HENO HENO: 2008年02月 アーカイブ

2008年02月29日 金曜日

●今週の麺

 夜な夜な飲み会が続き、でろんでろん。で、更新の滞っている今週啜った麺を一挙にアップ。

 チャンポン◇新地

 天神から博多駅へと移転した新地。最後に食べたときの印象が良くなく敬遠していたのだが、 食べず嫌いはよろしくないと意を決して啜ってみれば、コレがバカ旨っ!

 口当たりアッサリで、かつ適度にコクもあるスープ然り、素材の旨味と食感を100%生かし切った具の調理具合然り、 芯までシッカリ熱々に加熱され、もちもちと食感も良好な麺然り。そして、具&麺のてんこ盛りのボリューム感然り。

 かつて先代が作っていた頃の美味チャンポンに、さらにボリューム感もプラスされた絶品にウレシ涙。

支那そば◇あすか

 佐賀で営業していた「明華」の経営者のひとりが故郷の福岡で開いた「あすか」。 「豚骨の聖地に反逆のラーメン登場」 とのナンとも過激なキャッチコピーの「元祖横浜ラーメン」は、佐賀で食べたソレより格段に美味。

 素朴かつコクのあるスープはきっちり熱々だし、ニチニチと粘り腰の細縮れ麺の食感も楽し。 スパムハムのような独特の風味とモチモチとした食感が印象的なチャーシューもかなり我がツボ。

 めんごによると、三葉亭なる新ラ店がまたもオープンしたという大橋地区。 今や福岡一のラーメン激戦区で開店一周年、3月6日~8日はラーメン100円引きとのこと。

ごぼう天そば◇玄

 玄は安&旨&早の三拍子揃った超優良大衆蕎麦屋。きりりとカエシのきいたスメと、 シュルシュルと艶っぽい食感が楽しい生粉打ち蕎麦にほっこり。

担々麺◇巴蜀

 念願の巴蜀の担々麺は、グイッと濃密な芝麻醤のコクとサラッと柔らかなスープの鬩ぎ合いがナンとも極旨っ!

 中太麺自体の味わいもさることながら、啜ったときに一緒に口に飛び込んでくる大きく刻まれたミンチ肉のニッチリと、 細かく刻まれた搾菜のパリパリが、ワハハと愉快!唯一残念なのが太モヤシ。担々麺には青菜が似合うとシミジミ思ふ。

醤油ラーメン◇仁

 かつて駅前担々麺だった店舗に昨年11月オープンした仁。久留米の白龍出身の若き店主が作る醤油ラーメンは、 適度にきいた中華香辛料の風味がドンピシャ我がツボ!コリャあと2つある麺メニュー、担々麺とエビワンタン麺も必食だぁ。

長崎ちゃんぽん新地:チャンポン680円。福岡市博多区博多駅東2-5-19。11:00~22:00、 日祝休み。

麺菜酒家あすか@大橋:支那そば500円。福岡市南区大橋1-16-17-2F。 11:00~14:00&17:00~26:00、日曜休み。Pなし。

生粉蕎麦 玄:くろ味+ごぼう天440円。福岡市中央区長浜1-2-24 北天神SBホテル1F。 11:00~21:00、無休。Pあり。

四川料理 巴蜀: 担々麺650円。福岡市博多区東月隈4-2-11-3。 11:30~14:00&17:00~21:00、火曜休み。 Pあり。

担々麺 仁(レン):醤油ラーメン550円。佐賀県鳥栖市京町711-23。 11:00~15:00&18:00~22:00、日曜休み。Pなし。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン34● うどん19●そば5● その他15
◎今月の総ジョグ距離:78km / 通年155km

Posted by heno at 19:04 | Comments [0]

2008年02月24日 日曜日

●満州軒 ~『軒』を訪ねて 第50回~

 朝目覚めると、外は小雪が舞っている。この寒空のもと、チビ達とカミさんは福岡チャレンジウォークに参加するという。

 市民団体「九州北部体験活動推進委員会」が主宰する福岡チャレンジウォーク。助け合いながら歩き、 心身を鍛えようと福岡市中央区の平和台球場跡地から東区の志賀島まで、25キロを歩くのだとか。

 出発&ゴールへの送迎が私の役目。朝8時半、エールを送りつつ平和台まで送り、私はスポーツジムへ。先週の東京マラソン以降、初めて走るが絶不調。時速12キロで1時間持たずヘロヘロに。

 おかしいなぁと心拍数を計ると160オーバー。どうやら未だ風邪が完治してないようだ。無理は禁物と早々に切り上げ、さぁ昼麺! 長年の宿題店の一軒、中華料理・石本へ向かう。が……

石本

 福岡の富裕層グルメ集団口福通信で高評価の中華料理・石本。住所を頼りに訪ねると、コジャレた一軒家が並ぶ閑静な住宅街、 宗像コモンの一角。車を止め、どこに店舗があるのかとうろうろ見渡すと、とある一軒の民家の軒先に「中華料理・石本」 と書かれた小さな青い看板。

 あちゃぁ~、こりゃオサレな民家系の店舗かぁ……。

 元来、オサレ系の飲食店が苦手な体質。尚かつ、今日はスポーツジム帰りで、むくつけきスポーツジャージ姿……。 「自宅にお友達をお招きしたする」的フレンドリーな接客が予想されるコンサバ系の民家系オサレ店に、 この格好で入店するのはあまりにも気が引ける……。

 で、記念に外観の写真だけ撮り、スゴスゴと退散。が、車に戻っている最中に、すぐに次の候補店が頭に浮かぶ。

 せっかくココまで来たのだ。
 コレまた長年の宿題店であるアノ『軒』へ行こう!

満州軒

 遠賀から津屋崎方面へと抜ける国道495号線沿いに、イイ感じに草臥れた黄色いテントの満州軒。 以前からその存在が気にはなっていたのだが、何せすぐ近くに我が最愛豚骨の一軒である黒門がある。で、ナカナカ食べる機会に恵まれず仕舞だった店だ。

 赤い暖簾をくぐると、正面に10数席のカウンター席と、両サイドに4人掛けのテーブル席が3卓。 如何にも地元の馴染み客らしき数組がズルズルと麺を啜っている。

 カウンター席に座り奥の壁に貼られているメニューを見ると、イニシエ系の店には不似合いの「らぁめん」との表記。 なれどメニュー構成自体はラーメンが具のバリエーションで3種にチャンポン、餃子と至ってシンプルで、正統イニシエ。

 カウンター奥には二人のお母さん。「らぁめん450円」を頼むと、「あいよっ」と小粋に調理が始まる。と、 右手のテーブル席から

 「○○ちゃん、いい加減にしなさいよっ!」

 見ると、小さな子を二人連れた若いお母さん。脇の子供椅子に座らせた1~2歳のワンパク坊主が、 テーブルを脚で蹴って遊ぶのを戒めている。蹴った勢いで子供椅子が倒れぬように脚の渡し木を大股広げた片足で踏みしめつつ、 向かいに座らせた4~5歳の女の子の茶碗にラーメンを取り分けてやる。逞しき「日本の母」の姿に惚れ惚れしつつ、 ラーメンの出来上がりを待つ。

らぁめん◇満州軒

 ほどなく運ばれてきたラーメンは、マットな白濁色のスープと具の太モヤシが北九州ラーメン・チック。どらどらと、 まずはスープを一啜りすれば、ほわんと柔らかく広がる豚骨だしの自然な甘み。派手さはないが外連味も一切ナシ。 極々自然な味わいが結構我がツボ。

 麺は北九州ラーメンとすると気持ち細めで、どちらかと言えば博多ラーメン・チックで、 啜ったときの口への収まり加減がシュルッと鯔背。福岡と北九州の中間に位置する岡垣町のラーメンだけに、両方のいいとこ取りか?

