HENO HENO: 2007年09月 アーカイブ

2007年09月30日 日曜日

●命の洗濯

 仕事多忙タイフーンが吹き荒れる中、超々楽しみにしていた週末くじゅう登山。が、金曜時点での天気予報は「雨」……。 それを知ったてん子より「決行しますか?」との問い合わせメールあり。通常なら「うう~ん、雨なら止めよっかなぁ…」などと日和る我なれど、 なにせ超久方ぶりの連休ゆえ、気持ちに幾ばくかの揺らぎもナシ。で、返事は

 「決行!」

気の置けない友と
ノンビリ山歩き&ダラダラ飲む。
適度に健全&適度に怠惰。
ナンちゃない。だから、オモシロイ。
極楽なる一泊二日をアリガトウ。
また、遊んでね。

詳細はコチラ

小さな秋見つけた。

かけそば◇基山IC下り 

くじゅうへ出かける朝のお約束は
九州自動車道 基山IC下りレストラン麺。
シンプル・イズ・ベストなはずのかけそばなれど、
塩気強めで、ちと腰が引ける。

 ラーメン◇日本一ラーメン

二日目〆にと丸八@大刀洗に向かうも
「本日臨時休業」のつれない張り紙。
ならばと道向かいの日本一ラーメンに転がり込む。 

スープに対し麺の量が多めの食堂系。
なれど250円という低価格からすると
十二分に上出来美味。
コンサル系のイイ意味で奇をてらった演出系も楽しいが
とどのつまりはコノ手のネイティブ系。

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン182● うどん85●そば41● その他47
◎今月の総ジョグ距離:25km / 通年347km

Posted by heno at 23:14 | Comments [3]

2007年09月28日 金曜日

●さて再スタート

 昨夜は11時に帰宅。想定外の特急仕事を無事終えた安堵感を肴に、リビングでチビチビ晩酌していたら、いつの間にかソファーで撃沈。 が、今朝。連日の激務で、まだ気分が高揚しているのか、6時前に目が覚める。無理な体勢で爆睡したつけか、身体の節々が痛い。

 朝9時、出社しパソコンに向かうと、次々と仕事のメール。来週月曜は代休をとるつもりだったのだが、コリャ叶わんわ。

 午前11時、大阪と東京からのお客様を迎え、みっちりと新規の仕事の打ち合わせ。そして、 夕方4時からはスタッフと別件の新規仕事の打ち合わせ。

 さぁて、週明けはマタマタ忙しくなりそうだ。
 せめて今週末は目一杯遊ぶぞぉ! 

豚足麺◇中華大明火鍋城

昼は大阪のお客様が大のお気に入りの
大明火鍋で昼麺。
我が好物の豚足麺は
とろんと旨い豚足と激辛ラー油の取り合わせが
わんだフォ~~!(←今さらHG風で)

驚いたのが水餃子の旨さ。
大明火鍋は以前に比べ確実に旨くなっている! 

夜はANDさん情報で知った花亭で焼き貝を楽しみ
〆はとある札幌ラーメン店で醤油ラーメン。

 

たまたまなのだろう。
見た目こそコッテリイイ感じなのだが
このダシの薄さは尋常ではない。
まるで醤油&脂入りの白湯。

中国大明火鍋城:豚足麺(価格失念)。福岡市早良区百道1-5-1。 11:30~14:00&17:30~22:00、年中無休。Pあり。

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン181● うどん84●そば41● その他47
◎今月の総ジョグ距離:25km / 通年347km

Posted by heno at 23:39 | Comments [4]

2007年09月27日 木曜日

●激務の果て

 一昨日夜、突如舞い込んだ仮納品の大幅な内容変更依頼。作る課程でその都度内容を確認してもらいつつ進めた仕事ゆえ、 納期2日前での大幅な方向性の変更は言わばルール違反。通常ではありえないし、修正に要する仕事量からして、 2日間で完成させるのは不可能に近い。

 が、お客様は神様。

 先日朝、運良く実務担当スタッフは確保できたが、問題は最終仕上げ施設が空いていない。アチコチあたるが、尽く断られる。 ほとほと困り果てていると、突如、とある超裏技を思いつく。

 ヨッシャ、段取りは整った。あとは時間との戦いだ……。

 コレ正に不眠不休、夜を徹しての突貫作業。途中、予定していた新規の仕事の提案と打ち合わせの2件もこなしつつ、ゴリゴリと、 コツコツと。

 本日午後5時、ナンとかカンとか形を整え、内容を確認してもらうべく依頼元へ。更なる手直し作業が出ないことを祈りつつ、 待合室で結果を待つ。

 1時間後、待合室に担当者が戻る。

 「良かったです、大オーナーから大筋でOKが出ましたよ!
  へのさん、本当に無理いってすみませんでした。ありがとうございました。」

 担当者も大オーナーと私の間に立って、イロイロと気を揉んでくれていたのだ。その気持ちの嬉しさと納期が守れた安堵感で、 思わず目頭が熱くなる。

 ラーメン◇博龍軒支店

 更なる若干の手直し作業を前にパワーチャージ、細麺がウリの博龍軒支店で、敢えて平麺チャレンジ。 まるんとほの甘い味わいの奥にグイッと力強いダシの風味。元来平麺フェチなのだが、この極上滋味なるスープには細麺の方が相性ヨシ。

 ヨッシャ、あと一踏ん張り。完成へ向けガンバンべぇ!

博龍軒支店:ラーメン500円。福岡市東区馬出2-17-3?。18:00~25:00、月曜休み。 Pなし。

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン179● うどん84●そば41● その他47
◎今月の総ジョグ距離:25km / 通年347km

Posted by heno at 21:22 | Comments [3]

2007年09月25日 火曜日

●天国と地獄

 先々週末、突如舞い込んできた大仕事。通常なら2ヶ月はかかる内容を僅か2週間で仕上げろと、無理難題。お客さん、 いくらなんでもソリャ無理ですぜぇ!と断りたいところだが、そうもイカナイのが弱小企業の悲しい性。

 コノ難題を成し遂げれば、間違いなく顧客になって貰えるはず。

 「お任せクダサイ!」と顔で笑って心で泣いて。他にも山のように抱えた仕事と平行し、休日&睡眠時間を返上し、あらゆる手段& 飛び道具を駆使しつつ、ナンとかカンとか形を整え、本日仮納品。

 通常では考えられない納期だが、出来はまずます。お客様の満足して頂いてる様子に、ほっと安堵。 チャッチャクチャラの苦労が報われたと、気分は天国。夜、別の仕事の打ち上げ会で、心からウレシイ&美味しい酒を楽しんでいると、 携帯が鳴る。

