HENO HENO: 2008年08月 アーカイブ

2008年08月30日 土曜日

●英孝人気か?

○西新高取商店街のみすず庵隣の店舗が改装中。いかにもコンサル・チックな外観の店の屋号は「めりけん屋」。外壁には「お好み焼き」に「もんじゃ焼き」などメリケン粉を使った料理がズラリと書かれているが、最後尾には「いけ麺」の文字。天板料理がメインとすれば、汁ナシの焼きそば系創作麺料理なのだろうか……?まもなく開店する模様。

秀ちゃん社長ブログに、先日の竹炭うどんに勝るとも劣らぬド迫力の真っ黒麺の写真が。エントリータイトルは「新商品3連発」。てことは、以前から気になっていたカレーつけ麺とともに近々デビュー予定の新作か??

一砲

 

 マニ曰く、「領土不可侵条約」。隣接しつつもナゼか互いに相手側へ進出することなく、ともに栄えてきた博多ラーメンと久留米ラーメン。だったのだが、2006年3月、満を持して久留米ラーメンの博多侵略が開始。

久留米ラーメンきっての人気店、大砲ラースタへ期間限定出店し手応えを感じたのか、7月には天神ド真ん中のファッションビル・イムズの飲食街に出店。そして、昨年9月にはイムズを撤退し、若者に人気の街、今泉に路面店を出店

路面店=地域に根ざした店舗経営が可能と見ての移転だったのか、この一件がまるで狼煙のように、大龍に大龍一番宗家、天砲と次から次へと久留米ラーメン店が福岡にオープン。そして昨日、今泉と並ぶ福岡の人気飲食街である春吉に、新たなる久留米ラーメン店がオープン。

ラーメン◇一砲 

ばにきゃんによると、『「昇和亭」を皮切りに「キャナル店」で店長に就任、その後も「天神店」で店長を担ってきた浅沼氏が「大砲」のお墨付きで独立』したという一砲。そのキャリアの成せる技か、ナルホド、開店わずか二日目ながらも新店にありがちなギクシャクしたオペレーションは皆無。開店記念価格「ラーメン100円」効果か広めの店内は客でごった返しているが、スタッフそれぞれが着々と堅実に仕事をこなしている。

ほどなく運ばれてきたラーメンは、大砲名物呼び戻し製法を受け継ぐ、骨粉ぽい口当たりのスープがナカナカ気分。ばにきゃんリポで、「きっと薄味だぁ」と、覚悟し過ぎていたのだろうか?豚骨ダシの思いの外グイッと押しのある風味も、コレまたナカナカ美味。するりと収まり感の良い麺然り、チャンと旨いチャーシュー然り、全ての仕事がキッチリ丁寧かつ上出来なる一杯に感服。

新店らしからぬ安定感溢るる味わいは、さすが。本日までは開店価格100円だったが、明日以降は600円となるらしい。地道な仕事が功を奏すことを祈りつつ、午後の仕事現場へと向かう。

一砲:ラーメン100円(開店価格)。福岡市中央区春吉3-11-18。Pなし。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン137● うどん86●そば17● その他71
◎今月の総ジョグ距離:108km / 通年755km

Posted by heno at 12:34 | Comments [7]

2008年08月29日 金曜日

●またも開店、大砲系

俺コレ!で既報の久留米ラーメン新店、一砲が本日オープン&ばにきゃんに早々実食リポが。「砲」が付く屋号から察っせられるとおり、店主は大砲@久留米の出身なのだとか。

「大」砲から「人」が抜けて、「一」砲。
お後がよろしいようでぇ~。

チャンポン◇正龍軒

 

とあるブログで近々閉店と報じられていた正龍軒。
そりゃ悲しいなぁとお母さんに尋ねてみると、きょとんとし表情で
「えっ?なんですかぁ??そんなことありませんけどぉ???」

どうやら誤報のようだ。いやはや、エがったエがった!

底の浅いドンブリが正統イニシエなチャンポンは
ラーメン以上にグイングインとドライブする豚骨だしがマーベラス!
ポワンポワンと口の中でダンスする熱々麺もドンピシャ我がツボ。
縁が赤のカマボコに加え、ナンと緑のカマボコも。

赤と緑。て、マルちゃんかっ!?(←オードリー調で)

正竜軒:チャンポン600円。福岡県古賀市青柳2879-2。日祝休み。Pあり。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン136● うどん86●そば17● その他71
◎今月の総ジョグ距離:108km / 通年755km

Posted by heno at 12:22 | Comments [2]

2008年08月28日 木曜日

●いいとこ取り

ばにきゃんラースタ六厘舎オープンの続報が。どうやら10月の1ヶ月限定営業の模様。アノ極太麺だから当然茹で時間もかかるだろうし……。こりゃ東京の本店以上の大行列店となること必至。

博多経済新聞によると、JR九州より今週末限定商品「夏休みの思い出切符」が販売中。8月30日と31日の2日間、九州新幹線と特急列車の普通車自由席、快速電車を含む普通電車の全てが乗り放題で、ナンと1万円!ミニベロBD-1を積み込んで、九州ぐるり一周麺行脚輪行だぁ!!とイキたいところだが、土曜日に既に所用アリますからぁ~、残念ッ!(←今更ギター侍調で)

福氏のオモシロ日記によると、大橋に唐とんなる沖縄料理居酒屋がオープンした模様。沖縄すばもあり、480円とナカナカ格安。ランチ狙いで行ってみるか?

利きうどんセット◇志成

志成の利きうどんは温かけうどんと冷ぶっかけうどんのセットメニュー。
念願の温うどんは、スメの旨さが半端じゃない!
ダシの風味と芳醇なるカエシの旨味のふくいくたる味わいに、うっとり。
そして、冷ぶっかけうどんの、うどん自体の旨さ。
で、ふと思い立ち、超反則技に挑戦!
温かけうどんのスメに、
冷ぶっかけのうどんを潜らせつけ麺風に啜ってみる。

と、コレがチャッチャクチャラに我がツボ美味~~!

担々麺◇弐ノ弐

熊本の人気餃子居酒屋 弐ノ弐の担々麺は
キリリとした辛味の奥に顔を出す、独自の甘味が印象的。
しこたま喰って、そこそこ飲んで、〆に麺啜って、
ひとり4000円弱は超値頃感アリ。

和風らーめん◇まんぼ亭

赤坂市場に突如現れた怪し系ラ店、まんぼ亭の和風らーめんは
ドロンと迫力アル豚骨だし&脂と
ナンともチープ、かつ濃密な和風だしの風味の取り合わせが
ソリャもう暴れん坊将軍!

 

讃岐うどん志成:利きうどんせっと780円(?)。福岡市中央区大手門3-3-24。11:30~15:00、日祝休み。Pなし。

餃子屋 弐ノ弐:担々麺420円。福岡市中央区今泉2-4-33。17:00~24:00(日祝17:00~23:30)、無休。Pなし。

まんぼ亭:和風らーめん(価格失念)。福岡市中央区赤坂1-9-18。11:30~14:30&17:00~23:00。Pなし。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン136● うどん86●そば17● その他70
◎今月の総ジョグ距離:108km / 通年755km

Posted by heno at 23:39 | Comments [0]

2008年08月26日 火曜日

●オモロ~な秋。センチな秋……。

秀ちゃんラーメン社長ブログによると、この秋ラースタがタイヘンなことに!秀ちゃん期間限定コンセプトショップ「裏秀」!に、アノ六厘舎!!そして「あの名店も……?!」。ぐわぁ、コリャまたナンとも、おもしろやぁ~、おもしろやぁ~。

せーじの『とりあえず喰っとけ!』に元祖の定点観測企画がスタート。いかなるコアなねたが繰り出されるのか、今後の展開が楽しみっ!

ラーメン◇元祖長浜屋

 

コレ正にパブロフの犬。
一端アノ味を思い浮かべると食べずにはいられなくなるのが
「麻薬ラーメン」と呼ばれる由縁か?

