HENO HENO: 2008年09月 アーカイブ

2008年09月30日 火曜日

●啜欲の秋

うぇこの食日記によると、関西のうどんFC得得が、10月7日、福岡市博多区に開店するとか。で、早速得得のホームページをチェックすると、わぁお、「イベリコ豚ざるつけ麺」?!どうやら我が好みの温つけ汁&冷うおどん=武蔵野肉汁うどんタイプかぁ?コリャ是非とも啜りたひっ。

中年男の奮闘記によると、俺コレ!で既報の新ラ店、麺屋 楓の醤油ラーメンがナカナカに美味なのだとか。コレまた是非とも啜りたひっ。

店主ブログによると、わくうで今週3日(金)つけ鍋がメニュー再開&明日1日夜のドーモで紹介されるとのこと。

Posted by heno at 23:59 | Comments [0]

●コレも滋味

正午前、大牟田市での打ち合わせを終え、ズズッと昼麺。

かなり以前にMANIC  SOMEDAYでその存在を知りズッと気になっていた天理スタミナラーメン。なぜか最近アチコチのブログで取り上げられているのを読み、興味が再燃。

スタミナラーメン

住所を頼りに訪ねると、大牟田市の隣、高田町の幹線道路から随分と入り込んだ辺鄙な立地。テントとおそろいの赤と黄のツートーン引き戸を開けると、正午前の店内は先客わずか一名のみ。まぁコノ立地じゃなぁ、と納得していると、なんのその。正午を過ぎるやいなや、次から次へと来客が続きアッと言う間に満員御礼。地元ではカナリ人気の店のようだ。ラーメンはスタミナラーメンと味噌ラーメンの2種類アリ。モチのロンで看板メニューであるスタミナラーメンをたのむ。

2008_0930_115855AA 

白菜とニラと豚肉のあんとじ醤油スープは、ニンニク&唐辛子味噌風味。そして合わさる麺はカナリの細麺。奈良の天理スタミナラーメン彩華ラーメン。そして大阪の神座と、関西ではソコソコ馴染みのタイプなれど、九州ではおそらくココと、あずま屋@久留米市ぐらいか?

見た目の割には随分と薄足な、いわば変則広東麺。熱々スープとテロテロ細麺を、はほはほズルズルと啜り続けていると、徐々に徐々に旨味がのってくる様が、ほっこり癒し系。

天理スタミナラーメン濃施山店:スタミナラーメン500円。福岡県みやま市高田町濃施786-2。11:30~14:00&17:00~25:00、 水曜休み。Pあり。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン156● うどん96●そば22● その他80
◎今月の総ジョグ距離:41m / 通年796km

Posted by heno at 12:11 | Comments [0]

2008年09月29日 月曜日

●移ろうもの 不変のもの

きっかけは、昨晩放送されたテレビの大食い競争番組。決勝戦のお題はラーメン。ひたすらガツガツとラーメンをカッ喰らう男女3名を見ていると、ふと我の鼻をくすぐるアノ香り…。おかしいなぁと、鼻をぬぐってみてもやっぱり臭うぞ、臭うぞ、コリャ間違いなく元祖のラーメンの臭いでないかぁ。

「ラーメンをガツガツ食べたい→元祖をガツガツ食べたい→元祖といえばクサイあの臭い」との思考連鎖が成せる技か、現実に目の前に元祖のラーメンが置いてあるかのように、鼻が臭いを感じているのだ。

コレ正に魂麺ナリ。

早速出かけて啜りたい!が、すでにべろんべろんに酔っている。ならばカミさんに連れて行ってもらうかと思いきや、風邪気味で微熱に苦しみ既に床の中……。

で、今日の昼は迷わず元祖。午後1時過ぎに着くと、小雨降る中、順番待ちの行列が。 普段なら行列御免と早々に諦め他の麺屋へ走る我なれど、なにせ昨晩から思いっきり元祖モード。大人しく行列の最後尾に並び、ジッと順番を待つ。

2008_0929_133841AA

 

さすがに元祖、客の回転がはやく、思いの外早々に店内へ。今日はガッツリ替え玉チャレンジ、久方ぶりにデフォ+替え玉2玉を平らげてヤルッ!と気分はすっかりフードファイター。

なれど、デフォを啜り終えたところで既にかなりの満腹気分。負けてなるかと替え玉コール、卓上のゴマと紅ショウガをドッカリとドーピングして、わしわしと麺を喰らう。が、もう限界……。替え玉2玉は、若き頃の思い出の一コマ。中年ポンコツな今現在の胃では至難の業。

ちとクヤシイ。が、これも時の流れか。
うん、今度チビ達を連れてきて、
思いっきり替え玉チャレンジさせてやるかなぁ。

Posted by heno at 13:36 | Comments [0]

2008年09月28日 日曜日

●新うメニュー続々

店主ブログによるとに五島軒に来月10日、五島うどん新メニューが2種登場する模様。ラーメンのスープをそのままうどんに流用するのであろうか?まぁ、魚介だしがバリッときいたあのスープなら、うどんのスメに使っても十二分に旨いかも。五島うどんならばいっそのこと、名物の地獄炊きうどんをアレンジしたメニューもオモシロイかも……。

店主ブログによると満月も近々新メニュー「とりそぼろうどん」がデビューする模様。当初は普通の温かけうどん仕様を予定していたが、本日の試食の結果、温ぶっかけ仕様も考慮するとか、しないとか。コレまた楽しみでんなぁ~!

○今度の土日に行われるミュージックシティ天神だが、我がツボのジャズ・コンボ「福岡城」は今年も大丸パサージュ広場に出演。5日(日)12時からのステージをチェケラッチョっ。だがしかし、私は今年はすでに仕事の予定が……。うう~ん、残念っ。

 

外資系サラリーマンから専業農家へ転職した著者が、その経歴を生かし、農業をビジネスとしてとらえ、シミュレーションやデータ化することにより、生産性と収益性を上るテクニックを紹介。文章から滲み出る著者の人柄の魅力も加わり、グイグイと引き込まれマクリ。草臥れた中年親父サラリーマンである我をその気にさせる、現実逃避的夢想が楽しい癒し系の一冊。

Posted by heno at 23:03 | Comments [0]

2008年09月27日 土曜日

●楽しや蕎麦屋酒

午後3時、朝からの仕事が一段落したところで、所用をすませに天神へ。午後4時半、その所用も終わり、さぁ遊ぶぞと、大名のボーダーラインで中古CD探し。

ジャケット面が正面に見えるように展示してあるので、人差し指と中指でパタパタとCDケースを送りつつジャケットを確認し、欲しいCDを探す。見知らぬジャケットに混じり、突如思い出深い旧譜のジャケットが現れ、消える。

束の間の懐かし気分も楽しみつつ、小一時間。久保田真琴の「ON THE BORDER」を買い、再び大名をぶらぶらと歩き出す。と、突如麺神のお告げが聞こえる。

「汝、休日の楽しみといえば蕎麦屋酒じゃろう?」

そやなぁ、エエなぁ、蕎麦屋酒!で、GO SOUTH!いざ行かん、くろ麦へ!!

