HENO HENO: 2009年08月 アーカイブ

2009年08月31日 月曜日

●ある意味真性

ウレシタノシの北九州出張=昼麺はモチのロンでどぎどぎうどん!ウルトラ長年の宿題店の一軒、なかむらへ。

なかむら

北九州都市高速道、足立インター近くに「お食事処なかむら」の緑の暖簾。いかにも街の定食屋然としたナンちゃない店構えなれど、小倉南区の隠れご当地うどんであるどぎどぎうどん好きの間では至極よく知られた有名店。

 

午後2時過ぎという時間帯ゆえか、店内には先客はおろか、店の方の姿さえ見えない。うぬぅ~、どうしたものかなぁ、と迷いつつ店内をぐるりと見渡すと、壁に張られたメニュー書きが目にとまる。

DVC000021

「人気No1メニュー なかむら角肉うどん」とキタかぁ~!しかも「どぎどぎ」に赤マジックで波線まで引いてあるでないのぉ!!うんうん、やっぱ啜らん訳にゃイカンでしょう。で、「こんにちわぁ~、いらっしゃいますかぁ~?」と大声で声をかけると「あ~ら、いらっしゃい」と奥からお母さん登場。

肉うどん◇なかむら

待つことしばし、運ばれてきたドンブリには、ソリャもう目一杯真っ黒なスジ肉と、真っ白なうどん。別皿で供されたおろし生姜と赤胡椒を添え、まずはスメと一口啜れば、ガツンッと強力なホルモンだしのパンチ炸裂。うっはぁ~、コリャ手強いぞと、早々におろし生姜と赤胡椒をグリグリと混ぜ込みさらに一啜りすれば、あら不思議。薬味がホルモンの臭みを風味へと昇華させているではないか!荒削りゆえに妙にハマル味わいが、大阪で啜ったホルモンうどんと相通ずる、真性大衆うどん美味。

真っ黒スジ肉は見た目通りの濃い味トロトロ仕上げ。そしてうどんはモチロン製麺所製茹で置きうどん。トロりスジ肉と、ふにゅふにゅうどんの相性抜群なる味わいをガツガツとカッ喰らう、午後の快感。

 

焼き枝豆◇博多あかちょこべ

夜は博多あかちょこべで飲む。

 島らっきょう◇博多あかちょこべ

焼き枝豆や島らっきょうなど突きつつ、
デンキブランなどクイッと煽りつつ、
〆は冷やかけ。

冷やかけたぬき◇博多あかちょこべ

旨いアテに旨い酒に、旨い麺。
うん、シアワセ。
さぁさ明日もガンバんべぇ~。

 

なかむら:肉うどん500円。北九州市小倉北区宇佐町1-8-30。

博多あかちょこべ:冷やかけたぬき(価格失念)。福岡市博多区冷泉町7-10。11:30~15:00&18:00~24:00、日曜休み。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン133●うどん80●そば30●チャンポン13●その他79
◎本日の体重:未測量◎今月の総ジョグ距離117km / 通年349km

Posted by heno at 23:32 | Comments [0]

●元祖長浜屋支店 臨時休業

夕方、マニから携帯メールあり。えっ!?「元祖が臨時休業しています!」??24時間営業の元祖長浜屋支店が閉まっているという。そして夜。MANIC SOMEDAYcastle of sand博多大将に写真付きの現地リポが上がる。昨年春の本店閉店騒動と同じ展開にならないことを、ただジッと祈るのみ。

Posted by heno at 22:03 | Comments [0]

2009年08月30日 日曜日

●一泊二日食い倒れ家族旅行 二日目

起床したら、目一杯カニ臭まみれ。あはん、シアワセ!と朝風呂に入り、腹ごなし。イイ感じに腹が減ってきたところで朝飯をカッ喰らい、さぁさ出発GO SOUTH!目指すは島原。

 

諫早湾干拓事業の副産物、堤防道路を通り、島原へ。
諫早湾をショートカットする一直線の道路を走りつつ
干拓事業の功罪に思いをはせる。

IMG_1177

島原湾岸の国道251号線沿いにある土石流被災家屋保存公園。
1990年の普賢岳災害で被災した家屋がそのままの姿で展示されている。

水の郷、島原市街地を湧水散歩。
水頭井戸や伊藤氏庭園など点在する湧水ポイントを巡る。

 

 

島原名物の街の水路に泳ぐ鯉も
暑さを嫌い橋の陰に群れている。

あずきかんざらし◇水屋敷

小一時間散歩を楽しみ、水屋敷でかんざらし。 
モチモチ粘る食感とほの甘い小豆に、ホッと一息。
庭の湧水を眺めつつ、暑気払い。

IMG_1158

アーケード街の一画に「ピーナッツラーメン」のチラシを発見。
島原産ピーナッツのタレでコクをだした豚骨ラーメンで、
かつて料理の鉄人として活躍した
中村孝明氏のもとで修行した店主が考案したという。

ナニやら面白そうで惹かれるも、今日の昼麺は既に決めている。
ココまで来たのだ。小浜チャンポンを啜らずして、帰れるものか!
蛇の目

小浜温泉のご当地麺、小浜ちゃんぽん。
20店の専門店に加え、
居酒屋や、洋食屋、食料品店などでもチャンポンが楽しめる。
その小浜ちゃんぽん店の中で、最も有名なのが、寿司屋 蛇の目。

チャンポン◇蛇の目

さすが人気店、午後2時半だというのにほぼ満席状態の店内で待つことしばし
差し出されたチャンポンはどっさりと盛られた具が大衆仕様で好印象。

どらどらとスープを啜れば、あっさりと軽やかながもシッカリとダシのきいた
イニシエ系な味わいに、ほっこり。
この「あっさりスープ」が小浜ちゃんぽんの特徴その一。

 

小浜ちゃんぽんの特徴その二は「殻つきの小海老」。

そして小浜ちゃんぽんの特徴その三は「長い麺」。
1mは優にありそうな長い麺が独特の食感を演出。

スープめん◇蛇の目

そして蛇の目のもうひとつの名物がスープメンは
ミルク味仕立て&具にトマトやホタテが添えられた洋風チャンポン。

「名物に旨いものアリ!」なご当地麺に大満足し、帰路につく。

蛇の目:チャンポン680円。長崎県南高来郡小浜町北本町852。11:00~21:00、木曜休み。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン133●うどん78●そば30●チャンポン13●その他79
◎本日の体重:未測量◎今月の総ジョグ距離117km / 通年349km

Posted by heno at 18:57 | Comments [0]

2009年08月29日 土曜日

●一泊二日食い倒れ家族旅行 初日

毎夏恒例の家族旅行。今年は長男が中学生となり、念願のバスケットボール部活に燃えている。夏休み中も土曜日曜返上で練習の日々。なので、まとまった連休がとれず、例年は最短2泊3日の家族旅行もスケールダウンし、1泊2日の西九州食い倒れ旅行。

麺工房 天天 

休日千円高速を利用し、先ず向かったのは佐世保。
佐世保と言えばハンバーガーと主張するカミさん&長男を
バーガーショップ・ヒカリで降ろし、
次男と我は麺工房天天で冷やしラーメンを啜る。

冷やし塩ラーメン◇麺工房 天天

中年男の奮闘記でその存在を知り、ずっと気になり続けていた
麺工房天天の冷やしラーメン。
塩、醤油、味噌の3種類あるが、店の一押しは塩。
啜った瞬間、パッと華咲く鶏ガラだしの旨味と中華香辛料のクセある風味。
冷製なので温製に比べ自然風味が落ちるかと思いきや、ナンのソノ。
ナンとも芳醇なる味わいに、ニンマリ。

クニュクニュと踊る中太麺の食感も愉快に美味。
キニキニと抗う鶏胸肉のチャーシューも
中華香辛料がイイ感じにクセもの美味だし、
茹で野菜のシャキシャキやキクラゲのシャクシャクと
いろんな食材の食感&味わいのハーモニー、うんうん、お見事!冷やし醤油ラーメン◇麺工房 天天

次男のたのんだ冷やし醤油ラーメンもナカナカ旨いが、
塩に比べると、あまりにもストレート味で、チト物足りない。
天天の冷やしは塩で決まりっ!

あぁ旨いなぁとカッ喰らっていると、カミさんから写メールが。
超人気店ヒカリの順番待ちを嫌い隣のログキットで食べているらしいが、
メールタイトルは「めちゃくちゃ美味しい!」。

カミさん&長男をピックアップして海上自衛隊倉島岸壁へ向かい、
夏休み一般公開されている護衛艦を見学。

日米安保条約や自衛隊の海外派遣問題を妙にリアルに感じつつ
再び市街地へ戻り、佐世保ぶらり散歩。 
立派なアーケード街させぼ四ヶ町商店街より
我が興味は戸尾市場街。

海産物や水産加工品、青果、日用雑貨、衣料など
日用品の商店がズラリ軒を並べる昭和レトロな商店街。

 

その一画には戦中の防空壕跡を利用した「とんねる横町」。
ナンともイイ感じの食堂での昼酒にググッと惹かれるも、グッと我慢。

シュークリーム◇蜂の家

興味の向くまま、ぶらぶらと。
アチコチと歩き回ったあとは
コレまた佐世保名物、巨大シュークリーム。
昭和28年創業のレストラン、蜂の家のシュークリームは
子供の拳2個大の大ぶりシューの中に
洋酒の香り立つタップリのカスタードクリームとともに
バナナと焼きリンゴの切り身がゴロゴロと。
砂糖と練乳から作られるスカッチソースをかけつつ、カッ喰らう。

今宵の宿は佐賀県太良町の太良観光ホテル
お目当ては太良町名物、ワタリガニ。
食卓に所狭しとズラリ並んだワタリガニ料理に
アドレナリン上がりっ放しで、イタダキマ~ス!!

IMG_1152

コレは初体験!なワタリガニの刺身は
ズワイやタラバに勝るとも劣らない濃厚な甘味がタマランぞぉっ!

IMG_1154

唐揚げや焼きガニとアレコレ調理されたワタリガニも確かに旨い。
が、ナニはなくても喰らうべくは茹でガニ。
子供の顔より大ぶりな雌ガニと小振りながら濃密な味わいの雄ガニの
ナンと2尾が供される!

