HENO HENO: 2008年03月 アーカイブ

2008年03月31日 月曜日

●家族

 土曜の昼は義理兄家の法事で東京から帰省した姉一家と会食。そして夜は、 いみじくも期を同じく東京から帰省したカミさんの義理兄一家と会うべく、宮崎へ。

 久方ぶりに逢う親族と過ごす一時は、ほのぼの楽し。互いの子の成長ぶりに目を細めつつ、 グダグダと交わすナンともナンちゃナイ内容の会話こそ、宝。

 イイよな、家族。
 この歳になってやっと。いや、この歳になったからこそ。

チャーシューねぎそば◇中華料理・石本

 義兄の実家が芦屋なことをいいことに、近場で会食をと念願の中華料理・石本で会食。昼食のコース料理は、 どの料理にも香草が効果的に使われたヌービエル・キュイジン。

 追加でたのんだチャーシューねぎそばも、鶏ガラだしの旨味をストレートに生かした滋味仕様のスープと、 中華香辛料が心地よく効いたタレで和えられたチャーシュー&白葱の、味わいのコントラストがググッと我がツボ。キュニュッ、 プツンッと粘り弾ける独特なコシの麺もオモシロ美味。

宮崎ラーメン◇響

 昨日は東京へ帰る義兄を送り、義理父とともに響へ。MRT宮崎放送開局50周年記念イベント「宮崎ラーメン維新4強バトル」 優勝店のラーメンは、宮崎ラーメンの特徴である醤油ダレの効いた豚骨スープに、更に背脂をプラス。厚切りチャーシュー& 味付け玉子も濃いめの調味具合で、万人受けしそうなナンとも分かり安い味わい。

 細麺、縮れ麺、太麺、辛麺から好みの麺がチョイスできたり、週替わりの期間限定メニューを取り入れたりと、創意工夫に余念がない。

つけ麺◇気むずかし屋

 今日は取引先のK保さんのリクエストでラースタへ。気になっていた気むずかし屋のつけ麺は、ガッツリときいた魚粉だし& 多めに浮いた脂が明快美味な温つけ汁。モッチリと弾ける中麺もシッカリ美味だし非の付けようがないのだが、 コノ手の濃い味つけ麺はチト食傷気味のロートル麺喰い一匹。

中国料理 石本:葱チャーシューつゆそば735円。福岡県宗像市公園通り3-20-1。 11:30~15:00&18:00~21:00、月曜&2nd日曜&2nd・4th火曜休み。Pあり。

響 大塚店:宮崎ラーメン573円。宮崎県宮崎市大塚町大迫南台4400。 11:00~14:00&17:00~20:30(日曜は1100~2030)、水曜休み。Pあり。

気むずかし屋:つけ麺850円。福岡市博多区住吉1-2- 25キャナルシティ博多5階 ラーメンスタジアム内。 10:00~23:00、無休。Pあり。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン53● うどん30●そば8● その他24
◎今月の総ジョグ距離:47km / 通年202km

Posted by heno at 22:18

2008年03月28日 金曜日

●あとは結果

 思い立ったら吉日とのコトワザあり。コトワザは古人の体験的生活の知恵の集大成、習うにこした事はナシ!! と懸命に己にイイワケしつつ、アマゾンの「ショッピングカートに入れる」ボタンを、ポチッ。

 構想2週間で準備完了。いざ、nike + ipodのハイテク・ジョグ・ワールドへ!と心はやるも、 昨日に続き二夜連続の午前様……。

担々麺2種◇長楽

長楽の担々麺2種は
汁あり&汁なしとも、チョベリバ・オイリー。
コレでもかっ!と効きまくったラー油の風味と化調の甘味が
良くも悪くも「ホンモノの中国」チック……。

ラーメン◇悠翔樹

クイクイ飲んだ中締めに啜る悠翔樹ラーメンは
まさにシミジミと美味!
滋味ラーメンの真価をまざまざと味せつけられ、感服しきり。

釜揚げつけ麺◇悠翔樹

悠翔樹の創意工夫の申し子、釜揚げつけ麺は
あったかスープにつかった釜揚げ麺を温つけ汁で啜る
温&温タイプのつけ麺。
ヘンに脂を足すことなく豚骨ダシの旨味をストレートに生かしつつ
辛味噌肉で更なる旨味をプラスした温つけ汁が武骨に美味。

元祖めんちゃんこ◇めんちゃんこ亭本店

先日のリベンジをと啜った「元祖」めんちゃんこは、
「新味」よりも格段に我が好み!
なれど、以前に比べダシの風味が乏しく感じるのは、ナゼ……??

長楽:担々麺汁あり&汁なし(いずれも価格失念)。福岡市中央区春吉3-22-12。 12:00~14:30、18:30~26:30。

悠翔樹:ラーメン480円、釜揚げつけ麺580円。福岡市中央区笹丘1-35-20。 11:30~14:30&18:00~23:30、日曜休み。Pなし。

めんちゃんこ亭: 元祖めんちゃんこ497円(福利厚生倶楽部会員価格)。 福岡市早良区百道2-8-1。 11:00~29:00、 年中無休。 Pあり。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン51● うどん30●そば8● その他23
◎今月の総ジョグ距離:47km / 通年202km

Posted by heno at 23:28 | Comments [0]

2008年03月26日 水曜日

●友、遠方より来たる

 ナンともお久しぶりに、今週末ぶっち隊長が帰福されます。で、積もるバカ話しを肴にグダグダ飲み会、ヤッちゃいませう!

  • 3月28日(金) 19:00~
  • 益正天神横丁
    福岡市中央区天神2-8-34 住友生命ビル1F
    TEL 092-736-3270

 毎度お馴染み、人気の居酒屋チェーン益正のお気軽&格安立ち飲み屋での、ゆるい集いです。初参加の方も大歓迎!! お気軽にご参加くださいマセマセ。

ラーメン◇味一番

 目一杯久しぶりに啜る味一番のラーメンは、シンプル・イズ・ベストを地でいく極楽滋味。口当たりは至ってアッサリ&サッパリながら、 遅れてクイクイッと顔を出す豚骨だしの風味がマーベラス。

 親父さんが平笊を振り麺をドンブリへ揚げ終わると、バトンタッチしたお母さんが一枚ずつ丁寧にチャーシューを盛り、ネギをふり、 スープ寸胴の上澄み脂をサッとふり、仕上げに醤油ダレをほんの一サジ。そして、出来上がったラーメンを息子が客へと運ぶ。 一糸乱れぬ一家連携してのオペレーションが、ホノボノと見事!

 「ごちそうさん。」
 「おお、ありがとう。今日はまた顔色いいねぇ。」
 「そうかい、確かに今日は体調が良かもん。」
 「いやぁ、生きとるうちはズッと体調良くしとかにゃぁ。
  病は気から。元気でイキましょ、お互いに。」
 「はいはい、そうたいねぇ。元気でイキましょ。」
 「はいはい、本当にありがとう。」

 常連らしき病み上がり風の年配客と親父さんとの、精算時の会話を惚れ惚れと聞きつつ啜る、イニシエ美味なる極上普通味ラーメン。

 ♪ I Love it ! ♪

味一番:ラーメン400円、替え玉100円。福岡市早良区高取1-4-1。11:00~20:00、 木曜休み。P なし。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン49● うどん30●そば8● その他22
◎今月の総ジョグ距離:47km / 通年202km

Posted by heno at 13:19 | Comments [3]

2008年03月25日 火曜日

●好きなら食べに行く

 最近にわかに我が周辺はジョギング・ブーム到来。同僚のT崎さんは先月からほぼ毎晩10キロを走り、体重が4キロも落ちたという。

 「4キロ痩せると走りもカナリ楽になるねぇ!」

 ちょっと誇らしげな中年オヤヂのハニカミ笑顔が愛らしい。今週末の海の中道はるかぜマラソンに出場するという。そして、 永遠の青春番長take4NIKE + ipodを購入し、ハイテク・ジョグを楽しんでいるとか。

 で、かく言う私は……。今日こそ走るぞと心に誓っていたはずなのに朝は寝坊&夜は急な飲み会が入り、またもサボる。

 今年の目標は、恒例の10月シティマラソン福岡、12月宮崎青島太平洋マラソン、 そして新規開催されるという11月の下関海峡マラソン。シティマラソン福岡まで早半年、長期スパンで適正トレーニング& 体重減量し、目指せフルマラソン夢の3時間代走破!

