2007年12月23日 日曜日

●若蕎麦

 はぁい、休日出勤。午前中の打ち合わせを終え、せめて昼麺。そう言や、昨夜satoyanよりメール有り。なんでも薬院に「ひら川」なる蕎麦新店がオープンしたとか。

 こいつぁ、気になるっ!でも、待てよぉ。
 蕎麦新店と言えば、扇やま。開店したのかなぁ?

 で、どうせ通り道だからとダメもとで立ち寄ってみると、おおヤッテいる!

そば扇やま

 鳥飼病院横にシックな黒い外観。開店祝いの色とりどりの花々とのコントラストがナンともおしゃれ。引き戸をくぐると、 落ち着いたメープル色のテーブル席が5卓ほどのこぢんまりした店内には先客ナシ。

 「いりゃっしゃいませぇ。」

 店奥からお茶とメニューを持ち、奥さんが現れる。30代前半だろうか、どこかぎこちないが、 懸命さがヒシヒシと伝わる接客が初々しい。メニューを開くと、蕎麦は冷と温がそれぞれ5~6種に、日本酒数種と簡素なアテ。 メニュー筆頭のざるそばをたのむ。 

ざるそば◇そば扇やま

 待つことしばし、運ばれてきた蕎麦は、平たく扁平した様が今は閉店してしまった喜志屋を彷彿とさせる。気持ち乱れた麺線がナンとも初々しい。 大ぶりの蕎麦猪口の汁にチョイとつけ、ズズッと啜れば、扁平麺ならではの唇を擽る感じがオモシロイ。

 そして汁の味わいも若々しい。開店間もなくで、かえしの寝かせ方が足りてないのか、色んな風味がアチコチへ跳ねるヤンチャな味わい。 この独特の若々しさ。粗さが気にもなるが、その勢いが魅力でもある。

 さぁて、この個性派蕎麦が今後どう熟練していくのか、いかないのか。今後が楽しみな店が、また一軒。

そば扇やま:ざるそば680円。福岡市城南区鳥飼6-8-2。 11:00~16:00&17:00~21:00、水曜休み。Pなし。

◎2007年通算麺喰い数◎ラーメン229● うどん107●そば55● その他62
◎今月の総ジョグ距離:51km / 通年479km

Posted by heno at 2007年12月23日 11:44
コメント

この年末に来て「扇やま」「ひら川」「桜花庵」と蕎麦新店の開店ラッシュ。
いったい何が原因かは謎ながら、ともあれ嬉しい限り。
「扇やま」、近いウチに行ってみたいところです。

Posted by みおせる at 2007年12月24日 23:43

年越し蕎麦需要を見込んでの滑り込み開店?!
て訳、ないかぁ……。
兎にも角にも、ウレシイ珍事ですね。

Posted by への at 2007年12月25日 01:01