HENO HENO: 2008年06月 アーカイブ

2008年06月29日 日曜日

●お麺なブログWATCH ~夏麺続々~

福岡麺通団のHPによると、7月1日より夏限定メニュー「からざる」=辛いざるうどんが販売開始とのこと。「辛い」ってワサビ?いや多分辛味噌かぁ??ああ、デビューが待ち遠しいぞぉ!

せーじの『とりあえず喰っとけ!』によると、麺菜酒家あすかに和え麺新メニューがデビューした模様。温麺に肉味噌はアリガチなれど、さらに生の卵黄トッピングは、まるで釜玉チックでナカナカにオモロ~!

ラーメン◇博龍軒 

のんびり&ガッツリと2時間ジョグを楽しんだ我が身体は
猛烈に美味豚骨を欲する。

あぁ、悠翔樹のラーメンが啜りたひっ!
が、今日は定休日……。
で、「偏平めん&滋味豚骨」で、ふと頭をよぎった博龍軒へ。
久方ぶりなれど、相も変わらずナンちゃナイけどナンとも美味!
精算時に今年上旬に閉めた支店の再オープンのことを尋ねてみるも、
「いやいや、もうやりません。」と、すげない返事。
きっと思いの外イロイロとあったのでしょう。
いやはや
ザンネン、ムネ~ン、ホントにスミマ麺~!!(←ジョイマン調で)

博龍軒:ラーメン500円。福岡市東区馬出2-5-23。11:00~18:00、月曜休み。Pあり。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン104● うどん68●そば13● その他51
◎今月の総ジョグ距離:97km / 通年514km

Posted by heno at 23:07 | Comments [6]

2008年06月28日 土曜日

●どん!どん!どん?

ここ最近、ラーメンに負けず劣らず開店ラッシュのうどん新店。しかも、それぞれが非常に個性的。ラーメン同様にうどん店も、一昔前の何でもござい的無個性な店造りでは、もはや通用しないと言うことか?

天神コア7階の飲食フロアに昨日オープンした博多綱場屋は、華元麺屋八兵衛を手がける元フードシステムの、カレーうどんに特化した新業態店。

カレーうどん◇綱場屋 

サービスされた紙エプロンを着け、完全防備で待つことしばし、大ぶりのドンブリに盛られたカレーうどんが運ばれてくる。天神経済新聞によると、10~20代の女性客が中心の天神コアへの出店だけに、ボリューム感と値頃感あるメニュー作りを心がけたとのこと。

「枕崎産かつお節をはじめ、数種類の削節を使用した自慢のダシと特製カレールーをブレンドし、ビタミン・ミネラルが豊富な豆乳を加えた」というカレースープは、マイルド&フルーティー。タマネギに加え、リンゴも入っているのだろうか?爽やかな甘みが印象的な、如何にも若年女性が好みそうな仕上がり。そしてうどんは恐らく麺屋八兵衛のうどん麺の流用か。ぼよんぼよんと跳ねるコシが、うひょひょとオモロ~。

オリジナルの具として、リンゴかき揚げなるものもアリ。なるほどコンセプトに忠実に、まとまり感のある一杯である。デフォルトでトッピングされている目玉焼きも、若年層を意識した商品作りの結果だろう。「カレーうどんには温泉玉子」と思う私は、正真正銘の中年オヤヂということか……。

杵むら

天神での所用を終え、麺友と杵むらでうどん屋昼酒。
アゴの干物や冷や奴、丸天焼きなど
オヤジ度満点の渋めのアテで冷や酒を、くいっ、くいっ、くいっ。

かけうどん◇杵むら

そして〆はかけうどん。
クイッと聞いた鰹節と三つ葉&柚子皮の風味がマーベラス!

つけ麺◇六厘舎

更に夜食は、とりにくさんの東京土産で、六厘舎のつけ麺。
うどんチックな極太麺を釜揚げあつもりで、かっ喰らう。

あなシアワセなる麺三昧な休日よ!

博多綱場屋:カレーうどん650円。福岡市中央区天神1-11-11天神コア7階。11:00~22:00、無休。Pなし。

杵むら:かけうどん525円(?)。福岡市中央区薬院2‐14‐28。11:30~21:00、月曜休み。Pなし。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン103● うどん68●そば13● その他51
◎今月の総ジョグ距離:78km / 通年495km

Posted by heno at 12:16 | Comments [0]

2008年06月27日 金曜日

●お麺なブログWATCH ~華麗に登場、う新店~

天神経済新聞によると、俺コレ!で既報のカレーうどん店が本日、天神コア7階にオープンした模様。

○RKB毎日放送の今日感テレビ、今日の特集は「福岡でブーム!?ご当地うどん」。五島軒やまと茶屋とともに紹介された、神戸のご当地うどん「かすうどん」が食べられるという粋麺や@小倉北区が気になるぞぉ…。

○コダワリのラ店・わくう店主のブログによると、夏の新メニューは山芋入りの醤油つけ麺とのこと。

福岡のトムパパ ダイエットグルメによると、芦屋ボートがレース開催時のみ営業するという創業50年の老舗、くらかけ食堂に「イカ天ラーメン」なるものがあるらしい。

チャンポン◇水城らぁ麺 

水城らぁ麺のチャンポンは、相も変わらずの超ドカ盛り。
その圧倒的存在感&食べても食べても減らない具に
同行スタッフ全員、食べ始めは感嘆&半分ほど食べたところで悲鳴……!

水城らぁ麺:チャンポン600円。福岡県太宰府市水城3-4-24。11:00~23:00、不定休(7月は3日、15,29日が休み)。 Pあり。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン103● うどん66●そば13● その他50
◎今月の総ジョグ距離:78km / 通年495km

Posted by heno at 23:48 | Comments [4]

2008年06月26日 木曜日

●お麺なブログWATCH ~新ラ店続々~

フラワーマンのひとりごとに、前原に開店した西谷屋の支店リポあり。そして、博多のひろちゃんのはかたには、新風近くに先月オープンしたという居酒屋のランチ・ラーメン情報が。いやしかし、ホント新ラ店開店ラッシュですねぇ、最近の福岡は……。

Posted by heno at 23:51 | Comments [0]

●浮気厳禁

みその食堂

日帰り鹿児島串木野出張の昼麺は、ご当地ラーメン「まぐろラーメン」の元祖、みその食堂。てっきり昔ながらのイニシエ系食堂かと思いきや、えらくモダンな今時ラーメン店的店造り。そして……

「いらっしゃいませぇ~!」
「いらっしゃいませぇ~!!」

「ありがとうございましたぁ~!」

「ありがとうございましたぁ~!!」

店長らしき若者の一声に続き、他の店員が声を合わせてその文言をリフレインする、まるでホストクラブのような接客が、ナンともコソバユイ……。

兎にも角にも、念願のまぐろラーメンを啜るぞ!と勢い込むも、壁に「夏季限定!炙りまぐろつけ麺」の張り紙が……。「限定」と「つけ麺」の2ワードに負け、浮気……。

炙りまぐろつけ麺◇みその食堂 

出てきたつけ麺は、
割った竹に炙りまぐろと白髪葱やホウレン草などの薬味が持ってある。
さらに別皿で味噌つきの焼きオニギリと、豪華絢爛。

 20080626_004

麺は平麺。
醤油澄まし汁のようなサラッとあっさりの温つけ汁に潜らせ、
ズズッと啜る。

うん、やっぱり「浮気」なんてするもんじゃないな……。

みその食堂:炙りまぐろつけ麺1000円。鹿児島県いちき串木野市4285。Pあり。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン103● うどん66●そば13● その他49
◎今月の総ジョグ距離:78km / 通年495km

Posted by heno at 12:29 | Comments [2]

2008年06月25日 水曜日

●黒いカバン

早朝、いつものコースを走っていると、愛宕浜で男に呼び止められる。30半ばだろうか、半袖の白いカッターシャツにチャコルグレーのサマーウールのスラックス。早朝の海岸には不似合いの格好をした男の右手には、警察手帳。

「おはようございます。いつもこの時間に走られているのですか?」

どうやら、先週起きた女性遺体事件の聞き込み調査のようだ。

「どのくらいの頻度で走られてるのですか?」
「いつもこれくらいの時間ですか?」
「不審者を見かけたことは?」
「事件のことをどこで知られましたか?」

表情はにこやかだが、問いかけた質問に私が答えようとするその瞬間、ギッと鋭い視線に変わり、私の表情をつぶさに観察する。
「ジョギング中、ありがとうございました。
それから、宜しかったらお名前とご住所、電話番号を教えてください。」

