HENO HENO: 2008年05月 アーカイブ

2008年05月31日 土曜日

●お麺なブログWATCH ~気になる新ラ店続報~

俺コレ!の新店情報でビビッと気になった東京池袋発塩ラーメン専門店まるきゅうだが、来週4日の開業を前に去る金曜、プレオープン営業をした模様。「濃い味&味玉と炙りチャーシューが絶品」ですか……。如何にも東京チックなラーメンのようだなぁ。

Posted by heno at 23:47 | Comments [0]

●黒船来襲

ご隠居さんからビックニュースを告げるメールが届く。

なぬぅ?どぎどぎうどんの新店が東光2丁目に開店したぁ??

こりゃ早々に啜りに行くしかナイでしょう!!

しんちゃんうどん

 

古流さぬきうどん むらの奥」とのメール指示を頼りに訪ねると、なるほどその通り。むらが面する国道3号線の「東比恵1」の交差点を東へ入ってすぐの左手。マンションの一階に「どぎ肉うどん」の幟。

「北九州では牛の頬の事を『どぎ肉』と言って食べると大変美味しく、古くから愛され、やがて『どぎ肉うどん』と名が付いた。頬肉を甘辛くじっくりと煮込んで甘めの濃いだしにたっぷりの生姜。一度食べたら病みつきになる小倉の名物をご堪能ください。」

正面切ってどぎどぎうどんの説明が記された幟がナンとも心強い。期待に胸はずみつつ、カウンター席に座り肉うどんをたのむと「うどんを茹でるのに7~8分お待ちください。」 とのナンとも嬉しいエクスキューズ。

はいはい、旨いうどんが啜れるならば喜んで待たせて頂きま~す!

肉うどん小◇しんちゃんうどん

本場のサービス通り卓上に置かれた、どぎどぎうどんになくてはならない切り干し大根の糠漬けをつつきつつ待つことしばし、運ばれてきた肉うどんは、すっきり澄んだ濃口醤油のスメ然り、どっさりのった角切り頬肉然り、デフォルトで盛られたおろし生姜然り、ドンピシャ本場仕様の見てくれに麺心騒ぎまくりっ!

こりゃイケル!との確信を胸に、卓上のおろし生姜と一味唐辛子をドーピングし、まずはスメを啜る。と、クイッと喉を刺激する濃口醤油の旨みの奥に、ギラリと顔出す、どぎどぎうどん特有の迫力アル饐えた風味。

ほうほう、こりゃカナリ本場味でないのぉ~……!

うどんは見まがう事なく純手打ち。ぷにぃっと抗う愛らしいコシともちもちしたヒキがナンとも楽し。これでもう少し麺線が長めだったら言うことナシ。途中、ホロホロに煮込まれた角切り頬肉を囓りつつ、コリャ旨いと一気に完食。

肉肉うどんひろちゃんに続く、恐らく福岡市で3番目のどぎどぎうどん新店。さすが満を持してのデビューだけに、かなりの本格上出来どぎどぎ。福岡でコレだけの味が楽しめるとはナンとも嬉し楽し。こりゃ再訪必至だなぁっ!

ごぼう天うどん◇大地のうどん

大地のうどんといえば巨大ごぼ天。
ごぼ天のガリガリとうどんのプルルン。
最後まで熱々なのもググッと我がツボの逸品なり。

釜玉◇大地のうどん

次男にとってやった釜玉が想定外の旨さ炸裂!
むにむにもちもち、ああタマラン!!

 

しんちゃんうどん:肉うどん小550円。福岡市博多区東光2-17-17。11:00~16:00&17:00~20:00、日祝休み。Pなし。

大地のうどん: ごぼううどん450円。福岡市西区上山門2-1-18。 11:00~16:00&17:00~20:00 、水曜休み。 Pあり。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン88● うどん52●そば12● その他40
◎今月の総ジョグ距離:120km / 通年417km

Posted by heno at 17:18 | Comments [2]

2008年05月30日 金曜日

●お麺なNEWS ~今年は博多否豚骨元年か!?~

○もみじうどんのすぐ近くに「中華そば ろっぽう」なる店の近日オープンの張り紙発見。「『ふ』と懐かしく思う。そんな『中華そば』……」との事。て事は醤油ラーメン専門店か?ホント最近オープンするラ店は、否豚骨系が増えたなぁ…。
福岡市早良区西新5-4-21-6。11:00~20:00、火曜休み。Pなし。

ロートタムの楽しき人生によると、結そばが長住へ移転したとのこと。そしてウレシイことに、ゆし豆腐そばが新メニューに加わった模様!アノ感動が福岡で?!コレまたマストで啜りたひっ!

Posted by heno at 23:53 | Comments [0]

●とぅるとぅる麺

さてもさても、コレまたオモロ~なうどん屋が誕生せし。その名は「古式胚芽麺もみじうどん」!

もみじうどん

きんさん情報を頼りに西新おもしろ通り21を訪ねると、以前は沖縄料理居酒屋パニパニだった店舗に「古式胚芽麺もみじうどん」の看板。紬の暖簾をくぐると、縦長の店内はパニパニの頃とまんまそのまま。

テーブル席に座りメニューを見ると古式胚芽麺の蘊蓄書き。「当店自慢の胚芽入りとぅるとぅる麺」?!「当店のうどんはいにしえの石臼で挽いた小麦粉にならい、小麦の胚芽とふすま(麦の薄皮)の部分を加えた自家製の古式胚芽麺が特徴です。」て事は、平和フーズが手がける春月庵のようなうどんが出てくるのか?期待に胸をふくらませ、「初う店はごぼ天」をたのむ。

ごぼう天うどん◇もみじうどん

待つことしばし、運ばれてきたうどんは見るからにユニーク満点!まず目を惹くのはごぼ天の形状。漢字の「口」の字状に、真四角で真ん中が四角に抜けているではないか……。そしてうどん。気持ち茶色がかった偏平麺の中に胚芽の黄色い斑点が見て取れる。更に薬味に花鰹。

どエラク演出が入りまくりったエンタなうどんに少し腰が引けつつも、まずはスメと一口啜れば、ガチッときいたダシの風味とキュインとドライブするかえしの風味がキッチリ美味!ちゃらちゃらとした見てくれとは相反し、ちゃんと丁寧に作られた味わいが、ほっこり旨し。

そしてうどんが超オモロ~!!ほわん、ほわんと弾けるコシと、もちもちと粘るヒキ。そして胚芽の素朴な風味。食感&味わいともナンとも独創的な「とぅるとぅる麺」。ガリガリと固揚げのスクエアごぼ天との食感のハーモニーが、ぬははぁ~と愉快愉快!

唯一の難点はスメの少なさ。必要最小限の量は盛られているのだが、もう少したっぷり注いでくれると、食べたときのほっこり度がグッと増すのだが…。

とは言いつつも全体的にはドンピシャ我がツボ。そして更に、生からすみに自家製厚揚げ、島らっきょう等々、壁に掲げてある夜のちょい飲みメニューがウルトラ魅惑的。よっしゃ次回は夜!ちょい飲み楽しんで、〆に冷うどんだぁっ!

もみじうどん:ごぼう天うどん480円。福岡市早良区西新5-6-2。11:30~24:00、無休(居酒屋は月曜定休)。Pなし。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン88● うどん50●そば12● その他40
◎今月の総ジョグ距離:99km / 通年396km

Posted by heno at 12:40 | Comments [3]

2008年05月29日 木曜日

●お麺なNEWS ~残念無念の閉店情報~

○豚骨ラーメン発祥の地、久留米の否豚骨店として孤軍奮闘されていたかつらやのご主人よりご連絡をいただきました。誠に残念ながら、来月でお店を閉められるそうです。しばらく充電して、また店を開きたいとのこと。アノ絶品塩&醤油ラーメンが、もう食べられなくなるとは……。未食の方はお早めに。

麺菜酒家 かつらや
久留米市国分町1152-1
12:00~15:00&18:00~21:00、火曜休み。Pあり。

Posted by heno at 23:57 | Comments [5]

●蕎麦屋さんは赤煉瓦がお好き?

博多駅での打ち合わせを終え、さぁ昼麺。社へ帰りしな、六本松の蕎麦新店、和(なごみ)で和む。

和

kazenotamiでその存在を知った蕎麦 和。住所をたよりに訪ねると、六本松の九州大学教養部近くの路地裏の雑居ビルの一階に、木で作られた洒落た外観。 赤煉瓦調の建物と木の外観との取り合わせが、あ三五チック。

店頭には開店を祝う蘭の花々。「木曽路」の札がさしてあるということは、ココは木曽路@荒戸の暖簾分けの店なのだろうか?

入ってすぐはテーブル席。二人がけの小さなテーブルがメインに5~6卓。そして店左手と奥が、ゆっくりした造りの掘りごたつ式の小上がり席。通りから奥まった立地だけに、昼のランチ需要より、客単価の高い蕎麦屋酒需要を意識しての店造りか?

通された小上がり席に座りメニューを見ると、蕎麦が冷、温ともに7~8種。そしてページをめくると、そばみそや板わさ、だし巻きなど正統蕎麦屋酒のアテが充実している。ならば、通常なら「初そ店はざる or せいろ」が我が麺喰い信条だが、せいろは次回、蕎麦屋酒を楽しむときの〆に温存。冷やしたぬき蕎麦とともに、店頭の張り紙に書いてあったオススメ・メニューのひとつ、カレー南蛮蕎麦をたのむ。

和のカレー南蛮そば◇和

待つことしばし、運ばれてきたカレー南蛮蕎麦には、ナンと豚肉がのっている。しかも結構厚切りのバラ肉がゴロゴロと3~4枚。南蛮蕎麦の具といえば鶏肉がポピュラーだが、昨今のブランド豚肉ブームを意識しての創作か?

