2009年01月11日 日曜日

●キモチ、カタチ

明日の休日出勤を控え夕方4時、カミさんの実家・宮崎を出発。九州自動車道を福岡へ帰る途中、熊本の御船ICで降り、下道を熊本市街へ。目指すは、ちゃんぽん醤。

熊本在住さん情報でその存在を知った、ちゃんぽん醤。ネットで調べた住所をたよりに訪ねる。と、あららぁ、熊本一の繁華街である上通りハズレにあたるこの一帯は、現在下通りに移転した大金豚がかつて営業していた店舗のすぐのご近所さんでナイのぉ!

ちゃんぽん醤

 

エエ感じにロハスな外観同様に、暖簾を潜ると店内は、靴を脱ぎ掘りごたつタイプの板間へ上がる、癒し系店舗造り。そして、店の一角胃置かれた小型テレビからは、日曜夕方のお約束テレビ番組である、ちびまる子ちゃんが流れている。

ガランと空いた客席のひとつに座り、だるんっとホノボノ気分でメニューを見れば、「醤油ちゃんぽん650円」に、辛味仕立ての仁王ちゃんぽんが2種、カレーチャンポンに焼きチャンポンと全5種類。ナンでも「素材の美味しさを味わっていただくため、調味は丸大豆醤油のみ。」とのこと。うんうん、コリャ面白そうだ。ならば、デフォの醤油ちゃんぽん。

醤油ちゃんぽん◇ちゃんぽん醤

あははん、ナルホドナルホドぉ。こういうチャンポンが作りたかったのかぁ。

待つことしばし、運ばれてきたチャンポンは、目一杯醤油色のスープと、丹念に切り揃えられた様々な具が印象的。ドレドレとスープを啜れば、往々、ナルホド、能書き通り。細モヤシにキャベツ、エビに豚に生揚げと、様々な具材の旨味の仲を取り持ち、ほんわかひとつにまとまめあげる醤油ダレの旨味。

ナンとも滋味。コノ味わいはきっと、ギンギラ太陽ジェネレーションは物足りなさを感じるはず。が、黄昏ロートル麺喰いの我がジェネレーションは、きっときっとシャウトするはず。「あはあは、あははっ。これドエラク旨いですぅ!」と。具の旨さをスープに映す。コレ、チャンポンの王道調味。そしてそして、むにんっと粘り、シャクリと解ける艶系食感がエクスタシーなる滋味麺の淡き旨味。

厨房を仕切るのは我より一回り若く見える、夫婦らしき男女。懸命に気は遣ってもらっているだが、一見無愛想にも思えてしまう朴訥なる接客態度に然り。ヘンに飾らない。が、きっちりチャンとしている。食材の味わいを生かし切る、究極滋味なるこのチャンポンが作りたかったのか。カミさんがたのんだ柚子胡椒風味の仁王ちゃんぽんの旨さに確信。自らが信ずるままの、独自の創意工夫を繰り返し、更なる高みへ。

次回訪ねたときは、どんなチャンポンが啜れるのだろうか?ついつい夢が広がる、店主の想いの強さが麺作りにストレートに具現化されている発展系。うんうん、機会が有れば、また是非寄らせていただきマス。

熊本から帰りしなに立ち寄ったのは、いちげん@佐賀川副町。
お目当ては、モチのロン!冬季限定、海苔ラーメン。

ラーメン+海苔◇いちげん

思いの外、海苔の香りは浅い。
んが、ラーメンスープの豚骨風味は、ググッとドンピシャ我が好み!

トロンと舌のにのる豚骨だしの旨味がタマラン美味。
 

ちゃんぽん醤:醤油ちゃんぽん650円。熊本市坪井2-1-5。11:00~14:30&18:00~22:00、不定休。Pなし。

いちげん: ラーメン560円+海苔100円。 佐賀県佐賀市川副町西古賀925-1。 11:00~21:00、 (15:00~17:00は中休み) 水曜休み(1月は16日も休み。また、6日(火)、8日(木)、9日(金)は15時まで)。Pあり。

◎2009年通算麺喰い数◎ラーメン9●うどん2●そば1●チャンポン2●その他1
◎今月の総ジョグ距離:21km / 通年21km

Posted by heno at 2009年01月11日 20:24
コメント
コメントしてください




保存しますか?