2008年10月11日 土曜日

●新ラーメンいろいろ

牛タン刺し◇福一

子供の通う小学校のバザーの手伝いにかり出され、お疲れモードのカミさんの労をねぎらい、晩飯を外食。福一@唐人町で、超美味餃子&牛タン料理をアテに焼酎をクイッ、クイッ。そして〆は、やっぱりラーメン!「まだ食べるの?」と、呆れ顔でハンドルを握るカミさんに感謝しつつ、悠翔樹へ向かう。

藍染めの暖簾を潜ると、若き店主&奥さんの元気な笑顔。カウンター席に座り、 チビ達に何を食べたいか聞いてると、

「へのさん、醤油ラーメンを作ってみたんですが、いかがですか?」

と若き店主。ほうほう、そりゃ面白そうだと家族麺喰いの強みを生かし、醤油ラーメンに、悠翔樹ラーメン、屋台豚骨ラーメンの3種類をズラリとオーダー。

20081011_006

 

待つことしばし、差し出された醤油ラーメンは、チャーシュー、メンマ、味付玉子に鳴門と、ナカナカの具だくさん。そしてスッキリと透明感を残しつつもカナリ濃い醤油色のスープが印象的。

どらどらとレンゲでスープを一啜りすれば、ぱっと広がる濃口醤油の華ある旨みと、悠翔樹特有の柔らかかつ豊かな豚骨ダシの風味。シンプル。なのに芳醇。あれこれゴテゴテといじくり回すことことなく、素材本来の旨みで喰わせる上出来滋味。シナチクの風味の映り具合も手伝って、印象は「昔ながらの中華そば」。

合わさる麺は太めの縮れ。モチモチとした食感がナカナカ楽しいなぁ、など思いつつ啜っていると、ふと思いつく。この濃口醤油スープに縮れじゃなくてストレートの太麺を合わせれば、まんま大阪高井田系ラーメンだぁ!

悠翔樹ラーメン◇悠翔樹

醤油に味噌、つけ麺とアレコレ新作を創作する悠翔樹なれど、
味の方向性はすべて、シンプルかつ芳醇。
その潔ぎ良き滋味さ加減が共通の魅力。

そんな若き店主のラーメン作り哲学がギュッと凝縮した悠翔樹ラーメンこそ
我にとっての永遠の名作ナリ。

節らーめん◇豚と節家

昼は噂の新店、豚と節家で節ラーメン。

酸味さえ感じるほどグリンと効きまくった削り節の風味に、
海苔、水菜とともに添えられたお茶漬けアラレのパリパリ感に、
もっちりとシッカリ旨い厚切りチャーシューに、
にっちりとした粘ゴシが楽しい中太麺。
確かに旨いし、面白い。
が、
コンサルチックな研究され尽くした感が強すぎて
結果、今時のアリガチな魚介系だなぁと感じてしまう。

俺コレ!によると
豚らーめんには大根千切りが載るらしいし、
いやはや麺目ないによると、
つけ麺にはマーマレードを練り込んだ柚子味噌が付くという。

エンターテイメント性の強い食べ物であるラーメンだけに
個性を演出する創意工夫に終わりはない、と言うことか。

 

悠翔樹:醤油ラーメン580円(?)、悠翔樹ラーメン480円。福岡市中央区笹丘1-35-20。 11:30~14:30&18:00~23:30、日曜休み(盆休みは8/16&17)。Pなし。

豚と節家:節らーめん580円。福岡市中央区高砂2-10-7。無休。Pなし。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン160● うどん100●そば22● その他85
◎今月の総ジョグ距離:0m / 通年796km

Posted by heno at 2008年10月11日 20:55
コメント

おはようございます
すごく旨そうな牛タンですね。
店はどこにあるんですか?

Posted by しんご at 2008年10月16日 06:31

でしょう?福一はタン刺しに加え
塩タンやタンを煮たモノなど
タン料理が豊富、かつ超美味ですよ!
もちろん餃子もメチャ旨です。
場所は唐人町の昭和通りの福岡銀行の交差点を北へ入って50mほどの右手です。

Posted by への at 2008年10月17日 06:16
コメントしてください




保存しますか?