ふと思い出したのが、学生の頃貪り聞いた、泉谷しげるの「黒いカバン」

♪ 人があったなら まして初対面なら
お互いに名乗るのが最低の礼儀でしょう ♪

と一瞬思う。が、面倒臭いことになるがイヤで、スラスラと素直に答える典型的事なかれ主義小市民一匹。

もやしうどん◇しげ

超久方ぶりのしげうどんは相変わらずのシミジミ滋味。
長年の宿題メニューであるもやしうどんは、
運ばれてきた瞬間香り立つイリコだしの香りに、もうメロメロ。
伸びやかなるうどんのヒキと
パリパリと弾けるモヤシとの食感のハーモニーも悦楽至極。

 

大皿に盛られた揚げ物類に加え、
三種置かれた唐辛子も、しげならでは。

きなこうどん:汁ナシ温うどんに黄粉をかけたもの
かまげうどん:汁ナシ釜揚げうどんに花鰹&葱を添えた、生醤油うどん
ゆうどん:世間一般で言う「釜揚げうどん」
しげそば:世間一般で言う「釜揚げそば」

うん、次回は「かまあげうどん」だな。

しげ:もやしうどん420円、天ぷら90円。福岡県八女市蒲原1163。11:00~19:00、木曜休み。Pあり。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン103● うどん66●そば13● その他48
◎今月の総ジョグ距離:78km / 通年495km

Posted by heno at 14:51 | Comments [0]

2008年06月24日 火曜日

●充電大事

朝もはよから寝床を抜け出し、ジョグへ出発。今日は朝7時には出勤せねばならない。なので、手短に5キロのショートコースを走るかとipod nanoのNike+ipodをセッティング。のつもりが、

ありゃぁ~?nanoが立ち上がらない……。

そう言えば最近全く充電していなかったなぁと、渋々諦め走り出す。も、ナンとも耳寂しい……。どうやらAppleの思惑通り、エンジェル・ヴォイス依存症ランナーとなってしまったようだ。

Sportio

折しもauからモーションセンサー搭載のスポーツ携帯電話「Sportio」が発売。Smart Sportsに加え、モーションセンサーにより「Run&Walk」アプリを起動することなく歩数や距離、消費カロリーを計測できるという。

携帯電話なら充電し忘れることもないだろうし、
ボディもコンパクトにシャレてるしぃ……。

フツフツと沸き出でる物欲煩悩。あぁ今夜も眠れそうにない……。

ごぼう天うどん◇甚徳 

 

久方ぶりの甚徳のごぼ天は、マーベラスに美味美味!
揚げたてのプニプニごしの中細うどんと
キュインと鰹節がきいた切れ味見事なスメの取り合わせにメロメロ。
そして、卓上に置いてある赤柚子胡椒が、コレまたこのスメに合いまくりっ!
以前にも増して磨きがかかった旨さに、わははと万歳三唱!!

 

甚徳うどん:ごぼう天うどん500円。福岡県大野城市白木原5-2-1。11:30~21:00、月曜休み。Pあり。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン103● うどん65●そば13● その他48
◎今月の総ジョグ距離:69km / 通年486km

Posted by heno at 14:54 | Comments [0]

2008年06月23日 月曜日

●もふもふタノシ!

ヤワヤワの極太うどんを、たまり醤油ベースの濃い味のタレに和えて食べる。全国各地にご当地うどんは多々あれど、作りのユニークさでは一歩抜きんでた感のある三重県の郷土食、伊勢うどん。その専門店が今月半ば、福岡に初お目見え。

やまと茶屋 

俺コレ!情報を頼りに訪ねると、福岡ドームのほど近くに薄紫の幟。「雪のように白く、玉のように太く、それに墨のように黒いタマリ醤油をかけて食す。生きているうちに食わなければ死んで閻魔に叱られる」の文字。そして、「この伊勢うどんに魅せられ創業より深い思いで生業としております。」とのこと。ネットで調べると伊勢市に同じ屋号の店があるが、直営の支店なのだろうか?

伊勢うどん◇やまと茶屋

1センチ強四方はあるだろうか、まつことしばし、出てきた伊勢うどんは確かに極太。どらどらと箸を突き刺し、ドンブリの底にたまった醤油ダレとうどんをグニュグニュと和え、箸で摘めばズッシリとした重量感に旨さを予感。

ズズッと一気に啜ろうとも何せ極太、そう容易くはいかない。うぬぅ、ならばと本数を減らし、再びズズッと啜ると、ボヨンボヨンと鈍く揺れつつ、なんとか口へと収まる。

噛み込む度に、むっちり&ねっとりと解ける極太ヤワごしが、ナンとも愉快。真っ黒な見た目より随分と甘口な醤油ダレの濃密なる旨みとの相性も良く、ナンちゃナイけどナンとも旨い。

卓上に置いてあるスリ胡麻をひとかけすると、パッと華やいだ胡麻の風味とのコラボがオモシロイ。ならばと今度は一味をかけてみると、ソレまでのどよんとイナタイ感じからキリッと締まった味わいへと表情を変える。 至ってシンプルな主食系ゆえ何色にも染まる。その母性溢るる懐の深さがハマリ系。

月見やわかめ、山かけなど具うどんもメニューに載っているが、当然汁ナシなのだろう。月見は釜玉風だろうし、わかめや山かけも想像はできる。で、俄然気になるのが「肉うどん580円」。汁ナシの肉うどんっていったい……??

伊勢うどん やまと茶屋:伊勢うどん(温)400円。福岡市中央区地行3-28-12。Pなし。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン103● うどん64●そば13● その他48
◎今月の総ジョグ距離:64km / 通年481km

Posted by heno at 14:43 | Comments [0]

2008年06月22日 日曜日

●もふもふシタヒッ……

いやはや正に、光陰矢のごとしで、あと一週間で今年も残すところ半年。こりゃウカウカしてられない!と今年後半の遊び計画立案に没頭する休日。イロイロ&アレコレ調べ&迷うも、とどのつまりは至ってオーソドックスなジョグ&山レジャー。

7月梅雨明け:くじゅう坊ガツル・キャンプ泊
8/30         :五島列島夕焼けマラソン
9月下旬     :くじゅう法華院・ススキ&日本酒&温泉泊
11/16       :下関海峡マラソン
12月         :宮崎青島太平洋マラソン

とりあえずは明日、下関海峡マラソンの申し込みをせねば……。

島そば◇島系本店 

豚骨帝都・福岡に「濃厚醤油豚骨」をウリにして1年半前にオープン以来、小まめなマイナーチェンジを繰り返しつつ、一歩一歩着実に前進してきた維新豚骨の雄、島系本店に新型夏麺登場。

昨年の「島そば」のタレを改良&麺を水で締めず釜揚げで出すという、2008年型島そば。てっきり極太麺で楽しめるのかと思いきや、「麺が固くなりすぎるので」とNG。

ノーマルの中太温麺をドンブリ底のタレと和えて食べる、最近流行の和え麺系。出てきた瞬間、ぶわっと香り立つ小麦粉臭には感動するも、おそらくラーメンと共通の醤油元ダレに練り胡麻を加えたシンプル味なタレが、芳醇麺に対し役者不足。

やっぱ、私にとって島系本店は、極太麺ラーメン+野菜大盛りの、もふもふと暑苦しい食感がベスト。

手打ち餃子をもろみで

タネはモチロン、皮も手打ちしての我が家餃子。
神戸ではポピュラーだと聞く、もろみ添えで喰らえば、
にひひっ、めっさ旨いヤン!焼酎に合い過ぎヤン!!

島系本店:島そば650円。福岡県糟屋郡志免町大字別府字カジ547-1。 11:00~16:00&18:00~21:00、月曜休み(月曜日が祝日の場合は翌火曜日)。Pあり。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン103● うどん63●そば13● その他48
◎今月の総ジョグ距離:64km / 通年481km

Posted by heno at 22:24 | Comments [5]

●お麺なブログWATCH ~つけ麺ブーム、うどんにも?!~

テツカメによると、唄う!手打ちうどん稲穂に「豚みそつけうどん」なる新メニューが。豚の角煮入りのピリ辛つけ汁で、うどんは冷 or 温のチョイスが可能のようだ。黒豚つけ麺とり玉軽穂うどんすじ釜と、数々の創作うどんを提供してきた稲穂の新作。宿題麺がまたひとつ増え、ウレシイ悲鳴!

俺コレ!によると、勘兵衛うどん@長者原に竹炭ブラックうどんなる新メニューが。「黒いうどん」は見てくれ的にはオモロ~だが、竹炭入れてうどんが旨くなるのだろうか……?

Posted by heno at 08:47 | Comments [2]

2008年06月21日 土曜日

●オモロ~麺ストリート

かつては「豚骨なきものラーメンでなし」であった博多が今や様変わり。ここ1~2年は、豚骨白濁スープではない所謂「否豚骨」のラーメン店がジワジワと新規オープンしている。福岡市西部の副都心、西新にも今月、「『ふ』と懐かしく思う。そんな『中華そば』……」がウリの新ラ店「ろっぽう」が開業。

ろっぽう 

オサレに仕上げられた土間&裸電球が照らし出すレトロ調の薄暗い店内。かつてはざっくばらんな雰囲気の沖縄料理居酒屋だった店内はがらりと様変わり。凝った演出から察するに、どこぞの外食企業が手がける新業態ラ店なのか?

