HENO HENO: 2007年10月 アーカイブ

2007年10月31日 水曜日

●棚ボタ美味麺

 早朝からの桜坂での仕事が午後1時半に一段落。午後3時からの九州大学病院での打ち合わせに向け、地下鉄七隈線に初乗車。

 空港線や貝塚線に比べ随分とコンパクトな車両だと言うことは知ってはいたが、実際乗車し、そのミニマムなるスケール感を実感。 しかもしかも、車両の造りもノスタルジー。最前列車両の操縦席にナンの囲いもなく、あたかも昔懐かし路面電車よろしくオープンな雰囲気が、 モダンレトロ。

 九大病院前で降りサクッと昼麺と、もつ鍋ふか川へ。お目当てはランチメニューであるカレーチャンポン or 煮込みカレーうどんだっ!と訪ねるも、

 「すみませ~ん、お昼の営業は終わりました。」

 最近ホントに意中麺にフラれっ放しの私。まぁまぁシャァないシャァないと、自らを慰めつつ九州大学病院方面へと歩いていると、 黄色のテントに赤で「友人」の文字。如何にも本場中国の方が営んでるであろう店構えにググッと惹かれ、暖簾を潜る。

友人

 「いらしゃいませぇ~!」

 想像通り、中国の方独特のイントネーションの声に迎えられる。 縦に長い店内の入り口周辺に置いてあるテーブル席のひとつに座りメニューを見ると、 汁麺はチャンポン550円と担々麺600円と担子麺600円の3種類。「あっさり醤油の台湾ラーメン」との説明文に惹かれ担子麺をたのむ。 だがそれにしても、具が多く、原価がかかりそうに思えるチャンポンが最も安いとは摩訶不思議だなぁ。

担子麺◇友人

 待つことしばし、運ばれてきたドンブリはタップリの太もやし&ミンチ肉&ニラで覆い尽くされている。そして、 赤黒い固まりは油通しした中国唐辛子。さてさてまずはスープとレンゲでズズッと一啜りすれば、瞬間広がる輪郭のクッキリした旨味。 芯の鶏ガラだしの旨味を醤油やニンニク、中華唐辛子のほの辛さなどで巧みにまとめ上げた、明快なる味わい。そして、 ふわりと鼻へと抜ける中国香辛料のクセある香り。ダメな人はとことんダメだが、好きモノはググッとハマル、個性派美味。

 にっちりと解ける中太麺もカナリ我がツボ。太もやしのシャキシャキ感に加え、ナンちゃなさそうなミンチ肉の食感& 味わいが妙に存在感があり、オモシロ美味。熱々食感にハホハホしつつも、ズビズビズバンと一気に完食。

 たまさか転がり込んだ店での偶然の出会い。いやはやだから、麺喰い歩きはヤメラレナイ。

友人:担子麺630円。福岡市東区馬出2-1-6。Pなし。

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン202● うどん90●そば46● その他51
◎今月の総ジョグ距離:9km / 通年356km

Posted by heno at 14:25 | Comments [4]

2007年10月29日 月曜日

●ハマる滋味

 早朝より柳川日帰り出張。正午過ぎ、とりあえず仕事が一段落したところで、サクッと昼麺。柳川といえば、立花うどんで決まりっ!

 正午半過ぎの店内は相変わらずの大盛況。100名は軽く入りそうな広々とした店内なれど、ほぼ満席状態。 やっとこさ一番奥の座卓に空席を見つけ、無事着席。

 ではでは今日はナニを啜ろうか?とメニューを眺めると、筆頭から「かけうどん」、「月見うどん」と続き三番目に「もやしうどん」 の文字。以前牧のうどんで食べたことがあるもやしうどん。福岡ではあまり見かけないが、 筑後地方ではメジャーなメニュー。ならば、本場の実力をご披露いただこうではないかっ!

 

もやしうどん◇立花うどん

 白いうどんに白いモヤシ。雪山の豪雪よろしくホワイトアウトしそうな見た目だが、一口啜ればナンのソノ。 揚げ立てらしきうどんのむっちりと艶っぽいコシと対照的に、パリパリと軽快に弾ける太もやし。それぞれがそれぞれに異なる食感& 旨さを主張する、そのせめぎ合い加減がもやしうどんの醍醐味。

 すめは昆布メインのシンプル仕上げ。しかも、太もやしの芽が取られていないので、すめにもやしの風味が色濃く映える素朴な味わいが、 コレまたイイ感じ。博多うどんにありがちなリッチ・タイプのすめよりも、このようなリーン・タイプのすめの方が、 もやしうどんに適する気がする。

 具に味付けも油っ気もナシ。なので食べ始めはナンとなく物足りなさを感じるも、 食べ進むうちにジワジワとシミジミとその旨さが染み入る滋味うどん。滋味ならではの、そこはかとない味わいの違いを食べ歩くってのも、 カナリ楽しいかも……。

 ヤルか?筑後もやしうどん輪行。

筑後もやしうどんfile 01:立花うどん:もやしうどん260円。
●うどん:太&揚げ立て●もやし:中太&芽つき●すめ:リーン。
福岡県柳川市三橋町高畑1191。9:00~21:00、火曜休み。 Pあり。

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン201● うどん90●そば46● その他51
◎今月の総ジョグ距離:9km / 通年356km

Posted by heno at 12:34 | Comments [3]

2007年10月28日 日曜日

●お麺なブログWATCH ~大橋ラーメン戦国時代!?~

ぼら日記によると、大橋に「辛麺屋」なる新店がオープンした模様。辛麺屋桝元@ 中洲の支店だろうか?そしていみじくもいやはや麺目ないにあすか@大橋のリポが上がる。加えて39番とらてん四郎帝国一九CHINAと、大橋駅周辺はラーメン店戦国時代に突入やぁ~。

Posted by heno at 23:35 | Comments [4]

●家系?いえ、尾張系

 ずっと気になっていた仕事を昨日でやり終え、心からホッと寛ぐ休日。久しぶりにチビ達とノンビリ遊ぶかと、 室見橋でハゼ釣りに興ずる。

 今日は大潮明けの中潮と、潮の動きはまずまず。正午過ぎの満潮前の午前11時過ぎから釣行開始。 上げ潮から満潮まではスッタリ釣れず、今日はボウズか?と諦めかけるも、下げ潮に入った途端、一気に釣れ出し、入れ食い状態!

 「釣れるときしか釣れない」が釣りの常識。如何に手返し良く数を稼ぐか真剣勝負モード!なれど、 ハゼのまわりに湧いたチーチーフグが仕掛けを噛みきり邪魔をする。えーい、こうなりゃ早合わせで、チーチーフグも釣ってヤルッ!!

 午後1時半、餌が切れたところで釣行終了。釣果は良型ハゼが15尾とチーチーフグが5尾。そのうちチビ達が釣ったのは、 長男がハゼ1尾とチーチーフグ2尾&次男がハゼ4尾とチーチーフグ1尾。

 「さすがお父さん、釣り上手だねぇ!」の声に気をよくし、一端帰宅後、チビ達に遅い昼麺をおご馳走。

らーめん萬亭

 旧3号線から志賀島へ向かう県道沿いに先月オープンした萬亭。店頭の看板には屋号の前に「豚骨醤油」の文字。そして店内にはいると 「極太麺か細麺かお選びいただけます」との張り紙アリ。そして横に掲げてあるメニュー写真を見ると、大ぶりの海苔が添えてある。

 醤油豚骨×極太麺×海苔=家系か……??

 興味津々で極太麺をたのむ。

萬亭ラーメン◇らーめん萬亭

 待つことしばし、運ばれてきたラーメンは予想に反し、イイ感じに素朴系の盛りつけ。確かに海苔はのってはいるが、 家系特有のホウレン草はナシ。そしてさらに、家系には見かけないキクラゲがドッサリとのっている。

 スープも然り。ポッテリと脂がきいているのが家系の特徴だが、このスープは醤油の透明感を残すアッサリ系。どらどらと一口啜れば、 見た目通りのソリッドな味わいが結構我がツボ。スキッと切れある醤油ダレの旨味の奥に、クイッと顔出す豚骨ダシの風味。 そしてさらに昆布らしき魚介系のダシの存在も感じるぞぉ……。

 

 合わさる麺は幅5ミリ、厚さ3ミリほどの扁平太麺。ヘンにコシを主張しない素直なコシがうどんチックな主食系。 分厚いチャーシューのモッチリ感が好アクセント、次から次へと麺を口へと放り込み、ワシワシと咀嚼する楽しさを堪能しつつ、一気に完食。

 帰宅してネットで調べてみると、どうやら愛知が拠点のフランチャイズ店のようだ。尾張名古屋は城でもつ、尾張麺FCは極太麺でもつ!