 しっかり調味された厚切りチャーシューが味わいに厚みを演出。パリッ、コリッ、 と弾ける太モヤシとキクラゲの食感のアクセントも楽しみつつ、ズルズルズズッと一気に完食。

「ゲキカラ」の蓋の文字は伊達じゃない!
卓上におかれている辛子高菜は
ソリャもうメチャ辛で
替え玉のベストパートナー!!

 

 午後3時、ゴールの志賀島小学校で家族を迎える。途中ろくな食事も取らず、 小雪に降られつつもナンとか25キロを完歩したチビ達の真っ赤な頬が愛らしい。冷えた身体を温めてやるべくラーメンを奢る。

ラーメン◇麺ズ赤のれん

 久方ぶりの麺ズ赤のれんは、相変わらずのシミジミ滋味。 豚骨だしの深きコクと絶妙にきいたニンニク風味が食をそそる。僅かな変化はチャーシューと価格。 以前は肩肉らしき素朴な感じのチャーシューが今風の脂身の多い豚トロ肉に変わり、価格が50円アップ。壁に「材料高騰の折…」 との値上げを詫びた張り紙。店主の胸中を思うに忍びない。

 ワケの分からない「創意工夫」をウリに600円オーバーのラーメンを出す店が多々ある中、 コノ味わいでコノ価格は十二分にリーズナブル。ガンバレ、街のイニシエ系ラーメン屋!!

満洲軒:らぁめん450円。福岡県遠賀郡岡垣町大字黒山1347-1。Pあり。 

11Goog.gif 麺ズ赤のれん:ラーメン480円、替え玉100円。福岡市東区奈多1-2-13。火曜休み。Pあり。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン31● うどん19●そば4● その他14
◎今月の総ジョグ距離:78km / 通年155km

Posted by heno at 13:25 | Comments [0]

2008年02月23日 土曜日

●究極手打

 午後からの甘木秋月への納品を前に、ぶらり昼麺。BASSYさんよりオススメいただいた大國屋へ初挑戦。

大國屋

 住所を頼りに訪ねると、三連水車の里あさくらの向かいに「究極手打」の看板。おお、ココが大國屋だったのかぁ。 前を通る度、車が一杯止まっていて、以前から気になっていた店ではないか!

 「いらっしゃいませぇ~!」

 正午過ぎ、広めながらほとんど客で埋まった店内は活気に溢れている。わずかに空いたカウンター席に座りメニューを見ると、 キツネや釜揚げなど、いわゆる王道メニューが10数種並ぶ。迷うことなく、「初う店はごぼ天」をたのむ。

 カウンター奥の厨房で調理が始まる。店主らしき男性が、奥の茹で釜横に玉取されたうどんを竹製のテボにいれ温め始める。 のんびり出来上がを待つかと、入り口横に置いてあった西スポをめくっていると、

 「ざざざざっ、ざざっ、ぴしゅっ、ぴしっ、ぴしっ、………」

 突如、始まった麺の湯切りがナンとも豪快!釜から取り上げたテボをスッと高く掲げた後、打ちつけるように勢いよく振り下ろす。と、 ざざざっと辺りに飛び散る茹で水。コレ正に、うどん界の天空落とし!

 豪快なこの作業を繰り返すこと10数回、徹底的に湯切りされたうどんをドンブリへ移すと、調理は動から静へ。 スメ担当がそのドンブリへサッとスメを張り、盛りつけ担当がササッと具を盛りつける。エンターテイメント溢れる調理風景に思わず見入り、 西スポ読むの、忘れてたぁ。

ごぼう天うどん◇大國屋

 うぬぬぅ、コリャ期待できそうだぁ……。

 運ばれてきたごぼ天は、気持ち細めに仕上げられたうどんが見紛う事なき手打ち。太さが疎らで、かつ適度によれているということは、 ひょっとして包丁切りか?生地を手打ちする店は多々あれど、何せうどんの生地は厚み&コシが強く、切り分けるのは至難の業。なので、 麺切り機を使わずに麺切り包丁で切り分けるうどん屋はほとんど無いのだ。

 いつもならスメから啜るのが我が食べ方なのだが、店主の仕事ぶりに敬意を表し、うどんから啜る。と、 箸で摘んだときの軽やかな持ち味然り、ズズッと啜ったときの適度にザラついた表面の触感然り、 そして噛み込んだときの愛らしくプニッと抗う優しいコシ然り。

 コレでもか!と強固に己の存在を主張する剛麺とは真逆の、あくまでもさり気ないが、 その実ちゃっかりと食べる人の興味を鷲掴みする懐深い柔麺。アレやコレやと食べ歩く我が身にとって、今、 最もツボにはまるナンチャない系の極上普通味。

 キリッと塩気の立ったスメと、ゴリッと風味深いごぼ天ともドンピシャ相性抜群。こりゃエエねぇ!と地味に心の中で拍手を送りつつ、 ずびずびずばんっと一気に完食。

 「究極手打」、ある意味納得。

ごぼう天うどん◇いとうのうどん

 甘木秋月の納品を終え、パン好きのカミさんへお土産をとシェ・サガラ@田主丸町へと向かっていると、以前は見かけなかったうどん屋一軒。

 なになに、「本格讃岐麺」?一押しはぶっかけ?!

 そして屋号は「いとうのうどん」。ナルホド、とことん讃岐っぽいでないのぉ!と思わず突入!!するも、

 「すみません、ぶっかけは3月からです……。」

 との素気ない返事。まぁまぁしゃぁないなぁ、と頼んだごぼ天は、運ばれてきた瞬間、 ぶわっと香り立つイリコの香りがモロ讃岐っ!こりゃタマランばいっ!とムシャブリつけば、アッツ熱の触感然り、 グインッとドライブするイリコだしの風味然り、スメに限っちゃ完全無欠の讃岐うどん!

 なのだが、うどんのコシが残念無念。午後3時前という目一杯アイドルタイムな時間帯が悪かったのだろう。 聞くと今月でちょうど1周年を迎えるのだとか。次回は是非、午前11時の開店間際にベストコンディションのうどんを啜ってみたひっ!