本店閉店前後から何故かハズレ率が激変した元祖。
今日の一杯もフツーに旨いのだが、
何故か嬉しいような、悲しいような……。

昔、大学時代食べたような「洗剤味」の元祖が妙に恋しいなぁ。

DVC00001

平日なのに大行列。
しかも私の前に並んでいた子供連れのお父さんの手には
JTBが発行している観光雑誌「るるぶ福岡」。

今や観光名所である。

更に私の後ろに並んだのは若者カップル。
「へぇ~、平日はサラリーマンが並ぶんだぁ~。」
いつも休日に食べに来ていたのだろうか。
あのね、若者よ。
元祖こそ博多麺好きオヤヂ達のサンクチュアリなのだっ!!

汁ビーフン◇雲龍

昨日は大分日帰り出張。
豊後高田市でたまたま通りかかり、
そのイニシエなたたずまいに惹かれ入店した雲龍は
街の中華料理屋さん。
昔子供の頃、ラーメンやチャンポンは食べる機会が多々あった。
が、置いている中華屋が少なかったせいだろう、
ほとんど食べた機会がなく、私にとってのご馳走麺である汁ビーフンに舌鼓。

ナンちゃナイけどキッチリ美味な
優良街の中華屋味にほっこり。

雲龍:汁ビーフン780円。大分県豊後高田市新地1049番地5。11:00~15:00 17:00~21:00、水曜休み。Pあり。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン134● うどん85●そば17● その他70
◎今月の総ジョグ距離:93km / 通年740km

Posted by heno at 12:23 | Comments [4]

2008年08月24日 日曜日

●お見それしやしたぁ~!

いかに装備を軽くして軽快に登るかが神髄である登山に、あえて目一杯の調理道具&調理用の大量の水を担ぎ上げ、山頂で絶品の麺を楽しもうと始めた山麺。当初はイロイロと凝って遊んでいたものの、いつの間にかお手軽カップ麺に甘んじる為体……。が、そんな愚か者の我を、一蹴しつつも優しく包んでくれる山麺達人ふたり。あな、ありがたやぁ~、ありがたやぁ~っ!(←なだき武調で)

20080824_009

 

本来なら福知山@小倉南での山麺のはずが、
山頂に立ちこめる暗雲にビビリまくりで
急遽、平尾台・貫山登山に変更。

往復2時間、絶景トレッキングを楽しんだ後は
菅生の滝に場所を移し、お楽しみの山麺三昧。

20080824_017

人がごった返す滝壺をパスし更に登り
人影0の岩沢で調理開始。

20080824_023

沢の水を汲み、ストーブで沸かし、麺を茹でる。
温和しくフツーにどこぞの家の台所で調理しておけばいいもを、
なんでこんなにまでして辺鄙なところでヤルのだろうか……。
ナンとも、お馬鹿。うん、だから極楽っ!!

20080824_025

今回の山麺作品その一は、山麺達人yamamenさん作、
なんちゃって六厘舎つけ麺。
市販の濃縮液体豚骨ラーメンつゆと、魚粉、めんつゆを
絶妙なる配合で仕上げた温つけ汁と、
ガッツリと粗野なコシ&味わいがオモロイ冷太麺。
下世話なインチキ臭さがコレまた気分なる
上出来大衆麺に我が食欲中枢は一気に暴走半島。

20080824_026

そして今回の山麺その二は、アイアンシェフsatoyan作、
グリーンカレーつけ麺。
その場で鶏肉やパプリカなどの具を炒め、
あっという間にタイ風グリーンカレーを仕上げる手際の良さが、まずご馳走。
そして、長尾製麺所製の乾麺うどんで啜るつけ麺の味わいが、これまたご馳走。

わぁお、山麺サイコ~~!

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン133● うどん85●そば17● その他68
◎今月の総ジョグ距離:83km / 通年730km

Posted by heno at 14:44 | Comments [0]

2008年08月23日 土曜日

●色々うどん

つけ麺という食べ方の浸透に加え、店毎に創意工夫の限りを尽くしたオモシロ夏麺と、この夏の福岡ラーメン界は、豚骨ラーメン・ワンパターンから完全に脱しきった感アリ。さすがエンターテイメント食の極みであるラーメン、ワハハこりゃ愉快!と楽しんでいると、

うんにゃ、うんにゃ、負けてはなるまぞぉ!
どっこい、うどんも色々あってナカナカにオモロ~、オモロ~!!

竹炭ブラックうどん◇官兵衛

 

この夏の宿題麺のひとつ、官兵衛の竹炭ブラックうどんは、まるでイカスミのような目一杯黒く濁ったうどんがソリャもう迫力満点。意を決して一筋箸で摘み、つけ汁に潜らせズズッと啜れば、風味自体はそこそこ普通なれど、噛み込む度にクキュクニュといつまで経っても抗い続ける猛烈なるヒキは、まさか竹炭効果ではあるまいが……?そして、何とかかんとか噛みきった舌に心持ちザラリと感じる後味が、竹炭喰ったどぉ~!気分をかき立てる。

白・肉うどん小◇いわさき

黒の後は白。黄緑の暖簾のいわさき@小倉南区の名物は、暖簾の色同様に緑色の「よもぎうどん」。ほのかなヨモギの風味がワハハと愉快な名作。なれど、白のノーマルうどんも、コレまた名作!噛み込んでいくと、しゃくぅ~と解けていく様がナンとも艶っぽいお色気麺。ホロホロに煮込まれた牛すじ肉と、卓上のおろし金で自らおろす生姜に、粗切りの鷹の爪の得も言われぬこの取り合わせこそ、小倉南区名物肉うどんの神髄。

因みに、如何にも地元の常連客らしき客は、よもぎうどんのことを「緑」ではなく「青」と呼んでいた。なんだかカッコイイぞぉ……。次回は艶つけて、「青の肉、小で。」とか、たのんでみるか?

官兵衛うどん:竹炭ブラックうどん500円。福岡県糟屋郡粕屋町長者原286-4。11:00~21:00。Pあり。

 いわさき:肉よもぎうどん大盛り620円。福岡県北九州市小倉南区北方3-62-5。 6:00~14:00、月&火曜休み。Pなし。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン133● うどん84●そば17● その他67
◎今月の総ジョグ距離:83km / 通年730km

Posted by heno at 22:25 | Comments [0]

2008年08月22日 金曜日

●明日麺情報二題

店主ブログによると、うどん杵むらに明日23日、新メニューの「どんきむ つけ麺」がデビュー。「ごま味噌うどん以来の渾身の新メニューです」?!「1日限定10食」??!!こりゃ近々是非とも啜りたひっ!!!

店主ブログによると、五島軒で明日23日、北京五輪女子ソフトボール金メダル祝賀セールを催す模様。上野投手が五島軒隣の九州女子高校出身。そして、4月の開店以来、学校関係者にお世話になっている恩返しも兼ねての開催だとか。通常580円のあごだし麺を500円に。そして更に替え玉一個サービス。

玄関で靴を脱ぐというオペレーションや社員食堂チックな店作りで、ちょっと取っつきづらい感のある五島軒だが、あごだし麺はカナリのあっさり美味。未食の方はこれを機会に足を運ばれてみてはイカガでしょう?

うん?だが待てよ。五島軒は確か土曜日は定休日だったよなぁ……。行かれる前に電話で確認された方が良いかもデス。

トロトロ軟骨ラーメン◇台湾食堂

 

先月西新にオープンした台湾食堂。店主の老練なる中華鍋さばきがタダモノではないなぁと思っていたら、どうやら天神三丁目で営業していた台湾食堂の移転オープンなのだとか。

オープン時に食べた担仔麺も旨かったが、今日のトロトロ軟骨ラーメンもコレまた絶品!豚の軟骨周辺の肉をまさにトロトロに煮込んだ具がゴロゴロ。そしてどんぶりの7割方を覆い尽くすレタス。こりゃナンとも豪勢な盛りつけだねぇ!とウハウハ気分でスープを啜れば、おそらく軟骨の煮汁の風味だろう。醤油スープに肉汁のうま味と、仄かに甘い中華香辛料が映えて、ソリャもう、ちゃっちゃくちゃらに、旨い旨い旨いっ!!

