2007年12月21日 金曜日

●肝っ玉チャンポン

 いやぁしかし、昨日のめんいちのチャンポンは旨かったぁ。で、歳末に省みれば、今年は異常にチャンポン啜り率が低い気がする。 ならば、追い込み。今日もチャンポン!で、大ちゃんラーメンへ。

 前回のラーメン・リポに対し、「チャンポンも旨いですよ」との多数のコメント有り。 ならばと勇んで入店するも、3名の先客は全てラーメンを啜っている……。

 アレレ?チャンポン駄目かぁ??

 瞬間思うもさに非ず。我に続いて入店してきた4名の客は全員チャンポンをオーダー。俄然高まる期待を胸に、

 すんませぇ~ん、私もチャンポン!

チャンポン◇大ちゃんラーメン

 厨房には前回同様、兄弟らしき大柄の若者二名。内一名が、寸胴鍋からドンブリへスープを取り分け、中華鍋の脇へ置く。と、 厨房の奥の間から、お母さんが登場し、バーナーに着火。

 ゴォ~~~~

 よほど火力が強いのだろう。力強く鳴り響くバーナーに中華鍋をかけ、サラダ油を一回しし、布巾でサッと拭き取る。 そこに中華お玉でラードをカツンッと投入し、まず豚肉とニンジンをざっと炒める。そしてさらに大量のキャベツと太もやしを投入し、 中華鍋を振る。

 ゴォ~~~、カチャンカチャンッ、
 ゴ、ゴォ~~~、カチャンカチャンカチャンッ……

 ナンとも華奢な体型ながらも、その仕事ぶりは正に圧巻。時折火柱を立てつつ鍋を振り、豪快一気に具を炒め上げ、 すかさずスープを投入。

 ジュッ、ジュワジュワァ~~

 立ちのぼる蒸気と共に、美味チャンポン特有のアノ香りが店中に漂う。チャンポン麺を入れサッと煮立て、 仕上げに赤いカマボコを投入し、器へ取り分ける。調理時間わずか2分ほどで、あっと言う間に出来上がり。

 山盛り盛られた具と、トロンと甘いスープ。このイニシエ美味なる豪快チャンポンには、胡椒とウースターソースがよく似合う。 ワシワシと咀嚼する快感と、ガツガツとカッ喰らう醍醐味。コレ正に肝っ玉母ちゃんのシッカリ食事系チャンポンなり。

 うっはぁ~、喰ったぁ…。ごっつぉ~さん、また来ますっ!

大ちゃんラーメン:チャンポン530円。福岡市南区野間2-6。Pあり。

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン229● うどん107●そば54● その他61
◎今月の総ジョグ距離:51km / 通年479km

Posted by heno at 2007年12月21日 12:49
コメント

大ちゃんのちゃんぽんは食べたこと無いですね!チャーハンが美味しかったのは記憶してますが、今度チャレンジしてみます!

Posted by タンシン at 2007年12月23日 16:06

ハイハイ、どうぞぉ~!
でも、もし気に入らなくても怒らないデネ。

Posted by への at 2007年12月25日 00:59