2008年05月30日 金曜日

●とぅるとぅる麺

さてもさても、コレまたオモロ~なうどん屋が誕生せし。その名は「古式胚芽麺もみじうどん」!

もみじうどん

きんさん情報を頼りに西新おもしろ通り21を訪ねると、以前は沖縄料理居酒屋パニパニだった店舗に「古式胚芽麺もみじうどん」の看板。紬の暖簾をくぐると、縦長の店内はパニパニの頃とまんまそのまま。

テーブル席に座りメニューを見ると古式胚芽麺の蘊蓄書き。「当店自慢の胚芽入りとぅるとぅる麺」?!「当店のうどんはいにしえの石臼で挽いた小麦粉にならい、小麦の胚芽とふすま(麦の薄皮)の部分を加えた自家製の古式胚芽麺が特徴です。」て事は、平和フーズが手がける春月庵のようなうどんが出てくるのか?期待に胸をふくらませ、「初う店はごぼ天」をたのむ。

ごぼう天うどん◇もみじうどん

待つことしばし、運ばれてきたうどんは見るからにユニーク満点!まず目を惹くのはごぼ天の形状。漢字の「口」の字状に、真四角で真ん中が四角に抜けているではないか……。そしてうどん。気持ち茶色がかった偏平麺の中に胚芽の黄色い斑点が見て取れる。更に薬味に花鰹。

どエラク演出が入りまくりったエンタなうどんに少し腰が引けつつも、まずはスメと一口啜れば、ガチッときいたダシの風味とキュインとドライブするかえしの風味がキッチリ美味!ちゃらちゃらとした見てくれとは相反し、ちゃんと丁寧に作られた味わいが、ほっこり旨し。

そしてうどんが超オモロ~!!ほわん、ほわんと弾けるコシと、もちもちと粘るヒキ。そして胚芽の素朴な風味。食感&味わいともナンとも独創的な「とぅるとぅる麺」。ガリガリと固揚げのスクエアごぼ天との食感のハーモニーが、ぬははぁ~と愉快愉快!

唯一の難点はスメの少なさ。必要最小限の量は盛られているのだが、もう少したっぷり注いでくれると、食べたときのほっこり度がグッと増すのだが…。

とは言いつつも全体的にはドンピシャ我がツボ。そして更に、生からすみに自家製厚揚げ、島らっきょう等々、壁に掲げてある夜のちょい飲みメニューがウルトラ魅惑的。よっしゃ次回は夜!ちょい飲み楽しんで、〆に冷うどんだぁっ!

もみじうどん:ごぼう天うどん480円。福岡市早良区西新5-6-2。11:30~24:00、無休(居酒屋は月曜定休)。Pなし。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン88● うどん50●そば12● その他40
◎今月の総ジョグ距離:99km / 通年396km

Posted by heno at 2008年05月30日 12:40
コメント

お久しぶり~♪
うちの近くも、おもろ~なうどん屋ができますよ
すったもんだがありましたが、店舗自体は
完成、7月1日オープンです。

田んぼの中で、用水路がある立地
完全手打ちで、薪の釜で茹で
丼持って外で食べれて
ネギ畑でネギを採ってハサミで刻んで
というお店
これだけ、人気店の特徴を兼ね備えたお店も
ないんじゃないかな?^^
アドバイザーになってくれと頼まれて
おもいっきり!自分好みのお店にしてみました

「讃岐うどん」ではなくて
さぬきテイストとか讃岐インスパイア~とか
讃岐ごっことか名乗ろうと思っています。

Posted by けんちゃん at 2008年05月31日 07:56

うわぁ、パニパニ好きだったんだけどなぁ(主に飲み屋として)。

しかし、どことなく沖縄すばを思わせる見た目のうどん、
そして夜のつまみの島らっきょう……
もしかしたら、パニパニの経営形態変更だったりするんですかねぇ。

Posted by みおせる at 2008年05月31日 10:12

けんちゃん
お久しぶりデス。
確かにオモロ~なうどん屋ですねぇ。
詳細が決まりましたら是非お知らせクダサイ!

みおせるさん
おっしゃる通り、おそらくパニパニの業態変更かと。
て事は、パニパニ支店の六本松の琉球ヌードルもうどん屋になるのでしょか??

Posted by への at 2008年05月31日 20:36
コメントしてください




保存しますか?