あははん、うはは、コリャたまらんなぁ。
うんうん、こりゃドエラク旨いなぁ。

手と顔を蟹肉だらけにしつつ、
途中、日本酒をクイクイ煽りつつ、
ただひたすら一途にワタリガニにかぶりつくシアワセよ。

麺工房天天:冷やし塩ラーメン700円。冷やし醤油ラーメン600円。長崎県佐世保市俵町3-14。11:30~23:00(日曜~21:00)、1st&3rd水曜休み。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン133●うどん78●そば30●チャンポン12●その他79
◎本日の体重:未測量◎今月の総ジョグ距離117km / 通年349km

Posted by heno at 20:53 | Comments [5]

2009年08月28日 金曜日

●さすがの滋味

日々動食によると、一風堂大名本店のつけ麺がタイヘンなことに!ナンと麺の上にミートソースとチーズがのって出てくる?!ボロネーゼ麺と魚介豚骨温つけ汁の相性や如何に?食べてみたいような、みたくないような……。

○ホリーポッターとグルメなお部屋によると、長崎大勝軒@長崎のつけ麺もタイヘンなことに!!ナンと味噌味のつけ麺が新登場模様。

○先月末、箱崎亭跡にオープンするも一時閉店していた「らおう」なる新ラ店が、再び開店を再開した模様。

ラーメン◇博龍軒

一年ぶりに啜る博龍軒は、相も変わらずシミジミ美味。
キュインとドライブするタレの旨味とほんのり甘い豚骨ダシ。
そしてテロンと黄昏れた偏平麺。

博多ラーメンの祖の一軒、博龍軒。
カウンター奥の厨房に今も気丈に立ち続けるお母さん。
すこし愛して。長く愛して。
何時までもお元気で作り続けてくださいませ、このラーメンを。

博龍軒:ラーメン550円。福岡市東区馬出2-5-23。11:00~17:00、月曜休み。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン133●うどん78●そば30●チャンポン12●その他78
◎本日の体重:未測量◎今月の総ジョグ距離117km / 通年349km

Posted by heno at 12:06 | Comments [0]

2009年08月27日 木曜日

●見た目だけじゃ分からない

午後からの打ち合わせを前に、さぁさ昼麺。同行スタッフMのリクエストは豚骨ラーメン。ならば行くか、アノ店へ。

土竜が俺を呼んでいる 

とある方からのメールでその存在を知った、新ラ店「土竜が俺を呼んでいる」は、白金の昭和レトロな焼酎バー「土竜」の2号店。往年の日活映画を摸した店頭看板が象徴的。本店宜しく昭和レトロなインテリアの店内でラーメンの出来上がりを待つ。

ラーメン◇土竜が俺を呼んでいる

待つことしばし、差し出されたドンブリは掌にすっぽり収まる小振りなサイズ。そしてドンブリ中央には厚さ2センチほどの煮大根。そして、煮大根の上には鶏そぼろと白髪葱が盛ってある。

手作り感溢れるレトロな店内インテリアと、健康志向をにおわせる創作ラーメン。こりゃ謂わばオサレ気分のカフェ系ラーメンだな、とチト高をくくりつつレンゲでスープを一啜りする。も、

おっ、おぉ~?うんうん、いやいや、コリャ王道だぞぉっ!

見た目のチャラチャラ感とは真逆。イイ感じに粘度あるスープは、グイグイッと豚骨ダシの押し出し感の強いストロング・タイプ。タレは少なめ=豚骨ダシの旨さで勝負してくる超王道ストロング滋味系な味わいに、思わず感服。カウンター奥で調理するカフェ系オサレな若者がこのスープを取っているのだろうか?

合わさる麺は気持ち細めの中太ストレート。ボリボリと抗いボソボソと解ける無骨な食感がストロング・スープとの相性抜群。では煮大根は?と囓ってみると、イイ感じにスープのストロング加減を中和する。ナルホドねぇ、コレはコレで十分にアリだなぁ。

胡椒や紅ショウガなどのラーメン定番の薬味に加え、赤柚子胡椒や「パンチ君」と名付けられたニンニクチップがベースのオリジナルスパイスもあり。どらどらとパンチ君を一サジふってスープを啜れば滋味が一変、味わいの輪郭がクッキリ鮮やかな今時味に。

誠実な仕事と創意工夫がほのぼの旨い一杯に、ほっこり満足。次回こそ150種は置いてあるという焼酎目当てに、夜。

土竜が俺を呼んでいる:ラーメン500円(夜は580円)+替え玉100円。福岡市中央区大名1-9-18。11:30~13:30&18:00~27:00(ランチ営業は平日のみ。日曜~25:00)。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン132●うどん78●そば30●チャンポン12●その他78
◎本日の体重:未測量◎今月の総ジョグ距離105km / 通年337km

Posted by heno at 12:46 | Comments [0]

2009年08月26日 水曜日

●チェーン店十色

○龍龍軒清水店の店頭に「煮干し豚骨450円」の張り紙が。ネオ二郎系から魚介系へ路線変更か?

○新宮の裏通りに濃麻呂を発見。えぇ?こんなところに??こりゃスクープだ!と念のためgoogleってみると、既に福岡の東濃く原に実食リポが。今年の春にオープンしてたのね……。

さがの日々によると、行こう行こうと思いつつ行けず仕舞いだった自由麺工房 大恩@佐賀の太麺がマタマタ進化した模様!屋号に恥じぬ麺工房ぶりに感嘆っ!ああ近々是非とも啜ってみたひっ!

ラーメン◇來來亭小田部店

 

京都風醤油ラーメンがウリの来来亭。近畿・中部地方を中心に130店舗を展開する大手ラーメン・チェーンが先々月、豚骨都市・福岡市へ遂に進出するも、なにせ小倉店の印象があまりにも良くなかったので、全く食指が動かず仕舞い。なれど、昨日のHello Radio然り、数々のブログでナカナカの高評価続出。で、遅ればせながらズズッと啜れば、

あははっ、やっぱ食わず嫌いはイカン、イカン!

鶏ガラだけでコレだけ押しの強いダシがとれるのだろうか?醤油ダレの旨味と背脂の甘味をグイッとひとまとめにしてコクのある味わいへと昇華する、イイ感じに粗野で野蛮なダシの風味。合わさる中細麺の粉っぽいポリポリ感も、ジャストミ~~~トッ!(←超今更福澤調で)ジャクジャク旨い九条葱が彩りを演出。ペラペラ薄切りのチャーシューとの食感&味わいのハーモニーも、お見事。

旨い……。来来亭って旨いやんっ!!イイ感じにお下劣な大衆美味醤油ラーメンがカナリ我がツボ。なれど、来来亭名物の店員の大声接客だけは、どうにも馴染めない。そしてラーメン600円はチト高めかな?同じ醤油ラーメンなら、居心地の良さ×コストパフォーマンス=先日の奈奈の方が我が気分!

 DVC00002

精算レジ奥に気になるポスターを発見。
一日限定30食の冷麺は麺の太さが半端ないっ!!
で、太麺フェチの我が麺心を鷲掴み。

 DVC00006

夜は地下鉄西新駅裏のヤキトン屋、大黒で飲む。
豚のホルモン串焼きをアレコレ喰らい、ハイボールをクイッ。

 ラーメン◇じろう。

で、〆は西新の裏通りに地味に先月オープンした長浜ラーメンじろう。
長浜ラーメン 力出身という若き店主が作る一杯は
師匠店同様に目一杯つゆだくタイプ。

粗にして野だが卑ではない。
クイクイと香り立つストロングな豚骨ダシのスープと
ポリポリ弾ける細麺がカナリ我がツボ!

 

来来亭小田部店:ラーメン600円。福岡市早良区小田部1-18-10。Pあり。

長浜ラーメンじろう。:ラーメン500円。福岡市早良区西新5-4-1。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン131●うどん78●そば30●チャンポン12●その他78
◎本日の体重:未測量◎今月の総ジョグ距離105km / 通年337km

Posted by heno at 22:54 | Comments [2]

2009年08月25日 火曜日

●家麺もまた楽し

その一杯が食べたくて。に先日お知らせした新ラ店「土竜が俺を呼んでいる」の実食リポが上がる。大根入りの豚骨ラーメンですかぁ!夜は100種類を超える焼酎が楽しめるんですかぁ!!うん、近々突入決定!!!モチロン、夜。

俺コレ!情報で気になっていた新ラ店、六壱○麺の実食リポが、中年男の奮闘記かめ。。。さて、何食べようかせーじの『とりあえず喰っとけ!』福岡 no 街に上がる。諸々のリポを読みつつ、ふと思う。アレコレ演出の効いたメニュー構成然り、「六壱○麺」なる数字を配した屋号然り、その看板ロゴ然り。ひょっとして、かつて天神親不孝通りで若者相手の居酒屋チェーンで大成功し、現在は居酒屋ぶあいそや蟹料理店丸海屋、博多鉄鍋も手がける「てっしぃおじさん」こと溝上徹思氏が率いるアマージュの新業態店なのか……??

ハワイアン・ヌードル

 

我、多忙。で、エマージェンシー食、杯麺三昧。
ハワイのローカルフードであるサイミンの味を再現したという
日清のハワイアン・ヌードルは海老だしがホンワカききつつも、
全体の印象は限りなくオリジナル・カップヌードルに酷似。

おそば屋さんのカレー南蛮

「おそば屋さんの」のサイドコピーに惹かれまくった
マルちゃんのカレー南蛮蕎麦。
別袋で醤油カエシまで付いていたので
カナリ期待して啜るも、
うぅ~ん、コリャどうしたもんかなぁ……。

DVC00005

長崎出張で買い込んだ外海特産ドロさまそうめん
カナリ太めでLike a 五島うどん。
なれど、落花生油の独自風味は確かにイケルっ!

 

◎通年麺喰い◎ラーメン129●うどん78●そば30●チャンポン12●その他78
◎本日の体重:未測量◎今月の総ジョグ距離105km / 通年337km

Posted by heno at 16:14 | Comments [2]

2009年08月24日 月曜日

●おや?こんなところにも穴場麺!

さぁてお立ち会い、まだまだココ福岡も捨てちゃモンじゃない!
知ってそうで知らない地味&滋味名店がア~ルじゃア~リませんかぁ!!

所用で大手門に出かけた帰り、さぁて何処ぞで昼麺啜るかなぁと、気の向くままにペダルを漕いでいると「中華そば」の幟アリ。

おぉやぁ、こんなところにラーメン屋……?
あ、あぁ、そうだ!カナリ以前、太助さんとこで実食リポを読んだよなぁ!

私の記憶が確かなら、辛口リポが信条(?)の太助ブログでソコソコ以上の高評価だったような……。うん、ならば突撃っ!!

