2007年05月26日 土曜日

●住宅街の上出来うどん

 明日のチビ達の運動会観戦に、宮崎から義父が来福。野球好きだし、とyahooドームのホークス vs カープのチケットをチビ達分含め3枚プレゼント。で、久方ぶりにカミさんと二人の休日の午後。天気も良いことだし、と唐津まで麺ドライブ。 目指すは、讃岐的ディープな立地のうどん屋、その名も「さぬきや」。

さぬきや

 穴場麺屋王MANIC SOMEDAYでその存在を知り、ずっと気になっていたさぬきや。 住所を頼りに訪ねると、国道から入り込んだ住宅街のエラク立派な大邸宅の一角に「手打ちうどん」の白い暖簾。

 20席はありそうな大きめのL型カウンター席には先客3名。カウンター奥の厨房では親子らしき年配女性と若者2名が、 それぞれの仕事をこなしている。

 壁のメニューを見ると筆頭に「あつあつ」、続いて「ひやあつ」の文字。屋号通り、メニューもナカナカ讃岐しているでないのぉ、 と私は冷たいうどん&温すめの「ひやあつ」を、そしてカミさんはごぼう天うどんをたのむ。

ひやあつ◇さぬきや

 いやはやカナリのうどんである。

 長めの麺線ゆえ、スルスルスルルと啜る楽しさを、まず堪能。続いてはコシ。ヘンに固すぎず、さりとて柔すぎず、 芯に向けてボヨヨンとコシが増し、にっちりと解ける様が、これまた楽し。奇をてらうことなくシンプル美味に徹した潔さが、素直に美味。

 ただ惜しむらくは、すめ。ひょっとしてアゴのみでダシを取っているのだろうか? ナンとも独特な風味の旨味のみが一人歩きしている感があり、ほっこりとした和み感に欠ける気がする。それと薬味。讃岐を唄うからには、 おろし生姜は欠かせない。

 カミさんのごぼう天うどんは、温かいうどん&温すめの「あつあつ」と、別皿で揚げ立てのごぼう天が供される。当然ながら私の 「ひやあつ」のうどんの方がコシが強め食感楽し。揚げ立てごぼ天のサックリ感はカナリ我がツボだが、550円という価格はちと疑問……。

 で我なりの結論。コノ店はざるうどんか醤油うどんが正解かな。

ネギとチャーシュー麺◇多謝

夜は義父&チビ達と合流し、念願の多謝へ。
ホテル出身のオーナーシェフが作る中華はハズレなし!
海老の塩味炒めや豆腐の貝柱煮込みなど
ドレもコレもキッチリ旨し。

そして〆の麺も上出来美味。
鶏ガラだし&鶏油の濃密なる旨味と
様々な香辛料の奏でるふくいくたる味わいのスープに
ただひたすら感服。

さぬきや:ひやあつ350円。佐賀県唐津市浜玉町横田下5-4。Pあり。

多謝:ネギチャーシュー麺900円。福岡市西区小戸4-3-39。 11:30~15:00&18:00~23:00、水曜休み。Pあり。

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン93● うどん51●そば20● その他20
◎今月の総ジョグ距離:15km / 通年140km

Posted by heno at 2007年05月26日 13:29
コメント

私が行った時には「ひやあつ」どころか、
醤油など讃岐ちっくなメニューは存在しませんでした。
讃岐うどん文化が浸透していない唐津に少しずつ紹介しているのかもしれません。
また時間を置いて訪れてみると、
もっと讃岐度が上がっているかもしれませんよ。

Posted by マニ at 2007年05月31日 02:05

ですね。日々精進されているのでしょう。
今後が楽しみな店の一軒ではありますが、
なにせ、唐津。
次回は迷わず一竜軒 or 関東軒!

Posted by への at 2007年05月31日 07:24

確かに、さぬきやのざるはなかなか良いですよ。特にこれからの季節は。
ご主人は某公営競技の元選手で讃岐で修行されたとか。

余談ですが、私、へのさんと一緒にお仕事したことがあったんですね。
さっき名刺入れの整理をしていたら、へのさんのご名刺が…(苦笑)
全く気づかずに失礼しました。

Posted by univ at 2007年06月04日 09:05

それはそれは。
ひょっとして役場の方ですか?

Posted by への at 2007年06月04日 23:13

次回は迷わず一竜軒 or 関東軒!

迷ってるじゃないですか

Posted by Anonymous at 2008年05月06日 23:36

あははぁ、厳しいツッコミですねっ。
なにせ唐津は名麺店天国!
最近は上記2店に加え
田の久も候補に仲間入り!!

Posted by への at 2008年05月07日 19:22
コメントしてください




保存しますか?