2008_0927_170918AA

蕎麦屋酒の定番である菊正宗の樽を冷やでたのみ、
一緒についてくる蕎麦味噌をなめつつ待つことしばし。
運ばれてきた鴨汁そばがきは
ねっとりと風味豊かなそばがきと
ぽってり美味な鴨の取り合わせが、ソリャもう極旨。

2008_0927_170250AA

幅広に切られた蕎麦生地を
気持ち甘めのだし醤油で食べる蕎麦刺し。 
きにゅっと抗うコシと
噛み込むほどに広がる蕎麦の甘みが
コレまた日本酒の最良の友。

 2008_0927_180505AA

麺友と互いの仕事のことなどアレコレ話しつつ、樽を2合楽しんだところで
蕎麦焼酎のそば湯割に切り替え、
〆は蕎麦屋酒定番のアテ、だし巻き。

焼きたてほかほか熱々を、はほはほ喰らえば
ふかふかの食感とともにほんわり広がる素朴な甘み。
そして蕎麦の香り立つ熱々焼酎。

あな極楽なり、蕎麦屋酒。

2008_0927_183839AA

そして〆麺は、麺友のリクエストに合わせ、元助であつもり。
先日の翔山然り、
やっぱコノ手の極太つけ麺は、冷より温麺の方が我が好み。

2008_0927_113802AA

昼は俺コレ!で開店を知った來幸。

ラーメンは豚骨醤油の「赤」に豚骨の「白」と、鶏ガラ醤油の「黒」の3種。

鶏ガラより削り節の香りが立つ「黒」は
一瞬、青葉@東京中野チックと言えなくもない。
ラーメンの味わい&店全体のオペレーションが落ち着いた頃、再訪かな。

くろ麦:アレコレ飲んで食べて、ひとり3000円。福岡市中央区薬院2-4-5。 11:30~14:30&17:30~20:30(土日祝:11:30~20:3)、水曜休み。Pなし。

博多元助:つけ麺850円。福岡市中央区薬院2-2-4。11:30~22:00、不定休。Pなし。

博多そば來幸:黒ラーメン250円(開店価格、通常は500円)。福岡市早良区飯倉4-1-7。Pあり。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン154● うどん96●そば22● その他80
◎今月の総ジョグ距離:41m / 通年796km

Posted by heno at 17:20 | Comments [2]

2008年09月25日 木曜日

●浮気禁物

飯塚へ日帰り出張。午後1時、仕事が一段落着いたところで昼麺パワーチャージ。長年の宿題店である時計台へと向かうも、臨時休業の張り紙……。トホホな気分で、時計台近くの翔山へ緊急避難。

20080925_005

 

今日は前回気になったインド風つけ麺でイクか!と店に向かえば、店頭に「味覚の秋 期間限定 きのこつけ麺 うまい!!」との看板が。

うむぅ、「期間限定」?「うまい!!」??
うむむぅ……、うん、きのこつけ麺をあつもりでクダさ~い!

和風きのこつけ麺◇翔山

待つことしばし、運ばれてきたきのこつけ麺の温つけ汁は、シメジやマイタケなどのキノコ類とともに表面に浮かぶ脂が、ナカナカの迫力。どらどらと、ざぶんと麺を潜らせズズッと啜れば、醤油ベースながらも芝麻醤チックな胡麻ぽい風味と表面に浮いた脂の甘みが、かなりの濃い味。前回食べた和風つけ麺のそれをベースにしながらも、アレコレとプラスアルファな調味がなされているようだ。

特筆すべきは食感の楽しさ。あつもり太麺のモフモフと、さまざまキノコのキニュキニュが、口の中でオモロ~食感コラボ劇場。

インド風つけ麺◇翔山

と、そこへ同行スタッフN牟田さんがたのんだインド風つけ麺が運ばれてくる。

おおぉ~?!インド風つけ麺は平麺なのかぁ~!!

我の太麺と違い、きしめん状の偏平太麺がナンとも艶やかに盛られている。そして温つけ汁からはカレー特有の食欲をかき立てるアノ香り……。

こりゃタマらんなぁ~!と我が太麺で一口お裾分けをイタダクと、ぶわっと広がるカレー風味の奥に、ちょこっと顔を出す和風だし。コレを艶やか平麺で啜ったら……。

あっちゃぁ~、やっちまったなぁ。(←モチのロンでクールポコ調)

次回こそ浮気せずにインド風つけ麺を啜るぞと、固く心に誓い店を出る。

らーめん翔山:きのこつけ麺(中)850円。福岡県飯塚市川津282-1。11:30~21:00、無休。Pあり。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン153● うどん96●そば22● その他79
◎今月の総ジョグ距離:41m / 通年796km

Posted by heno at 13:15 | Comments [2]

2008年09月24日 水曜日

●恐るべし、一蘭

とある方からのメールによると、一蘭の那の川日赤通り店が長期の改装工事を終え、昨日23日に新装オープンするも、そのオペレーションが驚異的にユニークなのだとか?!以下、その方からのメールを転載いたします。

【驚き感想①】

食券買うときにビックリ!!

ラーメン790円...

替玉190円....

【驚き感想②】

入り口手前に、食品関係の工場の入り口にありそうな、エアー何とか?

空気の吹き出し口がいくつかある滅菌処理みたいな部屋を通され中へ。

【驚き感想③】

なんとセルフサービス...

この値段で...

席番号で呼び出しがかかり、受け取りカウンターへ...

【驚き感想④】

替え玉したら、どんぶりに替え玉入れて、

変な鍋のふたをしてスタッフが持ってきて...

【驚き感想⑤】

出口は別口で、階段のある殺風景な場所...

ひとりひとりの間仕切り&目の前の暖簾があるカウンター席が名物だった一蘭が更にパワーアップ??ひょっとして、そのうち全店上記のようなオペレーションに変わったりして……。

Posted by heno at 23:09 | Comments [5]

●いえいえ家麺もイイ麺!

徒然なるままに 日暮らし仕事をこなし 麺を啜る。ああ今日も多忙にて会社に缶詰。んで、家麺特集とあいなりましたぁ。

気合い入りマクリの商品名に惹かれ啜ったマルちゃんの「本気盛」なれど
いえいえ、どうしてどうして。
マルちゃんが本気を出せば、こんなもんじゃないでしょう?

うん、次回こそ商品名に負けない力作を!

ずっと長いこと我がデスクの引き出しに
眠り続けていた日清のスープヌードルは
小麦価格の高騰とともに値上げされた
カップヌードルの廉価版。 
んで味わいも、カップヌードルのお手軽版……。

日清オリジナルの「コク旨み玉」入りの火鍋風麺は
韓国温麺チックな歯触りの麺と唐辛子風味のスープの取り合わせが
ことのほか平凡にまとまり過ぎて、ちと面白みに欠けるかなぁ。

もしや?と思い購入したマルちゃんの讃岐風うどんは
ドンピシャ予感的中!

膨らみ感のあるコノうどんは
映画「UDON」のタイアップ・カップ麺のそれではないかぁ!!

太麺フェチの心を擽る商品名に釣られ啜るも
やっぱ汁ナシ麺はよほど旨くないと感動できやしませんぜぇ。

素麺&モズクの冷や冷や二色麺は
あっさりと香り立つ海藻の風味がナンとも滋味。

YAMAMENさんよりいただいたチャンポン用生麺で自家製つけ麺。
予め醤油ダレで煮込んだ手羽元やオクラを具にし、
煮込み汁と濃縮インスタントつゆの素を鍋で煮立たせ、ズズッ。

うん、コレはコレでアルと思いマス!

で、今度は同じチャンポン麺を使い
あつもりカレーつけ麺にチャレンジすると
モチのロンでガハハと旨し!

長崎の外海地区で代々作られている「ドロそうめん」は
その昔、宣教師ドロ神父がその製法を伝えたと言われるご当地麺。
素麺というにはあまりにも太く、五島うどんに負けないほど迫力満点で
太麺フェチの私の麺心を鷲づかみ。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン153● うどん96●そば22● その他78
◎今月の総ジョグ距離:41m / 通年796km

Posted by heno at 13:58 | Comments [0]

2008年09月23日 火曜日

●蕎麦ビアン!な休日

先週末は土日二日とも休日出勤だった。で、今日こそは目一杯遊んでやるぞっ!と気合いは十分だったのだが、老いぼれ身体がついてこず、目が覚めたら既に9時過ぎ……。

カミさんに聞くと、チビ達は既に友達の家に遊びに出かけたという。ならば、夫婦水入らずで蕎麦でも啜ろうよと、久方ぶりにかぜのたみへ向かう。

早いもので3年前か、オープン当初に啜ったきりスッカリご無沙汰のかぜのたみ。店主ブログによると、早くも北海道産の新蕎麦が入荷したという。そりゃ楽しみだと車を走らせ午後1時に到着するも、駐車場は満車。そして、「席に着いていただくまで15分ほどお待ち願います」とのこと。

たかが15分、されど15分。こちとら待つという行為がトコトン苦手な単細胞な麺馬鹿ゆえ、アッサリ諦め次なる蕎麦!太六へGO!