そしてスメの色も思いの外澄んでいる。もっとカレー色が濃く、しっかりとアンでとじたものを想像していただけに、コレまた想定外。こりゃサプライズ満載だなぁと、おっかなびっくりスメを啜れば、フワリと広がるカレー風味のすぐ後に、これまたフワリと軽やかに広がる鰹だしの香り。

グリンとかえしのきいたスメと濃密カレーの取り合わせの関東風カレー南蛮とは一線を画する、軽やか仕様。それぞれの風味の柔らかなハーモニーがナンとも楽し!デフォルトで山椒も入っているのか、後味&後風味もナンとも豊か。

蕎麦も旨い。啜ったときのぬらりと艶っぽい触感然り、噛んだときのザクッと解けるコシ然り、手打ちの上出来温蕎麦ならではの旨さを満喫。

唯一疑問なのが豚肉。大ぶりの厚切りで存在感があり過ぎて、繊細蕎麦との食べ合わせがどうにも宜しくない。カレー南蛮うどんの具としてならアリだと思うのだが…。もしくは、もう少し薄切り&小振りだと良いのかも。

とは言いつつも、トータルにはカナリ我がツボ。コリャ是非とも次回は休日の昼下がり、蕎麦屋酒で和みたい!

蕎麦 和:カレー南蛮蕎麦850円。福岡市中央区六本松4-9-25。11:30~15:00&18:00~21:30、月曜休み。Pなし。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン88● うどん49●そば12● その他40
◎今月の総ジョグ距離:99km / 通年396km

Posted by heno at 12:39 | Comments [0]

2008年05月28日 水曜日

●black & white

根っから日焼けしやすい体質の私。で、以前、取引先の方と飲みつつ日焼けの話をしていると、その方曰く

「へのさんは焼酎がお好きでしょう?だから日焼けしやすいんですよ。
で、私、色白でしょう?なぜかと言うと、日本酒が好きだからなんです。
日本酒飲んでると、肌も綺麗になるし日にも焼けづらくなりますよ。」

確かにその当時は、焼酎を好んで飲んでいた私。ああ、そんなものなのかもなぁと思っていた。

が、最近の私は、目一杯日本酒党。なのに、昨日2~3時間、野外で仕事しただけなのに、今朝、会社で後輩に言われた一言は

「イイ色に焼けてますねぇ!先週末、沖縄にでも遊びに行ったんですか?」

♪ 美しい人生よ かぎりない喜びよ ♪ って、俺は松崎しげるかっ!?

ひやかけ大&げそ天◇福岡麺通団 

福岡麺通団といえば、ひやかけ&ゲソ天が我が定番。
ぐりんっとイリコだしがきいた冷たいスメで
ぶりんぶりんの固ゴシうどんを喰らう。

も、今日のうどんはあまりににも強者固ゴシ。
で、冷スメで半分食べ進んだところで
精算レジ横のサーバーから温スメをドーピングし
麺を柔目に変身させる、へなちょこ麺喰い一匹。

カレーうどん◇もみじうどん

一年ぶりに啜るもみじのカレーうどんは
相も変わらず
タマネギの甘みとトマトの酸味がクイクイと効きまくったオリジナル味。

福岡麺通団: ひやかけ大&ゲソ天520円。福岡市中央区渡辺通4-11-3。11:00~24:00(日祝~23:00)、年中無休。 Pなし。

もみじ:カレーうどん730円。福岡県太宰府市五条4-11-12。
11:00~20:00、日曜休み。Pあり。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン88● うどん49●そば11● その他40
◎今月の総ジョグ距離:99km / 通年396km

Posted by heno at 22:33 | Comments [2]

2008年05月27日 火曜日

●お麺なブログWATCH ~う・そ・ラ新店情報ウレシ!~

kazenotamiによると六本松に新しい蕎麦 和(なごみ)なる新そ店が開店したとのこと。どらどらとgoogleてみるとこんなエントリーを発見。こりゃ早々に蕎麦屋酒など楽しんでみたひっ。

○拙ブログへいただいたきんさんのコメントによると、西新のおもしろ通り21に、もみじうどんなる新う店が開店したとのこと。コリャまた早々に啜ってみたひっ。

○新店情報王・俺コレ!にまたも気になりまくる新ラ店情報あり。東京池袋発塩ラーメン専門店が中洲にオープンですとぉ?!コレまたマストで啜りたひっ。

Posted by heno at 07:47 | Comments [0]

2008年05月26日 月曜日

●PowerSong

コレまた見事にハマッたNike + ipodラン。時間、距離または消費カロリーの目標値を設定しジョギングすれば進行具合を音声で教えてくれる機能がナンともアリガタイのだが、それに負けるとも劣らずアリガタイのが、PowerSong機能。予め好みの1曲をセットしておけば、ジョギング中、簡単操作ですぐにその曲を聴くことが出来るのだ。

走り疲れてヘロヘロなときにテンションを高めてくれそうな曲を、走る度にイロイロと試してみる。で、結果、元気回復効果が高いのはPiratesとDr.FeelGoodの曲。いずれも大学時代に聞きまくったパブロック・バンドである。

体に染み込んだ音楽に活力をもらう。さて、アナタのPowerSongは?

ぶっかけ◇讃岐うどん志成 

先週プレオープンした讃岐うどん新店、志成のぶっかけうどんは、ぬらりと唇を擽る艶っぽい触感然り、サクッと瞬間歯が入るも、すぐさまキヌキヌと抗うコシが顔を出す複層二段ゴシが、うひゃひゃと美味!卓上には七味唐辛子と並んでゴマが薬味として置いてあるあたり、よほどぶっかけがオススメなのだろう。

昆布やイリコ、干し椎茸、干しエビなどを火にはかけず、水に浸してダシをとり、ワインで甘みをくわえたというぶっかけ汁は、かなり甘めで、根っから辛党の私にはチトつらい。ならばスダチの酸味で一気に啜るかと思いきや、

おやぁ、付いていナイ……。

隣の先客のぶっかけには乗っているスダチが、我が皿にはのっていないのだ。どうやら付け忘れられたのだろう。 何せプレオープン4日目、まだまだオペレーションがこなれていないようだ。

プレオープン中は絞り込んだメニューで営業するとのこと。注文が入る度、鍋で暖め出すスメもドえらくイイ香りだし、こりゃフルラインナップ、メニューが出揃う1ヶ月後のグランドオープン後に、また再訪だなっ!!

讃岐うどん志成:ぶっかけうどん480円。福岡市中央区大手門3-3-24。11:30~15:00、日祝休み(6/25のグランドオープンまで)。Pあり。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン88● うどん47●そば11● その他40
◎今月の総ジョグ距離:82km / 通年379km

Posted by heno at 11:33 | Comments [4]

2008年05月25日 日曜日

●旨しこの麺!

今日はチビ達の運動会。なれど、昨日予定していた仕事が悪天候のため今日に順延……。で、午前中ちょろっと運動会を観戦し、早々に午後からの仕事の現場である太宰府市へ向かう。が、思いの外早めに着き時間に余裕がある。ならば、昼麺啜ってパワーチャージと水城らぁ麺に転がり込む。

カレーラーメン◇水城らぁ麺

前回食べた時ググッと気になったカレーラーメン。どらどらとスープを啜れば、フワリと広がるカレーの風味とトロンと広がる豚骨の旨み。どちらも勝ちすぎることなく、互いが互いの風味をちゃんと引き立てている。その見事な塩梅がドンピシャ我がツボ!

そして麺。前回も感心したのだが、ココの麺は本当に素晴らしい。シュルッと小気味よく口に収まる感じ然り、「ニチッ」&「コリッ」の変則二段腰然り、ナンとも極楽なる食感がクセになる逸品。多めに盛られたネギやキクラゲとの食感のハーモニーも楽しみつつ、ズズッと一気に完食。

ひっきりなしに続く来客が人気の証。派手さはない。が、やるべき仕事がキチッとなされている極上普通味。コリャ噂の大盛りチャンポンも期待大!是非とも再訪だっ。

水城らぁ麺:カレーラーメン550円。福岡県太宰府市水城3-4-24。11:00~23:00、不定休。 Pあり。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン88● うどん46●そば11● その他40
◎今月の総ジョグ距離:82km / 通年379km

Posted by heno at 12:15 | Comments [0]

2008年05月24日 土曜日

●サービス満点

予定していた仕事が天候判断で中止。

うん、ならば行くしかアルまい!啜るしかアルまい!!大好評つけ麺を!!!

一昨昨日の俺コレ!リポで気になって、昨日のMANIC SOMEDAYリポでトドメを打たれた拉麺空海のつけ麺。ナンでも、極上の極太つけ麺が楽しめるという。

コチとら真性太麺フェチ、ソリャ楽しみだと半年ぶりに訪ねると、随分とメニューが増えている。ノーマル豚骨の「白」に辛味噌の「赤」、マー油の「黒」、カレーの「黄」、マー油&辛味噌の「茶」に大盛りネギの「緑」と、ナンともカラフル。そして更に「熱烈高菜ラーメン」に、「梅しそラーメン」、ワンタンメン、チャーシューメンに「お子様ラーメン」と全11種類がラインナップ。そしてメニューの最後尾に我がお目当ての「極太つけ麺」。「期間限定、一日15杯」で、「お時間15分ぐらいかかります」とある。

「お時間15分」?!イイねぇ、頼もしいねぇ、待ちマス待ちマス!!

待つことしばし、まず麺が運ばれてくる。4~5ミリはあるだろうか、まるでうどんのような極太麺が、こんもりドンブリに盛られている。きりりとエッジが立ち、気持ち黒ずんだ色合いの見た目が迫力満点!