大國屋:ごぼう天うどん480円。福岡県朝倉市山田2270。木曜休み。Pあり。

いとうのうどん:ごぼう天うどん290円。福岡県久留米市田主丸町田主丸993-2。 11:00~15:00&17:30~19:00、木曜休み。Pあり。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン29● うどん19●そば4● その他14
◎今月の総ジョグ距離:68km / 通年145km

Posted by heno at 00:09 | Comments [2]

2008年02月21日 木曜日

●福岡に遂に登場、つけ麺専門店

 今日も今日とてタマりにタマった仕事をバッタバッタと片づける。で、正午過ぎ、とりあえず一段落したところで気分転換。 どうせ今日も深夜まで残業必至。ならば久方ぶりの麺ポタなぞ楽しんで英気を養うかと、サドルにまたがる。目指すは六本松、つけ麺専門店の金大だぁ。

金大

 生来の旨いモン・センサーの持ち主・ANDさん情報でその存在を知った金大。福岡では希有なつけ麺の専門店なのだとか。 住所を頼りに訪ねると、真新しい店舗の前にメニュー書き。なるほど、「つけ麺」と辛口の「オロチョンつけ麺」 が麺の分量でそれぞれ4種類のっているが、ラーメンは見当たらない。

つけ麺大盛り◇金大

 

 内装材独特の臭いが残る真新しい店内で待つことしばし、運ばれてきたつけ麺大盛りは、

 ううう~ん、微妙……。

 大振りのドンブリにコレでもか!とてんこ盛りされた麺は細めのチャンポン麺チックに丸麺な姿& 適度に醤油色の温つけ汁の風味は結構イイ感じ!贔屓目に見れば、かのイニシエ系名つけ麺店、丸長と似てないこともない。

 ううぅ~ん?イケルかぁ??それとも、ハズレ???

 イチかバチかの一啜り。ざるに盛られた冷麺をグワシと箸で摘み、陶器に注がれた温つけ汁にザブンとくぐらせ、ズビズバンッ! と一気に啜れば、

 うううううぅ~ん、こりゃウルトラ微妙やわぁ。

 スッキリとダシとタレの味わいをイカした、イニシエ系実直つけ麺。素性の良さは好印象バリバリ!なのだが、 肝心の味わいの仕上げ具合がカナリ疑問…???

 温つけ汁の底にはゆで玉子(決して味付けタマゴではない……)にバラ切りチャーシュー、多めのシナチクなど沈んでおり、 ザブンとくぐらせた麺とともに頬張れば、文句なしにググッと美味。

 なれど、温つけ汁のみと絡ませ啜っても、薄味仕上げのヘルシーな味わいが、生まれながらのオゲレツ下世話舌である私には

 モノタリナ~イッ!

 聞くと、若き店主の親御さんは鶏料理専門店を営んでいて、夜はその鶏も楽しめるのだとか。さぁて、今後が気になる新店が、また一軒。

つけめん金大:つけ麺大盛り600円。福岡市中央区六本松2-3-11。11:30~14: 00&17:30~22:30、日曜休み。Pなし。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン29● うどん17●そば4● その他14
◎今月の総ジョグ距離:68km / 通年145km

Posted by heno at 13:01 | Comments [4]

2008年02月20日 水曜日

●楽あれば苦あり

 楽あれば苦ありがこの世の常。

 風邪を引きずりながらも、未体験の東京一は世界一なマラソンコースを完走!かつ、ナンとも滋味なるご当地麺、武蔵野うどんに感動!! にゃははっ!と楽しい休日が明ければ、ギュッと濃密なる仕事の山が我を待つ。

 昨日に続き今日も目一杯予定満載。社内で片付けたい仕事がコンモリとたまっているのだが、次々と舞い込む新規の仕事。 ああコリャなんともシアワセなり、と我を鼓舞し打ち合わせへ飛び出す。

 午前11時半、平尾での打ち合わせを終え一段落。同行のT林さんと別件の仕事の打ち合わせも兼ねサクッと昼麺。 先週末に移転オープンしたという行徳家へ。

行徳家

 高宮の野間大池通り沿いに見覚えある「行徳家」と染め抜かれた藍色の大振りな幟。引き戸を開けると正午前の店内は先客3名。 開店数日にしてナカナカの人気だなぁと感心しつつ入り口間際のテーブル席に腰掛けようとすると、「おお、へのさん!」と聞き慣れた声。

 声の先に視線を向けると、カウンター席の片隅に石ちゃんが!なんでも昨日の塩ラーメンに続き今日は醤油ラーメンと、 二日連続の来店なのだとか。

 どらどらと改めて壁の高いところに掲げてあるメニューを眺めると、塩ラーメンを筆頭に「南高梅ラーメン」や「醤油にんにくラーメン」 や「担々麺」など、前回に比べえらくメニューが充実している。瞬間「梅昆布ラーメン」に惹かれるも、 なにせ久しぶり。前回ダイナマイトに好印象&メニュー筆頭に掲げてある塩らーめんをたのむ。

塩らーめん◇行徳家

 待つことしばし、差し出されたドンブリにはナルホド前回はなかったキャベツがのっている。久方ぶりの美味麺との再会に、 うししうししと小躍りしつつ、ズズッとスープを一啜り。するも、……。そして、うぬぬぅ?と麺を一啜り。だが、やっぱり…………。

 やっぱ、楽あれば苦あり。新しい店舗でのオペレーションが小慣れるであろう2ヶ月後、また来ます。 

 

 昨日は社内での雑務に追われ、かつ昨日今日と夜遅くまでの残業が続き、結果杯麺三昧さっ…。

カレーヌードルの「黒」は
グインッとドライブする辛さとスパイス風味が
わははっ!と我がツボ。 

対する「赤」は
風味のヘナチョコ・パンチが物足りない…。

カップヌードル中国版は
海老のフレーバーがガッツリ

甘酸っぱ辛いスープがエスニック!

とどのつまりは王道と
久方ぶりに啜る「きつねごんぶと」は
相変わらずのサイボーグ味。

中華そば 行徳家:塩らーめん680円。福岡市南区野間4-4-35。 11:30~15:00&17:30~23:00(日曜は~22:00)、月曜休み。Pあり。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン29● うどん17●そば4● その他13
◎今月の総ジョグ距離:68km / 通年145km

Posted by heno at 11:10 | Comments [2]

2008年02月18日 月曜日

●感動の黒うどん

 朝、ホテルで目覚めテレビを付けると、昨日の東京マラソンの様子を紹介している。ああ私も昨日はこの中で走っていたのだなぁ、 とジンワリ痛む足や膝の関節をさすりつつ、ぼんやりと眺める。

 そんなこんなで午後9時過ぎ、チェックアウトの時間も近づいて来たことだし、と身支度を調え、いざ行かん。向かうは東村山、 目指すは本場武蔵野、肉汁うどん!

 東京都の北西部と埼玉にまたがる武蔵野地区。古くから小麦が多く取れ、冠婚葬祭の際は必ずうどんを食べていたという、うどん処。 地粉を使った黒っぽいうどんを豚肉が入った汁につけて食べるつけ麺タイプの「肉汁うどん」が代表的な食べ方である。

 武蔵野うどんの総本山!?志村けんの♪ひがしむらやぁ~まぁ~♪でお馴染みの東京都東村山市。 西武新宿線を東村山駅で降りるとそこは、目一杯地味な東京の郊外住宅地。

 住所を頼りに歩いていると、そこかしこから豆腐の良い香り。造り豆腐店が今も尚、街中に数多く残る、 イイ意味で時代錯誤的風情がググッと我がツボ。

小島屋

 のんびりと歩くこと7~8分、突如漂ってきたコノ香りは、薪?!香りの先へと視線を向けると、 イイ感じに遣れた青緑色の建物。「手打ちうどん小島屋」と染め抜かれた、 草臥れた外観とは不釣り合いの妙に真新しい黄色いテントは最近リニューアルしたのだろうか?