醤油ラーメン◇らーめん萬亭

次男がたのんだ醤油ラーメンは
目一杯シンプルな中華そば。

らーめん萬亭:萬亭ラーメン580円。福岡市東区和白5-583-1。Pあり。 

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン201● うどん89●そば46● その他51
◎今月の総ジョグ距離:9km / 通年356km

Posted by heno at 15:42 | Comments [4]

2007年10月27日 土曜日

●ヤングな新作

 ハイハイ今日は休日出勤。なにせ休日に働くことが大嫌いな私、バリバリバリッと仕事をこなすには、 せめて昼麺ブレイクでも楽しんで気分に勢いをつけてからと、郷家の寺塚本店を目指す。

郷家

 かれこれ5年ぶりか。ウルトラひさしぶりに訪ねると、店頭には、 名物だった野菜やニンニクを持った竹籠が消え、代わりに「旨さの素は魚介スープのチカラだ。」とのデッカイ幟。なになに、「今回、 使用する魚の量を従来の2倍に増やしてラーメンを仕上げました。」とな?ソリャまた期待が膨らむなぁ!

 白い暖簾を潜ると、正午過ぎの店内は7割方客で埋まっている。カウンター席に座りメニューを見ると、

 よしよし、載っているぞぉ、支那そばが!

支那そば◇郷家

 今日の目当ては、MANIC SOMEDAYでその存在を知った支那そば。最近デビューした新作である。 楕円に変形した専用のドンブリに盛られて差し出されてたラーメンは、チャーシューやメンマ、海苔と定番の具に加え、 なぜかレタスが添えてある。

 まずはスープとレンゲでズズッと一啜りすれば、瞬間ぶわっと広がる香味油の甘味と風味。そして一呼吸遅れて顔を出すダシの旨味。 豚骨や鶏ガラや魚介ダシに加え、様々な野菜ダシの甘味がナンとも芳醇。

 麺はツルンとした食感&硬質なコシの中麺。コレはコレで旨いと思うのだが、最近めっきり老いぼれて、 コノ手の麺が苦手になってきた私には、ちとツライ。ロートルには、しっとりとした食感の、モチッと艶あるコシの麺がお似合いさっ……。

 などと思いつつ食べすすんでいると、今度はスープがツラくなってきた。香味油の量が多すぎるのか、味わいが重たくなってくる。で、 はと思いつき、具のレタスを囓ってみると、その食感と水気で味わいがリフレッシュ。なるほど、それでレタスを具に加えたのか……?

 器を含め、力作ではある。が、もちっとスッキリまとめてもらうと、老いぼれ麺喰いでも美味しく食べられるのだが。

中華そば郷家:支那そば550円。福岡市南区寺塚1-26-7。11:00~20:30(日曜、 祝日は~20:00、スープがなくなり次第閉店)、水曜休み。Pあり。

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン202● うどん89●そば46● その他51
◎今月の総ジョグ距離:9km / 通年356km

Posted by heno at 12:03 | Comments [4]

2007年10月26日 金曜日

●贅なる宴の結末は…

 昼麺も啜る間もなくアレコレこなし夜7時、薬院の取引先で本日の仕事が無事終了。東京からのお客さんとともに、 かねてから食べてみたいと思っていたいまとみの蕎麦懐石を堪能。

 蕎麦豆腐のいくらと湯葉添えを楽しんでいると、店主自ら鹿刺しを運んでくる。なんでも日田方面の鹿打ち名人から仕入れているとか。 打ってすぐに血抜きをしたという鹿肉は、ナルホド臭みも全くなく、上品なほの甘さが、酒に合う。

 

 続いて出てきた八寸は、柿の白和えやカマスの一夜干しなど季節感溢れる逸品ぞろい。辛くないトウガラシの煮びたしと、 上にかかった自家製カラスミの粉末の取り合わせも、ナンとも美味。自然、酒がすすむ!すすむ!!

 粗挽き蕎麦粉のそばがきのオモシロ食感を楽しんだ後、本日の主菜登場。アッツ熱の土鍋で供されるのは、 穴子とゆり根の玉子とじ。蕎麦のかけ汁を流用したのか?上品な和風だしのきいた汁でふっくらと煮られた穴子に、ほっくほくのゆり根と、 ほわんほわんの溶き卵。ナンとも柔らかなる味わいに、ほっこり和む。

 

 〆はせいろ。普段蕎麦だけ食べるときは、薬味は仕上げの蕎麦湯を楽しむ時のみ使う私。だが今日は、 あれこれ食べた後の締めに啜るせいろ。様々に美味なる余韻を楽しみつつ、更に蕎麦の旨味も際だたせるには、薬味の辛味大根が欠かせない。

 午後9時半、今泉のバーに移動し飲んでいると、東京のお客さんの知人、K原さんが合流。 11時過ぎまで飲んだところで、東京のお客さんと別れ、K原さんと紺屋町のバーへ。アレコレと四方山話に花が咲き、気がついたら午前2時前。 K原さんと別れ、自然と足は長浜へ向かう。

ラーメン◇元祖長浜屋

 で、結局薬局、いつもの一杯のいつもの不味さに、心寛ぐ。

SOBAKUIいまとみ: そば懐石3900円(前日昼までに要予約、5900円コースもあり)。福岡市中央区高砂1-22-9。 11:30~14:30&18:00~20:00、 不定休。Pなし。

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン201● うどん89●そば46● その他51
◎今月の総ジョグ距離:9km / 通年356km

Posted by heno at 19:08 | Comments [2]

2007年10月25日 木曜日

●新味美味

 今日も今日とてワサワサ多忙。色んな仕事のいろんな打ち合わせをガツガツこなし、午後2時過ぎにようやく一段落。 帰社路沿いのけごんらーめんに転がり込み、サクッとパワーチャージ。

 今年の8月にオープンしたけごんらーめん。極太麺の味噌ラーメンが好印象だった店だ。開店2ヶ月たったことだし、ひょっとして? と期待半分訪ねると、

 ピンポ~ン、予感的中!白らーめんがデビューしているぞぉ。

白ラーメン◇けごんらーめん

 前回食べたときは 「近日デビュー」とメニューに記されていた白らーめん。待つことしばし、 差し出されたラーメンは、名は体を表す真っ白けのスープ。

 コリャ我が苦手の濃密味タイプかぁ?

 チト腰が引けつつ、恐る恐るレンゲで一啜りすれば、

 わぁぉ…、こりゃイイわぁ!

 鶏ガラ&豚骨&野菜でとったというスープは、ナンとも柔らかかつ優しい旨味。そして、遅れてちょこっと顔を出す魚介ダシの風味。 さらに、それら芳醇なるダシの旨味を柔らかくまとめる、ミルキーな味わい。ナンとも円やかなる味わいがズビズビと五臓六腑に染み渡る。

 更にオモシロイのが背脂の食感。スープと共に口に飛び込み、タピオカのようにプルンプルンと口の中でダンスする様が、ナンとも愉快。  

 キッチリと角が立った極太麺もタマらぬ美味。啜ったときの唇を擽る触感然り、噛み込む度にブルンブルンと跳ね回るコシ然り、 ズバンッと我がツボ。トロンとゆる甘な半熟味付け玉子も完璧美味。厚めのチャーシューの味わい&ボリューム感が、 一杯のラーメンを立派な食事へと昇華させている。

 定休日を訪ねると、「今年いっぱいは休まず頑張ります!」と力強い返事。だが、いつでも食べられるのはウレシイけれど、 身体をこわしちゃ元も子もなし。どうぞ無理し過ぎることなく、いつまでもコノ美味麺を提供ください!