中太麺の揚げ具合も完璧。固からず柔からず、スープの旨味をほどよく絡め取りつつ、スルスルと口に収まる感じがコレまたナイス!そして軟骨がタマラン美味。コレぞ店主の料理の技か、コレだけトロリと煮込まれているのに、肉自体の旨味もしっかりと残っているではないかっ!

オープン時にはあったもう一つの麺料理、「チャーシュー焼きネギラーメン」は消え、代わりに新たに「冷たんつーめん」なる新メニューが登場。おそらく夏期限定の冷麺か?ならば是非とも今月中に再訪せねば……。

台湾食堂:トロトロ軟骨ラーメン550円。福岡市早良区西新1-9-22。11:00~15:00&17:30~23:00、水曜休み。Pなし。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン133● うどん82●そば17● その他67
◎今月の総ジョグ距離:68km / 通年715km

Posted by heno at 23:34 | Comments [2]

2008年08月21日 木曜日

●コレ、惚れ系

昨日に引き続き大橋で仕事。午後8時過ぎ、無事終了し家路につく、はずが、やっぱりチョイと一杯ひっかけてイクかと、白橋ホルモン大橋支店へ。

20080821_004

20080821_006

甘木が本店の白橋ホルモンは馬肉ホルモンの専門店。定番の馬ホルモン焼きは、店秘伝の特性ソースと自家製柚子唐辛子でクニクニ美味!焼酎との相性も抜群で自然杯が進む、進む。たまにしか入荷しないという馬レバー刺しも、ドンピシャ焼酎の友。クニッサクッな食感と独自の甘みが、ゴマ油&塩のタレと相まって、ソリャもう悦楽。店奥に設置されたテレビから流れる北京五輪の女子ソフトボール決勝戦を眺めつつ、まったりと晩酌を楽しむ。

麺屋 多吉 

 

一時間ほど白橋で粘ったあとは、モチのロンで〆麺も啜る。白橋のすぐ近所に今年の1月にオープンした多吉へ、ふらり。

黄色い暖簾を潜ると、左手が7~8席ほどのカウンター。そして、人ひとりがやっと通れるか否かの細い通路を挟んで左手が小上がり。4人掛けのテーブルが2卓。ナンともこぢんまとした&王道街のラーメン屋的店造りがナンとも居心地良し。

カウンター席に座り壁上部に掲げてあるメニューを見ると、ラーメンが愚のバリエーションで3~4種と、餃子と豚舌を筆頭に7~8品並ぶ格安な酒のアテ。あちゃちゃぁ、最初からココでチョイ飲み&ラーメンコースでも良かったかもね!

ラーメン◇麺屋 多吉

ほどなく運ばれてきたラーメンは、ありがちなドンブリに黄色に濁ったスープに多めのネギと、目一杯オーソドックスな見た目。唯一ユニークと思われるのは、気持ち厚めのチャーシューの縁が醤油ダレ色なことぐらい。

こりゃ所謂フツーに旨い豚骨ラーメンかいな?と気持ちガックリしつつレンゲでスープを一掬いし口へと運ぶ。と、

おぅ?おぅおぅおぅ……。うんにゃ、こりゃイケるかもよぉ~!!

レンゲの少量のスープからナンとも豊かに香り立つ豚骨ダシの香りに、いとも簡単に心変わり。不安が期待へとコロリと変わり、期待を胸に一啜り。と、グインッと瞬間ドライブする密なる豚骨ダシの風味。そしてキリリと味わいをまとめ上げる、気持ち強めの塩加減。

ううん?コレってナニやらふくちゃんチックじゃア~リませんかぁ~??

芳醇ながらもキリッとまとまり、変に尾を引かない感じが、もろ博多ラーメン。気持ち太めの細麺の、コリッと弾けるコシ&フワリと鼻へ抜ける小麦粉の風味も、ブラボー美味。

トロリと仕上げられた醤油ダレのチャーシューこそ、どこか今風ではあるが、全体の印象は良い意味で無骨&実直。ああ旨かったとスープの一滴まで残さず平らげれば、店主らしき若き男性が「綺麗に完食、ありがとうございます!」とのナンとも気持ちの良い挨拶。

うはは、愉快。うんうん、惚れましたぁ。また大橋で仕事の時は是非ともお世話になります、チョイ飲み&〆ラーメン。

大牟田線の駅へと向かう途中通りがかった三葉亭大橋支店店頭には
「8月限定 マヨバターしょうゆラーメン」の告知が。
確かにオモロー。でも、なんだか濃いそう……。

麺屋 多吉:ラーメン500円。福岡市南区大橋1-12-13、11:30~24:00(夏期は15時~17時は昼休憩)。Pなし。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン132● うどん82●そば17● その他67
◎今月の総ジョグ距離:68km / 通年715km

Posted by heno at 20:51 | Comments [6]

●残暑お見舞い申し上げます

立秋を過ぎ、朝晩はめっきり涼しくなった。早朝ジョグも先週前半は午前6時過ぎを過ぎると日差しがキツくて、とてもじゃないけど走れなかったのだが、今朝は7時までも十二分に涼しくて、快適快適!

とは言いつつも、昼間になると相変わらずの暑さ炸裂。で、自然と我が麺心は冷麺系を欲しマクリ。

ぶっかけうどん◇しん田

前回食べた温うどんは、あまりにもストイックにリーンな味わいに、感心はしつつも諸手を挙げて賛美できなかったしん田だが、冷うどんのデフォルト・メニューらしきぶっかけうどんは、掛け値なしの旨さ炸裂!

「くにゅっ」と抗い「むりんっ」と弾ける自然なコシ。ただ固いだけじゃない艶っぽさがニヒヒッと我がツボ。そして、徳利で供されるぶっかけ汁が、キリリと辛口でコレまた我がツボ。更に小皿に盛られたスダチとおろし生姜の薬味がタマラン我がツボ。3ツボ押さえられてしまえば、当然ぐうの音も出ない。ぬわんとも鯔背な味わいに、諸手を挙げて万歳三唱。

 博多つけそば◇まるげん

我が最愛つけ麺であるまるげんの博多つけそばは、適度な魚介ダシの醤油味温つけ汁と、ぷりんと美味なる冷平麺の取り合わせが、相も変わらずツボ。なのだが、今日の温つけ汁はチト塩辛め&脂多めで、飲んだ後の〆麺にはチト重たいなぁ……。

冷やしあごだしラーメン◇井田

本来はふぐ料亭である井田が昼営業で提供する、夏期限定の冷やしラーメンは、さすがにダシが超美味。なれど、前回食べた温あごだしラーメンほどは、あごだし本来の旨さを感じない。キッチリ締めたコリコリ食感の縮れ麺と、温泉卵の黄身の甘さのコラボも十分面白くはある。が、やっぱ井田は温ラーメンが我が好みかなぁ。うん、近々あご・とんこつラーメンを啜りに来よっと。

しん田:ぶっかけうどん450円。福岡市博多区綱場町4-12。Pなし。

博多中華そばまるげん:博多つけそば700円。福岡市中央区平尾2-2-18。11:30~23:30 (日祝 11:30~22:00)、月曜休み。Pあり。

井田らーめん:冷やあごらーめん590円。福岡市中央区赤坂1-6-15。11:30~13:30、日祝休み。Pなし。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン131● うどん82●そば17● その他67
◎今月の総ジョグ距離:68km / 通年715km

Posted by heno at 11:57 | Comments [0]

2008年08月19日 火曜日

●うしゃしゃ肥後家族旅行 ~麺篇~

17日の日曜日から二泊三日の我が家の夏休み旅行。今年のメインイベントは熊本人吉、球磨川ラフティング。コレが楽しい!メッチャ楽しい!!そして、もうひとつの楽しみは、モチのロンで肥後麺喰いまくり。

