の文字が神々しい扉。 一昨日オープンしたばかりの新店、蘭州である。

 重厚なる外観に緊張しつつ入店すれば、カウンタ席のみの店内は思いのほかフランクな雰囲気で、ほっと胸をなで下ろす。 席に座りメニューを見ると、麺は薬膳ラーメンがデフォルトと特製。更に夏季限定の四川風冷麺の3種類。 これにチャーハンと餃子が量の違いで数種のみ、と潔いメニュー構成が好印象。

 新ラ店はデフォルト、薬膳ラーメンをたのむと、「辛さはイカガいたしましょう?」。「控えめ・普通・辛め・大辛」 の4種類から選べるシステム。で、これまたデフォルト、「普通」でお願いシマス!

ラーメン◇蘭州

 ほどなく出てきたラーメンは、底の浅い&大ぶりな器と、具にインゲンがまるまま3本のった様が印象的。ナニはともあれ、 まずはスープ。ナンでも、花旗人参、党人参、陳皮、桂皮、八角、丁香など12種以上もの薬草を独自にブレンドしたという。

 コリャ結構手強いかぁ……?覚悟を決めて一口啜れば、ありゃ意外!思ったよりアッサリと食べやすいでナイのぉ。ラー油の辛味の奥に、 ほんわり柔らかい甘みも感じる優し系。だが、ソレはソレ。何せ「12種以上」ゆえ、一足遅れて、ぶわんっと顔を出す、 中華香辛料独自のアノ風味。ダメな人にはトコトン合わないが、私みたいな好きモノにはタマラナイ、一癖あるハマリ系。

 そして麺もオモシロイ。今は亡き否豚骨名店・龍の子にも相通ずるコリッと弾ける細麺は、限りなくヒネモノ素麺チック。 コレまた中華香辛料がきいた牛頬肉チャーシューもクセモノ美味。

 北九州市小倉北区のクロスFM近くに本店を構える蘭州だけに、店内にはクロスFMで人気のDJ達のサインが張ってある。豚骨聖地・ 博多にまた一店オープンした否豚骨新店の今後に期待!

薬膳拉麺 蘭州:薬膳ラーメン650円。福岡市中央区薬院2-2-2。 11:30~15:00&17:30~ラスト、日曜休み。Pなし。

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン88● うどん40●そば16● その他19
◎今月の総ジョグ距離:0km / 通年125km

Posted by heno at 11:37 | Comments [4]

2007年05月09日 水曜日

●アノ手っぽいが、多分オリジナル

 午前中の久留米での仕事を終え、さぁ昼麺。今日の気分は否豚骨。

 久方ぶりにかつらやgaku??
 いやいや、長年の宿題店があったじゃないかぁ!

 と、あずま屋へ。

あずま屋

 久留米から柳川へ抜ける県道沿い。イイ感じに色褪せた紫色の暖簾をくぐると、 正面に7~8席のカウンターと右手に小上がり2卓。そして左手の高いところに14インチテレビ。一昔前の、王道・ 街のラーメン屋然とした店内に心和む。「ほとんどがオヤジ客」がこの手の作りのラーメン屋の通例。僅かに空いていたカウンター席へ滑り込み、 無事仲間入り。

 メニューを見ると、ラーメンはデフォルトに、味噌、ゴマ、チーズの計4種類だが、さらに壁に 「マーボ豆腐ラーメン」なんてメニューも張ってある。「ごま100%」なるキャッチコピーのゴマ・ラーメンにカナリ惹かれるも、 初ラ店はデフォルト、あずま屋ラーメンをたのむ。

あずま屋ラーメン◇あずま屋

 ほぉほぉ、コリャ旨そうだぁ。

 ほどなく出てきたラーメンは、ざく切りの白菜がてんこ盛り。まずはスープ、 と一口啜れば、鶏ガラらしき柔らかなだしの旨味と、クイッときいたニンニク風味。そして、豆板醤の適度な辛味。

 麺は中太縮れ麺。啜ったときのシュルシュル感然り、 噛み込んだときのクニッと抗いサクッと解ける感じ然り、食感の楽しさがドンピシャ我がツボ。白菜のシャキシャキとも相まって、 うしゃしゃと極楽。

 「ニンニク風味のピリ辛醤油スープ&具の白菜」スタイルは、神座彩華ラーメン天理スタミナラーメンなど、関西のラーメン屋でよく見かけるが、 ここあずま屋はラーメン以外の中華一品料理も充実しているところから察すると、多分、 中華料理出身の店主が考案したオリジナル麺料理なのだろう。

 豚骨ラーメン発祥の地のオモシロ否豚骨、次回はゴマ・ラーメンだっ!