 ええっ、ええええぇ……。

 昼間仮納品した先の担当者から、大オーナーから大幅な内容変更の指示があったとの連絡アリ。

 最終納品期限は明後日、
 チョイとチョイとぉ、どうする?俺………(涙)。

ラーメン◇入船食堂

昨日は「博多の家系ラーメン」とウワサの入船食堂で昼麺。
思いっきり街の食堂然とした外観と
ダブのBGM&ドレッドヘアの店主のギャップが
ナンとも楽し。

厚切りチャーシューと共に添えられたホウレン草が
ナルホド家系チックではあるが、
スープの味わいは思いのほか豚豚しいノーマル豚骨。
縮れ麺と太麺から選べるが、
太麺は茹でチャンポン麺とのこと。

深夜3時、薬院の取引先でようやく仕事を終え、超遅い晩麺。
一瞬、行徳家で極美味塩ラーメンか?と目論むも
とどのつまりの、いつもの一杯。
相変わらずの不味さに、ほっと和む。

ラーメン◇元祖長浜屋本店 チャンポン◇シャンぐるめん

今日の昼は
薬院の取引先のすぐ近くにあるシャンぐるめんの
最後のチャンポン。

建物の老朽化による店舗解体に合わせ
本日をもって廃業されるとのこと。
かつてコノ付近に弊社があった頃は
ちょくちょく啜った生麺茹でたてチャンポンだが
今日は具の盛りがいい気がするなぁ。

長年にわたり、美味しいチャンポンをありがとうございました。

入船食堂:ラーメン500円。福岡市博多区住吉4-15-6。昼はラーメンのみ&夜は定食もあり、 不定休。Pなし。

シャンぐるめん:チャンポン700円。福岡市中央区渡辺通2-2-9。Pなし。※本日閉店。

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン178● うどん84●そば41● その他47
◎今月の総ジョグ距離:25km / 通年347km

Posted by heno at 23:09 | Comments [4]

2007年09月23日 日曜日

●「発祥の地」総攻撃

○白濁豚骨ラーメン発祥の地、久留米のラーメン店が、福岡へ続々進出。ラークエによると、 可愛い龍のイラストがトレードマークの久留米ラーメン人気店である大龍が福岡市の南隣、志免町へ新規オープン。

○そして俺コレ!によると、福岡都心のオサレビルであるイムズの飲食街で営業していた大砲ラーメンが、今泉の路面店として再オープン。

○さらにManic Somedayによると、 その大砲ラーメンで修行したという天砲ラーメンが春日市に今月11日にオープンしたとのこと。

Posted by heno at 23:24 | Comments [0]

2007年09月22日 土曜日

●熊本か?

 ナンとも独特なる祭りである。

 薩摩川内市で400年前から続くという大綱引きはルールがかなりユニーク。まず、人集めに数の制限がない。 従って敵方よりより多くの人数を集めようと、引いている最中に近くにいる観客を巻き込む。

 さらに、「引く」だけではなく「押す」部隊がいるのもオモシロイ。ツナの中央部分には互いの「押し隊」が肉弾戦を繰り広げ、 相手の体勢を崩しにかかる。 ニッカーボッカー風作業ズボンにサラシを巻いた輩が怒声を上げつつ戦うさまは、 まるで暴走族の抗争現場。詳しくはコチラ

 川内大綱引

精養軒

 2時間半の攻防を見終え、居酒屋でアレコレつつき、〆は精養軒でラーメンを啜る。 昨日の南天ラーメンのすぐ近くで営業しているのだが、味わいの印象は大きく異なる。

ラーメン◇精養軒

  ニンニクチップの入った様が熊本ラーメンチックなれど、ガッツリきいた醤油ダレと濃厚豚骨の取り合わせは、 どこか和歌山ラーメンチック。気持ち柔らかめに上げられた中太麺は、ぷるんとしたヒキがナカナカなかなか楽し。

餃子◇精養軒

 そして餃子もオモシロイ。噛み込んだ途端、フワッと広がる甘みがナンとも独特。具から滲み出る甘みという寄り、 砂糖かナニかで意図的に加えられた感のあるユニーク美味。薩摩揚げ然り、鹿児島の方々は甘いのがお好き?

精養軒:ラーメン600円。鹿児島県薩摩川内市東向田町12-3。11:30~13:00& 20:00~26:00。Pなし。

 ◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン175● うどん84●そば41● その他47
◎今月の総ジョグ距離:25km / 通年347km

Posted by heno at 23:06 | Comments [1]

2007年09月21日 金曜日

●島系ルーツ?

 正午半過ぎ、JR薩摩川内駅前で大阪からのスタッフと合流し、まずは昼麺。 駅前のちっぽけな歓楽街の一角にある南天ラーメンを目指す。

南天ラーメン

 

 鹿児島ラーメンの老舗、こむらさきの初代のもとで修行し、 そのままの味を守っているという南天ラーメン。鹿児島と宮崎ではラーメンをたのむと何故かまずタクワンが供される。 それをポリポリと囓りつつ、鹿児島ラーメン特有の、ちょっと変わった製法を見学。

 いわゆる普通のラーメン作りは、まずドンブリにスープを張り、 そこへ茹でた麺を入れ、最後に具と薬味を盛るのだが、鹿児島ラーメンはまず麺を茹で、ドンブリへ入れる。そして、 長い菜箸で麺を押さえつつドンブリを傾けて湯切りをし、麺の上に元ダレ2種と化調を振り、具を盛りつけて、最後にスープを張るのである。

 しかも具もユニーク。多めのキャベツとモヤシとチャーシューに加え、 なんとシイタケがのるのである。

ラーメン◇南天ラーメン

 そして味わいも独特。啜った瞬間口中に広がる味わいは正に「豚」。 豚骨という寄り豚一匹丸まま食べているよう気分。そして、その奥にギラリと顔を出す饐えた風味。呼び戻し製法で取られているのだろうか、 随の粉っぽさこそ感じないが、その迫力はカナリのもの。

 更に麺もオモシロイ。ほとんどヒキのないボソボソとした食感がビーフンチック。 キャベツとモヤシのシャキシャキ感&チャーシューのもっちり感&シイタケのクニュクニュ感との食感コラボが、ワハハと楽し。

 製法&味わいとも特色溢れる痛快土着麺をガシガシ喰らいつつ、ふと思う。 この豪快感って、どこか島系本店に相通ずるものを感じるなぁ。そう言えば「島系」は「鹿児島系ラーメン」の略だと、 どこぞのブログか掲示板で読んだ気がするなぁ。 