そして後から温つけ汁とともに、黒い液体の小皿が運ばれてくる。

「黒いのはマー油です。お好みで入れてみてください。」

ほうほう、つけ麺をマー油で調味とは、コリャまたオモシロイ演出でないのぉ!

 極太つけ麺◇空海

まずはデフォルトでと、極太麺を箸でつまみ、温つけ汁にザブンと潜らせズズッと啜れば、ぐわんっと力強く広がる豚骨ダシの旨みと脂の甘み。つけ汁表面に魚粉が浮いてはいるものの、味わいの芯は豚骨の旨さ。そしてかすかな醤油ダレの風味が脇を固める。

拉麵いっき元助などの最近流行の魚介系豚骨醤油とは一線を画する、ド豚骨つけ麺。秀ちゃんラーメンの博多つけそばと味のベクトルは同じだが、コチラの方がイイ意味でおゲレツ美味。温つけ汁自体の調味加減も明快だし、ナンと言っても具が凄い!表面に見て取れる味付き玉子と海苔、魚粉、ネギに加え、汁の中には厚切りのチャーシューが2枚に加え、更に角切りチャーシューがゴロゴロ。そして更に気持ち甘めに調味された角切りメンマがコレまたゴロゴロ。

極太麺は噛んだ瞬間に、ぼよんと歯を押し返す強腰タイプ。負けてなるかとワシワシと咀嚼すれば、ほんわり広がる素朴な風味がナカナカ美味。これに秀ちゃん博多もりそばの極太麺のような、艶っぽい複層的なコシが兼ね備われば天下無敵。

コリャ旨いなぁと8割方一気にズズッと啜り上げ、温つけ汁へマー油を投入すれば、特有の甘みとスモーキーな風味がコレまたオモシロイ。そして〆はスープ割り。温かい豚骨スープに加え新たに魚粉も足してくれたのだろうか?それまでは控えめだった魚介ダシの香りがグイッと際だち、ほっこり美味。そして、ああ旨かったと最後の一滴まで啜り上げれば、丼の底にはザラリと豚骨粉。

同行のつけ麺フェチの長男も大絶賛の、ナンとも明快美味なる上出来大衆味。しかもコレだけ旨くて、コレだけ具だくさんで650円は超納得価格。精算時に店員に聞くと、今は期間限定メニューとなっているが恐らく正式メニューにするとのこと。福岡ではまだまだ馴染みの薄いつけ麺文化振興のためにも、是非是非正式メニューに格上げを!!

拉麺 空海:極太つけ麺レギュラー(麺200g)650円。福岡県筑紫郡那珂川町松木1-1-1。11:00~24:00、無休。Pあり。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン87● うどん46●そば11● その他40
◎今月の総ジョグ距離:73km / 通年370km

Posted by heno at 11:36 | Comments [0]

2008年05月23日 金曜日

●確信犯

20080523_0023

黄福堂志成杵むらと、うどん新店&復活ニュースが賑やかな福岡に、またまた新店がオープン。「うまいうどん うまい酒」と墨字で書かれた木の看板が印象的なしん田は、白木と白壁のインテリアがナンともロハス。

 20080523_0012

我が麺喰い信条に忠実にたのんだごぼ天は、福岡では珍しく濃口醤油でスメを仕上げてある。そしてうどんは「にちにち、ほわほわ」と優しく粘る柔ゴシタイプ。恐らく意図的なのだろう、どちらも明快には己の旨さを主張しない引きこもりタイプ。なら不味いのかと言えば、さに非ず。その正体を探るべく、唯一己の旨さを明快にアピールするカリッと素揚げされたごぼ天を囓りつつ、ズルズルと食べていると、あら不思議。いつの間にか夢中にさせられているではないか!次回は是非冷たいうどんを試してみたい。

しん田:ごぼう天うどん490円。福岡市博多区綱場町4-12。Pなし。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン87● うどん46●そば11● その他39
◎今月の総ジョグ距離:63km / 通年360km

Posted by heno at 12:16 | Comments [2]

2008年05月22日 木曜日

●遠い記憶

今日は楽しみにしていた讃岐うどん新店、志成のオープン日。正午半過ぎ、社内での仕事が一段落着いたところで、昼麺ポタ。心地よい風を楽しみつつ志成に辿り着く。も、

「すみませ~ん、麺が切れてしまいましたぁ……。」

午後1時前だというのに既に品切れ。どうやら幸先の良いスタートだったようで、ナニよりナニより。営業が軌道にのるであろう来週以降にでも再訪するかとあっさり諦め、すぐ近くのあま太郎大手門店へ転がり込む。

あま太郎

風情ある縄暖簾をくぐると、7~8名かければ満席のこぢんまりとしたコの字型のカウンター。その奥には2畳ほどの厨房には、白の割烹スーツをまとったお母さん。食事を終えた常連らしき年配客と世間話に花を咲かせている。ゆるりと心地よい雰囲気につられ、ふと遠い記憶が蘇る。

冷やしちんめん◇あま太郎

昔、私がまだ小学生だった頃、休日に母の買い物に連れられ天神へ行ったときの昼飯は西鉄味の名店街と決まっていた。おそらく母も麺好きだったのだろう。地階へ降りてすぐの「お好み焼きの後楽園」など数ある飲食店には目もくれず、スタスタと一途に向かったのが「因幡うどん」。そして、極々たまに連れて行ってもらったのが「あま太郎」。メニューの大半は温麺。具のバリエーションで十数種載っていたが、あま太郎の代表メニューと言えばソリャもう冷やしちんめんに尽きる。

食感抜群の気持ち太めの中麺に合わさるのは、ゴマ油の風味がきいた冷やしスープ。冷やし中華と違って、決して酸っぱくない。具はキャベツとキュウリとハムと、錦糸玉子。デフォルトでのる紅ショウガが、小学生の私にはナンとも「大人の味わい」に感じられたものだ。一啜りする度に蘇る子供の頃の様々な思い出。久しぶりの冷やしちんめんは、ほんのり甘酸っぱいノスタルジック味。

時代は巡り、小学生だった私が父となり、休日には小学生の我が子達をアチコチの麺屋へと連れ歩く。そして彼らも父親となったとき、きっと我が子を麺屋へ連れて行くのだろう。

あま太郎大手門店:冷やしちんめん500円。福岡市中央区大手門3-1-21。日曜休み。Pなし。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン87● うどん45●そば11● その他39
◎今月の総ジョグ距離:54km / 通年351km

Posted by heno at 12:57 | Comments [12]

2008年05月21日 水曜日

●新たなる虫

ああ、ただひたすらに啜りたひっ!

旨いとか不味いとか、そんなことは大したことではナイ。ふとした瞬間、ナゼか無性に恋しくなる。理屈を超越し、ただひたすら腹の虫が欲する。それがSOUL麺。元祖に牧の、未羅来留亭に黒門と、我が最愛なるSOULな麺々に新たなる麺子の予感。

ラーメン+野菜追加◇島系本店

 

こんもり盛られた茹で野菜のシャキシャキ感と、その下に目一杯盛られた固茹で偏平太麺のガリガリ、ボソボソとした無骨&素朴なコシと風味。 そして、濃いダレ&背脂が醸し出す、ナンともお下劣美味なるスープ。前回食べたとき、唯一納得がいかなかったチャーシューも、絶頂期のトロンと美味なるそれに変更されている。

ガツガツと口へと放り込み、ワシワシと咀嚼する。己の欲求のなすがままかっ喰らう快楽を、ただひたすら無心に享受しつつ一気に食べ終え、ふと思おう。「食」は嗜好ではなく、人間が元来持つ三大欲求のひとつであるを。

ガッツリなるおご馳走、島系の極太ラーメン。

島系本店:ラーメン650円&野菜追加100円。福岡県糟屋郡志免町大字別府字カジ547-1。 11:00~16:00&18:00~21:00、月曜休み(月曜日が祝日の場合は翌火曜日)。Pあり。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン87● うどん45●そば11● その他38
◎今月の総ジョグ距離:54km / 通年351km

Posted by heno at 12:54 | Comments [4]

2008年05月20日 火曜日

●キテます、あごだしブーム

「あご」とは小型のトビウオ。これを焼いて天日干しにしたのが「あごだし」。博多では正月に食べる雑煮のダシとして馴染み深い高級食材。

あごだし文化のメッカ、長崎の生月島や佐世保ではラーメンのダシとして使う店が3~4軒あるが、最近福岡にもあごだしラーメンを売りにする店がチラホラ増えてきた。

井田らーめん

赤坂の裏通り沿いの雑居ビルの一階に「井田らーめん」の紫紺の幟。元来はふぐ料理の専門店である井田だが、ランチタイムはラーメン屋へ変身し、あごだしラーメンを食べさせるという。

玄関で靴を脱ぐと、そこは正にふぐ料理屋。モダンな形の行灯が配された薄暗い通路の両脇に個室が3~4室。通路奥から、和服の上にコジャレた割烹着をまとった女将が現れ、入り口脇の一室へと通される。

朱塗りの天板が見事な掘りごたつ式のテーブルに腰掛けメニューを見ると、ラーメンはあご570円、あごとんこつ550円、とんこつ530円の3種類。豚骨ダシの度合いが増すごとに価格が安くなっていく。それほどあごだしは高価で豚骨は安価ということなのか?ナンだか豚骨が可哀想だなぁ、などと思いつつもメニュー筆頭のあごらーめんをたのむ。

あごらーめん◇井田らーめん

漆黒と燻し銀の高級感溢れる陶器から、湯気とともに上り立つ柔らかなダシの香り。 コレまた高級感溢れる陶器のレンゲでスープを一啜りすれば、あごだしならではの上品な甘みとスモーキーな後味。外連味は一切なし、あごだしの旨さがストレートに生かされたふくいくたる味わいに、ほっこり。