店奥の2卓あるテーブル席のひとつに座り、壁に掲げてあるメニューを見ると、中華そばがチャーシューや、ワンタン、肉味噌、味玉など、具のバリエーションで5~6種と、担々麺。初ラ店はデフォルト、「中華そば480円」をたのむ。

中華そば◇ろっぽう

待つことしばし、運ばれてきた中華そばは美しく盛られた白髪葱が印象的。綺麗に澄んだ醤油色のスープを一口啜れば、ふんわりと優しい口当たりとともにジンワリ広がる鶏ガラだしらしき旨み。外連味は一切ナシ。シンプルだが包容力のある豊かな滋味がググッと我がツボ。

合わさる中太縮れ麺も、噛んだ瞬間「にちっ」と粘るコシ然り、更に噛み込んだ時の「しゃくっ」と解ける感じ然り、コレまた我がツボ。気持ちレアっぽく仕上げられたもっちりチャーシューもちゃんと美味。一見限りなくさりなくシンプルで無個性なのだが、その実、この何気なさこそ、このラーメンのコンセプトか?

この仕上がり&味わいで480円は十二分に割安感アリ。あっさり味派の長男も大満足。ならば次回は「味玉そば580円」か?それとも「エビわんたんそば680円」か??

それにしても、ココろっぽう然り、もみじうどん然り、二十三番然り、あま太郎然り。総延長わずか100m弱の西新おもしろ通り21に個性豊かな麺屋が4店。いっそのこと、オモロ~麺ストリートに改名してはイカガだろう?

中華そば ろっぽう:中華そば480円。福岡市早良区西新5-4-21-6。11:00~20:00、火曜休み。Pなし。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン103● うどん63●そば13● その他47
◎今月の総ジョグ距離:53km / 通年470km

Posted by heno at 12:43 | Comments [0]

2008年06月20日 金曜日

●お麺なブログWATCH ~新太麺二題!いざ啜らんっ!!~

行け!麺'sオヤジによると、以前より気になりまくっていたけごんらーめんの味噌風味つけ麺がついに正式デビューした模様。コリャ早々に機会を作って、いざ啜らんっ!

○博多の新店&新麺情報の定番、俺コレ!によると、島系本店に夏お約束のNEWバージョン島そばがデビューした模様。早速店舗HPをチェックすると、釜揚げ&和え麺タイプなのぉ?!コレまた出来るだけ早々に、いざ啜らんっ!!

Posted by heno at 22:42 | Comments [0]

●恋しや、和み麺

正に百花繚乱。アチラコチラへ気になる麺新店の開店ラッシュ。早々にでも次々と啜ってみたいところだが、なにせ仕事が超タボー。んで、つかの間の午後の休息に楽しめるのは、現場と現場の道すがら、時間をかけずサクッと啜れる昼麺のみナリ。

担々麺◇担々麺 仁

醤油ラーメンつけ麺とアタリ続きの仁@鳥栖だが、
満を持してたのんだ担々麺は、
芝麻醤の下に見え隠れする醤油スープの滋味がガッツリ我がツボ!
なれど、上部のラー油&辛味噌込みの担々麺として啜ると、
ちとパンチ不足かなぁ。

ベースの醤油スープの奥深さに比べ、如何せん上部の辛味が軽薄。
山椒を始めとする様々な香辛料の重層的な辛味が伴っていれば無敵。

エビわんたん麺◇担々麺 仁

対する、同行スタッフY川がたのんだエビわんたん麺は
そりゃもう、どエラク超美味!
お裾分けで啜ったスープは
エビわんたんから醸し出されているのだろうか?
滋味なるスープの味わいにナンともイイ加減にエビの風味が映り、

やっぽ、やぽぽ、ヌーブラやっぽぉ~~!!

あごだし麺◇五島軒

いわゆるリアル・ラ・フェチにとっては、きっと邪道。
んでも、旨けりゃナンでもアリの無節操麺馬鹿の我にとっては
グイッと、まんまツボ!

五島名物アゴダシに昆布、鰹節、干し椎茸に切り干し大根など、
目一杯「和」なダシてんこ盛りの創作中華そばが、ぐぅ~っ!
次回は新メニューのつけ麺か?それとも、ぶっかけ??

担々麺 仁(レン):担々麺600円。佐賀県鳥栖市京町711-23。 11:00~15:00&18:00~22:00、日曜休み。Pなし。

あごだし麺 五島軒:あごだし麺580円。福岡市中央区荒戸3-4-20 パークサイドアイビー2階。。 11:30~14:50&18:00~21:30、土曜休み。Pあり(ビル1階駐車場の1番、2番、3番、17番、23番)。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン102● うどん63●そば13● その他47
◎今月の総ジョグ距離:48km / 通年465km

Posted by heno at 22:07 | Comments [2]

2008年06月17日 火曜日

●また、く~かい?

第?次ラーメンブームの感ある昨今の福岡。市内及びその周辺各地で、個性的なオモロ~新店が続々と開店している。そして、もう一つ特筆すべきは新規開店うどん店の多さ。小麦粉やバターなど食料価格や原油価格の高騰による景気の閉塞感や、少子化、地球温暖化などの根本的解決策が見出せない諸問題。ナンともやるせない世の中だからこそ、母性溢るる大衆食であるうどんへの注目度が上がってきているということなのか?

かき揚げうどん く~かい 

今年の3月にオープンしたショッピングモール、クイズモールの2階にある「かき揚げうどん く~かい」。「ラーメンく~た」や「魂麺」などのFC麺ブランドを展開する大分県の(株)温が手がける、うどんに特化した新業態ブランドである。

メニューはぶっかけや釜玉など所謂讃岐うどんチックなものから、屋号に配されたかき揚げやごぼう天など、オーソドックスな温うどんまど幅広い品揃え。「初う店はごぼ天」が我が麺喰い信条ではある。が、屋号に配された「かき揚げうどん」を無視できるだけの度胸を、残念ながら私は持ち合わせていない。

かき揚げうどん◇かき揚げうどん く~かい

セルフ形式のオペレーション。カウンターでかき揚げうどんをたのむと、茹で置かれていた麺をテボで温め、スメの張られたドンブリへ。最後に揚げ置きのかき揚げをのせれば、あっという間に完成。

適度に乱れた麺線こそ手打ちの証。茹で置きのわりにはネッチリと粘るコシがナカナカに実直。スメも極力シンプル仕様。昆布をベースにあごダシなぞも少量加えてあるのだろうか、適度に華ある地味派手具合が面白くはある。が……。

「かき揚げうどん」と屋号に配したわりには意外とフツーなかき揚げは如何なものか?エンターテイメント・グルメの雄、ラーメンのFCを手がけているならば、せめて注文が入ってから揚げ出し、アッツ熱の揚げたてをスメにのせ、ジュワァ~と音を聞かせるぐらいの演出があってもイイのでは?

うどんもまじめに仕上がってはいるのだが、かき揚げを旨く食わせるには、博多王道の極上スメ&テロテロうの方が合う気がするが。同じ大分FCうどんでも、トリプル君の方が、役者が一枚上かなぁ。

かき揚げうどん く~かい:かき揚げうどん450円。福岡市博多区東那珂1-14-46クイズモール博多2階。11:00~22:30、無休。Pあり。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン100● うどん63●そば13● その他47
◎今月の総ジョグ距離:39km / 通年456km

Posted by heno at 14:42 | Comments [2]

2008年06月16日 月曜日

●キャット空中三回転

何の因果か、我が仕事は暇なときはエライ暇だが、忙しいときはトコトン忙しい……。もう少しおしなべて仕事があればと思うのだが、ナゼかそうはいかず極端にフレる。

んで、今日もイロイロあり、ヘトヘト。

にゃんぱられ~、旨い昼麺啜ってがんばんべぇ~!

ラーメン◇大ちゃん

いやはや、お見事。
ヌわんちゃないけど、ヌわんとも旨ひっ。

軽めの口当たりとともに
ふわふわと鼻周辺を漂う軽やかなる豚骨臭と、
適度に抑揚のきいた元ダレの旨み。

そして啜る度、ガサコソと唇を擽りつつ
しゅるると口に収まる細麺の食感。

コレぞ絶滅危惧種真性長浜拉麺也。


大ちゃんラーメン:ラーメン400円、替え玉130円。福岡市南区野間2-6。Pあり。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン100● うどん62●そば13● その他47
◎今月の総ジョグ距離:39km / 通年456km

Posted by heno at 14:27 | Comments [5]

2008年06月15日 日曜日

●旨いだけじゃダメですか?