南天ラーメン:ラーメン650円。鹿児島県薩摩川内市東向田町7-10。11:30~15:00&18:00~23:00、不定休。Pあり。

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン174● うどん84●そば41● その他47
◎今月の総ジョグ距離:25km / 通年347km

Posted by heno at 13:13 | Comments [3]

●因幡、お前もか……

 今日から2泊3日で鹿児島県薩摩川内市へ出張。午前9時過ぎ、列車の時間より少し早めに博多駅へ着き、ズズッと朝麺。 因幡うどんデイトス店へ向かう。

 博多デイトス飲食街の最も奥まったところにあり、決して恵まれた立地ではないし、 しかも午前10時前という完全なるアイドルタイムなれど、店内には先客二人。おやおや大したものだなぁと感心しつつ、「ごぼ天ください」 とオーダーしつつ空いていたテーブル席に座ると、目の前の「温玉うどん420円」の張り紙。おうおう、そうだった。気になっていたんだよな、 温玉うどんが!と、すっぱり予定変更。

温玉うどん◇因幡うどんデイトス店

 待つことしばし、運ばれてきたドンブリがテーブルへ置かれる。と、 湯気とともに立ちのぼる芳しきダシの香り。そうそう、コノ感じこそ博多うどんの魅力なのさ!と小躍りしつつ、両手でドンブリを抱え、 スメを一啜りすれば、香り同様にナンとも豊かかつ柔らかなダシの旨味。

 くぅ~、エエねぇ、うんうん、癒されるねぇ~。

 ゆるりと寛ぎ、ほんわか気分。さてさて次はうどんだな、と箸で摘みズズッと啜る。と、

 おやおやぁ、結構ヒキが強いぞぉ……。

 口当たりこそ優しいが、噛み込むほどにモチモチと粘るヒキが出現し、博多うどん特有の、 てろんと柔らかい製麺所製茹で置きうどんの食感を想定していた我が舌はビックリ仰天。

 コノ食感はもしかして冷凍うどんか?などと思いつつ、温玉を二つに割り口へと運べば、 つるんととした触感と共にほんのり広がる黄身の甘み。同じく玉子が具の月見うどんだと、生卵がスメの味を変えてしまうが、 温玉うどんだとソレがない。最後の最後までスメの芳醇なる味わいを楽しみつつ、ズルズル啜る。

 いやはやシミジミ旨かった、とカウンター横のレジで精算しつつ、奥の厨房をチラリと覗くと、 ちょうど他の客のオーダーが入り、茹で釜へ四角に固まったうどん麺が投入される。

 うん?四角のうどん麺……。やっぱ冷凍うどんだったのか。

 いつまでも頑なに自らの味を変えない老舗もあれば、時代のニーズを感じつつ、改良を重ねる老舗もあり。 味わいに対する真摯な態度はウレシイが、やっぱてろてろ&ヤワヤワうどんの方が気分だよなぁ。ちとサミシイ気分で店を出る。

因幡うどんデイトス店:温玉うどん420円。福岡市博多区博多駅中央街6- 11博多デイトス1階。:7:00~22:00、無休。Pなし。

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン173● うどん84●そば41● その他47
◎今月の総ジョグ距離:25km / 通年347km

Posted by heno at 09:06 | Comments [0]

2007年09月20日 木曜日

●懐かしい=美味とは成らず

 正午前、福岡県内某所での午後からの仕事を前にサクッと昼麺。想定していた麺屋へ向かうも臨時休業……。最近、 意中の麺屋からフラれる確率がベラボーに高値安定。

 ぬわんだか、寂しいなぁ……。

 と、トボトボ現場へ向かおうとしたその時、前方に花輪と「ラーメン」の幟がズラリ並んだ店舗を発見!

 うん?この屋号とこのトレードマークは
 札幌ラーメンの老舗FCか。

 なにせ久しぶりだし、午後の仕事まで時間もないしで、ダメもとで転がり込む。も……。

 きっと以前からずっとこの味だったのだろう。決して不味くはない。が、決してデラ旨でもない。素性は確かなようだが、 如何せんコク不足。味噌ラーメン特有の、グリグリとドライブがきいた個性的なる一杯を啜ってみたい!

 さらに、モヤシが既に茹で置いてあるのもカナリ疑問。ほんの数秒湯に晒すだけでパリパリ美味に仕上がるのに、 その手間を省こうとする「合理主義」に、????????

 昔ながらの武骨製法を守る個人店は、今も尚、いや、インスタント食全盛のこんなご時世だからこそ、至極アリガタイ存在なのに、 時代遅れのFC麺はオペレーションの不備が如実に露呈された味わいがアマリに薄っぺら。

 人の振り見て我が振り直せ。
 我が仕事は、能力&資金力の限界も鑑みて
 「最新」とは成り得ない。
 ならば、武骨製法個人店の燻し銀なる個性を目指せ。

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン173● うどん83●そば41● その他47
◎今月の総ジョグ距離:25km / 通年347km

Posted by heno at 11:25 | Comments [2]

2007年09月19日 水曜日

●働くほどに ドンドン増える 酒量かな

 以前は自ら手塩をかけてものを制作実務するのが仕事だったが、最近は制作実務は他人に任せ、 様々な仕事の出来上がりを平行してセコセコと管理する立場へ変わった。

 決して有能な制作者ではなかった。が、ひとつの仕事にドップリとはまり、汗水流し、迷い、悩みつつ、 ナンとか作り上げたときの達成感はナニモノにも代え難いやり甲斐だった。

 やっぱ、現場が好きデス……。

担々麺◇春香

昨日の昼麺は、
Sakura's daily lifeでその存在を知った新店、春香で担々麺。
突出した個性を主張することなく
ほどよくまとまった味わいが万人受けタイプ。
中華料理屋と言うより中華居酒屋的店構えゆえ昼より夜、
芋焼酎などチビチビ飲みつつ
豊富な一品料理を楽しんでみたい!