ラーメン◇悠翔樹

 好きなら食べに行く。で、久しぶりに悠翔樹。

 軽やかな醤油ダレの風味と膨らみのある豚骨だし。そして、スルスルと小気味よい細平麺の啜り心地。

「最近よくテレビに出てますよねぇ。」

「ありがとうございます。
 でもウチは分かりづらい場所ですし、あまり影響ないです。」

「そう言えば、九州ラーメン総選挙から連絡は?」

「ないですねぇ。」

すると奥さんが

「うふふっ、きっとウチは落ちたんじゃないんですか?」

「あはは、でもウチは落ちて良かったかなぁ。
 納得のいくラーメンをマイペースで出して行きたいですからねぇ。」

 やっぱ好きです、悠翔樹。また食べに来ます。

ラーメン◇元祖長浜屋本店

好きなら食べに行く。で、夜は酔いどれ千鳥足で〆元祖。

な、なんと、前回に続き、またも旨いじゃないかぁ……。
マズイはずの元祖が、今年に入ってナゼかアタリ続き。
ウレシイようなカナシイような。 

 

しかしまぁ、コンだけ麺啜ってりゃ、
フルマラソン3時間代走破は、夢のまた夢だなぁ……。

悠翔樹:悠翔樹ラーメン480円。福岡市中央区笹丘1-35-20。 11:30~14:30&18:00~23:30、日曜休み。Pなし。

元祖長浜屋本店:ラーメン400円。福岡市中央区長浜2-5-9。24時間営業、 正月をのぞき年中無休。Pなし(近くの支店にはPあり)。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン48● うどん30●そば8● その他22
◎今月の総ジョグ距離:47km / 通年202km

Posted by heno at 23:52 | Comments [2]

2008年03月24日 月曜日

●お麺なNEWS ~ナニがナニやら~

 先日アップした元祖長浜屋本店閉店の件ですが、ネタもとのとりにくまみれによると、閉店するのは本店ではなく支店とのこと。 本店派の私とすると少しだけ救われた気分もするが、果てさて真実や如何に?

ラーメン◇未羅来留亭

 最近、ロートタムの楽しき人生さがの日々などで、ポツリポツリと取り上げていただいている未羅来留亭。 我が最愛豚骨の一軒だけに、ナンともウレシイ限りでないカイッ!と喜びつつも、ふと気付けば、 今年も早3ヶ月が過ぎようとしているのに、年明け後、我はいまだ啜っていないではないかぁ……。

 こりゃイカンッ!と早々に訪ね啜る一杯は、ドカンとダイナマイト!一口啜ると、口当たりは至ってアッサリなれど、 ガツンッと舌にのる重量級かつキレのある豚骨だし。

 あはは、ナンチャナイけどナンとも旨いっ!

 キリリといつもより強めにきいた塩気はご愛敬。決してマイルドにまとまることなく、かと言って傍若無人に暴れ回ることもなく、 静かに、かつ強固に己の存在を主張する豚骨だしのコノ感じこそ、博多ラーメンの真骨頂。

 合わさる麺は以前より気持ち細くなったような気がするなぁ。結果、一般ウケが良くなる気もするが、 我は以前のブリブリ武骨麺の方が好みナリ。とは言いつつも、結果卓上に置いてある絶品辛子高菜も添え、禁断の替え玉を満喫。

 五徹の例もある。好きなら食べに行く。好きなことを行動で示さなければ、麺屋は立ちゆかない。

未羅来留亭:ラーメン400円、替え玉100円。福岡市早良区西新4-9-17。 11:30~19:30、 火曜日休み。Pなし。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン46● うどん30●そば8● その他22
◎今月の総ジョグ距離:47km / 通年202km

Posted by heno at 13:49 | Comments [13]

2008年03月23日 日曜日

●どんぶり&うどんマクド

 目が覚めると、小雨降る灰色の空。で、我が心も沈みがち。ダラダラと午前中を過ごし、早正午前。 せめてチョットばかし遠出して気になる麺なぞ啜らねば、せっかくの休日が台無しだぁ、と春日市へ。

 新店情報王・俺コレ!でその存在を知った「中華そば つけめん 山田」。 福岡でつけ麺をウリにする店はまだまだ少ないだけメッチャ気になるぞぉ!「近日オープン予定」とあったが、 果たしてヤッテいるのかなぁ?とおっかなびっくり訪ねると、

 おお、店内に電気が付いている!こりゃラッキー!!と喜び勇んで入店。するも……

 「すいませ~ん、30日から営業です。」

 と年配の店主。店内には知人らしき若者達がラーメンを啜っている。どうやら開店に向け、 身内を練習台にしてオペレーションの練習を重ねているようだ。

 うむぅ~残念!だが、この事態は十分に想定内、次なる宿題店、どんマックへ行くぞっ。

どんマック

 井尻から牛頸へと抜ける県道沿い。以前は桜吹雪が風に舞うだった店舗が、いつしかチャンポン専門店を経て、「どんマック」 なる店に衣替え。看板の「かつ丼299円」もそこそこインパクトがあるが、何せこちとら真性麺馬鹿、 それよりなにより気になっていたのが「太麺うどん」の張り紙。

 元来、太麺フェチの私。太麺うどんということは、みやけうどんみたいな王道博多うどんなのか?はたまた伊勢うどんチックな極太汁なしうどんかも……?

 期待と不安を胸に入店すると、

 「いらっしゃいませぇ、まずはレジで食券をどうぞ!」

 と、お姉さんの元気な声。促されるままにレジに向かうと、ドンブリが7~8種にうどんが4~5種、 写真入りでズラリと紹介されているメニューは、いずれも格安。最高価格のうどんはエビ天なのだが、それでもわずか249円。 ついつい嬉しくなってエビ天うどんを大名食い!?

エビ天うどん◇どんマック

 「12番でお待ちのお客様、料理ができましたぁ!」

 待つこと2~3分で早々に店内放送アリ。カウンターで待ち札と交換に料理を受け取り、テーブル席へ。待望のご対面である 「太麺うどん」だが、

 うぬぬぅ?確かに細くはないが
 「太麺」というより、普通の太さのうどんだぞぉ…。

 割り箸より気持ち太めだろうか。いわゆる普通の太さのうどんは恐らく冷凍うどんだろう。が、冷凍にありがちな、 モチモチとした華美なヒキの演出は皆無。噛み込んだときのムッチリと解ける、生地の密なる食感がワハハと楽し。

 合わさるエビ天は、おそらく天丼用を流用したものか。良くも悪くも軽やかな味わいのスメ然り、 店のコンセプト的にはドンブリがメインで、うどんは吸い物代わり的位置付けのような気がするなぁ。

 驚いたのが、チビ達にとってやったカツ丼のクォリティの高さ。299円という低価格ゆえ、カツが薄く& 揚げ置きの貧弱なドンブリかと思いきや、ナンのナンの。

 たっぷりめの玉子とじの下に隠れていたトンカツは、厚さ1センチはあろうか、ボリューム感も満点で、しかも揚げ立て。 サクッと熱々の衣の食感とホクホクの豚肉の旨味が、適度に甘いタレと合わさり、かなり美味。ご飯の量も結構あって十二分に食べ応えあり。 これで299円は超格安!

 店頭の「早い!安い!旨い!」にイツワリなし。ドンブリとうどんをマクドナルド的ファーストフード感覚で提供する……。ああ、 だから「どんマック」なのかぁ!

どんマック大土居店:エビ天うどん249円。福岡県春日市昇町7-59。11:00~22:00、 無休。Pあり。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン45● うどん30●そば8● その他22
◎今月の総ジョグ距離:47km / 通年202km

Posted by heno at 12:15 | Comments [5]

2008年03月22日 土曜日

●かぁチャンポン

 コレ正に麺馬鹿の性。決まって休日の朝なのだが、目が覚めると同時に、 うどんやラーメンなど特定の麺料理が無性に食べたくなることが多々ある。

 今朝、目が覚めると、気分はチャンポン。ソリャもうナニがナンでもチャンポンが啜りたひっ。で、長年の宿題店である「うぐいす」 へ三瀬峠越え。

ドライブインうぐいす

 福岡市早良区から佐賀市内へと抜ける国道263号線沿い。三ツ瀬温泉やまびこの湯を過ぎてすぐの左手。遣れた外観&緑地に黒文字の「うぐいす」 の看板が目一杯イニシエ系。

 なれど、店舗のすぐ近くに設置された看板はそこそこイマドキ。

 ①「麺」こだわりのシコシコ自家製麺がうれしい
 ②「具」約18種類の具だくさんだから楽しい
 ③「スープ」濃くてスッキリの還元水使用でうまい

 で、「こだわりのチャンポン完成!」と来たもんだぁ。

 外観以上にイニシエ系な店内。前の客の食べ終えた器や漫画本、雑誌などがゴチャゴチャとトッ散らかったテーブル席のひとつを整理し、 着席。メニューを見ると、麺メニューはチャンポン、焼きそば、皿うどんの3種でいずれも600円。そして加えて、 丼や蒲焼きなど鰻料理が3~4種。どうやら以前は鰻をメインにした料理店だったのかもなぁ、などと思いを巡らせつつ、チャンポンを頼む。

チャンポン◇うぐいす

 ひとしきり待たされた後運ばれてきたチャンポンは、ソリャもう具だくさん。で、ふと思い立つ。そうだ、 看板に書かれていた店のチャンポンに対するこだわり三箇条を検証してみよう!

 ①「麺」こだわりのシコシコ自家製麺がうれしい 

 目一杯盛られた具の底へとむんずと箸を差し入れ、エイヤー!トー!!と掻き混ぜることでやっとこさ姿を現した麺は、 気持ち細めの中麺ながら、プリップリの弾けゴシが味紛うことなき生麺仕様。 コンな立地のコンな遣れた店構えの店舗で生麺茹でたてのモダン系チャンポンが食べられるとは、驚き桃の木、最初は猪木。ワン、ツー、スリー、 だぁ~~っ!!