けごんらーめん:白らーめん680円。福岡市中央区警固2-12-18。 11:30~16:00&18:00~26:00(日祝は12:00~16:00&18:00~22:00、 年内は無休。Pなし。

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン200● うどん89●そば45● その他51
◎今月の総ジョグ距離:9km / 通年356km

Posted by heno at 14:33 | Comments [5]

2007年10月23日 火曜日

●豊後すましラーメン二題

 昨日今日と、一泊二日の大分出張。

 昨日は早朝からビッシリ仕事。昼麺を啜る余裕もなくひたすら働き、午後7時、無事予定の仕事を全て終了。 別府駅前のビジネスホテルへチェックインし、ぶらり駅前散歩。

 

 駅前の遣れた居酒屋で、大分名物のりゅうきゅうを肴に焼酎をチビチビやって、二軒目へ。5席ほどのカウンター席& メニューは餃子とビールのみと言うディープ系餃子専門店湖月を目指す。も、

 わぁお、閉まっている……。

 ならばショウガナイ。Noodleでその存在を知り、食べてみたいとずっと思っていた宿題店、 らーめん来来へと向かう。も、下りたシャッターに「21日と22日は臨時休業いたします」とのツレない張り紙………。

 最近意中の店にフラれる確率が異常に高い私。トホホな気分で大陸へ転がり込む。

大陸

 別府駅前の超有名店、大陸ラーメン。かれこれ10数年ぶりに暖簾を潜ると、コの字型のカウンターが凸凹と連なる店内が吉野家チック。 おやおや、以前はテーブル席がメインの、いわゆる「街の中華食堂」的造りだった記憶があるが、改装したのだろうか?それとも我の勘違いか?? 焼酎がまわり機能停止寸前の脳みそで過去の記憶を辿りつつ、大陸ラーメンを待つ。

大陸ラーメン◇大陸

 美しく澄んだスープは至極あっさり。芯にダシの旨味を感じはするが、限りなく淡泊。 ここ別府の隠れご当地麺である韓国温麺のスープに近いこの味わいはカナリ好きなタイプなのだが、如何せん具の太モヤシの量が多すぎる。 太モヤシの芽特有のアノ風味がスープに完全に勝ってしまい、残念無念。

 麺は中麺。ぷるんとヒキある食感がコレまた韓国温麺チックでナカナカ楽し。塩気多めのチャーシューもナンとも気分。 次回機会があれば、是非ともモヤシ抜きで啜ってみたい。

 

 今日も早朝から日出町と庄内町を巡り、午後2時前。次の現場である大分市内に早めに移動し、サクッと昼麺。夢夢ちゃんの人生確変で行きたいで気になっていた、白楽天の「すましラーメン」を目指す。

白楽天

 住所を頼りに訪ねると、直線を基調としたエラクモダンな店構え。 勝手に遣れたオンボロ麺屋を想像していただけに、ちょっとガッカリ。そして外観同様コザッパリとした店内にはジャズのBGM……。

 こりゃいよいよ期待薄か?とテーブル席へ着きメニューを見ると、 昼のランチメニューは定食数種と麺が4種類。目当ての「すまし」に「五目」、「ニラもやし」、「担々麺」 と並ぶ。 注文を取りに来た店員に尋ねると、すましと五目とニラもやしは全て同じスープで具が違うだけと言う。

 店造りから察するにハズす危険度がカナリ高い気がする。ならば、シンプルなすましより、 具が入っていた方がダメージは少ないかも……。で、すましからニラもやしに予定変更。

ニラもやしそば

 だがしかし、コレがナンともウレシイ誤算!

 待つことしばし、運ばれてきたニラもやしは、こんもりと高く盛られたニラともやしが正にボリュームたっぷり。 まずはスープとレンゲで一啜りすれば、アッツ熱の食感と共に力強く広がる明快なる旨味。ダシの旨味と具のニラもやしを炒めた脂の甘みを、 気持ち強めの塩気がキリッと締める。キッチリ明快なる味わいがナンとも愉快!

 ニラもやしを掻き分け掻き分け、やっとさ麺を摘み出し、ずずっと啜れば、イイ感じにアルデンテ状態に揚げられていて、 ニラもやしとの食感のハーモニーがコレまた愉快。片栗粉をまぶして揚げた豚肉も入っていて、つるんとした食感&味わいが好アクセント。 コリャ旨いわっ!と小躍りしつつ、ガツガツ完食。

 同行スタッフのN牟田さんによると、担々麺もカナリの出来とのこと。こりゃ是非とも再訪し、すましラーメンを啜らねばっ!!

大陸:大陸ラーメン480。大分県別府市北浜1-10-21。11:00~27:00、火曜休み。 Pなし。

白楽天:ニラもやしそば600円。大分県大分市日吉町4-1。 11:30~14:30&17:30~21:30、月曜休み。Pあり。

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン199● うどん89●そば45● その他51
◎今月の総ジョグ距離:9km / 通年356km

Posted by heno at 15:54 | Comments [4]

2007年10月21日 日曜日

●エセ?いえ、エエでっせぇ~!

 最近、「豚骨ラーメンのメッカ」博多に怒濤の出店ラッシュを繰り広げる「豚骨ラーメン発祥の地」久留米の大砲関連店。だが、 ホームとアウェイでは勝手が違うのか、久留米ラーメン本来の旨さを出し切れずにいる感アリ。そんな中、 今月新たなる久留米ラーメン店が早良区にオープン。

麺屋吉蔵

 JR小倉駅新幹線口側の飲食街「小倉ひまわり通り」の「らうめん横町」で営業していた麺屋吉蔵。 久留米ラーメンを標榜するも、久留米にそんな屋号のラーメン屋はナシ。名ばかりで実態のない、 いわゆるコンサル創出ラーメン店なのだろうか?もしそうだとすれば、味の方はあまり期待出来ないなぁ。

 俺コレ!情報を頼りに訪ねると、以前ほくと亭として営業していた店舗に真新しい 「久留米ラーメン」の赤い提灯。暖簾をくぐると、開店景気もあってか正午過ぎの店内はほぼ満席。

 わずかに空いていた大テーブル席へ滑り込み、壁の高いところに掲げてあるメニューを見ると、ラーメンは「久留米」、「辛味」、 「秘伝 黒」と「チャーシューメン」の4種類だが、その後にズラリと10数種のトッピング・メニューが続く。

 あっちゃぁ~、コリャいよいよコンサル系かぁ……?

 いよいよ期待薄だぞぉ、と腹をくくり、デフォルトの「久留米」をたのむ。も、ところがドッコイ、コレがなかなかエエでないのぉ!

ラーメン◇麺屋吉蔵

 マットな黄土色のスープは、飲み口こそ軽めだが、その奥にシッカリときいた豚骨の随の旨味。変にニンニクにたよらない、 ある意味滋味系、かつストロング・タイプな味わいが結構我がツボ。多めに盛られたシナチクの風味の映り具合もエエ感じ。 アッツ熱な食感も合わせ、カナリの好印象。

 ただ個人的に残念なのが、気持ち細めで「ペノン」とした麺。ある意味博多っぽいこの麺は、福岡出店に合わせたのか?それとも、 もともとコノ麺だったのか??この力作スープには、もう少し太めの麺の方が相性が良い気がするが……。

 とは言いつつも、この味わいで480円は十分満足。テーブル席も多いことだし、次回はチビ達を連れてきてやるかなぁ。

焼き餃子◇大三元

夜は家族で大三元@有田で外食。
焼き餃子は
焼き付けたガリガリとした皮の食感がオモシロイ。 

水餃子◇大三元

ツルン、ツルンの皮の見た目が微笑ましい水餃子は
ねっちりと素朴に粘る皮のヒキが、コレまた愉快。

数量限定の餃子鍋や、サツマイモがアンの芋餃子など
気になるメニューが満載。 

麺屋吉蔵:ラーメン480円。福岡市早良区東入部2-10-3。Pあり。

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン197● うどん89●そば45● その他51
◎今月の総ジョグ距離:9km / 通年356km

Posted by heno at 12:00 | Comments [2]

2007年10月20日 土曜日

●輪行? or ツーリング??

 午前8時過ぎに目覚めると、外は青空。本来ならヤラねばならない仕事があるのだが、うずうずと遊び心が騒ぎ出す。

 明日から頑張ればナンとかなるかぁ。

 今日はスパッと遊んで鋭気充電!と、先々週に続き高速バス輪行。

天神バスセンターからバスに乗ろうとすると
畳んだ自転車をビルの3階まで運ばねばならず、面倒。
なので今日は中洲バス停から乗車。
小倉行きに乗り、引野口で下りる。

粗碾き蕎麦◇芭蕉庵

まず向かったのは芭蕉庵。
お目当ては、モチのロンで粗碾き蕎麦!

ザクッとした歯触りと、にちにちと噛みごたえあるコシとヒキ。
そして噛む毎にふわり広がる蕎麦の甘味。
最近ずっと辛めのつゆだったが、
今日のつゆは以前の甘めのタイプ。
北九州では辛汁が受け入れられなかったのか?
それとも粗碾き蕎麦のみ甘めの汁なのか??