味の店 奈奈

 

木製の引き戸を潜ると、思いっきり手作り感溢るる店内。よく言えばハートウォーミングで我が好みのタイプだが、悪く言えばパッとしないインテリア。そして、カウンター奥の厨房には、黒Tシャツにタオルを頭に巻いた今時のラーメン店員とは隔世の感のある、いわゆるフツーなファッション&ルックスのおいちゃんが二人。

ううん、こりゃハズしたかなぁ……。

腹をくくり、メニュー筆頭の醤油ラーメンをたのむ。

醤油ラーメン◇味の店 奈奈

いやいや、なんのなんの。こりゃナカナカ旨そうだぞぉ……。

ほどなく差し出されたら醤油ラーメンは、イイ感じに透明感を残すスープからは湯気とともに立ち上る鶏ガラらしきダシの香り。大判の海苔とシナチクにチャーシュー、そして葱も白髪葱と微塵切りの2タイプが盛ってあり、ナンとも丁寧美人。

コリャ期待できそうだ!とレンゲを取る手ももどかしく、ズズッとスープを一啜りすれば、ふわりと柔らかく広がる豊かな旨味。鶏ガラに加え香味野菜を豊富に使ってあるのだろうか?派手さはない。が、様々な食材の旨さが優しくまとまり、シミジミと美味。

合わさる麺は中太もかなり美味。噛んだときのニチッと感然り、さらに噛み込んだときのシャクッと解ける感然り、そこそこ効いた書簡の演出が、うふふと楽し。もちっと抗いトロリと解けるチャーシューや、シャクシャク美味なるシナチクとともに、ズルズルと啜る、ナンともシアワセな午後のひととき。

DVC00002

コレで500円は素晴らし美味っ!
次回はつけ麺を啜ってみたひっ。

昨日は最近オープンした味噌ラーメン専門店で啜る。
いかにもFC的店作りよろしく、出てきたラーメンも、もろFC仕上がり。
おそらくスープのみを加熱して、後から出来合いの山菜を盛りつけたのだろう。
スープはアッツ熱なのだが、山菜とその周りのスープが妙にぬるい。
盛り合わせの美しさと出来上がりの均一さを
考えてのオペレーションなのだろうが、
作り手の気持ちがこれっぽっちも感じられない味噌ラーメンは
あまりにも寂しい……。

味の店 奈奈:醤油ラーメン500円。福岡市中央区荒戸3-2-6。11:30~14:30&20:00~?。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン129●うどん78●そば29●チャンポン12●その他76
◎本日の体重:未測量◎今月の総ジョグ距離93km / 通年325km

Posted by heno at 21:48 | Comments [0]

2009年08月22日 土曜日

●熱をもって暑を制す

○福岡市中央区大名1-9-18に「土竜が俺を呼んでいる」なるラーメン&焼酎バーが、今月初旬にオープンした模様。

らーめん処 満@清川が、大宰府市向佐野2-13-15に「博多ラーメンマンマル」として今月15日に移転オープンした模様。ラーメン390円、ラーメン&カレーライスセット750円。カレーライスやライスはセルフなのでドデカ大盛もOKとのこと。

○国体道路沿いに先月オープンした倉敷名物ぶっかけてうどん ふるいちが、来月、薬院六角に福岡2号店をオープン予定とのこと。

 ラーメン◇未羅来留亭

 

突如我を襲う豚骨気分タイフーン。
喰いたひっ、喰いたひっ、ドエラク喰いたひっ、豚骨ラーメンが!
んで、とどのつまりは未羅来留亭。

うぬぅ~?今日のスープは、ちとダシ薄めか??
でもでも、コレはコレで十二分にアリ!!
コレ正に惚れた弱みか。
ボリボリと解ける中太ストレート麺の粉っぽい食感に
ほこほこ気分全開で、ずる、ずずぅ~~、………、

すんませ~ん、替え玉クダサイ!

釜揚げ蕎麦◇芭蕉庵

北九州の昼麺と言えば、どぎうどん!が我が昨今の麺喰い気分。
なれど、八幡東区近郊で昼時となると、話が違う。
で、我が最愛蕎麦屋、芭蕉庵で釜揚げ蕎麦。

注文をとりにきたお母さんに
「釜揚げ蕎麦は熱いですよぉ~……」と心配いただくも、
好きなのだからしょうがない。

ふーふー、ずるずる、はほはほと一気に啜り、
あはん、旨しっ。
芭蕉庵名物のトロントロン&熱々蕎麦湯もシッカリと楽しみ、
汗だくだく。

熱をもって暑を制す。
This is My Way.

芭蕉庵:釜揚げ蕎麦(価格失念)。北九州市八幡東区尾倉2-7-10。 11:00~14:30、日祝休み。 Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン127●うどん78●そば29●チャンポン12●その他76
◎本日の体重:未測量◎今月の総ジョグ距離83km / 通年315km

Posted by heno at 13:10 | Comments [0]

2009年08月20日 木曜日

●コレこそ本場?

我がこの夏の麺気分は酸辣湯麺 or 冷やかけ。で、今日も本能が赴くままの昼麺チョイス。かねてから気になりまくっていた超長年の宿題店、紅夢へ。

紅夢

赤坂の一通道路沿いのビルの一階に赤い看板。写真付きの夜のコース料理紹介の下に黒板で昼ランチの紹介。「回鍋肉」や「焼餃子」のランチの下に「酸辣湯麺」と「担担麺」の文字を確認!ソトメシの友で夜営業で酸辣湯麺が食べられることは確認済みだったが、よかったよかった、ランチでも食べられるようだ!

 

午後1時過ぎ、ビル一階奥の店内は先客1名なれど、そこかしこのテーブルに食べ終えた食器が残る。ちょっと前までランチ客で賑わっていたようだ。ココは本番中国の方々が営む店。「らっしゃいまぁせぇ~。」と独特なイントネーションでメニューを取りに来た女性に酸辣湯麺をたのみ、先日ブックオフで買った沢木耕太郎の「凍」を読みつつ、出来上がりを待つ。

酸辣湯麺◇紅夢 

おやおや、こりゃユニークな盛りつけだぞぉ……。

待つことしばし、運ばれてきた酸辣湯麺は、表面に大量の麺が浮いて見える。トロントロンのアンとじスープに覆われ見えないのが普通なのだが、と思いつつ、兎にも角にもまずはスープとレンゲで一啜りすれば、アッツ熱の食感と共に、じわじわじわぁ~と広がる鶏ガラだしらしき滋味なる旨味と厚みのある酸味の、味わいのグラデーション。そして、一呼吸置いてヒリヒリと己の存在を主張する唐辛子のインパクトある辛味。

うんうん、こりゃ旨いぞぉっ!と麺を啜る。と、

おやおや?こりゃイカンぞぉ……。

博多ラーメンよろしく、かなり細めの麺は湯切りが甘かったのであろう。しかも、片栗粉でアンとじしたスープをドンブリに張った後に麺を投入したのだろう。トロトロスープと交わることなく、ぽつんとスープの上に浮いている。なので、細麺にどろんと淀んだ麺茹で湯の風味が絡んだままのナンともイタダケナイ味わいに、ビックリ。こりゃイカン!と細麺とスープをぐりんぐりんに混ぜ合わせつつ、ズルズル啜る。

綺麗に切り揃えられた豆腐&タケノコ、干し椎茸、キクラゲなどの具の豊かな食感&味わいをひとつにまとめ上げる酸辣旨スープ。うんうん、酸辣湯としては完璧。なれど、コレだけの美味酸辣湯に、この細麺はあまりに非力。本場中国では麺は米より軽んじられる傾向があるが、こりゃあまりにも軽んじ過ぎじゃぁあ~りませんかぁ?

紅夢:酸辣湯麺820円。福岡市中央区赤坂1-7-25。11:30~14:30&17:30~23:00(土日祝は夜営業のみ)、無休。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン127●うどん78●そば28●チャンポン12●その他76
◎本日の体重:未測量◎今月の総ジョグ距離83km / 通年315km

Posted by heno at 13:08 | Comments [0]

2009年08月18日 火曜日

●我だけか?

○今朝satoyanからメールあり。今朝の西日本新聞に警固にシンセイロウなる刀削麺新店が今日オープンとの折り込みチラシが入っていたとのこと。こりゃドエラク気になるぞぉ!!と思っていたら、ブルースバカ一代その一杯が食べたくて。に早々に実食リポが上がる。

メニュー筆頭の「担々刀削麺」の汁なしバージョンに、「たっぷりトマト刀削麺」。ナンだか今は閉店してしまった汁なし和え麺専門店福博軒と相通じるモノを感じてしまうのは我だけか?

天神経済新聞によると、一風堂を手がける力の源カンパニーから一風堂の店頭で提供している「辛子もやし」の調味液を商品化したとのこと。うう~ん、ナンだかセコイ商売だなぁと思うのは我だけか?

 

朝っぱらからの小倉南区での仕事が一段落し、サクッと昼麺。今や「北九州での昼麺=どぎどぎうどん」。で、同行スタッフのリクエストに応え、肉よもぎうどん狙いでいわさきへ行く。が、定休日……。で、すぐ近くの今浪うどんへ緊急避難。

今浪うどん

 肉うどん(中)◇今浪うどん

カレコレ3年半ぶりの今浪うどんなれど、
改めてその旨さを痛感。

 

揚げたてなれどイイ感じにほわんほわん感を残すうどん麺と
キチンと旨い牛ホホ肉の煮込み&濃口醤油スメ。

どぎうどんはコレくらいに
勢いもアリ&情けなくもアリな麺がグゥ~!(←超今更江戸はるみ調で)
と思うのは我だけか?

 

今浪うどん:肉うどん(中)600円。北九州市小倉南区北方3-49-29。8:30~15:00、 水曜&2nd・4th木曜休み。Pなし

◎通年麺喰い◎ラーメン127●うどん78●そば28●チャンポン12●その他75
◎本日の体重:未測量◎今月の総ジョグ距離73km / 通年305km

Posted by heno at 00:49 | Comments [3]

2009年08月16日 日曜日

●新竜軒@宮崎市 ~『軒』を訪ねて 第57回~

ぬははぁ~ん、ちゃが商店の創作つけめんは、ナカナカに旨かったっちゃが(注:「ちゃが」とは宮崎弁で「です」を意味する。博多弁では「たい」、北九州弁では「ちゃっ」)。さてさてならば、次は宮崎家系新ラ店であるひろき家だっ!とハンドルを切りかけるも、ふと思う。

創作ラーメンは確かにオモロイ。
んが、コレって宮崎じゃなくても啜れるよなぁ……。

政@長崎馬力家@熊本然り、昨今九州各地に出没する家系ラーメン。ソレはソレでカナリ気にはなる。が、宮崎でしか啜れないご当地、いや、ご当店麺が啜りたひっ!と、予定変更し、我が心の絶対名店の一軒、天門を訪ねる。も、わぁお、お盆休みぃ~……。

うむぅ、ならばかねてからの宿題店の一軒、新竜軒に行ってみるかぁ!