 ②「具」約18種類の具だくさんだから楽しい

 うん?18種も具が入っているの??確かに具だくさんだからチャンポンなのだが、18という数字はにわかには信じがたい。 ならば自らの目で確認あるのみ!とカミさんの頼んだ皿うどんの皿を借り、一種類ずつ並べてみる。と、豚肉、エビ、ゲソ、アサリ、キャベツ、 ニンジン、タマネギ、太モヤシ、白葱、椎茸、エリンギ、山キクラゲ、厚揚げ、紅蒲鉾、角天、天ぷら団子と16種までは目視で確認。

 うん?なら後2種類は??と必死に探索するお馬鹿な我を見つつ呆れ顔のカミさんがぽつりと一言。

 「だから、『約18種類』でしょう?
  16は『約』で考えれば十分に18でしょう?」

 あ、はい。納得……。

 ③「スープ」濃くてスッキリの還元水使用でうまい

  うっすら白濁した醤油色のスープは、見た目と味わいから察するに、うどんスメ的な和風のスープがベースなのか? うどんのスメとラードで炒めた具の織りなす、ある種無国籍的ハイブリッド滋味が由緒正しきイニシエ食堂系。「濃くてスッキリ」と言うより 「スッキリとと濃い」の方が表現とすると正解かと。

  要は、昔々子供の頃、母親がインスタント中華だしをベースに作ってくれた、家庭チャンポンの豪華版。 食べても食べても減らない具の火が通りまくったイナタイ食感然り、スッキリ濃い無国籍スープ然り。「野菜を食べなぁ、バチかんどぉ」 と郷のカァちゃんが愛情タップリに作ってくれたおご馳走。

 シミジミと心に染みる、カァちゃんのチャンポンで、お腹いっぱい!シアワセいっぱい!!

ドライブイン うぐいす:チャンポン600円。佐賀市三瀬村池田。11:00~14:00、 火曜休み。Pあり。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン45● うどん29●そば8● その他22
◎今月の総ジョグ距離:47km / 通年202km

Posted by heno at 12:49 | Comments [3]

2008年03月21日 金曜日

●尽くせりマラソン

 帰宅するとA4大の分厚い封筒が届いている。差出人は東京マラソン事務局。 ナンじゃコリャと開けてみると、様々な協賛企業のチラシ類と完走証書。

 記録 4:54:06 ネットタイム 4:39:30

 大会前2週間近く微熱に悩まされたれたが、走行実時間は昨年の宮崎青島マラソンと大差なかったと言うことか。

 そしてさらに協賛企業の一つである読売新聞特製の号外新聞。第一面に大会概要、 そして第二面から18面に渡り、完走者全ての名前とタイムが載っている。

 東京一は世界一。大会当日の運営&沿道の声援も素晴らしかったが、アフターフォローも抜かりなし。 来年は3月に開催予定なのだとか。参加費に交通費、宿泊費と経費が5万円ほどかかったので次回参加は見送りかと思っていたのだが、 さて……。

つけ麺◇二十三番

昨年オープンした否豚骨店「二十三番」の宿題麺、つけ麺は
気持ち太めの中太麺のムチッと解けるコシがオモシロイ。
温つけ汁はヘンにゴテゴテしてないシンプル系。
食感の演出を狙ったのか、塩茹でチャーシューに加え
キクラゲが具に入っている。

ダシの旨味がきいた醤油味+微かな酸味の
至極あっさりの味わいは、方向的には我が好み。
なのだが、出来れば、もう一ひねり欲しいところ…。

沖縄そば◇けご2の2

 夜は、警固四つ角の一方通行の裏通り沿いにある「けご2の14」。
住所が屋号、沖縄料理が自慢の立ち飲み屋で
〆に沖縄そばを啜る。

ナンだか旨かったような記憶はあるが、
何せこの夜三軒目。
シコタマ飲んだ酔いで、詳細はサダカデハナイ……。

二十三番:つけ麺700円。福岡市早良区西新5-5-4。Pなし。

けご2の14:沖縄そば600円。福岡市中央区警固2-14-7。17:00~23:00、日祝休み。 Pなし。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン45● うどん29●そば8● その他21
◎今月の総ジョグ距離:47km / 通年202km

Posted by heno at 23:01 | Comments [0]

2008年03月20日 木曜日

●日々進歩

 福岡市の小規模校特別転入学制度を利用し、2年前、博多湾に浮かぶ小さな島、 能古の小学校へ転入したチビ達に「事件」が。

 毎日通学に渡船を利用しているのだが、昨日の福岡は恐ろしいほどの強風が吹き荒み暴風警報が発令。博多湾内の海も珍しく荒れ、 渡船が欠航となり帰宅できず。結局、同じく帰宅できない級友や先生達とともに島の公民館で一夜を明かすことに。

 今早朝、眠そうな目をこすりつつ帰宅した我がチビ達。友達と過ごす夜は修学旅行気分でそれなりに楽しんだようだが、 公民館に寝具の備えはなく、毛布にくるまって横にはなったが、ほとんど眠れなかったという。

 渡船で僅か10分の距離だしと身近に感じていた能古が「島」であるという、ごく当たり前のことを改めて実感。島の暮らしは都会より、 ずっと自然と近いところで営まれている。

 チビ達よ、この貴重な体験を通し、より島を好きになっておくれ。

ごぼう天うどん◇こまどりうどん

 先日、取引先のS藤さんから「めっちゃ旨いですよぉ!」と激推薦されたこまどりうどん福重店。ならばと久しぶりに訪ねると、

 おおぉ~、確かにエラク旨くなっているでないのぉ!!

 鰹節の華ある風味をシッカリと底支えする昆布の旨味。気持ち強めに塩気をきかせることで、 味わいの輪郭をキリリと描き出す明快美味なスメも旨いが、特筆すべきはうどんのヒキ。

 噛み切るときの「ぶにょ~ん」然り、噛み込んだときの「もち、もち、もよよぉ~ん」然り、大助うどん@桂川町を彷彿とさせる超モチモチの餅うどんの食感が、そりゃもう極楽。

 もつうどんや豚珍麺、うどんチャンなど気になる創作メニューもいっぱいだし、コリャまた再訪必至だなっ!

こまどりうどん福重店:ごぼう天うどん390円。福岡市西区石丸4-1-28。10:00~21:30、 4th木曜休み(祝日の場合は翌日)。Pあり。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン45● うどん29●そば8● その他19
◎今月の総ジョグ距離:47km / 通年202km

Posted by heno at 09:59 | Comments [5]

2008年03月19日 水曜日

●白龍軒@古賀 ~『軒』を訪ねて 第52回~

 昨年廃線となった西鉄宮地岳線の花見駅から旧国道3号線へと抜ける住宅街の一角にある白龍軒。 カウンター席だけのこぢんまりとした店内然り、ラーメンが具のバリエーションで3~4種に、チャンポン、 焼き飯と至ってシンプルなメニュー構成然り、正統「街のラーメン屋」である。

白龍軒@古賀

ラーメン◇白龍軒

 イイ感じに透明感が残る見た目通り、口当たりはアッサリながら、その奥にグイッと力強い豚骨だしの風味。 まるんと円みある後味がシミジミ美味。中太麺のガサゴソと暴れる感じもズバリ我がツボ。イニシエ系にしては珍しくチャーシューも旨い。

 壁に貼られた雑誌の紹介記事によると、昭和40年創業とのこと。福岡の東濃く腹によると、隣接する居酒屋「たつ」と兄弟で営んでいるとか。 店の一角には豊富な漫画の単行本に加え、駄菓子も数種置いてある。おそらく休日は近所の小さな子供連れ客で賑わうのだろう。

 食べた子がいつしか親となり、今度は自分が子を連れて食べに来る。地元に静かに愛される街のラーメン屋。ああだから「軒」が好き。

白龍軒:ラーメン500円。福岡県古賀市花見南2-25-20。11:30~13:50&18: 00~26:30。Pあり。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン45● うどん28●そば8● その他19
◎今月の総ジョグ距離:35km / 通年190km
 

Posted by heno at 12:50 | Comments [0]

2008年03月18日 火曜日

●お麺なNEWS ~久留米にB級グルメ大集合!~

 日本全国のB級ご当地グルメの祭典である「B-1グランプリ」の第3回大会が、11月に久留米で開催されることが決定した模様。出店団体は未定のようだが、 富士宮焼きそばと八戸せんべい汁には是非モノで来ていただきタイッ!

Posted by heno at 23:06 | Comments [0]

●お麺なNEWS ~心底残念ながら…~

○巷で静かに噂の元祖長浜屋本店の閉店騒動。きっと昨年の騒動に便乗したガセネタと無視をしていたのだが……。

 今日のRKBテレビ「今日感テレビ」のニュースによると、「店舗老朽化のため来月4月8日で閉店。移転もしくは 再営業の予定は今のところ未定。尚、元祖長浜屋支店は今まで通り営業続行」とのこと。誠にもって残念ながら、とりにくさんより教えていただいた情報通りのようですぅ……。

Posted by heno at 20:48 | Comments [2]

2008年03月17日 月曜日

●春うらら

 早朝、会社へと歩いていると、

 おやぁ、桜の蕾がほころんでいるぞぉ。

 通勤路に最近植えられたばかりの桜並木がイイ感じ。そよ吹く風が気持ち寒さを残しつつも、ほわっと温んだ感じもありつつ、あはぁ、 春到来。

 で、夜。同じ道を帰宅していると、あら不思議。朝見かけた桜の蕾が早半日でナンと花咲いているではないかぁ。あはははぁ、 めっきり春っ!