 ナンともイイ感じに日焼けした暖簾をくぐると、正午前の店内は先客5名。 ズルズルと肉汁うどんを啜る客もいれば、小島屋のもう一つの名物らしき焼き団子を持ち帰るべく出来上がりを待つ客もあり。

 さすが昭和38年創業の老舗、いずれの客も見るからに近所の常連客。だがしかし、 奥の厨房から注文を取りに現れたお母さんに、私みたいな興味本位の一見客を疎んじる仕草は一切なし。 柔らかな笑顔の自然体の接客態度がアリガタイ。

肉汁うどん◇小島屋

 ほどなく運ばれてきた肉汁うどんは、ナルホドうどんが灰色がかっている。その色合いも気にはなるが、さらに気になるのが、 うどんの上に添えられた茹でた大根と、小皿に別盛りされた薬味の葱に添えられた緑色はふきのとう?

 味噌汁茶碗に盛られた温つけ汁には白葱と豚バラ肉。さぁてついに、本場の肉汁うどんをイザ啜らんっ! と灰色うどんをザブンとくぐらせ、ズビズバンッと一気に啜れば、思わずユルユルと我が頬が緩む。

 あははははぁ~、こりゃ旨いわぁ……。

 まず舌にのるのは温つけ汁のホンワカとした甘味。おそらく砂糖などの調味料も使っているのでは?と思われるも、外連味は一切ナシ。 洗練という単語とは両極の、正にイイ感じにイナタイ、思わずホッと癒される、お袋の味的地味&滋味なる味わいが、 ソリャもうタマラン旨いのよぉ。

 そしてナニより感動的なのがうどん自体の味わい。如何にも手打ち的なる武骨な形状と、 如何にも地粉的灰色がかった色合いの見た目通り。適度なコシと適度な草臥れ具合が絶妙なるバランスで共生する食感然り、 噛んだ瞬間に豊かに広がる素朴な粉の風味然り。

 コレ、時代錯誤的薪で焚きうどんを茹でる伝統的料理法の成せる技か?それとも地粉を使い地道に打ち上げる誠意の美味?? あははん、だから麺喰い歩きは止められないのだっ!と思わず声を大にして主張したくなるほどに、 正に大感激なる超ウルトラ極上滋味にソリャもうメロメロのメロリンキュ~~………。

 そして、ふきのとうらしき薬味の風味も素晴らしい。 色合いは黒っぽいがその風味が半端じゃない地粉の旨味を十二分に生かし切ったその味わいは、正に感動!!

とき

 心からの感動に足や膝の関節の痛みなど何処吹く風、ルンルン気分でもう一軒!巷で評判の「とき」へと向かう。

 住所を頼りに訪ねると、住宅街の中のしかも尚一筋奥へと入り込んだ場所でこぢんまりと営業している「とき」。 飲食店を営むにはどう見ても不利な立地なのだが、正午半の店内はほぼ満席。コザッパリとした外観&店内にはジャズのBGMがよく似合う。

肉汁うどん◇とき

 そして出てきた肉汁うどんも店の造り同様にナンとも鯔背。シュッと麺線が通った黒うどんは、客のオーダーが入ってから茹で始める、 正真正銘の釜揚げ。丁寧な仕事の成せる技か、そのうどんは固くて、しかも柔らかい。噛み込む度に確実に己の存在を主張する懐深い強腰うどん。

 旨い旨いと食べ進むと、うどんの底に突如現れる大振りな生地の切れ端。うどん好きの店主の遊び心と 「モッタイナイ!」が素直に具現化しているその様が、わははっと愉快。

 甘めの調味具合だった小島屋に対し、キリリと辛口の温つけ汁の仕上げ具合が象徴的。 一言に肉汁うどんと言っても店ソレゾレにソレゾレの工夫。

 ああだから、麺喰い歩きは止められんとですタイ……。

小島屋:肉汁うどん650円。東京都東村山市野口町3-10-3。10:00~14:00 (売切れ次第閉店)、日祝休み。Pあり。

とき:肉汁うどん650円。東京都東村山市野口町1-7-10。 11:30~15:30&17:30~20:00(売切れ次第閉店)、日祝休み。Pあり。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン26● うどん16●そば4● その他13
◎今月の総ジョグ距離:68km / 通年145km

Posted by heno at 14:51 | Comments [0]

2008年02月17日 日曜日

●お祭りマラソン

 うっすらと眠気が覚めていく度合いと正比例して覚醒する意識。

 果たして、風邪は治ったのだろうか…。

 喉は?うう~ん、まだガラガラしてるぞぉ。で、熱は?と上半身を起こすと、おおぉ、微熱と偏頭痛が取れているじゃないかぁ! 昨夜は夜遊びを控え、夕方5時に400円リポビタンDを3本ぐい飲みし就寝。たっぷり12時間以上爆睡したのが良かったのか……?

 1週間続いた気怠い微熱。回復しない時は出走断念も考えなければと覚悟を決めていたのだが、ギリギリで間に合った! この体調ならイケルっ!!

 

午前8時、スタート地点の新宿都庁に着くと
ソコは人、人、人、人、人……。

身支度を調え、
参加人数32426人の大行列に並びスタートを待つ。

スタートの号砲を聞き15分後、ようやくスタートラインを踏む。
天気はいいが気温は低い。
ビルの影でスッカリ冷え切ってしまた身体を
徐々にほぐすべく
抑え気味のペースで走り出す。

10キロ地点の皇居通過をきっかけにペースを上げる。

中間地点を過ぎ銀座に入った辺りから
ズルズルと徐々にペースが落ち出す。
やっぱ練習不足だなぁ。

 

さすが大都会・東京のマラソン大会。
コースのソコカシコでブラスバンドの演奏や大太鼓演舞、
チアリーダーのダンス応援に、エイサー隊の乱舞など
趣向を凝らした応援が繰り広げられ、走り飽きることがない。
そして下町、浅草雷門前では市民エイドによる
ハートフルな応援に励まされる。

 35キロを過ぎた佃大橋手前で
西岡すみこに追いつく。
おっしゃ、一気に抜き去ってやるゾッ!と張り切るも
スルスルと彼女が加速し、いつの間にか視界の彼方へ。

ちきしょ~、ガッカリだよぉ~……。

最後の10キロはもうヘロヘロ。
上がらぬ脚を騙し騙し、ナンとかカンとか無事完走。
だが、ナンとも楽しい大会だったけど
ゴールで家族の声援が聞こえないとナンだか寂しいなぁ。