まぜ麺◇いっぷく

自家製卵麺が自慢のいっぷくに先月デビューした新作は
気持ち太めの中太麺を少量スープに絡めつつ啜る、その名も「まぜ麺」。

誤解を覚悟で例えれば、スープ多めの皿うどん。
濃いめの豚骨ダシ&少量の背脂が醸し出す自然な甘みと
プリンプリンの中太麺のコラボが、ぬははぁと悦楽。
卵の黄身の甘みも好アシスト、
麺自体の旨味を生かすことに徹しきった
明確なる方向性が見事。

豚醤麺◇いっぷく

これまたいっぷくの新メニュー、豚醤麺は
クイッと押し出しの強い豚骨ダシの風味が、呼び戻しスープ・チック。
熊本ラーメン特有のスープの「重さ」もなく、
醤油ダレのきき具合含め、印象はLIKE A 久留米の大砲ラーメン。

ごま塩らーめん◇やすきち

熊本市と八代市の中間に位置する松橋町に
昨年オープンしたやすきちのごま塩ラーメンは、透明感ある黄金スープ。

多めの葱と、その上に盛られた紫蘇。
そして、レンゲに添えられた柚子胡椒が象徴的。
絶妙に香味油で風味付けられた滋味スープを
様々な薬味の風味で彩り豊かな味わいに。

コリッと弾ける中太麺もあな楽し。
そこかしこに若き店主の創意工夫の跡を感じる力作。

かしわそば◇丸一そば屋

熊本県人吉市民のソウル麺、丸一そば屋のかしわそば。
小振りのドンブリの手にすっぽり収まる感じが、ナンとも気分。
まるんっと甘めのツユと、ホクホク感ある温そばと、
コリコリ跳ねる地鶏の身&皮の、ハーモニー。
小難しいウンチクとは一切無縁の、大衆美味蕎麦にほっこり。

つけ麺(太ちぢれ)◇三楠らーめん

さすが九州きってのつけ麺先進国、熊本。
ちょいグルリポで気になっていた三楠のつけ麺は
まず、かえし醤油のキュインと旨い、温つけ汁。
そして、うどんチックな食感の太ちぢれ麺!
さらに、温つけ汁の底から時々顔を出す柚子皮の爽やかな風味!!
我が好みの三大つけ麺要素を全て網羅する、正に我がツボつけ麺。

〆のスープ割りもニヒヒと美味。
これでデフォで煮卵がついてくれば、無敵。

ラーメン◇金星

最終日の今日は、ソリャもう半端じゃないチャッチャクチャラの大雨に
予定を繰り上げ福岡へ。
が、転んでもただでは起きぬ私。帰りにチョット寄り道して
長年の宿題店である金星@佐賀上峰へ。

見た目同様にマルタイ棒ラーメン・チックな味わいの
麺&スープに、ほっこり。
のはずが、長男がたのんだカレー・ラーメンが登場し、愕然っ!

カレーラーメン◇金星

わぁお、ラーメンにカレールーをかけて出すとは……。
ビビリまくりつつも一口ご相伴にあずかれば、

わぉわぁお、コレ、結構イケルやんっ!!

 

たまご麺や いっぷくラーメン:まぜ麺600円。熊本県熊本市田迎町田井島221-1。11:00~22:00、(平日は16:00~18:00昼休み)。、不定休。Pあり。

らーめんやすきち:ゴマ塩らーめん550円。熊本県宇城市松橋町久具358-7。11:30~14:30&18:00~25:00、月曜休み。Pあり。

丸一そば屋:かしわそば500円。熊本県人吉市二日町7。10:30~17:00、水曜休み。Pあり。

らーめん三楠:つけ麺(太ちぢれ)780円。熊本県熊本市下通1-6-21。18:00~28:00、無休。Pなし。

金星:ラーメン450円、カレーラーメン450円。佐賀県神埼郡吉野ヶ里町吉田。Pあり。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン130● うどん81●そば17● その他66
◎今月の総ジョグ距離:58km / 通年705km

Posted by heno at 19:38 | Comments [2]

2008年08月16日 土曜日

●極旨冷うどん二題

コリャまたタマゲタ的創作うどんに心底感服!!数々のアイデアメニューうどんをリリースしてきた唄う!手打ちうどん稲穂に、超ド級の上出来新作が登場。

satoyanのうちごはんでその存在を知った「冷やかけカレーなんばん」。カレーの冷やかけって一体どんな仕上がりなのか?と興味津々でたのむと、ふむふむ、ナルホドそうきたかぁ~。 

冷やかけカレーなんばん◇唄う!手打ちうどん稲穂 

冷うどんがひたひたになるくらいにかけられたツユは、カレーの冷あんとじ。どらどらと、添えられた木のスプーンで一掬いして頬張れば、冷や冷や&トロトロの食感とともに柔らかく、かつ爽やかに広がるカレーの風味。そして、すぐその後を削り節の豊かな香りが追ってくる。コリャもう立派な懐石料理仕立て。温に比べ冷ツユは自然ダシの風味が落ちるものだが、ナンのナンの。ナンとも芳醇なる滋味風味に、我が麺心は一発でメルトダウン。

モチのロンで、うどんもニヒ旨っ!適度に締められた冷うどんはクニュクニュ抗い、にっちりと解けるさまがコレまた極楽。時折添えられたスジ肉煮込みを頬張れば、トロリと柔らかな食感&甘辛い味わいが好アクセント。そして更にタマラン美味なのが、笹がきゴボウのかき揚げ。おそらく意図的なのだろう。ゴリゴリの固揚げに仕上げてあって、その食感&ゴボウの風味が、滋味カレー冷あんとじの冷トロ感&味わいと、合う!合う!!合う!!!

細やかな仕事の後をソコカシコに感じる、ウルトラ上出来なる創作うどん。870円という価格は十二分に高価だが、この繊細かつ芳醇なる味わいならば、思わず納得。店主のうどんにかける志が十二分に具現化された一杯に、ヒシヒシと感動。

 

冷レモンおろしうどん◇牧のうどんマリナタウン店

長い付き合いなれど、気がつけば未食だった牧のうどんの冷うどん。というのも、おそらく深層心理にあったのだろう。牧ののゴリゴリうどんは冷食にはきっと向かい、温に限る!と。

だが、「にゅうとらる」と「2CV」 の のんびり生活のリポにグッと惹かれ初挑戦した冷うどんメニュー「冷レモンおろしうどん」は、我が愚かな深層心理を軽く一蹴する大衆美味!

 

むにむにと適度に抗い、にっちりと解けるコシとヒキ。そして噛み込むほどに仄かに香り立つ小麦粉の風味。牧ののうどんってこんなに旨かったけぇ?と改めて惚れ直す。

想像通り、ツユはかなり甘めで苦手なタイプ。つけツユとして食べると間違いなくダメなのだが、天かす&大根おろしとともに食べるぶっかけタイプだと、その甘さがジャストミート!さらにレモンとおろし生姜が添えてあるので、最後まで飽きることなくズズッと完食。

うどんの量もタップリで、この味わいで、450円。さすが牧の!と、思わずスタンディングオベーションしたくなる、超ウレシイ大衆美味冷うどんに、ナハッ、ナハナハッ!←今更せんだみつお調で

唄う!手打ちうどん稲穂:冷やかけカレーなんばん870円。福岡市早良区野芥3-24-3。 11:00~16:00、木曜&最終水曜休み。Pあり。

牧のうどんマリナタウン店:冷レモンおろしうどん450円。福岡市西区豊浜3-1- 10ダイエーマリナタウン内。 10:00~20:00、年中無休。Pあり。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン127● うどん81●そば16● その他65
◎今月の総ジョグ距離:58km / 通年705km

Posted by heno at 13:35 | Comments [0]

2008年08月15日 金曜日

●うどん情報大募集!