 ナゼなのだろう、春の到来を予感するとウキウキと嬉しくて、秋の足音を感じるとセンチメンタルに心寂しい。四季の移ろいに心騒ぐ。

 日本ってイイ国だとつくづく思う。で、STOP温暖化。

醤油ラーメン◇一心軒

値上げの春がアチコチに到来。
安&旨&早の一心軒
2月1日より担々麺、醤油ラーメンとも50円値上げ。
と言っても、担々麺が430円で醤油ラーメンが450円と
十分に格安リーズナブル価格なのが、スゴイっ!


本場の武蔵野うどんにスッカリやられ
せめて気分だけでもと、
釜揚げ蕎麦を豚肉温つけ汁で。
と、コレが結構旨いのよぉ。

 

牛テール肉の茹で汁を利用して作った
牛テール・ラーメンはソリャも尋常じゃない旨さ炸裂!
シミジミとダシのきいたスープと
具の牛テール肉のモッチリ&キュニュキュニュ感。
ぷるんと跳ねる平打ち麺との相性も文句なし

新タマネギの甘味と柚子胡椒の辛味が
風味豊かな味の奥行きを演出。

 

サッポロ一番きのこそばは商売上手。
「春限定」とのコピーにつられ啜った「香り梅」は
冬限定の「香りゆず」には遠く及ばず。

 

セブンイレブンのPBカップうどんは
シンプルながらもジワジワ旨い、さすがの出来。

 

熊本城築城400年記念の日清ご当地販売カップ麺は
プリンとコシある麺と真っ黒マー油がきいた
ミルキー白濁豚骨スープが、まんま熊本。

一心軒:醤油ラーメン450円。福岡市博多区上牟田1-6-25。 10:00~23:00(月曜17:00~)、無休。 Pあり。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン44● うどん28●そば8● その他19
◎今月の総ジョグ距離:35km / 通年190km
 

Posted by heno at 13:18 | Comments [2]

2008年03月16日 日曜日

●六六軒 ~『軒』を訪ねて 第51回~

 昨日同様に見事に青く晴れ渡った空に誘われ、LSD。愛宕浜~外環状~室見川河畔と、 のんびりジョギングを楽しむ。

 めっきり気候が春めいてくると、スポーツジムの内走りより俄然外走りの方が楽しい。だが、 内走りのランニングマシーンの大きなメリットである、走行データは捨てがたい。

 走り出してどれくらいの距離で、どれくらいのスピードで走れているのか。 ペースとフォームを意識しつつの練習は、ソレはソレで意義があった。外走りでそのようなデータ収集が出来さえすれば問題ないのだが……。

 で、またも物欲スイッチがオン!Nile + ipod が欲しいっ!!

六六軒

 

 JR鳥栖駅の程近く、低層の一戸建て住宅が建ち並ぶ一角に「ラーメン チャンポン専門店 六六軒」の看板。 地元では絶大なる人気を誇るというイニシエ系ラ店である。

 紺色の暖簾をくぐると、RKBラジオが鳴り響く店内は、 四方を取り巻く壁沿いに設けられたカウンター席と右奥の小上がりには4人掛けテーブル席が2卓。 恐らく開業当時は店中央に4人がけのテーブル席が3~4卓のオーソドックスなラーメン屋だったのだろうが、長年営業しているうちに客が増え、 それに対処すべく場当たり的に改装を重ねた結果の歪な造りか?

 まさに看板にイツワリなし。壁に掲げられたメニューは、ラーメンが具と量のバリエーションで5~6種と、 チャンポンが量のバリエーションで2~3種類。巷のブログでは特にチャンポンが高評価の六六軒であるが、『軒』 を訪ねてはラーメン限定と心に決めている。

ラーメン◇六六軒

 ほどよく透明感を残す白濁色。 うんうんコレコレ。見た目はバッチリ『軒』でないのぉ!とドンブリを抱え、ズズッとスープを一啜り。と、まるんっと円やか、 かつフレッシュなな豚骨ダシの甘味がどこか丸幸チックなれど、その奥のクイッと顔出すダシのコクが、お見事技あり一本!

 細めの麺も、 シュルッと口に収まるときの勢いある鯔背なコシ然り、噛んだときの素直なコシ然り、ナカナカに美味。特筆すべきはネギの旨さ。 シャクッと解ける食感然り、ほの甘く、かつ豊かな味わい然り、淡系豚骨に映える風味が秀逸。

 冷蔵庫臭いチャーシューと、 食べ進む内に段々と強くなる化調の辛味が良くも悪くも正統イニシエ。必要最小限の言葉しか発しないものの、 その一言一言に客へのもてなしが宿る老夫婦の仕事ぶりが味の要。 入り口横に積まれた漫画の単行本を読み耽りながらラーメンを啜る我がチビ達よ、しっかりと脳裏に刻むが良い。 これこそが由緒正しき街のラーメン屋なのだよ。

 うん、やっぱり『軒』が好き。

六六軒:ラーメン450円。佐賀県鳥栖市松原町1712-3。 11:00~15:00(日祝は11:30~15:00)、火曜休み。Pあり。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン41● うどん27●そば6● その他19
◎今月の総ジョグ距離:35km / 通年190km
 

Posted by heno at 20:34 | Comments [6]

2008年03月15日 土曜日

●もっこす新潮流ラ族のお見事なるサジ加減にメロメロ

 昨日の夜から熊本へ。泊まりがけで職場のレクレーションを楽しむ。昨年は唐津で魚三昧だったが、魚がダメだという新入スタッフ・I田に合わせ、菅乃屋銀座通り店で馬肉喰いレク。

 一昨年のむつ五郎よりチト高級店で一人前のポーション少な目&価格高めながらも、 さすがに超有名店。馬肉の色んな部位をアレやコレや楽しみ、地焼酎をクイッ、クィッ、クィッ。

 その後、下通りの老舗バー・Bar shotsに河岸を変え、I.W.ハーパー12年とボンベイ・サファイアを楽しみ、 12時過ぎにお開き。ホテルへと帰るスタッフと別れ、我は念願の亜和麺へと向かう。

 亜和麺

 かねてからその存在が気になっていた亜和麺。先々月のもっこすつけ麺行脚で訪ねるも閉まっていて、食べられなかった店だ。調べてみると、 夜のみ営業しているらしい。

 歓楽街の細い路地沿いの雑居ビルの1階。通路の最も奥まったところに、「亜和麺」と書かれた和紙が画鋲でとめてある。 窓もないし扉もガラスじゃないので、中の様子がうかがえない。一見客を拒むかのような威圧的な店構えに一瞬ビビリつつも、意を決して店内へ。

 こぢんまりした店内は、オフホワイトを基調としたシックなインテリア造りだが、どこか70年代サイケの雰囲気も併せ持つ、 カフェ系インテリア。オサなファッションの若き男女が二人で切り盛りしている。

 カウンター席に座りメニューを見ると、「和風もっちりざる麺」と「古風もっちりらーめん」が、それぞれ「(醤)」と「(塩)」 の計4種類。価格はいずれも「極小650円 小800円 中700円 大1000円」。筆頭に書かれている「和風もっちりざる麺(醤)」 をたのむ。

和風もっちりざる麺(醤)◇亜和麺

 気持ち細めの中麺は、素麺チックな丸麺。温つけ汁にザブンとくぐらせズズッと啜れば、ナルホド細めながらも、もちもちとした食感が、 あな楽し。温つけ汁はキュインときいた醤油ダレの風味と、ザラリと舌にのる魚粉の感じが、一風堂薬院店まるげんと同じタイプ。

 大金豚いっきなどの最近流行の濃厚豚骨魚介つけ汁がちとキツ過ぎるロートル麺喰いオヤヂの私にとって、 このタイプはドンピシャ好みのど真ん中!ああ旨い、コリャ旨いとズビズバンと一気に啜り、湯飲みで供されたスープでつけ汁を割り、 ほっこり満足。

 いやはやナカナカ旨かったなぁ、と千鳥足でホテルへ向かうはずが、ムクムクと頭をもたげる麺煩悩。

 確かこの一つ南の通りにには
 煮干しダシのつけ麺が食べられるという
 にぼらやが営業していたなぁ…。

 で、ふと気が付けば目の前に「にぼらや」の看板がかかった雑居ビル。ナニせ熊本はたまにしか来ない「異境の地」。 食べられるだけ啜っておくかとビル奥の入り口をのぞくと、午前0時半を回っているというのに順番待ちの客が7~8名並んでいる。

にぼらや

 窓から店内をのぞくと、ほとんどの客がラーメンを啜っている。と言うことは、そんなに待たずに済みそうだと列の最後尾に並ぶ。が、 昼と違い、夜の客はすこぶる回転が悪い。食べ終えた後も仲間同士アレコレと話し込み、なかなか席を立とうとしない。 そして私の前に並んでいるのは、飲み屋のお姉ちゃんとその客らしき4人組。まわりの目も気にせずイチャイチャとジャレ合う様が、 鬱陶しいたらありゃしない。

 さらに夜も更け寒さがシンシンと身に染みる。ああ、もう面倒くさい。もう諦めてホテルに帰るかと思ったその時、ガラリと扉が開き、 10名ほどの客が一気に退店。

 カウンター席に座りメニューを見ると、煮干しラーメン、チャーシュー麺、ワンタン麺、タンタン麺、カレーラーメンにつけ麺と、 気になるメニューがズラリと並ぶ。初志貫徹でつけ麺をたのむつもりが、スッカリ冷え切った我が身が猛烈にラーメンを欲する。で、予定変更し、 メニュー筆頭の煮干しラーメンをたのむ。

