2007年05月17日 木曜日

●キャル曽根かっ!?

 久留米での仕事を前に、ズズッと昼麺。今日の目当ては「ちゃんどん」。「ちゃんどん」とは、野菜タップリのうどんのことで、 筑後地方では結構ポピュラーなメニューらしい。で、向かったのは越後庵。美級久留米天国チャンカメさんの書き込みによると、特大ちゃんどんが食べられるという。

和風どんめん

 うわぁ、こりゃデカイ……。

 上に置かれたレンゲとの対比で、その大きさが想像していただけるだろうか?待つことしばし、運ばれてきた朱塗りの器は、 まるで洗面器!イキナリ大食い選手権気分でアル。

 おっかなびっくり蓋を開けると、直径30センチほどの器に一面広がる野菜とうどん……。 コリャとてもじゃないが全部は食べられそうにないなぁ、と箸を入れると、

 おやぁ?底は浅いぞぉ…。

 平面積は広いが深さが浅い。と言うことはナンとかなりそうだ!と、ガツガツ喰らう。

 味わいは見た目そのままの、野菜入りうどん。恐らく具を油で炒めるのではなく、すめで煮てあるのだろう。 油っ気を感じないあっさりした和風な味わいのすめと、ぽにょんとしたコシがたのしいうどんとシャキシャキ野菜の取り合わせ。 とじ玉子の素朴な甘みがアクセント、ずるずるずずっとナンとか完食。

 普通に旨い。が、期待していたのは大助うどんの「どんちゃん」のようなインパクトある味わい。

 うむぅ、も少し食べ歩いてみるか、久留米ちゃんどん……。

越後庵:和風どんめん600円。福岡県久留米市太郎原町1364。11:00~20:00、不定休。 Pあり。

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン90● うどん46●そば19● その他19
◎今月の総ジョグ距離:5km / 通年130km

Posted by heno at 2007年05月17日 12:27
コメント

まずは、完食おめでとうございます。
久留米市内には、ちゃんどんを出す店が
16軒あります。お楽しみはこれからです。

Posted by チャンポン仮面 at 2007年05月18日 09:31

ちゃんどんに、ちゃんめんに、支那うどん。
久留米の麺もナカナカに奥深し、ですねぇ。

Posted by への at 2007年05月18日 16:03

那珂川の麺やほり野にも「ちゃんどん」がありますよ~。
あれって久留米ではポピュラーだったんですねぇ。

Posted by さくら at 2007年05月18日 21:14
コメントしてください




保存しますか?