20080923_001

 

コレまた1年ぶりか。久方ぶりに訪ねた太六は相変わらずのホッコリ美味。氷でキリリと冷やされた蕎麦茶を、お茶請けに供された蕎麦味噌を突きつつゆるりと楽しみつつ、カミさんとチビ達の将来の話も交わしつつ、蕎麦の出来上がりを待つ。

茗荷そば◇

夏期限定メニューである茗荷そばは、冷ぶっかけタイプ。蕎麦徳利の冷汁をちょろちょろぶっかけズズッと啜れば、コリッと弾ける蕎麦のコシと、タップリ盛られた茗荷スライスのシャクシャク感&それぞれの風味のコラボが、にひひっと極楽。そしてさらに、茗荷の上に黒く見えるのは粗挽き黒胡椒。ピリリとオリエンタルな辛味と削り節&カエシがグイッときいた冷汁との風味のコントラストが、未体験の面白さ。

クイッと一杯、蕎麦屋酒を楽しむつもりが、「こんなに遠くから自宅まで車の運転はしたくない」とカミさん。そして運悪く(良く?)惹かれる日本酒メニューが載っていなかったこともあり、断念。かわりに蕎麦味噌のお持ち帰りを購入し、帰宅早々ゆるゆる自宅昼酒におぼれる。

蕎麦味噌に加え、好物のホウレン草の白和えやジャコ天の炙りなど突きつつ、一耕の冷やをクイクイ楽しみ、〆はモチのロンで麺!

帰宅途中に購入した二麺。マルタイの元祖長浜屋袋ラーメンでイクか?それと永谷園の超極太蕎麦「噛む。」か??しばし迷うも結論は「日本酒のあとは、やっぱ蕎麦やろうもん!」と、「噛む。」。

茹で時間13分をしっかり守り、付属の温つけ汁用の濃縮袋汁に豚肉スライス&白ネギも加えズズッと啜れば、幅1センチの偏平極太蕎麦のコリッと素朴な風味と甘めの温つけ汁のコラボが、あはん、快感!

 20080923_007

太六:茗荷そば1000円。太宰府市連歌屋2-22-8。11:30~18:00 、火休み(祝日は営業)。Pあり。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン150● うどん95●そば22● その他73
◎今月の総ジョグ距離:41m / 通年796km

Posted by heno at 13:39 | Comments [0]

2008年09月22日 月曜日

●元祖ネタ二題、そして!

朝日新聞によると、棒ラーメンのマルタイが7月中間決算で大幅増益。当期損益が2700万円の赤字から2億6300万円の黒字に転じたのだとか。コレってひょっとして元祖長浜屋カップ麺効果なのか?となれば、新発売の元祖長浜屋棒ラーメンも早々に啜ってみたひっ。

○元祖といえば、せーじのとりあえず喰っとけ!の元祖毎週定点観測シリーズが絶好調。コノ手の企画が成立することこそ、元祖が博多麺好きのサンクチュアリであることの証。末永いシリーズ継続を切望いたしやす。

○そして、私にとってはラースタの六厘舎&大勝軒開店ニュースと同等、いや、それ以上の10月福岡麺Big Newsを、とある方からのメールでいただく。元祖と並ぶ我がSOULラーメンの一軒、未羅来留亭の暖簾分け店が城南区に開店する模様!コリャもう、ちゃっちゃくちゃらに楽しみ、楽しみぃ~!!

トロトロ軟骨ラーメン◇台湾食堂

グイッと我が麺心を鷲づかみした台湾食堂のトロトロ軟骨ラーメン。

トロリと煮られた豚ソーキ肉の旨みと
その煮汁から醤油スープに映る中華香辛料の風味。
そして、ナンとも絶妙に柔揚げの麺と
生レタスのシャキシャキ感との食感コラボ。

大胆かつ繊細。ドンピシャ我がツボのハマリ系。
この内容でこの味わいで550円とは、おそれ入谷の鬼子母神!
こうなると、開店当初はやっていた
チャーシュー焼きネギラーメンを食べ損ねたことが
返す返す悔やまれるなぁ~……。

 

台湾食堂:トロトロ軟骨ラーメン550円。福岡市早良区西新1-9-22。11:00~15:00&17:30~23:00、水曜休み。Pなし。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン150● うどん95●そば19● その他73
◎今月の総ジョグ距離:41m / 通年796km

Posted by heno at 14:05 | Comments [3]

2008年09月21日 日曜日

●「お」繋がりの本格派

ありがたいことにアレコレ仕事がたてこみ、昨日今日と休日出勤。しかも昨日の仕事帰りは午後11時……。ちとお疲れモードで午前中の打ち合わせを終え、大分県国東市での夜の打ち合わせに出発。

そんなこんなで夕方6時。大分県杵築市に着き、パワーチャージ、へたれおやじのチャリ&趣味の部屋でその存在を知り、ずっと気になりまくっていた沖縄そば屋、その名も「おばぁのすば家」(=お母さんの沖縄そば屋)へ。

おばあのすば家

 

住所を頼りに訪ねると、ホームワイドの駐車場の一角に目指すおばぁのすば家を発見。店頭の手書きの看板&妙にトロピカル・チックな観葉植物の鉢植えが多数置かれている外観が、思いっきり沖縄チック!!

こりゃイケルかも!?と期待に胸躍らせて入店すれば、

「いらっしゃいませぁ~。」

コレまた思いっきり沖縄訛りのお母さんと、その娘らしき女性。そして更に、テーブル席に着きメニューを見ると、「沖縄そば」、「ソーキそば」、「野菜そば」と沖縄そば3種に加え、「フーチャンプル」(=大ぶりのお麩入りのチャンプル)や「ジーマミ豆腐」(=ピーナッツ豆腐)など、またまた思いっきり沖縄ンなメニューがずらり。

沖縄すば◇おばぁのすば家

コリャいよいよイケルはずっ!とワクワクドキドキ待つことしばし、運ばれてきた沖縄そばは、スープの適度な透明感然り、ドンブリ目一杯に盛られたボリューム感然り、カナリの沖縄指数。んだば早々にイタダクべぇ!とスープを啜れば、瞬間舌にのる昆布だしらしき懐かし系な風味のすぐ後を、豚骨らしきダシの力強い味わいが追ってくる。

こりゃ期待通りの本格派だぞぉ!ともんどり打って喜びつつ麺を啜れば、さすがに本場・沖縄の自家製麺には味劣りするものの、カナリの美味!沖縄から麺を取り寄せているのだろうか、噛み込んだ後のシャリシャリと解けていく食感が本格沖縄。具の豚肉&カマボコもカナリの気分。卓上に置いてある島唐辛子と紅ショウガで味の変化も楽しみつつ、ズルズルズズッと一気に完食。

ジーマミ豆腐◇おばぁのすば家 

そして、コレまた感動的に本格美味なのがジーマミ豆腐。

「作りたてで少しゆるいですけど、美味しいですよ。」
と差し出されたそれは
プルルンと跳ねる食感然り、
噛み込むほどに広がる豊かなピーナッツの風味然り、
かの紀ノ川食堂で食べたあの感動的味わいに
何ら遜色ないウルトラ美味!!

20080920_001 (1)

昼は島系本店で極太麺をエンジョイ。
独特のぐねぐねゴシが、わぁおエクスタシ~!!(←今更ジミー大西調で)

久しぶりに訪ねると、
店長&おばちゃんのコンビから、店長&老若男性のトリオに。
そして店も次から次へと訪れる客で大賑わい。

こりゃ、島系支店の開店も近々か?!