アチコチのサイトやブログの記事で随分と前から気になっていた新竜軒。いみじくも我がツボブログ日々好々にも実食リポがあり、益々もって気になりまくり。

実は以前、店の前まで訪ねるも、駐車場が見あたらず実食を諦めた新竜軒。さぁて車をドコに駐車するかなぁ、と再訪すると店横に月極駐車場あり。もしやと車を入れ探してみると、ピンポ~ン大当たりぃ!4区画ほど新竜軒用の駐車スペースがあぁ~るじゃあぁ~りませんかぁ。

新竜軒

 

至極小振りな4人掛けテーブル席が2卓に、5席ほどのカウンター席。そして店入り口左手の高い位置に14インチテレビ。随分とコンパクトな作りの正統イニシエな店内には、高校生らしき若きカップルと、60過ぎの中年夫婦に、同じく60過ぎの親父一人客。いずれも近所の常連さんらしき寛ぎ具合に、チト恐縮しつつも空いていたカウンター席へと座る新参エイリアン客一匹。

カウンター上部に貼られている手書きのメニュー表には、ラーメンと、チャーシューめんと、焼きそばが、それぞれ普通と大盛りの2種。カウンター隣席の親父客のビール&焼きそばにググッと惹かれつつも、なにせ車に乗ってきたことだしと、「ラーメン450円」をたのむ。

注文を受け、カウンター奥の厨房でお母さんの調理が始まる。醤油ダレを注いだドンブリにスープを張り、釜に麺を投入。そして、

ちゃっちゃっちゃ、ちゃっちゃっちゃ、ちゃっちゃっちゃ……。

ナンとも見事な平ザルでの麺揚げに、ただただ、ただひたすらに見惚れつつ、宮崎ラ店お約束の突き出し、小皿に盛られたタクワンをボリボリ囓りつつ、出来上がりを待つ。

ラーメン◇新竜軒

はぁいはぁい、コリャいよいよ我が好みっぽい、ぽい、ぽいっ!

ほどなく差し出されたドンブリには、ナンともイイ感じに僅かな透明感を残す豚骨スープと、キチッと調理された感がソコカシコに感じられるチャーシュー。

イヤん、バカん、コレって絶対旨いっしょっ!

高まる期待に堪らずドンブリを鷲掴み。まずはスープとズズッと啜れば、おそらく豚骨に加え鶏ガラも使っているのか?瞬間は至って軽やかなれど、ふわっと華咲く鶏ガラらしき豊かな旨味と、その旨味をクイッと後押しする豚骨らしき力ある風味。

合わさる麺は気持ち太めの中太ストレート麺。ぬらっと柔らかめのコシのたよりなさが、軽やかスープとよくよくマッチ。そして、湯通ししただけのパリパリ太モヤシとモッチリ劇旨のチャーシューが名脇役。派手さは皆無。なれど、チャンと美味。ナンちゃないけどチャンと旨い、コレ正真正銘の『軒』ラーメン。

あはん、惚れてもうたぁ~……。

新竜軒:ラーメン450円。宮崎県宮崎市吉村町大町前甲2254-4。11:00~15:00&17:00~19:00、火曜休み。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン127●うどん77●そば28●チャンポン12●その他75
◎本日の体重:未測量◎今月の総ジョグ距離73km / 通年305km

Posted by heno at 13:20 | Comments [0]

●南国オモつけ

宮崎帰省3日目。昨日、温泉センターでチビ達とガッツリ遊んでくれた義父さんに心底感謝。ならば今日は義父さんの休息日、さぁさチビ達よ麺喰い行くぞっ!なにせ宮崎は今、オモロ麺花盛りなのだっ。

 

きっかけは、たまたま西日本新聞系列のグルメサイトで知った、家系ラーメンひろき家。今年の4月に宮崎市にオープンした横浜家系ラーメン店という。コリャ面白そうだと更なる情報を求めgoogleっていると、たまたま日々好々に行き当たる。

宮崎市内の食べ歩きを中心としたグルメ・ブログだが、ビビッドな麺情報がエラク充実。自らの好奇心に忠実にアレコレと食べ歩く姿勢然り。朴訥とした語り口の端々に滲み出る麺に対する「愛」然り。うんうん、このブログはイケルッ!で、夢中になって記事を読みあさった結果、宮崎麺新事情が判明。

○宮崎麺新事情 「否豚骨新ラ店の台頭」

九州豚骨帝国の一県である宮崎だけに、元来は豚骨ラーメン文化圏。栄養軒きむらなど老舗の豚骨ラーメン店が幅をきかせていたのだが、ここ1~2年で否豚骨新ラ店が急増。ちゃが商店ヌクイ商店麺処みなみコラーゲンラーメンなどの醤油や塩、札幌ラーメン専門店中村家など、いずれ劣らぬ惹かれるラ店のオンパレード。

そして、横浜家系新ラ店も、先述の家系ラーメンひろき家をはじめ、らーめん GATUN!!や、家系らーめん澤井など、宮崎市近郊に3軒も営業中とのこと。

ヌクイ商店 

 

で、まず向かったのはヌクイ商店。ナンとも旨そうな塩ラーメンを啜るのさっ!と住所を頼りに訪ねるも、店頭には「お盆休み」の無情な張り紙……。

ちゃが商店

ならばと向かったのはちゃが商店。季節限定のオモロ・ラーメンも魅力だが、更なる我が興味は4種類を常時するという、つけ麺。

宮崎県庁のほど近くに、思いの外こじんまりとした店構え。正午過ぎ、カンター席のみ15席ほどの店内は満席状態。開店数ヶ月の新店なれど、既に顧客を獲得し、市民権を得ているようだ。

待つことしばし、無事入店。案内されるままに入り口横の食券販売機に向かう。

DVC00002

液晶モニタのハイカラなディスプレイ最上段に、「豚つけめん 濃厚成熟豚骨」、「醤油つけめん 鶏ガラ醤油」、「ちゃがつけめん 豚骨と魚介Wスープ」に「宮崎つけめん あっさり鶏塩」と、オリジナルつけ麺が4種。

この4種の存在は既に予習済み。迷わず「宮崎つけめん」をチョイスすると、液晶モニタが変わり、具のトッピングを選ぶ画面に。いやはや食券販売機からしてカナリ研究&創意工夫されているコンサル系。コリャつけ麺もかなりオモロそうだぞ……。

鶏塩つけ麺◇ちゃが商店

卓上に置かれている飲み水ポットもジャスミンティーとレモン水の2種あり。コリャトコトンコンサル系か?と待つことしばし、供されたつけ麺は、こざっぱり感溢れる白磁の皿に、盛られた冷太麺の黄色に、一葉添えられた鮮やかな緑の香菜が、オッサレ~~。

DVC00007 

温つけ汁には鶏肉、しなちく、海苔に加え、レモンやキュウリも添えてある。「宮崎つけめん」なるメニュー名よろしく、一見、宮崎郷土料理である「冷や汁」を彷彿とされるレシピが、コレまたコンサル系。

さぁて、こりゃいよいよオモロそうだぞぉ!と、冷太麺を箸で摘み、温つけ汁にシッカリくぐらせ、ズズッと啜れば、ぶわんっと力強く華咲く鶏肉の旨味と、その旨味をキッチリと際立たせる気持ち強めの塩気と香味油。そして、その力強い旨味を爽やかに受け流すレモンの酸味。そして、ムチムチと抗う極太麺の、うどんチックなコシ。

あははぁ、そう来ましたカァ~……。
あははははぁ、うんうんうん。コリャ一本取られましたぁ。

DVC00009 

DVC00010

あぁコリャ新しいなぁ、あぁあぁコリャ旨いなぁ、とズビズビ、ズビズバン。一気にたいらげ〆にスープ割りをたのむと、コンソメスープチックな透明黄金スープ&表面に浮かぶ様々な香辛料がコレまたオッサレ~!

ちゃがつけ麺◇ちゃが商店

次男がたのんだ豚骨&魚介の「ちゃがつけめん」も…

醤油つけ麺◇ちゃが商店

長男がたのんだ鶏ガラ醤油の「醤油つけめん」もチャンと美味。

ナンでも店主は東京の人気ラーメン店の仕掛け人なのだとか。
昨年啜った然り、宮崎には最近
ミョーに東京資本チックなラ店が多い気がするなぁ……。

地方都市の中でも
特にビジネスチャンスの可能性が感じられている証なのか?
コレもある意味、東国原効果??

ちゃが商店:宮崎つけめん850円。宮崎市宮田町6-2。

◎通年麺喰い◎ラーメン126●うどん77●そば28●チャンポン12●その他75
◎本日の体重:未測量◎今月の総ジョグ距離73km / 通年305km

Posted by heno at 12:06 | Comments [2]

2009年08月15日 土曜日

●南国麺天国

宮崎帰省2日目。義父と温泉センターへ行くという家族と別行動で、宮崎麺食い行脚。で、まず向かったのは、かねてからの宿題店、手打ちうどん ふなやへ。

手打ちうどん ふなや

博多同様にテロテロうどんが主流の宮崎らしからぬ、コシの強い讃岐タイプのうどんが楽しめるという、ふなや。住所を頼りに訪ねると、宮崎市の隣町、清武町の幹線道路沿いに藍染めの暖簾。入り口横の看板の蘊蓄書きによると、現在は香川県の地粉「さぬきの夢2000」で打ったうどんを提供しているのだとか。

 

ほうほう、そりゃ楽しみだと暖簾をくぐると、午前11時の開店直後だというのに8割方客で埋まっている。どうやら地元じゃ知られた超人気店のようだ。空いていたカウンター席に座りメニューを見ると、うどんは釜揚げ、ぶっかけ、冷やしぶっかけ、ざる、醤油の5種類×具が天ぷら盛り合わせ、ちく玉(竹輪天と半熟卵天)、ナシの3種類。そして加えて、肉汁うどんが釜揚げ or ざるの2種。

ちく玉の釜揚げにもかなり惹かれる……。
が、九州ではまだまだ希な肉汁うどんをざるでイクかなっ!!

