2009年02月28日 土曜日

●気 実 想

作る側の「気」と、提供される料理の「実」と、食べる側の店に対する「想」。この三要素の三段階評価の和で、食後の満足感が決まるとする。となれば、私の場合「気」に2倍、「想」に3倍のバイアスがかかる。

 

昼啜ったとある新店Aは、清潔な店内にはつらつとした接客が、気3。
差し出された醤油ラーメンは底が平板な器が災いし、
スープと麺のからみがナンともよろしくなく、実1。
そして先日、店の関係者より気持ちのこもった推薦メールを頂き、想1。

気3×2+実1+想1×3=10。

勝手にマリアージュ◇うわのそら

夜は東京のお客さんと、仕事の打ち上げで、うわのそら。それぞれの料理にそれぞれの日本酒が付いて出てくる勝手にマリアージュ・コースを堪能し、ほろ酔い加減でとある新店Bへと向かう。

 

こうこうと明るく点いた電照看板を確認し、腕時計を見ると22時55分。良かった閉店時間に間に合ったと暖簾をくぐると、若き店員。

「すみません、閉店時間です。」
「えぇ、なんで?まだ11時前だし看板も点けてるじゃるじゃないのぉ?!」
「すみませぇ~ん、閉店なんですよぉ。」

スープが品切れとか、鍋の火を落としてしまったとか、納得できる説明はナシ。

気0×2+実0+想0×3=0。

DVC00155

仕方ないので千鳥足でテクテクと、元祖。最近はコンスタントに旨かった元祖だが、今日久方ぶりの大ハズレ。コリャとてもデフォじゃ食べられないぞと、卓上のヤカン醤油ダレ&胡椒&ゴマ&紅ショウガをドカドカとドーピング。

気1×2+実0+想3×3=11。

悠翔樹ラーメン◇悠翔樹

昨日啜った悠翔樹は、豚骨ダシがチト薄め。なれど、相変わらずの若き店主の朴訥かつ誠実な仕事ぶりがナンとも気持ち良い。

気3×2+実2+想3×3=17。

悠翔樹:悠翔樹ラーメン480円。福岡市中央区笹丘1-35-20。 11:30~14:30&18:00~23:30、日曜休み(年内は31日昼まで、新年は5日より営業)。Pなし。

◎今年通算麺喰い数◎ラーメン40●うどん22●そば5●チャンポン6●その他11
◎今月の総ジョグ距離44km / 通年75km

Posted by heno at 2009年02月28日 23:51
コメント

いくら味が良くても態度が悪ければ全て台無し。そんな店には2度と行きません。商売とは人間相手。人柄が味に出るとは言いませんが、人柄で美味しくもなれば不味くもなります。やはり、ひたむきに頑張る店を応援したくなるのも人間だからこそじゃないでしょうか?

Posted by サヴェージ at 2009年03月01日 21:06
コメントしてください




保存しますか?