おばぁのすば家:沖縄そば600円。大分県杵築市大字杵築665-546。月曜休み。Pあり。

島系本店:ラーメン650円+野菜大盛り100円。福岡県糟屋郡志免町大字別府字カジ547-1。 11:00~16:00&18:00~21:00、月曜休み(月曜日が祝日の場合は翌火曜日)。Pあり。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン149● うどん95●そば19● その他73
◎今月の総ジョグ距離:41m / 通年796km

Posted by heno at 21:48 | Comments [2]

2008年09月20日 土曜日

●アルと思いますっ。(←天津木村調で)

吟じます。

福岡のハズレの那珂川町でぇ~、え~、え~。
若き店主の想いのこもった一杯を啜るとぉ~、お~、お~。
ナンだかほっこり嬉しくなるぅ~~!

遊楽

 

 MANIC SOMEDAYでその存在を知り、ずっと気になっていた遊楽。住所を頼りに訪ねると、那珂川町の幹線沿いにドンブリと箸の形を白く染め抜いた黒い幟。

シックな外観同様に落ち着いた感じの店内は先客2名。若いカップルがボソボソと会話を交わしつつラーメンを啜っている。

そして店を切り盛りしているのも若いカップル。いかにも実直そうな若き店主のテキパキとした仕事ぶりがたのもしい。

カウンター席に座りメニューを見ると、ラーメンは豚骨と和風豚骨の2種類。「初ラ店はデフォルト」と、メニュー筆頭に書かれている豚骨をたのむ。

豚骨ラーメン◇遊楽

ほどなく差し出されたラーメンは、「こんなラーメンが作りたい」という若き店主の想いがヒシヒシと伝わってくる力作。

まず、トロンとした舌触りがナンとも色っぽいスープ。極低温でゆっくりしっかりスープを取っているのだろうか?スモーキーな風味は一切なし。脂の甘みとダシの旨みが柔らかく一体化した味わいがナンとも癒し系。

そして、細めの麺のシュルシュル感と、それを際だたせるためなのだろうか、敢えてザク切りされた白ネギのジャクジャク感。そして更にトロンとトロける柔らかバラ肉チャーシュー。

さり気ないがシッカリと、夢を形に。心から応援したくなるラーメン店がまた一軒。

遊楽:豚骨ラーメン550円。福岡県筑紫郡那珂川町今光2-17。11:30~15:00&19:00~24:00、火曜休み。Pあり。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン148● うどん95●そば19● その他73
◎今月の総ジョグ距離:41m / 通年796km

Posted by heno at 12:24 | Comments [0]

2008年09月19日 金曜日

●うどん三昧

とある方よりメールあり。なんでも先月末オープンした新う店、うどん酒家かみやがナカナに良い「チョイ飲みうどん屋」なのだとか。俺コレ!情報で気になっていた店でもあるし、ならば早々啜らいでかっ!と、夜7時。家族揃って夜のお出かけ。

20080919_020

福岡サンパレス前の交差点角。うぬぅ?ここは確か以前は別の屋号のうどん屋だったような記憶があるぞぉ?と入店すれば、コジャレた外観とは裏腹にざっくばらんな雰囲気の店内。洋楽のBGMが流れ、黒Tシャツの制服を着たスタッフは全員若者。

店造りもカジュアルなら、メニューもカジュアル。乱切りキュウリに中華風鶏肉味噌が添えられた「男きゅうり」380円や、軽く炙った鶏皮の酢物280円など、チョイと一手間かけたアテがお手頃価格。そして酒も、三千盛の冷やが490円に黒霧島のロックが290円と、コレまたお手頃。

コリャいいねぇ!と、セセリとキャベツの味噌炒めや鶏とゴボウの小鍋など、アレコレたのみ、いいころ加減に酔っぱらったところで、〆はざるうどん。

ざるうどん◇かみや

コツッとした歯触りと、むっちりと密度感あるコシがナンとも実直。演出系の粉の存在を感じない、小麦粉感溢るる風味がナカナカに美味なるうどん。そして、つけ汁も気持ち甘めながら、キリリとカエシも効いているし、鰹節らしきダシの風味も立っていて、コレまたナカナカに美味で、価格はウレシイ360円!

ごぼう天うどん◇かみや

次男の頼んだごぼう天うどんの温スメは、啜った瞬間、甘味とともに「ぶわっ」とダシの風味が広がる派手な味わいが、ある意味正統博多うどん。コレはコレで十分旨いが、飲んだ後の〆とすると、ちと濃い味か?

カミさんが頼んだ鶏たまうどんは、あらかじめスメで鶏肉を煮込んだ時の火加減が強すぎたのか、エラク塩気が強かったとか。開店1ヶ月、まだまだオペレーションがこなれていない面も多々あるようではある。

が、家族4人が十分満腹で、しかも私は酒一杯&焼酎ロック二杯のんで、会計が5000円アンダーは超納得価格。うどんのチョイ飲み名店のつきよしと比べるとアテの種類の豊富さでは負けるが、広めの店内で大きめのテーブル席が5~6卓あるので家族連れでも気兼ねなく利用できるのは大きな利点。これで刺身類や煮物系のアテが増えてくればヘビロテ必至!

御供所

昼は博多駅南に先月末開店した御供所で啜る。

「『御供所』には神にお供え物を捧げる場所の意味があり、
お客様への感謝の気持ちを込め屋号にした」とのこと。

ごぼう天うどん◇御供所

「注文が入ってから麺を茹でますのでお時間がかかります。」
との張り紙の割には、スッと出てきたゴボ天うどん。
あちゃちゃ、こりゃ大ハズレかも……、と
覚悟を決めて一啜りすれば、ナンのナンの!
おそらく揚げて間もない麺がたまたま残っていたのだろう、
ぷりんっと跳ねる勢いあるコシがナカナカ楽し。

そしてナニよりスメが旨いっ。
さり気なく、かつ芳醇。
適度に抑揚の効いたダシの風味がグッと香り立つ後味がお見事。

ごぼう天うどん◇やまし

昨日は飯塚日帰り出張。
昼麺はなつのさらで気になっていた宿題店、やましでゴボ天を啜る。

シュッと麺線の整った超美人うどんがプニプニ美味なれど
クイッとカエシがきいたこの温スメは
うどんより蕎麦と相性が良さそうだなぁ、と周りを見渡すと
ほとんどの客が蕎麦を啜っている。

うん、次回はざる蕎麦だなっ!

 

うどん酒家 かみや:ざるうどん350円、ごぼう天うどん400円。福岡市博多区神屋町9-22。11:30~14:30&17:00~23:00。Pなし。

御供所:ごぼう天うどん400円。福岡市博多区博多駅東3-1-22。11:00~22:00、日祝休み。Pなし。

やましうどん:ごぼう天うどん550円。福岡県飯塚市小正29-1。11:00~21:00、火曜休み。Pあり。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン147● うどん95●そば19● その他72
◎今月の総ジョグ距離:41m / 通年796km

Posted by heno at 19:51 | Comments [2]

2008年09月18日 木曜日

●豚骨依存症

○とある方からの情報によると、ぶたまろ跡に新装工事進行中の雷蔵支店の開店日は9月27日土曜とのこと。

○そして、同じ方からの情報によると、尾道ラーメン萬友が最近、期間限定メニューを出しているとのこと。現在は「海苔ラーメン」を出しているとか。

博多経済新聞によると、今週末の21&22日、ホテル日航福岡レストラン「レ・セレブリテ」で、信州そば むらたの店主と同ホテルの総料理長で作り上げた、蕎麦とフレンチのコラボメニューが提供されるのだとか。蕎麦とフレンチって、どうなんでしょう??因みにランチコースが7000円、ディナーコースが13000円とのこと……。

ラーメン◇未羅来留亭

 

新規の仕事がアレコレ舞い込み、ウレシイ悲鳴。
で、イロイロ考えセコセコ準備する毎日。
気忙しい日々が続くと、ナゼか知らねど猛烈に恋しくなるのが、豚骨ラーメン。
最愛豚骨の一軒、信頼の黄色い暖簾は我にとって心強きソウル麺。
未羅来留亭よ、今日も我に力を与えてくれてアリガトウ。

ラーメン◇西谷家

2年前の開店時の凄味が最近は感じられずにいた西谷家が、見事復活。
啜った瞬間、グリンッとドライブする豚骨ダシが、ビビデ、バビデ、ブー。
こうなると最近開店した支店もグッと気になるぞぉ。

 

未羅来留亭:ラーメン400円、替え玉100円。福岡市早良区西新4-9-17。 11:30~19:30、 火曜日休み。Pなし。

ラーメン処西谷家:ラーメン520円。福岡市西区野方6-36-34。 11:00~23:00(日祝11:00~21:00)、無休。Pあり。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン147● うどん92●そば19● その他72
◎今月の総ジョグ距離:41m / 通年796km

Posted by heno at 01:45 | Comments [0]

2008年09月15日 月曜日

●やっぱ博多うどん幕末か?