麺は中細縮れ麺。噛み込むほどにプリッと弾ける揚げ具合が上出来。丸くまとめられたバラ肉チャーシューも、火で炙ってから盛りつけてあるので、スモーキーなあごだしとの馴染み良し。ふぐ料理専門店のプライドか、一手間かけた仕事の後をソコカシコに感じる丁寧な仕上がりが好印象。

あっさりと上品にまとまった一杯に感服。ただ欲を言えば、あまりにも上品にまとまり過ぎてインパクトに欠ける気がする。同じあごだしラーメンでも五島軒のそれの方が個性を感じるなぁ。コリャ先日みおせるさんが食べていた「あごとんこつ」あたりが、この店ならではの真骨頂メニューかも知れないなぁ。

食べ終えてぶらりと周辺を散歩すると、喜庵には「化粧そば」、大名ちんちんには「冷やしサンラー麺」と、それぞれ気になる新メニューの看板あり。そしてくるりと表通りに回ると、た~ちまやぁにSaiSaiと沖縄そばを楽しめる2軒が軒を並べている。すぐ近くにはポカラキッチンのトゥクパもあるし、赤坂のこの一帯は、オモシロ麺の玉手箱やぁ~。

井田らーめん:あごらーめん570円。福岡市中央区赤坂1-6-15。11:30~13:30、日祝休み。Pなし。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン86● うどん45●そば11● その他38
◎今月の総ジョグ距離:54km / 通年351km

Posted by heno at 12:39 | Comments [2]

2008年05月19日 月曜日

●虫の知らせ

夕方、外での仕事を終え帰社する途中、元祖支店前を車で通過。入り口横の食券販売機前に人が集っている。本店が閉まって以降、以前に増してエラク人気だなぁ。

あんな不味いラーメンのドコがいいんだろう?
そう、あんな不味い…、あんな不味い……。
ううん、ああ、うんとぉ、
そう言えばナンだか小腹もすいてきたしぃ、
そして今夜は勉強会で遅くまで晩飯喰えないしぃ、
たまたま一台分駐車スペースが空いていたしぃ……。

突如腹の中で暴れ出す元祖虫の誘惑にすんなり負けて、クルリときびすを返す愚かな麺馬鹿ナリ。

ラーメン◇元祖長浜屋支店

と、コレ正に虫の知らせ?スルッと軽やかなれどクイッとコクあるスープ然り、シュルッと口に収まる触感&プニッ、シャクッと解ける食感がエヘヘと愉快な麺然り、

TODAT'S 元祖はぐー、ぐ、ぐー、ぐ、ぐぅ~~!ぐわぁ~~!!!

だがしかし、飲んだ後の無意識元祖喰い癖は謂わば博多麺馬鹿の悲しい性、アル意味致し方なしかと諦めていた。が、それに加えておやつ感覚元祖喰い癖が加わってしまったら……。あぁ心底恐るべし、元祖虫。

塩旨ちゃんぽん◇それいけ!龍太郎

ヨドバシカメラ4階のレストラン街に先月末にオープンした「それいけ!龍之介」は、スローフード・チャンポン専門店。具の野菜の仕入れはマリノアシティの九州のムラ市場が担当し、茹でチャンポン麺は博多ラーメン製麺所の雄、真鍋食品製とのこと。

スープは旨塩、和風味噌、辛味噌の3種類あり。デフォルトの旨塩はシンプルにダシの旨みを楽しめる逸品。なれど、うう~ん、なんだかピンとこないなぁ。
シャキッと野菜も、飾り包丁が入れられたイカやエビも、スルッと勢いあるチャンポン麺も、地味なる旨塩スープも、それぞれは十二分に美味なのだが、ソレゾレがソレゾレに己の存在を主張し、一杯のチャンポンとしてのまとまり感=母性溢るるほっこり感に欠ける気がする。

近々、大牟田の石橋屋なる店の五穀蒟蒻麺もデビューし、チョイス可能となるらしい。とことんヘルシー指向なオペレーションから察するにターゲットは女性客か?でもしかし、ならば男性客が多いヨドバシにナゼ出店したのだろうか??

元祖長浜屋支店:ラーメン400円。元祖長浜屋支店:ラーメン400円。福岡市中央区長浜港1-2-1。24時間営業、年中無休 (12月31日~1月5日のみ休み)。Pあり。

それいけ!龍太郎:塩旨ちゃんぽん750円。福岡市博多区博多駅中央街6-12ヨドバシカメラ4階。11:00~23:00、無休。Pあり。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン85● うどん45●そば11● その他38
◎今月の総ジョグ距離:54km / 通年351km

Posted by heno at 23:54 | Comments [2]

2008年05月18日 日曜日

●不器用ですから……(←高倉健調で)

ワインパーティ2008

昨日はtake4主催の「ワイン・パーティー」@愛宕浜。3000円程度の普段は気楽に飲めないワインをそれぞれ持ち寄り、アレやコレやと飲み比べてみようという企画意図は秀逸。なれど、飲み始めこそ「うう~ん、それぞれ味わいに個性があるなぁ…。ワインも奥深し。」とスカして見せるも、杯が重なれば単なる飲み会。satoyanお手製の超美味なるアテを楽しみつつ、クイクイ飲んであっさり撃沈……。

 20080517_006

で、目一杯気怠い日曜の朝。ドロンとメルトダウン気味の脳味噌と胃に渇を入れるには……

そう、美味ごぼ天うどんしかなかろうもんっ!

んで、ドコで啜るかアレコレ考えていると、おお!久しぶりに麺神が登場し

「どや?なか田で久しぶりに啜ってはぁ??」

おうおう、そやねぇそやねぇ、エエかもねぇ。そんじゃ早速出発進行!チビ達よぉ、うどんを啜りに出かけるゾォ~!!

20080518_007

 

かれこれ5年ぶりか。久方ぶりに訪ねるもざっくばらんな店の雰囲気は、まんまそのまま。テーブル席に座りメニューを見ると、以前は見かけなかったカレーうどんが載っている。ごぼ天も420円と当時より40円アップになっているが、それでも十二分にリーズナブル価格。

派手さはないが、素朴な昆布だしがしっかりと味わいを底支えする、シンプル美味なる熱々スメ。そして、スラリと伸びた長めの麺線がコレまた我がツボなるうどどん。噛まれることを拒むかのごとく、するするするっと口から喉へと落ちていく強ゴシうどんが、どこか讃岐チック。

例えるなら明日のジョーの力石徹の両手宙ぶらりん戦法。飾り気は一切なし&至ってシンプル&全くのノーカード。ただひたすら己の信ずるままに不器用に作り上げられた潔さが最大の魅力。

兎にも角にも喉越し見事なブリンブリンうどんに滋味礼賛。

なか田:ごぼう天うどん420円。福岡市東区三苫7-378-1。10:30~20:30、水曜休み。Pあり。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン84● うどん45●そば11● その他37
◎今月の総ジョグ距離:54km / 通年351km

Posted by heno at 22:56 | Comments [0]

2008年05月16日 金曜日

●MOTTAINAI!

いやはやナゼか、カレーって尾を引くものでアル。昨日のヌワラエリアの超美味ヌードルカリーの余韻が抜けきらず、今日もめいっぱいカレー麺モード全開。今日もどこぞで華麗にカレー麺を啜らいでかっ!とポンコツ麺ピュータをガタビシとフル稼働させると、ピンポ~ン!と名案が。

そうだそうだ、五島軒のカレー担々麺を啜ってみよふっ……!!

カレー担々麺◇五島軒

先日啜ったあごだし麺がチャッチャクチャラに好印象だった五島軒。ならばオリジナルメニューのカレー担々麺もイケるかも!と目一杯期待しつつ啜る。が、おそらくスープを加熱しつつ練り溶かされたのだろう、芝麻醤の風味が際だちすぎて肝心の本来のあごだしや鰹のダシの味わいとカレーの風味ががナンとも中途半端に埋もれてしまっている。結果、コレはコレで十二分に美味ではあるが、ナンとも割り切れない不完全燃焼感が残る。

せっかく超美味なるダシの風味を生かさないと、もったいない!いっそのこと芝麻醤はナシ、「カレー担々麺」ではなく「カレーあごだし麺」が啜ってみたい。極旨ダシとカレー風味が互いに自己主張しつつも互いを際だたせる、絶妙なる塩梅の一品に仕上がると思うのだが……。

ラーメン◇ふくちゃんラーメン

三ヶ月ぶりのふくちゃんラーメンは熱々のつゆだく加減が、
相変わらずのほっこり美味。
まずはデフォでひとしきり楽しんだ後、擂りゴマを振り一啜り。
さらに胡椒、紅ショウガ、辛しニラと
段階を踏みつついろんな薬味で味わいの変化を楽しみつつ、ズズッと大満足。

あごだし麺 五島軒:カレー担々麺750円。福岡市中央区荒戸3-4-20 パークサイドアイビー2階。。 11:30~14:50&18:00~21:30、土曜休み。Pなし。

ふくちゃんラーメン:ラーメン550円、替え玉100円。福岡市早良区田隈2-24-2。 11:00~21:00、火曜休み。Pあり。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン84● うどん44●そば11● その他37
◎今月の総ジョグ距離:54km / 通年351km

Posted by heno at 12:33 | Comments [0]

2008年05月15日 木曜日

●お麺なオリエンタル味旅行 in 福岡 ~その四 スリランカ 「ヌードルカリー」~

いやぁ、参った参ったぁ。世の中まだまだ我が知らないことだらけ。いやはや、ホント嬉しい驚き。福岡にコンなに旨いカレー麺があったとは……。

取引先のH江さんはじめ、いろんな方々から薦めていただいていたヌードルカリーは、ツナパハ@大名とヌワラエリア@赤坂で食べられるスリランカ・カレー麺料理。気になりつつもナゼか未食続きのウルトラ長期の宿題麺だ。今日こそはいざ啜らんっ!と意を決してチャレンジすれば、ソリャもう、マーベラスなスパイス天国!

