2008年12月16日 火曜日

●連綿と続くタボー&力麺生活

麺’s らぱしゃが、先月の福岡市西区周船寺出店に続き、なんと春日市にもオープン予定!県道5号線沿いの武蔵そば@春日の近く、どんマック店舗跡に現在改装中(←12/25訂正)。鹿児島麺の福岡領麺侵犯本格化か!?

○大野城市やイオン筑紫野、キャナルシティの地下一階食堂街へと、正に出店ラッシュの博多一幸舎だが、「元助」に続く新ブランド「元龍」を近々展開予定??チャンポン◇あき子のちゃんぽん

 

吉興か?あき子か??
いやはやマジで悩んだ結果、決断しました。
「独断と偏見だけでワガママ勝手に決める!2008年・麺大賞」
チャンポン of the yearは、あき子のちゃんぽんです。

トロンと自然な粘度の艶っぽい口当たりを楽しんでいると、
クイクイクイッと顔を出すダシの滋味。
そして、兎にも角にも感動的に色香溢るる
チャンポン麺の噛み心地&解け具合。

啜るほど メロメロメロッと 惚れる滋味

最近開店したとある新店のラーメンは
香味油のクセある風味こそ、良くも悪くもオモロイが、
結構高めの価格設定 but エラク貧相な盛りつけ具合が、ナンとも寂し。
そして、それよりなにより、
イニシエ系お約束の冷蔵庫臭いチャーシュ……。
ううう~ん、究極疑問?????

カレーうどん◇讃州うどん 

ずっと気になっていた讃州うどんのカレーうどんは
ちゃんと熱々&きちんと辛し。
うどんスメにカレー粉を溶かし入れ、片栗粉であんとじされた
いわば本格イニシエ系で、価格はウレシイ380円。
しかも、汗をかきつつ啜り終えれば、

「よぉ汗かいたねぇ~。」

の言葉とともにティッシュペーパーのボックスを手渡してくれる、お母さん。

閑散とした店内でズルズル啜っている客はおそらく地元の常連さん。
旨い不味いを超越した、これ良質なる普段着街のうどん屋さんナリ。

今、福岡で最もオモロイ飲み屋街、三角市場@薬院の
以前は「武」という屋号で営業していた沖縄料理店舗が
いつの間にか、「まあや」なる屋号に変わっている。

卵焼きを底に敷き、
その上に島豆腐やゴーヤのデミグラスソース煮(?)を
ミルフィーユ状に重ね揚げた「エスニックちゃんぷる」が象徴的。
どの料理も、沖縄料理をベースとしながらも
自由に&奔放にアレンジされた独走美味。

ソーキらーめん◇まあや

〆はモチのロンで麺。
啜ったのは、「ソーキそば」ならぬ「ソーキらーめん」。
で、味は……………。

あはん、あまりに酔いちくれてホトンド覚えておりません………。

 

あきこのちゃんぽん:ちゃんぽん630円。福岡市中央区薬院3-12-22。11:30~23:00、月曜休み(年内は28日まで)。Pなし。

讃州うどん:カレーうどん380円。福岡市西区大字徳永143-1。Pあり。

まあや:ソーキらーめん700円(?)。福岡市中央区渡辺通2-3-33 三角市場内。19:00~26:00、不定休。Pなし。

◎2008年通算麺喰い数◎ラーメン198● うどん120●そば29● その他98
◎今月の総ジョグ距離:0km / 通年922km

Posted by heno at 2008年12月16日 23:55
コメント