これだけの客が入っているのに、ナゼ……。

豚骨ラーメン発祥の地・久留米で、否豚骨ラーメン一筋9年の麺菜酒家かつらやが、今月末で店を閉めるという。あいにくの雨空なれど店内は大盛況、順番待ちの列の最後尾に並び訝しむことしばし、空いた小上がり席の通される。

ラーメンは塩、醤油、味噌、鶏骨の4種類に+具のバリエーションで3種類。長男が塩、次男が味噌、そして私は鶏骨をたのむ。

かつらや

待つことしばし、運ばれてきたラーメン達はいずれも、超イケ麺~~!(←狩野英孝調で)。端正に盛りつけられた3種のラーメンの美しさに旨さを確信。さぁさぁイタダキま~す。

鶏骨ラーメン◇かつらや

私が頼んだ鶏骨ラーメンは、表面に早くも膜を張ったスープが迫力満点。コリャナカナカ手強いかもと若干腰が引けつつも、レンゲズズッと一啜りすれば、まるんっとマイルドな口当たりとともに、ナンとも柔らかに広がる鶏ガラダシの豊かな旨み。

鶏白湯スープと言えば天下一品を思い出す。が、味のベクトルこそ同じなれど、かつらやのコレの方が断然我がツボ。恐らくこまめにアクをすくい、余分な脂は取り去ってあるのだろう。外連味は一切ナシの優しくまろやかな旨みに、思わずホッとため息一つ。

合わさる麺は中太偏平麺。スルッと口に収まるも、噛み込むと「むりんっ、ぷりんっ」と口の中で踊る様が可愛らしい。トロンととろけるチャーシューと、シャキッと弾けるシナチクと水菜もチャンと美味。店主の丁寧な仕事の跡をソコカシコに感じる誠実美味にひたすら感服。

味噌ラーメン◇かつらや 

ひとしきり鶏骨を食べたところで次男の味噌ラーメンを一筋分けてもらうと、これまた旨し。濃密なる味噌の風味と中太縮れ麺の取り合わせがナンともストロング!ぐいっぐいっとカブリよってくる密なる旨みがコレまたタマランぞぉ~!

塩ラーメン◇かつらや

そして、ビックラこいたのが塩ラーメンの底力。端麗味の塩ラーメン、鶏骨に味噌と濃密なる旨みの直後では、ほとんど味を感じないのが普通だが、いやいやどうして。口に残った密なる旨みをサッと流し去り、すかさず自らの旨みを控えめに、かつ明確に主張する様が、正に天晴れ。

これだけ旨いのに、ナゼ……。

おそらくは店主の味に対するこだわりが原因か。スープだけでも4種類。さらに麺もスープに合わせて数種類用意すれば、自然原材料のロスもかさむのでは。いくら旨いラーメンを作っても、チャンと利益が残らなければ経営は立ちゆかない。

閉店までわずか半月の正真正銘期間限定美味ラーメン。まだ啜っていない麺馬鹿さん、是が非でも食されることをオススメいたします。

久留米荘グルメシティ店

久留米といえば久留米荘。
本店も美味だったが、お初のグルメシティ店も文句なし!

ごぼう天うどん「◇久留米荘グルメシティ店

大鍋張られたスメにうどんを投入し、思いっきり強火で煮込んでいたのか……。

オープンキッチンで作られる様をつぶさに観察し、
スメ表面に浮かぶ気泡の訳を知る。
普通、ダシを沸騰させると香りが抜けてしまうと
あまたのうどん店はスメを徳利に入れ湯煎で温めたりしているが、
久留米荘のダシはヤワじゃない。
恐らく目一杯削り節を投入してダシをとってあるのだろう、
運ばれてきた瞬間、むせるほどに香り立つダシの香りが感動的!

噛み込んだ瞬間に、
てろんと解けてしまうヤワヤワうどんとの取り合わせが、
うしゃしゃとオモロ~!
うんうん、やっぱワタシャ好きです、久留米荘のごぼ天うどん!!

麺菜酒家 かつらや:塩、味噌、鶏骨らーめん 各600円。久留米市国分町1152-1。 12:00~15:00&18:00~21:00、今月末で閉店(17~19日&27日夜営業は休み)。Pあり。

久留米荘グルメシティ店:ごぼう天うどん430円。福岡県久留米市中央町14-1グルメシティ1階。10:00~18:00、無休。Pあり。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン99● うどん62●そば13● その他47
◎今月の総ジョグ距離:39km / 通年456km

Posted by heno at 13:54 | Comments [4]

2008年06月14日 土曜日

●味に歴史あり

最愛の老舗ラーメン店に後継者がいなかった。大好きなこの味を途絶えさせてはなるものか。会社が休みの毎週土曜日、早朝から店に通い、見よう見まねでラーメン作りを学んだ。そして、ちょうど5年前の6月14日、彼はラーメン店「黒門」を開業した。

ラーメン◇黒門

私は開店当日の彼の表情を忘れない。自らの夢が叶い、一国一城の主となる晴れの日なのに、表情は暗く、明らかに落ち込んでいた。彼が理想とするラーメンと、当時の彼が作り得るラーメンとの味わいのギャップに、苦しんでいたのか。

あれから5年。彼の表情は生き生きと光り輝いている。きっと試行錯誤の連続だったことだろう。絶え間ぬ努力が作り上げた独特滋味ラーメンが五臓六腑にシミジミと染み渡る。

クモさん、開店5周年おめでとうございます。
これからもずっと、この美味ラーメンをお願いします。

 

栄軒 

黒崎の繁華街のはずれに「昭和19年創業」と染め抜かれた暖簾。
昨年、500mほど離れた黒崎商店街から移転してきた栄軒。

支那そば(並)◇栄軒

北九州名物・蒸し麺を雪平鍋に張ったスープで煮込んで作る支那そばは
ぽわんぽわんと軽やかに弾けるコシがナンとも独特。
かつての店舗を閉店後、アチラコチラで亜流が増殖中。
そのうち本家争いみたいなことに発展しなければよいのだが……。

南京ラーメン黒門:ラーメン550円。福岡県遠賀郡遠賀町島門2-12。 11:00~19:00、 月曜&3rd日曜休み。Pあり。

栄軒:支那そば(並)500円。北九州市八幡西区藤田1-4-10。Pなし。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン98● うどん61●そば13● その他47
◎今月の総ジョグ距離:39km / 通年456km

Posted by heno at 23:48 | Comments [2]

●お麺なブログWATCH ~つけ麺続々~

外・飯Blogによると、福岡では希有な味噌ラーメン専門店・けごんらーめんに、待望のつけ麺が変則デビューした模様。まだまだ開発途中のβ版でメニューには載っていないが、頼めば食べられるらしい。あの美味太麺と味噌風味の温つけ汁の取り合わせが興味津々。β版を啜るべきか、正式デビューまで待つべきか…。それが問題だぁ。

それなりに…によると、行橋にもつけ麺と支那そばをウリにする花*花なる店が営業している模様。写真から判断するに、麺は氷水漬けの素麺タイプ。さらに温つけ汁は鴨汁らしい。コレまたナンともオモロそう……。

Posted by heno at 22:16 | Comments [0]

2008年06月13日 金曜日

●さすがの土着麺

昨夜は楽しい飲み会=深酒=二日酔い=昼麺はうどんモード……。で、昨日に引き続いての大牟田日帰り出張、午前中の打ち合わせを終え向かったのは飩平庵。おいしいご飯によると、あずみうどん、大力うどんと並ぶ「大牟田3大うどん」で、しかもしかも「大牟田で一番太い麺」で、「めっちゃ男前」なのだとか!

飩平庵 

住所を頼りに訪ねると、熊本県荒尾市との県境にほど近い湾岸幹線道路沿いに「飩平庵」の白い暖簾。店頭に10数台の駐車スペースを持つ郊外型大型うどん店である。

正午過ぎ、広めの店内は既に8割方客で埋まっている。そして次々と途絶えることない来客。なるほど地元ではよく知れ渡った有名人気店のようだ。「かけうどん200円」を筆頭にいずれも割安感のある20種ほどの豊富なメニューも人気の一因か?

ごぼう天うどん◇飩平庵

なるほど、こりゃ「男前」だぁ。

ほどなく運ばれてきたごぼう天うどんは、幅1センチほどの偏平太麺。麺線の整った、シュッと伸びやかなる姿がナカナカに鯔背。いつもはスメから楽しむのが我が麺喰い流儀だが本日は予定変更、箸でうどんを一筋ズズッと啜れば、むちむち、むっちりぃ~と尾を引く粘りゴシがナンとも艶やか。しかも、更に噛み込むとキシキシと密度感のある素朴なコシが顔を出す。讃岐系のそれとはまた違った、素朴系オモシロ二枚腰が、ナンとも極楽美味。

20080613_002

合わさるスメは昆布メインの素朴な風味。気持ち強めの塩気で整えられたシンプルな味わいであくまでも脇役に徹し、主役のうどんの旨さを際だたせている。ガリッと香ばしいごぼ天を時折囓り、ズルズル、むちむち、むっちりぃ~、キシキシキシ。食べ応えあるうどんをシミジミと楽しみつつ完食すれば、二日酔いもすっきりと完治。さぁさぁ午後からも気張って働きまっせぇ~!