ヌードルカリー◇東方遊酒菜ヌワラエリヤ

ココナツミルクのなせる技か、白っぽい仕上がりのカレーは見た目こそ温和しいが、一口啜れば「ぶわんっ、ぶわ、ぶわんっ」と様々な風味の波状攻撃。

辛くて、甘くて、スパイシーで、かすかな酸味もあって、すっきりしてて、でも味わいに膨らみがあって、………。ああ、このカレールーの旨さを適切に表現する言葉が見つからない。

そして具がまたGOOD!器の手前の鶏肉のコクと右手の大根の爽やか風味。そして左手はひよこ豆だろうか。自然な甘みと豆ならではのカスカスッとした食感が好アクセント。

合わさる麺は米麺。ボソボソとした触感とポリポリと解ける素朴な食感&味わいがカレーの旨みを際だたせる。このカレーには「ツルッ、シコッ」の小麦粉麺や春雨は似合わない。ボソボソ、ポリポリ、あはっ旨しっ!

唯一の難点が食べにくさ。平皿に盛られた麺をスプーンとフォークで食べるのは至難の業。麺が短めなのでスパゲティのようにフォークで巻き取ることができず、しょうがないのでスプーンの上に麺をのせ落ちないようにフォークで押さえつつ、口へと運ぶ。メチャ旨なのでガツガツ喰らいたいのだが、それがままならないもどかしさよ。

汁気が多いさらさらタイプがスリランカカレーの特徴らしいが、いやはやナンとも我がツボ!我がツボ!!コリャ是非もので、この店のオリジナル麺、エスニック・ラーメンも啜らねばっ!!!

20080514_001 

かの美味麺店@唐津と同じ屋号の関東軒@対馬小路は
定食やどんぶり類が充実した街の食堂。
我が目当てのラーメンは
スモーキーな香味油が印象的な濃い味豚骨。
コノ出来で380円は超リーズナブルな大衆美味。

東方遊酒菜ヌワラエリヤ:ヌードルカリー945円。福岡市中央区赤坂1-1-5-2F。11:30~24:00、無休。Pなし。

関東軒:ラーメン380円。福岡市博多区対馬小路3-8。11:00~14:00&16:00~23:00、日曜休み。Pなし。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン82● うどん44●そば11● その他37
◎今月の総ジョグ距離:54km / 通年351km

Posted by heno at 13:54 | Comments [6]

2008年05月13日 火曜日

●魚粉<骨粉。で、あは愉快!

この夏、来まくっている感のあるつけ麺ブーム。いろんな店がそれぞれに創意工夫を凝らしたつけ麺を新メニューとして出している。今年オープンしたばかりの五島軒にも近々つけ麺が登場する模様。そんな時流にのってか、超人気店である秀ちゃんラーメンにも、今週から博多もりそばなる新メニューが登場。

博多もりそば◇秀ちゃんラーメン

私はかつてコレほど豚骨臭いつけ麺を知らない。

従来のつけ麺を改良した「博多もりそば」。河原社長ブログ七転八記によると、温つけ汁に焼きあごや鰹、鯖、鯵など数種の魚粉を配合しましたとか。コリャてっきり最近流行の濃い味魚介系醤油豚骨かと思いきや、なんのその。昨年出していたつけ麺のユニークさを更にデフォルメしたオモロ~美味!

運ばれてきた途端に、温つけ汁よりグワッと香り立つ豚骨臭&ドロンと白濁した見た目が迫力満点。海苔の上に添えられた魚粉は他ラ店でよく見るタイプと異なる。お好み焼きに使いそうな粒子の細かい茶褐色のタイプではなく、削り節の削りカスのような形状で白っぽい。

さてさてコリャどんな味わいなのかと、気持ち細めの太麺をざぶんとくぐらせズズッと啜れば、瞬間ぶわんっと鼻へ抜けるメガトン級の豚骨風味。醤油ダレの風味にたよることなく豚骨そのもののダシの旨さを塩分で整えたストロング・タイプ。

魚介ダシの風味はほんのかすか。あくまでも脇役に徹しつつも、しっかりと豚骨ダシを引き立てている。いみじくもたまたま隣り合わせた先客もこのメニュー。二三口啜ったところで店員に

「コレ、えらく味が薄いんですけどこんなもんなんですかねぇ?」

と聞いていた。確かに地味。だが、今時の色々とゴテゴテ足しまくった濃い味系とは一線を画する、作り手のポリシーを感ずるシンプル美味なる味わいがナンとも愉快。

麺は気持ち細めの太麺。噛み込んだ瞬間はサクッと歯が通るも、次の瞬間にはニッチリと粘りある艶っぽいコシが顔を出す。そしてさらに噛み込んでいくと、ある瞬間を境にスッと解けていく、コレまた愉快な三段ゴシ。

昨年のつけ麺では麺の上に盛られていた具も、最初から温つけ汁の中に入れるよう改良がなされている。まずはチャーシュー、次はメンマ、そして今度は味付き半熟玉子と、麺とともに頬張る具を変えることで味わいの変化をしっかりと楽しめるのも地味系温つけ汁の醍醐味。

ああ旨かったと完食し、昨年は断られたスープ割りをダメもとで頼んでみると、快くOK。ほんわかと温かいスープ割を啜れば、ほっと一息。自然、満足感があがる。最後の方になるとザラッと舌にのるコノ感じは、おぉ、豚骨粉かぁ!

マイナーチェンジながらも、しっかりと改良がなされた2008年版秀ちゃん流塩豚骨つけ麺。こりゃ早くも2009年版が待ち遠しいぞぉ……。

秀ちゃんラーメン:博多もりそば800円(メニューには載っていなかったので、ひょっとすると前回同様に午後2時以降の限定提供かも)。福岡市中央区警固2-13-11。12:00~27:00、無休。Pなし。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン81● うどん44●そば11● その他36
◎今月の総ジョグ距離:45km / 通年342km

Posted by heno at 14:47 | Comments [4]

2008年05月11日 日曜日

●開戦前夜

良く見慣れたはずのほっかほっか亭の看板なれど、よくよく見ると「ほっかほっか亭」の黒文字の下に「ほっともっと」の白文字が透けて見える。

ほっかほっか亭の営業権を管理するほっかほっか亭総本部との対立が解消できなかった持ち帰り弁当店最大手のプレナスは、今週15日から新ブランド「ほっともっと」を立ち上げる。

20080511_010

私の記憶が確かなら、25~6年前、警固四つ角にオープンしたのが福岡のほっかほっか亭第一号店。弁当=冷えて不味いものが常識だった当時、ほっかほっかの白飯と揚げたてサクサクのトンカツが入ったトンカツ弁当は、正に感動的な旨さだった。

全国に約3500店あるほっかほっか亭の約3分の2に当たる約2200店を運営しているプレナス。直営1000店はもちろんだが、FC1200店のどれだけの店舗がほっともっとに移行するのだろうか。そして、あの時感じたトンカツ弁当の感動以上の美味弁当を提供してくれるのだろうか。炊きたてご飯以上にホットなFC弁当陣取り合戦の結果やいかに?

伯龍

ナゼか幾度となく訪ねるもことごとくフラれまくっていた伯龍。が、先日の佐賀×○のリポを読み、やっぱコリャ是非モンで啜ってみたいと三ツ瀬越え。どうぞ今日こそは開いていますようにと麺神に心で祈りつつ向かうと、わぁお、店頭にズラリ並んだ車&入り口には「ラーメン」と染め抜かれた赤い暖簾!

外観同様にイイ感じに遣れた店内は8割方客で埋まっている。空いていた入り口横のテーブル席に座り壁の高いところに掲げてあるメニューを見ると、麺はラーメンが具&盛りのバリエーションで4~5種ほどと、チャンポンのみ。

チビ達の分を含め3杯のラーメンをたのみ、NHKのど自慢が流れる店奥の14インチテレビ横に置いてあったスポーツ新聞を取り、昨夜の杉内の好投ぶりに目を細めつつページをめくっていると、厨房からナンとも芳しきチャンポン・スープの香り。あちゃちゃぁ~、コリャしくじったぁ。三杯ともラーメンにせず、せめて一杯はチャンポンをたのむべきだったかなぁ……。

ラーメン◇伯龍

が、出てきたラーメンはhそんな邪念をサッと軽く払拭するほど、滋味!美味!!あっさりと軽やかなる食感なれど、一呼吸遅れて顔を出す確かなダシの風味がドンピシャ我がツボ。ヘンに化調やニンニクにたよりすぎることなく、本来の豚骨ダシの旨みを自然に生かすことに徹した潔さにメロメロ。麺が見えないほど思いっきしツユだくなスープの盛りの良さに痺れつつ、ズルズルズルルと憑かれたようにレンゲで啜る。

気持ち太めの中麺の、ユルッと柔らかめの揚げ具合もイイ感じ。キニキニと無骨な食感のチャーシューもナンとも気分。途中、期せずして口に飛び込むキクラゲのシャクッと感が好サプライズ。ズルズルとスープ&麺を啜る楽しみが溢れたシンプル・滋味ラーメンに感心しきり。

焼き餃子◇吉興 エビと野菜の塩炒め◇吉興

麻婆豆腐◇吉興 五目そば◇吉興

夜は母の日ディナーで両親を誘い吉興へ。

鶏の唐揚げやエビと野菜の塩炒めも当然美味なれど、
特に秀逸だったのが焼き餃子の旨さ。

そして〆の五目そばも滋味鶏ガラスープのシンプルな旨みと
チャンポン麺チックな太麺の取り合わせがイイ意味で下世話に美味。
エビやイカに加えナマコの干物ものった味わい深き一杯に、ほっこり。

 

伯龍:ラーメン520円。佐賀県小城市芦刈町大字下古賀493-4。11:00~20:00(日曜は~17:00)、木曜休み。Pあり。

吉興:五目そば(価格失念)。福岡市中央区警固2-16-10-2F。 11:30~15:00&17:30~23:00、月曜休み。Pなし。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン81● うどん44●そば11● その他35
◎今月の総ジョグ距離:45km / 通年342km

Posted by heno at 18:55 | Comments [7]

2008年05月10日 土曜日

●お麺なブログWATCH ~おや、またもうどん新店?~

呑んだらトコトンにしん田なるうどん新店のリポあり。復活オープンした杵むら然り、今日の黄福堂然り、今月末開店予定の志成然り、最近の福岡はうどんがオモロ~!!