 煮干しラーメン◇にぼらや

 ほどなく差し出されたラーメンからは、湯気とともに煮干しの素朴な風味が香り立つ。うははぁ、コリャ旨そうだと思いきや、 店員がドンブリへ鰹の削り節をトッピング。と、熱々のスープの熱気と水気でクニクニと身をよじる削り節。

 うははぁ、コリャたまらん楽しい演出やねぇ。

 高まる期待を胸にスープを啜れば、ふわりと軽やかに鼻へ抜ける魚介系のダシの香りと、やさしく舌を包む魚介ダシの旨味。 そしてその奥に、やさしい味わいを底支えする獣系のダシの風味。

 そして麺もすこぶる美味。亜和麺同様、気持ち細めながらもモチモチとふくいくたる食感がナンとも優しく、深い。 包容力ある食味が煮干しスープと相性抜群。さらに、コレまたモッチリと優しい食味のチャーシューと、 一杯のラーメンとしてのまとまり感も超優良。

 寒い中外で待たされ、しかも20分近く酔っぱらいとお姉ちゃんの痴話を聞かされ、そしてさらに価格は750円。自然、 評価が辛口になりそうな気分なのだが、ナンのソノ。思わずスタンディングオベーションしたくなるほど完成度の高き滋味美味なる一杯に、 ブラボー!ブラボー!!

 

本日は熊本市内の鮮魚市場を冷やかし、
熊本県横島町のふるさとセンターY・BOXでいちご狩りをし、
レクの〆は一閑人@久留米で昼麺。

店に着くと、正午半とは言え
店の広めの駐車場が満車状態。
スゴイ繁盛ぶりだなぁ、と店内をのぞくと

わぁお、鳩山法務大臣だぁ。

 

 久留米周辺の福岡6区の地盤固めの遊説途中の昼食か?
SPや秘書らしき総勢7名がズルズルと蕎麦を啜っている。
そして7名全員が蕎麦屋遊びのお約束通りに
冷蕎麦を楽しんだ後、温蕎麦を追加オーダー。
なかなか見事な食べっぷりである。

鴨つけせいろ◇一閑人

そんなこんなで厨房は大わらわ、
大概待たされやっとこさ出てきた鴨つけせいろは
焼き葱の風味と鴨の脂が絶品なる温つけ汁が見事。
付け合わせのサラダと白和えは要らないから
もう少し価格を下げてくれれば言うことナシ。

ああ、こりゃ旨い!レク費用も余裕があると言うし
私も鳩山ご一行に負けてはなるものかと
まずはせいろのお代わりだっ!と注文するも

「誠にスミマセン。蕎麦が切れてしまいました……。」

鳩山さん、もう少し他の客のことも考えて
蕎麦を食べてクダサイねぇ。

亜和麺:和風もっちりざる麺(醤)800円。熊本県熊本市下通1-4-19辰巳苑ビル1階。20: 00~27:00(金土祝前21:00~28:00)、月曜休み。Pなし。

にぼらや:煮干しラーメン750円。熊本県熊本市下通1-5-17。11:00~28:00、無休。 Pなし。

一閑人:せいろそば750円。福岡県久留米市宮ノ陣町五郎丸1577-7。11:30~15:00& 17:30~21:00、火曜休み&不定休。Pあり。 

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン40● うどん27●そば6● その他19
◎今月の総ジョグ距離:22km / 通年177km
 

Posted by heno at 14:38 | Comments [0]

2008年03月13日 木曜日

●元祖 is GREAT !

 昨日の新聞記事によると、一昨日皇太子さまが赤坂御用池外周をジョギングしたとか。

 ナンでも約6.6キロを33分で走ったとのこと。て事は、時速12キロ→1キロ5分ペースかぁ。距離が短いとはいえ、 結構いいペースでないのぉ……。ナニナニ?そして今年1月と2月の2ヶ月間で走った総距離が180キロ?!

 私は155キロ……。アカン、完全に負けてるヤンッ!

新味めんちゃんこ◇めんちゃんこ亭

 気楽に行こう的blogでその存在を知った 「新味めんちゃんこ600円」。めんちゃんこは我がソウル麺のひとつだけに、どこが「新味」なのか?そして「600円」とナゼに高価なのか? ?コリャ確かめないわけにはイカんでしょう。

 で、期待半分不安半分で待つことしばし、運ばれてきた新味は、

 わぁお、スープが真っ白。豚骨仕立てだったのかぁ……。

 どらどらと一啜りすれば、まるんっと甘めのミルキーな味わいとともに香るニンニク風味。コノ熊本ラーメン的な味わいは、 かなり以前食べた「豚骨ラーメン」のスープと、まんま同じような……。コレって「新味」と呼べるのかなぁ??

 明快なる濃い味に、厚切りの角煮チックな豚肉チャーシューは若者にはウケるかも。でも、ロートルのポンコツ麺喰い中年には、 ちぃと重いなぁ。卓上の赤柚子胡椒で濃い味を誤魔化しつつ、ナンとかカンとか食べ進む。

 豚骨味より醤油味。そして、角煮チャーシューより茹で豚&餅。

 やっぱりワタシャ、醤油味の元祖めんちゃんこの方が好いとるバイ、などと思いつつ席を立ち精算に向かうと、 わぁお嬉しいサプライズ!レジカウンターに見覚えあるカードが掲げてある。コレって弊社が加入している全国的な福利厚生共済組織 「福利厚生倶楽部」の会員カードではないか。尋ねてみると、会員であれば一割引してくれると言う。

 あははぁ、ラッキー!近々元祖めんちゃんこ狙いでまたコヨッと!!

めんちゃんこ亭:新味めんちゃんこ570円(福利厚生倶楽部会員価格)。 福岡市早良区百道2-8-1。 11:00~29:00、 年中無休。Pあり。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン39● うどん27●そば5● その他18
◎今月の総ジョグ距離:22km / 通年177km
 

Posted by heno at 14:24 | Comments [4]

2008年03月12日 水曜日

●やっぱ、和み系

 早朝、久方ぶりにいつもの9キロを走る。最近スポーツジムばかりだったが、早朝の凛とした空気のなか走る方が、やっぱり気持ち良い! と、すたすたと愛宕浜を走っていると、

 おやぁ?能古島がエラク霞んで見えるぞぉ。

 こりゃ大量に黄砂が降ってきてるのか?そう言えば、心持ち口の中がザラザラする気がするが、コレも黄砂?いやはやコリャ参ったなぁ、 など思いつつ帰宅し、気象庁の黄砂情報をチェックする。が、

 ありゃ、「観測なし」だって??
 と言うことは、黄砂じゃなかく、単なる春霞か。
 うん?待てよ。
 それなら口の中のザラつき感って一体何だったんだろう?

 先入観と偏見の愚かさと恐ろしさを改めて痛感。 

園

 西新の裏通りにポツンと佇むうどん屋一軒。ずっと気にはなりつつも未食だった「うどん園」。 イイ感じに遣れたドアノブを引くと、5~6人入れば満席の小型のL字カウンターのみのこぢんまりとした店内に常連らしき中年客ひとり。 カウンターの隅に置かれたラジオから流れる番組はおそらくNHK第一か?モノラルのスピーカーながれるチープな音質と、 いかにもNHK的な男性アナの丁寧な語り口に、郷愁を感じる。

 「ぃらっしゃぃ。何にしましょう?」

 カウンター奥の3畳ほどの狭い厨房に不似合いな太めの体型の年配店主。ほんわかとした笑顔に誘われ、 ついついコチラも笑顔で、

 「じゃぁごぼ天、お願いします。」

ごぼう天うどん◇園

 ぷるんとしたヒキは、恐らく冷凍うどん。だが、ノープロブレム。

 シッカリ熱々に加熱されたスメは、きちんと昆布だしがきいていて、啜れば啜るほど、シミジミ滋味。ごぼ天も揚げ置きながら、 気持ち厚めの笹切りなのでゴボウの風味が生きている。いかにもちゃんと作られた、ナンチャナイけどナンだか旨い、極上普通味に、ほっこり。

 「めっきり温かくなりましたねぇ。」
 「ですねぇ、この天候が続けば桜の開花も早まりますかねぇ。
  でも、うどん屋さんは寒い方が客が入ってイイでしょう?」
 「あはは、ですけどやっぱり温かい方が身体が楽でエエですわぁ。」

 店主と交わずナンチャない会話も味のうち。ほっこり和めるこの雰囲気こそ、うどん屋の鑑。以前は居酒屋として営業していたので、 夜は簡素なアテで飲むことも出来るとか。

 チョイ悪オヤヂならぬ、ちょい飲み親父。うん、イイかも。

園:ごぼう天うどん380円。福岡市早良区祖原2-8。Pなし。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン39● うどん27●そば5● その他17
◎今月の総ジョグ距離:22km / 通年177km
 

Posted by heno at 12:51 | Comments [0]