焼酎旅日記によると、英ちゃんうどん@川端が閉店とのこと。ホンマかいな、マジかいなぁ。コリャまた寂しい麺ニュースに涙。

福岡の東濃く腹によると、古賀市役所近くにラーメン半蔵なるラ店がオープンとのこと。

 筥崎宮の秋の大祭、放生会。国道3号線から本道へと続く参道沿いには約700軒の露天が軒を並べる、いわゆる博多の初秋の風物詩。この日に向けて懸命に貯めた小遣いを握りしめ、さぁてナニを買おうか、ナニを喰おうか。真剣に各露天をのぞき見る我がチビ達の眼差しが、愛らしい。

 

麺屋五識

放生会でひとしきり遊んだ後は、遅い昼麺。東区の宿題店、麺屋五識へ向かう。

それまでネットやマスコミで一切報じられることもなく、全くその存在を知らなかった麺屋五識だが、とある在福民放で今年の初旬に放送されたラーメン屋ランキング特番で、いきなりの29位。おそらく組織票なのだろうが、29位にランクインさせるためには相当数の投票が必要だったのでは?それを実現させた組織力&団結力に感服。

半熟煮玉子ラーメン◇麺屋五識

そんなこんなで、味自体に対してはさほど期待することなくたのんだ受賞メニュー「半熟煮玉子ラーメン」だが、いやいやどうしてどうして、コレがナカナカに旨いでないのぉ~。

啜った瞬間は柔らかなれど、一足遅れてクイッと顔を出すダシの風味。豚骨に加え昆布や香味野菜も使っているのだろうか?口当たりの優しさと、独特かつさり気ない後味が、結構我がツボ。そして極細麺がコレまた旨い。しゅるしゅると小気味よく口に収まる感じ然り、コリッとしたコシと豊かに広がる小麦感然り。スープ同様のさりげない旨さが好印象。

チャンと旨いチャーシュー&煮玉子が象徴的。きっちり丁寧な仕事のあとがソコカシコに感じられる誠実味。派手さは一切無い。が、ちゃんと旨い。コレ正に、極上なる普通味ラーメンなり!

鴨うどん◇牧のうどん

夜は牧のうどんが食べたいという両親を連れ、
数ある牧のうどんのとある店舗へ行くも
どんのスメが半端じゃなく塩辛く、撃沈。

 

麺屋五識:半熟煮玉子ラーメン600円。福岡市東区松島5-29-20。11:00~22:30、火曜休み。Pあり。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン145● うどん92●そば19● その他72
◎今月の総ジョグ距離:41m / 通年796km

Posted by heno at 13:27 | Comments [0]

2008年09月14日 日曜日

●新旧680円

きっかけは先週の「ためしてガッテン!」。ナンでも12時間以上水に漬けた炭を加えると、バーベキューがグッと美味しく仕上がるのだとか。

そりゃ是非ともチャレンジだと、今日からの2連休はファミリーキャンプ!久しぶりに我が最愛のキャンプ場、遊水峡@南小国へ行くぞと張り切っていたのだが、阿蘇地方の今夜の降水確率は80%……。

雨に濡れたドデカいファミリー用テントの撤収は、ナニよりツライ。で、アッサリと予定変更、豊後温泉&麺ドラだっ。

朝夕のそれぞれ3時間内の100キロ未満移動は高速道路通行料が半額になるETCの通勤割引。コレを利用しない手はないと、太宰府から100キロ未満で最も遠方の玖珠インターまで走り、 あとは下道を大分へ。

王府

 

まず向かったのは、長年の宿題麺、「ニラチャン」なる名物麺料理が楽しめるという老舗中華料理店、王府。住所を頼りに訪ねると、大分市東部の住宅街の一角に、突如現れる立派な建物。そして店舗周りには3カ所も広々とした駐車スペース。

もっとこぢんまりとした街の中華屋さんを想像していたのだが、と戸惑いつつも入店すれば、入って右手が小上がり席、中央がテーブル席、そして左手が円卓席に分かれ、200名は優に収容できそうな広々店内は、正午前だというのに既に8割方埋まっている。

テーブル席に通されメニューを見ると、一品料理がズラリ並ぶ筆頭部分に「大分名物ニラチャン」の文字。そして「ニラ豚」なる文字も並んでいる。注文を取りに来た店員に聞くと、ニラ豚はニラレバのレバーを豚肉に代えた炒め料理なのだとか。

ニラチャン◇王府

中華料理は火の料理、手早い調理でサッと料理が出てくる店が多々あるが、ここ王府はその中でもトップクラス!たのんで3分経っただろうか?正にあっという間にニラチャン登場。

タップリのニラと豚肉。そしてその中心には温泉卵がのっている。どらどらとレンゲでスープを一掬いすれば、どよんと黄土色に濁っているのは表面部分だけで、その下に醤油色のスープが顔を出す。

ズズッと啜れば、鶏ガラや豚骨、野菜などの様々なスープのダシに加え、具のニラと豚肉の炒め汁の旨みも加わりシミジミ美味。ついついもう一杯啜りたくなるハマリ系。

麺は腰が強めの中太縮れ麺。具のニラのシャクシャクとした食感のハーモニーが、うししと楽し。ガツガツと3割方平らげたところで、温泉卵を割り、麺に黄身を絡ませ啜れば、ぽわんと柔らかな甘味が加わり、さらに優しい味わいに。

ニラチャンという派手なメニュー名&緑のニラに白の温泉卵がのった派手な見た目とは対極の、奇をてらった感じが一切しない王道中華麺料理680円ナリ。

ニラ豚◇王府

長男がたのんだニラ豚は
ニラに加えキャベツの甘味と食感が際だつ一品

 

太一商店

ああ旨かったと、車を更に東へと走らせると、ものの5分足らずで次なる宿題店、太一商店に着く。今年の春にオープンし極太麺がウリのラ店で、二郎@東京三田チックなラーメンが楽しめるという。

店頭には「太麺ラーメン」の提灯が。そして「厚盛太麺 大分初上陸 つけ麺あつももり 遂に登場」との幟が立つ。イイねぇ、あつもりでイクか!と店内へ。

カウンター席に座りあつもりを頼むと、タレの濃さと、背脂、ニンニク、野菜の量は好みに合わせて加減してくれるという。初ラ店ゆえ全て「普通」でイクかと頼みかけて、ふと心変わり。

「野菜だけ多めで、あと3つは普通でください!」

つけ麺◇太一商店

で、ほどなく運ばれてきたのがコレ。脂タップリの温つけ汁&麺の上にてんこ盛りの茹で野菜と極厚切りチャーシューがのるスタイルが、まんま二郎。

いざ戦闘開始!と箸をむんずとドンブリの底まで突き刺し、奥の麺を引きずり出す。と、おそらくカナリの多加水なのか、うどん大の極太麺はふっくらと膨らみ感ある見た目で、いかにも旨そう!旨そう!!茹で野菜とグリグリ混ぜ合わせ、2センチ厚はあるチャーシューを一かけ添え、温つけ汁にザブンと潜らせ、ズズッと啜る。と、コレがドッカ~ン、大当たりぃ~~!めっちゃ旨いっ!!ちゃっちゃくちゃらに、旨い!旨い!!旨い!!!