夜は薬院の取引先での仕事を終え、
すぐ近くの三角市場の遣れた飲み屋で
渋めのアテと、年季の入ったお母さんとの会話を楽しむ。

ラーメン◇屋台人ですけん  

そして〆はモチロン麺。
麺喰舎シャンぐるめんとらや
半径5mに3軒のラーメン屋が軒を並べる
福岡随一のラーメン屋密集エリアに新規参入した
屋台人ですけんでラーメンを啜る。

牛テールと豚骨で取ったというスープは
どっかり重味、だった気がする。

だってぇ、
シコタマ飲んでハッキリ覚えていないのですよぉ……。

博多ねぎらーめん◇博多ゆらり

今日の昼は博多ゆるりで博多ねぎそば。
クイクイッと魚介だしがきいた芳醇スープと
ぷりんぷりんの中太縮れ麺が、天晴れ美味。
白髪葱の細さと合わせて切られたチャーシューの
スモーキー風味が風味に更なる奥行き感を演出。
カナリ上出来な創作中華そばにニンマリ。

春香:担々麺600円。福岡市城南区樋井川3-19-4。P1台。

屋台人ですけん:元祖屋台ラーメン500円。福岡市中央区渡辺通2-3-27。 17:00~27:00(月~木は11:30~14:00も)、日曜休み。Pなし。

博多ゆるり:博多ねぎそば550円。福岡市博多区博多駅東2-16-14。 11:30~13:00&16:30~26:00(土日祝は夜営業のみ)、日曜休み。Pなし。

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン172● うどん83●そば41● その他47
◎今月の総ジョグ距離:25km / 通年347km

Posted by heno at 13:27 | Comments [4]

2007年09月18日 火曜日

●お麺なブログWATCH ~シンジラレナイ……~

寺子屋ブログによると、「飲めるうどん屋」を開拓したカノ名店、杵むらが今月27日で閉店とのこと。アレだけの人気&繁盛店が何故?超ウルトラ残念無念。

○北野町へ移転し益々美味なわくうが、つけ麺を開発中とのこと。コスモスが咲く頃には完成してるとイイなぁ。

様式美麺れいんぼ~「裏つけ麺」なるメニュー誕生。 なんでも通常のつけ麺に魚介の旨みが凝縮した辛味タレをプラスしたものだとか。

Posted by heno at 00:56 | Comments [2]

2007年09月17日 月曜日

●ぎりぎりセーフ

 今日も休日出勤だが、仕事は午後からで午前中は時間が取れる。

 ならば行ってみるか、エースサイクルへ!

 Alex MoultonのHPのショップリストでその存在を知ったエースサイクル。 広めの店内はロードやマウンテンに加え小径輪の在庫も豊富。憧れのMoultonの現車をしげしげと眺めた後、BD-1を品定め。

 在庫は黒のみで13万ちょっと。ホイールも黒のエアロディスクと精悍なルックスだが、黒いバイクはイマイチ我が好みではないなぁ、 などと眺めていると店主が寄ってきて、

 「BD-1をお考えですか?それならBianchiもオススメですよ。」

  促され視線を移すと、Fretta BASICの現車アリ!しかもチュレステ、紺、白と3色揃っている。フレームはBD-1と全く同じで、 価格は9万3千円。異なるのはフロントギアの設定がBD-1より大人しめの54Tであることと、 シフトレバーとディレイラーとタイヤのグレードが低いこと。

 だがしかし、BD-1には付いていないスタンドが標準装備だし、ソレよりナニよりBianchi独特のチュレステのカラーリングに、 グイグイと物欲心が惹かれまくり!!

 よぉし、買っちゃおうかなぁ~!

 ホトンドその気になりつつ、更にイロイロと店主と話していると

 「白と紺は9万3千円ですけど、
  チュレステのみ2008年モデルで7千円高いんですよねぇ。」

 えっ?!てことは、10万円オーバーか……。わずか7千円の違いではあるが、 10万アンダーとオーバーの違いは気分的にカナリ大きい。結果、ヒートアップしていた物欲心も急速クールダウン……。

 いずれにせよ高い買い物だ。急いては事をし損じる、と我に言い聞かせ店を出る。

ラーメン◇永楽

超久方ぶりに啜った永楽のラーメンは
コレ正に町の中華そば的柔らかなダシの味わいがシミジミ美味。
塩気強めのチャーシューの素朴味が好アクセント、
太めの縮れ麺の、ぷりんぷりんと弾けるコシを噛み締めつつ、
ずるずると啜る350円のシアワセ。 

永楽:ラーメン350円。福岡市城南区樋井川6-14-22。11:00~20:00、水曜休み。 Pあり。

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン169● うどん83●そば41● その他47
◎今月の総ジョグ距離:25km / 通年347km

Posted by heno at 11:49 | Comments [5]

2007年09月16日 日曜日

●現実逃避

 相も変わらず多忙な日々。この2ヶ月間、休日出勤続きで全く遊べず、自然溜まるフラストレーション。

 いや待てよ、フラストレーションも溜まるが
 休日出勤手当も貯まるってことかぁ…!!

 元来、自分に甘いタイプ。しっかりと多忙タイフーンを乗り切った暁には、 頑張った自分にご褒美を買ってやるのも一興かぁ!と物欲モードがスイッチオン。ずっと燻っていた小径輪慕情が激しく再燃、夜な夜なネットで情報収集。

BD-1 

 コンパクト且つ折りたたみが出来るフォールディング・バイク。その代表格であるBD-1は、「スポーツ乗りが出来る折りたたみバイク」がドンピシャ我がツボ。 Bianchiより同じフレームを使ったFretta BASICなるOEMバイクも出ている。BD-1より3万円ほど安いが、 その分パーツのグレードも低いのだとか。

 ならば、やっぱBD-1か?いやいや、ブロンプトンの英国チックなデザイン&驚異の折りたたみ性能も捨てがたい……。おっと、 BD-1を製造しているriese und muller社のHPには、カラーリングがキッチュなbirdyが…。DAHONからも「伝説の超軽量フォールディング・バイク」 と言われるHelios SLも再発されているぞぉ……。

 イカしたフォールディング・バイクによるナイスな麺喰い輪行に夢を馳せ、束の間の現実逃避。さぁ、 仕事に差し支えるからボチボチ寝るとするか………。

冷やかけ&ちくわ天◇大木戸

「暑い秋」の激務でヒートアップしまくりの我が身を
大木戸の冷やかけでクールダウン。
ぶりんぶりんと抗う強腰うどんと
しゅっと背筋の伸びた鯔背な冷やつゆの取り合わせにメロメロ。

 

正に時の人、東国原さんのイラスト入りカップ麺は
輪郭がぼやけていてイマイチ冴えない味わいだなぁ、
と食べ終え手元を見ると

わぁお、調味液を一袋入れ忘れてたぁ……。

 

我が最愛インスタント麺メーカーである寿かぎやの新作は
鶏肉ミンチと鷹の爪が載った塩ラーメン。
「ゆず風味」の文字に期待膨らむも
塩気強めのナンとも単調な味わいに、ガックリ……。 