赤唐辛子&青唐辛子◇ふなや

卓上には赤唐辛子に加え、青唐辛子の酢漬けもアリ。
讃岐うどん名店の一軒、谷川米穀店を思い出すなぁ。

肉汁うどん◇ふなや 

待つことしばし、運ばれてきた肉汁うどんはドエラク美人!うどん、温つけ汁、薬味とも一分の隙もなくキチンと盛りつけてある。そして、白いうどんに一筋混じる紫のうどんは、客への感謝の気持ちを表したいと、紫芋粉を使っているのだとか。

美人麺にハズレなしが我が麺喰い経験則、コリャいよいよ期待しちゃうよぉ~!と小躍りしつつ、冷うどんを温つけ汁にザブンと潜らせ、ズルズズズッと啜れば、瞬間広がる、ぽってり甘めのツユの旨味と、ぷにっ、ぷににんっ、と抗い解ける奥深いうどんのコシ。そして更に噛み込めば、うどん共に口へと飛び込んできた温つけ汁の様々な具の食感&旨味と、うどん自体のナンとも自然なほの甘さ。

コレが良質国産小麦粉「さぬきの夢2000」の成せる技か?それとも若き店主の丁寧な仕事の賜物か?太からず細からずのうどんは、シュッと麺線が整い、かつ、かなり長め。コレだけ美しく、かつ長いうどんを、しかも一切機器は使わない完全手打ちで仕上げていると言うから、恐れ入る。

なので啜り心地は当然文句なし。かつ、噛み込んだときの食感と味わいが、コレまたお見事。ヘンに強固にブリブリと己の存在を誇示することなく、あくまでもさりげなく、かつ愛らしく抗うコシとヒキ。そして噛み込むほどに、素朴に香り立つ小麦の甘味。

温つけ汁もドエラク美味。豚肉とゴボウに加え、茄子や油揚げと兎に角具だくさん。しかもソレゾレの具がチャンと旨いっ!特に感動モノなのがゴボウの風味。噛み込むほどに広がる根菜ならではの旨味がシミジミ美味。

肉汁うどんの本場、武蔵野に勝るとも劣らぬ極上美味。旨いうどんを喰わせたいという若き店主の想いが形となった一杯に感服しきり。これまでは宮崎帰省の菜のうどん喰いは無条件に岩見で決まりだったが、今後は今まで通りに岩見で啜るか?それともココふなやにするか??あははんっ、ウレシイ悩みが、またひとつ。

富滋味

あぁ旨かった!とシアワセ気分に浸りつつ、次なる麺。当初は今年の4月にオープンしたという家系ラーメン店、ひろき家で啜るつもりだったが、ネットで調べてみると、ナンとも気になるラ新店情報があるわ、あるわ!で、予定変更。その中でもキュインと我がツボそうなう富滋味へ向かう。

宮崎県庁から宮崎港へと抜ける産業道路沿いに「富滋味」の屋号の横に「滋養根菜煮汁麺」と書かれた看板。豚骨、鶏ガラ、魚介ダシに加え、季節の根菜を使い仕上げた「富んだ滋味」スープで、太めの無塩麺を喰わせる店で、今年の4月にオープンしたばかりなのだとか。

白壁のスッキリとシンプルな店内。カウンター奥の綺麗に整頓された厨房には、昔ながらの白い厨房服がよく似合う、夫婦らしき若き男女。ラーメンを頼むと、十字型に取っ手が取り付けられた金属製のザルに麺を投入し、茹で釜へ。ナンとも独創的な調理器具だなぁ。自らのラーメン好きが高じ、独学で作り上げたのだろうか?

松◇富滋味

ほどなく差し出されたラーメンは、イイ感じに透明感を残す醤油色のスープ。湯気とともにナンとも旨そうな香りが鼻を擽る。おうおう、コレまた大当たりかぁ?!とレンゲを掴むのももどかしく、スープをズズッと一啜りすれば、

ええっ?!こ、これは……。
うっはぁ~、懐かしっ。この味わいは、まるで信兵衛やんっ。

かつて福岡に醤油ラーメンの名店あり。薬院陸奥角にほど近い雑居ビルの一階で営業していた信兵衛である。元々イタリア料理店を手がけていた店主が独学で作り上げた中華そばは、多くの博多麺好きを虜にした。が、その製法を誰に伝えることもなく店主が急死し、閉店。その味は伝説となった。

派手さは皆無。なれどシミジミ旨い。獣ダシに魚介ダシに香味野菜。啜る度に様々な食材の旨さが染み入る真性滋味な信兵衛のスープと限りなく近い味わい。予期せぬ再会に思わず頬が緩みつつ、もう一啜り、さらに一啜り。

唯一の違いはネギの焦がし油が使われていないこと。その分、さらにストレートに滋味スープ自身の旨味が五臓六腑に染み渡る。そして麺も違う。信兵衛はシャクッと解ける食感が蕎麦チックな独特中細麺だったが、富滋味の麺はかなりの太麺。

普通に考えると、これだけ麺が太いと、滋味スープが完全に負けてしまいそうな気がするのだが、あに図らんや。モチモチと包容力ある柔らかコシと噛み込む度に広がる素朴な甘味が滋味スープと相性抜群!多めに盛られたチャーシュー&厚切りメンマもチャンと美味。卓上の黒胡椒、高麗人参を使ったラーメン調味専様酢やラー油で味わいの変化も楽しみつつ、ズルズルと啜る。

コレまたズバンッと我がツボな一杯に心底心酔。今後の宮崎帰省は今まで通りに天門か?それともココ富滋味か??あははんっ、ウレシイ悩みが、さらにまたひとつ。

手打ちうどん ふなや:肉汁うどん700円。宮崎県宮崎郡清武町加納乙454-1。11:00~15:30、日曜日&不定休。Pあり。

富滋味:らぁ麺 松800円。宮崎県宮崎市日ノ出町57-5。11:00~15:00&18:00~21:00、月曜休み。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン126●うどん77●そば28●チャンポン12●その他74
◎本日の体重:未測量◎今月の総ジョグ距離73km / 通年305km

Posted by heno at 15:03 | Comments [5]

2009年08月14日 金曜日

●南国極太アイデア三昧

DVC00002

宮崎帰省初日。朝っぱらから実家からほど近い浜で海水浴。チビ達と戯れ、波と戯れ、午後1時。スッカリ腹が減ったと、岩見に向かうも超満員。ならば予定変更し、拉麺男jr.だっ。

拉麺男 Jr.

宮崎屈指の超人気ラーメン店、休日は終日順番待ちの列が絶えない拉麺男。その支店「拉麺男jr.」が宮崎市の隣町、清武に最近開店。

 

開店してまだ間もないせいか?それともたまたま運が良いのか、昼時過ぎとは言え店頭に待ち行列ナシ!そして、入り口の食券食券販売機横に「つけ麺 極太麺発売」のポスターが!!宮崎では珍しく、以前から塩に醤油と否豚骨にも力を入れていた拉麺男の手がける極太つけ麺とは……?ワクワクしつつ、あつもりでオーダー。

 つけ麺◇拉麺男jr.

待つことしばし、運ばれてきたつけ麺は、ドロンと濁ったスープ表面に細かな気泡がたくさん浮いて見るからに迫力満点&濃厚そうな温つけ汁。そして、小皿にはチャーシュー、味玉、青菜などの定番具に加え、厚切りのカマボコなど様々な具。そして更に別皿には唐辛子味噌。濃厚味つけ麺は食べ飽きることが多々あるが、様々な具や薬味で最後まで食べ飽きさせない工夫が見て取れ、好印象。

麺は確かに極太なれど、浅草開花楼のそれに比べると、一回り細め。迫力温つけ汁にザブンッと潜らせ、ズズッと啜る。と、

ほうほう、思ったよりシツコクないぞぉ……。
うんうん、コリャいいねぇ!旨いねぇ!!

鰹節やイリコらしき魚介ダシの風味も若干は感ずるも、味の芯は骨髄粉を感ずるほどにカナリ炊き込んだ豚骨ダシ×醤油ダレ。結果、かなり濃厚&シツコイ味わいになるのが自然なのだが、あに図らんや想定外の軽やか美味。こりゃ不思議&オモロイなぁと、さらに一啜りして、ハタと合点。

麺だ……。麺が味わいの軽さを演出してるんだ!

一回り細い形状に加え、食感が至ってジェントル。浅草開花楼チックなボリボリと無骨なコシは皆無。ポワンと抗いプニンと解ける優しコシが、濃厚温つけ汁を中和さえているのか…?いや待てよ。優しコシに加え、妙に瑞々しさも感じるぞぉ??とドンブリ底まで箸を突き刺し、エイヤーと麺を持ち上げると、

わぁぁ、豚骨スープが注いであるジャンっ……!

DVC00013

水で締めることなく釜揚げの麺を直接器に盛るあつもりは、自然と麺同士がくっつきやすいので、その対策として注がれているのだろうか?麺ドンブリの底にはイイ感じに白濁した豚骨スープが顔を出す。

DVC00015

そして、〆にスープ割りをたのむと、それ用に供された熱々徳利には、白濁した豚骨スープの表面に黄色の柚子皮が浮いている!

そこかしこに感じる細かな気配り&創意工夫が、ナンとも嬉し&楽し&旨し。

塩らーめん◇拉麺男Jr.

次男がたのんだ塩らーめんも
相変わらずの旨さ全開!!

拉麺男 Jr.:つけ麺750円。宮崎市古城岡ノ原28−1。11:00~21:00、不定休。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン125●うどん76●そば28●チャンポン12●その他74
◎本日の体重:77.5㎏◎今月の総ジョグ距離63km / 通年295km

Posted by heno at 17:48 | Comments [7]

2009年08月13日 木曜日

●むふふっ、滋味酸辣ぁ!

相も変わらずヤンドコロなき酸辣湯麺気分。んで、てつろぐ。でググッと気になった翡翠園の酸辣湯麺を啜る。

酸辣湯麺◇翡翠園

トロリとアンとじのスープには、豆腐、タケノコ、シイタケに豚肉。我が好みの酸辣湯麺の調理要素はしっかり満たしている。よっしゃ、コリャ旨そうだとレンゲでスープを一啜りする。が、

うむむぅ?こりゃチト味が薄いなぁ……。
うむうむむぅ?だがコレはコレで、カナリ旨いぞぉ~!