うどん喰らいっ

yahoo!地図のワイワイマップ機能を利用して、うどん情報マップ「博多うどん喰らいっ!」を始めました。

博多のうどんといえば、ごぼう天うどん。名物だけに、かき揚げや姿揚げ、薩摩揚げタイプなど、ごぼう天の姿も店々で千差万別。福岡県及びその周辺のごぼう天うどんを中心とした、うどん店情報をお待ちしてマス!

Posted by heno at 15:19 | Comments [7]

2008年08月14日 木曜日

●I LOVE MUSIC

相変わらずNike + iPodの調子がよろしくない。今朝も気分爽快にいざ走るぞ!とジョグを回し、「Nike + iPod」メニューに合わせた途端、フリーズ……。結果、ジョギング成果の確認はおろか音楽さえ聴けず、ナンとも味気ない気分でとぼとぼ走る。

買ってからまだ半年足らず。一年保証が付いていることだし、Apple storeで新品交換の交渉をしようかとも思うが、iTunesで初期化すると完治し元通り。もはや音楽なしでのジョギングは考えられない。もう少し騙し騙し使ってみるか…。

p.s.

今年のミュージックシティ天神は10月4日&5日。7回目を迎え規模拡大、今年は天神各所に加え、博多区のキャナルシティにもステージが設置される模様。

今年も観たいぞ、福岡城!

焦がし醤油ラーメン◇五行 

「 メニュー筆頭=店の一押しであろうメニューはまず食べる」が我が麺喰い信条なれど、何故か未食だった五行の焦がし醤油ラーメンは、商品名通り、そりゃもう真っ黒なスープにキャベツの白とゆで卵の黄身の黄色がよく映える。

レンゲでスープを掬うと、真っ黒なのは表面の脂だけで、すぐその下は透明感ある黄金色の醤油スープ。こりゃ見かけほど手強くないかと一安心しつつ、ズズッと啜れば、スッキリとまとまった軽やかな醤油スープの味わいに、焦がし脂の香ばしさと甘みが味わいの奥行きを演出。

合わさる麺は気持ち太めの中太偏平麺。噛み込んだときのプツンと弾けるコシが新潟郷土麺であるへぎそばチック。その独特なる食感に食べ始めは違和感を覚えるも、食べ進むうちに、ふと気付く。コレはコレで十分アリ。いやむしろ、この熱々焦がし脂スープには、これくらい存在感のある麺じゃないと負けてしまうのか。

生キャベツ&茹で水菜の爽やかなシャキシャキ感が好アクセント、濃い系の味わいながらも最後まで飽きずにペロリと完食。さすが五行、まとまり感抜群の上出来なる味わいに感心。そして客単価を上げるため、セットメニューのみでラーメン単品では売らない商売上手な営業スタイルにも、改めて感心(?)。

五行:焦がし醤油らーめん五行セット850円。福岡市中央区今泉1-18-26。 11:00~15:00&17:00~26:00、無休。Pなし。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン127● うどん79●そば16● その他65
◎今月の総ジョグ距離:46km / 通年693km

Posted by heno at 13:06 | Comments [0]

2008年08月13日 水曜日

●染みる一杯

麺が好きィ~!によると、一風堂の本店と姪浜店で、「オリエンタル冷麺」なる夏麺が楽しめる模様。「アンチョビが加えられたという、ごまダレやだいだい酢が織りなす爽やかで豊かな味」ですかぁ!こりゃ興味津々……。

ロートタムの楽しき人生によると、いっぷく@熊本に「まぜ麺」なる新メニューが登場した模様。自慢の手作りたまご麺を濃縮豚骨&和風だしのタレでまぜて食べるのだとか。コレまた興味津々!そしてしかも、来週月曜火曜の18時からは両日先着100名限定で無料サービスをされるとか!実はその日は我が家の夏休み熊本旅行の真っ最中なのだぁ。コリャ行きたい!!でもメッチャ並ぶだろうなぁ~……。

悠翔樹ラーメン◇悠翔樹 

久しぶりの悠翔樹ラーメンは相も変わらずシミジミ滋味。
軽やかな口当たりとともに優しく広がる
柔らかな豚骨ダシの旨み。
そして、そのラーメンを端正に作る若き店主&奥さんの
夫唱婦随の仕事ぶりに、
最近仕事が忙しくすさみがちな我が心身が
自然とゆったり癒される午後の一時。

やっぱり好きです、悠翔樹。

悠翔樹:悠翔樹ラーメン480円。福岡市中央区笹丘1-35-20。 11:30~14:30&18:00~23:30、日曜休み(盆休みは8/16&17)。Pなし。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン126● うどん79●そば16● その他65
◎今月の総ジョグ距離:36km / 通年683km

Posted by heno at 12:45 | Comments [0]

2008年08月12日 火曜日

●南奔北走

先週末は鹿児島串木野へ一泊二日出張し、週明けは連日北九州へ日帰り出張。よく働き、よく啜れ!

ラーメン◇一吟 

「筑後市で一番好きなラーメン店」とのチャンポン仮面の麺日記リポに惹かれ
ずっと啜りたかった念願の一吟のラーメンは、なるほど超美味!
クイクイっと喉を擽る豚骨だしの風味が、めっさマーベラスなスープと
気持ち細めの中麺の勢いある啜り心地の取り合わせが、もう夢心地!!
イニシエ全開のゆで卵スライスに
薄く切られたチャーシューの滋味具合も完璧。
ホントいい仕事してるよなぁ~と、感服しきりで夢中に一気喰い!

神酒の麺道楽によると、
巷で評判店ながらも未食の
アノ久留米屋@久留米の流れをくむ店なのだとか。

こりゃ久留米屋も近々マストで啜りたひっ!

20080810_014

枕崎かつおラーメン、加世田かぼちゃラーメンと並ぶ
鹿児島三大珍味ラーメンのひとつ、串木野まぐろラーメン。
てっきり街興し用の色物ラーメンと思いきや、なんのなんの。
柔らかな鶏ガラ醤油風味の奥に
さり気なく顔を出す魚介ダシの旨さがハマリ系。

 

串木野市内の十数軒がそれぞれが独自のアイデアを競うという
まぐろラーメンだが、
第一回まぐろラーメングランプリで総合優勝したという蘭々は
数種類の野菜とマグロの頭からとった独自のスープが自慢。
竜田揚げと独自のタレに漬け込んだヅケの2種類のマグロが具にのる。
仕上げにワサビを添えて啜れば、
お茶漬け風の味わいに変化する様も、あな楽し。

小盛肉うどん◇柴山

小倉南区の住宅街の一角にある看板のないうどん屋、柴山。
名物肉うどんは、キリリと醤油味のスメと
さっくり煮上げられた牛角肉が、イヒヒと美味。
製麺所製らしきうどんも、
ぽよんとした可愛いコシとネットリと艶っぽい口溶け感が妙に美味。

「肉汁うどん450円」との気になるメニューもあり。
もしや東村山肉汁うどんではあるまいが、と尋ねると
肉抜きの肉うどんとのこと。 

肉うどん◇加代ちゃん

いやはや麺目ないの怒濤の小倉肉うどんリポの中で
妙に惹かれた「節」を目指すも、一足早い盆休み。
で、その向かいの加代ちゃんの転がり込むと、
ドロンと濁ったスメの見た目が象徴的。
私が今まで食べた小倉肉うどんのスメは
すべからくキリリと鯔背な醤油味だったが、
加代ちゃんのスメは 
肉を甘辛く煮たダシの味が色濃く映る濃密系。
肉も脂身の少ないホホ肉がほとんどだったが、
ココのは適度に脂身が混じるすじ肉。
甘辛な煮味も手伝って、トロトロとほっこり美味。

 

一吟:ラーメン500円(?)。福岡県筑後市前津699。11:30~15:00&17:00~22:00、火曜休み。Pあり。

中華料理 蘭々。鹿児島県いちき串木野市昭和通285、。11:00~14:00&17:30~21:30、月曜休み。Pあり。

柴山:小盛肉うどん600円。北九州市小倉南区上葛原1-4-5。北九州市小倉南区上葛原1-4-2。Pあり。

加代ちゃん:肉うどん550円。北九州市小倉南区横代南町3-13-1。11:00~15:00。Pあり。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン125● うどん79●そば16● その他65
◎今月の総ジョグ距離:27km / 通年674km

