2009年03月17日 火曜日

●しりとり

昨日は「大輝」。で、今日は「輝龍」。そして、大輝は大久@佐賀県三田川町の出身で、輝龍は、今日の麺こによるとカノ久留米ラーメン大御所の一軒、大龍の暖簾分けなのだとか。

輝龍ラーメン

住所をたよりに訪ねると、ドえらくチープシックな造りの外観とは好対照な、ド派手な「輝龍ラーメン」との黄色い看板。どらどらと暖簾を潜れば、正午前の店内は先客わずか2~3人。が、しかし、空いていたテーブル席に同行スタッフと着席し正午を回るや否や、堰を切ったかのごとく次から次へと訪れる来客の波。どうやら地元では十二分に知られた人気店のようだ。

 

テーブル席に置かれたメニューを見ると、ラーメンが具のバリエーションで6~7種に白飯にビールと至ってシンプル。合わせて持ち帰りラーメンのチラシが置いてあるところが、いかにも大龍チック。初ラ店はデフォルト、ラーメンをたのむ。

 

ラーメン◇輝龍ラーメン

ほどなく運ばれてきたラーメンは、白濁スープ&表面に浮く脂の迫力あるルックスが、ナイスガイ!こりゃイケそうだとワクワク気分でスープを啜れば、瞬間広がるニンニク醤油ダレの華やかな旨味と、すぐさま後を追ってくる密なる豚骨ダシの風味。合わさる麺はカナリの太麺。ムリムリと適度に粘るコシが心地よし。ド迫力スープをしっかりと受け止め、相性もすこぶる良好。

うん、こりゃ旨いわぁ。かつての大龍を思い出す上出来だぁ。

カレコレ30年前か。とある週末、久留米大学に通うポン友の下宿アパートを遊び訪ねると、「旨いラーメン喰わせるから。」と連れて行かれたのが、西鉄花畑駅近くの大龍本店。スープ表面に浮かぶ脂とナンとも絶妙に馴染んだ海苔の、驚異的旨さにlまず感動。そして骨髄の粉っぽさを感じるスープにまた感動し、博多ラーメンとは異質の中太麺に更に感動。以降、「彼の下宿に遊びに行く=大龍ラーメンを啜る」な生活を送った青春の想ひ出が脳の中でフラッシュバックする様を懐かしみつつ、ズルズルと啜るシアワセ。

久留米 輝龍ラーメン:ラーメン500円。福岡県柳川市三橋町浦船津字宮ノ前22-2。11:30~21:30、木曜休み。Pあり。

◎今年通算麺喰い数◎ラーメン49●うどん26●そば7●チャンポン6●その他19
◎今月の総ジョグ距離31km / 通年106km

Posted by heno at 2009年03月17日 11:54
コメント

あらら〜、ご近所にいらしてたんですね〜。
輝龍は開店の時に「大龍」の花輪がありましたよ。

Posted by まさ at 2009年03月19日 08:35

急遽、花見を明日開催することになりました。ぷらっと遊びにきてください。

Posted by take4 at 2009年03月19日 20:45

今回は柳川ですか!自分は柳川出身で高校時代は立花うどんのバイトで青春しました!青春の大半を厨房と裏の麺打ちで過ごしたと言っても過言ではありません。輝龍は自分が福岡に来てから出来たんですよね~。
柳川に来たら是非立花うどんへ!当時の売れ筋は肉ゴボウうどんでした。釜揚げも売れてて夏場には冷麦になります。でも、自分は肉、もやし、月見をトッピングした大盛そばがたまらんです!
ほとんど本文と関係ないコメントですいません。

Posted by サヴェージ at 2009年03月19日 21:37

まささん サヴェージさん
エエとこですねぇ、柳川も!
福岡にも輝龍レベルの大龍系ラ店が
オープンしないかなぁ…。
立花うどんも旨いですよねぇ。
もやしうどんが最高でした。

take4
そりゃまた突然ですなぁ。
行きます!と言いたいところだが、
実はワテ、今、大阪におりマンネン。
コレから
なんばグランド花月で新喜劇観まんネン!

Posted by への at 2009年03月20日 08:49