秋仕様どん兵衛は
フリーズドライのキノコが入ったチャンポンスープ仕立て。

やっぱりどん兵衛はきつねうどんがベストです……。 

カップヌードルの秋仕様はきのこバター醤油風味。
目一杯きいたバター風味と醤油の味わいに
幼き頃の大好物、バターご飯を思い出す。 

コイタさんからいただいたヤマダイの手緒里うどん
箸で摘んだときの重量感然り、
噛み込んだときの滑らかなコシ然り、
カナリの上出来乾麺。

さぬきうどん大木戸:冷やかけ+ちくわ天480円。福岡市中央区舞鶴2-8-29。 11:00~17:00 (土祝~15:00)、日曜休み。Pなし。

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン168● うどん83●そば41● その他47
◎今月の総ジョグ距離:25km / 通年347km

Posted by heno at 04:00 | Comments [2]

2007年09月13日 木曜日

●山科献立全征服計画 その十一 ~えび天そば~

 正午過ぎ、社内での仕事が一段落。午後2時から立て続けに2件、重要な打ち合わせがある。 サクッと昼麺啜ってパワーを充電しておこうと、久方ぶりに山科へ。

 かれこれ1年ぶりに訪ねるも、山科は山科だった。店頭の藍色の暖簾に配達用のバイク。 わずか5席ほどのカウンター席とは不釣り合いの広い厨房では、出前用のトンカツ弁当が作られている。以前と変わらぬ山科ぶりに、 心が和む。

えび天そば◇山科

 そして蕎麦も、コレ正に山科。かえしのきいたスメの芳ばしい醤油の風味然り、優良温蕎麦特有の「ぬらり」と艶っぽい触感然り、 噛み込んだときのザックと解ける食感然り。いずれをとっても非の打ち所のない、超優良大衆味温蕎麦でアル。

 想定外だったのが具。「上えび天」なるメニューも載っていたので、「えび天」はてっきり小海老のかき揚げかと思いきや、 ナンのナンの。至極立派な海老天が、どんと一尾。しかも、モチのロンで揚げ立て。カリッと揚がったコロモとプリプリの身がホクホク美味。

 ああ今日も旨かったなぁと席を立つと、厨房から「いつもありがとうございます」とお母さん。 たまにしか来ない気まぐれ客である私のことを覚えてくれていたのか。「こちらこそ、いつも美味しい蕎麦をありがとうございます。」と、 店を出る。

 山科献立全制覇まで、あと21品

山科:えび天そば600円。福岡市早良区原5-11-11。11:00~20:30 (日曜~16:00) 。Pなし。

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン165● うどん80●そば41● その他47
◎今月の総ジョグ距離:9km / 通年333km

 

Posted by heno at 12:25 | Comments [0]

2007年09月12日 水曜日

●日本酒登山会へのお誘い

 2週連続の3連休も休日出勤必至。ならばせめて、目の前にニンジンぶら下げて多忙タイフーンを乗り越えようと、くじゅう坊ヶツル・ キャンプを企画。詳細は左フレームの「ススキと干物と 日本酒登山会」をクリック!最小催行人数4名、ふるってご参加クダサイ。

Posted by heno at 23:56 | Comments [0]

●食堂チャンポン

 「適応能力」と言えばカッコイイが、正しくは「慣性の法則」。異常に多忙状態がコレだけ続くと、 ソレがもはや当たり前の正常状態とすり替わる。

 焦ってみてもしょうがない。着実&堅実に一歩一歩進むしかない。

 長期戦には気分転換が不可欠さっ、と午前中の社内での雑務が一段落したところで敢えてぶらりと昼麺ポタ。陽ざしは強いが、 身を切る風はすっかり涼しく、気分は秋。

不二家食堂

 昭和通りの荒戸交差点。港町へと抜ける道沿いの一帯には、何故か昔ながらの街の食堂が多数現存している。その中の一軒、不二家食堂。 店頭のお品書きは 「ビフテキ トンカツ 焼き肉 スタミナ料理 身にステーキ 丼物 ライス物 ちゃんぽん ラーメン 焼ちゃん 皿うどん おでん いかず多数 酒ビール」 。

 わぉ、とれびあ~ん!これぞ正統街の食堂だぁ、と暖簾を潜ると、店内には如何にも常連客らしき先客5名。 L字型カウンター奥の厨房ではお母さんがチャキチャキと料理している。

 「らっしゃい!お昼は定食が2種類だけよ。
  海老天かチャンポン、どちらにしましょう?」

 モチのロンで、チャンポン定食をたのむ。

チャンポン定食◇不二家食堂

 さすがスタミナ料理自慢の店だけのことはある。大切りの豚肉とキャベツの山盛り具合然り、ガインと濃い味の調味具合然り。更には、 小鉢二品&白飯付きと、ボリューム満点。コレ正に正統ガテン系食堂チャンポンなり。ガツガツと咀嚼する楽しみを実感しつつ、 スポーツ新聞をめくりつつ、ゆるゆる過ごす束の間の休息。

不二家食堂:チャンポン定食650円。福岡市中央区大手門3-5。Pなし。

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン165● うどん80●そば40● その他47
◎今月の総ジョグ距離:9km / 通年333km

Posted by heno at 12:36 | Comments [2]

2007年09月11日 火曜日

●日々研鑽

 午前中の社内での仕事が、正午過ぎにとりあえず一段落。なれど、現在進行形の仕事モロモロがどれひとつ片付かないのに、 また新たな仕事がブクブクと湧いて出る。

 仕事があるってシアワセよぉ。

 確かに、そう。ポジティブにプラス思考で、行こうじゃないカァ!

 気分転換にペダルを漕ぎ出し向かった先は、まくり。開店当初はワンタン麺専門店でシンプルなメニュー構成だったが、 元来凝り性だったのであろう。次から次へと新メニューが登場。

 俺コレ!でワンタン抜きの醤油と塩のラーメンがデビューしたと知ってから早半年。 久方ぶりに訪ねると、店頭には色んな麺のメニュー写真が豪快に掲げてある。

 なになに?温汁麺に加え
 冷麺や、蒸し麺を使った焼きそばまでアルではないのぁ…。

 あまりのメニューの急増ぶりにビビリつつ店に入れば、カウンター奥の厨房には、マリオチックなルックスの店主に変わり、 若い女性が見慣れた奥さんと2s。

 うむぅ~、世の中、動いてるなぁ。

 見慣れぬ新メニューの数々に惹かれつつも初志貫徹、今回の目当てである醤油ラーメンをたのむ。

鶏ガラ醤油ラーメン◇黄金の福ワンタンまくり

 いやはや実直美味なる一杯ではある。

 啜った瞬間、ふわりと鼻を擽る鶏油&中華香辛料のクセある風味。そして同時に、まるんっと舌にのる鶏ガラだしの旨味。 透明な見た目通りの、スケルトンな外連味のない味わいがカナリ我がツボ。