Posted by heno at 21:45 | Comments [4]

2008年08月08日 金曜日

●墨汁担々麺

薬院の取引先へ荷物を受け取りに行き、サクッと昼麺。立秋を過ぎたとはいえ、まだまだ目一杯暑い……。ならば熱々辛々麺で暑気払いと、ほったらかしだった宿題店の一軒であるkitchen 赤星へ。

赤星 

薬院の小さな飲食店が並ぶ裏通りに2年前にオープンした赤星。夜は居酒屋らしいが、昼は担々麺専門店として営業している。午後1時過ぎ、木を基調とした温もりのあるインテリアの店内は、先客2名。カウンター席に座りメニューを見ると、担々麺が「赤 550円」と「黒 650円」の2種類載っている。

赤の方が筆頭に書かれている=店の基本メニューのようだし、しかも黒より100円安い。通常なら迷うことなく赤をたのむところだが、突如麺神が降臨し、

黒やぁ。黒を啜りなはれ~。

で、麺神のお導き通り、黒をたのむ。

黒タンタンめん◇赤星

ほどなく運ばれてきた黒担々麺は、その名に恥じず正に真っ黒。沖縄名物イカスミ汁のごとく、スープが墨色に黒く深く濁っている。コリャまたエラク迫力満点、ならばコチラも気合いを入れて臨戦だぁ!

卓上のレンゲをむんずと掴みスープをすくうも、わずか数ミリ奥のレンゲの底が見て取れない。コリャとことん墨汁スープだぞぉ、と一口啜れば、

うわぁ、コリャ濃いわぁ…。うわぁうわぁ、コリャ旨いわぁ~!!

啜った瞬間、口いっぱいに広がる黒ゴマの芳醇な風味。おそらく大量の黒ゴマをトコトン細かに掏り上げて、さらに丹念にスープに溶かし込んであるのだろう。墨汁なる見た目通り、いや見た目以上にコレでもかと香り立つ濃密なる風味がタマラン美味!

適度な酸味と辛味が脇を固め、さらにその奥には様々な味わいをひとつに繋ぐ鶏ガラだしの旨味。合わさる麺は気持ち細めの中麺。シャクッと素朴な口溶け感がコレまた我がツボ。太モヤシの下には辛肉味噌が隠れていて、味わいに更なる深みを演出。コレでさらに山椒がきいていたら、正に完全無欠の我がツボ担々麺。

居酒屋のランチメニューとは思えぬ本格仕様の味わいに感服。ああ旨かったと1000円払い精算すると、400円おつりが返ってくる。

「黒担々麺は650円でしょう?50円おつりが多いよ。」

と伝えると、

「いえいえ、午後1時以降はタイムサービスで全メニュー50円引きです。」

とのウレシイ返事!うん、気に入ったぁ!!夜は様々な焼酎が格安で楽しめるようだし、次回は夜営業の名物メニュー、担々餃子を食べにくるぞっ。

kitchen 赤星:黒タンタンめん650円(13:00~14:00は50円引き)。福岡市中央区渡辺通4-1-20。12:00~14:00&17:30~26:00(日祝は17:30~23:00)、不定休。Pなし。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン123● うどん77●そば16● その他65
◎今月の総ジョグ距離:18km / 通年665km

Posted by heno at 13:07 | Comments [0]

2008年08月07日 木曜日

●チャンポン、チャチャチャ!

佐賀×○にチャンポンに関するオモロー記事が。あの安住紳一郎がチャンポン・フェチだったとは……。

社長ブログによると、秀ちゃんラーメンに夏麺2種がデビューの模様。魚介系コラーゲンゼリー入りの、ぷるるんとろろヘルシーサラダ麺と、赤いピリ辛麺のチーズ.コーン.クリーミーラーメン。いずれも九州ウォーカーと共同企画の「究極の女の子ラーメン」なのだとか。そして更にこんな写真も。コレってひょっとして、カレーつけ麺??だとしたら、マストで啜りたひっ!

○新店情報玉手箱、俺コレ!に、またも気になる新店情報。鹿児島の塩ラーメン専門店麺’sら,ぱしゃが、6月の佐賀県鹿島市に続き、10月には福岡周船寺にオープン予定なのだとか。そして、福岡にまたもうどん新店がオープンするとのこと。

Posted by heno at 23:37 | Comments [0]

●紫川ブルースフェスティバル2008 in KOKURA

MURASAKIGAWA BLUES FES 2008

今朝の西日本新聞朝刊でこのイベントと知り、ビビッとシビレまくりっ!「50過ぎのブルース好きオヤジが一念発起し主催するブルースバンド・フェスティバル」てぇのが、泣かせるじゃあ~りませんかぁ!しかも、出演者の中に、中野茂樹さんのお名前が!!彼のアノ超絶のブルースハープ演奏が聴けるのか!!!

メッチャ観たい、聴きたい、盛り上がりたい!

んがぁっ、既に仕事の予定が入っているぅ~~………。

働き盛りはツライぜよぉ。

紫川ブルースフェスティバル2008 in KOKURA
2008年9月7日(日) 14:00 ~ 20:00
リバーウォーク北九州横 特設ステージ
福岡県北九州市小倉北区室町1-1-1
料金 無料   お問い合せ  Lefty's Bar 093-533-5181


出演(abc順)

  • デルタ兄弟(from 埼玉)
  • Doggone(from 福岡)
  • ハリケーン湯川 & マジックロッカーズ(from 福岡)
  • HOLI HOLI & TARROW(from 小倉)
  • Lefty & Lee Blues Band(from 小倉)
  • 森永セイジ & Boogie Child(from 徳山)
  • ROKKET副島 & RIDIN' HIGH(from 福岡)
  • MC:コロンビア浦野

DVC00001 

再訪を心に誓ったはずなのに、すっかり忘れてしまっていたあきこのちゃんぽん。昨年1月のオープン当初に啜って以来、超久方ぶりに訪ねると、正午半のゴールデンタイムとはいえ、店内はほぼ満席状態の大盛況。

あははぁ、コリャ旨いわぁ……。うん、コレなら人気が出るはずだ。

待つことしばし、運ばれてきたチャンポンのスープを一啜りしたその瞬間、店の活況ぶりに素直に合点。優しく柔らかな口当たりとともに、まるんと豊かに広がる鶏ガラだしのた旨み。まるで鶏そのものを食べているかのごとく、膨らみのあるおやかな味わいに、ひたすら感服。そして麺も半端じゃなく旨い。むにゅ、むにゅにゅぅ~とふくよかに抗い、ねっとりと解ける口溶け感は、昨日の加州屋のうどんにも相通ずる艶系美味。

コリャ是非もので近々再訪&ギョ!さんオススメの五目ラーメンも啜らねば…。

あきこのちゃんぽん:ちゃんぽん630円。福岡市中央区薬院3-12-22。11:30~23:00、月曜休み。Pなし。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン123● うどん77●そば16● その他64
◎今月の総ジョグ距離:9km / 通年656km

Posted by heno at 12:42 | Comments [4]

2008年08月06日 水曜日

●純粋小麦粉うどん

satoyanのうちごはんによると、数々のアイデアメニューを考案した唄う!手打ちうどん稲穂に期間限定夏麺が登場した模様。その名も「冷やかけカレーなんばん」!冷やかけということは、冷たいカレーすめってこと??1日限定10杯提供とのこと。コリャまたメッチャ気になりまくりっ!

