2008年06月07日 土曜日

●『軒』の塩

シンプル。だから、奥深い。それが塩ラーメンの魅力。

昨日、東京池袋発の塩ラーメンを啜りつつ、ふと思い出した関東軒@唐津の新メニュー、和風ラーメン。同じく唐津のラーメン店、様式美麺れいんぼ~店主のブログによると、塩ラーメン仕様とのこと。東京発のモダン塩と唐津老舗の塩の食べ比べもまた一興かと、GO WEST。

和風ラーメン◇関東軒 

シンプル。だから、何色にも染まるということか。

和風ラーメンをたのむと、麺オンリー or  麺(通常の半分の量)とワンタンのどちらにするか聞かれる。ワンタンを入れるとスープの味が変わりそうなので麺オンリーをたのむと、今度は乗せる具をシナチクにするか、メンマにするか聞かれる。コレまたメンマだとスープの味が変わりそうなので、シナチクをたのむ。

さすがに老舗、燻し銀な仕上がりだ。

限りなく透明なスープは、獣系のダシの押しの強さと、魚介系のダシのフワリと優しい旨みの取り合わせがストレートに舌にのる芳醇滋味。奇をてらうことなく、丁寧な仕事で正攻法に素材の旨さを引き出した誠実味。まるきゅうと味のベクトルは同じだが、店の歴史の違いが味の厚みの差となって現れている。

うどんより一回り細めの自家製偏平麺のモッチリとした食感も相性よし。支那そばや豚骨仕立てのラーメンより、麺の出来の良さがストレートに楽しめる。

よっし、次回は麺&ワンタンで再食だ。

ごぼう天うどん◇ふく福うどん

巨大ごぼ天が楽しめるとどこぞのブログで読んだ記憶を頼りに
久方ぶりにふく福へ。
大地のうどんのそれとは違い俯瞰では普通のごぼ天だが
その実、厚さが半端じゃない。
箸でつついて崩せど崩せど、いつまで経ってもなくならない……。
調味された衣で喰わせる正統イニシエ系ごぼ天に、腹一杯。

関東軒:和風ラーメン600円。佐賀県唐津市和田本村2-1。11:00~17:00、不定休。Pあり。

ふく福:中華そば450円。佐賀県唐津市唐津市南城内2-5。11:00~19:00、火曜休み。Pあり。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン92● うどん56●そば12● その他42
◎今月の総ジョグ距離:30km / 通年447km

Posted by heno at 2008年06月07日 12:05
コメント

唐津は佐賀ですよ

Posted by Anonymous at 2008年06月08日 13:15

はい、その通りです。
またまたへのってしまいました。
早速訂正させていただきました。
ご指摘ありがとうございました。

Posted by への at 2008年06月08日 21:13
コメントしてください




保存しますか?