2007年08月23日 木曜日

●働き盛りは啜り盛り

 日々、加速度的に忙しさが増してくる。こうなりゃジタバタしても同じ事。 じっくり多忙と向き合うためにも意地でも昼麺タイムを楽しむさぁ。

つけ麺◇新福菜館

 ラースタの期間限定&平日数量限定つけ麺。先日の百麺のつけ麺はカナリ? ??だったが、新福菜館のつけ麺は目からウロコの旨さ炸裂。

 元来、濃口醤油の真っ黒中華そばが特徴の新福菜館だけに、 つけ麺のつけ汁も醤油ダレがキュインときいて、まるでカエシのきいた蕎麦つけチック。 角切りされたチャーシューが入ることで鴨せいろチックな旨味が我がツボ。

 噛み込むほどにむっちり弾ける中太麺もカナリ美味だし、量も十分。さらに、味付け玉子にシナチクと具も盛りだくさんで、大満足!

せいろ◇太六 

 いつの間にか移転閉店していた太六が太宰府の住宅街に復活開店。キリリと鯔背な辛汁と薬味の辛味大根の取り合わせが、 これ正に太六なり。

 一時、大分県日田市の河川公園近くで店を開くもイロイロあって、以前から見つけていたこの場所へ移転。 来月からはメニューも増やし本格営業開始とのこと。新天地での仕事が一段落しそうな秋口ごろ、光明禅寺の紅葉& 太六で蕎麦屋酒てのもカナリ楽しそうだなぁ!

じゅんさい冷やかけ◇いまとみ

 いまとみの夏季限定じゅんさい冷やかけそばは、ソリャもう旨いのなんの! ヘンに華美にはしらず絶妙に抑揚のきいたダシの旨味がシミジミ美味なるヒンヤリすめと、コリッとこしある蕎麦の滋味。

 さらに、「とぅるんっ」と踊るじゅんさいに、「とろり」と円やかな温泉玉子。「しゃっくり」美味なるおくらに、 甘酸っぱく調味された茗荷が好アクセント。酢橘の爽やかな酸味も手伝って、すっきり滋味なる絶品夏の一杯に、ただただ感動。

 仕事の電話がたてこみ、まさかの携帯電話電池切れ。で、同席のK富さんの携帯を借り写真を撮るも、 使い慣れぬ携帯ほどやっかいなものはなし、でボケボケ写真……。アレだけ美しい盛りつけの超美味麺だっただけに、超ウルトラ残念至極。

新福菜館:つけ麺800円。。 福岡市博多区住吉1-2- 25キャナルシティ博多5階 ラーメンスタジアム内。10:00~23:00、無休。Pあり。

太六:せいろ800円。太宰府市連歌屋2-22-8。11:30~18:00 (土日祝~20:00ただし要予約)、月火休み(祝日は営業)。Pあり。

SOBAKUIいまとみ: じゅんさい冷やかけそば(価格失念)。福岡市中央区高砂1-22-9。 11:30~14:30&18:00~20:00、 不定休。Pなし。 

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン152● うどん74●そば36● その他41
◎今月の総ジョグ距離:81km / 通年296km

Posted by heno at 2007年08月23日 11:30
コメント
コメントしてください




保存しますか?