11月23日に新蕎麦祭り開催とのこと。
行きたい!でも、既に仕事の予定が入っているなぁ……。

国道3号線をGO WEST、
北九州に来るとついつい立ち寄り買ってしまう
シロヤのサニーパン&黒胡麻フランス。

ポタリングの気安さで
久方ぶりに黒崎商店街を、ぶらり散歩。
背の高い立派なアーケードに、今さらながら感心。
石炭景気に湧き、
日本を代表する工業地帯として栄えた在りし頃は、
博多なんか比べものにならないくらい
栄え賑わっていたのだろうなぁ。

 

商店街の一角にレトロな中華料理店を発見。
早々に突入!とイキたいところだが、
後ほど薬王寺で蕎麦を食べるつもりなので、グッと我慢。

いつもなら旧3号線を走るのだが
たまには違う道をと遠賀町から県道を南へ入る。
と、コレが大間違い……。
延々と上り坂が続く、続く、続く……。
フォールディング・バイクのBD-1に買い換えたとだし
今後はハードなツーリングは止めて
お気楽輪行をノンビリと楽しもうと思っていたのだが…。

2時間弱の悪戦苦闘の末、
ナンとかカンとか薬王寺温泉に着く。

犬鳴山麓の小さな温泉地、薬王寺。
4軒ある旅館のひとつ、偕楽荘で汗を流し、
さぁさぁ、お目当ての蕎麦を啜るぞ!と
薬王山 桜花そばへと向かう。

が………

「本日は麺切れの為閉店致しました」とのツレない張り紙。

激走で疲れ切った脚&減りまくった腹を
騙し騙しペダルを漕ぐこと1時間、
どうにかこうにか名島亭へたどり着く。

 ラーメン◇名島亭

外連味のない実直豚骨は相変わらずの旨さだが、
以前より味わいが丸くなった気がするなぁ。

なかなかにキツかったが終わりよければすべてよし。
次回は下関「紅葉狩り蕎麦喰い輪行」で決まり!

芭蕉庵:粗碾き蕎麦800円(金曜&土曜のみ)。北九州市八幡東区尾倉2-7-10。 11:00~15:00、日祝休み。 Pあり。

名島亭:ラーメン450円、替え玉100円。福岡市東区名島2-41-7。11:00~19:00、 日曜休み。Pなし。

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン196● うどん89●そば45● その他51
◎今月の総ジョグ距離:9km / 通年356km

Posted by heno at 11:49 | Comments [3]

2007年10月19日 金曜日

●美味透明豚骨

 朝一番、社内での雑務をガツガツ片付け、得意先回り。川端から太宰府へと移動し、午前の部が無事終了。次の予定は午後1時に天神。 ならば時間の余裕もあることだしサクッと昼麺、いけ麺を目指す。

 福岡県庁のすぐ裏手に7月にオープンしたいけ麺。まだ開店3ヶ月なのだが、店のオペレーションはスッカリ落ち着いている。 前回啜ったときも感じたのだが、この店は新店らしからぬ「風格」を感じるなぁ。

白ラーメン◇いけ麺

 ほどなく運ばれてきた白ラーメンは、瑞々しく澄んだ透明スープが魅惑的。どらどらとレンゲで一啜りすれば、 見た目同様にナンとも瑞々しく柔らかなる滋味。まるんっと舌を包み込む、だしの自然なほの甘さにフォーリン・ラヴ。いやはや、 コリャいいスープだなぁ、と感心しきりで、思わず更にもう一啜り。

 合わさる細麺もカナリ美味。にちっと歯にまとわりつくように解ける粘り腰が滋味スープと相性抜群。 シャキシャキのキクラゲとの食感のコントラストもコレまた楽し。

 透明スープはモチロンだが、粘り腰細麺も前回食べた濃い味「いけ麺」の麺とは異なる印象。それぞれのスープに合わせ、 2種類の麺を仕入れているのだろうか?厨房奥のスープ室に見える大ぶりの2つ寸胴鍋に、店のヤル気を感じるぞぉ。

 店員の勧めに従って卓上の青唐辛子を入れてみると、適度な辛味と青臭さが滋味スープへ映り、コレまたナンともイイ感じ。 今は無き透明豚骨スープの名店、マルセンを想いつつ、ズルズルと啜る。

とんこつラーメンいけ麺:白ラーメン580円。福岡市東区馬出1-10-13。 11:00~21:00、不定休。Pなし。

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン195● うどん89●そば44● その他51
◎今月の総ジョグ距離:9km / 通年356km

Posted by heno at 12:38 | Comments [0]

2007年10月18日 木曜日

●お麺はブログWATCH ~うどんもつけ麺ブーム?~

久原本家 茅乃舎のブログによると『九州でも稀な形式の「茅うどん」を誕生』 させたとのこと。「こしが強く、のどごしの良い麺」を「独自の「半生がえし」のつけ汁」で、つけ麺として食べるのだとか。 喰ってみたいが、ナンだか高そう……。

Posted by heno at 23:03 | Comments [2]

●性懲りもなく新たなる決意

 昨日のブログをアップしつつ、ふと気付く。

 「◎今月の総ジョグ距離:0km / 通年347km」……。

 てことは、今月は半月全く走っていない。しかも通年で僅か347kmとは……。昨年の青島太平洋マラソンのあまりの不甲斐ない展開に一念発起、 今年こそチト気合いを入れてトレーニングするゾッ!との決意した正月の気持ちは、今何処?

 一時の多忙タイフーンは去ったものの、次々と新たな仕事が舞い込み、そのやり繰りに気を揉む毎日。自然、晩酌の酒量が増え、結果、 翌朝まで酒が残り、ズルズルとなし崩し的に走らず仕舞の日々が続く。

 が、コレじゃイカンッ!改めて気合い注入!!あと2ヶ月を切った青島太平洋マラソンへ向け、明日から精進&鍛錬するゾッ。4時間半のタイムを目指し、 本番までの練習目標300キロ走破。今年はナンと東国原知事と欽ちゃんが参戦するとか。ならば欽ちゃんチック横走り走法で目標達成し、 歓喜のハイタッチ!!

 第21回青島太平洋マラソンまで、あと52日。

担々麺◇博多ゆるり

巷で評判のゆるりの担々麺を遅ればせながら実食。
スッキリとクリア、かつ上品な味わい醤油スープに
ちょっと武骨な中太麺で、シッカリ丁寧な味わいがカナリ好印象!
なれど、元来下世話な我が舌には、ちとパンチ不足か。

そして器。
四角っぽい成形がオサレではあるが、
底が浅く、かつラーメンドンブリの様に
半休状に湾曲する事なく
平面な底部分の形状で
レンゲでスープが掬いにくいことおびただしい。

で、我が結論は、ゆるりは葱そばに限る!

博多ゆるり: 担々麺600円。福岡市博多区博多駅東2-16-14。 11:30~14:00&16:30~26:00 (土日祝は夜営業のみ)、日曜休み。Pなし。

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン194● うどん89●そば44● その他51
◎今月の総ジョグ距離:0km / 通年347km

Posted by heno at 22:50 | Comments [2]

2007年10月17日 水曜日

●否豚骨元年?

 太宰府の得意先への納品を終え、午前中の仕事が一段落。午後からの山積する雑務に備えパワーチャージ、MANIC SOMEDAYで移転を知ったお花へ向かう。

お花

 住所を頼りに訪ねるとトライアル裏の川沿いに、直線を基調としたモダンな建物。そして新築ピッカピカの店内は、 正午前だというのに既に七割方埋まっている。通りから入り込んだ立地なれど、大した人気ぶりである。

 空いていたカウンター席へ滑り込み、壁の高いところに掲げてあるメニューを見ると、前回、移転前の店舗で食べたときにエラク気になった塩ラーメンが消え、 夏季限定だった担々麺がパーマネントメニューに昇格している。

 久しぶりだしデフォルトの支那そばか?と思うも、その横に書かれている「葱そば」の文字がエラク魅惑的。で、葱そばをたのむ。

葱そば◇お花

 いやぁ、コリャ参ったなぁ……。
 だって、チャッチャクチャラに旨過ぎヤン、コレ!

 啜った瞬間、ふわふわふわぁ~と柔らかに広がるナンとも優しい旨味。動物系に魚介系に野菜系のだし。そして風味抜群の香味油。 いろんな旨味がどれひとつ突出することなく、ものの見事に一体化した、芳醇なるソノ味わいは正に悶絶モノ。

 合わさる麺も、どこか新潟名物へぎそばチックなニッチリと歯にまとわりつく感じが、あな面白し。 シャクッと弾ける白髪葱が歯触り&風味の好アクセント。途中、荒切りチャーシューのモチモチ感も時折楽しみつつ、ずびずびずばんっ! と一気に完食。

 移転を機に更に旨さが増した感のある超美味&大満足な一杯に感動。吉興行徳家博多ゆるり麺8-34にここお花と、今年は否豚骨ラーメンが大当たりぃ~!!

支那そば屋 お花:葱そば680円。福岡県志免町別府541-17。木曜&第3水曜休み。Pあり。

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン193● うどん89●そば44● その他51
◎今月の総ジョグ距離:0km / 通年347km

Posted by heno at 11:58 | Comments [6]

2007年10月16日 火曜日

●秋&胡麻杯麺

 ガッツリ仕事が立て込み外麺ならず。で、カップ麺二題。

「秋限定」の文字につられ啜るも
ヘンな誇張ナシの潔い味わいが好印象。
キノコよりゴマの風味が納得の一杯。

で、コチラも秋茄子は嫁にナントヤラな季節商品。
別袋で付いた七味唐辛子には
エラク多めの白ゴマが入っていて、
コレがナンともいい味出してマス! 