飩平庵;ごぼう天うどん380円。福岡県大牟田市樋口町2-9。10:00~21:00、火曜休み。Pあり。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン98● うどん61●そば13● その他47
◎今月の総ジョグ距離:39km / 通年456km

Posted by heno at 12:15 | Comments [6]

2008年06月12日 木曜日

●ハラショー!

雨後の筍よろしくアチコチと新ラ店が続々開店している福岡に、コレまたオモロ~なラーメン店がオープン!ユゲさん情報を頼りに訪ねると、福岡都心のエアポケット、今もイニシエ商店街の面影を色濃く残す赤坂市場に、黄色の手書き看板。

まんぼ亭

メニューは「博多コクとんこつらーめん600円」、「和風味とんこつらーめん600円」に「温つけ麺800円」。そして店の屋号の上には「赤坂究極の隠れ家 屋台小屋」とのキャッチコピー。

20080612_008

ナニやら面白そうだなぁと奥へ進むと、

わぁお!?本当に屋台小屋やん……。

以前は市場の共有スペースだったのか、アーケードの屋根が切れ露天のスペースの一角に木造の屋台小屋。ナンともディープな立地に心躍りつつ入店すれば、ガッツリ元気なお母さんと色白ロシア娘が

「いらっしゃいませぇ~!」

聞くと、おすすめメニューは温つけ麺、お母さんは北海道小樽の出身で1ヶ月前にこの店をオープン。店員にロシア人親子を雇い、奥の厨房でラーメンを作る男性は「博士」だそうだ。ナニからナニまで謎めいたオモロ~話を交わしつつ、温つけ麺の出来上がりを待つ。

つけ麺◇まんぼ亭 

運ばれてきた瞬間、ぶわんと香り立つ豚骨臭。ほうほう、店造りの怪しさとは相反しコリャ意外と本格的だぞと、冷麺をザブンと温つけ汁に潜らせズズッと啜れば、ぶわんっと広がる豚骨&魚粉の風味。最近ありがちの魚粉系豚骨醤油風味なれど、豚骨だしの勝ち具合がなかなかイイ感じ!

麺はうどんを一回り細くした感じの極太タイプ。噛み込む度にむりん、むりんと口の中で踊る感じが愉快愉快!付け合わせの太モヤシの存在こそカナリ「?」だが、トータルによくまとまった正統派。いやはやなんともハラショーな一杯、次回は「博多コクとんこつらーめん」だなっ!

ラーメン◇光華園

昼は光華園@大牟田でド豚骨。
店中に充満する豚骨臭を楽しみつつ啜る濃厚豚骨ダシが悦楽!

 

まんぼ亭:つけ麺800円。福岡市中央区赤坂1-9-18。11:30~14:30&17:00~23:00。Pなし。

光華園:ラーメン450円。福岡県大牟田市東新町1-5-15。11:00~23:00、月曜休み。 Pあり。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン98● うどん60●そば13● その他47
◎今月の総ジョグ距離:39km / 通年456km

Posted by heno at 21:55 | Comments [4]

2008年06月11日 水曜日

●目からウロコ

春日市の住宅街の一角に昨年オープンしたチャンポン専門店「ちゃんぽんならここ」。強気な屋号に店主のチャンポン作りに対する情熱が現れている。確かに、先日食べたチャンポンは、和洋中の旨みが混在したオモシロ創作系な一杯だった。そんな「ちゃんここ」に先月末、夏向けの新メニューが登場。その名は「冷ちゃんぽん」!

ちゃんぽんならここ 

店頭の張り紙によると「焼豚、味付卵、茹で野菜、魚介。酸味のあるサッパリ味の自家製だれで仕上げました。」とのこと。ということは、中華冷麺タイプなのだろうか?

冷ちゃんぽん◇ちゃんぽんならここ 

ほどなく運ばれてきた冷ちゃんぽんはタレ少なめの、最近流行の和え麺系。箸で底のタレとチャンポン麺&具をぐちゃぐちゃと良く和えて、ズズッと一啜りすれば、タレは胡麻の風味がきいた甘酸っぱい味わいで中華冷麺チック。奥にかすかに感じる風味は梅肉か?どこか和のテイストも感じるミクスチャー感覚がオモシロイ。

だがしかし、ソレよりナニよりオモシロイのが冷チャンポン麺の食感&味わい。気持ち太めの麺は、噛み込むと、「むっちりぃ~」と艶っぽく粘るコシがタマラナク超オモロ~~!!巷のうどんとや中華麺とは明らかに異なる、独特なるこのコシは正に曲者。そして、噛み込むほどに広がる自然なる粉の甘み。店自慢の自家製生麺だからなしえる味わいか?冷たいチャンポン麺がコレほど旨いとは、正に目からウロコの味わいに、もう一口、更に一口と箸が止まらない!

添えられた細かく刻まれた茹で野菜と魚貝が、食感&味わいの好アクセント。「むっちりぃ~」の合間に顔を出す「パリッ、シャキッ」が、うししと愉快。途中、途中で薄味がつけられた焼き豚や味付き玉子を囓りつつ、ズルズルズズッと8割方啜ったところで、卓上のラー油を数滴かけてみる。と、あら不思議!中華×和なテイストだったタレが、甘酸っぱ辛いタイ料理チックな味わいにドロンと変身、新たな旨みが顔を出す。

700円は決して安くはない。が、ついつい納得させられてしまう説得力ある創作独自味に感服。14時まではランチサービスあり。プラス50円で、麺の量を2倍にしてくれるという。うん、次回は是非とも麺2倍でイクぞっ。

ちゃんぽんならここ:冷ちゃんぽん700円。福岡県春日市紅葉ヶ丘西2-1。11:00~20:30、不定休。Pあり。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン97● うどん60●そば13● その他46
◎今月の総ジョグ距離:39km / 通年456km

Posted by heno at 12:47 | Comments [3]

2008年06月10日 火曜日

●高密度MAX!

太宰府の得意先へ打ち合わせに向かう道すがら立ち寄った水城らぁ麺。チャンポンの盛りが良いと聞いてはいたが、噂に違わぬ、いやいや噂以上の異常なる超大盛りぶりにウレシイ悲鳴!

チャンポン◇水城らぁ麺

札幌ラーメン・タイプの容量のデカイどんぶりに、そりゃもう溢れんばかりの具。だがしかし、かのチョモランマちゃんぽん@わたなべと比べると具の高さは半分ほどだし、まぁまぁ大したことはないようだと高をくくるも、コレが大間違い。

チョモランマちゃんぽんの具はほとんど生に近い状態の野菜だったので、高さはあるが密度は低い。それに対し、このチャンポンは具にしっかり火が通してあるので、くったりとした野菜がびっしりと高密度で盛られているのである。だからい食べても食べても底から沸き出し、なかなか麺に到達できないノダ!

うぬぅ、ならばと具を半分ほど食べ終えたところで、箸をドンブリの底深くへ突き刺し、えい、やー、とー、と麺を掴み上げ、ぐわしと具と混ぜ合わせ口へと放り込み、ガツガツ喰らう。

ラーメンの麺と同様にチャンポン麺もカナリ美味。気持ち細めながらも、ほわんほわんと軽やかにはねるコシが、あな楽し。ダシのきいたスープのしつこすぎないトロリ加減も我が好み。途中、卓上に置かれている胡椒や辛味噌、紅ショウガで味の変化も楽しみつつ、ただひたすらにワシワシと咀嚼する快楽よ。

食べ始めて10分、売られた喧嘩は買わねばならぬと麺&具はモチロン、スープの一滴残さず完全完食すれば、そりゃもう腹がハチ切れんばかりに超満腹。昨日の大安ラーメンのチャンポンの2倍の量は優にあったのではないだろうか。コレだけボリュームがあって、しかもコレだけ旨くて600円は超リーズナブル価格だなぁと精算しようとすると、奥の席で食事を終えた先客が、

「精算してぇ。チャンポンとめし大盛りねぇ。」

この超バカ盛りチャンポンに加え、めしの大盛りまで食べたのかぁ……。スンマセン、修行が足りませんでしたぁ。顔洗って出直しマス。

水城らぁ麺:チャンポン600円。福岡県太宰府市水城3-4-24。11:00~23:00、不定休(6月は12日と24日が休み)。 Pあり。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン97● うどん60●そば13● その他45
◎今月の総ジョグ距離:39km / 通年456km

Posted by heno at 12:51 | Comments [1]

2008年06月09日 月曜日

●麺も人も、コシ

おそらくは先々週末の麺ポタ。何せ久方ぶりなのだとルンルン気分。で、グイグイと軽快に走るろうとスポーツサイクリングモード、小径輪BG-1のサドルを目一杯高い位置にセッティングしたのが運の尽き。結果、地面の段差のショックを全て腰で受け止めてしまい、オンボロボロロ……。

んで、徐々に加速度的に腰の状況が悪化し、先週末にピークを迎える。ちょっとした負荷に腰が異常に繊細に反応、ピキピキと痛み大爆発寸前状態でハラハラドキドキ。

そんなこんなで先週末はひたすら安静&養生に努める。その甲斐あってか今日はほんの少し調子が上向き。

いやはや情けない。正に、年寄りの冷や水。
こうなりゃジョグで徹底的に腰を鍛え直すぞぉ!