まず、麺が旨い。島系本店の極太麺チックなゴリゴリ感も適度に残しつつ、新風の極太麺チックな、ふわりとしなやかなコシとムッチリと抗うコシも兼ね備える、豊かな食味に、ウットリ。

温つけ汁は、ツユというより脂汁。脂の甘みを少量の醤油ダレと大量のニンニクで際だたせた味わいが暖々@東京大森チック。最近流行の魚粉豚骨系とは似て非なる、トロングタイプのシンプルさとガッツリとした食味が胃にくる極上お下劣美味が、ドンピシャ我がツボ。

麺の上に野菜がもってあるので、麺をメインで啜ったり、野菜を多めに絡めたりと、色々な楽しめ方ができる。麺自体が非力だと完全に野菜に負けてしまうが、力ある美味極太麺の食べ方とすると、この野菜盛りスタイルがベスト!

卓上に魚粉が置いてあるが興味なし。コレだけの極上お下劣味を魚粉ごときで汚してはなるまいぞと、一心不乱にガツガツガツっと一気喰い。

価格はいみじくも王府ニラチャンと同額の680円。豊後の新旧2麺に大満足し、〆は温泉。別府市の野湯、鶴の湯へ。「ここのお湯は、この前の武雄温泉より熱いよぉ~!」とはしゃぐチビ達をたしなめ、地元の方々とともにつかる大自然の湯に、ほっこり。

王府:ニラチャン680円。大分県大分市高松東1-3-1。11:00~22:00、火曜休み。Pあり。

太一商店:つけ麺あつもり680円。大分県大分市乙津町1-1。11:00~15:00&18:00~23:00(売り切れ次第終了)、不定休。Pあり。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン144● うどん91●そば19● その他72
◎今月の総ジョグ距離:41m / 通年796km

Posted by heno at 13:54 | Comments [2]

2008年09月13日 土曜日

●罪な表意文字

恥骨結合炎。ああ、なんと恥ずかしい病名よ……、

マタマタお股な話で恐縮です。が、決してウケ狙いではなく、私にとっては深刻な話題なのですよ。ランニング・フォームを改善するはずが、全く真逆。そんなに無理した記憶はないのだが、走ると股間に痛みを感じるようになってしまった。

で、コリャまずいとネットでイロイロ調べてみると、どうやら恥骨結合炎が我が病の名前らしい。「恥骨」という二文字が、正に恥ずかしい。漢字が表意文字なのが、ナンとも忌まわしいぞぉ。唯一の救いは、中田ヒデやゴン中山もこの病に悩まされたと言うことのみ。

うん、シッカリ静養してガッチリ治さねば。

20080913_003

 

薬院で缶詰状態の休日出勤。
ならばせめて昼麺だけは楽しみたいと
久方ぶりに福岡麺通団で啜る。

夏期限定メニューの「ねばとろ」狙いだったのだが、
店に着くとアッサリ心変わりし、釜揚げ&イワシ天。

むふふふっ、イケてます、この組み合わせ!

福岡麺通団:釜揚げうどん&イワシ天420円。福岡市中央区渡辺通4-11-3。11:00~24:00(日祝~23:00)、年中無休。 Pなし。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン142● うどん91●そば19● その他72
◎今月の総ジョグ距離:41m / 通年796km

Posted by heno at 12:48 | Comments [0]

2008年09月12日 金曜日

●燻し銀

東京から帰省する旧友と飲みにいくというカミさんに代わり、早めに帰宅しチビ達のおもり。リンガーハットの期間限定メニュー、東京風チャンポンでも食べに連れて行くかと誘うも、

「リンガーハットのチャンポンは、ちょっと……。めんちゃんこがイイなぁ!」

と、長男。リンガーハットの生麺揚げたては邪道、チャンポンは茹で置きポワンポワン麺に限ると言う。小学6年生にして、ナンともイニシエなる渋めの嗜好。我の地味系麺喰い教育の賜物か?いや弊害だな……。

めんちゃんこ◇めんちゃんこ亭

 

夜のめんちゃんこは居酒屋メニューが充実。
つい調子に乗り、
おでん、ホルモン鉄板、餃子と次々たのみ
赤兎馬のロックをくいっ。
そして〆は、モチロンめんちゃんこ。

ラーメン◇黒門

昼は久方ぶりの黒門。

うぅ~ん、今日は珍しく塩気が強いぞぉ……。
しかもスープの量も少なめで、麺とのバランスが良くないなぁ。

弘法も筆の誤りか。

めんちゃんこ亭: 元祖めんちゃんこ497円(福利厚生倶楽部会員価格)。 福岡市早良区百道2-8-1。 11:00~29:00、 年中無休。 Pあり。

南京ラーメン黒門:ラーメン550円。福岡県遠賀郡遠賀町島門2-12。 11:00~19:00、 月曜&3rd日曜休み。Pあり。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン142● うどん90●そば19● その他72
◎今月の総ジョグ距離:41m / 通年796km

Posted by heno at 12:37 | Comments [0]

2008年09月11日 木曜日

●破格の蕎麦屋酒

夕方、上川端の得意先での打ち合わせを終え、本日の業務無事終了。天神で旧友と合流し、かねてから企てていた格安蕎麦屋・玄での蕎麦屋酒。

20080911_002

 

蕎麦屋酒定番のアテ、蕎麦味噌をつつきつつ
立山の本醸造をクイッ。

20080911_003

コレまた蕎麦屋酒定番のアテ、卵焼きは
ナンと焼きたてホカホカで、390円!

しろ味かけそば◇玄

そして〆にかけそば啜って、会計は驚きの1280円!
巷の蕎麦屋じゃ、鴨せいろ一杯食べられるかどうかの値段でないのぉ~。

わはは、コリャ愉快!愉快!!と大満足。
さぁ、もう一軒イクかぁ!

 

残念なお知らせ

天神の片隅で孤軍奮闘されていた蕎麦屋、翁風庵が閉店しておりました。うどん文化圏である福岡で長く蕎麦屋を続けていくことは、さほどに難しいようで。いつかどこかで営業再開されるといいのですが。

生粉蕎麦 玄:しろ味かけそば290円。福岡市中央区長浜1-2-24 北天神SBホテル1F。 11:00~21:00、無休。Pあり。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン141● うどん90●そば19● その他71
◎今月の総ジョグ距離:41m / 通年796km

Posted by heno at 19:45 | Comments [2]

2008年09月10日 水曜日

●コレぞ大衆うどん!

店主ブログによると、満月で中秋の名月企画、肉月見ぶっかけ復活祭開催。店一番の人気メニューなれど温麺仕様なので夏はお休みしていた肉月見ぶっかけが今週末復活&14~15日の両日は100円引きの580円!

ちょいグルオヤジの美味しい毎日!大名ちんちんの夏期メニュー、胡麻ダレつけそば実食リポあり。ラー油で辛さを調整しつつ食べるらしいが、具だくさんでナカナカ旨そう……。

○新麺店情報王・俺コレ!で既報のラーメンぶたまろ跡の新店の赤い看板に「雷蔵」の文字。ロゴも同じだし、ファイティング原田ゆかり(?)のラ店、雷蔵の支店の模様。近日オープンの模様。

ごぼう天うどん◇あずみうどん

 

かつてはそが泉だった店舗に昨年開店したあずみうどん。そが泉は讃岐うどんだったし、あずみうどんは久留米が本店の筑後うどん。太宰府はずれのこの立地は、つくづく異境うどんを呼ぶようだ。

初う店なれば、当然ゴボ天。タップリ張られたスメに、細長いゴボ天の下に見え隠れするうどん。バランスのとれた大衆美人の面影が、まず好印象。コリャかなり期待できそうだぞ!とスメを啜れば、昆布ダシに加え椎茸ダシだろうか?ふっっくらと膨らみ感ある、ナンとも母性溢るる豊かな旨味。

そして、うどん。おそらく粉の配合から製法に至るまでシッカリと工夫されているのだろう。啜ったときの唇を擽る滑らかな食感然り、噛み込んだときのもちっとした柳腰&ぷるぷるるんと解ける愛らしいヒキ然り、コレまたナンとも母性を感じる癒し系の優し味に、うっとり。

さらに入り口横には漬け物7~8種と総菜5~6種が取り放題!しかも超美味!!おそらく全て自家製なのだろう、浅漬けの糠の利き具合然り、総菜の調味加減然り、手作り感溢れる味わいが素晴らしい。

トコトン母性溢れる味わい&サービで、ゴボ天うどん430円ナリ。しかも、朝は9時から営業していて、休みは元日のみという。コレ正に大衆うどん店の鑑なりっ!