Posted by heno at 22:36 | Comments [0]

2007年10月15日 月曜日

●ナルホド、納得

 朝一番、以前出していた企画書に関するの打ち合わせ。若干方向修正すれば、ナンとかイケそうな手応え!で、午前中の予定変更。 シコシコと企画書をリライトし直し、早午後3時前。午後4時からの薬院の得意先での仕事を前に、サクッと遅い昼麺をと、大橋へ向かう。

 らーめん39番

 大橋交差点の東、旧県道5号線沿いに今年の春オープンした、らーめん39番。福岡のはしっこでもそもそ(ブログ開設2周年オメデトウ!)でその存在を知り、 ずっとずっと気になっていた店だ。

 「いらっしゃいませぇ~!」

 元気な夫婦の声に迎えられ店内へ。10席ほどのカウンター席と、右奥は小上がり席。こじんまりとした店内だが、 綺麗に整頓されていて居心地良し。

 午後3時過ぎという完全なるアイドルタイムなれど、先客4名。内2名は学生らしき二人連れ&あと2名は常連客らしきお父さん達。 昼ビールを楽しみつつ、若き女将さん相手に夫婦間の機微を朗々と説いている。開店わずか半年にして、既に老舗ラーメン店の午後の風景。 ご近所さんにしっかりと愛される店になっているようだ。

ラーメン◇らーめn39番 

  ほどなくラーメンが運ばれてくる。まずはスープと、レンゲで掬い一啜りすれば、ふわりと広がる甘味と、 それを優しく後押しする豚骨だしの柔らか味。そして、すっと鼻へ抜ける芳ばしい香りは、豚骨を長時間火にかけてスープをとった証なのか?

 そして、細めの麺の揚げ具合がコレまた抜群。「コリッ」と奥に芯を残しつつ、「にちっ」と軽やかな粘り腰も併せ持つ複層食感が、 あな極楽。そして更に、キクラゲの「シャクッ」と、チャーシューの「もっちり」。シンプルな作りながらも、ナカナカに懐深い丁寧美味。 ナルホド、いろんなブログで高評価なわけだ。

 誠実なる味わいが嬉しくて、ついつい禁断の替え玉。卓上の辛子高菜をドーピングし、ずるずる啜るヒトトキのシアワセ。

らぁめん39番地:ラーメン500円、替え玉100円。福岡市南区大橋2-15-12。 11:30-22:00、不定休。Pなし。

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン192● うどん88●そば43● その他51
◎今月の総ジョグ距離:0km / 通年347km

Posted by heno at 15:06 | Comments [4]

2007年10月14日 日曜日

●耳のご馳走、口のご馳走

 毎年楽しみにしているミュージックシティ天神。10月中旬の土日、天神の街のそこかしこがステージとなり、 様々なジャンルのミュージシャンのライヴが楽しめるのだ。昨年は仕事が入り断念したが、今年は目一杯楽しむゾォ。

 警固公園ではダンスホールスタイルのレゲエ・ライヴ。DJの打ち込み&サンプリングデータ& スクラッチに合わせ唄う二人のヴォーカル。このスタイルが時代の主流なのだろうが、データ演奏は、やっぱイタダケナイ。 生身の人間達が汗水流しながらの演奏に魅力を感じる我は、時代遅れの偏屈音楽ファン。

 で、向かったのは大丸パサージュ広場・ステージ。毎年、フェス2日目の午後は、老舗のライヴハウス・コンボが企画するジャズ・ライヴが行われるのだ。

 一組目の演奏が終わり、お目当ての福岡城が登場。2年ぶりに見る彼らのステージだが感想は相変わらず、カッチョイイ!の一言。 トロンボーンが女性にメンバーチェンジし、その影響かハードな曲が減った気もするが、なんのなんの。 聴き応えある演奏に心地よく溺れる。

 続いてステージに立った今沢カゲロウは、ベース1本で世界を渡り歩き、年間250本ものライヴをこなす、 人呼んで"Bass NINJA"。6弦ベースにサンプリングマシーン&エフェクターをズラリ繋いで完全武装、 エッジの立ちまくったビートでリズムのラビリンスに単身挑む。弦を激しく叩くその様はチョッパー奏法と言うより、 ジャコパスが憑依した津軽三味線。

温つけめん◇入船食堂

昼麺は入船食堂で温つけめん。
前回啜ったラーメンは今ひとつピンと来なかったのだが、
このつけ麺はドンピシャ我がツボ!

多めの脂と外連味のない豚骨だしがきいた温つけ汁は
ほんのりと優しく甘い感じが
誤解を覚悟で例えるなら、バカ旨玉子かけご飯的美味。

価格も600円と、つけ麺にしては低価格。
さらに差し出すときに
「食べ終わったらスープ割りもできますよ」と
わざわざ教えてくれるオペレーションに、愛も感じる。
コレで麺にもう少し色気があれば、
そして具のウズラ卵やチャーシューを
最初から温つけ汁の中に入れてくれたら、
ハードローテーション入り間違いナシ! 

入船食堂:温つけめん600円。福岡市博多区住吉4-15-6。11:00~15:00&21: 00~24:30、不定休。Pなし。

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン191● うどん88●そば43● その他51
◎今月の総ジョグ距離:0km / 通年347km

Posted by heno at 11:31 | Comments [2]

2007年10月13日 土曜日

●てろやわ礼賛

 昨夜の深酒が祟り、どよんと澱んだ脳味噌。

 くふぅ…、こりゃタマランわぁ。
 こんな時は、ほっこりうどんに限るわなぁ。

 で、気分は目一杯、琴平モード。

琴平

 赤坂の中央体育館横にエンジの暖簾。かれこれ20数年前か、バンドの先輩・I上さんに連れられ啜って以来、時たま思い出し、 無性に恋しくなる滋味系。

 屋号は「琴平」だし、卓上に薬味としておろし生姜が置いてあるしで、目一杯讃岐うどん屋チックなのだが、出てくるうどんは、 テロテロやわやわの博多系うどん。さぁて今日は何を啜ろうか?と壁に掲げられたメニューを見上げると、いの一番に目に付いたのが、 「鴨うどん500円」。

 直感に素直に従い鴨うどんをたのみ、ふとカウンター奥の厨房に目をやると、

 おおぉ、生のうどんを釜に入れているぞぉ!
 て、ことは、揚げ立てうどんにありつけるのかぁ!!

鴨うどん◇琴平

 客の多い平日昼は予め多めに茹で置いたうどんで対応している琴平だが、土曜日の、しかも開店直後の午前11時半過ぎ。 やっぱ揚げ立てうどんを狙うなら開店直後が一番、てことかぁ、など思いつつ待つことしばし。

 うっはぁ~、こりゃ旨そうだぁ……。

 運ばれてきたドンブリからは、ソリャもうナンとも言いようがないくらいに超ウルトラ芳しく、かつ芳醇なるダシの香り。ああタマラン、 すぐ喰ひたひっ!と、むんずと両手でドンブリを抱えれば、掌にジンワリ伝わるスメの温かさが心地よい。

 ドンブリを口へと運ぶ。と、アッツ熱の触感とともに豊かに広がる魚介ダシの風味と鴨肉から出たダシの旨味。 適度に華がありつつも決して華美に走らず、イイ感じに抑揚のきいた上出来滋味に、うっとり。

 さぁて、ならば揚げ立てうどんを頂くかぁ!と一筋箸で摘み、ずずっと啜れば、ナルホドいつもより数段コシがある。が、 ナンかしっくり来ないなぁ……。

 理由は明快、旨いスメとコシのある麺が、互いに己の旨さを誇示し、ケンカをしてしまっているのだ。 いつものテロテロやわやわうどんの方が包容力があり、芳醇なる味わいのスメを懐深く受け入れ、共に一体となり、更なる美味へと昇華する。

 うん、次回からは平日昼に来ることにしよう。

琴平:鴨うどん500円。福岡市中央区赤坂2-2-47。月曜休み。Pあり。

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン191● うどん88●そば43● その他50
◎今月の総ジョグ距離:0km / 通年347km

Posted by heno at 11:26 | Comments [4]

2007年10月12日 金曜日

●どうした?久留米

 今日もイロイロ&セコセコ多忙。ならば昼麺でパワーチャージ、取りあえず一段落ついたことだし、と次の現場へ移動の途中、大龍の空港東店へ転がり込む。

大龍空港東店

 久留米の人気ラーメン店の一軒、大龍がついに福岡都市圏へ進出。先月オープンした空港東店の面する五斗蔵交差点には、 一楽志免店島系本店と、新旧2軒の人気店が隣接。さらに太宰府へと続く県道沿いには幸龍喜龍天龍など、奇しくも大龍と同じく屋号に「龍」がつく人気ラーメン店が軒を並べるドラゴン・ ラーメン激戦区。コリャ正に「殴り込み」 ですわなぁ。

ラーメン◇大龍空港東店

 思い起こせば30年前。久留米大学へ進学したポン友、R&R Doctor H橋に連れられ啜った大龍花畑本店の一杯が、 我にとっての久留米ラーメン初体験であった。

 20席弱のL字のカウンター席は満席。しばらく待って無事着席、そしてさらに待つことしばし。運ばれてきたラーメンを見て、 まず驚いたのが、ブクブクと小さな気泡がたくさん浮いたドドメ色のスープ。そしてチャーシューメンのごとく多めに盛られたチャーシューと、 海苔。

 車で僅か1時間弱の距離だが、博多のラーメンとは随分違うなぁと、おっかなびっくり。しかしまた、 何でラーメンに海苔がのっているのかなぁ?と箸で摘み口へと運ぶ。と、

 う、旨い……。これ、チャッチャクチャラに旨いヤンっ!