外・飯Blogによると我がツボ味噌ラーメン店のけごんらーめんに、来月つけ麺がデビューするとか!独自の太麺がフォーリンラヴだった店だけに、如何なる仕上がりとなるのか、ちゃっちゃくちゃらに待望しきり!!

俺コレ!によると豚骨聖地・長浜に「ばりこて」なる東京発豚骨ラ店がオープンした模様。味は知らねど、価格は驚きの500円!?王者400円元祖が君臨するカノ長浜で、500円もする東京発豚骨ラーメンを啜る客がどれほどいるのだろうか……??

○今週のエンタの神様は、桜塚やっくん、マジックネタの〆はいかがでしょう?マナティl&。マシンガンズコンマニセンチ、MAX五月蠅せぇ~&面倒くせぇ~。ナゼか今回は照英ネタが多いし、フランチェンもありえねぇ~し、犬井ヒロシのエンディングだけは、もういい加減変えてくれぇ~!!

が、でもでも、まえだまえだ上原チョーKICK☆に思わずクスッと笑ってしまう我アリ。上原チョーって、村上ジョージをパクッてナクナクナイっ??ヤッホー、ヤホホー、ヌーブラ、ヤッホー! by モエヤン

Posted by heno at 23:59 | Comments [2]

●feminine curry UDON

飲み会続きで朝起きられず、丸一週間走らずじまい。そしてさらに今朝も外は雨。

アカン、今日こそ走らねば。

で、スポーツジムでランニング。ipodから聞こえるエンジェル・ヴォイスを心の糧に、退屈な1時間を何とか乗り切る。ランニングマシーンに操られるモルモット?いやはややっぱり、ランニングはアウトドアに限る。気の向くままにコースを変えつつ、景色&人ウォッチングを楽しみつつ走りたいっ!

黄福堂

オサレなラーメン店がんばらんばのお隣に今週火曜にオープンしたばかりというカレーうどん専門店、黄福堂。白を基調としたカフェ風な、思いっきり女性向きな店構えにコソばゆさを感じつつも入店。

メインメニューはカレーうどんとカレー玄米の2本立て&オプションで半熟玉子やエビ天など6~7種の具。「カレーライス」ではなく「カレー玄米」と、ヘルシー路線を意識した献立もカナリ女心を意識しているなぁ、と思いつつたのんだカレーうどんも、ガッツリfeminime。

カレーうどん650円

まず、スメがあっさり。カレーのとろみも控えめで、味わいもヘンに主張しすぎず控えめなれど、まず舌にのる様々なスパイスの華と、一呼吸遅れて顔を出す和風ダシの滋味なる風味。複雑、かつマイルド。ナカナカに上出来なるスープカレー・スメにググッと惹かれまくりっ!

が、コレだけ味わいは美味なれど、ナゼかスメがぬるい。「熱々スメこそ汁麺の基本」が信条の私にはチト解せないなぁと思いつつうどんを啜れば、

あははぁ~ん?エラク短い麺だなやぁ~……。

ヘンにコシやヒキを主張しない愛らしいコシから察するに、おそらく乾麺か?ぷにんと解ける実直な食感がイイ感じなれど、20センチぐらいだろうか?長さがドえらく短いので、啜り甲斐が全くナシ。

ズルズルズズッと一気に啜り上げる食感の快感も、麺喰いの重要なる楽しみのひとつなだが、と訝しみかけたその時、はたと気付く。

いやいやコレは女性客にターゲットを絞った確信犯的配慮なのかも……。

化粧をする女性に汗は大敵=ぬるめのスメ。オシャレな洋服をカレーで汚したくない=短めの麺にすることでスッと啜れてビチビチとスメが飛び散らない。コジャレた店構え然り、コリャ客層を女性にフォーカスした戦略的カレーうどんナノかぁ?!

デフォルトで添えられる甘酸っぱクリーミーな白い添え物は、サワークリーム or デザート・チーズ・クリームか??女性が好みそうな要素がとことん入ったネオ・カレーうどん。オプションのエビ天や温泉玉子などの6~7種の具のトッピングは来週月曜まで無料サービス&会計時に手にしたチラシには「近隣のパーキングをご利用の際には、精算時にお申し付けください」との一文が。

コンセプチャルなカレーうどん&とことんサービス精神溢れるオペレーションから察するに、どこぞの大手外食産業の新業態なのだろうか??

黄福堂:カレーうどん650円。福岡市南区高宮3-7-6。11:00~22:30。Pなし。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン79● うどん44●そば11● その他35
◎今月の総ジョグ距離:30km / 通年327km

Posted by heno at 11:16 | Comments [6]

2008年05月09日 金曜日

●うっ!うっ!うっ、ちょいラァ~ッ!

ナゼか知らねど、連休明けは決まって仕事が超多忙。で、昼麺に癒しを求め、自然と母性麺・うどんを欲するアマちゃんロートル麺イーター一匹。

20080507_009

2ヶ月ぶりの恵味うどんなれど
おやおや麺が変わったか??
増した偏平度合然り、くにゅんと抗う強コシ然り、
ナンだか限りなく川端うどんチックだぞぉ……。
コレはコレで十二分に美味だが
恵味うどんならではのアノ柔コシ優しうどんが、あな恋し。

20080508_001

薬院に目出度く再オープンした杵むらの冷うどん「ぶっかけ」は
くにくにと抗いつつも、ある瞬間を境に
ぷにぷにんっと可愛いヒキとともに解ける様がナンとも愉快な丁寧うどん。
薬味のスダチが柚子胡椒で味の変化を存分に楽しみまくり。20080508_002

ビル二階の入り口へ続く階段の登り口には
懐かしいオブジェ。
以前の店舗は建物が古く傷みが激しかったので移転したとのこと。
次回はアノごま味噌うどんを啜りたひっ!

20080509_001

ナンやカヤと飲み会続きですっかりダルダルな
我が胃&脳に渇を入れるには、やっぱ牧のうどん!
マイブームのもやしうどんをオーダーし
調理風景を眺めていると、あらビックリ!!
トッピングする茹でもやしは
予めスメを張った茶碗に漬け込んであったとは……。
こうすることで、茹でもやしに事前にスメの味わいを染ませていたるのか!?
うぬぬぅ奥深し、もやしうどん。

20080507_015

気になりまくっていた麺や おのの5月限定ラーメン
、「あさり・あおさそばジュレソース添え」は想定外の暴れん坊。
ガリガリと荒削りな青臭い仕上がりが、ツラくもアリ魅力でもアリ。

恵味うどん:ごぼう天うどん500円。福岡市中央区薬院3-7-15。 11:00~17:00&18:00~20:00(土曜は11:00~20:00)、日祝休み。 Pなし。

杵むら:ぶっかけ730円。福岡市中央区薬院2-14-28-2F。11:30~21:30、不定休。Pなし。

牧のうどんマリナタウン店:もやしうどん390円。福岡市西区豊浜3-1- 10ダイエーマリナタウン内。 10:00~20:00、年中無休。Pあり。

麺や おの: 柚子塩らぁめん680円(期間限定メニュー)。福岡市中央区舞鶴1-8-40天神ビーンズビルB1。 17:30~27:00、無休。 Pなし。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン79● うどん43●そば11● その他35
◎今月の総ジョグ距離:20km / 通年317km

Posted by heno at 22:03 | Comments [0]

2008年05月06日 火曜日

●北もっこすラーメン三昧

初日が仕事だったためナンとなく始まった今年のGW。ナニをするでもなくナンとなく過ごしてしまい、今日がラスト。せめて1日ぐらいはチビ達をどこかへ連れて行ってやろうと希望を聞くと、

「グリーンランドでジェットコースターに乗りたいっ!」

熊本県荒尾市のグリーンランド?
そう言えば熊本県北部には宿題ラ店が山積みだったなぁ……。

で、チビ達とカミさんをグリーンランドで降ろし、我はいざ啜らん!熊本北部ラーメン三昧だっ。

天琴@山鹿

第一宿題店は、地元で圧倒的な人気を誇ると噂の山鹿市の天琴。住所をたよりに訪ねると、江戸時代から残る芝居小屋、八千代座のすぐ近くに黄色いテント。屋号はアルミ戸のガラス部分に金色で書かれているだけで、看板はなし。その簡素な店構えにイニシエ系名店の風格を感じる。

7~8席のカウンターと小振りの4人掛けテーブル席が2卓のこぢんまりした店内は、開店間近だというのに既に先客3名。壁上部に掲げられたメニューは、ラーメンとラーメン大の2種類のみ。そしてカウンター席の奥の厨房には、寡黙な年配店主と、こざっぱりと化粧を整えた奥さんらしき年配女性。

