2008年08月16日 土曜日

●極旨冷うどん二題

コリャまたタマゲタ的創作うどんに心底感服!!数々のアイデアメニューうどんをリリースしてきた唄う!手打ちうどん稲穂に、超ド級の上出来新作が登場。

satoyanのうちごはんでその存在を知った「冷やかけカレーなんばん」。カレーの冷やかけって一体どんな仕上がりなのか?と興味津々でたのむと、ふむふむ、ナルホドそうきたかぁ~。 

冷やかけカレーなんばん◇唄う!手打ちうどん稲穂 

冷うどんがひたひたになるくらいにかけられたツユは、カレーの冷あんとじ。どらどらと、添えられた木のスプーンで一掬いして頬張れば、冷や冷や&トロトロの食感とともに柔らかく、かつ爽やかに広がるカレーの風味。そして、すぐその後を削り節の豊かな香りが追ってくる。コリャもう立派な懐石料理仕立て。温に比べ冷ツユは自然ダシの風味が落ちるものだが、ナンのナンの。ナンとも芳醇なる滋味風味に、我が麺心は一発でメルトダウン。

モチのロンで、うどんもニヒ旨っ!適度に締められた冷うどんはクニュクニュ抗い、にっちりと解けるさまがコレまた極楽。時折添えられたスジ肉煮込みを頬張れば、トロリと柔らかな食感&甘辛い味わいが好アクセント。そして更にタマラン美味なのが、笹がきゴボウのかき揚げ。おそらく意図的なのだろう。ゴリゴリの固揚げに仕上げてあって、その食感&ゴボウの風味が、滋味カレー冷あんとじの冷トロ感&味わいと、合う!合う!!合う!!!

細やかな仕事の後をソコカシコに感じる、ウルトラ上出来なる創作うどん。870円という価格は十二分に高価だが、この繊細かつ芳醇なる味わいならば、思わず納得。店主のうどんにかける志が十二分に具現化された一杯に、ヒシヒシと感動。

 

冷レモンおろしうどん◇牧のうどんマリナタウン店

長い付き合いなれど、気がつけば未食だった牧のうどんの冷うどん。というのも、おそらく深層心理にあったのだろう。牧ののゴリゴリうどんは冷食にはきっと向かい、温に限る!と。

だが、「にゅうとらる」と「2CV」 の のんびり生活のリポにグッと惹かれ初挑戦した冷うどんメニュー「冷レモンおろしうどん」は、我が愚かな深層心理を軽く一蹴する大衆美味!

 

むにむにと適度に抗い、にっちりと解けるコシとヒキ。そして噛み込むほどに仄かに香り立つ小麦粉の風味。牧ののうどんってこんなに旨かったけぇ?と改めて惚れ直す。

想像通り、ツユはかなり甘めで苦手なタイプ。つけツユとして食べると間違いなくダメなのだが、天かす&大根おろしとともに食べるぶっかけタイプだと、その甘さがジャストミート!さらにレモンとおろし生姜が添えてあるので、最後まで飽きることなくズズッと完食。

うどんの量もタップリで、この味わいで、450円。さすが牧の!と、思わずスタンディングオベーションしたくなる、超ウレシイ大衆美味冷うどんに、ナハッ、ナハナハッ!←今更せんだみつお調で

唄う!手打ちうどん稲穂:冷やかけカレーなんばん870円。福岡市早良区野芥3-24-3。 11:00~16:00、木曜&最終水曜休み。Pあり。

牧のうどんマリナタウン店:冷レモンおろしうどん450円。福岡市西区豊浜3-1- 10ダイエーマリナタウン内。 10:00~20:00、年中無休。Pあり。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン127● うどん81●そば16● その他65
◎今月の総ジョグ距離:58km / 通年705km

Posted by heno at 2008年08月16日 13:35
コメント
コメントしてください




保存しますか?