あずま屋:あずま屋ラーメン550円。福岡県久留米市津福本町1723-1。11:00~21:00、 木曜休み。Pあり。

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン87● うどん40●そば16● その他19
◎今月の総ジョグ距離:0km / 通年125km

Posted by heno at 12:32 | Comments [4]

2007年05月08日 火曜日

●お麺なブログWATCH ~健康一番!薬膳拉麺開店~

satoyanのうちごはんで既報の「薬膳拉麺」 の新店が本日オープン& ヒマな女の日常。に早々リポあり。メニューなど詳細は店主の息子さんのブログでチェック!

大助うどん別府店が開店4周年を記念して、 5月は通常520円のごぼう天うどんが400円

Posted by heno at 23:58 | Comments [0]

●麺が先か、カレーが先か。

 一昨日どん得@佐賀の、注文が入ってからカレーを炒り、すめで割る調理風景を眺めつつ、ふと思う。

 コレこそ、正統江戸蕎麦屋の
 カレー南蛮そばの作り方だよなぁ…。

 カレー南蛮蕎麦は東京ではポピュラーな蕎麦メニュー。対するカレーうどんのメッカと言えば、名古屋。そう! つまり同じ和麺であるうどんと蕎麦であるが、カレー風味に調理される際は、その出生からして異なるのでアル。

 ならば、久方ぶりに正統カレー南蛮蕎麦が啜りたひっ!

 で、向かったのは照月庵。以前啜ったカレー南蛮うどんがナカナカに好印象だった大衆蕎麦屋である。が……

カレー南そば◇照月庵

 相も変わらずオヤジ達で賑わう店内。待つことしばし、運ばれてきたカレー南蛮蕎麦は、すめが見るからにしてドロンとカレー粘度高し。 そして味わいも然り。7対3でカレー風味が和風だしに勝る、ポッテリ大衆美味。

 う~ん、コレってカレーうどん的旨さだよなぁ……。

 カレー蕎麦とカレーうどん。その旨さの超我流定義は、麺が先か、カレーが先か。

 カレー蕎麦は「麺が先」で、カレーうどんは「カレーが先」。

 カレー蕎麦の基本は、すめ本来のだしの風味とかえしの旨味。それにカレーの風味を足すことで新たな味わいを演出。 対するカレーうどんの基本は、カレーの旨味。それを麺でどう味わうかに腐心したのがカレーうどん。

 その証が、具。カレー蕎麦の具は、蕎麦メニュー王道の鳥南蕎麦と、まんま同じだが、カレーうどんの具は、 カレーライス用のルー王道の牛肉がメジャー。

 という意味で、このカレー南蛮蕎麦は、具こそ鶏肉なれど、玉葱のスライスもしっかりと入っているしで、 味わいの主体は完全にカレーが掌握。なので、ほっこり旨いのだが、異質な味わいのせめぎ合い的味わいのオモシロさはナシ。

 てな、何の根拠もない仮説を頭の中で弄びつつも、服にカレーが飛び散らぬよう、おっかなビックリ。嗚呼ナンとオメデタイ、 お気楽サラリーマンの昼時よ。

照月庵:カレー南蛮そば640円。福岡市中央区大手門2-1-30。

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン86● うどん40●そば16● その他19
◎今月の総ジョグ距離:0km / 通年125km

Posted by heno at 12:32 | Comments [2]

2007年05月07日 月曜日

●いや、こう見えても結構マジメなのです。

 何せ連休明けです。まぁ自然、イロイロと雑務が溜まります。んで、カップ麺で飢えを凌ぎつつ、 コツコツと仕事、頑張りましたぁ……。

「平打麺」に惹かれ即啜るも
麺の出来からすると
どん兵衛30周年カップの方が我が好み。

我がカレー麺ブームに押し流されるまま
久方ぶりに啜ったカップヌードル・カレーだが、
老いぼれ我が身には
カレー粘度が高すぎて、ちと重たひっ……。

 

ならば!と
長尾製麺@吉井の乾麺と
残り物のカレールー&濃縮つゆで作った
超手抜きカレーつけうどんだが、
コレが結構旨いのよぉ!

念願の大崩山登山
まんをじして持参したのは
我がSOULインスタント麺の雄、マルタイ棒ラーメン。
気持ち柔らかめに茹で上げた麺と
茹で汁でネマリ気味の醤油風味スープの
イナタイ取り合わせが
あははぁ、やっぱ旨いわっ! 

 

大崩山登山帰りに大分県佐伯市で買った
ごまだしうどんの素を
牧のうどんの持ち帰り麺で啜る。
胡麻の風味の奥に
ギラリと光る魚介だしと醤油の風味が朴訥美味!