 麺はまくり独特の、ツルツルとした触感&コリッと弾けるヒネモノ素麺チックな食感。ワンタンと共に頬張れば触感& 食感のコラボ具合がオモシロかったのだが、ワンタン抜きで麺だけ食べると、滑った感が強いだけに、ガッツリ喰った感がカナリ乏しい。

 アルデンテ状に茹でられたホウレン草はGOOD。なれど、チャーシューは醤油味濃いめに調味されていて、 それ単体なら多分カナリ美味なのだが、コノ醤油スープと共に食べると、カナリ塩気が気になる。

 でもでもそれもある意味、誠実な仕事の裏返しとも素直に思える、クオリティ高めの味わいに満足、満足。

黄金の福ワンタンまくり:鶏ガラ醤油ラーメン420円。福岡市早良区飯倉5-18-15。 11:30~22:00、不定休(正月1&2日は休み)。Pあり。

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン165● うどん80●そば40● その他46
◎今月の総ジョグ距離:105km / 通年324km

Posted by heno at 12:13 | Comments [0]

2007年09月10日 月曜日

●やっぱ、ごぼ天

 先週半ばから4日続いた出張タイフーンは、昨日でどうにか終息。午前1時に帰宅し、ほっと一息。 早朝から深夜まで働き尽くめで荒んだ気分をリフレッシュ!と酒を飲む。と、ついついダラダラと飲み続け、気がついたら午前4時。で、 今日も目一杯ヤルべき仕事は山積みなれど、ソリャもうハンパじゃない二日酔いさぁ。

 元の木阿弥とは、このことかぁ……。

 午後4時前、薬院の取引先での打ち合わせを前に、恵味うどんで遅い昼麺。久方ぶりにとりおろしか?と一瞬思うも、ナニせタボーで疲れ気味。熱々すめのごぼ天で、 ほっこりと癒されタイッ!

ごぼう天うどん◇恵味うどん

 若き店主が注文が入る度揚げる扁平うどん。一見以前のうどんと似ているが、加水を減らしたのか、 それともグルテン多めの粉に変えたのか?以前よりキリッと角が立ち、しゅっと通った麺線が、どこか川端うどんチック。

 そして食感も見た目通り。相変わらず、ほわんと優しい柔腰タイプなれど、以前よりコシが強めの鯔背な仕上がり。。

 スメは気持ち塩気が強め。後風味で顔を出す削り節の、抑揚のきいた旨味がイイ感じ。そして、櫓状に組み揚げられた太切りごぼ天。 ジャクジャクと繊維質な食感が根菜美味。

 うどんとスメとごぼ天と。ソレゾレがドンブリの中でシミジミと一体化する時の旨味こそ、博多うどんの真骨頂。 若き店主の作るコノ一杯も十分旨い。が、かつて先代がいたころの一杯は、ソリャもう、ちゃっちゃくちゃらに旨かったぁ。

 滋味なるうどん作りだからこそ、年季を積むことでしか成し得ない部分がきっとあるのかも知れないなぁ。ふと、 閉店してしまった玉三郎の極滋味ごぼ天を思い出しつつ、ズルズルと啜る。

恵味うどん:ごぼう天うどん500円。福岡市中央区薬院3-7-15。 11:00~17:00&18:00~20:00、日祝休み。 Pなし。

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン164● うどん80●そば40● その他46
◎今月の総ジョグ距離:105km / 通年324km

Posted by heno at 15:44 | Comments [0]

2007年09月09日 日曜日

●一村二麺

 昨日今日と一泊二日の長崎出張。よく働き、よく啜れぇ~……。

母国を離れ長崎に移り住んだ華僑たち。
さすが儒教の国、親や先祖を尊ぶお国柄だけに
お盆の祀り方がハンパじゃない。
長崎華僑によって寛永6年に開かれた崇福寺は
旧暦のお盆に当たる今日、
精進料理がナンと3000杯!
そしてクライマックスは爆竹の爆音と共に燃えさかる炎。
詳しくはコチラ

 

前回フラれた大勝軒@長崎市へリベンジを試みるも、
わぁおぉ、順番待ちの長蛇の列……。
テレビか雑誌で最近紹介されたのだろうか??
兎にも角にもノンビリ列に並ぶ暇などアルよしもナシ。

醤油ラーメン◇老李

で、転がり込んだ老李@長崎中華街。
名物は生からすみが盛られたチャンポンらしいが、
店頭看板の「台湾料理」の文字に心変わり、
台湾ラーメンはエラク我が身に馴染むのよぉ!と
ラーメンをたのむ。と、コレが正解!

適度に中華香辛料がきいたスープに揚げ玉葱。
うん、コレぞ台湾ラーメンだっ!と
もんどり打って、ズビスビズバンッ!!
 醤油拉麺◇富貴

長崎の歓楽街、思案橋に最近オープンした麺屋富貴。
中年男の奮闘記でその存在を知った店で、
メニュー筆頭に掲げてある「しょうゆらーめん」は
ジンワリ染み入る獣系+魚介系だしの
外連味のない合わさり具合がナカナカの力作。
一瞬、五行を彷彿とさせるオサレ系内装だが、
如何せん内装にかける経費のケタが全く違う……。

老李:特製ラーメン609円。長崎県長崎新地町12-7-2F。 11:30~15:00&17:00~23:00、年中無休。Pなし。

麺屋 富貴:しょうゆらーめん700円。。長崎県長崎市鍛冶屋町1-19 淑ビル1F。11: 30~14:00&18:00~29:00、日祝休み。Pなし。

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン164● うどん79●そば40● その他46
◎今月の総ジョグ距離:105km / 通年324km

Posted by heno at 23:50 | Comments [2]

2007年09月07日 金曜日

●一村一麺

 昨日今日と、泊まりがけで大分&宮崎出張。玄界灘とはひと味違った豪快な太平洋の荒ぶる波に、 ざわわざわわと遊びたい心が高まるもソレはソレ。粛々と予定していた仕事をこなす。

宮崎県日向市の名勝、馬ヶ背。
石柱状のそそり立つ岩と、
打ち寄せる白波の迫力に
しばし茫然。

天領うど◇天領うどん

日向の麺と言えば、天領うどん。
細めの釜揚げうどんを
天かすの入った温つゆに潜らせ啜れば、
腹の底からほっこり美味。

醤油ラーメン◇一龍

大分県津久見市の住宅街にある一龍は
カジュアルな町の中華料理店。
本格的な一品料理に加え、麺料理も豊富。
デフォルトの醤油ラーメンは
外連味のない素直な味わいのスープと
むっちりとしたコシがナンとも楽しい
太縮れ麺の取り合わせがシミジミ美味。

