2008年06月06日 金曜日

●端麗 sio

上川端の得意先へ届け物を持って行ったついでに、ズズッと昼麺。今週水曜にオープンした東京池袋発の新ラ店、まるきゅうへ。

まるきゅうらーめん 

住所を頼りに訪ねると、ゲイツビル裏の路地に「塩そば専門店」の白い看板。そして店頭の黒板には

「当店、塩のみです。とんこつ食べたい方は他へどうぞ。
ラーメン界の大御所 佐野実氏も納得したこの味。ぜひ一度御賞味あれ。」

はいはい、それでは御賞味させていただきますと暖簾を潜ると、入り口横に食券販売機。ラーメンが塩そばと鶏そばの2タイプ×それぞれ具のバリエーションが6~7種。塩は透明スープのあっさりタイプ、鶏は最近流行の鶏白湯とのこと。初ラ店はデフォルト、塩そばのボタンを押す。

塩らーめん◇まるきゅうらーめん

ほどなく出てきた塩そばは、澄んだ黄金色のスープと、コレまた黄金色の細麺がナカナカの美人。まずはスープとレンゲで一啜りすれば、フワリと鼻へ抜ける柔らかな鶏油の香りと、優しく舌にのる鶏ガラだしの甘き風味。どこぞのブログには濃い味タイプとあったが、今日のスープはドンピシャ私好みの薄味滋味。なにせオープンしたばかり、味にぶれがあるのだろう。

合わさる麺は、噛む度に正に音がしそうなくらいにパリン、パリンと弾ける独特なコシが超オモロ~。葱の上に載った干し貝柱と、卓上に置いてある柚子胡椒で味の変化を楽しみつつ、ズズッと完食。

スッと腹に収まる、まとまりのある一杯である。が、唯一の「反逆児」がチャーシュー。厚さ1センチ弱の厚切り炙りバラ肉チャーシューはゴチゴチした食感が、まるでベーコン。せっかくの端麗味ラーメンに、強烈に己の存在を主張するコノ手のチャーシューはいかがなものか。沖縄のスーチキみたいなあっさりチャーシューの方が相性が良い気がするが……。

とは言いつつも全体的にはカナリ我がツボ。日本有数のラーメン激戦地区、東京池袋で行列を作るという、強気価格700円の塩ラーメン専門店の行く末や如何に?

まるきゅうらーめん:塩そば700円。福岡市博多区中洲3-7-33。11:30~15:00&17:30~27:00、日祝休み。Pなし。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン91● うどん55●そば12● その他42
◎今月の総ジョグ距離:30km / 通年447km

Posted by heno at 2008年06月06日 11:52
コメント
コメントしてください




保存しますか?