ラーメン◇福龍ラーメン

そしてあずみうどん近くには、
コレまた超優良なる大衆ラーメン店、福龍ラーメンもアリ。
クイッと後押し感のある豚骨ダシと
しゅるしゅると収まり感の良い細麺の相性が抜群美味。

肩肘張らずゆるりと旨い。
太宰府から宇美町にかけてのこの一帯は大衆麺パラダイスやぁ~!

あずみうどん;ごぼう天うどん430円。福岡県太宰府市大字北谷861-3。9:00~21:00、元日のみ休み。Pあり。

福龍ラーメン:ラーメン450円、替え玉150円。福岡県糟屋郡宇美町貴船1-16-19。火曜休み。Pあり。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン141● うどん90●そば18● その他71
◎今月の総ジョグ距離:31m / 通年786km

Posted by heno at 13:53 | Comments [0]

2008年09月09日 火曜日

●博う幕末

黒船来航(くろふねらいこう)とは、1853年にアメリカ合衆国海軍東インド艦隊が、日本の江戸湾浦賀に来航した事件。マシュー・ペリー提督によって米大統領国書が江戸幕府に渡され、日米和親条約締結に至った。日本では一般に、この事件から明治維新までを「幕末」と呼んでいる。

以上、Wikipediaから引用

 

黒船来航がきっかけとなり、それまでの鎖国政策を一変し開国した当時の日本。そして、現在の博多うどん。テロテロやわやわホンワカ温うどん麺&グイッと芳醇なるダシが要の温スメの取り合わせが天下無敵。うどん発祥の地を謳い、唯我独尊的一人天下を謳歌していたが、それは今や遠い過去。

10年前、まず攻め入ってきたのが讃岐うどん。揚げたてをキリリと水で締め、ブリンと強固なコシの冷たいうどんに、コレまた冷たいぶっかけツユでべるという食文化自体がナンともセンセーショナルな黒船だった。そして昨年よりジワリジワリと侵攻が本格化してきたのが、隣国・豊前小倉の肉うどんの博多進出。

新たなる黒船来航。歴史に習い、コレがきっかけとなり一皮剥けるのか?博多うどんよ。

20080905_001

 

六本松から油山へと続く観光道路沿いにオープンした、その名もどっきり肉うどん。新麺店情報王・俺コレ!でその存在を知り、ずっと開店を楽しみにしてきた店だ。肉肉うどんひろちゃんしんちゃんに続く、おそらく福岡では4軒目の小倉肉うどん店である。

以前は北海道むろらんラーメンだった店舗だが、店内に当時の面影はナシ。奥の6席ほどのカウンターは既に満席。なので、入ってすぐの6人掛けのテーブル席の一角に着席しメニューを見ると、筆頭に「肉うどん680円」。うぬぬぅ、コリャかなり高めの価格設定だなぁ。

入り口横の冷水器横には漬け物の大皿あり。だが、小倉肉うどんと相性抜群の切り干し大根の糠漬けではなく、フレッシュ大根&ダシをとった跡の昆布の漬け物。その横に置いてあったチラシには「小倉名物どぎ肉うどんを博多流にアレンジ!」との文字。天然の水とダシにこだわり、化学調味料は使ってないとのこと。なるほど、ということは漬け物も敢えてアレンジして出しているのか?

肉うどん◇どっきり肉うどん

ほどなく運ばれてきた肉うどんは、もうもうと立ち上る湯気に丁寧な仕事の跡を感じる。そしてコレまた逆光のせいだろうか、スメの色が小倉肉うどんにしては、随分と薄め。ほうほうコレも博多流アレンジか?と一啜りすれば、小倉肉うどん特有の具の肉煮汁の味わいの奥にキッチリと顔を出す、昆布らしき母性溢るる柔らかなダシの風味。そしてうどん。ほわんほわんとした柔コシが製麺所製茹で置き麺チックで、コレ正に正統博多うどんナリ。

幕末には、志高く維新を先駆する数々の志士達が活躍した。さて次は、どんな志士が登場するのだろうか?

ざるそば◇庵

昨日は大分県国東市へ日帰り出張。
手前の豊後高田市は大分県一のそば粉の産地。
蕎麦で街興しをと、徐々にではあるが手打ち蕎麦を出す店が増えている。

その中の一軒、庵は海浜民宿しおじが手がける蕎麦屋。
にっちりと粘りゴシの豊後高田産蕎麦の風味を噛みしめつつ、
窓に広がる海を眺める。
ゆるりと啜る午後のシアワセ。

20080908_010

夜10時、福岡へ帰り、唐人町の焼きとり富士へ。
どの串とて一本もハズレなしで、しかも格安。
コレ正に超優良大衆焼鳥屋だなぁと、
ココを教えてくれた今は亡き麺友、毛巣祠を想い出しつつ、しっぽり。

 

どっきり肉うどん:肉うどん680円。福岡市城南区長尾5-27-20。Pあり。

そば処 庵:ざるそば650円。大分県豊後高田市見目5708。11:00~14:00、日祝休み。Pあり。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン140● うどん89●そば18● その他71
◎今月の総ジョグ距離:31m / 通年786km

Posted by heno at 12:28 | Comments [0]

2008年09月07日 日曜日

●ナンとか復活

つまらぬ下ネタ珍事をアップしてしまった報いなのか、翌日から急に体調を崩し地獄の日々。ゆっくり静養したくも、やるべき仕事は山ほどある。麺を啜ることさえできないただひたすらヘタレな我が虚弱体質を恨みつつ、騙し騙し日々の雑務をこなし、4日間。ナンとかカンとか回復基調へ。

麺神様、すみませんでした。以後、下ネタは慎みMAX。(←モチのロンで東MAX調で)

ラースタの公式HPで、この秋のビッグニューである大勝軒&六厘舎の期間限定出店が正式発表。そしてさらに、そのビッグニュースの仕掛け人でもある秀ちゃんラーメン社長ブログには、同時開店の裏秀のメニュー候補が。いやぁホント、この秋はラースタがホット!

五島軒の店主ブログによると、新メニュー胡麻味噌麺が完成し、近々デビューとのこと。

笹丘おやじの奮投記!によると、悠翔樹で、名物の釜揚げ温麺&温つけ汁のアレンジ版、冷麺&温つけ汁が楽しめるとのこと。

いけ麺に午後3時からの限定メニュー、チャンポンが登場した模様。

Posted by heno at 23:37 | Comments [4]

2008年09月03日 水曜日

●珍走閑話

こう見えたって、ソコソコ真面目に朝ジョグをこなす日々。

目下の目標は「3時間台でフルマラソン完走」。んで、今までのままじゃぁ、当然ながら劇的タイムアップなど望むよしもナシ。んならば、駄目元でアレやコレやと試してみる。

その一つがランニング・フォームの改造。ちまちまセコセコと歩数のピッチを上げて走るのも大切らしいが、現状の歩幅はあまりにも狭い気がする。で、まちっと歩幅を広げ、ストライド走法よりの走り方へ変更を試みる昨今。

すると、若干なれど確かにスピードはアップした。んが、その練習を重ねる度に加速度的に増す股関節の痛み。今までは徹底したセコセコ走りで、よほど股を広げていなかったのであろう。

スピードアップはウレシイが、この股関節の痛みは半端じゃない。あまりの苦痛に耐えきれず、思わずカミさん愛用のアンメルツ・ヨコヨコを拝借し、股関節部分に塗る。と、

あっ?!アタッ……。アタタタタタタタタァ~~~!!