店主が釜からひとまとめに揚げた麺を、奥さんが既にスープが張あられた3杯のドンブリへと箸で注ぎ分け始める。すると、店主がチャーシューの固まりをスライサーで杯数分切り分ける。長年の営業で培われたあうんの呼吸で、淡々とラーメンが仕上がっていく様がナンともお見事。

ラーメン◇天琴@山鹿 

ナンともイイ感じに枯れた店構えとは裏腹に、出てきたラーメンはナカナカの強者。ドンブリの縁についたアクが象徴的、口当たりこそ柔らかなれど、すぐさまグイッと力強いダシの風味とドッカリ重たい多めの脂のボディブロー。なれど、後味はまるんと上品。啜ってから腹に収まるまで、時々に色んな表情を見せる味わいがシミジミ旨し。

気持ち太めの中麺の適度にザラついた食感然り、柔からず固からずの絶妙なる揚げ具合然り、ズバンッと我がツボ。切り立てなれでは(?)のフレッシュ風味の薄切りチャーシューの自然な甘みもイイ感じ。滋味ながらもソコカシコにコッソリと個性を主張する滋味派手イニシエ・ラーメンにうっとり。

千龍

大満足で向かった第二宿題店、千龍@玉名の店頭には
順番待ちの行列が。

 

ラーメン◇千龍

豚骨に加え、醤油、味噌、塩バターと札幌ラーメンチックな品揃え。
デフォルトのラーメンは、玉名ラーメンとするとかなりアッサリ&さっぱり。
結構好みのタイプなのだが、ちと塩気が強すぎるのが玉に瑕。

極ラーメン宙

一言に玉名ラーメンといっても色々アリ。
第三宿題店である極ラーメン宙(きわみらーめんそら)は
屋号からしてネオ玉名。

とんこつラーメン◇極ラーメン宙

コチラもラーメンは豚骨と醤油の二種あり。
デフォルトの「とんこつラーメン」は、ううん?魚介だしかぁ???
ドコか和風な風味&キュンと広がる酸味のきいた後味がナンとも印象的。
麺も細めの中麺で、イカにも女性ウケしそうなネオ和風豚骨ナリ。

 

天琴:ラーメン600円。熊本県山鹿市山鹿1509。11:30~15:00&16:00~19:00、水曜休み。Pあり。

千龍:ラーメン550円。熊本県玉名市高瀬下町468。11:30~14:30&17:00~24:30、火曜休み。Pあり。

極ラーメン宙:とんこつラーメン550円。熊本県玉名市立願寺314-1。11:00~23:00、火曜休み。Pあり。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン78● うどん40●そば11● その他35
◎今月の総ジョグ距離:20km / 通年317km

Posted by heno at 17:07 | Comments [2]

2008年05月05日 月曜日

●エンジェル・ヴォイス

例えば、登山の途中で聞こえてくる沢の音。ザワザワと涼やかな音色に心身ともほっと癒される。例えば、落ち込んだ気分の時に聞く好きなミュージシャンの歌声。シミジミと心に染み入り、少しだけ元気をもらう。

そう、音には「力」があるのだ。

小雨交じりの灰色の空、こりゃ外遊びは出来ないなぁと、スポーツクラブのランニングマシーンで汗を流す。インドアの空調の効いた環境が冬の寒い時期は快適だったが、当然ながら走れど走れど景色も空気も変わらないし、ナンとも単調で飽きてくる。

そんな時にアリガタイのがnike + ipod。60分と走る目標時間を設定しスタートすれば、ジョギング中、iPod nanoが5分単位で時間経過を教えてくれる。

「目標時間の半分を経過しました。残り30分です。」

お気に入りの音楽の合間に突如聞こえてくる、インテリジェンス溢れる彼女の声に幾度励まされたことか。

nike + ipodのこの機能が、そりゃもうエラク気に入りまくり。Appleさん、お願いします。いろんな有名人のコノ声をitunes storeで販売してください!矢野顕子の声なんか良さそうだなぁ~。

ラーメン◇麺処ゆう

MANIC SOMEDAYでその存在を知った麺処ゆうのラーメンは
背脂を揚げたカリカリが久留米風
&デフォルトでニンニクがグイッときいたミルキーオイリー・スープが熊本風
&シュルッと小気味よく口に収まる扁平細麺の食感が博多風。
で、こりゃラーメンの九州三都物語やぁ~。

メニューに載っている餃子と肉まんの写真がエラク旨そう。
五香茶卵なる凝った味付き玉子もあるし、
おそらく何処かの中華料理店の新業態店ではあるまいか??

20080505_004 20080505_003

夜は子供の日を祝い、魚が食べたいという長男のリクエストに応え
久方ぶりにみわちゃんで飲む。
鯵や太刀魚の刺身に、鯛の煮付け、アサリの酒蒸しなどアレコレつつく。
特に旨かったのが鯵のなめろう。コリャ酒が進む進む!
しかも、しこたま食べて&飲んで家族4名で7000円アンダーは超格安!!

麺処ゆう:ラーメン600円。福岡市南区若久3-1-18。Pあり。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン75● うどん40●そば11● その他35
◎今月の総ジョグ距離:20km / 通年317km

Posted by heno at 23:36 | Comments [6]

2008年05月04日 日曜日

●うどん王国 北九州

世間より1日遅れで我が家のGWがスタート!するも、朝目覚めるとさえない天気……。今日明日とキャンプのつもりだったのだが、天気予報を調べると明日は雨とのこと。雨の中のテント撤収はナニよりツライ。アッサリあきらめ、寝床でゴロゴロと怠惰な午前中を過ごす。

「お父さん、今日の昼はどうするとぉ?僕、つけ麺食べたいっ!」

正午前、腹を空かせた長男が昼麺をせがむ。

つけ麺ねぇ……。元助に行くかぁ?そう言えばせーじさんによると、元助の極太麺も島系本店同様にバージョンアップしたとか。だがしかし、元助のつけ麺は850円もするもんなぁ……。

などと考えていると、ふと思い出す。

おぉ、そうだ!北九州に気になるうどんのつけ麺があったんだったぁ!!

で、家族引き連れ、八幡西区へ。目指すは満月!啜るは肉ざる!!

 今年の正月に開業した満月。きっとイロイロご苦労されているのだろう。4ヶ月の営業を経て、若き店主にも貫禄が出てきた気がする。最近入ったという若き店員を指示しつつ、テキパキと仕事をこなす様が頼もしい。

肉ざる◇満月

ほうほう、コリャ美人なうどんだぞぉ……。

待つことしばし、運ばれてきたうどんはナンとも瑞々しい。気持ち生成がかった色合い然り、キリッと角が立った鯔背な姿然り、コリャかなり期待できそうだと心躍りつつ、温つけ汁にくぐらせズズッと啜れば、瞬間ふわりと鼻へ抜ける醤油とダシの柔らかな香り。

そして、うどんを噛み込めば、クニュクニュと愛らしく抗ういコシとぷにゅんと解けるヒキがナンとも楽し。そして温つけ汁の具の牛肉の甘みとともに渾然一体と広がる豊かな味わいがナンとも見事。

わぁお、コリャ旨い。ちゃっちゃくちゃらに旨いヤンッ!!

つけ麺の汁はその食べ方の特性上、自然濃い味にならざるを得ないのだが、この温つけ汁は調味の塩梅がナンとも見事。味がくどくなるギリギリ手前に仕上げてある。さらに生姜だろうか?後味にさわやかな風味がきいているので、食べ飽きることがない。てそして具には牛肉に加え素揚げのナスが入っていて、コレがまた旨いっ!ヌルンとした独特の食感と独自の甘みが味わいに奥行きを演出。

 

そして食後にもウレシイ一工夫あり。食べ終えた温つけ汁を温かいダシで割る、スープ割りならぬスメ割りをサービスしてくれるのだ。削り節の香りがナンとも豊かなあったかスメ割りが、ずぶずぶと五臓六腑へ染み入り、ほっと和む。半分ほど楽しんだところで、小皿に盛られた白飯を入れれた簡易雑炊もコレまたほっこり。

関東の武蔵野うどんが本場の冷うどんを肉入りの温つけ汁で食べるスタイルに更なる創意工夫を加えた上出来肉汁うどん。創作うどん集団・豊前裏打会の名に恥じぬ一杯に感心しきり&大満足!

 

開店当初から置いてあったのだろうか?
入り口横のテーブルに見つけた昆布の煮付けとタクワンが
コレまたエラク美味。

秀吉うどん

せっかく北九州に来たのだからもう一軒啜っておくかと、小倉南区へ足を伸ばし、長年の宿題店である秀吉うどんへ。ナンでも地元の人々に愛される普段着うどんの名店なのだとか。

午後3時前のアイドルタイムゆえ、がらんと広い店内には先客ナシ。お昼の営業が一段落し、遅い昼食をとろうとしていた店員さんに気兼ねするも、「大丈夫ですよ、どうぞどうぞ」と招き入れられる。

席に着きメニューを見ると、それぞれ20種ほどあるうどんと蕎麦に加え、カレーライスやショウガ焼き定食も載っている。コレぞ正統街のうどん屋さん的ラインナップにほっこり気分で、「初う店はごぼ天」をたのむ。

 ごぼ天うどん◇秀吉うどん

店頭の「古式手打」の看板に偽りナシ。噛み込んだ瞬間、カツンとしっかり歯を迎えるコシは味まがう事なき手打ちうどん。演出系の粉には一切たよらぬ小麦粉感溢れるコシと味わいが素朴に美味。

そして合わさるスメもアッツ熱のシミジミ滋味。昆布だしの母性溢るる風味に、思わずもう一啜り、ふた啜り。しっかり調味された衣がカリカリと旨いごぼ天を時折囓りつつ、また一啜り、ふた啜り。

 

創作系の豊前裏打会に、シミジミ旨いオーソドックス我が街うどん。そしてさらに、小倉肉うどんと様々なスタイルが楽しめる北九州。次回は高速バス&自転車で、うどんポタだな!!