このブログへのコメントや携帯へのDMなど
本当にたくさんの方々から応援のお言葉を頂きました。

心から感謝いたします。ありがとうございました。

東京マラソン2008
開催日(Date):2008/02/17

地点名
Point
スプリット
Split
ラップ
Lap
通過時間
Time
5km 00:45:00   09:55:00
10km 01:15:13 0:30:13 10:25:13
15km 01:44:22 0:29:09 10:54:22
20km 02:14:16 0:29:54 11:24:16
25km 02:45:56 0:31:40 11:55:56
30km 03:19:51 0:33:55 12:29:51
35km 03:56:11 0:36:20 13:06:11
40km 04:35:01 0:38:50 13:45:01
Finish 04:54:06 0:19:05 14:04:06

冬かきラーメン◇揚州商人

 目一杯冷え込んだ我が身を温めたいと、早々に宿泊先の新橋へ。駅からホテルへ歩く道すがら、 店から溢れる湯気に惹かれ、揚州商人で遅い昼麺。

 まくりの店主がかつて勤めていたという揚州商人。名物のワンタンメンに加え、 様々な創作中華ソバが楽しめる。冬季限定の冬かきラーメンはゴロッと大振りの牡蠣が5つ入った豪華版。海苔とワカメでスッキリ・ シンプルに仕上げた塩ラーメン・タイプのスープが、五臓六腑へ染み渡る。麺は揚州商人オリジナルの「刀切麺」。生地を刀で削り出す「刀削麺」 とは違い、予め生地を伸ばしてから切るのだとか。

 

揚州商人新橋店:冬かきラーメン840円。東京都港区新橋4-10-1。 11:00~28:00、年中無休。Pなし。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン26● うどん14●そば4● その他13
◎今月の総ジョグ距離:68km / 通年145km

Posted by heno at 15:46 | Comments [9]

2008年02月16日 土曜日

●42432

 微かな期待を胸に目覚めるも、相変わらず微熱気味の気怠い我が身。ああ、アカン。治ってないわぁ……。しかしいくら体調悪くとも、 購入した航空チケットは、格安だがいったん購入するとキャンセルがきかない超早割。兎にも角にも、東京さ行くべぇ。

 午前11時過ぎ、明日行われる東京マラソンの受付会場である東京ビッグサイトに着く。受付を済ませ協賛企業ブースへと進むと、

 わぁお、キャンギャルがデモンストレーションしているぞぉ~!

 個人の顔写真を入れ込んだオリジナル号外新聞発行サービスやランニングフォームチェックサービスなど、 それぞれに工夫を凝らしたサービス&エンターテイメントが繰り広げられていて、その規模&華やかさが、 唯一私が知るフルマラソンの大会である宮崎の青島太平洋マラソンとは雲泥の差。

 あははぁ、さすがTOKIO……。
 ううぅ~ん、コリャナニがナンでも明日走りたいっ!!

 無理はしません。が、出来ることなら是非とも明日は出場したいと思います。で、自らを奮い立たせるためにも、以前スパさんよりご進言いただいたゼッケンナンバー公開、ヤラせていただきマス。

 ゼッケンナンバーは 「42432」。

 明日、東京マラソン公式サイトが提供するランナー位置情報サービスで、 ゼッケンナンバーを検索すると5kmごとの通過タイムが調べていただけます。さてさて如何なる事となりますか。 とくと結果をご覧じよっ!!

丸長

 受付を済ませ向かったのは、かねてからの宿題店、丸長。今は亡き大勝軒@池袋系の王道&正統つけそばが楽しめると評判の店だ。

 午後2時前、住所を頼りに訪ねると、歴史を感じるイイ感じに遣れ店舗前には順番待ちの列。 我より高齢らしき親父様も数人混じる客層に旨さを確信。最後尾に並び、じっと待つこと10数分で店内へ。

 昔ながらの中華そば屋然としたこぢんまりとした店内は、ずるずると客の麺を啜る音が木魂する。うんうん、コレコレ。 コレこそ由緒正しきお江戸中華そば屋なり。

 我が目当ては「チャーシューやさいつけそば」。なれど、注文を取りに来たお母さん曰く「スミマセン、もう『タマゴ』か『つけそば』 しか残ってません。」。今日は豪華にイクぞと張りきっていただけに、デフォではあまりに寂しすぎると、タマゴつけそばをたのむ。

タマゴつけそば◇丸長

 待つことしばし、運ばれてきたタマゴつけそばは、瑞々しい中太麺と、生卵が浮かび、 かつサラッとした見た目がどこか懐かしい雰囲気を醸し出すつけ汁が、どんぴしゃイニシエ系。

 どらどらどらと、ザブンと麺をつけ汁へ潜らせ、ズルズルズズッと啜れば、ツユの甘酸っぱ辛いコノ感じ& ムリムリッと抗う中太麺の懐深いコシが、わはは、わははと愉快に美味。そして、生卵を割り黄身を絡めて啜れば、ふわんと広がる自然な甘味。

 東京の六厘舎や福岡の新風、熊本の大金豚食堂など、最近流行の豚骨魚介系つけ麺も確かに旨いが、如何せん濃い味系は飽きるのも早い。 が、コノ手のイニシエ王道系の味わいは決して食べ飽きることがない。

 〆にたのんだスープ割りも、イイ感じにイナタイ魚介だしが好アクセント。いわゆるコレも、ナンちゃナイけどナンとも旨い系?いやぁ、 イイもん啜らせて頂きやしたぁ。早々にホテルにチェックインし、ぐっすりと熟睡し、明日は元気一杯にお江戸を駆け抜けたひっ!!

丸長:タマゴつけそば700円。東京都新宿区下落合3-19-4。11:00~15:00、日曜休み。 Pなし。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン26● うどん14●そば4● その他12
◎今月の総ジョグ距離:26km / 通年103km

Posted by heno at 16:17 | Comments [6]

2008年02月15日 金曜日

●出たとこ勝負

 ああ、恨めしや恨めしやぁ~……。

 先週土曜に風邪を引き1週間も経つというのに、相変わらず体調すぐれず。微熱&猛烈なる喉の痛み&止まらぬ咳が悩ましい。

 確かに多忙な一週間ではあった。さらに、猛烈に冷え込んだ週前半に限って連日外での仕事が続き、 心底身体が冷え込んだ事も災いしたのか?シコシコ働いた後は早々に帰宅し、カッと酒をあおりブログを更新する暇をも惜しみパッと寝て、 ソリャもう十二分に養生したのだが……。

 いよいよ明後日は東京マラソン。さぁさぁ、参ったなやぁ~。

豚汁うどん◇福岡麺通団

 月曜日の祝日は自宅でひたすら養生しつつも、 せめて昼麺は楽しみたいと福岡麺通団で冬季限定の豚汁うどん。

 スメから漂う豊かな味噌の香りと、こんもり盛られた根菜類は文句はないが、如何せんスメが温い。

釜揚げうどん◇福岡麺通団

 風邪を引き冷え込んだ我が身は猛烈に熱々うどん を欲する。で、 次男がたのんだ釜揚げうどんを横取りすると、コレがバカ旨っ!ぷにんと弾ける麺の色香と熱々つけ汁の香り立つダシの香りがマーベラス。

 火曜日は寒風吹き荒む中、麺啜る暇もなく外で一途に仕事。で、夜帰宅後、 ボロボロの我が身をあづみうどんの持ち帰りうどんで癒す。と、茹で置きの持ち帰り麺にしてはナカナカの味わいで、ほっこり。

ごぼう天蕎麦◇さかもとむら

 水曜は大分市で仕事の予定が、降雪で大分自動車道が玖珠インター先が通行止め。で、 急遽玖珠でドタバタ仕事し、民泊施設であるさかもとむらで、期せずしてごぼう天蕎麦をご馳走になる。と、コレがベラボ~に旨いのヨォ!