加州屋 

 もみじ志成しん田など、最近になく新規美味うどん店開店が続く福岡に、またもオモロ~なうどん店が開店。もとpさん情報をたよりに訪ねると、舞鶴2丁目交差点角のビルの一階。以前はほか弁だった店舗がいつの間にか加州屋なるうどん屋に変わっている。

広々とした店内は白木を基調とした高級感溢れるインテリア。入って右手のカウンター席も10mは優にあろうか?立派な作りがまるで高級寿司屋のそれ。店員に聞くと6月下旬にオープンしたのだとか。

左手のテーブル席に座りメニューを見ると、かけうどん430円を筆頭に温うどんが10種ほどと、冷うどんが3~4種。中心価格帯が600円と、高級インテリアにお似合いな高めの価格設定。我が麺喰い信条にA[初う店はごぼ天」をたのむ。

ごぼう天うどん◇加州屋

ほどなく運ばれてきたドンブリからは、イイ感じに抑揚のきいたナンとも麗しきダシの香り。うむぅ、コリャ旨いに違いないっ!と、早まる気持ちを抑えつつ、まずはスメを一口啜る。と、口当たりはチト物足りないくらいにあっさりだが、すぐ後から魚介ダシの滋味なる旨みがジワジワジワァと顔を出す。醤油や塩気も極力控えめ。ダシの旨みの輪郭を際だたせるために必要な最小限量にとどめてある。

柔らか。なれど、芳醇。

コレ正に丁寧かつ誠実な仕事のみが成しえるウルトラ滋味。派手さを一切廃した癒し系の味わいに、我が麺心はメロメロとメルトダウン。

そして、うどん。気持ち太めの中麺は、滋味スメに負けず劣らずコレまた地味。おそらくタピオカ粉やドングリ粉などの演出系の粉は一切廃した純粋小麦粉うどんなのだろう。むにゅ、むにゅにゅぅ~と解けていくコシと風味が、素朴に旨し。よく有りそうだがナカナカお目にかかれない朴訥美味うどんとの出会いに心躍る。

「讃岐風博多うどん」とのもとpさんの表現が言い得て妙。ナンちゃなさそうで、その実ちゃっかり個性的なオモロうどん。コリャ是非とも冷うどんも近々啜りたひっ。次回はもとpさんが啜ったというぶっかけタイプの「羅府うどん」か?

と、ここで気になりネットで検索してみると、「羅府」はロサンゼルスの、そして屋号の「加州」はカリフォルニアの漢字表記なのだとか。

カリフォルニア屋のロサンゼルスうどんかぁ……。

超オモロ~~!ですよねぇ??

加州屋:ごぼう天うどん560円。福岡市中央区舞鶴1-2-11。11:00~16:00、日祝休み。Pなし。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン123● うどん77●そば16● その他63
◎今月の総ジョグ距離:0km / 通年647km

Posted by heno at 12:35 | Comments [2]

2008年08月05日 火曜日

●ウレシイう新店情報

○拙ブログへ寄せていただいたもとpさん情報によると、昭和通りの通舞鶴1丁目バス停付近浜側に「加洲屋」なるうどん新店がオープンした模様。「讃岐風博多うどんって感じでまぁまぁいけてます。」とのこと。志成に続く讃岐系オープン、コリャ近々マスト喰い!

○同じくunivさん情報によると、潤@西新に冷やし中華が登場した模様。そう言えば、最近トンとご無沙汰の潤。麺が美味な店だけに、イイかも、冷やし中華……。

店主のブログによると、五島軒に盆明けに新メニューが登場する模様。ゴーヤやニンジン、太モヤシなど野菜満載の「ビビン麺」の正体や如何に?

Posted by heno at 23:58 | Comments [0]

●発令!つけ麺ウハウハ注意報

数年前からくすぶり続けていたが、今年になって一気に大爆発した感のある福岡つけ麺ブーム 。つけ麺という食べ方自体がまだまだ真新しい=創意工夫のし甲斐のあるメニューゆえ、店ごとに楽しめるオリジナリティが魅力。

翔山 

ちょいグルおやじの美味しい毎日!のリポを読み、興味津々だった翔山@飯塚市。 久方ぶりに訪ねると、店頭には「つけ麺といえば翔山」との強気の看板。

午後2時過ぎの店内には先客ナシ。カウンター席に座り壁上部に張られているメニューを見ると、「和風ダシとトンコツを合わせた」和風に、「やさしい酸味とコクのトマト味」のイタリア風、「ピリッとパンチの効いたカレー味」のインド風に、「四川ピリ辛担々麺風」の中華風、そして「ラーメン風にアレンジした」ぶっこみと、5種類のつけ麺をラインアップ。

和風つけ麺◇翔山

店主の薦めに素直に従いたのんだ和風は、すっきりとまとまりのよい温つけ汁。素直なダシの旨みでストレートに喰わせるタイプ。魚粉や脂で強引に風味を演出する最近流行のゴテゴテ魚介豚骨系とは一線を画する滋味なる味わいが、ググッと我がツボ!

gaku@久留米を彷彿とさせるスッキリ美味な温つけ汁だが、合わさる麺はgakuのフェミニン中太麺とは両極のブリブリ極太麺。気持ちきつめに締めてあるせいか、カキンと硬質な歯触り&コシが男麺。

温つけ汁&麺ともカナリ好みのつけ麺だが、唯一惜しむらくは、〆のスープ割りが出来ないこと。ズズッと一気に啜り終えた後、思わずほっと寛ぐその瞬間に、温かスープ割りは不可欠かと。

とは言いつつも、全体的には大満足。ココ翔山に、久留米のGaku、鳥栖の仁と、福岡都心のみならず周辺都市にもジワジワと広がる美味つけ麺文化。あぁ久しぶりにGakuのつけ麺が啜りたひぞっ!

らーめん翔山:和風つけ麺(中)750円。福岡県飯塚市川津282-1。11:30~21:00、無休。Pあり。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン123● うどん76●そば16● その他63
◎今月の総ジョグ距離:0km / 通年647km

Posted by heno at 23:34 | Comments [2]

2008年08月04日 月曜日

●太麺それぞれ

福岡麺通団のHPによると、新夏麺ねばとろがデビューした模様。「すりおろした山芋に納豆とオクラを加えた、ネバネバパワー炸裂の一品。」ですとぉ?ぶっかけタイプなのだろうか??出来れば冷やかけで食べてみたいっ!!

黄金の福ワンタンまくりのHPによると、今年の夏麺は盛岡冷麺、冷し中華ゴマだれ、冷製汁なし油麺の3種がラインナップ。

○呑んだらとことんに、とまと家の冷やしつけ麺魚だしとんこつラーメンのリポが上がる。うぬぅ、ナニやらビミョ~~……。

特濃中華そば◇博多元助 

薬院の取引先での仕事を前に、サクッと昼麺。せーじの『とりあえず喰っとけ!』でその存在を知った博多元助の新メニュー、特濃中華そばを啜る。

つけ麺用の極太麺を流用したという特濃中華そばは、スープもつけ麺用の温つけ汁の改良型か?ガッツリと脂&魚介だし、いや、魚粉だし&醤油ダレがききまくった濃厚味のスープは、かなりの酸味もきいていて、味の印象は限りなくつけ麺のそれに近い。コレはコレで旨いのだが、あまりにもコッテリ濃厚味。太麺&醤油と言えば、大阪高井田系。住吉光洋軒のようなスープに仕上げてくれると、とてもウレシイのだが。

せーじさんもリポの中で書かれていたが、特筆すべきは麺の旨さ。極太麺でありつつも、啜ったときのスルッと口に収まる感じ然り、噛み込んだときのプニュッと弾ける可愛いコシ然り、なんとも小粋な印象さえ感じるスマート美味。つけ麺で食べたときより数段旨しっ!コノ手の麺は冷より温でその真価を発揮するのかも。次回は是非とも、あつもりでつけ麺を楽しみたひっ!