チャンポン◇大安ラーメン

体が弱ると心が弱る。
腰痛でナーバスな気分を払拭するには大衆系。
豚骨だしとラード、化調の絶妙なるバランスと
てんこ盛りの野菜の具。
そして相変わらずの艶っぽい柳腰チャンポン麺。

腹も心も満腹&大満足の大衆美味麺に、感謝。

大安ラーメン:チャンポン600円。福岡市中央区高砂1-12(FBS新社屋の道向かい)。Pなし。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン97● うどん60●そば13● その他43
◎今月の総ジョグ距離:30km / 通年447km

Posted by heno at 23:54 | Comments [3]

2008年06月08日 日曜日

●お麺なNEWS ~ノッてるノッてる!~

○別ブランド・ラ店元助を出店したりと絶好調の一幸舎が、中洲店、博多駅店に続き、今度の金曜14日に大野城に新支店をオープン予定とのこと。大野城市筒井4-21-10。

ガインと豚骨ダシのきいた超豚骨ラーメンが喰いたくて
わざわざ我が家から50キロ弱も車を走らせるも、
久方ぶりの某店のラーメンは以前の印象とは全く別物。
所謂、普通に美味しいアリがち豚骨に、がっくし涙……。

一昔前と違い格段に出来が良くなった東南アジア即席麺。
乾麺の出来もさることながら
ベトナム即席麺定番の
粉末スープと香味油と粉唐辛子の組み合わせにも
以前よりグッと味わいに改良の跡が。

そしてコチラは商品名通り、味わいは正に「鶏汁」。
こりゃそんじょそこらの国産袋麺より数段旨い!と大感激。

マルちゃんの廉価版きつねうどんは
ヘンに頑張りすぎてない分
本家赤いきつねより格段に我がツボ!

手を変え品を変え、次々と新カップ麺を投入してくる
業界王者・日清なれど
この天津風麺はカナリはずしたかと……。

まぁしかし、どんだけ新商品開発を課せられているのかは知らないが、
力うどんならぬ力チキンラーメンって、どうなんでしょう……。

あの名作、「長崎チャンポン」のマルタイが放つ
創作チャンポン・カップ麺は
とろんとあんかけの醤油スープがイイ感じ。
でもコレって、無理矢理ちゃんぽんとして売るより
素直に広東麺として商品化した方が良かったのでは?

 

かつては歳末の年越し蕎麦需要を見込んで発売されていた
日清江戸そばだが、
最近は商品多品種化の流れに沿って、通年お目見え。

ぐわんときいたニンニクと迫力アル酸味がインパクト大だが
合わさるうどんは所謂普通のカップうどん。
いっそのこと片栗粉系でコシを演出した
韓国うどん=カルグクス麺だと目一杯オモロ~なのだが。

国内産小麦で打った自家製うどんで生醤油うどん。
コシは弱いが味わいはソリャもうマーベラス!
ちと加水率が高すぎたようで
包丁で切った生地が再びくっつき、見た目はカナリ不細工なれど
ふと小島屋@東村山のうどんを思い出す素朴な味わいには、我ながら感心。

  ならばと、津田屋官兵衛の今は亡きメニュー
つけとろ釜揚げ素朴うどん」をリスペクト。
地粉&釜揚げならではの香り立つ素朴な風味と
コレまたイナタイ山芋とろろの素朴な味わいのコラボが
そりゃもうタマランですバイ!

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン97● うどん60●そば13● その他43
◎今月の総ジョグ距離:30km / 通年447km

Posted by heno at 21:09 | Comments [0]

2008年06月07日 土曜日

●『軒』の塩

シンプル。だから、奥深い。それが塩ラーメンの魅力。

昨日、東京池袋発の塩ラーメンを啜りつつ、ふと思い出した関東軒@唐津の新メニュー、和風ラーメン。同じく唐津のラーメン店、様式美麺れいんぼ~店主のブログによると、塩ラーメン仕様とのこと。東京発のモダン塩と唐津老舗の塩の食べ比べもまた一興かと、GO WEST。

和風ラーメン◇関東軒 

シンプル。だから、何色にも染まるということか。

和風ラーメンをたのむと、麺オンリー or  麺(通常の半分の量)とワンタンのどちらにするか聞かれる。ワンタンを入れるとスープの味が変わりそうなので麺オンリーをたのむと、今度は乗せる具をシナチクにするか、メンマにするか聞かれる。コレまたメンマだとスープの味が変わりそうなので、シナチクをたのむ。

さすがに老舗、燻し銀な仕上がりだ。

限りなく透明なスープは、獣系のダシの押しの強さと、魚介系のダシのフワリと優しい旨みの取り合わせがストレートに舌にのる芳醇滋味。奇をてらうことなく、丁寧な仕事で正攻法に素材の旨さを引き出した誠実味。まるきゅうと味のベクトルは同じだが、店の歴史の違いが味の厚みの差となって現れている。

うどんより一回り細めの自家製偏平麺のモッチリとした食感も相性よし。支那そばや豚骨仕立てのラーメンより、麺の出来の良さがストレートに楽しめる。

よっし、次回は麺&ワンタンで再食だ。

ごぼう天うどん◇ふく福うどん

巨大ごぼ天が楽しめるとどこぞのブログで読んだ記憶を頼りに
久方ぶりにふく福へ。
大地のうどんのそれとは違い俯瞰では普通のごぼ天だが
その実、厚さが半端じゃない。
箸でつついて崩せど崩せど、いつまで経ってもなくならない……。
調味された衣で喰わせる正統イニシエ系ごぼ天に、腹一杯。

関東軒:和風ラーメン600円。佐賀県唐津市和田本村2-1。11:00~17:00、不定休。Pあり。

ふく福:中華そば450円。佐賀県唐津市唐津市南城内2-5。11:00~19:00、火曜休み。Pあり。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン92● うどん56●そば12● その他42
◎今月の総ジョグ距離:30km / 通年447km

Posted by heno at 12:05 | Comments [2]

●お麺なブログWATCH ~伊勢うどん、ついに福岡上陸~

○新店情報王・俺コレ!が、またもスクープ!伊勢うどんの専門店が来週オープンとのこと!!和歌山県伊勢の土着麺、伊勢うどんは、極太やわやわうどんを濃口たまり醤油タレで和えて食べる汁ナシうどん。こりゃ是非とも早々に啜ってみたひっ!

○丁寧仕上げの創作系チャンポンが美味だったちゃんぽんならここに、「冷チャンポン」なる夏メニューが登場した模様。冷麺タイプの甘酸っぱい醤油ダレ仕様か?それとも、冷たいスープのチャンポンなのか??コレまた近々啜ってみたひっ。

Posted by heno at 08:06 | Comments [2]

2008年06月06日 金曜日

●端麗 sio

上川端の得意先へ届け物を持って行ったついでに、ズズッと昼麺。今週水曜にオープンした東京池袋発の新ラ店、まるきゅうへ。

まるきゅうらーめん 

住所を頼りに訪ねると、ゲイツビル裏の路地に「塩そば専門店」の白い看板。そして店頭の黒板には

「当店、塩のみです。とんこつ食べたい方は他へどうぞ。
ラーメン界の大御所 佐野実氏も納得したこの味。ぜひ一度御賞味あれ。」

はいはい、それでは御賞味させていただきますと暖簾を潜ると、入り口横に食券販売機。ラーメンが塩そばと鶏そばの2タイプ×それぞれ具のバリエーションが6~7種。塩は透明スープのあっさりタイプ、鶏は最近流行の鶏白湯とのこと。初ラ店はデフォルト、塩そばのボタンを押す。

塩らーめん◇まるきゅうらーめん

ほどなく出てきた塩そばは、澄んだ黄金色のスープと、コレまた黄金色の細麺がナカナカの美人。まずはスープとレンゲで一啜りすれば、フワリと鼻へ抜ける柔らかな鶏油の香りと、優しく舌にのる鶏ガラだしの甘き風味。どこぞのブログには濃い味タイプとあったが、今日のスープはドンピシャ私好みの薄味滋味。なにせオープンしたばかり、味にぶれがあるのだろう。

合わさる麺は、噛む度に正に音がしそうなくらいにパリン、パリンと弾ける独特なコシが超オモロ~。葱の上に載った干し貝柱と、卓上に置いてある柚子胡椒で味の変化を楽しみつつ、ズズッと完食。

スッと腹に収まる、まとまりのある一杯である。が、唯一の「反逆児」がチャーシュー。厚さ1センチ弱の厚切り炙りバラ肉チャーシューはゴチゴチした食感が、まるでベーコン。せっかくの端麗味ラーメンに、強烈に己の存在を主張するコノ手のチャーシューはいかがなものか。沖縄のスーチキみたいなあっさりチャーシューの方が相性が良い気がするが……。

とは言いつつも全体的にはカナリ我がツボ。日本有数のラーメン激戦地区、東京池袋で行列を作るという、強気価格700円の塩ラーメン専門店の行く末や如何に?