 干し椎茸がきいた素朴なスメと太切りの田舎蕎麦に、カリッとあがったごぼう天。正にコレ、 ドンピシャ我がツボ系の、ナンちゃナイけどナンとも旨い、うししっ蕎麦ナリ。

釜揚げうどん◇さぬきうどん ○

 木曜は太宰府の得意先での打ち合わせを終え、ちょっと遠回りし、久方ぶりのさぬきうどん ○。 店主のブログで見かけた新メニュー、釜揚げうどんを改良したつけ麺を楽しみに訪ねるも、どうやらまだ正式デビューはしていないようだ。で、 ならば仕方ないとたのんだ、オーソドックス釜揚げうどんが大当たり。熱々ゆえの役得で、麺、つけ汁とも十二分にその風味を満喫。

豚足麺◇中国火鍋大明城

 今日は久方ぶりの大明城で豚足麺。 アッツ熱のスープで煮込まれた豚足を小皿に盛られた特製ラー油にチョイとつけて頬張れば、プニプニ、プルルン、 ニチニチな食感がソリャもう極楽極楽。特製ラー油から香り立つ辛味とニンニクの風味もクセもの。 椎茸とタケノコと白髪葱の風味がグイッと立ったスープ&細めのシュルシュル麺と相まって、我を至福の時へと誘うハマリ系武骨麺ナリ。

福岡麺通団: 豚汁うどん480円。福岡市中央区渡辺通4-11-3。11:00~24:00(日祝~23:00)、年中無休。 Pなし。

さかもとむら: ごぼう天蕎麦。大分県玖珠郡玖珠町大字山下中原2224。Pなし。

さぬきうどんや ○:釜揚げうどん大盛り550円、ちくわ120円。福岡県宇美町宇美3239。 11:30~21:45、水曜休み。Pあり。

中国大明火鍋城:豚足麺600円。福岡市早良区百道1-5-1。 11:30~14:00&17:30~22:00、年中無休。Pあり。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン26● うどん14●そば4● その他11
◎今月の総ジョグ距離:26km / 通年103km

Posted by heno at 23:25 | Comments [2]

2008年02月10日 日曜日

●とろり癒し系

 ナニせ明日は楽しみにしてきたくじゅう雪山登山。是が非でも風邪を治さねばと、ありったけの薬を飲んで12時間爆睡するも、 どうにか熱は下がったが相変わらず引かない悪寒と、止まらぬ咳。コリャ参ったなぁとトホホな気分、目一杯厚着して会社へ向かう。

 ゲホゲホと咳に苦しみつつも、とりあえず午前中の仕事が一段落。体の芯から温まるアッツ熱の麺が啜りたひっ!と、 きりやへ転がり込む。

きりやそば◇きりや

 屋号を拝した店の一押しメニューであるきりやそばは、そりゃもう半端じゃなくアッツ熱のあんとじタイプ。ふぅふぅと冷まし、 はほはほと頬張れば、とろんとろんの食感と共にじゅわじゅわじゅわぁ~と広がる、旨味と温かみ。 ヒリヒリと痛む喉が温かトロトロのスープに癒され、ナンとも心地よし。

 麺はきりや名物、細めの縮れ麺。口に収まるときのビチビチと跳ねる感じとスープのトロトロ感とのコントラストが、あな楽し。 キャベツやニンジン、葱などの野菜のシャキシャキ感が好アクセント、ふぅふぅはほはほ、ふぅふぅはほはほ、ずるると完食。

 ほっこりと和んだ後は早々に帰社しシコシコと仕事するも、思いのほかはかどらず、午後9時過ぎにナンとか終了。 体調は相変わらずすぐれず、明日のくじゅう登山は断念&残念!しっかりと養生して、来週の東京マラソンに備えるぞ。

取引先のM山さん撮影の
今日のくじゅう暮雨の滝。
例年に比べ凍り具合は寂しいものの、なかなかイイ感じ!

あははぁん、恋しや雪山……。

中華そば・きりや:きりやそば730円。福岡市西区姪の浜5-1-27。 11:00~15:30&17:30~20:30、月曜休み。 Pあり。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン25● うどん12●そば3● その他11
◎今月の総ジョグ距離:26km / 通年103km

Posted by heno at 12:56 | Comments [2]

2008年02月09日 土曜日

●ピンチ!

 うはは、うははの三連休!と言えども中日の明日は仕事でございっ…。でもでも明後日は念願のくじゅう雪山登山!! てな具合で心揺れる中年一匹。

 明日から仕事&遊びの日々。ならばせめて今日は家族孝行と長崎ランタンフェスティバルへ連れて行くかと家を出る。も……。

 午前11時過ぎ、まずは佐賀滋味ラーメンを満喫しようと三ツ瀬越え。住所を頼りにたどり着いた先は、さがの日々御用達のしんせいや食堂。

しんせいや食堂

 黄土色の引き戸を開けると、右手が6~7席ほどのカウンターに、左手がギリギリ4人座れそうなこぢんまりとしたテーブル席が2卓。 そして店奥に、ズラリ並んだ漫画の単行本と、高い位置に14インチテレビ。コレ由緒正しきイニシエ系食堂ラーメンなり。

 午後1時過ぎながらもテーブル席2卓には、それぞれ漫画に夢中の親父と若者。ならば仕方なしと、 電信柱のスズメ状態で家族4人カウンター席へ着席。壁の高い位置に掲げてあるメニューには、アレコレと色んなメニューが書いてあるが、 一々読むほどの辛抱が著しく欠けている私。迷うことなくラーメンをたのむ。

ラーメン◇しんせいや食堂

 待つことしばし、運ばれてきたラーメンは、どよんと濁ったスープが迫力満点。どぉらどぉらとレンゲで一口啜ると、 ふわんと軽めの脂の甘みのすぐ後を追ってくる、ザラッとしたコノ食感は豚骨随か……?

 麺はいわゆる普通の太さ&揚げ具合。可もなく不可もなしの優等生タイプがこそばゆい。チャーシューの縁を彩る醤油色は伊達じゃない。 キリリと染みた醤油風味がマーベラス!めっさ驚いたのがキクラゲ。多分予想以上に杯数が出て水で戻すのが間に合わなかったのだろう。 小鍋に水とともに入れ、沸き上がるスープ寸胴鍋の上で温めてから出す様が、ナンとも微笑ましい。

 と、ココまではイイ調子だったのだが、

 「ガクンッ……。」

 突如音を立て、崩れゆく我が身。どうやらエラク重傷なる風邪を引いていたようだ。頭がグルングルンと舞い、キリキリと痛い。 そしてピリピリ痛む喉。ぼやんと霞がかかったような視界に戸惑いつつ、決心。

 ヤバイ、こりゃヤバイっすぅ。
 今日は早々に帰宅して養生せねば。

 帰りしなカミさんから

 「佐賀でラーメン食べただけで帰るなんて
  ガソリン代もったいなくない?」

 と嫌味のひとつふたつを喰らいつつ、ナンとかカンとか無事帰宅。明後日はくじゅう雪山登山&来週は東京マラソン。さぁ、 どうなるのか、俺?