 上出来豚骨スープ特有の、芳ばしくほの甘い脂が存分に染みた海苔がトロンと口の中で溶ける感触に、まず感動。そしてスープ。 啜った瞬間、ふわりと鼻へと抜けるニンニクの風味と、ドッカリ舌にのる豚骨だしの濃密なる旨味。さらに、濃い味スープに相性抜群の中太麺。

 息せき切り、ズルズル、ズルルゥ~と一気に啜り上げ、ほっと一息。

 コレが久留米ラーメンかぁ。タマランなぁ、この旨さは……。

 時は巡り、世はラーメン・グローバル化時代。日本各地のご当地ラーメンが次々と開店し、福岡にいながらにして楽しめる。今年後半、 特に顕著なのが、久留米ラーメンの福岡進出。大砲天砲もち月、そしてここ大龍と、矢継ぎ早の開店&移転ラッシュ。が、 グイッと我が好みだったのは天砲のみ。

 どうした、久留米。豚骨発祥の地のソコヂカラを味せてくれ。

大龍空港東店:ラーメン530円。福岡県志免町別府五斗蔵670-2。11:00~24: 00、無休。Pなし。

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン191● うどん87●そば43● その他50
◎今月の総ジョグ距離:0km / 通年347km

Posted by heno at 12:38 | Comments [0]

2007年10月11日 木曜日

●ヤル気の居酒屋系

 相変わらずセコセコと多忙なる日々。今日も今日とて早朝からイロイロと仕事の段取り&書類作りに追われ、早午後1時。そして、 会社近くでの打ち合わせをこなし、早午後2時半。午後4時からの薬院の取引先での仕事を前に、せめて昼麺。高宮のがんばらんばへGO!

がんばらんば

 弊社の麺新店情報通であるN嬢に教えてもらったがんばらんば。今泉の人気居酒屋が、西鉄高宮駅に新店をオープン。 元は寿司屋だった建物を建て替え、1階がラーメン屋&2階が水炊きともつ鍋居酒屋として営業予定だが、 2階のグランドオープンを前に今月8日に1階を先行オープン。

 通りに向け広々と取られた開口部&ナチュラル・ウッドの色調のインテリアが、セレブな住宅街のイメージがある高宮にお似合い。 およそラーメン屋らしからぬコザッパリ&コンサバなオサレ系。で、午後3時過ぎだというアイドルタイムなれど先客4名&その全てが女性客。 開店3日目にしてガッツリとオサレな地元女性客のハートをゲット!?

 メニューはラーメンが豚骨&醤油の2種類に、昼時はご飯と餃子のお得なセットもアリ。 通常ならメニュー筆頭の豚骨ラーメンをたのむところだが、事前情報によると豚骨はかなり脂多め=オイリーなスープなのだとか。最近めっきり 「豚骨は滋味系に限る」な私ゆえ、すごすごと醤油らーめんをたのむ。

醤油らーめん◇がんばらんば

 待つことしばし、運ばれてきた醤油らーめんもウワサの豚骨同様に、かなりオイリー。そして味わいも見た目通り。 脂の甘みと香味油の風味で喰わせるタイプ。ルックス然り&味わい然り、福岡のオイリーな醤油ラーメンの代表格である吉兜@ 高砂に相通ずる創作オサレ系。

 そしてドンブリも、もち月チックな開口部小さめ&腰高タイプと、とことんオサレ系なのだが、ところがどっこい、 麺は超武骨。中太のストレート麺は、見た目以上に強靱&素朴なコシを辺り構わず主張する暴れん坊タイプ。 コレでもかと大盛りのシナチクのコリコリ食感と、コレまた大盛りの太モヤシのシャキシャキ食感とのコラボがインパクト大。

 ネットで調べてみると、ナンとオーストラリアに「麺バカ がんばらんば」なるラーメン店を近日オープン予定とある。しかも「とんこつ・塩・ 冷やし塩など多彩な麺メニューを企画中!」とか。

 「冷やし塩」、啜ってみたひっ……。

がんばらんば:醤油らーめん600円。福岡市南区高宮3-7-5。Pなし。

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン190● うどん87●そば43● その他50
◎今月の総ジョグ距離:0km / 通年347km

Posted by heno at 14:58 | Comments [0]

2007年10月09日 火曜日

●目指せ、師匠越え

 日帰りで熊本出張。熊本空港へ大阪からのお客様を迎え、まずは昼麺。念願のまるまうどんへ向かう。

まるまうどん

 けんちゃん情報でその存在を知ったまるまうどん。我が「No.1 讃岐うどん in 九州」 であるてる山@熊本市画図町の暖簾分けで、今年の春にオープンしたとか。となれば、自然、 美味うどんへの期待が募りマクリ!

 熊本市南部の工業団地のはずれにあるまるまうどん。午後1時前、師匠店より気持ち広めの店内は8割方客で埋まっている。 年配の女性グループや若者など、幅広い客層で賑わっている。開店半年にして、しっかりと顧客を掴んでいるようだ。

 空いていたカウンター席に座りメニューを見ると、うどんは師匠店とほぼ同じラインナップなれど、加えておじやとミニ丼が充実させ、 自店ならではの個性を演出。

生醤油うどん◇まるまうどん

  ほどなく運ばれてきた生醤油うどんは、すっと麺線の通った超美人。コノ生地の深い乳白色&太めの切り方こそ、 正にてる山仕込み。生醤油をちょろり振りかけ、ずずっと啜る。

 と、「む、む、むっちりぃ~」と抗う懐深い強腰&噛み切れた後も「ぶるんっ、ぶるんっ」と口の中で踊る様が、うしゃしゃと極楽。 そしてさらに、解けたときの仄かな甘味。

 師匠譲りの、力強く、かつ端正なる旨味はさすがである!コレで師匠店うどんのアノ瑞々しい食感をも兼ね備えれば昇天必至。

鴨すきめんちゃんこ◇めんちゃんこ亭

夜は藤崎の焼鳥屋で飲み、〆はめんちゃんこ亭で
新メニュー「鴨すきめんちゃんこ」。
確かにスープに鴨の旨味が映り美味ではあるが
700円オーバーの価格と合わせて考えるとカナリ疑問……。

それはそうと、またまた麺が変わったかぁ?

まるまうどん:生醤油うどん大盛り(価格失念)。熊本県熊本市江越2-16-11。 11:00~18:00、日曜休み。Pあり。

めんちゃんこ亭: 鴨すきめんちゃんこ777円。福岡市早良区百道2-8-1。 11:00~29:00、 年中無休。Pあり。

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン189● うどん87●そば43● その他50
◎今月の総ジョグ距離:0km / 通年347km

Posted by heno at 12:56 | Comments [0]

2007年10月08日 月曜日

●ふくおか十麺相 その九 ~鉄都は大衆麺パラダイス~

 北九州市戸畑の市場や食堂で古くから親しまれているチャンポンは、キャベツにモヤシに蒲鉾にイカと一見なんの変哲もない。が、 具の下に隠れためんが特徴的。チャンポンと言えば、太いめんをイメージするが、具の底から姿を現しためんはかなり細い。

 「普通のチャンポンめんは茹でて仕上げるのですが、うちのめんは蒸すんです。作り方が全く違うんですよ。」 と語るのは田中製麺所の3代目店主、田中龍さん(43歳)。昭和15年頃、 取引のあった中華料理店の中華まんの蒸籠蒸しをヒントに初代が考案したという製法を、今も忠実に守る。

 めんのコシを決めるグルテン。通常のめん作りにはグルテンが多く含まれる強力粉や中力粉が使うが、 蒸し麺にはグルテンの少ない薄力粉を使う。練り上げて作った生麺を木製の蒸籠に並べ、強い蒸気で10分ほど蒸した後蒸し器からおろし、 強い風を当てて一気に乾燥させる。生地の練り具合と蒸し加減の兼ね合いでめんの味と食感が決まるという。

蒸し麺チャンポン_福龍

 戸畑チャンポンの老舗の一軒、福龍で食べてみた。なるほど太い茹で麺のチャンポンとは明らかに食感が違う。 細い蒸し麺はシュルシュルと小気味よく口に収まり、更に強いコシともちもち感を併せ持つ、独自な味わいである。戦後の高度成長期、 製鉄所が繁栄していた頃は、工場で働く労働者達がこの味を求め列をなしたという。

 かつては日本四大工業地帯のひとつとして栄えた北九州は、戸畑の蒸し麺チャンポンに加え、小倉北区の乾麺を使った焼きうどんや、 小倉南区の角切り肉が具の「どぎどぎうどん」など、土地々々で愛される「ご当地めん」が数多く残る、庶民派グルメのパラダイスなのだ。

田中製麺所:蒸し麺10食入り600円。福岡県北九州市戸畑区牧山1丁目1-21。

福龍:チャンポン630円。福岡県北九州市戸畑区中原西1-1-36。11:30~21:00 (水木は20時まで)、日曜定休。Pあり。

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン189● うどん86●そば43● その他49
◎今月の総ジョグ距離:0km / 通年347km

Posted by heno at 23:13 | Comments [0]

●リン、リン、輪行!