液状の塗り薬ゆえ、自然肌を伝い、最も敏感肌のアノ部分へしたたり落ち、ソリャもう、チャッチャクチャラの激痛に身をよじる。

たまらず風呂場へ飛び込み、シャワーを浴びる。と、

あああっ!アタタタタタタタタタタタタタタタタタタタタタァ!!!!!!!

出てきたのは温水。んで、更に痛みが倍増!急いで冷水に切り替え、入念に洗い流し、ナンとかカンとか事なきを得る。

コレ正に、初秋のチン事ナリ。

つけ麺◇杵むら

かの凝り性店主が「ごま味噌うどん以来の渾身の新メニューです!」と胸を張るだけは十分にある。先月末にデビューした新メニュー、その名も屋号を配した「どんきむ つけ麺」は、若き店主のうどん作りに対する情熱がソコカシコに感じられる超力作。

冷うどんを摘み、温つけ汁に潜らせズズッと啜れば、ぶわんっと広がる濃密なるツユの旨味。おそらく通常使っているスメ用のカエシに加え、具のスジ肉の煮込み汁も使っているのだろうか?醤油カエシの風味に、肉系の膨らみ感ある旨味。そしてさらに煮込み汁の味噌らしき旨味も加わり、ウヒャヒャとチョベリバ美味!うどんの締め方もナンとも絶妙。あえてキンキンに冷やないことで、絶妙なるコシとヒキのコラボを演出。

そして更に温つけ汁椀に添えられたレンゲの効用。食べ始めは麺をつける際に邪魔だなぁと感じていたが、ふと思い立ち、レンゲでつけ汁を掬い、そこにうどんを乗せて頬張れば、味わいの万華鏡。牛スジ肉やコンニャク、ゴボウ、ネギ、胡麻、温泉卵など、目一杯盛られた具や薬味の塩梅がその時々の掬われ具合で変化し、千差万別なる芳醇な旨味を堪能。

そして更に、小皿に添えられたモロキュウ。ひとしきりうどんを啜り、箸休めにカリッと囓れば、つけ麺特有の濃い味ツユのしつこさがサラッとリセットされる様がナンとも見事。同じく小皿に盛られた柚子胡椒で味わいの変化も楽しみつつ、まったり完食。

900円という価格は確かに超高価。だが、コレだけソコカシコに気配りと愛情が注がれた跡を実感すると、まぁ仕方ないかと思わず納得させられてしまう。コレで〆にダシでスメ割サービスが付けば、無敵。次回は休日のうどん屋昼酒を楽しんだ後の〆に啜ってみたひっ。

杵むら:どんきむ つけ麺900円。福岡市中央区薬院2‐14‐28。11:30~21:00、月曜休み。Pなし。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン140● うどん88●そば17● その他71
◎今月の総ジョグ距離:31m / 通年786km

Posted by heno at 12:10 | Comments [3]

2008年09月02日 火曜日

●たよりのガテン系

最近めっきり老いぼれ体質。昨日は車で長崎往復日帰り出張&夜9時過ぎに福岡に戻ってから、最近人気急上昇の焼鳥屋、鳥次で美酒をシコタマ浴びる。んで、結果、だるんと気怠い朝……。エイヤートーと無理から気合いを注入し何とか午前を乗り切り、昼麺パワーチャージ。ガッツリと精が付き、しかも脂がくどくない麺が啜りたひっ!と、しんちゃんへ転がり込む。

20080902_003

 

小倉南区名物の牛ホホ肉の肉うどん。モチのロンで大盛りをたのめば、コレでもかと目一杯の汁だく加減が、うししと嬉し。ネギのプチプチ弾ける食感も楽しみつつ、ひとしきり肉味スメを啜ると、パチンッと音を立て、ほっこりシアワセ気分がスイッチオン。前回にもまして麺線こそ揃ってはいるが、どこかサイボーグ・チックな食感に色気不足を感ずるうどんではある。が、ソレを補ってあまりある、「粗」にして「野」だが「卑」ではないスメ&どぎ肉の味わいが独特美味。

卓上に置いてあるおろし生姜&一味&切り干し大根のぬか床漬けが好アクセント。あはん、旨ひっ、あははん、元気一発!と、ウヒャヒャ気分でガツガツとカッ喰らえば、ジワジワと腹の底から漲る活力。

あなシアワセ。これぞガテン系麺の真骨頂。

しんちゃんうどん:肉うどん大650円。福岡市博多区東光2-17-17。11:00~15:00&18:00~20:00、日祝休み。Pなし。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン140● うどん87●そば17● その他71
◎今月の総ジョグ距離:26m / 通年781km

Posted by heno at 12:56 | Comments [0]

2008年09月01日 月曜日

●極楽麺ドラ

秀ちゃん社長ブログによると、待望の新作つけ麺が明日デビューの模様。メニュー名は「黒豚焼きカレーつけ麺」で、最終調整で「生タマネギではなく炒めて甘みを引き出したチャツネ系に変更」したとのこと。て事は、かなりポッテリ系のつけ汁ってことか??うぬぅ~、コリャ私の好みには合わないかも。誰かの実食リポを待つか。

まるきゅうでも、夜営業限定でつけ麺を出している模様。塩味のつけ麺か?コチラは近々啜ってみたいぞぉ!

ラーメン◇一休軒本庄袋店

 

夏休み最後の日曜は我が家恒例、麺&温泉ドラ。まず向かったのは一休軒本庄袋店。今年の5月、一休軒さがラーメンより独立した新店で、日や時間帯によってかなり味のブレがあるたしい。私が食べた一杯はダシはかなり薄めだが、それでもほんのりと優しく広がる自然な甘味が、ほっこり美味。なるほど、佐賀×○で連食企画が進行中のラーメン店だけのことはある。

ら・ぱしゃ麺◇麺's ら・ぱしゃ鹿島店

次ぎに向かったのは鹿島。目指すは、新進気鋭の鹿児島ラーメン、麺'sら・ぱしゃの佐賀支店。いかにもFCチックな店構え&オペレーションにこそばゆさを我慢しつつ出来上がりを待つ。

名物「ぱしゃ麺」は、香味油の使い方がどこかやすきち@熊本県宇土市を彷彿とさせる、塩ラーメン。梅干しや紫蘇の葉などの薬味に加え、卓上に置いてある唐辛子酢や、辛味噌、柚子胡椒で味わいの変化を楽しみつつ、ズズッと完食。

鹿児島のラーメンコンテストで優勝したというだけあって、まとまり感のある仕上がりではある。が、680円はチト高過ぎじゃ?

キャラの異なる新ラ店を堪能し、仕上げは我がフェバリット温泉、武雄温泉元湯。熱めなので長湯は出来ぬが、ここの湯はしっとりとホンマ心地よいなぁ!

しいたけ肉そば◇永楽苑

今日は長崎日帰り出張。中年男の奮闘記でその存在を知り、ずっと気になっていた永楽苑は、期待通りのイニシエ街の中華屋さん。名物「しいたけ肉そば」は、とろりと絶妙なるスープのあんとじ具合と、ヤワヤワに揚げられた麺の取り合わせが、シミジミ旨し。ナンとも優しい味わいに、濃密な干し椎茸の旨さ華を添える上出来大衆味。数ある一品料理も格安だし、次回の長崎泊まりがけ出張の際は、夜飲みに来るか!

一休軒本庄袋店:ラーメン550円。佐賀市本庄町大字袋285-2。11:30~15:00&17:00~21:00、火曜休み。Pあり。

麺's ら・ぱしゃ鹿島店:ぱしゃ麺680円。佐賀県鹿島市大字中村2042-1。11:00~21:00、無休。Pあり。

永楽苑:しいたけ肉そば580円。長崎県長崎市江戸町1-8。11:30~14:00&17:00~21:00。Pなし。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン140● うどん86●そば17● その他71
◎今月の総ジョグ距離:26m / 通年781km

Posted by heno at 23:31 | Comments [1]