しんせいや食堂:ラーメン400円。佐賀県佐賀市大和町大字尼寺2468-3。 11:00~21:00、水曜休み。Pあり。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン24● うどん12●そば3● その他11
◎今月の総ジョグ距離:26km / 通年103km

Posted by heno at 23:26 | Comments [2]

2008年02月08日 金曜日

●普通が一番

 午後からのキャナルシティの打ち合わせを前に、サクッと昼麺。ならば念願の「カレーざる」 に挑戦してむかと英ちゃんうどんへ向かうと、店舗のある地階へと降りる階段横に食品サンプルがズラリ並んだ大きなガラスのショーケース。

 どらどらと覗いてみると、様々なうどんの食品サンプルと並んで「カレーざるそば」が。 ざる蕎麦の蒸籠の横にカレーの入った小振りの茶碗。よしよし、「カレーざる」は冷たい蕎麦をカレー味のつけ汁で食べる阿さまのカレーつけそばと同じに間違いなしっ!と喜んだのも束の間、

 おやぁ、カレールーの下に見える白い粒々は、ご飯?
 てぇことはぁ、こりゃカレーライスの茶碗盛りだぁ……。

 で、急遽予定変更。宿題店のひとつ、宮本屋へ。

宮本屋

 我が社の新麺店情報通であるN嬢情報でその存在を知ったラーメン居酒屋 宮本屋。なんでも「アッサリ味の王道豚骨」 が食べられるとか。住所を頼りに訪ねると、以前、熊楠家が営業していた店舗の隣に「宮本屋」の赤い暖簾。

 「いらっしゃいませぇ~!」

 えらく重い引き戸を開けると、夫婦らしき若き男女の元気な声に迎えられる。入ってすぐが小上がり席で店奥に5席ほどのカウンター。 正にラーメン居酒屋然としたこぢんまりした造りが居心地良し。壁に貼られたメニューもラーメン、餃子、 チャーシューと至ってシンプルなのが我が好み。

ラーメン◇宮本屋

 

 ほどなく差し出されたラーメンは青々とした小ネギが印象的。まずはスープと一口啜れば、柔らかな口当たりとともに、 ほわんと広がる脂の甘味。そして一呼吸おいて顔を出す豚骨ダシの風味。そして、気持ち塩気が強めのタレが巧みに味の輪郭を描き出す。 スープとともに口へと飛び込んできた小ネギとの風味のコラボがナンとも絶妙。

 細めの麺がコレまたGOOD。シュルッと口に収まる感じ然り、噛み込んだときのコリッと弾けるコシ然り、同時に広がる風味然り。 平笊を巧みに操り麺を揚げる店主はまだまだ若いが、その腕はタダモノではない。

 派手さは皆無。だが、ちゃんと旨い。コレ正に、きっちり丁寧に作られた、極上の普通味ラーメン。醤油風味強めのチャーシューは、 酒のアテとして出す時を意識しての調味具合か?ならばやはり、ラーメン居酒屋の真価を楽しめる夕方に再訪だ。

川端うどんの店頭看板に
紙を張って隠されていた「24時間営業」の文字が復活!

ラーメン居酒屋 宮本屋:ラーメン500円、替え玉100円。福岡市博多区冷泉町6-2。 11:30~14:00&18:00~24:00。Pなし。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン23● うどん12●そば3● その他11
◎今月の総ジョグ距離:26km / 通年103km

Posted by heno at 12:46 | Comments [4]

2008年02月07日 木曜日

●新しモン好きではあるが

 つぼみ膨らむ梅がせめてものなぐさめ、甘木秋月で麺啜ることなくガッツリ仕事。で、カップ麺二題…。

カップヌードルにチキンラーメンと
グランドブランド商品の多品種化を推し進める日清。
どん兵衛も例外ではなく
ついに「担々うどん」なる超色物味が新登場。
「鰹だしとすり胡麻の旨辛スープ。」の
キャッチフレーズはソソられるも
実際の味わいは、あまりソソられませんなぁ…。

袋麺に加えカップ麺でも
汁なしラーメン普及をもくろむマルちゃん。
今時のイラストパッケージが象徴的、
ニンニクがガリガリにきいたオイリーな混ぜタレは
ヤングにゃイイかも知れないが
老いぼれポンコツ麺喰いにはツラ過ぎるぅ。

 

Posted by heno at 22:50 | Comments [0]

2008年02月06日 水曜日

●「雪」は好かん……

 会社で残業しつつ、テレビでW杯南アフリカ大会アジア3次予選を観戦。新生岡田ジャパンの初戦はタイ。格下の相手だからこそ、 是が非でも勝たねばならない。で、結果は4-1で日本の勝利!

 雪降る中、見事に決まった中澤のヘディングシュートに見惚れつつ、ふと思う。

 10日後の東京マラソンも雪が降ったらどうしよう……。

昨日の不完全燃焼麺の雪辱戦をと
とあるラーメン屋で昼麺啜るも、?????

以前啜ったときは、
ちゃっちゃくちゃらに美味だったのだが……、
と訝しみつつ、
卓上の辛子高菜を大量に投入し、一気喰い。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン22● うどん11●そば3● その他10
◎今月の総ジョグ距離:26km / 通年103km

Posted by heno at 23:49 | Comments [0]

2008年02月05日 火曜日

●satellite of love

 NHKスペシャルは、やっぱりスゴイ。

 昨日放送の「ウェイクアップコール ~宇宙飛行士が見つめた地球~」。 宇宙に漂うスペースシャトルの一日は、ヒューストン管制センターから送られてくる日替わりの音楽で始まるという。 曲は宇宙飛行士自らのリクエストもあれば、家族や友人からのプレゼントもある。

 911テロの際、貿易センターから立ちのぼる煙を宇宙からビデオで撮影したアメリカ人飛行士や、日本人宇宙飛行士の野口聡一さん。 そして、かのスペースシャトル・コロンビアに乗り合わせ、正に宇宙の星となってしまったイスラエル初の宇宙飛行士。

 宇宙の圧倒的スケールと極身近なポピュラーミュージックのコントラストと融合。そしてそれぞれのリクエスト曲を介し、 飛行士本人やその家族それぞれ想いを叙情詩的に綴る番組企画に正に感服&感動。もし私が宇宙飛行士になれたら、 どの曲をリクエストするだろうか。

昼は、とある新規開店中華料理屋で
チャーシュー麺を啜るも
インスタントの出来合い的味わいに沈む…。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン21● うどん11●そば3● その他10
◎今月の総ジョグ距離:17km / 通年94km

Posted by heno at 23:44 | Comments [2]

2008年02月04日 月曜日

●想い出ラーメン

 会社の備品を買い出しにヤマダ電機へ出かけたついでに、サクッと昼麺。久方ぶりに、ふくちゃんラーメンへ。

 午後2時半という、目一杯アイドルタイムゆえか、超人気店にしては珍しく3割方の客の入り。で、 最近ずっと入り口近くのテーブル席続きだったのだが、エラク久方ぶりにカウンター席に通される。