 

アッツ熱トロットロの食感とともに、瞬間、キュインッとドライブする酸味。そしてその酸味がグラデーションを描きつつ旨味へと変化する楽しさ。そしてそれに合わせて顔を出すラー油と黒胡椒の辛味。そんなダイナミックな味わいこそ、我にとっての酸辣湯麺喰いの醍醐味。

なれど、このスープは至ってジェントル。最初に舌にのるのはダシの旨さ。おそらく丁寧にとられた鶏ガラだしか?ナンとも柔らかで優しい旨味がほのかに美味。そして、その旨味と渾然一体となることで、その輪郭を描き出す軽やかな酸味と辛味。ド派手に己の存在を主張することはない。あくまでも控えめ。なれど確実に、味わいに対し果たすべき己の役割を演じきっている。

なので、従来のドライブ感ある味わいに備えていた我が舌には、一口目はカナリ肩透かし。なれど、食べ進むにつれてグイグイと旨さがのってくる極上滋味酸辣。豆腐の甘味にシイタケの旨味、タケノコのほろ苦さと、その都度、ともに口に収まる食材の変化が味わいに彩りを演出。そして名脇役の香辛料。スープと共に火が通された青菜は香菜か?黒胡椒の風味も素晴らしい。

麺は気持ち太めの中太縮れ麺。アンとじスープを絡め取りつつ口へと収まり、プニプニと包容力あるコシとともに解けていく様がこれまたジェントルで、優し味スープとの相性もすこぶる良好。

3年ぶりの翡翠園だが、改めてその旨さに感服。そして夜営業のメニュー書きには「羊肉のクミン炒め」や「ホルモン入りとりみそうめん」なる魅惑的献立のオンパレード。

「台湾直輸入の手作りそうめんを使って、ホルモン煮込みと台湾黒酢とで味付けした一風変わったとろみ麺です。」とぉ?!こりゃ近々に夜再訪決定!!

ラーメン小+野菜大盛り◇島系本店舞鶴支店

仕事を終え、夜。
カミさんの実家・宮崎へ帰省する前に、島系本店舞鶴支店で夜麺。

あははぁ~、コリャ旨いわっ。

2ヶ月ぶりの舞鶴支店だが
本店と比べても全く遜色のない派手滋味スープに
イイ感じにゴリゴリこしを残した極太麺の揚げ具合。

うん、こりゃコレからは本店まで行く必要は全くナシ!

翡翠園:酸辣湯麺680円。福岡市早良区高取2-17-49-2F。11: 30~14:30&17:30~23:00、不定休。Pなし。

島系本店舞鶴支店:ラーメン550円+野菜大盛り100円。福岡市中央区舞鶴1-6-14。11:30~15:00&18:00~23:00(変更あり)、不定休。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン125●うどん76●そば28●チャンポン12●その他73
◎本日の体重:77.5㎏◎今月の総ジョグ距離63km / 通年295km

Posted by heno at 19:19 | Comments [2]

2009年08月12日 水曜日

●コレありっ!

○福岡市博多区下川端町8-8?かつては韓国料理居酒屋だった店舗が「柳家」として新装開店。昼メニューで気になるのが韓国うどん・カルグクス500円。うん、近々突入実食だなっ。

○福岡市博多区中洲5-3-21、のかつて味噌のくまちゃんとして営業していた店舗が「麦の穂」なるうどん店として営業中。コジャレた店造り然り、チョイ飲みのアテ充実のメニュー構成然り。コリャきっとドコぞの食品会社の新業態店なのかな??とgoogleってみるとこんなエントリーが。

せーじの『とりあえず喰っとけ!』に、麺家跡にオープンした一虎なる新ラ店実食リポあり。なんでも「ぶたや」出身とかで濃厚ラーメンに加え油そばもいただけるとか。

 

 めんくい放浪記が連日のスクープ。、かねてから気になっていたとまと家@綱場の実食リポ。まずは一昨日のつけ麺実食リポ。なにせコチトラ真性極太麺フェチ。へぇへぇ、極太のつけ麺なんだぁ!とウキウキ気分で読む。で、トドメは昨日のリポ。

えぇ~、かの浅草開花楼の極太麺を使ったつけ麺なのかぁ……??!!!

 とまと家

おそらく全て近所のお堅い企業に勤める客ばかりだったのだろう。昼休み時間終了であろう午後1時直前に、大挙して退店。一気にガランと寂しくなった店内でチト心細くなりつつ、つけ麺の出来上がりを待つ。

つけ麺◇とまと家

 

なるほど・ザ・ワールド!(←古っ!)。黒いお盆にのって運ばれてきたつけ麺は、極太冷麺が如何にも浅草開花楼。ぶりんっ、ぶりんっ。ナンとも稟とした佇まいが頼もしい。さぁさ、ならば実力拝見と箸で鷲掴みし、温つけ汁へザブンと潜らせ、ズルッズズズッと一気に啜れば、イイ塩梅に魚介だしのきいたポッテリだしの外連味のない味わいと、キニキニと抗う極太麺の素朴な風味。

イイ意味で不器用。シッカリと今風な濃厚魚介豚骨風味のつけ麺を意識しつつも、結果論的絶妙なハズレ具合が、ズバンと我がツボ。その象徴が炙りチャーシュー。周りを炙り過ぎたのか、真っ黒黒助出ておいでぇ~的仕上がりなれど、その実、味わいはチャンとモチモチ美味なのだ。

唯一の難点は盛りつけ。ドンブリ底にザルを逆さにセッティングし、その上にかち割り氷とともに麺を持ってあるのだが、コレがソリャもう半端なく麺が掴みづらい。ザルの逆さセッティング=麺がドンブリ周辺部に逃げてしまう。かつ、麺と共に盛られたかち割り氷が、恐ろしく邪魔。

美味麺なので、一気にズルズル啜りたひっ!
なれど、特有の盛り方が原因で、それがままならぬ、まどろこしさ。

なので丁寧にドンブリの隅々に麺を拾い、兎にも角にもズズッと完食。で、ダメモトでスープ割りをたのんでみると、おぉ!想定外に快諾だぁ。

コレまた適度に粘性がありつつも、決してクドさはない。湯気とともに香り立つ魚介ダシの滋味なる旨味がコレまたイイ感じじゃ、あぁりませんかぁ~!

噂以上に上出来なる一杯に、感服しきり。
うん、近々再訪し、魚介だし豚骨ラーメンをば是非とも啜りたひっ!

とまと家:つけ麺700円。福岡市博多区綱場町3-11。11:30~14:00&17:30~23:00(土曜はランチ休み)、日祝休み。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン124●うどん76●そば28●チャンポン12●その他72
◎本日の体重:77.5㎏◎今月の総ジョグ距離63km / 通年295km

Posted by heno at 23:20 | Comments [0]

2009年08月11日 火曜日

●ネオどぎ対決

朝からの小倉南区での打ち合わせを終え、やっぽぉ~昼麺!かねてからの宿題店である麺屋空船へ。

麺屋空船

小倉南区の片側3車線ある幹線道路沿い。かつてのぎょらん亭、現在の十割亭斜向かいにド派手な看板。看板上手筆頭には小倉南区名物「すじ肉うどん」。なれど、巻尾に進むにつれ「ぶっかけ」や「「釜玉」など讃岐うどんメニューも書かれている。

正午半前の店内は先客3名。テーブル席に着き改めてメニューを眺めると、開店1周年記念でどのメニューも割引価格でサービス中。が、我が決意に揺るぎなし。

すんませ~ん、すじ肉うどんをクダサ~イ!

スジ肉うどん◇麺屋空船

壁のメニュー書きの横に貼られている店主とロバート秋山氏の2ショット写真など眺めつつ待つことしばし、運ばれてきたドンブリは、小倉南区の隠れた郷土食どぎうどんとすると随分薄い醤油色の色スメ。

 

そして味わいも見た目通り。どぎうどん特有のキュインとドライブする濃い味醤油風味のドライブ感は皆無。かなり甘めの肉煮汁の味わいが色濃く映るチャンと旨い薄口醤油スメ。肉の素材がたまたま牛すじ肉なだけで、味わい的には至ってノーマルな肉うどんスメ。

DVC00007

ならばと卓上に置いてあった天かすをガバッとドーピングして啜ってみれば、うんうんコリャ旨しっ。ノーマル肉うどん的旨さ全開だぁ。

麺はおそらく揚げたてか?ぷりんと抗うコシがコレまた至って生真面目。ディープ系どぎうどんとは両極の、いわゆる万人受けする優等生。うんうん、コレはコレで十分美味っ!なれど、へそ曲がりロートル麺喰いオヤヂの我。どぎどぎうどんはまちっとお行儀悪い方が、我が好みだなやぁ。

 

わかめおでん◇はくしか中洲店

夜はかねてから気になっていたおでん屋、はくしか@中洲で飲む。
大阪名物おでん豆腐や、わかめなど渋めのネタが、うふふと我がツボ。
長崎にも同名のおでん屋があるが、「長崎かまぼこ」なるネタもあるし
「アゴダシを使ったおでんダシ」なる蘊蓄書きも同じだし、
おそらくココは福岡支店か……?

しんちゃんうどん

おでんや鯨の刺身盛り合わせなどアレコレ突きイイ気分。
で、〆ははくしか2軒隣のしんちゃんうどんへ。
久方ぶりに訪ねると、随分メニューが増えている。
中華エビマヨや洋食ローストビーフ、大阪名物串カツなど
無国籍な一品料理に加え、
カツサンドや特製オムライス、ミートスパゲティなど
洋食レストラン的食事メニューもイロイロと。

肉うどん大盛り◇しんちゃんうどん

あちゃ~……、コリャ最も危ないパターンやなぁと腹をくくり肉うどんをたのむ。
が、わははぁ、ウレシイ誤算!出てきた肉うどんはエラク美味っ!!

キュイン、キュインと舌で踊る濃口醤油カエシの旨味と
牛ホホ肉の煮汁の独特クセある旨味。
多めに盛られたネギの小気味よいシャキシャキ感と辛味が好アクセント。
気持ち細めながらニチニチ&ムリムリなコシのうどんが、ぐふふぅと美味。
どぎうどんの名パートナーである切り干し大根の糠漬けと交互に喰らいつつ
ああ旨し、うしし旨し、とズバン完食!

麺屋 空船:すじ肉うどん500円。福岡県北九州市小倉南区湯川5-1-1。11:00~21:00、木曜休み。Pあり。

しんちゃんうどん:肉うどん(価格失念)。福岡市博多区中洲5-4-24。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン124●うどん76●そば28●チャンポン12●その他72
◎本日の体重:77.5㎏◎今月の総ジョグ距離58km / 通年290km

Posted by heno at 15:27 | Comments [2]

2009年08月10日 月曜日

●仏の里くにさき・とみくじマラソン2009まで 90日

先週末に続き、昨日はまたも痛飲。ワインは空けるわ、日本酒は飲むわで、ソリャもう、ヘロヘロ。んで、当然今朝は寝坊。んでんで、モチロン走れず。んでんでんで、おそらく目一杯増えたであろう体重を目の当たりにしたくないと、体重計に乗ることなく現実逃避……。

はぁい、ヘタレですぅ。
はぁいはぁい、でもでもまだまだ諦めません。
明日からグワァンバリますぅ。

担々麺◇担々麺 仁

 

久留米での仕事を前に、鳥栖の仁へピットイン。
我がこの夏ブームの酸辣湯麺は四川料理店にアリ。
ならば、担々麺が旨い仁にも、もしかして酸辣湯麺が?と訪ねるも、
メニューは「醤油ラーメン」「担々麺」「チャーシュー麺」
「つけ麺」「辛つけ麺」の5種。
うむぅ~~、残念!