天領うどん本店:天領うどん大盛り400円。宮崎県日向市新生町2-66-1。 10:00~19:00、無休。Pあり。

中華料理 一龍:醤油ラーメン400円。大分県津久見市千怒新地6064。 11:00~15:00&17:00~21:00、水曜休み。

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン162● うどん79●そば40● その他46
◎今月の総ジョグ距離:105km / 通年324km

Posted by heno at 23:38 | Comments [0]

2007年09月05日 水曜日

●杯よし袋よし

 予想不可能なアクシデントの数々に仕事の予定が激動。溺れぬようにあっぷあっぷと懸命に犬掻きで忍び、 午後3時半。ナンとか一段落ついたところで電気ポットからカップ麺へお湯を注ぐときの倦怠感。

 24時間戦えますか?いや、モチロン無理です……。

後輩T尾が夏休みのベトナム旅行土産にくれたカップ麺は
きしめん状に幅広扁平な米麺、フォーと
カレー風味のエスニック・スープの取り合わせが
ググッと我がツボ。
付属のスイートチリソースを加えれば、
気分はまんま、ベトナムさぁ。

カップヌードル・カレー味より
数段本格風味のカレー味スープがお見事。
なれど、それに比べ麺があまりにも貧弱で
一杯としてのバランス悪し。

念願の焼きチキンは、目からウロコの旨さ炸裂!
熱したフライパンでスクランブルエッグを作り
お湯を足した後、麺を投入し、水気を飛ばす。

ナンとも簡単お手軽調理なれど
チキンラーメンの味わいを
ベクトルそのままにグッと濃厚にしたコノ味わいは
チキンラーメン・ファンなら十中八九、大満足。

わぁお、エクスタシ~~!


ならば!とレギュラーのチキンラーメンを
焼きチキン同様に調理して食べてみると、

ううう~ん、コリャ塩辛い……。

だがしかし、
もともと汁麺用に調味された味わいだけに
汁なし焼きソバ状態まで煮詰めれば
こうなることは至極当然ではある。 

Posted by heno at 11:47 | Comments [2]

2007年09月04日 火曜日

●はい、オッパッピ~。

 ちゃっちゃくちゃらに仕事がタボーな日々の、唯一の心の支えがシティマラソン福岡への出場。本番まで残すところ3週間を切ったことだし、 真剣に調整せねば、とあらためてスケジュール帳を睨むと

 わぁぉ、シティマラソン福岡が開かれるソノ週末は
 2泊3日で鹿児島出張ヤン……。

 仕事モードで脳味噌が焼き切れて、満足に遊ぶ計画すら立てられぬ我が身の不甲斐なさに、しばし呆れる。

 あっはぁ~ん、やっぱり遊びたいっ!!

 次々と湧き出る難題を、モグラ叩きゲームよろしくコツコツと叩き潰し、午後4時過ぎ。博多駅前の取引先の打ち合わせを終え、 ようやく一段落。今夜も何時に仕事が終わるか分からない。ぬわらば、サクッと遅い昼麺啜って乗り切らねばと、でびっとへ。

 我が目当ては、いつぞやどなたかのブログで見かけた、期間限定メニュー「あぶらそば」。なれど、いざ訪れてみると、 既にあぶらそばは終了し、現在は「冷やしぶっかけらーめん」なるメニューが期間限定提供中とのこと。

冷やしぶっかけらーめん◇でびっと

 鶏肉&おくら&卵の黄身&水菜&山芋が盛られた冷麺に、和風冷つゆをぶっかけて喰らうと、多分予め麺に和えてあったのか、 ゴマ油の芳ばしい香りと、和風つゆとの風味のコラボが、ナルホド美味。コリッと弾ける冷麺のコシもイイ感じだし、 コレはコレでアリかな創作麺。

 デビット伊藤が広告塔の目一杯FCチックな店なれど、供される麺はソレゾレに創意工夫の後が見て取れる力作揃い。 コノ手の店はイマイチ好みでない私だが、でびっとはナゼか別格。多分またまた近いうちに寄って&啜ってすまいそうな予感がヒシヒシ。

でびっと博多店:冷やしぶっかけらーめん700円。福岡市博多区博多駅前4-5-5。 11:30~24:00 (金土祝前日~25:00、日祝21:00)。Pなし。

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン160● うどん79●そば39● その他43
◎今月の総ジョグ距離:105km / 通年324km 

Posted by heno at 16:09 | Comments [4]

2007年09月03日 月曜日

●天丼かっ?!

 以前は「休み明けは忙しい」だったのだが、最近は休みも取れないほど忙しい。で、今日も今日とて、 朝から色んな人と色んな仕事の打ち合わせが目白押し。

 で、正午前、一段落ついたところで中洲の現場へ仕事の事前下見へでかける。思いのほかスペースが狭く、さてさてどうしたものかなぁ… と、新たなる難題発生に、とほほな気分。だが、今の我に落ち込んでいる暇などありゃシナイ!サクッと昼麺啜ってパワーチャージだっ!! と加辺屋へ転がり込み、以前から気になっていたおけそばを啜る。

おけそば◇加辺屋

 茹でたての釜揚げ蕎麦を、大きめの海老天が一匹入った温つけ汁で食べるおけそば。蕎麦は美味。ぬらりと艶っぽい食感然り、 にっちりと解けるコシ然り、釜揚げならではの食味がナンとも楽し!なのだが、つゆがナンとも甘いし、ドウにも濃い。

 コノ濃厚な甘辛味は、まるで天丼用の丼ツユだぁ……。

 白ご飯とともに食べれば、さぞかし旨いだろうなぁ、などと考えつつズズッと啜り、別に湯飲みで供された蕎麦湯を、 コレまた別に供される蕎麦つゆを入れ、ほっと一息。さぁさぁ午後からも、バリッと働くさぁ。

加辺屋本店:おけそば800円。福岡市博多区下川端町1-9。11:00~19:00、 火曜休み。 Pなし。

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン160● うどん79●そば39● その他42
◎今月の総ジョグ距離:105km / 通年324km 

Posted by heno at 13:06 | Comments [2]