2008年03月11日 火曜日

●お麺なオリエンタル味旅行 in 福岡 ~その二 ベトナム 「フォー」~

 福岡の東洋各国料理店で麺料理を啜る、お麺なオリエンタル味旅行 in 福岡。第2回は、 ずっとその存在が気になっていたベトナム料理店フォーバックで、フォーを啜る。

 ベトナムを代表する麺料理フォーは米粉で作られた平打ち麺。ただ、本来「麺」とは小麦で作られたものを指すので、 米粉が原料のフォーは厳密には「麺」とは呼べないのだろうが、まぁまぁ固いことは言いっこナシ。

 外観から想像した以上にコジャれたインテリアのフォーバック。メニューを見ると、 さまざまなアレンジを加えられたフォーがズラリと並ぶ。本来は温麺料理であるフォーだが、冷麺仕立てのフォーまで載っている。そのうち 「ベトナム・オリジナル」と書かれた「牛肉フォー」と「鶏肉フォー」から牛肉フォーをチョイス。

牛肉のフォー◇フォー・バック

 ピッチャーで配された冷たいベトナム茶がエラク美味!こりゃフォーも期待できそうだと待つことしばし、運ばれてきたフォーは、 シッカリと煮込まれていそうな牛肉に加え、揚げタマネギやベトナム料理に欠かせない香草・ パクチーにモヤシなどアレコレとのった薬味の彩りも美しく、俄然食欲をソソられる。

 まずはスープとレンゲで一啜りすれば、ぶわんと広がる牛肉の甘味と、 スッと広がるトマトとライムを足して2で割ったような爽やかな酸味。

 フォ~~ッ!(←今さらHG風)、こりゃメッチャ旨いやんっ!

 誤解を覚悟で敢えて例えるなら、スパイシーなオリエンタル・ビーフシチュー・スープ。様々な旨味が複雑に絡み合っているのだが、 後味はナンともスッキリ。濃密かつ繊細な、技ありスープがタマラナク美味美味!

 そしてフォーもウルトラ美味!にっちりと粘りプルルンと解ける食感が、そりゃもう極楽!葛きりと食感が似ているが、 葛きりのような独自の風味は感じない。が、噛み込むほどに広がる仄かな甘味が、うしゃしゃと愉快。

 フォートともに供された2種類の味噌を添えてみる。まずは甘口という黒を少量レンゲにとりスープで溶かし飲むと、 中華味噌の甜麺醤チックな味わいに。ならば辛口という赤は豆板醤か?と思いきや、トマトにタバスコを振ったような旨味ある洋風な辛味で、 コレまたメチャ旨っ!

 水で溶いた米粉の澱粉を加熱して作った平たい生地を包丁で切るフォー。かつて中国広州で食べた河粉・ホーファンと製法、食味ともほとんど同じで、しかも名前まで似ているのが興味深い。

 以前、ベトナムを旅した友人が「何食べてもエラク旨かった」と言っていたが、俄然興味再燃。 是非ともいつの日かベトナム麺行脚を実現したいなぁ!

博多醤油ラーメン◇新月

 先週西新にオープンした新ラ店・新月は、醤油と豚骨の2種類が楽しめる。 一杯ごとに寸胴から雪平鍋に取り分け加熱したスープに、別のフライパンでカンカンに熱したラードをジュッとかけた醤油ラーメンは、 かなり強めにきいた酸味が酸辣湯麺チックな独特仕上げ。

フォーバック:牛肉のフォー690円。福岡県春日市春日7-96 。 11:00~15:00&18:00~23:00、月曜休み。Pあり。

新月:博多醤油ラーメン500円(14日までのオープン価格。以降は550円)。福岡市早良区西新4- 9-3。Pなし。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン39● うどん26●そば5● その他17
◎今月の総ジョグ距離:13km / 通年168km
 

Posted by heno at 13:37 | Comments [2]

2008年03月09日 日曜日

●お麺なブログWATCH ~アノ店にこんな新メニュー~

○どこぞのブログで見たかは忘れてしまったが、行徳家で先週より汁なし麺のあぶらそばがメニューに上がったとのこと。 移転を機にアグレッシブに新メニュー開発に取り組む姿に共感は出来る。が、ナンだかチョット心配……。

うぇこの食日記によると、でびっとに「魚らーめん」なる醤油ラーメンがグランド・メニューに加わったとのこと。

satoyanのうちごはんによると大木戸では土祝限定でカレーうどんを出しているとのこと。

take4より新店情報。拉麺萬からと閉店&開店を繰り返すカノ店舗が、昨日8日より「新月」なるラ新店として再々スタート。 14日までは博多醤油ラーメン50円引き or とんこつラーメン替え玉1個無料の開店記念サービス中とのこと。 明日の昼麺はココで決まり!

Posted by heno at 23:16 | Comments [2]

●やっぱ演芸ダネ!

 午前11時、のっそりと寝床から起き出すと、小雨混じる悪天候。「休日の悪天候はナニより悲し」なのだが、 でもでも今日は気にならな~い。ナゼなら屋内イベントで東京ダイナマイトを観るんだもんねぇ。 

  昨日今日と福岡国際センターで行われているRKBラジオカーニバル。噂のヒップホップ演歌歌手ジェロや癒し系双子コンビ・ザたっちなどイロイロとタレントが招かれているが、我が目当ては東京ダイナマイト。

 がははぁ~、やっぱオモロイやんっ!

 ハチミツ二郎と松田大輔の、適度に遣れつつも長年の営業で培われたであろう明快な話術と緩急織り交ぜた巧みなテンポ展開。ニヤニヤ、 ワハハ、ニヤ、ワハハァ~!いやはや楽しいわ、正統演芸は。

かけうどん&菜の花天ぷら◇能古うどん

福岡国際センターに行くのなら、と
久方ぶりに滋味ラーメンを啜ろうと
三洋軒@箱崎を目指すも、店頭には閉店を告げる張り紙……。
跡継ぎ問題に加え、昨今の原料費高騰。
イニシエ系ラーメン店受難の時代でアル。

で、急遽予定変更しゆめタウン博多のフードコートで麺三昧。
城南区長尾が本店のプチ高級うどん店である能古うどんだが、
フードコートという立地を意識してか
かくうどんが390円と十分にリーズナブル価格。
なれど、
整った麺線によるシュルッと小気味よい啜り心地と
きっちりとダシのきいた柔らか味の温スメは十二分に丁寧仕様。
この季節ならではの菜の花の天ぷらなぞ囓りつつ
ズルズルとうどんを啜る休日昼下がりの悦楽よ。

尾道ラーメン◇麺や一番

次男に取ってやった
麺や一番の尾道ラーメンは想定外の旨さ。
キリリときいた濃口醤油ダレの奥には
しっかりとドライブ感のあるダシの旨味。
もっちと美味なる薄切りのチャーシュー然り、
コレってある意味
尾道ラーメンと言うよりは新福菜館@京都に近くないかぁ?

豚骨ラーメン◇麺や一番

かなりの力作である尾道ラーメンに比べ
豚骨ラーメンはあまりにもオーソドックス。
円み&ニンニク風味が強いミルキー白濁スープは
まんま熊本ラーメン風で
安心感こそあれどオモシロ味はナシ。

能古うどん:かけうどん390円+菜の花天ぷら100円、麺や一番:尾道ラーメン、 豚骨ラーメンとも580円。福岡市東区東浜1-1-1ゆめタウン博多2階フードコート内。10:00~22:00、無休。Pあり。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン38● うどん26●そば5● その他16
◎今月の総ジョグ距離:13km / 通年168km
 

Posted by heno at 13:22 | Comments [2]

2008年03月08日 土曜日

●大人の遊び

 昨日午後、仕事の合間にふと思う。山には今週月曜日のドカ雪がきっと残っているハズ。そして、土曜日の天気予報は晴れ。ならば、 イザ敢行せし雪山登山!!と張り切る我が携帯にtake4より背振山登山のお誘いメール。コレ正に渡りに船、モチのロンで参加っ!!

 そこは想像を絶する銀世界。登りの車谷コースは雪に膝下ズボリですんだものの、 椎原峠から椎原へと下るコースは踏み後がほとんど無く、股の付け根までズボリの積雪。で、足を取られ転倒する度、「わははぁ~!」 と大声で笑う中年オヤヂ4匹。

 久しぶりに腹の底から無邪気に笑えたこの一瞬こそ、極上なる大人の遊びナリ。詳細はココ

ラーメン◇麺屋吉蔵

下山後は悠翔樹で啜るつもりが、
千石の郷で汗を流し終え、時計を見ると午後4時過ぎ。
この時間帯では悠翔樹は昼休みで開いていない…。
で、予定変更し麺屋吉蔵へ。

ガッツリときいた随系のダシが、まず素晴らし!
そしてチャーシュー、キクラゲにシナチクと
豪華にのった具&薬味で、価格はウレシイ480円!!