Posted by heno at 17:56 | Comments [0]

2007年05月06日 日曜日

●今さら、テレビっ子

 イヤハヤナンとも、テレビにハマッてマス!ハイビジョンテレビに買い換えるまで、ほとんどテレビに興味を失っていた私だが、

 断言シマス!ハイビジョンのデータ放送が、どエラクおもろいぞぉ!!

 カノ超人気番組「IQサプリ」のデータ放 送では、 視聴者が任意にモヤッとボールを投げられるソフトが提供されているである。リモコンを操作することで、 任意にモヤッとボールを投入でき、しかも番組終了時には、番組同様にマスターである伊東四朗のCGにモヤッとボールの制裁が!

 しかもしかも、ビックラこいたのが録画。昨日、学校の宿題が終わっていなかったチビ達のために、 録画しておいたデータを再生してみると、ナンと!番組同録に合わせて、 データ放送のモヤッとボール投入ソフトまでが一緒に記録されているのでアルっ!!

 ハイビジョン放送が浸透する今後、人のテレビとの接し方が間違いなく激変するであろう予感をヒシヒシと実感しきり。

 

カレーうどん◇どん得 

 GW最終日、生憎の天候→麺ドラ。
かねてからの宿題麺である
どん得@佐賀のカレーうどんは、
注文が入ってからカレー粉を炒って仕上げる本格派。
透明感溢るる黄金色のすめが象徴的、
カレー風味よりすめ本来の旨味を重視した
とろみ軽めのオーソドックスな味わいが、柔らか美味。

琴平@福岡市赤坂福助@大野城市のような
強烈なるインパクト重視とは
完全に味わいのベクトルが真逆。
チビ達に供された盆にはヤクルトのサービス有り。
しかも、すめもカレーの辛さ控えめの子供仕様。
細かな気配りもナンともお見事なポピュラー麺。

どん得

 

~ コレ、絶対美味 ~

宮崎の義父お手製の高菜の塩漬けを
軽く水で塩抜きし、
豚ロース肉と厚揚げで炒めれば、
コリャもう、ソリャえらく、
たまらん旨かぁ~~っ!!! 

どん得:カレーうどん525円。佐賀市本庄町大字本庄7番地。11:30~15:30 17:30~20:30、木曜休み。Pあり。

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン83● うどん38●そば15● その他19
◎今月の総ジョグ距離:0km / 通年125km

Posted by heno at 12:33 | Comments [5]

2007年05月05日 土曜日

●白黒つける、実直美味な格安蕎麦

 本来なら、カミさんの実家・宮崎への帰省3日間のうちに、宮崎と鹿児島の県境に位置する霧島連峰か、鹿児島指宿の開聞岳へ登るつもりだったが、 チビ達の体調や天候の具合で全てお流れ。午後からはUターンラッシュの車で高速道が混雑するとのニュースを聞き、 午前中早々に福岡へ帰る。

 その甲斐あって、大した渋滞に巻き込まれることもなく正午過ぎ、福岡へ。兎にも角にも腹が減ったと、安&旨大衆蕎麦屋、 玄へ転がり込むと、わぉ、サプライズ!

 メニューが一新されていて、温そばのすめが2種類に。「出汁のきいた薄味が蕎麦の香りを引き立てます」と記された「しろ味290円」 と、「まろみのある濃口醤油を使った関東風の出汁」の「くろ味340円」。これに、温泉たまご、ごぼう天、とろろ昆布、きつね、 水菜とささみ(以上、プラス100円)、海老天、肉ごぼう(プラス200円)を好みでトッピングするスタイル。

 こりゃオモシロイ!ならば、家族麺喰いの強み。
 しろ味とくろ味を食べ比べしてみるかっ!

きつねしろ味◇玄 ごぼう天くろ味◇玄

 まず出てきたのは次男がたのんだ「しろ味+きつね」。どらどらと、すめだけ一啜りさせてもらえば、瞬間鼻へと抜けるダシの香り然り、 気持ち塩気強めのあっさり醤油風味然り。うん、コレは多分、以前からの玄の温蕎麦のすめのようだ。

 そして、遅れて出てきた我がオーダーの「くろ味+ごぼう天」は、メニューの能書き通り、円やかな濃口醤油の風味がきいた温すめが、 ドンピシャ我がツボ!

 湯がき立て温蕎麦特有の「ぬらり」と艶っぽい触感然り、噛み込んだときの「ざくり」と解ける食感然り、蕎麦自体もエラク好み。 そして、ごぼう天も衣に黒胡麻が混ぜてあり、ぬわんとも風味豊か。で、で、しかも価格がわずか440円と超リーズナブル!