なれど、1年ぶりに啜る担々麺は相も変わらず超美味!
鶏ガラスープと芝麻醤とラー油の絶妙なるコラボが
ナンとも芳醇なる味わいを演出。

なれどなれど、我がこの夏の気分は酸辣湯麺なのよねぇ。

担々麺 仁(レン):担々麺600円。佐賀県鳥栖市京町711-23。 11:00~15:00&18:00~22:00、日曜休み(お盆は16&17日休み)。Pなし。

◎通年麺喰い◎ラーメン124●うどん74●そば28●チャンポン12●その他72
◎本日の体重:計測拒否◎今月の総ジョグ距離48km / 通年280km

Posted by heno at 14:11 | Comments [2]

2009年08月09日 日曜日

●仏の里くにさき・とみくじマラソン2009まで 91日

過緊張な右眉によると、両国で「なすそば」なるメニューが提供されている模様。「冷たい蕎麦の上に、茄子の煮浸しがのっていて、細切りの生姜が添えられていて、暑い夏の日にぴったりの1品」とのこと。うむむぅ、惹かれるぞぉ…!

 

朝目覚めると、怠い。全身にまとわりつく倦怠感……。先週末のフルマラソンチャレンジ再決意以降、ちと頑張りすぎたかなぁ。んで、今日は完全休息日。

DVC00377 

シュテファン@原のハードスモークベーコンと
紫色のジャガイモ、キタムラサキで
オリーブオイル炒めニンニク風味。

うんうん、ワインがすすむ、すすむ!

DVC00375

とある四川料理店の酸辣湯麺は、思いっきり酸「酸」湯麺。
ソリャもう酸っぱい、酸っぱい、とても酸っぱいスープはアンとじ無し。
卓上に置いてあるラー油をシコタマ入れて味を調え、
ナンとかカンとか麺&具は完食。
なれど、さすがに極酸スープは残してしまふぅ。

Posted by heno at 23:32 | Comments [2]

2009年08月08日 土曜日

●仏の里くにさき・とみくじマラソン2009まで 92日

休日出勤前に、いつもの10㎞を走る。と、昨日同様にウルトラ疲れ、そりゃもうヘロヘロ。ナンとかカンとか帰宅し体重計に乗れば77㎏を切っている!うんうん、まぁまぁ、ボチボチ行こか。

 

一壺天

太宰府市の得意先でのプレゼンを終え、いざ昼麺。超長年の宿題店である一壺天へ。

「一壺天」と書かれた丸い電照看板が妙にレトロモダン。さてさてと引き戸を潜ると、横長い店内はカウンター席が十数席。そして、カウンター奥の厨房には、愛想溢れるお母さんと、寡黙なお父さん。さらに、厨房奥の壁に掲げられたメニューは「ラーメン400円」を筆頭に、ラーメンが具のバリエーションで6~7種に、白飯と、至って潔い。コレ正に、正統イニシエ系。うん、こりゃイケそうだ!と、ラーメンをたのむ。

ラーメン◇一壺天

おおっと、こりゃ驚いたぁ……。

ほどなく差し出されたラーメンの器は、小石原焼きか?茶色ベースの生地に飛び鉋の柄が見事な陶器は、底が浅い独特なフォルム。イニシエ系らしからぬ、ナンともオサレな器でないのぉ……。

ならば肝心の味わいは?と、レンゲでスープを一啜りすれば、軽やかな口当たりと共に広がる気持ち甘めの味わいと、ふわりと鼻へ抜けるスモーキーな風味は香味油か?器同様にイニシエ系とは一線を画する今時美味。

ソレよりナニより印象的なのが麺の食感。気持ち細めの中麺は、噛み込むほどサクッと解け、にニチュッと歯にまとわりつく。シャクシャク弾けつつ香り立つ葱の旨さも手伝って、ワシワシと噛み込む快感を堪能できる独特美味。

ナニからナニまで想定外のオモロ・ラーメン。あぁだから、麺喰い歩きはヤメラレナイ。

一壺天:ラーメン400円。福岡県筑紫野市天山619。11:00〜19:00(土曜~16:00)、不定休。Pあり。

◎通年麺喰い◎ラーメン124●うどん74●そば28●チャンポン12●その他70

◎本日の体重:76.3㎏◎今月の総ジョグ距離48km / 通年280km

Posted by heno at 13:27 | Comments [4]

2009年08月07日 金曜日

●創作楽し

薬院の取引先での朝からの仕事が一段落ついたところで、さぁさ昼麺。久方ぶりに冷やかけ狙いで、いまとみへ。

暖簾をくぐるまでは、以前啜ったじゅんさい冷やかけ再食を心に決めていた。が、席に着き、卓上に置いてあった夏季限定メニュー書きを見ると、冷やかの具のバリエーションが随分と増えていて、まず目移り。さぁてどうしたのもなかなぁ、と巻尾まで目を通すと、

おぉぉ~、「つけめん」ってナンだぁ……?

夏期限定メニューの最後尾に書かれていた「つけめん1000円」。注文を取りに来た店員に尋ねると、冷蕎麦×温つけ汁で、具は煮穴子とのこと。

ふむふむ、コリャ面白そうだぁ。んじゃ、つけめんクダサイ!

つけめん◇いまとみ

待つことしばし、運ばれてきたお膳には、蕎麦のセイロ盛りに、温つけ汁に、薬味がイロイロ。温つけ汁の中身は?と箸を入れると、煮穴子と温泉玉子とゴボウの笹がきに、ゴマと海苔。

温つけ汁

ヨッシャ、コリャ旨そうだと、箸で摘んだ蕎麦をザブンと温つけ汁に落とし、汁内の具と共に箸で掴み直し、口の中へと押し込めば、ふわんっと鼻へ抜ける削り節ダシの芳しき香りと、ポッテリと舌にのる気持ち甘めのカエシの旨味。そして、キニキニ抗う蕎麦と、ふわりととろける煮穴子と、シャキシャキ弾ける笹がきゴボウの、食感と味わいの盆踊りっ!こりゃナンとも贅沢な、ウルトラてんこ盛りおご馳走蕎麦ではないカァ~!!

薬味

山椒に、ワサビに、レモンとコレまたてんこ盛りな薬味で、味わいの七色変化も楽しみつつ。かつ、温泉玉子のトロトロ黄身を時折蕎麦に絡めたりしつつ。アレやコレやと食べての気分で遊び甲斐のあるレシピがお見事な創作蕎麦。

芭蕉庵のレモンそば然り、太六の茗荷そば然り、そして、いまとみのこの蕎麦然り。最近ヤケに創作蕎麦が百花繚乱。うんうん、オモロイ!楽しいぞぉ~!!

めざし◇杵むら

夜は滋味おばんざい居酒屋むろやで飲み、
〆はすぐ隣のビルの杵むら。
めざしをアテに三千盛をクイッと煽り、釜揚げうどん。

釜揚げ海老天付き◇杵むら

まるで湯豆腐のタレような濃口カエシの温つけ汁が印象的。
ニチニチと抗う温釜揚げうどんも熱々美味。
途中、巨大えび天も囓りつつ、
薬味でイロイロ味の変化も楽しみつつ、ズルズル啜る。

 

SOBAKUIいまとみ: つけめん1000円。福岡市中央区高砂1-22-9。 11:30~14:30&18:00~20:00、 不定休。Pなし。

杵むら:釜揚げうどん天ぷら付き(価格失念)。福岡市中央区薬院2‐14‐28。11:30~21:00、不定休。Pなし。

今年通算麺喰い◎ラーメン123●うどん74●そば28●チャンポン12●その他70

Posted by heno at 13:48 | Comments [0]

●仏の里くにさき・とみくじマラソン2009まで 93日

昨日は10㎞に続き、今朝もジョグに出発。が、久しぶりの連日ジョグは絶不調。昨日ランの疲れがとれていないのか、ドエラクきつい。で、5㎞コースでサクッと帰宅し、さぁ体重測定。

77.0㎏かぁ。3日間で900グラム減。まぁまぁ順調か。

● 本日の体重:77.0㎏ ● 今月の総ジョグ距離38km / 通年270km

Posted by heno at 08:23 | Comments [0]

2009年08月06日 木曜日

●隠しラー油

生粉蕎麦・玄の支店が周船寺にオープン。グループうどん店である小麦冶の周船寺店を改装し、8月24日にリニューアルオープンとのこと。安&旨&早蕎麦が西区でも啜れるヨロコビ!福岡市西区周船寺1-13-10。11:00~23:00、無休。

天神サイトによると、三氣ラーメンの支店が大名にオープン。福岡市中央区大名2-2-52。11:00~24:00(週末祝日前は26時まで)。

酸辣湯麺◇明星飯店

Song of the Windのメニュー写真に「さんらぁ湯麺」の文字を発見。かつて啜った担々麺もナカナカだったし、こりゃ期待できそうだ!と明星飯店へ。

 

待つことしばし、運ばれてきた酸辣湯麺は、どよんと黒ずんだあんとじスープがナカナカの強面。コリャきっと我がツボだなっ!とズズッと啜れば、瞬間広がる鶏ガラらしき旨味と、すぐその後を追ってくる黒酢チックなクセある酸味。そして一呼吸おいて華開くラー油の辛味。

うんうん、コレコレ!うんうんうん、好きなのよぉ、このタイプ~!!

一見大味のようで、実は繊細。鶏ガラの旨味から黒酢の酸味へと味の主観が変化していくグラデーションがタマラン美味美味!

ならば麺だと、ドンブリ底へと箸を立て、ぐりんと底から掻き混ぜる。と、気持ち太めの縮れ麺とともに顔を出したのは、鮮やかなマー油。どうやら調理を終えたスープを片栗粉でアンとじした後、一端ドンブリ中程まで注いだところでマー油を投入し、さらにその上からアンとじスープを注いで仕上げてあるようだ。ナンとも楽しい演出に、ニンマリ。

中太縮れ麺もキニキニとした噛み心地でカナリ我がツボ。唯一の難点は具と価格。担々麺を啜ったときも感じたのだが、コノ手のドッカン味中華麺に水菜は似合わない気がするなぁ。

チャンポン◇枝光食堂

昨日は筑後屈指の有名チャンポン店、枝光食堂でチャンポン。

老齢ながらもキチンとオシャレな服装のお母さんの豪快な鍋振りが味の要。
ナンとも滋味なる軽やかな甘味のスープと
大切り野菜のイイ感じにパリパリ食感を残した炒め具合に感服。

そして麺がコシコシ美味!
どうやら生麺を注文が入ってから茹でているのか?
こんな田舎のこんな食堂で生麺チャンポンが食べられるとは……!!