夜8時、無事仕事が終了し、打ち上げかねて平尾のcross + roadsで飲む。

カフェスタイルから洋風食堂居酒屋系へとメニューが一新。「鶏の竜田揚げ納豆ソース」は、米粉のカリッとした食感が楽しい竜田揚げ&トロリと旨いアボガド&納豆風味のトマトソースの取り合わせがオモシロ美味。どの料理も一手間&一工夫あり、ナンとも愉快。

つけ麺◇博多新風

そして〆はつけ麺だっ!とまるげんへ向かうも、定休日。ならばと向かった新風のつけ麺が、大当たり!!ナンと、以前よりも数段麺が旨くなっているではないのぉ~~。

啜った時の適度なガサゴソ感が心地よく唇を擽る。そして、噛み込んだ瞬間はフワリと柔らかなれど、その奥に顔を出すムッチリと抗うコシ。麺自体の出来の良さはモチロン、茹で具合&締め具合とも完全無欠。博多元助の極太麺がスマート美味なら、こちらは技アリ素朴系美味。「固い=コシではない」を見事なまでに具現化した、懐深い食味にウットリ。

そして、ポッテリ魚介豚骨の温つけ汁はソレなり美味なれど、〆のスープ割りがコレまた超美味。わざわざスープ割り専用の鶏ガラスープで、アッサリと仕上げただけのことはある。もし福岡近郊のつけ麺スープ割り選手権が開催されたら、ダントツ優勝間違いナシっ!

昨日はカミさんと二人、
とある名店と言われる老舗で蕎麦屋昼酒。
一ノ蔵の冷やは文句なしの美味だが、
アテにたのんだ蕎麦味噌がチョット疑問…。
そして〆にたのんだ鴨せいろが大いに疑問……。

鴨つゆのコクの無さも悲しいが
ソレよりナニより、これっぽっちも「勢い」を感じないコノ蕎麦は……?
ひょっとして機械打ちに変えたのだろうか。

博多元助:特濃中華そば750円。福岡市中央区薬院2-2-4。11:30~22:00、不定休。Pなし。

博多新風 つけ麺700円。福岡市南区高宮1-4-13。 12:00~14:00&18:30~22:00、火曜休み。Pなし。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン123● うどん76●そば16● その他62
◎今月の総ジョグ距離:0km / 通年647km

Posted by heno at 23:42 | Comments [2]

2008年08月02日 土曜日

●夏麺続々

行け!…てない麺'sおやじに山頭火@ルクルのつけ麺実食リポが。極太麺&醤油味温つけ汁は我が好みのタイプっぽいが、900円という価格はあまりにも高価…。店頭の写真には、「とろ肉冷やしラーメン」の張り紙も見て取れるが、きっとコレも高いのでしょうねぇ…。

「にゅうとらる」と「2CV」の のんびり生活に、牧のうどんの「冷レモンおろしうどん」の実食リポあり。どうやらぶっかけタイプの冷メニューようだが、ふと考えてみると、私は未だ牧のの冷メニューを一切食べたことがないことに気付く。今年の夏こそ啜ってみるかぁ?

Posted by heno at 23:27 | Comments [0]

●ネオ滋味礼賛

20080802_002[2]

 

先月4日にオープンしたというラーメン輝。住所をたよりに尋ねると、おぉココは以前は竜盛堂だった店舗じゃないか!

店頭の紫の幟には「命の素材は食の魂 麺を遊び命を楽しむ」との文章が染め抜かれている。そして店内のメニュー表には「麺とスープにトコ豚こだわりました」との一文。ナンとも大仰なコピーだらけの、こけ脅かしFC系のラーメンか?と疑心暗鬼で啜ってみる。と、

わぁお、旨いやん……。コレ、めっさ旨いやん!!

ナンとも嬉しい誤算。ちゃっちゃくちゃらに我がツボのネオ滋味に、一発でフォーリン・ラヴ!!

20080802_001[2]

タレは少なめ&豚骨ダシの旨みで喰わせるストロング・タイプのスープは、一口目の口当たりこそ心許なく感じるも、啜れば啜るほどグイグイと旨みがのってくる様が、正に見事。

唇にうっすら感じるコラーゲン・チックな脂の粘着感は、若き店主の誠実な仕事の証。きっと火加減をしっかり管理し、丁寧にスープをとった結果と見た。

そして麺も、コレまた美味。気持ち太めの細麺は、啜ったときの適度なガサゴソ感然り、噛んだときのムリッと抗う可愛いコシ然り、そして更に噛み込んだときのシャクシャクと解ける食感&素朴な風味然り、ドンピシャ我がツボ!

スープ、麺とも奇をてらう事なき王道誠実味なれど、合わさるチャーシューはトロリと仕上げられた今風味。そしてメンマも敢えて太切りにして、食感のハーモニーを演出。新店ならではの創意工夫もチャンと施された極上ネオ滋味な一杯に魅せられ、思わず禁断の替え玉をコール。

派手さはない。が、きっちり旨いネオ滋味博多ラーメン。コレでもう少し価格が安ければ、天下無敵。

ラーメン輝:ラーメン600円、替え玉50円。福岡県粕屋町大字内橋405-13。Pあり。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン122● うどん76●そば15● その他61
◎今月の総ジョグ距離:133km / 通年647km

Posted by heno at 12:16 | Comments [1]

2008年08月01日 金曜日

●マニアの方ですかぁ?

今週はアチラコチラと日帰り出張続きで、気になる近場麺が啜れず仕舞い。で、久方ぶりの社内勤務。たまりにたまった雑務をアレコレこなし、一段落ついたところで、いざ昼麺。てんこ盛りの近場宿題麺のひとつ、天竺へと向かう。

天竺 

毎度お世話になっている福岡新麺店情報王ブログ俺コレ!で、その存在を知った天竺。なんでもつけ麺を出す新店らしい。住所を頼りに訪ねると、別府の住宅街の一角に、手作り感溢れる真新しい外観。そして壁には、「本物の博多ラーメン通がうなる味」との強気なキャッチコピーが踊る、A4大のラーメン写真入りチラシが2枚。

素朴な外観とFCチックな張り紙のギャップに違和感を覚えつつ引き戸を開け店内を覗くと、外観同様に手作り感溢れる庶民的な内装。そして店の片隅のラジオからはFMが流れている。

「いらっしゃいませぇ~!」

入って右手がカウンター席。奥の厨房には笑顔の髭モジャ店主と、奥さんらしき女性。左手のテーブル席へ座りメニューを見ると、デフォのラーメン450円を筆頭に具のバリエーションで6~7種。いつもなら迷わずデフォのラーメンをたのむところだが初志貫徹、つけ麺をたのむ。

つけ麺◇天竺

ほどなく運ばれてきたつけ麺は、細麺が盛られたざるの器が、なんとも庶民的。さてさて啜る前に、いつものごとく写真に納めておくかと携帯で撮影していると、

「わぁ、マニアの方ですかぁ~?」

と、奥さんの明るい声。

「あはは、マニアじゃないです、ただの麺好きですぅ。」

と照れ笑いしながら応えると、

「つけ麺をたのまれるお客さんは、ちょっと変わった方が多いですねぇ。」

と、髭モジャ店主。

ナンともアッケラカンとした二人の明るい笑顔が居心地良し。

そしてつけ麺も二人のキャラ同様に、アッケラカンと庶民味。ピリリとコチジャンらしき辛味噌がきいた温つけ汁と、ラーメンの麺を流用しているという冷細麺の取り合わせは、一昔流行った冷つけ汁&冷麺タイプを周到した懐かし味。温つけ汁には担々麺チックにそぼろ肉と白ネギが入っているし、麺の上にはざるそばチックに刻み海苔。一切てらいのない、朴訥なまでにシンプルなサービス精神が癒し系。

悠翔樹同様の居心地の良さが、グイッと我がツボ。きっとこの店は、シンプルにデフォのラーメンを食べるのが正解か。全品オール50円引きの学割サービスもあるこおとだし、近々チビ達連れて再訪だっ。

天竺;つけ麺700円。福岡市城南区別府1-8-33。11:30~14:30&17:30~23:00、火曜休み。Pなし。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン121● うどん76●そば15● その他61
◎今月の総ジョグ距離:133km / 通年647km

Posted by heno at 12:04 | Comments [8]