 啜る度、思わず「ぬははぁ!」と頬がゆるむ、
 上出来大衆美味蕎麦に、ウットリ。

生粉蕎麦 玄: ごぼう天蕎麦440円。福岡市中央区長浜1- 2ー24北天神SBホテル1F。 11:00~21:00、無休。 Pあり。

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン82● うどん38●そば15● その他19
◎今月の総ジョグ距離:0km / 通年125km

Posted by heno at 21:12 | Comments [0]

2007年05月03日 木曜日

●嗚呼、南国の楽園

 GW後半は、カミさんの実家・宮崎へ帰省。

 目が覚めると、早9時半。目の奥に、ジ~ンと心地よい痛み。寝過ぎたとき特有の症状だ。昨夜12時前から10時間。 いやはやよく寝た。カミさんの実家であるここ宮崎へ帰省すると、毎度ながらナゼかエラク良く眠れるノダ。 

 

 初日は義父さんに連れられ、鬼の洗濯岩で有名な青島海岸のとあるポイントで釣り三昧。

 さすが、デッカイよう!太平洋!!

 車を置いてわずか徒歩10分ほどのポイントなれど、現地名は「ほご」、博多では「アラカブ」、正式名称では「カサゴ」が、 ソリャもう入れ食い状態。ガッツンガッツン釣り上げるチビ達に負けじと、ポイントを吟味し一竿入魂、気合いを入れてアタリを待てば、

 わぁおぉ、釣ったどぉ~!
 尺アラカブを、釣ったどぉ~~!!(←よゐこ濱口調で)

 ぬわんと、釣り場の岩場にはバフンウニもゴロゴロと転がっているし、珍味、亀の手もザックザク。

 くぅ~、タマランなぁ!好っきゃねん、宮崎!!

今、宮崎と言えば東国原知事。
で、やっぱ「県庁玄関のパネルで記念撮影」はハズせない!

釜揚げうどん◇来助

そして、宮崎と言えば釜揚げうどん。
前回バカ旨だった岩見へ行くも、
最近高年齢不倫で噂のキンキンが司会する
アド街ック天国で紹介されたらしく、
午後2時過ぎだというのに
駐車場は県外ナンバーの車で満車
&店内も超満席で早仕舞い…。
で、コレまた前回好印象だった錦うどんへ走るも閉まっている……。
で、その近くのとあるうどん屋へ飛び込むも、
うどんに勢いは感じられないは、
つけ汁は半端じゃなく甘いはで、木っ端微塵に玉砕。

釜揚げうどん◇岩見住吉店

ならば、と次の日。
岩見本店はきっと今日も満席必至。
ならば、支店だ!と、岩見住吉店へ。

と、コレがもう、超美味美味美味!!!
しゅっと一本筋が通りつつも、
噛み込むと、ヘンにコシを主張し過ぎることもなく、
ぷにんと解けるうどんが見事。
さらに、キリリと鯔背なだしの風味と
イイ意味でイナタイ揚げ玉のコクが絶妙なつけ汁。

きつねうどん◇岩見住吉店

さらに特筆すげきは温うどんの旨さ。
カッツン、と音がしそうなほど効いた削り節の風味。
ともすれば嫌味になりがちだが、さに非ず。
そのギリギリのところで止まり、
力強い旨味として、その存在を猛烈にアピールする様は
コレ正に、ブラボー!ブラボー!!ブラボー!!!
噛み込むと、むにんっと愛らしく抗うコシのうどんも
さすがの出来。

宮崎へ来たりて 岩見啜らねば 一生の不覚。

醤油らーめん◇縁

宮崎市内から北へ車で小一時間。
あのラーメンマニア・大崎氏も薦める無化調ラーメン、縁。
確かに丁寧に作られているとは思う。
だが、きっと私の期待が大きすぎたのだろう。
もしくは巡り合わせが悪かったのか……。

卓上の調味料と並んで置いてあったラッキョウは
妙に旨かったのだが……。

岩見うどん住吉店:釜揚げうどん420円。宮崎市大字島之内691-3。10:30~19:30、 火曜休み。Pあり。

自家製麺 縁らぁめん:しょうゆ支那そば600円。宮崎県児湯郡都農町三日月原1140-65。 11:30~14:00&17:00~19:30、月&火曜休み。Pあり。

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン82● うどん38●そば14● その他19
◎今月の総ジョグ距離:0km / 通年125km

Posted by heno at 21:01 | Comments [2]