 ラーメンをたのみ、カウンター奥の厨房に視線を移すと、おお、お母さんが一心不乱に白葱を刻んでいる! 既に先代店主はリタイヤするも、その奥さんは現役バリバリで働いていたのかぁ……。

 で、妙に懐かし気分が刺激され、ふと脳裏に蘇ったのはカミさんとのいざこざ。まだ結婚する前、カミさんと藤崎の焼鳥屋で飲み、 〆にまだ百道にあったふくちゃんラーメンに立ち寄るも、カミさんは腹一杯なので店の外で待つと言う。

 ほいほい、ならば一人で啜ってくるよとズルズル啜り、大満足で店を出る。と、カミさんが店玄関に座り込んでいるではないか……。

ラーメン◇ふくちゃんラーメン

 聞くと、店から漂ってくる豚骨臭に気持ちが悪くなってブッ倒れたのだとか。

 「私がこんなに苦しんでいたのに、
  へのさんはのほほんとラーメン食べてたのね……。」

 恨めしげにジッと我を見つめた彼女のアノ表情が、バシッ、バシッとフラッシュバックしつつも、 相変わらずの芳しき豚骨臭を満喫しつつ、コレまた相変わらず呑気にズルズルとラーメンを啜る、ナンともデジャブな午後のひととき。

追伸
小麦粉はじめ様々な食材の価格高騰により、ふくちゃんラーメンも今月一日よりラーメンが50円値上げとなっておりました……。

ふくちゃんラーメン:ラーメン550円、替え玉100円。福岡市早良区田隈2-24-2。 11:00~21:00、火曜休み。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン20● うどん11●そば3● その他10
◎今月の総ジョグ距離:17km / 通年94km

Posted by heno at 14:26 | Comments [2]

2008年02月03日 日曜日

●東京マラソン2008まで、あと14日

 「東京マラソンまで間もないので、打ち合わせするぞ。」

 昨夜は、我が所属するマラソン・チーム「あとずさり」の監督であるJ子に呼び出される。

 自らも今度の東京マラソンに参加する監督ゆえ、
 どんな厳しい指導があるのだろうか?
 それとも、目からウロコの完走法を伝授してくれるのか??

 不安と期待が入り交じりつつ、お土産の一升瓶をぶら下げ、監督宅へお邪魔する。恐縮しながらリビングへと入ると、 そこには鯨の刺身や白菜の生姜風味の漬け物、キビナゴの一夜干しなど、酒飲みの気持ちを完璧に汲みきった燻し銀なるアテの数々。

 で、うははうははと宴会モード。かっぽかっぽと酒をあおり、いつの間にやら一升瓶が二本空き、 〆はK2郎差し入れのシーバスリーガル21年。

 で、今朝目覚めると、監督から借りてきたお笑いのDVDが多数。そして唯一覚えているマラソンに関する打ち合わ内容は

 「17日の大会が終わったら新橋で呑もう!
  でも、日曜って新橋の飲み屋ってヤッテないっちゃない?」

 てことだけ……。まぁまぁ、楽しかったから、まっイイかぁ。て、大丈夫かぁ……?

ラーメン◇黒門

今日は、昼からの仕事を前に一家揃って黒門へ。
最近テレビで紹介された余波が続いているのか、
順番待ちの列が続く大繁盛ぶりが
嬉しいような戸惑うような……。
ラーメン◇らさろ亭

昨日は、サンテ飯塚でガッツリ走った後の空腹を満たすべく
すぐ近所ののらさろ亭へ転がり込む。
久しぶりに食べるラーメンは
相変わらずマルタイ棒ラーメン・チック。
しゃくりと解ける自家製麺がクセになる一杯。 

南京ラーメン黒門:ラーメン500円。福岡県遠賀郡遠賀町島門2-13。 11:00~19:00、 月曜&3rd日曜休み。Pあり。

らさろ亭:ラーメン350円。福岡市早良区飯倉7-28-10。11:00~25:00、 水曜休み。 Pあり。 

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン19● うどん11●そば3● その他10
◎今月の総ジョグ距離:17km / 通年94km

Posted by heno at 11:59 | Comments [2]

2008年02月01日 金曜日

●我がツボ三兄弟

 穴場麺王MANIC SOMEDAYに、ナンとも気になるリポが上がる。

 なになに……、「悠翔樹風のシミジミタイプ」!「モサモサした麺」!!

 我がツボのラーメン・キーワード満載の新店情報でアル!場所はどこかと思いきや、おお、西区でないのぉ~! ちょうど今日は所用で西方面へ出かける予定があったのよぉ~~!!と喜び勇んで、ラーメン麒麟へGO!!!

ラーメン麒麟

 旧202号線沿いの、以前は烏骨鶏ラーメン龍だった店舗に「ラーメン麒麟」の看板。店舗裏手の駐車場に車を止めると、 店舗裏からナンとも芳しき豚骨臭が漂ってくる。

 おう、こりゃイケそうだぁ!と期待を募らせ暖簾をくぐると、店構えから想像したよりかなり広めの店内には先客3名。 カウンター席に座り壁に掲げられたメニューを見ると、ラーメンが具のバリエーションで4~5種にごはん類と潔いラインナップが好印象。 ラーメンを注文すると、

 「麺の固さはどうしましょう?」

 おうおう、その気配りもウレシイぞぉ!!初店では、四の五の言わず店のオススメを楽しむのが我が流儀。で、「普通」をお願いする。

ラーメン◇ラーメン麒麟

 ほどなく差し出されたラーメンは微かに透明感を残す黄土色のスープが、見た目からしてドンピシャ我がツボ。そして、いざ啜らんと、 むんずとドンブリを抱え口へと近づけると、湯気とともに香り立つ豚骨臭の臭さ加減が、コレまたツボツボ! もはや揺るぎなき旨さに対する確信を胸に、ズズッと一啜りすれば、軽やかな口当たりとともに、ほわんっと広がる脂の甘み。 そして一呼吸おいて顔を出す、豚骨だしの力強い底味。

 うひょひょぉ~~、コレコレ!ツボツボツボ~~!!

 そして更に、中太麺のモソモソ加減もドカンと我がツボ。チャーシューも塩気強めの愛想無い調味具合&キクラゲものっていて、 この手のラーメンのあるべき姿が見事に具現化されていて、ナンちゃナイけどナンとも旨い!旨い!!旨いっ!!!

 悠翔樹の「端正」と未羅来留亭の「粗野」の、ちょうど中間に位置する極ツボなる「普通」。今度から、 我がツボ系ラーメンが食べたくなったときは、ガツンとイキたい時は未羅来留亭、平麺啜りたい時は悠翔樹、 そして車で出かけるときは駐車場完備のラーメン麒麟!

ラーメン麒麟:ラーメン450円、替え玉100円。福岡市西区周船寺2-13-51。水曜休み。Pあり。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン17● うどん11●そば3● その他10
◎今月の総ジョグ距離:0km / 通年77km

Posted by heno at 13:09 | Comments [5]