麺屋吉蔵:ラーメン480円。福岡市早良区東入部2-10-3。Pあり。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン38● うどん25●そば5● その他16
◎今月の総ジョグ距離:13km / 通年168km

Posted by heno at 16:41 | Comments [5]

2008年03月07日 金曜日

●お麺なオリエンタル味旅行 in 福岡 ~その一 ネパール 「トゥクパ」~

 きっかけは、かのウルトラ・オリエンタル・スパイシー・ブログ、まらじのカレー。ネパールにトゥクパという麺料理がある?しかもそれが福岡で食べられる?! 元来スパイス好き&色麺好きの私ゆえ、そりゃ啜らんわけにわイカンでしょう!とポカラキッチンへ。

ポカラキッチン

 赤坂のスーパーサニーの入居しているビルの地階にネパールの国旗を掲げたポカラキッチン。 薬院のネパール料理専門店エベレストキッチンの支店なのだとか。両隣はチャンポンの名店十八番と、おでんの名店はやし。ナンとも期待が高まる立地である。

 ランチメニューのメインはカレーセット。20種あるカレーと窯焼き全粒粉パン「ツゥラゲン」のセットにもソソられはするが、 初志貫徹、我が目当てのトゥクパをたのむ。

トゥクパ◇ポカラキッチン

 待つことしばし、運ばれてきたトゥクパは、汁麺に赤ピーマンや緑ピーマン、 キャベツなどの野菜と肉団子がのった見た目が、チャンポン風。どらどらとスプーンでスープを一啜りすれば、思いのほか優しい味わい。

 スパイスの存在はほとんど感じない、ほんわか味。穏やかな旨味の奥に感じる、 ほんの少しだけクセある風味から察するに、ネパールでよく食べられるというマトンからダシをとっているのだろうか?

 麺は黄色がかった中太な見た目然り、ぽわんぽわんとした食感然り、製麺所製の茹でチャンポン麺を流用しているようだ。 特筆すべきは肉団子の旨さ!噛んだ瞬間広がるスパイスの風味とちょっとクセあるマトンの旨味。そして、ニチニチとした食感の後に現れる、 イワシのつみれチックな骨っぽいザクザクとした食感。クセモノ好きの我が嗜好にドンピシャなエスニックな味わいが、タマラン!タマラン!!

 wikipediaを引いてみると、トゥクパはお目出度いときに食べるハレの料理。 北隣に位置する中国から伝わったとされ、「日本の手延べうどんと同様の製法で小麦粉を用いて製麺され、 肉が入ったものは日本の肉うどんと驚くほど味が似ている。」とある。と言うことは、威海天門で食べることが出来る長寿麺が本式なのか?

 思い起こせば、かつてタイ・バンコクの屋台で食べた汁そば「バミー・ナム」も旨かったし、韓国釜山で食べた黒味噌和え麺「ジャジャ麺」も絶品だった。で、新シリーズ「お麺なオリエンタル味旅行 in 福岡」。福岡の東洋各国の料理店で麺料理を啜り、オリエンタルな味覚旅行を楽しみたい!情報をお持ちの方、 是非ともお知らせクダサイませ。

 

太刀魚の炙り刺し◇匠

夜は高砂の居酒屋、で飲む。
毎朝福岡鮮魚市場から直送されるという
「今日の目玉」は超激安。
本日は石垣鯛の刺身がウレシイ420円!

さらにどの魚料理もキッチリ美味!で、しかも安い!!
太刀魚の炙り刺しや本カワハギの姿盛りになど
煩悩のおもむくままに食べて、かつカパカパ飲んで、
ひとり4000円弱は、ウレシイあんびりーばぼー!!

その後、cross + roadsに河岸を変えワイン、焼酎と飲みまくり、
〆はいつものこの一杯。

ラーメン◇元祖長浜屋本店

「最近の元祖本店はアタリの確率高し」との
旧友K峰情報に偽りナシ!の
ちゃっちゃくちゃらに美味なる一杯。
そしてコレまたK峰情報通り、
麺の量がいつもより少な目なのは
小麦粉価格高騰への自衛策か?

ポカラキッチン:トゥクパ683円。福岡市中央区赤坂1-9-1-B1。11:00~15:00 (日祝は12:00~15:00)&17:30~22:00(日祝は17:30~21:00)、2nd日曜休み。Pなし。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン37● うどん25●そば5● その他16
◎今月の総ジョグ距離:13km / 通年168km
 

Posted by heno at 12:14 | Comments [3]

2008年03月06日 木曜日

●Back To Black / Amy Winehouse

Back To Black / Amy Winehouse

 スピーカーから1曲目の「リハブ」が流れたと途端、あまりのカッチョ良さに、思わず背筋がゾクッ。

 ソウルフルかつジャジー。猥雑かつクール。そしてノスタルジックかつ最新。 20歳過ぎの新人とはとても思えぬ存在感ある艶っぽいソノ声がタマラナイ。久しぶりにドップリとハマりまくっている、 ゾッコンLOVEな超愛聴盤。

 

釜揚げうどん◇大木戸

初めて食べる大木戸の釜揚げうどんは
豊かな風味然り、ねっとり粘るコシ然り、
うどんの素性の良さがガッツリ我がツボ。
これでつけ汁にもう少しダシがきいていれば無敵の逸品。

ごぼう天うどん◇基山PA上り

肉うどんが有名な九州自動車道の基山PA下りに対し
イマイチ地味な存在の基山PA上りだが、
スメ自体の出来は上りの方が数段我が好み。

下りに負けじとブランド化を目指している「基山ラーメン」の
トッピング用に辛子高菜が置いてあるのも、また嬉し。
ごぼ天でうどんを一通り楽しんだ後は
辛子高菜を添え、更なる味わいを楽しむ裏技、
あははぁ、一杯で2度美味しい!

さぬきうどん大木戸:釜揚げうどん580円、ゲソ天120円。福岡市中央区舞鶴2-8-29。 11:00~17:00 (土祝~15:00)、日曜休み。Pなし。

九州自動車道 基山PA上り:ごぼ天うどん380円。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン36● うどん25●そば5● その他15
◎今月の総ジョグ距離:13km / 通年168km
 

Posted by heno at 23:12 | Comments [2]

2008年03月04日 火曜日

●麺帳様々

 我が麺帳は、かれこれ4~5年前に購入したソニーTH55。世間では今時全く流行らぬPalm OSのPDAだが、 トコトン使い込んでいる私にとっては公私共にナクてはナラぬ情報携帯ツールである。パソコンのOUTLOOKとシンクさせることで、 スケジュールや連絡帳、メモがアクティブに持ち歩けるのだ。

 ネットで気になった麺店情報は、OUTLOOKのメモへ屋号や住所、営業時間などをコピペ。 ナンとも手軽に情報収集出来るのが利点だが、反面あまりにお手軽ゆえ、気の向くままにアレコレとコピペしていると、 その店のナニが私にとって気になったのか忘れてしまっていることが多々ある。

 「仲屋希房」もそんな一軒。メモに残っているのは屋号と住所のみ。うどん屋かラーメン屋なのかさえ覚えてちゃいない。が、 兎にも角にも「仲屋希房」なる屋号が一風変わっていてオモシロそうではアル。うん、ならば啜るのみ!

牛バラ麺◇仲屋希房

 住所を頼りに訪ねると、志免町の麺屋 わのすぐ近くのマンションビルの1階に「タンタン麺」の幟。 仲屋希房は中華料理店だったのか?

 がらんと広めの店内は先客4名。カウンター席に座りメニューを見ると、 中華一品料理に加えいわゆる普通の居酒屋メニューもズラリと並ぶ。どうやら中華系居酒屋のようだ。

 汁麺メニューはタンタン麺、チャンポン、牛バラ麺、ニラそばなど5~6種類。ニラそばにビビッと惹かれるも750円はチョイと高価。 で、最も明快にスープが味わえるであろう、牛バラ麺をたのむ。

 ほどなく出てきた牛バラ麺は、透明感のある薄めの色の醤油スープに、 牛バラの角切り肉の甘辛煮があんとじでゴロンゴロンとのっている。まずはスープと一口啜れば、 鶏ガラらしき旨味に魚介だしチックな和風のテイストがきいた、ほっこりとした味わいの王道イニシエ系。

 よく煮込まれた牛バラ肉がキッチリと調味されていて、滋味スープとの味わいのコントラストがかなり強く、いまいちピンと来ない。で、 試しにと麺とともにザックリ掻き混ぜ、スープの底へ沈めて食べ進む。と、スープの味わいが徐々にふくよかに。 そして牛バラ肉も適度に味が抜け、かつ熱々スープで肉質がふんわりと柔らかくなり、うひゃひゃと美味!

 このエントリーをアップするにあたり改めてネットで調べてみると、以前は宇美町で営業していた「希房」が、 昨年11月に現在の場所へ移転し、それに合わせ屋号を「仲屋希房」と改めたようだが、私が興味を持ったであろう記事には巡り会えずじまい。ひょっとして何かの拍子に屋号を見かけ、単純に興味を持っただけだったのだろうか……。どうやら以前にも増して記憶力が低下しているようだ。情けナイっ!

 牛バラ麺にゴボウのキンピラの小皿がサービスで付いてくるあたりが、食堂チックで結構我がツボ。店のウリは餃子らしく、 焼きギョーザと炊きギョーザの2種類あり。次回は休日の午後、カミさん運転で家族昼麺 with 餃子&ビール!