満月:肉ざる680円。福岡県北九州市八幡西区三ヶ森3-11-3。11:00~16:00&18:00~21:00、不定休(5月は毎週木曜&20日&21日)。Pあり。

秀吉うどん:ごぼ天うどん420円。福岡県北九州市小倉南区下貫1-5-5。1st&3rd火曜休み。Pあり。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン74● うどん40●そば11● その他35
◎今月の総ジョグ距離:9km / 通年306km

Posted by heno at 14:46 | Comments [5]

●お麺なブログWATCH ~あさりLOVE~

天神サイトによると、麺や おのの月替わりラーメン5月は、「あさり・あおさそばジュレソース添え」だとか。元来アサリをはじめとする貝類が大好物の私。こりゃ是非とも啜れねばっ!

○今月1日より、福岡麺通団が全品30円ほど値上げ。と言っても、元が安過ぎたので、まだまだ十分安いのだが。経営者ユゲさんのブログによると「小麦だけなら今のところはまだ値上げしなくても大丈夫なのだ。ところがそのほかの食材やら調味料やら光熱費(特にうどん釜の燃料である灯油は痛い)なども軒並み上がっていて、それらがめちゃくちゃ効いてきている。」とのこと。イロイロと大変でしょうが、コレからも安・旨・早な讃岐うどんをお願いしマス!

 

晩飯のアサリの酒蒸しをスープに利用して作った
アサリにゅうめんはソリャもう
ちゃっちゃくちゃらのベラボウ美味!!
味の決め手は極少量のニンニクと
薬味にちょいとワサビを添えると、これまた小粋に旨いのよぉ~。

先日食べたブラジル・カップヌードルの
ノーマル風味版はベラ旨だったが、
このニンニク風味タイプは、日本人の舌にはちとキツイ…。

 

最近ジワジワといろんな新作カップを出している
マルちゃんのトールカップタイプの蕎麦は
サクッと軽い啜り心地が
どこか東京の立ち食いそば屋チックで結構我がツボ。

そしてこちらは普通のカップタイプの蕎麦。
「おそば屋さんの」と「鰹と昆布の和風仕立て」の
コピーに惹かれたカレー南蛮そばだったのだが……。

太麺フェチの心くすぐるペヤングのその名も「麺太」は、
どん兵衛チックな扁平太麺と
チョイと甘めの濃い味醤油スープが
イイ感じにチープ&いなたい味わいで哀愁美味。

15周年企画と銘打たれたラ王の江山楼監修ちゃんぽんは
スープ然り、麺然り、
ソリャもう愕然とするほど?????な味わい……。
しかも価格も200円オーバー。
いいんでしょうか?こんなの売っちゃっても……。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン74● うどん38●そば11● その他35
◎今月の総ジョグ距離:9km / 通年306km

Posted by heno at 09:10 | Comments [2]

2008年05月02日 金曜日

●進化系極太平麺

今日明日と山口県下関市で泊まりがけの仕事。福岡空港へ東京からのお客さんを迎え、移動前にサクッと昼麺。候補は空港からすぐ近くの支那そば屋 or 島系本店。で、「アッサリいきます?それとも、ガッツリいきたいですか?」と尋ねると、「ガッツリいきたいですねぇ!」。ハイハイ、ならば島系本店で決定!

島系本店

 

店頭にイロイロ張り紙あり。まずは「極太麺進化のお知らせ」。麺の幅を広げ、コシ、食感、スープののりを良くしたのだとか!

だがしかし、楽あれば苦あり。ナンとも楽しいお知らせの横には、「野菜追加券のお知らせ」。今月より新設された野菜追加券で普通ラーメンの二倍の野菜量になるという。そして、その横には新メニューと称して、隠れた名物、野菜チョモランマ盛りラーメンが「桜島ラーメン750円」として写真で紹介されている。小麦粉をはじめとするモロモロの原材料価格高騰の影響か……。ならば我がツボ・ラ店を応援すべくたまの贅沢、「ラーメン大煮ブタ750円」でイクかぁ!

ラーメン大煮ブタ◇島系本店

程なく差し出されたラーメンは、1センチほどの厚切りのチャーシューがゴロンと5~6枚。確かに普通の店のチャーシューに比べれば「大煮ブタ」。なれど、厚切りチャーシューの権化、二郎@東京三田と比べるとチト迫力不足の感アリ。まぁまぁしかし二郎は別格、コレはコレで十分に個性的と、まずはスープをズズッと啜れば、

おやおやスープも進化したのかぁ?

キュインとドライブする醤油ダレの旨みと背脂の甘みと豚骨ダシの旨みは相変わらずなれど、加えて更に魚介チックなダシの旨みがグイッときいていて、味わいに深みが増した気がするぞぉ~!!

20080502_002

そして麺も、おうおう確かに進化しているぞぉ~!以前より更に扁平度が増した、きしめんチックな形状に期待を募らせ啜れば、噛み込んだときのコリッと弾けるコシ然り、合わせて広がる豊かな風味然り。

暖々@東京大森を彷彿とさせる手打ちうどんチックな素朴風味がドンピシャ我がツボ。コリャ是非とも次回はドカ盛り野菜との食感のハーモニーを楽しむべく、桜島ラーメンにチャレンジせねばっ!!

塩ラーメン◇海平

夜は下関で鯨料理に舌鼓を打ち、〆はモチのロンでラーメン。『ネコ』のち『ばく』ときどき『シビ』でその存在を知った海平の塩ラーメンは、素朴系ながらも奥にググッときいた魚介だしが、わぉ、わんだふぉ~~!ゆで玉子もしっかり味付きだし、店構えはイニシエ系なれどその味わいは結構モダン。

焼酎とともにつついた真っ黒つゆのおでん&餃子もエラク美味。コリャ是非とも機会をつくり、醤油ラーメンと豚骨ラーメンも啜ってみたいゾォ!ただ、遠隔地&夜専営業ゆえ、ハードル高し……。

島系本店:ラーメン大煮ブタ750円。福岡県糟屋郡志免町大字別府字カジ547-1。 11:00~16:00&18:00~21:00、月曜休み(月曜日が祝日の場合は翌火曜日)。Pあり。

海平ラーメン:塩ラーメン(価格失念)。山口県下関市赤間町7-25。19:00~25:30、日曜休み。Pなし。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン72● うどん37●そば10● その他33
◎今月の総ジョグ距離:9km / 通年306km

Posted by heno at 23:19 | Comments [8]

●お麺なブログWATCH ~もっこすラ博開催!~

☆麺's 倶楽部 ハバタキ☆によると、今月24日(土)と25日(日)の2日間、熊本で「第1回くまもとラーメン博」なるイベントが開催される模様。熊本日日新聞主催で、熊本県内の有名人気ラ店24軒がグランメッセ熊本に大集合。中途半端に全国のラ店を集めることなく、地元熊本のラ店に限ってのイベントが、目から鱗の面白さ!

○小倉リバーウォークのラーメン・ミニ・コンプレックス「小倉 五つ星らーめん街」が5周年記念で、ラーメン一杯五円で提供!昨日今日の2日間、各店1日250杯限定。

satoyanのうちごはんによると、有田陶器市で福岡ラーメン・マニア憧れの元祖長浜屋ラーメン・ドンブリが売りに出されているという。本店閉店と何らか関係あるのだろうか……??

Posted by heno at 07:20 | Comments [2]

2008年05月01日 木曜日

●こりゃ、お味がよろしいよぉでぇ~~。

早朝からの仕事が正午過ぎに一段落。午後からの現場である津屋崎に移動し、我が最愛の『軒』の一軒、宝来軒で昼麺。

がらんと広めの店内はレトロな造りが居心地良し。店奥の厨房では家族らしきいつもの4名が、黙々とそれぞれの仕事をこなしている。

「あら、黙って座っとうけん、分からんかったよ。
久しぶりやねぇ、元気やったねぇ?」

その一人である年配女性がテーブルへラーメンを運んだ帰りしな、カウンター席に座った年配の常連客へと声をかける。

メニューは相変わらずの「ラーメン」と「ラーメン 大」2種のみ。小麦粉をはじめとする昨今の原材料高騰もどこ吹く風と、それぞれ400円と550円で値上げナシ。地元の高齢なじみ客のことを考えると、値上げしたくても出来ないのが実情か……。

ラーメン◇宝来軒

そしてラーメンも相変わらずの滋味。至って王道、シンプルだがコクのある豚骨ダシが、啜るほどにズブズブと五臓六腑に染み入る。特に我が好みは葱周辺のスープ。葱のほのかな甘みと青臭さがスープに映え、ナンとも旨い。

気持ち太めの中麺の、適度にガソゴソした食感もドンピシャ好み。塩味のニッチリ・チャーシューを囓りつつ、ズルズル啜る午後のシアワセ。

ああ旨かったとドンブリから顔を上げると、壁には常連客が書いた味わいある色紙あり。宝来軒の屋号のしりとり小咄。

  • ほ:ほんとうにおいしい
  • う:うまみまんてん
  • ら:らーめんいっぱい
  • い:いぶくろまんぷく
  • け:けんこうしょく

と来て、最後の「ん」が

  • ん:んーとたべたい

山田くん、座布団10枚持ってきて!!

 

宝来軒:ラーメン550円。福岡県福津市津屋崎609-2。11:30~19:00、火曜休み。 Pあり。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン70● うどん37●そば10● その他33
◎今月の総ジョグ距離:95km / 通年297km

Posted by heno at 12:50 | Comments [4]