 朝目覚めると、空にはどよんと重たい雲。

 あかん、今日は諦めるか?輪行を……。

 しばし迷いつつ、ネットで今日の天気予報をチェックすると、降水確率が午前中は80%なれど、 午後からはわずか10%!

 よっしゃ、こりゃイケるはずっ!

 早々に身支度&装備を調え、BD-1に跨る。

 小径輪の折りたたみバイク・BD-1に買い換えた理由のひとつが、高速バス輪行。通常、 自転車の持ち込みは禁止の高速バスなれど、コンパクトサイズに折りたたんだ自転車なら、いわゆる手荷物扱いで乗車可能と、 どこぞのブログで読んだ記憶がある。

 我が最終目標は讃岐うどん輪行。今年夏に開設された福岡~高松間の高速バスは往復で14400円と、 片道12580円のJR新幹線に比べ随分とリーズナブル価格。その布石として、まずは近場の小倉まで、高速バス輪行だっ!

九州高速バスHP「楽バス」で
小倉までならバスカードで精算できることを知る。
5000円で5750円分利用できるバスカードなら
福岡~北九州間の1000円の運賃が
実質1割5分引きの850円でOK!

天神のバスセンター前に着き、変身開始。
まず、後輪を抱き込むように折りたたみ…

前輪もぐるりと大きく抱き込んで…

ハンドルを斜めに折れば、
わずか30秒でコンパクトサイズに変身完了。

輪行バックに入れ車内へ持ち込む。
と、ナンと座席スペースにすっぽり収まるではないかっ!
コリャ使えるなぁ。

ノンビリとバスに揺られて1時間半、小倉に着く。
自転車を組み立てまず向かったのは旦過市場。
連休とあって閉まっている店が多く、いつもの活気がないのが残念。

我が目当ては小倉の郷土食である
イワシのぬか床炊き。
米ぬかと鷹の爪の風味がクセになる大衆美味。

その後、魚町銀天街などプラプラと街散歩を楽しみ向かったのは
最近、西小倉駅前に移転オープンした麺8-34。

しおらーめん◇麺8-34

 しお、醤油、しお白湯、醤油白湯の4種のメニューから
筆頭に書いてあるしおをチョイス。

ぐりんときいた鶏ガラだしの奥に干しシイタケだろうか、
更なる芳醇なる旨味が顔を出す。
にっちり抗うも、最後はサクッと解ける麺もドンピシャ我がツボ。
コリャ以前より数段旨く鳴ってるゾォ!
こりゃ是非とも残り3種も食べてみたいゾォ!!

移動中の高速バス内の携帯メールで
さんより情報収集したアウトドアショップ、BROSを覗き
GO WEST、八幡東区へと向かう。

ひたすら続く旧電車道のなだらかな坂も
ペダルの軽い小径輪なら楽々すいすい!
本日のお目当て麺2杯目を愛蕎で。

釜揚げ蕎麦◇愛蕎

我が目当ての釜揚げ蕎麦は
ほっこりと解ける蕎麦の風味豊かな味わいがタマラナイ。
 途中、黄身を割り、味の変化も楽しみつつズルズル啜る。


ウルトラ細かく切った白葱は
ちりちりと縮れた食感が未体験の面白さ!
丁寧な仕事が生み出す極上美味に
うっとりしつつ濃厚蕎麦湯を、ゆるりと楽しむ。

予定では八幡西区でもう一麺楽しむつもりだったが
如何せん腹一杯。
遠賀町までポタリングを楽しみ、JRで帰る。
ノンビリ楽ちんな輪行ポタ、次回は下関へでも出かけてみるか。

麺8-34:しおらーめん500円。福岡県小倉北区室町2-11-5。

愛蕎:釜揚げ蕎麦750 円。 北九州市八幡東区大蔵2-11ー9。 11:00~15:00、火曜休み。Pあり。

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン189● うどん86●そば43● その他48
◎今月の総ジョグ距離:0km / 通年347km

Posted by heno at 16:45 | Comments [3]

2007年10月07日 日曜日

●ほっこり休日

 久方ぶりに家族と過ごすノンビリ休日。「いつか活きたイカを喰わせてやる」とのチビ達との約束を果たしに呼子へGO!

 とは言いつつも何せ麺馬鹿一家。で、まず立ち寄ったのは田の久@唐津。かれこれ5年ぶりか、久方ぶりに訪ねると、店に入った途端、 美味豚骨店特有のアノ香りが鼻を擽る。

ラーメン◇田の久

ドッカ~ン、大当たりぃ!!

「最近更に旨くなった」とのマニ情報にイツワリなし、
呼び戻し製法で取られたのか?
どっしりとダシの旨味がきいた極旨豚骨に
家族全員大満足。
 

コスモスを愛でに相知町佐里へと向かう。
こんな事情で昨年閉園した佐里コスモス園に
代わって開園した秋桜ガーデンは3分咲き。
園の規模はカナリ縮小されたが、
入園料が無料になったことだし、
今月末あたり再訪してみるか。

その後、陶器フェチのカミさん孝行にと
有田の有田焼卸団地へ立ち寄り、
温泉フェチのチビ達孝行に
伊万里のウェルサンピア伊万里で温泉に浸かり、
本日のメインイベント、呼子へ向かう。

 IMG_0274

呼子と言えば一夜干し。
路傍にズラリと並ぶ屋台の試食を楽しみつつ
町をブラリ散歩。 

IMG_0276

そして、呼子と言えばイカの活き作り。

透明の身を
初めて目にし、「わぁ、スゲェ~!」、
 初めて口にし、「うわぁ、ウメェ~~!!」。
大喜びのチビ達の様子がナニヨリのご馳走。
ナンとも極楽なる家族の休日。

田の久:ラーメン450円。唐津市石志3274-1。11:30~19:30、水曜休み。Pあり。

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン188● うどん86●そば42● その他48
◎今月の総ジョグ距離:0km / 通年347km

Posted by heno at 11:46 | Comments [5]

●お麺なブログWATCH ~秋はつけ麺?!~

わくう店主のブログによると、今日、塩カレーラーメンがデビュー。さらに今月中には、待望のつけ麺が、 カレー味と醤油味の2種類デビューとのこと。ああ、待ち遠しいぞぉ。

○移転のため一時閉店中の行徳家だが、ウワサでは12月中旬に八ちゃん@野間のすぐ近くに再オープンとのこと。

Posted by heno at 08:16 | Comments [0]

2007年10月06日 土曜日

●おNEWでGO!

 事の起こりは先週のくじゅう。向かう車中でアレコレと四方山話に花が咲く。と、マニちゃんが、

 「そうそう、へのさんはBD-1が欲しかったんですよね?
  太宰府のスポーツデポで安く売っていましたよ。」

 で、どらどらと行ってみると、わぉ、本当に安売りしている!2005年モデルなれど、 スタンダードモデルが99,900円と大台の10万を切っている。そして、1ランク上のカプレオモデルも109,900円。しばし考え、 カプレオモデルを購入。

BD-1

 で、本日待望の納車。早速乗ってみると、小径輪の特性かペダルの漕ぎ出しがエラク軽く、街乗りが極楽。 今まで乗っていたTrek7200の重さにスッカリ慣れきっていた我が身にとっては正にサプライズ的取り回しの良さに感動!