とりおろしうどん◇恵味うどん

 昨日は恵味うどんでとりおろし
ぬらり&ぷるるんな柔腰うどんは相変わらずの独特美味なれど
温つけ汁の調味加減がチト濃い過ぎ&辛過ぎか。

仲屋希房:牛バラ麺650円。福岡県糟屋郡志免町志免中央4-7-10。 11:30~15:00&17:00~23:00、月曜休み。Pあり。

恵味うどん:ごぼう天うどん500円。福岡市中央区薬院3-7-15。 11:00~17:00&18:00~20:00(土曜は11:00~20:00)、日祝休み。 Pなし。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン36● うどん23●そば5● その他15
◎今月の総ジョグ距離:13km / 通年168km
 

Posted by heno at 12:41 | Comments [0]

2008年03月02日 日曜日

●愚行の果ての至福

 プラプラと気ままにひとり遊んでいそうに見えるであろう。が、結構親バカだったりする。で、 もの作りに何某かの才能を持っていそうな気がする長男の夢が育てばと、一家揃って北九州市のイノベーションギャラリーへ「北九州ロボット展」へ行く。も……

 産業用ロボットの世界一シェア企業・安川電機を有するロボット先進都市、北九州。「体験ゾーンでは、実際にロボットを操作したり、触れることができ、お子様にもお楽しみいただけます。」 とのHP紹介記事に期待するも、かなり???な展示内容にガックシ……。

 まぁまぁ、こんこともままあるさぁと気分転換、小倉うどん竜屋で昼麺を啜る。

小倉うどん竜屋

 北九州メディアドームのほど近くにある竜屋は、昨年末にオープンしたという、ヤル気満々の新う店。で、店の人気ナンバーワン・ メニューというごぼう天うどんは、な、な、なんとぉ、揚げ立てのごぼ天が二種!そして更に生椎茸の天ぷらのおまけ付き!!そしてそして、 ランチ営業ではうどん大盛りが無料サービスという、ナンとも太っ腹サービスに嬉し涙がチョチョ切れる優良大衆うどん屋なのだぁ!

ごぼう天うどん◇小倉うどん竜屋

 待つことしばし、運ばれてきたごぼ天うどんは噂に違わぬ丁寧仕上げ。茹でたて温うどんと、別皿に盛られた揚げ立て天ぷら。 拍子切りのゴボウのかき揚げに、笹切りしたゴボウの姿揚げ。そしてさらに、生椎茸の姿揚げが、ホクホク美味。

 そして、ムニムニと抗うコシのうどんと、実直にダシをとったであろうことが、一啜りでガインッと伝わる誠実味温スメ。 イヤイヤさすがに評判の店だけのことはある、とシミジミ感心していると、オーダーの際ビビビッと気になった肉汁うどんが運ばれてくる。

肉汁うどん◇小倉うどん竜屋 

 「肉汁うどん」と言えば、武蔵野うどんの名物メニュー。地粉を使った黒っぽい冷うどんを、 豚肉と白葱が入った温つけ汁で食べるつけ麺うどんである。

 で、出てきた竜屋の肉汁うどんは、冷うどん&温つけ汁という基本路線は武蔵野うどんのソレと同じであるが、肉が豚ではなく、牛。 どうやら店のまかないメニューである牛丼の具を流用して出しているようだ。

 が、ナンとナンとコレがかなりイケルのよう!まず、ナンと言ってもうどん自体が旨いっ!ムリンッと強腰ながらも、ニッチリと粘り腰。 ナンとも絶妙な二枚腰&整った長めの麺線の啜り良さ。温うどんでは巧妙に押し隠していた素性の良さが、冷うどんではストレートに華咲き、 うははと極楽。

 

 イイ意味で下世話に甘い温つけ汁も味方して、思わずホッコリ。いやはやコレまた旨いうどんがあったもんだぁ!と感嘆しつつ、さぁ次、 イッテみようっ!

 何せココは北九州市小倉。隠れたご当地麺、牛スジ肉や牛ホホ肉がサイコロステーキ状にゴロゴロと入った、名物「どぎどぎうどん」 を啜らずして帰るわけにはイカナイ!と、とある新店へ向かう。が……

 ソリャもう真っ黒クロスケなスメと、ほっくりと煮込まれた牛角肉。そして突き出しに出された糠漬けは、 ソリャもうマーベラスに超美味。なれど、ぷるんと作為的なコシの細うどんは、どう味わっても冷凍うどん。

 いや決して冷凍うどんを全否定するつもりはない。が、コレだけ濃密美味なスメや肉と合わさると、如何せん実力の差が明白に。 うどんだけが完全に一人負け状態で、あまりのバランスの悪さがヨウコソ哀愁。

 ううぅ~悲しい、悲しすぎるぅ。
 コリャ是非ともリベンジせねば福岡へ帰れんばい……。

 で、らーめんくーぱーのブログで気になっていた、コレまたどぎどぎうどん新店、かっちゃんへ。

かっちゃん

 白濁豚骨ラーメン発祥と縁のある来々軒の程近く、住所を頼りに訪ねたかっちゃんは、「小倉名物 手打ち肉うどん」 との誇らしげな看板にイツワリなし!

肉うどん◇かっちゃん

 微かに透明感を残す濃口醤油スメの適度に清貧、かつ適度に猥雑なハイブリッドな味わい然り、細めながらも噛み込む度に「にっちり」 と艶っぽく解ける食感が味紛う事なき手打ちならではのうどん然り。

 確かに煮込まれた牛角肉の味わいは先の店に敵わないが、そんなことはナンのソノ。肝心のうどんがコレほど旨いのだ。

 「うどんを立て続けに三杯ですか…。スゴイねぇ。」

 完全に呆れ顔のカミさんが、世間常識。コノ歳でコノ食べ方はがドレだけ愚行かは十二分に分かっちゃいる。だが、 旨いうどんとの出会いはナニモノにも代え難き至福のシアワセ。

 それにしても、次々と開店するどぎどぎうどん専門店。今年こそ「隠れた名物」から「ハレの名物」へ!

北九州がここ2~3年力を入れている名物グルメ、ロールケーキ。
竜屋のほど近くにあるル・ノールの足立ロール
フミオお裾分けのアイベリーを添えて喰らう。
と、ケーキより遥かに勝るアイベリーの甘み。

やっぱ上出来果実に勝るデザートなしや?

小倉うどん竜屋:ごぼう天うどん500円、肉汁うどん650円。北九州市小倉北区熊本1-2-1。11: 00~15:00&17:00~21:00。Pあり。

かっちゃん:肉うどん500円。北九州市小倉北区宇佐町2ー7-7。8:00~15:00、火曜休み。 Pあり(道向かいの月極P1~5番)。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン35● うどん22●そば5● その他15
◎今月の総ジョグ距離:13km / 通年168km
 

Posted by heno at 12:44 | Comments [2]

2008年03月01日 土曜日

●お麺なNEWS ~メッチャ気になるチキンラーメン各国バージョン~

らぁめん大魔王の逆襲によると、チキンラーメン発売50年を記念して日清食品より、 世界6カ国でオリジナル味のチキンラーメンが発売になるとか。

 マルタイ棒ラーメンと並ぶ我が最愛即席麺のひとつ、チキンラーメン。コリャ気になると早々に日清食品のHPをチェックすると、アメリカ、ブラジル、ハンガリー、インドネシア、 インドに、中国は広東版と香港版と計7タイプの、いずれ劣らぬ魅力的なオリジナル仕様。 特に惹かれるのがスパイスと香味玉葱油をきかせたというインドネシア版。

 だが、残念なことに日本国内での販売は予定してないとのこと。何とか手に入れる方法はないものか……?

Posted by heno at 23:11 | Comments [2]

●新たなる目標

 最近めっきりオタク・ランナー。寒くない&テレビが見られる& 大型のジャグジー風呂完備と三拍子揃った快適トレーニング環境の魅力に惹かれ、休日恒例のスポーツジム通い。緩めのペースで13キロ走り、 様々な筋トレマシーンで遊ぶ。

 東京マラソンから早2週間。ボチボチ次なる目標を定めて己を鼓舞してイクかと、 4月に行われる佐賀桜マラソンへエントリーすべくRUNNETにアクセスする。が、「エントリー受付終了」の文字……。

 てことは次の大会は半年先の福岡シティマラソンかぁ?
 あまりに期間がありすぎて、中弛み必至だぞぉ……。

張子房

 天神での所用の前に、久方ぶりに天龍で昼麺啜るぞとペダルを漕いでいると、おお、張子房が開いているではないかぁ!

 「上海食堂 麺料理」の看板がずっと気にはなっていたのだが、いつ前を通っても閉まっていた張子房。 暖簾をくぐるとこぢんまりとした店内は8割方客で埋まっている。カウンター奥の厨房には寡黙な店主と、中国人の若者。 ホールを仕切るお母さんの明るい声に導かれ、カウンター席へ。

 メニュー表を見ると、昼は五目汁そば、フカヒレ汁そば、担々麺、チャンポンにチャーハン。メニュー筆頭の五目汁そばをたのむ。

五目汁そば◇張子房

 ほどなく運ばれてきた五目汁そばは、オイスターソースであんとじした具が満載。綺麗に包丁細工が施された具のイカが象徴的。 スッキリまとまった味わいのスープ然り、適度にコシを残す麺の茹で揚げ具合然り、安定感のある丁寧大衆中華味。

 気になったのが夜のメニュー。筆頭の「牛スジと野菜の味噌煮込み500円」をはじめ、酒のアテにピッタリの一品料理が、 高いものでも700円とお手頃価格でずらり並ぶ。こりゃ是非とも夜再訪せねばっ。

張子房:五目汁そば650円。福岡市中央区警固2-18-17。 11:30~15:00&17:00~23:00 、無休。Pなし。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン35● うどん19●そば5● その他15
◎今月の総ジョグ距離:13km / 通年168km
 

Posted by heno at 13:03 | Comments [4]