まるきゅうらーめん:塩そば700円。福岡市博多区中洲3-7-33。11:30~15:00&17:30~27:00、日祝休み。Pなし。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン91● うどん55●そば12● その他42
◎今月の総ジョグ距離:30km / 通年447km

Posted by heno at 11:52 | Comments [0]

2008年06月05日 木曜日

●お麺なブログWATCH ~またも極太麺登場~

○一風堂塩原店が期間限定の鶏塩ラーメンを販売。魚介系豚骨醤油とともに最近流行の鶏白湯スープと、これまた最近流行の極太麺(!)の取り合わせなのだとか。太麺フェチの私としては啜らんわけにはイカンでしょう!

博多経済新聞によると、ラースタの5店舗が今月末までの期間限定でミニラーメンを提供中とのこと。拉麺劉、新福菜館、中華そば 郷家、気むずかし家、むらさき食堂の5軒で各店を代表するラーメンを、通常の半分のサイズで、価格は1杯300円。

○拙ブログへ寄せて頂いた名無しさん情報によると、粕屋町大字内橋405-13に、明日6日(金)「めんや輝(ひかる)」なる博多ラーメン専門店が、オープンとのこと。6日&7日はオープン記念で、ラーメン一杯600円が半額の300円との事。

Posted by heno at 21:15 | Comments [1]

●1144分の1のシアワセ

ipod nanoに入っている1144曲をランダム再生にして、走る。と、自分で入れたことを忘れていた懐かしい曲が突如流れ出し、いたくシミジミすることが、しばしある。

昨日朝、いつものコースを走る。姪浜から小戸へと渡る太鼓橋の坂をぜぇぜぇと喘ぎつつ登っていると、突如耳元で鳴り出すアノ哀愁のギターフレーズ。

おお、Led Zeppelinの"Stairway To Heaven"かぁ……。

1971発表のアルバム"Led Zeppelin Ⅳ"に納められた、言わずと知れたツェッペリンの代表曲。いや、ロック史上に残る名曲のひとつ。

邦題は「天国への階段」。我も目下の目標であるサブ・フォー=3時間台でフルマラソン完走という理想の天国へ向け、一歩ずつ階段を登るのだ!と、ジワジワと沸き出でるヤル気を胸に、静かに燃えつつ一歩一歩駆け上りる。と、坂の頂上から駆け下りてくる大男一人。黒ずくめのサウナスーツに身を固め、スタスタと軽快に駆け下りてきたかと思いきや、「うっす。」と一言。

ナンだぁ、かぁ。

朝っぱらからむくつけきモジャモジャと出会うとは……。せっかくの1144分の1のシアワセが台無しだわさ。

ラーメン◇元助

 

元助のラーメンは、ギンギンにきいた煮干しの風味と
クイッときいた豚骨&鶏ガラだしの塩梅がドンピシャ我がツボ!
かすかに粘度を残すのみの自然な脂具合もエエでんなぁ。
ただ、シャキッと美味なる今時味の中太麺がイタダケナイ。
この素朴味のスープには、もっと朴訥とした麺が似合う。
それとつけ麺の時と同様にチャーシューが固すぎる。

とある情報筋によると
近々醤油ラーメンがデビューとのこと。
この煮干しダシの醤油ラーメンなら是非とも啜ってみたいが
是非ともその際は柔らかめのチャーシューを!

博多元助:ラーメン650円。福岡市中央区薬院2-2-4。11:30~22:00、不定休。Pなし。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン90● うどん55●そば12● その他42
◎今月の総ジョグ距離:21km / 通年438km

Posted by heno at 14:11 | Comments [5]

2008年06月04日 水曜日

●麺神我に微笑む

朝一番の博多駅での打ち合わせを終え車で帰社する道すがら、元祖支店前を通過。すると突如、麺神からのお告げアリ。

「汝、帰社したら夕方までみっちり忙しくて昼麺啜る暇なんかおまへんでぇ~。
サクッと元祖啜っといた方が、エエんとちゃうん?」

あいあいさぁ、あいあいさぁ。麺神様のお告げとあらば逆らうわけにはイキませぬっ、とハンドルを切る。

20080604_001

 

アレほどイヤだった支店の店頭の食券販売機だが、徐々に抵抗感が薄れつつある自分にふと気付く。本店が閉店して早2ヶ月。我が麺心は、この異常にでっかいボタンを押さないと元祖のラーメンが食べられてない現実を、知らず知らず受け入れてしまったようだ。

ラーメン◇元祖長浜屋支店

黙って座れば、スッと出てくる。いつも通りのオペレーションで差し出されたラーメンは、コレまたいつも通りに不味いのだろうなとズズッと啜れば、

う、ううん?ズズッ………。うん!うんうんうん!!今日は大当たりぃ!!!

スッと軽やかな口当たりなれど、遅れてクイッと顔を出す豚骨ダシの猥雑なる旨み。そして、ススッと唇を擽りコリッと弾ける、まるでヒネモノの素麺チックな麺の食感。更に、いつもは素っ気ない味わいのボロ肉チャーシューにまで、キチンと塩味が調味されているではないか……。

本店閉店前の2月くらいからハズレなし状態が続く元祖だが、心の底から叫びたい。今日のコノ一杯はちゃっちゃくちゃらに旨い!旨い!!旨い!!!

20080604_00320080604_004

夜はもみじうどんで飲む。生からすみや塩辛などの王道アテもナカナカだが、厚揚げに納豆とゴマ塩が添えてあったり、タコ刺しがオリーブオイルがかかったカルパッチョ仕立てだったりと、一手間加えた創作滋味系のアテも、ドンピシャ我がツボ。

20080604_005 20080604_007

そして焼き枝豆が異常に美味。島らっきょうやビーナッツ豆腐など、沖縄料理のアテも充実していて、酒が進む進む。日本酒に始まり、焼酎、泡盛、電気ブラン、瓶ビールとアテに合わせイロイロ飲んで、さらに〆にうどんを啜って3人で12000円アンダーは超納得価格。

えび天ぶっかけ◇もみじうどん 

我が〆うどんは、えび天ぶっかけ。
店自慢のとぅるとぅる麺は冷でも旨しっ!
温で食べたときとは全く異なるぷりんぷりんなコシと
にちにちと解けるヒキがタマラン美味。
桜エビのかき揚げのガリガリ感&濃密なる旨みとともに
ずる、がり、ずる、がり、あぁ極楽!

 

元祖長浜屋支店:ラーメン400円。元祖長浜屋支店:ラーメン400円。福岡市中央区長浜港1-2-1。24時間営業、年中無休 (12月31日~1月5日のみ休み)。Pあり。

もみじうどん:えび天ぶっかけうどん(価格失念)。福岡市早良区西新5-6-2。11:30~24:00、無休(居酒屋は月曜定休)。Pなし。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン90● うどん55●そば12● その他42
◎今月の総ジョグ距離:21km / 通年438km

Posted by heno at 09:46 | Comments [4]

2008年06月03日 火曜日

●またもオモロ~な無国籍和え麺

午後からの吉井町での打ち合わせを前に、サクッと昼麺。かねてからの宿題店である拉麵林家へ向かう。

林家

 

大分県日田市が本店の拉麵林家の吉井町支店。ずっと気にはなりつつも、我にとって吉井で麺といえば、井戸。で、ついつい等閑となってしまっていた店だ。

正午過ぎ、広めの店内は8割方客で埋まっている。地元じゃ人気の店のようだ。

席に座りメニューを見ると、おお残念。つけ麺が載っていない……。

むむちゃんの人生確変で行きたいのリポで知り、いつかは啜ってみたいと思い続けていた期間限定メニューつけ麺は、とっくのとうに終了したのか。うぬぅ、ならば素直にデフォルトのラーメンをたのもうかとメニューから視線を上げると、壁に「期間限定 特盛冷麺」の写真入り張り紙。具がてんこ盛りでナニやらオモロ~な麺の予感がビシバシと…。よっしゃ、コレでイクかぁ!

