2007年05月23日 水曜日

●ある意味コレが正統か?

 午前中の雑務を順調にこなし、ふらり昼麺。今日の気分もカレー麺。気の向くままにペダルを漕ぎつつ、ポンコツ麺ピュータをフル稼働。

 近場でカレー麺が旨そうな店は……、
 うん、そうだ。久しぶりに長州へ行ってみるか。

 六本松の九大教養部横にある長州。昼飯時はいつも満席状態の人気店のはずが、今日はナゼか空いている。なので、 入り口横の6人掛けのテーブル席をどっかり占有しメニューを開くと、写真入りでズラリ並んだメニューの最後に「オススメ!」マークとともに 「カレーうどん630円」の文字。 

カレーうどん◇長州

  たのんでしばし、厨房から漏れ香るカレーの風味に旨さを予感しつつ待つことしばし、運ばれてきたカレーうどんは、 トロンとイイ感じに透明感を残すカレーすめと葱の緑のコントラストがナカナカの美人。まずはすめ、と一口啜れば、

 おやぁ?思いのほか大人しめの味わいだなぁ…。

 カレーのスパイスも、うどんのすめも、いずれも微かにその存在を感じはするが、あくまでもトコトン奥ゆかい。 おのれの存在より互いの味わいを引き立たせることに専念。結果、ナンとも円やかで柔らか味。

 「カレー麺は異なる味わいのせめぎ合いが味の要」が我が麺喰い信条である私。この優し味はカナリ物足りないなぁ、 とズルズル啜っていたのだが、あら不思議。

 いやぁ待てよ……。
 このカレーうどんは「コレで」、いや「コレが」イイのかもなぁ。

 最初は物足りなさを感じていたが、食べ進むうちに、太めのうどんや上出来蕎麦ならいざ知らす、味わいより食感重視の演出系うどんの 「ぽにょんっ」と愛らしいコシには、コレくらいの優し味の方が相性がイイことに、はたと気付く。

 要は一杯のドンブリの小宇宙。構成するソレゾレの相性の良さこそ味の要。優しうどんには優しカレーすめが正解ナリ。

長州:カレーうどん630円。福岡市中央区六本松4ー9-10。 11:00~24:00、日祝休み。 Pなし。

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン91● うどん50●そば19● その他20
◎今月の総ジョグ距離:10km / 通年135km

Posted by heno at 2007年05月23日 12:41
コメント
コメントしてください




保存しますか?