2007年05月02日 水曜日

●朴訥 vs こなれ過ぎ

 西新商店街の筋道、飲食店や雑貨店が立ち並ぶオモシロ通り21にある「二十三番」なる屋号のラーメン店。 ハイテーブル&ハイチェアが一昔前流行ったカフェバーっぽい店造りの、新店である。

 メニューは、ゆず塩、味噌、醤油、カレー、つけ麺の5種類で、豚骨はナシ。筆頭のゆず塩ラーメンをたのむ。

柚子塩らーめん◇39番

 蕎麦用のドンブリを流用しているのだろうか?かさの深い洒落た器が印象的。スープを啜ると、青葉大喜などの今時お江戸ラーメン・チックな魚介ダシの風味に、 柚子の爽やかな香りが効いていて、ドンピシャ我がツボ!

 問題はトコトン盛り込まれた具と薬味。定番のチャーシュー、葱、キクラゲに加え、柚子皮、きざみ海苔、白髪葱、 果てはプチトマトまで、超具だくさんなのはウレシイのだが、量が多すぎる。で、 麺を啜ると必ず一緒に何かしらの具か薬味が口へと飛び込んでくるのだ。結果、口の中はわしゃわしゃ、ごちゃごちゃ。 純粋に麺とスープの相性を楽しみたいのに、ああナンともモドカシイ……。

 チャーシュー自体はもっちり美味だし、茹でたプチトマトの酸味も好きだ。朴訥なるてんこ盛りサービス精神はウレシイが、 もう少し整理整頓してくれると、ドンピシャはまるのだが…。

 

 夜は明日からの連休を前に、家族揃 ってカミさんの実家・宮崎へ車で向かう。途中、九州自動車道を熊本インターで下車し、 インター近くの文龍ポロロッカで晩麺を啜る。

黒とんこつ◇文龍ポロロッカ

 店頭の「俺はこのラーメンしか作れない」とのこなれたコピーが書かれた幟が象徴的。出てきたラーメンは、 ドッカリと脂が重いコテコテ豚骨。他のブログによると宮崎の風来軒出身の店らしいが、味わい的には一昔前に東京で流行った、 ありがちの脂系豚骨。

 熊本ではまだ目新しいのか店内は大盛況。なれど、この系統のラーメンからすると、こなれ過ぎていて、いわゆる普通。 取り立てた個性を感じない。確かに「熊本で最強のこってりラーメン」だろうが、同じ風来軒出身の脂系豚骨である無鉄砲@大阪のオモシロさには遠く及ばない。

 「朴訥」と「こなれ過ぎ」。相反する2杯にラーメンの奥深さを改めて実感しきり。

 醤油ラーメン◇文龍ポロロッカ

醤油ラーメンも普通に美味な
こなれた味わい

二十三番:ゆず塩ラーメン600円。福岡市早良区西新5-5-4。Pなし。

文龍ポロロッカ:黒とんこつ590円。熊本県熊本市戸島4-2-47。 11:30~15:00&18:00~21:00、月曜休み。Pあり。

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン81● うどん36●そば14● その他19
◎今月の総ジョグ距離:0km / 通年125km

Posted by heno at 19:17 | Comments [1]

2007年05月01日 火曜日

●ふと啜りたくなる春味タンメン

 8連勝と絶好調なソフトバンク・ホークス。果てさて今日もヤッテくれるのかぁ?シュポッとビールの栓を開け、 先週我が家にやってきたハイビジョンテレビでナイター観戦。

 横長ワイドの鮮明画面で観る野球は、以前のテレビとは明らかに臨場感が違う。いやはやコリャ楽しいなぁ、と悦に入りつつ、 データ放送のリモコンボタンを押してみると、

 わぁお、コレってまんま球場気分じゃん!

 中央のナイター中継画面下に、横長の得点表。そして左右にソレゾレのチームの出場選手名が打順に沿って掲示されている。 球場でスコアボードを見てゲームの流れを確認しつつゲームを観戦する気分を自宅にいながらにして楽しめる。

 ハイビジョンテレビはデータ放送がオモシロイ!

タンメン◇修養軒

ナゼかあまりにも唐突に食べたくなった修養軒のタンメンは
程よい柔らかさに煮込まれた大切り野菜が、シャクシャク美味。
まるんと甘い、優し味スープとポワンポワンの軽やかチャンポン麺。
ナンちゃなさ具合がグイッと我がツボ。

修養軒:タンメン600円。福岡市西区姪の浜4-11-23。水曜休み。Pなし。

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン79● うどん36●そば14● その他19
◎今月の総ジョグ距離:35km / 通年125km

Posted by heno at 12:22 | Comments [4]