2007年07月07日 土曜日

●麺の早慶戦② 後攻慶応

 わぁシマッタ、寝過ごしたぁ……、

 朝9時過ぎ、池袋のビジネスホテルで目が覚める。念願のアノ店は、開店時間の午前10時間際こそ空いてはいるが、 以降はずっと順番待ちの行列が絶えることがないという、カルト的人気を誇るラーメン店。早々に身支度を調えホテルを飛び出し、三田を目指す。

 午前10時15分、慶応義塾大学の正門前を過ぎると、

 うげぇ~、スゴイ行列だぁ……。

 一度は食べてみたいと長年想い続けた憧れのラ店、ラーメン二郎の店頭には、開店15分後にして既に20名以上の行列が出来ている。 まぁしかし、臨時休業していた前回と違い、並びさえすれば今回こそ食べられるのだと、列の最後尾につく。

ラーメン二郎

 分単位でどんどん伸びる順番待ちの列。私のすぐ後方に並んだ若者二人は、どうやら慶応大学生。

 「今日はラーメンの『大』でイクかなぁ。」
 「俺はこの後ゼミに出るので『小』にしとくわ。」
 「マジ?じゃぁ、ニンニクは?」
 「今日はナシでいこうかなぁ」
 「マジマジっ?二郎にニンニクはマストでしょう!
  俺も夕方歯医者なんだけど、ニンニクいっちゃうよ。」
 「はは、歯医者タマラナイだろうなぁ。」
 「でさぁ、『大』と『ぶたダブル』じゃ、『ぶたダブル』の方がヘビーだよねぇ。」

 延々と途絶えることなく二郎談義が続く。そうココは、 ジロリアンなる熱烈なファンを有するソウルフード系カリスマ名店の一軒なのでアル。

 文庫本をめくりつつ並ぶこと30分、やっとこさで店内へ。入り口横の食券販売機で「ラーメン小」の札を買い、空いた席へ座る。 15~6席のカウンタのみの細長い店内の高い位置に慶応大学運動部から贈られた感謝状が掲げてある。陸の王者・ 慶応のアスリートの胃袋を支えてきた学外学食といった存在か?

 カウンター上部へ食券の札を置く。この際、麺の茹で具合や量、脂や元ダレの量などをオーダー出来るらしいが、なにせ初体験。 知ったかぶりは厳禁だと、慎ましやかに札のみ差し出す。そして、カウンター奥の厨房で年配の店主が釜から麺を揚げだすと、 助手の若者二人が私へ

 「ニンニク入れますか?」

 と聞いてくる。このとき客はニンニクの有無に加え、具の野菜の盛る量をオーダー出来るらしい。一瞬、列に並んでいたときに聞いた 「二郎にニンニクはマストでしょう!」との若者の言葉が脳裏を横切るも、午後からは人に会わねばならない。で、「ニンニクなしで。」 と静かにたのむ。

ラーメン小◇ラーメン二郎

 『腰が引ける』とはこのことか……。

 ほどなく差し出されたドンブリを見たその瞬間、一瞬我が脳と身体が完全にフリーズする。

 えぇ?コレは『ラーメン小』じゃないよねぇ、『大』だよねぇ……。

 ドンブリの縁まで並々と盛られたスープに、コレまた縁まで山盛りされた麺が透けて見える。そして更にてんこ盛りされた野菜と、 厚さ2センチ×掌半分の大きさは優にある極厚&極大チャーシューがゴロンゴロンと2枚ものっている……。

 あまりの迫力に押され、オドオドと定まらない視線で助けを求めるも、視線の先の若者店員はニコやかな笑顔を浮かべ、うなずくだけ。

 ええい、ままよ!と、むんずと箸をドンブリへ突き刺す。と、じゅわじゅわとドンブリから溢れそうになるスープにビビる。 そしてスープの下にはビッチビチに盛られた具と麺。スープだけを啜る余裕など、これっぽっちもナシ。で、おっかなびっくり麺を持ち上げれば、 幅1センチはあろうかという極太麺は啜ることなど出来はしない。箸で口へと押し込みつつ、わしわしと咀嚼する。

 麺と具の茹で野菜を食べ進むと、ようやくスープが見えてくる。醤油色で思いのほか脂は少な目。透明感さえ感じるアッサリタイプ。 どらどらと一口啜れば見た目通りで、口当たりかなりアッサリ。なれど、豚骨だしのきき方が半端じゃない! ぐりんぐりんと音を立ててドライブする様は正に圧巻。そしてさらに濃密に鼻へと抜ける豚肉の風味。 ヒョッとしてドンブリの底にコンパクトな豚が丸ごと一匹入ってるんじゃないの?と思わせるほど、豚豚したこの味わいは、 確かにニンニク入れた方が数段旨いに違いナイ!

 途中、トンカツ肉のような超極厚チャーシューも囓りつつ、加速度的に押し寄せる満腹感に屈することなく、 黙々と食べること約10分。どうにかこうにか無事完食。

 コレだけ強力なるラーメンなれど、意外と年配客も多い。これ正にソウルフード系カリスマ名店なり。  

ラーメン 二郎 三田本店:ラーメン小500円。東京都港区三田2-16-3。 10:00~16:00(麺がなくなり次第閉店)、日曜休み。Pなし。

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン123● うどん65●そば27● その他28
◎今月の総ジョグ距離:34km / 通年143km

Posted by heno at 2007年07月07日 11:10
コメント

これで500円とは驚き!
写真でのイメージはラーメンではないですけど、ラーメンなのですね。
一度はいただいてみたいっ。

Posted by まさ at 2007年07月09日 08:15

自分も先週(木・金)、池袋へ出張してたんですよ!
池袋東口にも「ラーメン二郎」があるって知らなかったもので(下調べしてませんでした)、別のお店で麺を食べてしまいました。

「小」でこのボリュームなら、ものすごいボリュームと思われる「大」、チャレンジしたくなりました。
食べに行かなかったことが悔やまれます。
出張先に行くときは下調べが大切ですね!

Posted by 福氏 at 2007年07月09日 08:23

「大」チャレンジはあまりにも無謀かと。
ラーメンを卓越した唯一無二の存在感にビビリまくり。

Posted by への at 2007年07月09日 22:53

いやいやいや「大」は凄いです。20代の頃ならなんとかイケましたが今となってはとても無理。「ぶたダブル」も確かに「大」以上にとんでもないです。

初回であればせいぜい「小」「ぶた」か「小」「野菜」くらいにしておくのをおススメしときます。

ちなみに大のさらに上には「めんまし」ってのも存在するようですが。

Posted by AND at 2007年07月10日 15:40

「めんまし」!!??
その量を想像するだけでもエラク恐ろしやぁ……。

Posted by への at 2007年07月10日 21:01