特盛冷麺◇拉麵林家 

待つことしばし、運ばれてきた特盛冷麺は正に特盛り。ドンブリの上にうずたかく盛られた太モヤシの脇には、トロンと黄身が旨そうな半熟玉子に、角切りチャーシューと中華麺の定番の具。そしてさらに、ネギに、天かすに、花鰹と、ぶっかけうどんチックな薬味類までのっている。そして、普通の冷麺では常識の、麺がひたひたになるくらいに注がれているはずの汁が見あたらない。 どうやら最近流行の和え麺系冷麺のようだ。

ほうほう、こりゃオモシロイぞぉ!むんずと箸を差し入れ、ドンブリの底からぐちゃぐちゃに、麺と具と底の汁を渾然一体に掻き混ぜ合わせズズッと啜れば、如何にも中華冷麺チックな甘酸っぱい味わいとほのかにきいたニンニクの風味。そして、麺を噛み込む度に、ふわっふわっと香り立つこの風味は、カレー……?そう言えばエラク麺が黄色いが、ひょっとしてカレー粉を練り込んだカレー麺なのかぁ。

カレーの風味が加わることで、あら不思議。それまでは中華冷麺チックに感じていた甘酸っぱい汁の印象が、一変し、タイ風エスニック風味へと様変わり。太モヤシの上にふられた唐辛子の辛みも加わって、アロイ、アロイ!コレにスイートチリソースなどかけて食べたら、もっともっと旨いかもっ!

そして、あえて固茹でしたのだろう、キリッと醤油ダレのきいた角切りチャーシューの存在感ある噛み応え&トロンと甘い半熟玉子は中華。さらに、揚げ玉の甘きコク&花鰹の華ある風味は和風。カレー麺とさまざまな具&薬味が織りなす無国籍摩訶不思議味が、イヒヒと曲者!

昨日の担々麺 仁@鳥栖のつけ麺に続き、コレまた唯我独尊的独創的オモロー麺との出会い。イニシエ系滋味のみならず創作系までも、今、福岡都心より郊外、もしくは県外の方が超オモロ~!?

拉麺林家 吉井店:特盛冷麺600円。(ランチ価格:火曜から金曜の11:00~14:00は味噌豚骨以外のラーメンは全て100円引き)。福岡県うきは市吉井町547-1。11:00~23:00、月曜休み。Pあり。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン89● うどん54●そば12● その他42
◎今月の総ジョグ距離:12km / 通年429km

Posted by heno at 22:05 | Comments [5]

2008年06月02日 月曜日

●情報格差の賜物か?

午前中の鳥栖での打ち合わせを終え、さぁさ昼麺。俺コレ!で知った、担々麺 仁の新メニュー、つけ麺を啜るノダ。

つけ麺◇担々麺 仁

 

あちゃぁ、貝割れ大根がのっている……。

運ばれてきた瞬間、頭をよぎるイヤな予感。「貝割れ大根が添えられた冷麺料理は往々にしてイタダケナイ」が我が麺喰い経験則。コリャ思いっきりハズしたかなぁ、と覚悟を決め、気持ち灰色がかった中太縮れ麺を、刻みネギがたんまり入った温つけ汁にざぶんと潜らせ、ズズッと啜れば……

う、う~ん……?おぅおぅおぅおぅおぅ、コレ、ちゃっちゃくちゃらに旨いヤンッ!

醤油ダレの上品な旨みを際だたせる、中華香辛料系のさりげない香り。そして奥には鶏ガラらしき確かなダシの旨み。そして、一呼吸置いて鼻を擽る爽やかな香りはもしかして……、と正体を探るべく温つけ汁の器の底を探ると、黄色い物体が顔を出す。

おお、やっぱりそうだ、底に柚子皮が忍ばせてたんだ。

そして麺も旨いっ!ヘンにプリプリ弾けすぎず、さりとて柔ゴシ過ぎず。むちむちと艶っぽい食感と、噛み込むほどに広がる小麦粉の風味が、コレまたドンピシャ我がツボ。麺の上の置かれたチャーシューも、もちっとした食感然り、うっすらきいたスパイス然り、中華料理の前菜チックな極上味。

そして更にスープ割りがバカ旨っ!恐らくいったん引いたつけ汁を調味し直してくれたのであろう。前回食べた醤油ラーメンのスープに相通ずる、本格中華チックなフレーバー溢るる味わいにほっこりしつつ飲み進むと、

おやぁ、中からチャーシューが出てきたぞぉ!

調味し直す際に、ナンと細切りチャーシューまでサービスしてくれてたとは。

九州一の都会、福岡では、最近つけ麺と言えば、魚介系醤油豚骨一色。対して、そんな流行はどこ吹く風と、悠々自適な独創つけ麺。無骨ながらも、ナンともウレシイ小技がアチコチにききまくったこの味わいは、どこからーめんgakuのそれと相通ずるものを感じるなぁ。仁もルーツはgakuと同じく久留米だし……。

で、結論。今、つけ麺は久留米系がオモロ~!

担々麺 仁(レン):つけ麺650円。佐賀県鳥栖市京町711-23。 11:00~15:00&18:00~22:00、日曜休み。Pなし。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン89● うどん54●そば12● その他41
◎今月の総ジョグ距離:5km / 通年422km

Posted by heno at 12:40 | Comments [2]

2008年06月01日 日曜日

●天気晴朗なり。ならば麺ポタ!

朝目覚めると、雲一つない真っ青な空。

今日はチビ達は友達の家へ遊びに行くと言っていたし……。
よっしゃ、ならば久方ぶりに、一人でブラリと麺ポタでも楽しむかっ!

ロバのパン本舗

小倉行きの高速バスを高速千代ニュータウンで下車し、
中間市内へとペダルを漕いでいると

おお、懐かしのロバのパンの本社があるでないのぉ。

天龍飯店

そしてさらにペダルを漕ぎ進むと、
今度は「手打ラーメン」 の赤テント。
こりゃまた気になる、突入だぁ!
と思いきや、何せ午前11時前で店が閉まっている。

讃岐うどん伴

で、すんなり諦め更にペダルを漕ぎ、午前11時過ぎ。
本日のお目当てである讃岐うどん伴へ到着。

満月店主ブログでその存在を知り、
らーめんくーぱーのブログ俺コレ!のリポで気になりまくっていた
讃岐うどん新店である。
店頭の開店を祝う花輪の一つに「かな泉」の札。
と言うことは、讃岐かな泉の暖簾分けか?

開店間もなくの店内には先客ナシ。
厨房前のカウンター席へ座りザッとメニューに目を通すも
心は既に決まっている。
「初讃岐うどん店は生醤油」をたのむと、
麺を茹でるのに15分ほどかかると言う。

ハイハイ、旨いうどんが喰えるなら、喜んで待ちますよぉ~。

生醤油うどん◇讃岐うどん伴

噛み込む歯をぼわんと押し戻す感じの
跳ね腰うどんはナカナカ美味なれど、
九州の土地柄を意識してか生醤油がカナリ甘め。

遠賀川

次なる目当てを求め遠賀川を渡っていると
バス釣りのボートの群れ。

こばやしうどん

遠賀川を渡り川沿いに2~300m走ったところにある、こばやしうどん。
地元で大人気のうどん屋と聞いていたが、
なるほど店内はほぼ満席状態。

ごぼう天うどん◇こばやしうどん

迷わず頼んだ「初う店はごぼ天」は
ふるんと解ける柔ゴシうどんと、素朴な風味のスメの取り合わせが
これぞ王道大衆味。
調味された揚げ衣をスメに溶かしつつ食べれば
グイグイと味わいを増す感じもコレまた王道。

がんこもんラーメン

ああ旨かったと遠賀町へ入ると、わぉビックリっ!
がんこもんラーメンの店頭に「24時間営業」の文字が……。

この場所で24時間営業やって、果たして客が来るのだろうか??

誠龍

そして旧国道3号線を黙々とペダルを漕ぎ、
今日の最終目的麺、誠龍に着く。

ラーメン◇誠龍

入店と同時にぐわんっと香り立つ豚骨臭は伊達じゃない。
ダシの旨さで直球勝負してくる超ストロングタイプの滋味スープと
コリッと弾けるコシがナンとも素朴な麺の朴訥豚骨に、うっとり。

讃岐うどん伴:生醤油うどん450円。中間市中間4-2-5。11:00~15:00&17:00~20:00、今月は6/4&23が休み。Pあり。

こばやしうどん:ごぼう天うどん500円。福岡県中間市大字垣生砂山。10:30~16:30、水曜休み。Pあり。

誠龍:ラーメン450円。福岡県福津市1-19-7。11:00~21:00、木曜休み。Pあり。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン89● うどん54●そば12● その他40
◎今月の総ジョグ距離:0km / 通年417km

Posted by heno at 14:38 | Comments [0]