2007年09月02日 日曜日

●語る麺

 大体なら昨日みっちり休日出勤していれば今日は休めたのだが、take4から浜飲み会のお誘いメールあり。

 海辺でダラダラ飲むなんて、ああナンとも楽しそうだなぁ……。

 で、夜7時前に仕事を切り上げ、ビーチ飲み会。仕事モードの脳の切り替えもつかぬまま、 ナンとなく最近我がブームの塩らっきょのみ買い出しての参加。

 皆々さま、イヤハヤえらく楽しかったデス!アリガトウ。
 そして、酒&肴を持ち込まず
 更に後片付けもせず帰ってスミマセン……。

 で、楽あれば苦ありの例え通り、今日も休日出勤さぁ。時間の融通の利く個人作業。ならば仕事は昼過ぎからにして、 気になりまくっているわくうの麺を啜るノダ。

わくう

 北野町の筑後川河畔のコスモス街道入り口に、手作り感溢れる看板とログハウス。庭に一本、すくっと立った木が印象的。 知らない人からするとどう見ても喫茶店。

 イヤハヤなんとも気分はロハスだなぁ、とログハウスへ近づくと、地面から一段高くなったデッキへと上がる階段の横には、 車椅子用のリフトが備え付けてある。決して気分や雰囲気だけではないユニバーサルデザインに感心。

 外観同様に手作り感溢れる店内には家族連れの先客一組。ぬくもりを感じる木のテーブルに座りメニューを見ると、 ラーメンが塩と醤油の二種に煮玉子のトッピングと白飯。

 いつもならメニュー筆頭に書かれている塩をたのむところだが、わくうフェチのハバタキさんのブログによると、醤油がかなりイイとのこと。で、 醤油をたのみ改めて店内を眺め直すと、入り口横の木の棚に「ハバタキより」の札がついた豪勢な花鉢を発見!

しょうゆらーめん◇わくう

 あははぁ、コリャ旨いわぁ。

 ほどなく運ばれてきたラーメンは、水菜と細長く切られた大根の千切りが存在感大。 その下に見え隠れするスープは若干濁りが入った醤油色。さぁて、どんな味わいなのかぁ?とレンゲでズズッと一啜りすれば、「まるんっ」 と滑らかな触感とともに、じゅわぁじゅわぁ~と広がる芳醇なる旨味。

 獣系のだしの野太い旨味と野菜らしき優しい甘み。そして啜った後も、 一時ふわふわと鼻を擽り続ける軽やかな魚介だし。そして、それらを見事にまとめ上げる醤油ダレの風味。ナンとも豊かで、 ナンともたおやかなる味わいに、しばし茫然自失。

 そして麺も旨いのだ。無農薬国産小麦で打ったという麺は、 内麦ならではの灰色がかった生成色がスッピン美人。ビチッと可愛く跳ねつつも、するりと口に収まる感じ然り、 噛み込んだときのもっちり感然り、同時に広がる朴訥なる風味然り。

 ナルホド、店主はこういうラーメンが作りたくて移転したのか…。

 店主の想いを雄弁に語る滋味に、シミジミ感動。

「当店では、皆様に安心・安全なものを提供したいという思いから、
 無添加調味料・無農薬国産小麦・無農薬野菜を使用しております。
 但し、季節により無農薬野菜が入手困難な場合は、
 減農薬野菜・有機野菜する場合がございます。」

 メニューに書かれた、あまりに律儀な能書きに店主の物作りに対する誠実さを痛感。

 ラーメン一杯850円は確かに高価。なれど、ちゃんと作られた食材や調味料を使えば、 それなりの経費がかかる。正統なる仕事にはそれに見合った対価を支払うべきである。

 食前は塩の連食を目論んでいたが、 あまりに滋味なる醤油スープの余韻を少しでも長く楽しんでいたいと断念。秋、コスモスが咲き誇る頃、再訪&必食。

 

わくう:しょうゆらーめん850円。 福岡県久留米市北野町鳥巣552-2。 11:30~15:00&17:30~20:00。Pあり。

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン160● うどん79●そば38● その他42
◎今月の総ジョグ距離:105km / 通年324km 

Posted by heno at 12:06 | Comments [2]

2007年09月01日 土曜日

●虎穴に入らずんば虎児を得ず

 昨日は大分県佐伯市の某所で、早朝から缶詰状態で仕事。夕方4時過ぎ無事終了し、麺でも啜って帰るかと香蘭へ立ち寄るも「本日終了」の札。ならばと藤原来々軒に向かうも「準備中」……。

 ええいままよ、ならば道の駅内にあるらーめん匠なら営業してるだろうと向かうも、「本日終了」……。こりゃダメだぁと、 大分自動車道の大分光吉インターへ向かっていると、セルフ式の讃岐うどん店を発見!コレぞ麺神のご加護ナリ!!と喜び勇んで車を着けるも 「本日臨時休業」の張り紙……。

 そして今日。すっかり慣れっこの休日出勤、コツコツと雑務を片付け正午半。取りあえず一段落ついたところで備品を買い出しついでに、 博多駅南に移転オープンしたもち月を目指すも、「31日~2日は臨時休業します」との張り紙……。

 麺神は完全に我を見放したか……。

 ガックリと肩を落とし、ヨドバシでいろいろ買い出ししていると、ふと思い出す。

 そう言えば、すぐ近くに気になるうどん屋があったよなぁ……。

 コレだけフラれ続けたのだ。閉まっていたとしても今さら大したダメージはない、と歩いて向かうと、おおヤッテる!ヤッてる!!

まるう駅東店 

 ヨドバシから一方通行の道路を合同庁舎方向へ進んだ角地に「うどん 角打ち まるう」の看板。その存在は知りつつも、 居酒屋系うどんにイマイチ期待が持てず未食だった店だ。

 午後1時過ぎの店内は先客2名。カウンター席に座りメニューを見ると、昼メニューはうどんオンリー。 丸天やキツネなどいわゆる王道メニューが10種ほど書いてあるが、我が麺喰い信条に忠実に「初う店はごぼ天」をたのむ。

ごぼう天うどん◇まるう駅東店

 麺神は我を見捨てなかった。イヤハヤ想定外の旨さでアル。

 まずうどん。端正に整った麺線然り、するりとした触感然り、おそらく冷凍麺と思われるも、 ヘンにポヨンポヨンと粘ることなく、むっちりと解けるコシがイイ感じ。

 そしてスメ。適度に甘い大衆味ながら、後味にキッチリ感じる削り節の風味がカナリ我がツボ。 揚げ立てのごぼう天の風味が徐々にスメにうつり、時間が経つと共に変化する味わいをノンビリと楽しみつつ、ズルズル啜る憩いのひととき。

 ナンちゃナイけど普通に旨い居酒屋うどんでパワー充電、さぁ帰社してもう一仕事、頑張るかぁ!

 まるう駅東店:ごぼう天うどん450円。福岡市博多区博多駅東2-4-14。日祝休み。Pなし。

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン159● うどん79●そば38● その他42
◎今月の総ジョグ距離:105km / 通年324km 

Posted by heno at 13:10 | Comments [1]