HENO HENO: 2007年12月27日 アーカイブ

2007年12月27日 木曜日

●二毛作麺

 歳末啜り損ない麺消化企画、第五弾。かれこれ半年前か、すぐそばのいけ麺で食べた後、偶然通りかかり、 店頭に掲げてある手書きのメニュー表にゾッコンLOVEしてしまった、もつ鍋ふか川。

もつ鍋ふか川

 筆頭に列挙されたチャンポン2種。「和風」に「カレー味」と、いずれ劣らぬ魅惑的なメニュー名。 そして更に「煮込みカレーうどん」!!

 なるほど、「煮込み」と来たかぁ……。

 カレーに「煮込み」と言う修飾語が付くと、ナンだか味わいにドえらくコクがありそうで、う~ん、 ソソられるぅ!で、チャンポン2種に惹かれまくりつつもアマリにも官能的なネーミングにヤラれ、煮込みカレーうどんをたのむ。

 カウンター越しに調理が始まる。コンロにかけられた鉄鍋は、もつ鍋用を流用か?そして、 まず加えられる醤油色のつゆも、もつ鍋用?そこにさらにカレールーを加え、一煮立ちさせたところで投入されるうどんは、 スーパーマーケットで売っている袋詰めのタイプ。これももつ鍋の〆麺用を流用か?

 更に一煮立ちしたところで、再度カレールーを足し軽く煮込み、 葱と蒲鉾を入れれば煮込みカレーうどんが無事完成。

カレー煮込みうどん◇もつ鍋ふか川

 味わいは調理作業から想像した通りの大衆味。アッツ熱の食感がカレーの風味を引き立てる。このアイデアはイタダキ! 今度自作で試してみるか?

 しかしこの麺は、もつ鍋用の調理器&食材をトコトン流用した、効率よいメニューだなぁ。この麺用には、 唯一カレーだけ用意すれば良いのだからなぁ。などと思いつつ壁に貼ってある夜のメニューに目をやると、

 「もつ鍋 しょうゆ味・カレー味」??!!

 ナンと、カレーももつ鍋用の流用なのか。コレ正に完全無敵の二毛作麺メニューなり。経済効率然り、鍋焼きカレーうどんを 「煮込みカレーうどん」とネーミングしたセンス然り。卓越した経営センスに感心しきりで店を出る。

もつ鍋ふか川:カレー煮込みうどん580円。福岡市東区馬出2-1-12。 11:30~14:00&17:00~22:00(土祝は17:00~21:30のみ)、日曜休み。Pなし。

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン232● うどん109●そば56● その他62
◎今月の総ジョグ距離:72km / 通年450km

Posted by heno at 13:25 | Comments [3]