ナンとも嬉しいサプライズに心躍りつつ、一気に完食。

 

明星飯店:酸辣湯麺780円。福岡市博多区冷泉町9-21。11:30~13:30&17:30~21:30(土曜は昼営業のみ、日祝休み)。Pなし。

枝光食堂:ちゃんぽん700円。福岡県大川市大橋554-1。11:00~18:00、火曜休み。Pあり。

今年通算麺喰い◎ラーメン122●うどん74●そば27●チャンポン12●その他70

Posted by heno at 15:46 | Comments [0]

2009年08月04日 火曜日

●ぶっかけって、どんだけぇ~?

我がこの夏の麺気分は酸辣湯麺&冷やかけ。んで、昨日博多商店でたべた「冷やしたぬき」の余韻に導かれ、福岡麺通団の今夏限定メニューである「冷やしたぬ」きを啜る。

冷やしたぬき◇福岡麺通団

「冷やしたぬき」なるメニュー名は同じ。そして、小エビのかき揚げ天かすも同じ。なれど、博多商店のそれは「冷やかけ」なれど、福岡麺通団のそれは「ぶっっかけ」。

 

冷やかけとは、かけうどんをそのまま全て冷やしたうどん。冷たいうどんを冷たい「かけツユ」でズズッと啜る。が、対するぶっかけは、元来ザルうどんや釜揚げうどんの「つけツユ」を冷うどんにぶっかけて食べるスタイル。

で、どうも私はぶっかけと相性がすこぶる悪し。その素性から自然濃い味にならざるを得ないつけツユを、ドバッとうどんにぶっかけて食べるなんて……。どうもワタシャァ、イタダケません……。

クニクニうどんはチャンと美味!カリカリかき揚げ天かすとの食感と味わいのコラボも完璧!!なれど、ぶっかけなのよねぇ……。

DVC00356 

夜は昔の勤め先の上司と天神で飲み、〆はyoshidaでマーボ麺。
極太めんにマーボー豆腐がのった辛麺は、ピリピリ&ヒリヒリ美味!
なれど、ニンニク風味ガツンときいた辛味噌マーボと味噌スープの
濃い味コンビな味わいだけに、ちと単調な気がするなぁ。
なれど、キシキシ抗う極太麺はカナリ我がツボっ!

福岡麺通団:冷やかけ&イカ天420円。福岡市中央区渡辺通4-11-3。11:00~24:00(日祝~23:00)、年中無休。 Pなし。

Yoshida:マーボー麺(価格失念)。福岡市中央区大名1-12-52CEPAビル1階。11:30~23:00、水曜休み。Pなし。

Posted by heno at 22:30 | Comments [0]

●仏の里くにさき・とみくじマラソン2009まで 96日

食生活を正そうと久方ぶりに朝食を摂った昨朝なれど、夜になれば元の木阿弥。てつろぐ。リポで気になっていた居酒屋てしで飲んだくれ…。んで、今朝。このままじゃズルズル落ちていくだけだと、10㎞走る。そして体重計にのると、77.9㎏。ほんの500㌘なれど無事減量成功。いやはや、ナニよりナニより。

 

サンマの刺身◇てし

居酒屋てしは美味大衆居酒屋ナリっ!
サンマの刺身はトロトロ甘々!

 

茹でスジ肉◇てし

牛すじ肉の茹でポン酢は、思わず頬が緩む絶品!!

蒸しキャベツ◇てし

蒸したキャベツを辛味噌 or カレー塩でたべさせる
「蒸しキャベツ」は名作大衆美味!!!

天然ウナギの白焼き◇てし

コレまた驚いたのが天然ウナギの白焼き。
こんな居酒屋でこんな本格料理がいただけるとは……!!!!

  ウナギの肝炒め◇てし

ウナギの肝がコレでもかとてんこもりの炒めで
パワーチャージ!!!!!

● 本日の体重:77.9㎏ ● 今月の総ジョグ距離23km / 通年255km

Posted by heno at 07:57 | Comments [2]

2009年08月03日 月曜日

●酸「辛」湯麺

我がこの夏の麺気分は、酸辣湯麺&冷やかけ。で、俺コレ!リポで気になっていた博多商店へ。

博多商店

住所を頼りにたずねると、美野島から大橋へと抜ける幹線道路沿いに「うどん」と染め抜かれた藍色の暖簾。引き戸を潜ると、如何にもコンサル系な店造り。そして、店内で働く人々の様子も、如何にも雇われ人的雰囲気。どこぞの食品会社が手がける新業態店なのだろうか?

メニューはかけうどん、ぶっかけうどん、冷やかけうどんの3種×具のバリエーションが7~8種。そして壁には「中華そば始めました」の張り紙アリ。うどん屋の中華そばかぁ、と一瞬惹かれるも初志貫徹、冷やしたぬきをたのむ。

冷やしたぬき◇博多商店

待つことしばし、差し出されたドンブリはチャンとキンキンに冷やしてある。冷たいものを、ちゃんと冷たく提供する心配りが好印象。

まずはスメと一口啜れば、冷や冷やの食感とともに、クイッと押し出し感あるダシの旨み。イリコでダシをとっているのだろうか?俺コレ!リポでは「昆布中心っぽい冷すめがやや弱い」とあったが、ひょっとして店の方がそのリポを読んで、その後レシピを変えてたりして……?

気持ち太めのうどんはカナリの演出系。噛み込む歯をグインッと受け止め、ムッチリと抗い、ニッチリと粘る技アリうどん。こりゃカナリ研究され尽くした感ある力作うどんだなぁ。

カリカリはじける小エビのかき揚げが好アクセント。途中、卓上に置いてあった柚子胡椒で味の変化も楽しみつつ、ズズズズッと涼しく完食!

 

酸辣麺◇黄鶴楼

夜は酸辣湯麺狙いで久方ぶりに黄鶴楼へ。
メニューには「香酢胡椒入り辛味そば」と書いてあったが
正にその通りの味わい。

グインッとドライブする黒酢のクセある酸味と
ビリビリと舌を刺激する黒胡椒の半端ナイ辛味が超個性派美味!
そして、酸辣湯麺お約束の豆腐の千切りや青菜、タケノコなどの具は皆無。
いわゆる酸辣湯麺とは別物だが、コレはコレで十分美味美味!!

DVC00353

 

博多商店:冷やしたぬき360円。福岡市南区清水4-1-14。当分無休。Pあり。

黄鶴楼:酸辣麺800円。福岡市早良区西新5-1-17。11:30~14:30& 17:30~22:00、無休。Pなし。

今年通算麺喰い◎ラーメン121●うどん73●そば27●チャンポン11●その他69

Posted by heno at 23:25 | Comments [0]

●仏の里くにさき・とみくじマラソン2009まで 97日

朝目覚め、さあ今日も走るぞっ!と時計を見ると、早8時前。目一杯寝過ごしてしまい、断念。ならばせめて食生活の改善をスタートするぞと、最近ずっと抜いていた朝食を食べる。で、出勤間際体重を量ってみると

えぇっ……、78.5㎏!?

昨日から3㎏も太っているではないか……。

そんなバカなとアレコレ考えてみると、昨日計量したのは炎天下を1時間半走った後=ほとんど水分が出きった状態。そして昨夜はワイン1本に焼酎のロックを2~3杯飲んだ後、ジョッキで水を2~3杯ガブ飲みしたもんなぁ。

計量のタイミングがまちまちじゃ意味ないなぁ。明日からは「朝、朝食後」に定めよう。

● 本日の体重:78.5㎏ ● 今月の総ジョグ距離13km / 通年245km

Posted by heno at 07:53 | Comments [2]

2009年08月02日 日曜日

●いまさら、でも、いまこそ。

博多おんな節。によると、ゆきみ家で夏期限定メニュー、味噌つけ麺が提供中とのこと。けごんらーめんに勝るとも劣らぬ出来に仕上がっているのだろうか?うむむぅ、気になるっ!

 

ズルズルとぉ、気合いの入らないまま、ズルズルとぉ。
んで、おやおやおや、昨日で早くも8月突入……。

イカン。こりゃマジでイカンですぅ。正月から先月末まで総ジョグ距離は、わずかに232㎞。1ヶ月に換算すると、たったの33㎞。

一日わずか1㎞たらず?
1ヶ月平均距離がフルマラソン距離にさえ達していないのぉ……?!

特にここ2~3ヶ月は仕事が忙しいことを口実に、毎夜フラストレーション解消だと飲みまくり、喰いまくり。結果、上半身がブヨブヨとメタボまっしぐら。

イカン!このままじゃイカン!!

このまま不甲斐ない生活を送っていたんじゃ、とてもじゃないがフルマラソンなぞ走れはしない。まずは目標を明確にせねばと、RUNNETで早々に仏の里くにさき・とみくじマラソンにエントリー。

大会は11月8日。あと、98日。

冷やかけ蕎麦+ごぼう天◇玄

 

玄の夏期限定メニュー、冷やかけは今年も美味っ!
温かけ蕎麦用トッピングのごぼう天をたのみ、贅沢に。

シュッとコシある冷蕎麦と、スキッと気持ちより冷スメが、タマラン美味。
揚げたてゴボ天の熱々カリカリ。
衣に混ぜ揚げてある黒胡麻の風味も、好アクセント。
なれど、冷やかけに5切れは多すぎ、3切れで十分十分。

カレーメン◇入船食堂

昨夜は大分から帰福後、サクッと飲み、入船食堂で〆。
巷で評判のカレーメンはドエラク美味なるグリーンカレーが天晴れ。

なれど、コレってカレーがあまりに旨すぎて、
一人勝ちし過ぎな気もするなぁ……。

DVC00330

 

生粉蕎麦 玄:酸辣湯蕎麦490円。福岡市中央区長浜1-2-24 北天神SBホテル1F。 11:00~21:00、無休。Pあり。

入船食堂:カレーメン(価格失念)。福岡市博多区住吉4-15-6。11:00~15: 00&21: 00~24:30、不定休。Pなし。

今年通算麺喰い◎ラーメン121●うどん72●そば27●チャンポン11●その他68

●くにさき・とみくじマラソンまで、あと98日
我が怠けた身体に渇を入れるべく、90分走。が、練習不足と暑さでヘロヘロ。久しぶりに体重計に乗るも、以外や75.8㎏。もっと太ったと思っていたが…。だがしかし、 ダイエットも大切なマラソン・トレーニングのひとつ。大会までに、目指せ70㎏!
今月の総ジョグ距離13km / 通年245km

Posted by heno at 21:07 | Comments [0]