2009年03月31日 火曜日

●蕎麦が啜れぇるぅ、だぁけでぇ、イイ~~(←フランク永井調で)

日帰り松江@島根出張。朝一番の飛行機に乗り、午前10時に現地着。セコセコと打ち合わせをこなし、早正午過ぎ。「さぁさ食事へ行きましょう」と先方に促されるままについていくと、

わぁおっ、出雲蕎麦屋?!しかも随分と高級店っぽいぞぉ……。

八雲庵

島根城すぐ近くの武家屋敷跡を改装したという八雲庵。その立地&コジャレた佇まいから察するに、観光客をターゲットにした蕎麦屋なのか?

あご野焼◇八雲庵

先ず運ばれてきたのが、松江名物「あご野焼」。日本海の初夏の味覚トビウオ=「あご」を原料に焼き上げた、いわばウルトラ巨大ちくわ。わさび醤油をチョイと付けかぶりつけば、むにんむにんと跳ねる食感と、アゴならではの素朴な旨味に、うぅ~、酒飲みてぇ~~!

酢蕎麦◇八雲庵

続いて出てきたのは蕎麦とワカメにポン酢をかけた酢蕎麦。爽やかな酸っぱさと、蕎麦の甘みとワカメの風味。うぅ、うぅ~、酒飲みてぇ~~!!

鴨の紙鍋◇八雲庵

そして、鴨紙鍋。薄口醤油仕立てながら、キリリときいた削り節の風味と、鴨肉のモチモチ甘みと白葱のシャクシャク風味。うぅ、うぅ、うぅ~、酒飲みてぇ~~!!!

カキアゲ割子◇八雲庵

そしてそして、小エビのかき揚げ&姿エビ天ぷらと、割子蕎麦。熱々サクサクの美味天ぷらを抹茶塩を喰らい、ワサワサ&ぼりぼりの割子蕎麦を啜り、噛む。うぅ、うぅ、うぅ、うぅ~、酒飲みてぇ~~!!!!

なにせ午後からも大切な打ち合わせが。飲みたい気分をグッとグッと押さえに押さえ、ナンとかカンとか食べ進むと、〆に登場したのはぜんざい。

ぜんざい◇八雲庵

ナンでも松江はぜんざい発祥の地なのだとか。甘いものは得意じゃないが、ソレなら喰っておかなきゃイカンでしょうとズズッと啜れば、ぽったりと優しい甘みと小豆の粉々とした食感&付け合わせの漬け物のポリポリ感&塩気で、大満腹&大満足。

いやいやナントも……、出張サイコー!!

出雲そば処 八雲庵:蕎麦コース料理(価格不明)。島根県松江市塩見縄手308。9:00~16:30、無休。Pあり。

◎今年通算麺喰い数◎ラーメン56●うどん33●そば9●チャンポン6●その他20
◎今月の総ジョグ距離41km / 通年116km

Posted by heno at 2009年03月31日 12:37
コメント

店の前は若かりし頃の通学路でした。
今度帰った時にへのさんの分まで飲んできます(笑)
松江のごくごく一部の紹介ありがとうございました。

島根城⇒松江城

だんだん。

Posted by 石ちゃん at 2009年04月02日 08:16

おや、石ちゃんは松江のご出身でしたかぁ。
うん、確かに「松江城」。
相も変わらず、へのってしまいましたぁ。スミマセン!

Posted by への at 2009年04月02日 22:37

初コメします。
いつもブログ拝見してます。
へのさんの麺一筋に感心してます。

さぞ、飲みたかったでしょう。残念でしたネ。

情報ですが久留米方面に行かれたら、久留米方面に行かれたら、田主丸町の亀吉うどんのごぼう天うどんを一度ご賞味してくださいませ。
美味しかったですよ。

Posted by komaQ at 2009年04月04日 12:33

komaQさん、初めまして&ヨウコソ!
亀吉うどんですね。
以前からウワサは聞いていましたが、
そうですか、やっぱイケますか!
ならば次の機会に是非とも啜ってみたひっ!と想いマス。

Posted by への at 2009年04月04日 20:40