2007年05月12日 土曜日

●久方ぶりに北九州麺三昧

 朝一番、あまりの好天に思わずシアワセ気分を満喫しつつ、チョイと訳アリでGO EAST、目指すは津田屋官兵衛。

ごぼうおろし◇津田屋官兵衛

 カリッ、サクッ、ぷにんっ。あははぁ、旨し!なのだが、詳細リポはコレまた訳アリで、また後日。

 正午前、津田屋官兵衛での所用が無事終了。何せ久しぶりの北九州である。気になる麺屋を啜って帰るか!と、官兵衛近くにあるという、 どぎどぎうどんの超人気行列店を探すが見つからない……。あちこちグルグルとハンドルを切っていると、

 おお、一道に行き着いたぞ!

一道

 昨年の春のオープン以来、様々なブログで高評価&俺コレ!の「今コレ'06」まで受賞した新進気鋭のうどん屋、一道。 プレハブ作りの店内は満席状態。開店一年にして、しっかりと顧客もついているようである。

 讃岐うどん特有の完全セルフ形式ゆえ、まずは釜場でうどんをたのむ。「新メニュー チャンジャうどん」など面白そうだとは思うも、 讃岐うどんと言えば、やっぱ生醤油うどん or かけ or ぶっかけ。何せ初う店、すめも味わってみたいと、かけの「ひやひや」をたのむ。

ひやひや&半玉◇一道

  冷たいうどんを冷たいかけ汁で食べる「ひやひや」。むりんと太めのうどんが迫力満点。まずはすめ、と一口啜れば、 くいんとっ華ある削り節の風味の奥に、素朴なイリコの旨味が顔を出す、味紛う事なき「これ正に讃岐」な味わい。 塩気こそ若干が強めではあるが、輪郭のハッキリとした明快な旨さが、どこか讃岐の名店中の名店、長田を思い出させる本格美味。

  そしてうどんは強靱なるコシ。確かに讃岐にも、薪でうどんを茹でることで有名な山内など、 この手のうどんがあることはあるが、しかしコレはあまりに固い。テロテロやわやわうどんの郷、 福岡ではとてもじゃないが受け入れられそうにない剛麺である。こりゃぁ固さが緩和される温うどんで食べるべきだったかなぁ。

せいろ◇足立そば

帰りしな、らーめんくーぱーのブログで気になっていた
そば足立に立ち寄る。
キリリと鯔背な江戸前辛汁&ざっくりとほの甘い蕎麦
&専用に作られた濃いめの蕎麦湯がナカナカ美味。
如何にも脱サラ風なご夫婦のハートウォーミングな接客も心地よし。
蕎麦味噌やそばがきなど
蕎麦屋定番のあても過不足なくラインナップ。

ああタマラン! 楽しみたいな 蕎麦屋酒

11Goog.gif11Goog.gif津田屋官兵衛: ごぼうおろしぶっかけ670円。北九州市小倉南区津田新町3-3ー20。11:00~16:00&17:00~20: 00(水曜は11:00~16:00のみ)、日曜&1st月曜休み。Pあり。

こだわりうどん一道:ひやひや300円+半玉天80円。北九州市小倉南区津田南町1-38。 11:00~14:30、水曜休み。Pあり。

そば足立:せいろ750円。北九州市小倉北区足立2-10-32。11:30~15:30、水曜休み。 Pあり。

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン88● うどん43●そば17● その他19
◎今月の総ジョグ距離:5km / 通年130km

Posted by heno at 2007年05月12日 14:33
コメント

津田屋官兵衛…相変わらず恐るべし^_^;
言うことなしですな(^^♪

一道ですか~初耳です。
写真からもうどんの存在感がはっきり伝わりますよ!
チャンジャうどんっていかなるものなんですかね??

Posted by ヒガッシー at 2007年05月14日 07:56

鱈の胃袋のキムチであるチャンジャもカナリ固いので、
あの剛麺うどんと合わせると
強ごし好きにはタマラナイ最強コンビに仕上がるのでは…。

Posted by への at 2007年05月15日 07:00
コメントしてください




保存しますか?