 2008年のスタンダードモデルは2007年モデルより大幅値下げの105,500円。 しかもウワサでは2008年でストレートフレームは生産終了し、以降はモノコックモデルのみとなるらしい。

 ちょいとちょいと、BD-1を欲しがっているアナタ
 ♪ Baby,コレが最後のチャンス ♪(←キャロル風で)かもよぉ~~。

つけ麺◇新風

 おNEWなバイクで新風へポタし、おNEWなつけ麺を啜る。

 試行錯誤を重ね改良したという2007年つけ麺はズバリ男味。 従来のラーメン用のスープに更に豚骨を加え煮出したという濃密豚骨だしに、ガリッときいた魚介だし。どろんと粘度がある口当たりと、 ザラリとした魚粉の舌触りが迫力満点。

 麺も凝っている。うどんのように太めの麺には、 中華料理のだしに使う干しエビをフードプロセッサーで粉状に仕上げ、練り込んでいるとか。さらに、タピオカの粉末も加え、 プリンとした食感を演出。

 そして〆のスープ割りにも一工夫し、専用にわざわざ作った鶏ガラスープを使用。と、 ガリッと濃厚味だったつけ汁が、やんわり優しいほっこり味へと大変身。

 繊細な作りの2006年つけ麺とは対極の意欲作。そこかしこに創意工夫が凝らされた力作に、 ただひたすら感服。

冷ぶっかけうど◇得正

 カレーうどんFC得正であえてNOTカレーうどん、
冷ぶっかけうどんを啜る。
で、結論。

郷に入ってはナントヤラ、カレーうどんを啜るべきだったかなぁ……。

11Goog.gif博多新風:つけ麺700円。 福岡市南区高宮1-4-13。11:30~14:00& 17:30~23:00、火曜休み。Pなし。 

カレーうどん 博多半道橋店。冷ぶっかけうどん550円。福岡市博多区半道橋2-2- 20 ROUND1スタジアム内。24時間営業。Pあり。

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン187● うどん86●そば42● その他48
◎今月の総ジョグ距離:0km / 通年347km

Posted by heno at 15:40 | Comments [4]

2007年10月05日 金曜日

●魂歌&魂麺恋し

 Mステ特番を見た。

 「ナキうた」=泣ける歌&「アゲうた」=気分が盛り上がる歌のベスト100を特集。次々と繰り出されるヒット曲の数々を聞きしつつ、 ふと思う。

 コード進行やメロディ展開がドレもコレも似たもの同士。
 うう~ん、ぬわんだか寂しいぞぉ。

ラーメン◇もち月

久留米大砲関係麺福岡躍進之一、望月。
濃?否、甘味。是正大砲系???
居酒屋かっ?

あっはぁん……。
東京マラソンに申し込むも落選の通知アリ。

麺屋もち月:ラーメン550円。福岡市博多区博多駅南4-17-6。 11:30~14:30&18:00~23:00(日祝11:30~22:00)、水曜休み。Pなし。

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン186● うどん85●そば42● その他48
◎今月の総ジョグ距離:25km / 通年347km

Posted by heno at 12:48 | Comments [1]

2007年10月03日 水曜日

●名は体を表す

 朝からの太宰府での仕事が午後2時半に無事終了し、次の現場である筑紫野市へと移動の途中に昼麺チャージ、 かねてから気になりまくっていた住吉ラーメン太閤へ。

太閤

 旧3号線沿いに素っ気ないプレハブ作りの店舗。そして窓には、久留米への麺ポタで前を通る度、気になっていた「住吉ラーメン太閤」 の文字。

 「住吉ラーメン」て、ひょっとしてアノ住吉亭の暖簾分けなのか?

 午後3時前というアイドルタイムなれど、店内には先客3名。ほうほう、人気の店なのか?と席に座りメニューを見ると、

 うん?「ねぎ山」ねぇ……。

 ラーメンにプラス50円で出来るという「ねぎ山」。「30年間愛され続けたコノ味」みたいなコピーとともに、 こんもりと葱が山盛りされたドンブリの写真。そのルックスは、葱が大盛りな事で有名な博多区の人気店・住吉亭に限りなく近い。

 住吉亭との因果関係を明らかにすべく「ねぎ山」でイクか?と一瞬思うも、昨夜の痛飲がたたりイマイチ胃ヂカラ不足。 デフォルトのラーメンをたのむ。

ラーメン◇太閤

 イイ感じに透明感を残すスープのアッサリとした口当たり&ふわりとほの甘い軽やかなコノ味わいは……。うんうん、 住吉亭チックだなぁ。葱を多めにレンゲに掬い、住吉亭に近い状態で再びスープを啜ると、 シャクシャクと広がる葱の風味と軽やか豚骨のコラボ加減が、まんま住吉亭。同じ旧3号線沿いの元祖住吉亭 白雲荘より、ずっと住吉亭度合いが高い気がするぞぉ。

 住吉亭の卓上名物、辛子高菜も置いてある。が、もう一つの名物である酢は見当たらない。兎にも角にも住吉亭チックな一杯が、 住吉亭よりずっと安く楽しめる。次回は「ねぎ山」だ。

とある駐車場に止まっていたジムニーにお茶目なロゴ。
わはは、好きデス!このセンス。

住吉ラーメン太閤:ラーメン450円。福岡県筑紫野市大字永岡1490。Pあり。

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン185● うどん85●そば42● その他48
◎今月の総ジョグ距離:25km / 通年347km

Posted by heno at 14:47 | Comments [2]

2007年10月02日 火曜日

●ニンニク麺二題

 午後3時からの薬院の取引先での仕事を前に、サクッと昼麺。昨日啜った天砲の師匠、 大砲ラーメンの今泉店で、ずずっ。

 大砲ラーメン今泉店

 すぐ近くのファッションビル、イムズの飲食フロアから撤退し、先月20日にオープンした今泉店。 開店して既に2週間過ぎているのだが、何故か店内のオペレーションがガタガタ。ほぼ満席状態ではあるが、 ほとんどの客がラーメンの出来上がりを待っている。顔がうろ覚えではあるが、多分ほとんどがイムズ店と同じスタッフ。なのに店舗の作りが新しくなっただけで、 これほどドタバタするものなのか。

ラーメン◇大砲ラーメン

 そして、しばらくして運ばれてきたラーメンの味も、オペレーション同様にギクシャク。 ニンニクはきいているが、呼び戻し製法のダシのコクと旨味が感じられないのだ。骨粉や随は丼の底にシッカリ残っているのだが……。 シュルッと口に収まる麺や、もっちりチャーシュー、とろり味玉は抜かりなし。肝心のスープにアノ旨さを、呼び戻して欲しい!

カルグクスセット◇菜づき

夜は豚屋小野でクイクイ飲んで、〆は菜づきでカルグクス。
本場のカルグクスは鶏ダシのアッサリ塩味仕立てだったが
 ココのスープはコッテリ濃厚。
しかも、添えられた赤ダレと付け合わせのキムチに
ニンニクがかなりきいていて
飲んだ後の胃には超ヘビー……。

大砲ラーメン今泉店:ラーメン580円。福岡市中央区今泉1-23-8。11:00~23:00、 無休。Pなし。

菜づき:カルグクスセット:980円。福岡市中央区舞鶴1-8-1。 11:00~26:00(日曜~23:00)。Pなし。

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン184● うどん85●そば42● その他48
◎今月の総ジョグ距離:25km / 通年347km

Posted by heno at 23:01 | Comments [2]

2007年10月01日 月曜日

●「一」つ上を目指して

 極楽なる週末を明ければ、いつも通りの忙しさ。朝早くに出勤し、アレコレと書類を作っていたら早午後1時。 いろんな取引先へいろんな届け物をすべく、社を飛び出す。

天砲ラーメン

 「いらっしゃいませぇ~!
  お一人ですかぁ?そちらのテーブル席へどうぞぉ!」

 途中、天砲でサクッと昼麺。久留米の超人気ラーメン店、大砲で修行した店主が先月オープンした新店である。 なんでも大砲入社2年目にして副長へ昇進、小郡店を立ち上げ繁盛店へと育てた人物だとか。なるほど、店員の明るく、 テキパキとした接客が心地よい。

久留米屋台ラーメン◇天砲ラーメン

 デフォルトにプラス50円で背脂揚げとゆで玉子入りの「久留米屋台ラーメン」。 イイ感じに泡だったスープは、真にシッカリとダシの旨味を感ずるものの、なにせ開店1ヶ月弱ゆえまだまだ若い。だが、「素性」は確かに良い。

 「大」に「一」を足して「天」。師匠越えを誓った店名が象徴的。そして店頭の札も「営業中」ではなく、 「勝負中」。「呼び戻しスープの免許皆伝者」との大砲ラーメン社長・香月氏のお墨付きでもあることだし、 ヤル気みなぎる若き新店の今後に期待大。

あはは、ヤッテもうたぁ……!!

 

天砲ラーメン:久留米屋台ラーメン500円。福岡県春日市一の谷2-18。11:00~22:00、 2nd&4th火曜休み。Pあり。

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン183● うどん85●そば42● その他47
◎今月の総ジョグ距離:25km / 通年347km

Posted by heno at 14:26 | Comments [4]